Daimon, Tatsuru

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Technology, Department of Industrial and Systems Engineering (Yagami)

Position

Professor

Career 【 Display / hide

  • 1995.04
    -
    1996.03

    工業技術院生命工学工業研究所 特別研究員

  • 1995.04
    -
    1996.03

    獨協大学 講師(非常勤)

  • 1996.06
    -
    1996.12

    フランス国立交通安全研究所 研究員

  • 1997.01
    -
    1997.03

    工業技術院生命工学工業研究所 特別研究員

  • 1997.04
    -
    1997.09

    大学訪問研究員(理工学部)

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1995.03

    Keio University, 大学院理工学研究科

    Graduate School, Completed, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 工学, Keio University, Coursework, 1995.03

 

Books 【 Display / hide

  • 自動車技術ハンドブック 第三分冊 人間工学編 7-2-1(2) 車載ナビゲーション使用時のドライバ情報処理モデル

    DAIMON TATSURU, (公社)自動車技術会, 2016.03

    Scope: 584-588

  • 自動車技術ハンドブック 第三分冊 人間工学編 2-2-5(5) 実験デザイン

    DAIMON TATSURU, (公社)自動車技術会, 2016.03

    Scope: 69-73

  • 自動車技術ハンドブック 第三分冊 人間工学編 6-1-2(1) 質問紙によるワークロード評価

    DAIMON TATSURU, (公社)自動車技術会, 2016.03

    Scope: 449-454

  • 自動車技術ハンドブック 第三分冊 人間工学編 6-2-1(2)経路案内と地図表示

    KASUBUCHI TAKERO, DAIMON TATSURU, (公社)自動車技術会, 2016.03

    Scope: 468-475

  • 人間計測ハンドブック 応用編5章8節 カーナビゲーション利用時の作業負担の評価

    DAIMON TATSURU, (独)産業技術総合研究所人間福祉医工学研究部門,朝倉書店, 2003.09

    Scope: 803-807

     View Summary

    車載ナビゲーションシステムの評価を事例に,トラッキング成績と二重課題法による評価を行い,その適用方法や注意点,結果の解釈の仕方などについて解説した.

display all >>

Papers 【 Display / hide

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • Analysis and Evaluation of Communication between Automated Vehicle and Surrounding Pedestrians ─Eff ect of External HMI on Pedestrian Judgment and Behavior Using Virtual Reality Environment─

    DAIMON TATSURU

    自動車技術 ((公社)自動車技術会)  77 ( 12 ) 84 - 90 2023.12

    Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal), Single Work, Lead author, Corresponding author

  • Study of Communication between Vehicle and Surrounding Traffic Participants

    DAIMON TATSURU

    自動車技術 ((公社)自動車技術会)  74 ( 3 ) 72 - 78 2020.03

    Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal), Single Work

  • Driver Distraction and its Evaluation

    DAIMON TATSURU

    自動車技術 ((公社)自動車技術会)  70 ( 4 ) 60 - 65 2016.04

    Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal), Single Work

  • Analysis of the Process from Human Error to Traffic Accident focusing on Driver's OMOIKOMI and Situation Awareness

    IWAO MAYUMI, SHINOHARA KAZUMITSU, DAIMON TATSURU

    自動車技術 ((公社)自動車技術会)  70 ( 3 ) 89 - 94 2016.03

    Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal), Joint Work

  • ドライバー特性に基づいた自動車の情報化・運転支援

    大門樹

    パナソニック技報 (パナソニック株式会社)  57 ( 3 ) 39 - 43 2011.10

    Article, review, commentary, editorial, etc. (other)

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • Vehicle Behaviour + External Human-Machine Interface = ?: Investigating Impacts of Implicit and Explicit Cues from Automated Vehicles in Japanese Parking Areas

    Jieun Lee, Jun Soshiroda, Kosuke Takizawa, Tatsuru Daimon, Satoshi Kitazaki

    First International Conference on Hybrid Societies, 

    2023.03

    Oral presentation (general)

  • Differences in Pedestrian Behavior at Crosswalk Between Communicating With Conventional Vehicle and Automated Vehicle in Real Traffic Environment

    Masahiro Taima, Tatsuru Daimon

    First International Conference on Hybrid Societies, 

    2023.03

    Oral presentation (general)

  • 自動運転車と周囲歩行者とのコミュニケーション

    大門 樹

    UTMS セミナー2022 (東京) , 

    2022.11

    Oral presentation (keynote), 一般社団法人UTMS 協会

  • 自動運転車と歩行者のコミュニケーション

    大門樹

    第7回 自動運転と共創する未来社会検討小委員会, 

    2022.03

    Other, 日本学術会議 自動運転と共創する未来社会検討小委員会

  • 自動運転車と周囲交通参加者のコミュニケーション

    大門樹

    電子ディスプレイの人間工学シンポジウム2022, 

    2022.02

    Oral presentation (invited, special), 電子情報技術産業協会

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 戦略的イノベーション創造プラグラム(SIP)第2期/自動運転(システムとサービスの拡張)/自動運転の高度化に則したHMI及び安全教育方法に関する調査研究

    2019.08
    -
    2022.02

    (国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構ロボット・AI部, Commissioned research, Principal investigator

  • 「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム/大規模実証実験/HMI」自動運転車と他の交通参加者とのコミュニケーション(課題C)

    2017.07
    -
    2018.02

    (国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構ロボット・AI部, Commissioned research, Principal investigator

  • 「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)・自動走行システム」 自動走行システムの実現に向けたHMI等のヒューマンファクタに関する調査検討(課題C)自動走行システムと他の交通参加者とのインターフェースに関わる課題

    2016.06
    -
    2017.03

    内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当), Commissioned research, Principal investigator

  • 様々な交通状況における高齢ドライバーの情報処理特性および許容される情報量の検討

    2014.10
    -
    2015.03

    (一財)道路交通情報通信システムセンター, Commissioned research, Principal investigator

  • ドライバーの認知情報処理に基づく様々な情報の定量化に関する実験的研究

    2014.06
    -
    2014.12

    (一財)道路交通情報通信システムセンター, Commissioned research, Principal investigator

display all >>

Awards 【 Display / hide

  • 自動運転Awards「人への配慮」賞

    自動運転の高度化に則したHMI 及び安全教育方法に関する調査研究(慶應義塾大学, 産業技術総合研究所, 東京大学, 筑波大学, 熊本大学, 東京都ビジネスサービス), 2023.03, 自動運転 Awards審査委員会, 自動運転の高度化に則した HMI 及び安全教育方法に関する調査研究

    Type of Award: Other

  • 第20回 ITSシンポジウム2022 ベストポスター賞

    山口 諒, 大門 樹, 岩岡 浩一郎, 朝田 將, 織田 利彦, 2022.12, 特定非営利活動法人ITS Japan, 信号通過支援によるドライバー行動変容と周囲交通への影響に関する基礎的研究

    Type of Award: Award from Japanese society, conference, symposium, etc.

  • 技術部門貢献賞

    2014.08, (公社)自動車技術会

    Type of Award: Other

  • 第28回日本道路会議 優秀論文賞

    MUNEHIRO YUJI, MIYOSHI TAKAAKI, DAIMON TATSURU, UEDA ARITOSHI, 2009.11, 財団法人 日本道路会議, 道路施策評価を支援するモバイルDSの構築

    Type of Award: Award from Japanese society, conference, symposium, etc.

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • SYSTEM ANALYSIS AND EVALUATION

    2023

  • SEMINAR IN INDUSTRIAL AND SYSTEMS ENGINEERING

    2023

  • OPEN SYSTEMS MANAGEMENT: LECTURE AND LABORATORIES

    2023

  • LABORATORIES IN INDUSTRIAL AND SYSTEMS ENGINEERING (1)

    2023

  • INDEPENDENT STUDY ON SCIENCE FOR OPEN AND ENVIRONMENTAL SYSTEMS

    2023

display all >>

 

Social Activities 【 Display / hide

  • 「睡魔と運転たった20分で眠りだす脳…予兆は眼球反射に」

    株式会社TBSテレビ, 報道特集, 

    2012.05

     View Summary

    時に深刻な事故の原因となり、多くの犠牲者を出してきた居眠り運転。運転者たちの眠りの管理・改善はどこまで進んでいるのか?最新の科学で迫る「運転と睡魔の危うい関係」ハンドルを握る前の睡眠の改善、運転中の眠気撃退。“すぐそこにある危機”=居眠りを、いかに回避するか?最新技術で検証

  • 「交通死増えAHSへ高まる期待」-右折衝突防止支援システム-

    ハイウェイ エクスプレス4月号(第37号)協力:JH日本道路公団発行所:株式会社ジェイアールアイ, 

    2001.04

     View Summary

    交差点部右折時に生じる直進車と右折車との間の衝突事故防止支援を目的として,インフラと車が協調して運転支援を行うAHS(走行支援システム)についての概要を述べ.また,AHSのヒューマンインタフェースに関して,現在慶應大学が取り組んでいる実験システムの概要と人間工学的観点からのアプローチの重要性に関しても概説した.

  • 「ITS」

    株式会社テレビ東京, テクノ探偵団, 

    2000.11

     View Summary

    ITSの導入に当たり,ITS装置から情報をドライバに提供する際に生じる負荷を低減するために,ヒューマンインタフェースの設計・仕様が重要であるとの認識から,運転走行中に情報を取得しているドライバの指尖脈波にカオス解析を適用し,ドライバの負荷を評価する手法を説明し,実演した.

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • NPO法人 スマートライフ学会, 

    2022.03
    -
    Present
  • (公社)土木学会, 

    2007.12
    -
    Present
  • NPO法人 モバイル学会, 

    2007.02
    -
    2022.03
  • Human Interface Society, 

    2004.03
    -
    Present
  • (公社)自動車技術会, 

    1995.05
    -
    Present

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2020.02
    -
    2021.02

    委員, 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)高度な自動運転実現のための狭域・中域情報の収集・統合・配信に係る研究開発運営委員会

  • 2018.11
    -
    2019.03

    大会長, シンポジウム「モバイル’19」

  • 2016.03
    -
    2022.03

    副会長, NPO法人モバイル学会

  • 2015.11
    -
    2019.03

    委員, 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動走行システム/大規模実証実験/交通事故低減詳細効果見積もりのためのシミュレーション技術の開発及び実証」開発検討会

  • 2015.11
    -
    2016.03

    構成員, 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム推進委員会ヒューマンマシーンインターフェイスタスクフォース

display all >>