牧 英之 (マキ ヒデユキ)

Maki, Hideyuki

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 物理情報工学科 (矢上)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年
    -
    2002年

    物質・材料研究機構, 外来研究員

  • 2002年
    -
    2005年

    独立行政法人理化学研究所, 基礎科学特別研究員

  • 2005年
    -
    2009年

    慶應義塾大学理工学部, 物理情報工学科, 助教

  • 2009年
    -
    2012年

    慶應義塾大学理工学部, 物理情報工学科, 専任講師

  • 2012年
    -
    継続中

    慶應義塾大学理工学部, 物理情報工学科, 准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年03月

    早稲田大学, 理工学部, 材料工学科

    大学, 卒業

  • 2002年03月

    早稲田大学, 理工学研究科

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 早稲田大学

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • カーボンナノチューブ

  • グラフェン

  • ナノワイヤー

  • 光デバイス

  • 量子ドット

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • グラフェンから広がる二次元物質の新技術と応用 (チップ上・超高速グラフェン発光デバイス)

    牧英之, 志村惟, 髙橋英統, 中川鉄馬, 他, 2020年03月

  • MDB技術予測レポート 2050年未来・世界を変える技術(ナノカーボン材料のデバイス化による光集積回路・量子デバイスの開発と将来)

    牧英之, 他, 2019年05月

  • カーボンナノチューブ・グラフェンの応用研究最前線(シリコンチップ上超小型CNT 発光素子開発)

    牧 英之、他, 株式会社エヌ・ティー・エス, 2016年09月

  • 仕事関数の計測・評価 実践対策および各種事例

    牧 英之、他, 情報機構, 2010年10月

     概要を見る

    カーボンナノチューブ、グラフェンの仕事関数について解説するとともに、それらを用いた電子デバイスにおいて、仕事関数制御によるキャリア制御について解説した。

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • ナノカーボン材料のデバイス化による 光集積回路・量子デバイスの開発と将来

    牧英之

    MDB 技術予測レポート─2050年 未来・世界を変える技術─ (株式会社日本能率協会総合研究所)   2019年03月

    機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等, 単著

  • カーボンナノチューブを用いた超小型・シリコンチップ上・高速発光素子

    牧 英之

    光アライアンス 9   1 - 5 2015年09月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • シリコンチップ上・超小型カーボンナノチューブ発光素子

    牧 英之

    化学工業 65 ( 5 ) 360 - 365 2014年05月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

     概要を見る

    カーボンナノチューブを用いたエレクトロルミネッセンス発光素子の最近の研究成果について、解説した。

  • シリコン上・超小型・超高速のカーボンナノチューブ発光素子

    牧 英之

    O plus E 36 ( 981 )  2014年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Electrically Driven On-Chip Broadband Emitter with A Macroscopically Aligned Carbon Nanotube Film

    Shinichiro Matano, Hidenori Takahashi, Natsumi Komatsu, Yui Shimura, Kenta Nakagawa, Junichiro Kono and Hideyuki Maki

    Materials Research Meeting 2021 (MRM 2021 ), 

    2021年12月

    ポスター発表

  • シリコン基板上の多結晶グラフェン直接パターニング成長と発光素子化

    中川鉄馬,高橋英統,志村惟,牧英之

    第48回炭素材料学会年会, 

    2021年12月

    その他

  • シリコンフォトニクスを用いた高効率・狭線幅カーボンナノチューブ発光素子の開発

    今福諒平,樋口直人,新山央人,中川鉄馬,牧英之

    第48回炭素材料学会年会, 

    2021年12月

    その他

  • カーボンナノチューブを用いた高純度高効率単一光子源の開発

    大矢秀真,河部倫太郎,高木宏,井樋孝行,前田優,中川鉄馬,牧英之

    第48回炭素材料学会年会, 

    2021年12月

    その他

  • カーボンナノチューブ配向膜を用いた黒体放射光源の開発

    俣野眞一朗,高橋英統,小松夏実,志村惟,中川鉄馬,河野淳一郎,牧英之

    第48回炭素材料学会年会, 

    2021年12月

    その他

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ナノカーボン赤外光源チップを用いた汎用型高空間分解能FT-IR分析装置開発

    2020年12月
    -
    2023年03月

    受託研究,  研究代表者

  • ナノカーボン単一光子デバイス開発

    2020年04月
    -
    2023年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業(科学研究費補助金), 補助金,  研究代表者

  • CNT上ナノワイヤー成長技術構築と低次元超伝導特性・量子情報素子応用

    2018年06月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 牧 英之, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  研究代表者

  • チップ上・高速・高集積ナノカーボン光電子素子開発と光インターコネクト応用

    2016年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 牧 英之, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • ナノカーボンテンプレートによる低次元・高品質結晶成長技術構築と光素子応用

    2016年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 牧 英之, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  研究代表者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会講演奨励賞(第38回(2015年春季)応用物理学会)

    遠藤匠, 早瀬潤子, 牧英之, 2015年09月, 単層カーボンナノチューブを用いた室温・通信波長帯域でのフォトンアンチバンチング測定

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第11回飯島奨励賞

    牧英之, 2015年02月, フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会, カーボンナノチューブおよびグラフェンによる電流駆動・超高速・オンチップ発光素子

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第47回 日本電子材料技術協会秋期講演大会 優秀賞

    山内陽平、牧 英之, 2010年11月, カーボンナノチューブ薄膜からの黒体放射発光とエレクトロルミネセンスの観測

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第46回 日本電子材料技術協会秋期講演大会 優秀賞

    若原弘行、牧 英之、佐藤徹哉、鈴木哲, 2009年11月, 発光・電気伝導の同時測定によるカーボンナノチューブからの励起子・自由キャリア電界発光観測

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第45回日本電子材料技術協会秋期講演大会 優秀賞

    牧 英之, 2008年11月, 歪印加によるカーボンナノチューブのバンドギャップ制御と光素子応用

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 半導体工学

    2022年度

  • プレゼンテーション技法

    2022年度

  • 学外実習

    2022年度

  • 量子力学入門

    2022年度

  • 複合領域の理工学入門

    2022年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本電子材料技術協会

     
  • 応用物理学会

     
  • 日本物理学会

     
  • フラーレン・ナノチューブ学会

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    学会誌「応用物理」 編集委員, 応用物理学会

  • 2016年01月
    -
    2017年12月

    学会誌 外部記者, 応用物理学会