鈴木 秀男 (スズキ ヒデオ)

Suzuki, Hideo

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 管理工学科 (矢上)

職名

教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年03月

    慶應義塾大学, 理工学部, 管理工学科

    大学, 卒業

  • 1996年03月

    東京工業大学, 理工学研究科, 経営工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 東京工業大学, 課程, 1996年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学 (Social System Engineering/Safety System)

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 安全工学 (Social System Engineering/Safety System)

  • 情報通信 / 統計科学 (Statistical Science)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • サービス品質

  • マーケティング調査

  • 品質管理

  • 応用統計解析

  • 顧客満足

 

著書 【 表示 / 非表示

  • はじめて挑戦 QC検定3級 短期集中講座

    須加尾政一, 遊馬一幸, 大津渉, 志村嘉男, 鈴木秀男, 永井一志, 日科技連出版社, 2018年05月

  • この一冊で合格! QC検定3級集中テキスト&問題集

    鈴木 秀男, ナツメ社, 2015年08月

  • サービスサイエンスことはじめ―数理モデルとデータ分析によるイノベーション(第9章「サービス・プロフィットチェーン」)

    鈴木 秀男, 筑波大学出版会, 2014年08月

  • サービス品質の構造を探る―プロ野球の事例から学ぶ―

    鈴木 秀男, 日本規格協会, 2011年05月

  • 顧客満足度向上のための手法-サービス品質の獲得―

    鈴木 秀男, 日科技連出版社, 2010年02月

    担当範囲: 160

論文 【 表示 / 非表示

  • 複数ドメインからの転移を想定した 回帰手法とタクシーの 需要予測:Multi Source Two-stage TrAdaBoost.R2 の提案

    柴田 頼仁,岩本 大輝, 小森 晴菜,多賀 友哉,鈴木 秀男

    オペレーションズ・リサーチ 66 ( 3 ) 84 - 89 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Evaluation of personnel-adjusted added value: Estimating its relationship with future profit in Japan

    Iwamoto H., Suzuki H.

    Cogent Economics and Finance (Cogent Economics and Finance)  9 ( 1 )  2021年

     概要を見る

    Personnel-adjusted added value (PAV) is an index to measure human resource management for internal purposes. In this study, the possibilities and limitations of PAV using external estimates are investigated. To measure the effectiveness of PAV, it is compared with the general added value. This proves the effect of the personnel adjustment. The relationship between future performance and PAV (and added value), including other control variables, are statistically analysed by hierarchical linear modelling. The essence of PAV is to separate the basic labour costs from the company-specific personnel costs. To calculate PAV from outside an enterprise, the basic labour costs should be estimated. For this purpose, in addition to financial data, this study uses survey data on recruitment and employment in Japan. Statistical analysis is applied to the 2008–2016 longitudinal company data of 569 Japanese companies. We find that PAV, a management indicator that includes the adequacy of human resource management, is a useful factor related to future performance.

  • LSTMを用いた球種予測モデルの構築

    柴田頼仁,鈴木秀男

    統計数理研究所共同毛級レポート423 (統計数理研究所)  6   1 - 8 2019年03月

    学位論文(その他), 共著

  • ボロノイ図の空円性を用いたサッカーの守備構造評価

    白戸豪大,鈴木秀男

    統計数理研究所共同毛級レポート423 (統計数理研究所)  6   83 - 90 2019年03月

    学位論文(その他), 共著

  • An empirical study on the relationship of corporate financial performance and human capital concerning corporate social responsibility: Applying SEM and Bayesian SEM

    Iwamoto H., Suzuki H.

    Cogent Business and Management (Cogent Business and Management)  6 ( 1 )  2019年01月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

     概要を見る

    The importance of corporate social responsibility (CSR) has increased in corporate strategic management. Thus, this study focuses on three relationships: 1) the relationship between corporate financial performance (CFP) and CSR activities (CSRA), 2) the relationship between CSRA and human capital (HC), and 3) the relationship between HC and CFP. This study uses fact-based data to remove subjective influences as much as possible. Fact-based data include an ordinal scale such as the presence or absence of specific measures. In addition, since it is assumed that the three relationships are mutually affected, this study analyses them simultaneously to consider a mediating effect. In this analysis, structural equation modelling (SEM) and Bayesian SEM (BSEM) are applied to fact-based data collected from 219 listed companies in Japan. The analysis results clarify that CSRA directly impacts CFP and mediates the impact of HC on CFP. In addition, the path value of CSRA to CFP is larger in BSEM than in SEM. Thus, this study shows the merit of using a method that can handle ordinal scale indicators.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 管理工学における統計解析

    鈴木秀男,松浦峻,山田秀

    オペレーションズ・リサーチ 66 ( 3 ) 135 - 143 2021年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • 経営工学的ものの見方・考え方と今後の進化に向けて

    鈴木秀男

    経営システム 30 ( 2 ) 158 - 162 2021年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Improving the accuracy of Collaborative Filtering using Propensity Score

    Chizuwa,Y., Suzuki, H

    The 19th ANQ Congress 2021, 

    2021年10月

    口頭発表(一般)

  • アイテム⼈気度を考慮したユー ザー間類似度による協調フィルタリング精度向上について

    荒川智海, 鈴⽊ 秀男

    (公社)日本経営工学会 2019年 春季大会, 

    2019年03月

    口頭発表(一般)

  • 位相的データ解析による軌跡データ分類 精度の向上

    稲沢亮佑, 鈴⽊秀男

    (公社)日本経営工学会 2019年 春季大会 , 

    2019年03月

    口頭発表(一般)

  • サプライヤーとの恒常的な連携による 外部資源獲得ノウハウ向上の可能性-実証研究による検証-

    石川岳史,岩本大輝, 鈴木 秀男

    日本品質管理学会第48回年次大会 研究発表会 (関西大学 千里山キャンパス) , 

    2018年11月

    口頭発表(一般), 一般社団法人日本品質管理学会

  • 品質管理と革新的新製品開発の関係分析ー日本製造業の実証からー

    岩本大輝, 石川 岳史,鈴木 秀男

    日本品質管理学会第48回年次大会 研究発表会 (関西大学 千里山キャンパス) , 

    2018年11月

    口頭発表(一般), 一般社団法人日本品質管理学会

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • オープンイノベーションを活用した品質管理の枠組みに関する研究

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 鈴木 秀男, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • 社会的品質および保守サービス性を考慮した顧客満足度指数化モデルと品質管理の枠組み

    2016年04月
    -
    2019年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  未設定

  • 高次元データ解析法の開発とそのマーケティング分析への応用

    2016年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾学事振興資金, 鈴木秀男, 補助金,  研究代表者

  • 高次元データ解析法の開発とそのマーケティング分析への応用

    2015年04月
    -
    2016年03月

    慶應義塾学事振興資金, 鈴木秀男, 補助金,  研究代表者

  • サービス品質及び顧客満足度の評価モデルの高度化

    2011年04月
    -
    2014年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  未設定

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • (財)日本科学技術連盟 信頼性・保全シンポジュウム 推奨報文賞

    森 初男, 呉 宏堯, 鈴木 秀男, 松浦峻, 長谷川 雄大, 2010年07月, 統合的設計管理手法に関する研究(その2)-片持ち梁問題による多目的トレードオフ設計法の解説-

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • “GOPAL KANJI PRIZE” Best article in Total Quality Management & Business Excellence for 2009

    アラウス リタ, 松尾 博文, 鈴木 秀男, 2010年06月, Measuring Changes in Quality Management: An Empirical Analysis of Japanese Manufacturing Companies

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

  • 日本品質管理学会論文奨励賞

    鈴木 秀男, 1998年10月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 日本品質管理学会論文奨励賞

    鈴木 秀男, 1995年10月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 管理工学輪講

    2022年度

  • 品質管理

    2022年度

  • 確率

    2022年度

  • オープンシステムマネジメント同演習

    2022年度

  • 管理工学実験・演習5

    2022年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本規格協会 評議員

    2016年06月
    -
    継続中
  • QCサークル誌編集委員会委員

    2016年04月
    -
    継続中
  • 管理図JIS原案作成委員会

    2014年08月
    -
    2016年03月
  • QCサークル本部 本部幹事

    2014年04月
    -
    継続中
  • デミング賞審査委員会委員

    2012年01月
    -
    継続中

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 行動計量学会, 

    2021年08月
    -
    継続中
  • 日本統計学会, 

    2014年03月
    -
    継続中
  • 計算機統計学会, 

    2013年07月
    -
    継続中
  • 日本ダイレクトマーケティング学会, 

    2009年10月
    -
    継続中
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 

    2002年10月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年06月
    -
    継続中

    理事, 公益社団法人日本経営工学会

  • 2018年11月
    -
    継続中

    理事, 一般社団法人 日本品質管理学会

  • 2018年10月
    -
    継続中

    編集委員会委員, 日本ダイレクトマーケティング学会

  • 2017年04月
    -
    2020年02月

    主査, (公社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 データ・サイエンスとマーケティング分析研究部会

  • 2014年11月
    -
    継続中

    委員, 一般社団法人 日本品質管理学会 論文誌編集委員会

全件表示 >>