Maki, Hideyuki

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Technology, Department of Applied Physics and Physico-Informatics (Yagami)

Position

Professor

Career 【 Display / hide

  • 1998
    -
    2002

    物質・材料研究機構, 外来研究員

  • 2002
    -
    2005

    独立行政法人理化学研究所, 基礎科学特別研究員

  • 2005
    -
    2009

    慶應義塾大学理工学部, 物理情報工学科, 助教

  • 2009
    -
    2012

    慶應義塾大学理工学部, 物理情報工学科, 専任講師

  • 2012
    -
    Present

    慶應義塾大学理工学部, 物理情報工学科, 准教授

Academic Background 【 Display / hide

  • 1998.03

    Waseda University, Faculty of Science and Engineering, 材料工学科

    University, Graduated

  • 2002.03

    Waseda University, Graduate School, Division of Science and Engineering

    Graduate School, Completed, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 博士(工学), 早稲田大学

 

Research Keywords 【 Display / hide

  • Carbon nanotube

  • grapheme

  • nanowire

  • 光デバイス

  • quantum dot

display all >>

 

Books 【 Display / hide

  • グラフェンから広がる二次元物質の新技術と応用 (チップ上・超高速グラフェン発光デバイス)

    牧英之, 志村惟, 髙橋英統, 中川鉄馬, 他, 2020.03

  • MDB技術予測レポート 2050年未来・世界を変える技術(ナノカーボン材料のデバイス化による光集積回路・量子デバイスの開発と将来)

    牧英之, 他, 2019.05

  • カーボンナノチューブ・グラフェンの応用研究最前線(シリコンチップ上超小型CNT 発光素子開発)

    牧 英之、他, 株式会社エヌ・ティー・エス, 2016.09

  • 仕事関数の計測・評価 実践対策および各種事例

    牧 英之、他, 情報機構, 2010.10

     View Summary

    カーボンナノチューブ、グラフェンの仕事関数について解説するとともに、それらを用いた電子デバイスにおいて、仕事関数制御によるキャリア制御について解説した。

Papers 【 Display / hide

  • Manipulation of phase slips in carbon-nanotube-templated niobium-nitride superconducting nanowires under microwave radiation

    Kota Kato, Tasuku Takagi, Takasumi Tanabe, Satoshi Moriyama, Yoshifumi Morita, and Hideyuki Maki

    Scientific Reports 10   14278/1 - 14278/7 2020.08

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • Efficient and Narrow-Linewidth Photoluminescence Devices Based on Single-Walled Carbon Nanotubes and Silicon Photonics

    Naoto Higuchi, Hiroto Niiyama, Kenta Nakagawa, Hideyuki Maki

    ACS Appl. Nano Mater 2020-3 ( 8 ) 7678 - 7684 2020.07

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • High-speed Electroluminescence from Semiconducting Carbon Nanotube Films

    Hidenori Takahashi, Yuji Suzuki, Norito Yoshida, Kenta Nakagawa and Hideyuki Maki

    Journal of Applied Physics 2020-127 2020.04

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • Pure and Efficient Single-Photon Sources by Shortening and Functionalizing Air-Suspended Carbon Nanotubes

    Rintaro Kawabe, Hiroshi Takaki, Takayuki Ibi, Yutaka Maeda, Kenta Nakagawa, Hideyuki Maki

    ACS Applied Nano Materials 2020 3   682 - 690 2019.12

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • A light emitter based on practicable and mass-producible polycrystalline graphene patterned directly on silicon substrates from a solid-state carbon source

    Kenta Nakagawa, Hidenori Takahashi, Yui Shimuraa and Hideyuki Maki

    RSC Advances 2019 9   37906 - 37910 2019.11

    Research paper (scientific journal), Accepted

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

display all >>

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • ナノカーボン材料のデバイス化による 光集積回路・量子デバイスの開発と将来

    牧英之

    MDB 技術予測レポート─2050年 未来・世界を変える技術─ (株式会社日本能率協会総合研究所)   2019.03

    Institution technical report and pre-print, etc., Single Work

  • カーボンナノチューブを用いた超小型・シリコンチップ上・高速発光素子

    牧 英之

    光アライアンス 9   1 - 5 2015.09

    Introduction and explanation (commerce magazine), Single Work

  • シリコンチップ上・超小型カーボンナノチューブ発光素子

    牧 英之

    化学工業 65 ( 5 ) 360 - 365 2014.05

    Introduction and explanation (scientific journal)

     View Summary

    カーボンナノチューブを用いたエレクトロルミネッセンス発光素子の最近の研究成果について、解説した。

  • シリコン上・超小型・超高速のカーボンナノチューブ発光素子

    牧 英之

    O plus E 36 ( 981 )  2014

    Introduction and explanation (scientific journal), Single Work

Presentations 【 Display / hide

  • 非対称構造グラフェン光検出器開発とマクロ可視・赤外光検出

    下村健太,今井要,川合暁,橋本和樹,井手口拓郎,中川鉄馬,牧英之

    第68回応用物理学会春季学術講演会, 2021.03, Oral Presentation(general)

  • 高効率・狭線幅カーボンナノチューブPL発光素子

    樋口直人,新山央人,中川鉄馬,牧英之

    第68回応用物理学会春季学術講演会, 2021.03, Oral Presentation(general)

  • Nanocarbon-based optoelectronic devices on silicon chips

    Hideyuki Maki, Yui Shimura and Kenta Nakagawa

    The 7th International Symposium toward the Future of Advanced Researches in Shizuoka University, 2021.03, Oral Presentation(general)

  • ナノカーボン材料によるチップ上光電子デバイス開発

    牧英之

    グラフェンコンソーシアム, 2020.12, Oral Presentation(guest/special)

  • ナノカーボン材料を用いた光電子デバイス開発

    牧英之

    第5回CPC研究会, 2020.11, Oral Presentation(guest/special)

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • ナノカーボン単一光子デバイス開発

    2020.04
    -
    2023.03

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業(科学研究費補助金), Research grant, Principal Investigator

  • CNT上ナノワイヤー成長技術構築と低次元超伝導特性・量子情報素子応用

    2018.06
    -
    2021.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 牧 英之, Grant-in-Aid for Challenging Research (Exploratory) , Principal Investigator

  • チップ上・高速・高集積ナノカーボン光電子素子開発と光インターコネクト応用

    2016.04
    -
    2020.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 牧 英之, Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Principal Investigator

  • ナノカーボンテンプレートによる低次元・高品質結晶成長技術構築と光素子応用

    2016.04
    -
    2018.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 牧 英之, Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, Principal Investigator

  • MEMSによるナノカーボン歪印可素子開発と連続可変電子状態制御

    2014.04
    -
    2016.03

    文部科学省・日本学術振興会, Grant-in-Aid for Scientific Research, 牧 英之, Research grant, Principal Investigator

display all >>

Awards 【 Display / hide

  • 応用物理学会講演奨励賞(第38回(2015年春季)応用物理学会)

    遠藤匠, 早瀬潤子, 牧英之, 2015.09, 単層カーボンナノチューブを用いた室温・通信波長帯域でのフォトンアンチバンチング測定

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

  • 第11回飯島奨励賞

    牧英之, 2015.02, フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会, カーボンナノチューブおよびグラフェンによる電流駆動・超高速・オンチップ発光素子

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium.  Country: 日本

  • 第47回 日本電子材料技術協会秋期講演大会 優秀賞

    山内陽平、牧 英之, 2010.11, カーボンナノチューブ薄膜からの黒体放射発光とエレクトロルミネセンスの観測

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

  • 第46回 日本電子材料技術協会秋期講演大会 優秀賞

    若原弘行、牧 英之、佐藤徹哉、鈴木哲, 2009.11, 発光・電気伝導の同時測定によるカーボンナノチューブからの励起子・自由キャリア電界発光観測

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

  • 第45回日本電子材料技術協会秋期講演大会 優秀賞

    MAKI HIDEYUKI, 2008.11, 歪印加によるカーボンナノチューブのバンドギャップ制御と光素子応用

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • SEMICONDUCTOR ENGINEERING

    2021

  • PRESENTATION TECHNIQUE

    2021

  • OFF-CAMPUS WORK-STUDY PROGRAM

    2021

  • INTRODUCTION TO QUANTUM MECHANICS

    2021

  • INTRODUCTION TO INTERDISCIPLINARY SCIENCE AND TECHNOLOGY

    2021

display all >>

 

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 応用物理学会

     
  • 日本物理学会

     
  • フラーレン・ナノチューブ学会

     
  • 日本電子材料技術協会

     

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2017.04
    -
    Present

    学会誌「応用物理」 編集委員, 応用物理学会

  • 2016.01
    -
    2017.12

    学会誌 外部記者, 応用物理学会