苙口 友隆 (オログチ トモタカ)

Oroguchi, Tomotaka

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 物理学科 (矢上)

職名

専任講師

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    横浜市立大学大学院, 生命ナノシステム科学研究科, 博士研究員

  • 2011年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 理工学部物理学科, 助教

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

    東京大学, 理学系研究科, 物理学専攻

    日本, 大学院, 修了, 修士

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    東京大学, 理学系研究科, 物理学専攻

    日本, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学), 東京大学, 課程, 2007年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生物物理、生体分子水和・ダイナミックス、X線ナノイメージング

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Water and Biomolecules

    Kunihiro Kuwajima, Tomotaka Oroguchi, Takashi Nakamura, Mitsunori Ikeguchi, Tomotaka Oroguchi, 2009年01月

    担当範囲: 13-35

論文 【 表示 / 非表示

  • A protocol for searching most probable phase-retrieved maps in coherent X-ray diffraction imaging by exploiting relationship between convergence of retrieved phase and success of calculation

    Y. Sekiguchi, S. Hashimoto, A. Kobayashi, T. Oroguchi and M. Nakasako*

    Journal of Synchrotron Radiation in press 2017年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Common structural features of toxic intermediates from -synuclein and GroES fibrillogenesis detected using cryogenic coherent X-ray diffraction imaging

    (2) H. Kameda, S. Usugi, M. K. Kobayashi, N. Fukui, S. Lee, K. Hongo, T. Mizobata, Y. Sekiguchi, Y. Masaki, A. Kobayashi, T. Oroguchi, M. Nakasako, Y. Takayama, M. Yamatmoto and Y. Kawata*

    Journal of Biochemistry 161   55 - 65 2017年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Blue-light-excited LOV2 triggers a rearrangement of the kinase domain to induce phosphorylation activity in Arabidopsis phototropin1

    M. Oide, K. Okajima, S. Kashojiya, Y. Takayama, T. Oroguchi, T. Hikima, M. Yamamoto and M. Nakasako*

    Journal of Biological Chemistry 291   19975 - 19984 2016年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Specimen preparation for cryogenic coherent X-ray diffraction imaging of biological cells and cellular organelles by using X-ray free electron laser at SACLA

    A. Kobayashi, Y. Sekiguchi, T. Oroguchi, K. Okajima, A. Fukuda, M. Oide, M. Yamamoto and M. Nakasako*

    Journal of Synchrotron Radiation 23   975 - 989 2016年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Changes in hydration structure are necessary for collective motions of a multi-domain protein

    T. Oroguchi and M. Nakasako

    Scientific Reports 6   26302 (14 pages) 2016年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • グルタミン酸脱水素酵素のドメイン運動に協奏した水和構造変化

    苙口友隆、中迫雅由

    第52回日本生物物理学会年会, 2014年09月, ポスター(一般)

  • X線溶液散乱と分子動力学シミュレーションで探る蛋白質の機能的構造揺らぎ(招待講演)

    苙口 友隆

    第2回 Neutrons in Biology研究会, 2014年03月, 口頭(招待・特別)

  • X線散乱実験を用いた新規動的構造解析方法の開発現状(招待講演)

    苙口 友隆

    新学術領域「天然変性タンパク質の分子認識機構と機能発現」第3回公開シンポジウム, 2014年02月, 口頭(招待・特別)

  • Classification protocol of projection images by manifold: Toward analysis of dynamics of particles with coherent x-ray diffraction imaging

    Takashi Yoshidome, Tomotaka Oroguchi, Masayoshi Nakasako and Mitsunori Ikeguchi

    Biophysics Society 58th Annual Meeting, 2014年02月, ポスター(一般)

  • クライオ試料照射装置”壽壱号”を用いたSACLAでのコヒーレントX線回折イメージング実験の現状

    中迫雅由、苙口友隆、関口優希、小林周、橋本早紀、山本雅貴、引間孝明、米倉功治、高山裕貴、眞木さおり、高橋幸生、鈴木明大、松永幸大、乾弥生、胡桃坂仁志、市川雄一、星貴彦

    第27回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム, 2014年01月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 分子クラウディング環境下における生体分子の機能的構造揺らぎの解析

    2017年07月
    -
    2020年03月

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

  • 生体分子の機能発揮機構における水和構造の役割の解明

    2017年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金, 

  • 分子シミュレーションと溶液X線散乱実験を用いた生体分子の構造揺らぎの解析

    2016年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学, 慶應義塾学事振興資金, 補助金,  代表

  • 生体分子構造およびに生体分子間相互作用の安定化における水分子の役割の解明

    2014年04月
    -
    2016年03月

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 苙口友隆, 補助金,  代表

  • X線回折散乱実験と分子シミュレーションを用いた生体分子の動的構造の解析

    2014年04月
    -
    2016年03月

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 苙口友隆, 補助金,  代表

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 物理学実験第2

    2020年度

  • 物理学実験第1

    2020年度

  • 物理学A

    2020年度

  • 論文講読発表

    2020年度

  • 自然科学実験

    2020年度

全件表示 >>