岡田 有策 (オカダ ユウサク)

Okada, Yusaku

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 管理工学科 (矢上)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 理工学部, 教授

  • 2021年03月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 研究連携推進本部, 研究戦略マネジメント特別推進室長

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

    内閣府, 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付, 上席科学技術政策フェロー

  • 2011年04月
    -
    2015年03月

    横浜国立大学, 理工学部 化学・生命系学科, 非常勤講師

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    法政大学, 国際情報学部, 非常勤講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月

    慶應義塾, 理工学部, 管理工学科

    大学, 卒業

  • 1988年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 管理工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1992年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 管理工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学 , 慶應義塾, 1992年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会システム工学・安全システム (Social System Engineering/Safety System)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 安全マネジメント

  • 技術経営

  • ヒューマンファクターズ/人間工学

  • サービスマネジメント

  • ヒューマンエラー

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • ヒューマンファクターに関わる安全管理

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,  希望形態: 受託研究, 共同研究

  • 組織におけるヒューマンエラー・マネジメント

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,  希望形態: 受託研究, 共同研究

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策

    技術情報協会, 2019年08月,  ページ数: 668

    担当範囲: 4.7 レピュテーションを考慮した安全・安心活動

  • 安全工学便覧 (第4版)

    安全工学会 編, コロナ社, 2019年07月,  ページ数: 1192

    担当範囲: 7.2 不安全性と人的要因

  • SIPの総括と今後の方向

    SIPインフラ連携委員会, 土木学会, 2019年03月

    担当範囲: 6.責任とリスク管理

  • ヒューマンエラーの理論と対策

    【監修者】 芳賀 繁、他22名執筆, (株)エヌ・ティー・エス, 2018年05月

    担当範囲: 製造過程におけるヒューマンエラーの分析とその対策

  • 実践・安全工学 シリーズ3 「安全マネジメントの基礎」

    岡田 有策, 化学工業日報社, 2013年01月

    担当範囲: 108-122

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluation method for safety management characteristic of medical workers

    Yamazaki H., Kimura K., Okada Y.

    Advances in Intelligent Systems and Computing (Advances in Intelligent Systems and Computing)  970   544 - 548 2020年

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り,  ISSN  9783030201449

     概要を見る

    © Springer Nature Switzerland AG 2020. The PDCA cycle proposed to prevention activities of medical accidents. We will propose suitable manager to operate this PDCA cycle. They are not only support for planning measures but also on the qualities items of the site leader which is the center of improvement of the workforce in various industries, safety personnel in various industries. We will report on the contents of consideration based on the survey of education, tasks and so on.

  • Study on exit strategy to promote introduction of new technology to safety management activities

    Sakata N., Shiraishi R., Okada Y.

    Advances in Intelligent Systems and Computing (Advances in Intelligent Systems and Computing)  970   549 - 557 2020年

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り,  ISSN  9783030201449

     概要を見る

    © Springer Nature Switzerland AG 2020. Enterprises engaged in public services have tolerable risk the rage is limited narrow, so they need to engage in safety management activity as a whole organization and to upgrade safety culture. They are required to try to new activities for upgrading safety culture not being satisfied with the present safety management activity. As new activities, they begin considering introducing a new technology into safety management activity focusing on “technology” that is one of the three major elements keeping security. In this study we organize the policy of exit strategy aimed at introducing new technology to safety management activities in public service.

  • Proposal of information analysis system on latent human error

    Shimada T., Tsunori R., Koike K., Okada Y.

    Advances in Intelligent Systems and Computing (Advances in Intelligent Systems and Computing)  956   271 - 275 2020年

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 共著, 査読有り,  ISSN  9783030200367

     概要を見る

    © Springer Nature Switzerland AG 2020. Latent Human Error information is gathered in companies, but there is a problem that it cannot be used well. The problem behind it is lack of knowledge on trouble analysis and insufficient analysis on text data. Therefore, in this research, we propose an information analysis system on latent human error. In the analysis system, the following three important elements are included. The first point is knowledge of Human Factors which is useful for trouble analysis. The second point is natural language processing technology which processes text information on trouble. The third point is statistics and DeepLearning technology using processed text information. Based on these factors, we aim to build an analysis support system that can be used by people who are not familiar with trouble analysis at the company site.

  • Issues of Human Error Management in Introducing New Technology for Bridge Inspection Drones

    Tsunori R., Okada Y.

    Advances in Intelligent Systems and Computing (Advances in Intelligent Systems and Computing)  962   238 - 245 2020年

    ISSN  9783030204662

     概要を見る

    & #x00A9; 2020, Springer Nature Switzerland AG. When introducing new technology, operators need to reduce the risk to an acceptable level for society while careful not to lose the merit of new technology to create innovation. The site tends to rely on fail-safe and foolproof, it is possible to deal with the event that happened once, but it cannot respond to unexpected events. Therefore, it is important to conduct preventive measures to improve safety even on human resources base.

  • 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の運営・管理 ――新たな枠組みによる成果と今後の課題

    岡田 有策

    応用物理 (応用物理学会)  88 ( 8 ) 1 - 3 2019年08月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • A Study on Human Error Recovery Effect by Strengthening Follow-up System among Workers in Team Work

    Risako Shiraishi, Yusaku Okada

    8th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE) and Affiliated Conferences, 2017年07月, 口頭(一般)

  • A proposal of field-oriented system to support medical risk management. Support of Risk Management in small and medium sized hospital

    Akifumi Hiranuma, Yusaku Okada

    8th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE) and Affiliated Conferences, 2017年07月, 口頭(一般)

  • A study of evaluation method for safety activity at railroad station service in consideration of user's security feeling.

    Kazuki KIYOTA, Yuya TANABE, Yusaku OKADA

    7th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE) and Affiliated Conferences, 2016年07月, 口頭(一般)

  • A study on activation of on-site management in railway enterprise -Focusing on occupation responsible for user's safety-

    Minami WAKATA, Kumiko TAKAHASHI, Yusaku OKADA

    7th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE) and Affiliated Conferences, 2016年07月, 口頭(一般)

  • Study on expanding the scope of the use of near-miss data in the work safety activities -Based on the pattern analysis of the characteristics of the methods and field activities related to work safety

    Kota TAKAHASHI, Yusaku OKADA

    7th International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (AHFE) and Affiliated Conferences, 2016年07月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 安全に関する指導・教育

    2019年04月
    -
    2020年03月

    東京地下鉄, 受託研究,  代表

  • 安全マネジメント講習

    2019年04月
    -
    2020年03月

    京阪電鉄, 受託研究, 

  • ヒューマンエラー防止活動に関する研究

    2019年04月
    -
    2020年03月

    西部石油, 受託研究,  代表

  • 医療事故防止対策の研究

    2019年04月
    -
    2020年03月

    医療法人社団明芳会, 受託研究,  代表

  • 人的なミス防止に関する共同研究

    2019年04月
    -
    2020年03月

    NECソリューションイノベータ, 受託研究, 

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • ペイシェントセーフティーファースト賞

    小林尚人、平沼明史、岡田有策, 2019年03月, 日本医療安全学会, 投薬業務に関わる 投薬業務に関わる PSF 分析

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

  • 安全工学論文賞

    赤坂俊哉、田沼正蔵、岡田有策, 2014年05月, 安全工学会, ヒヤリハットを活用した安全活動における気付きの育成

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

  • 日本人間工学会 大島賞

    岡田 有策, 2001年08月, 日本人間工学会, 構造的快適性評価手法の提案 -事例(自動車の乗降における快適さの評価)-

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 日本人間工学会 第6回橋本賞

    岡田 有策, 1991年06月, 日本人間工学会, 加圧水型原子力発電所の水位制御における人間の作業特性の研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 開放環境科学特別研究第2

    2021年度

  • 開放環境科学特別研究第1

    2021年度

  • 卒業研究

    2021年度

  • 人間工学Ⅰ

    2021年度

  • 管理工学輪講

    2021年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本学術会議第25期連携会員

    2020年10月
    -
    継続中
  • 日本学術会議第24期連携会員

    2017年10月
    -
    2020年09月
  • SIP(戦略的イノベーション創造プログラム) 『インフラ維持管理・更新・マネジメント技術』 サブ・プログラム・ディレクター

    2015年07月
    -
    2019年03月
  • 宇宙航空研究開発機構

    2010年06月
    -
    2013年04月
  • 日本学術会議21期、第三部「総合工学」「安全・安心・リスク分化委員会」

    2009年04月
    -
    2012年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本人間工学会, 

    1986年04月
    -
    継続中
  • 日本プラントヒューマンファクター学会, 

    1996年09月
    -
    継続中
  • 土木学会, 

    2019年03月
    -
    継続中
  • 安全工学会, 

    2001年04月
    -
    継続中
  • 日本医療安全学会, 

    2015年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
    -
    継続中

    会長, 日本プラントヒューマンファクター学会

  • 2020年10月
    -
    継続中

    第25期連携会員, 日本学術会議

  • 2020年11月
    -
    継続中

    常任理事, 日本医療安全学会

  • 2015年07月
    -
    2019年03月

    サブ・プログラムディレクター, SIP(戦略的イノベーション創造プログラム) 『インフラ維持管理・更新・マネジメント技術』

  • 2020年07月
    -
    継続中

    Physical Ergonomics & Safety Scientific Advisory Board, 12th International Conference on Applied Ergonomics 2018

全件表示 >>