荒井 恒憲 (アライ ツネノリ)

Arai, Tsunenori

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 (三田)

職名

名誉教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1981年04月
    -
    1993年03月

    防衛医科大学校医用電子工学講座 ,助手

  • 1993年04月
    -
    2001年03月

    防衛医科大学校医用電子工学講座 ,助教授

  • 1993年04月
    -
    継続中

    兼慶應義塾大学大学院理工学研究科 ,非常勤講師

  • 1994年04月
    -
    継続中

    兼防衛医科大学校付属高等看護学院 ,講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1976年03月

    慶應義塾大学, 工学部, 電気工学科

    大学, 卒業

  • 1978年03月

    慶應義塾大学, 工学研究科, 電気工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1981年03月

    慶應義塾大学, 工学研究科, 電気工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学 , 慶應義塾大学, 1981年03月

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Structure and Principle of Angioscope

    荒井 恒憲, CORONARY ANGIOSCOPY, 2015年

    担当範囲: Springer chapter 1

  • 血管内視鏡最新診療ガイド

    荒井 恒憲, 2011年03月

    担当範囲: 12-15

  • MEの基礎知識と安全管理 改訂第4版

    荒井 恒憲, ?日本エム・イー学会ME技術教育委員会, 2002年04月

    担当範囲: 341-356

  • 皮膚科・形成外科医のためのレーザー治療

    荒井 恒憲, メディカルビュー社, 2000年08月

  • 消化器研究の新たな進歩Vol.4

    中村直子、林 琢也、伊藤和郎、三浦総一郎、荒井恒憲、菊地眞, ヴァン・メディカル, 1999年12月

    担当範囲: 83-87

     概要を見る

    上部消化管内視鏡下でのウォータージェットの応用に関して記述した。

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Modified optical coefficient measurement system for bulk tissue using an optical fiber insertion with varying field of view and depth at the fiber tip

    Nakazawa H., Doi M., Ogawa E., Arai T.

    Lasers in Medical Science (Lasers in Medical Science)  34 ( 8 ) 1613 - 1618 2019年10月

    ISSN  02688921

     概要を見る

    © 2019, Springer-Verlag London Ltd., part of Springer Nature. To measure the few millimeter–scale macroscopic optical properties of biological tissue, including the scattering coefficient, while avoiding the instability that originates from sample slicing preparation processes, we performed propagated light intensity measurements through an optical fiber that punctures the bulk tissue while varying the fiber tip depth and the field of view (FOV) at the tip; the results were analyzed using the inverse Monte Carlo method. We realized FOV changes at the fiber tip in the bulk tissue using a variable aperture that was located outside the bulk tissue through a short high-numerical aperture (high-NA) multi-mode fiber with a quasi-straight shape. Using a homogeneous optical model solution, we verified the principle and operation of the constructed experimental system. A 200-μm-core-diameter silica fiber with NA of 0.5 and length of 1 m installed in a 21G needle was used. The detection fiber’s shape was maintained over a radius of curvature of 30 cm. The dependences of the detected light intensity on the FOV and the depth showed better than 1.4% accuracy versus calculated dependences based on the measured optical properties of the solution. Adaptation of the method for use with complex structured biological tissue, particularly in the presence of a thick fascia, was not completely resolved. However, we believe that our specific fiber puncture–based measurement method for use in bulk tissue based on variation of the FOV with inverse Monte Carlo method-based analysis will be useful in obtaining optical coefficients while avoiding sample preparation–related instabilities.

  • A three-compartment pharmacokinetic model to predict the interstitial concentration of talaporfin sodium in the myocardium for photodynamic therapy: A method combining measured fluorescence and analysis of the compartmental origin of the fluorescence

    Uno Y., Ogawa E., Aiyoshi E., Arai T.

    Bioengineering (Bioengineering)  6 ( 1 ) 1 - 11 2019年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著

     概要を見る

    © 2018 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. To evaluate the effectiveness of photodynamic therapy occurring in the interstitial space of the myocardium, we estimated the interstitial concentration of talaporfin sodium in the canine myocardium by constructing a three-compartment pharmacokinetic model based on measured changes in talaporfin sodium plasma concentration and myocardial fluorescence. Differential rate equations of talaporfin sodium concentration in the plasma, interstitial space, and cell compartment were developed with individual compartment volume, concentration, and rate constants. Using measured volume ratios based on histological examinations, we defined that the myocardial fluorescence consisted of the linear addition of fluorescence generated from these three compartments. The rate constants were obtained by fitting to minimize the sum of the squared errors between the measured talaporfin sodium concentrations and the calculated concentrations divided by the number of data points using the conjugate gradient method in MATLAB. We confirmed that this fitting operation may be appropriate, because a coefficient of determination between the measured talaporfin sodium changes and the calculated concentrations using our equations was 0.99. Consequently, to estimate the interstitial concentration in the canine myocardium, we propose a three-compartment pharmacokinetic model construction methodology using measured changes in talaporfin sodium plasma concentration and changes in myocardial fluorescence.

  • Heat enhances ex vivo paclitaxel delivery to porcine carotid artery walls

    荒井 恒憲

    Advanced Biomedical Engineering 8 ( 1 ) 30 - 37 2019年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Effect of interactive pressure on drug delivery to ex vivo heated porcine carotid artery walls

    Misaki Kobayashi, Kao Suganuma, Natsumi Shimazaki, Emiyu Ogawa, Tsunenori Arai

    Advanced Biomedical Engineering 8 ( 1 ) 38 - 44 2019年

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • Comparison of an in vivo model with an in vitro model based on the electrical potential decrease in the myocardium or myocardial cells by an extracellular photosensitization reaction

    Marika Doi, Emiyu Ogawa, Tsunenori Arai

    Journal of the Japan Society for Laser Surgery and Medicine 39 ( 4 ) 303 - 314 2019年

    研究論文(学術雑誌), 共著

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 「心筋内レーザ励起光増感反応による非熱的不整脈治療装置の開発」

    小川恵美悠、伊藤亜莉沙、荒井恒憲、木村雄弘

    レーザー協会誌 特集「医工連携におけるレーザの活用技術」 38 ( 3 )  2013年12月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • pdtの不整脈治療への応用:PDTアブレーション装置の開発

    高橋芽意, 小川恵美悠, 伊藤亜莉沙, 荒井恒憲

    O plus E 特集「広がるレーザー応用」 35 ( 5 )  2013年05月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 光増感反応を用いた非熱的不整脈アブレーションの開発

    荒井恒憲,小川恵美悠、高月誠司

    レーザー学会学術講演会第39回年次大会 (東京:東海大学高輪キャンパス) , 

    2019年01月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 光線力学的治療と、大学からの治療器実用化の挑戦

    荒井恒憲

    第136回関東連合産婦人科学会総会・学術集会 (東京:一橋大学一橋講堂) , 

    2018年11月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 大学発治療器技術の実用化:新規不整脈治療器を目指したチャレンジの総括

    荒井恒憲,小川恵美悠,高月誠司

    LASER WEEK in Tokyo(第39回日本レーザー医学会総会, 第28回日本光線力学学会,第14回日本脳神経外科光線力学学会(同時開催)) (東京:京王プラザホテル) , 

    2018年11月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 光ファイバー穿刺によるバルク組織の光学定数計測法

    中澤春奈,土井万理香,小川恵美悠,荒井恒憲

    LASER WEEK in Tokyo(第39回日本レーザー医学会総会, 第28回日本光線力学学会,第14回日本脳神経外科光線力学学会(同時開催)) (東京:京王プラザホテル) , 

    2018年11月

    口頭発表(一般)

  • PDT の犬と猫の臨床応用~現状での問題点について~

    入江充洋,秋元治朗,荒井恒憲

    LASER WEEK in Tokyo(第39回日本レーザー医学会総会, 第28回日本光線力学学会,第14回日本脳神経外科光線力学学会(同時開催)) (東京:京王プラザホテル) , 

    2018年11月

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 早期Photodynamic Therapyによる経カテーテル的心房細動治療器

    2007年07月
    -
    2010年03月

    産学連携イノベーション創出事業費補助金, 補助金,  未設定

Works 【 表示 / 非表示

  • 第16回日本心臓内視鏡講習会「血管内視鏡の原理」

    荒井恒憲

    東京:砂防会館, 

    2018年09月

    その他

  • 『大学学部研究会』 株式会ナガセ(東進ハイスクール) 理工学部で最新レーザ治療器を開発する!

    荒井恒憲

    2018年08月

    その他

  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所バイオメディカル・カリキュラム(BMC)「レーザー医学」

    荒井 恒憲

    2018年05月

    その他

  • Friends Live 2018 共済セミナー4 テーマ Multiplication ~ Opening of IVUS x NIRS ~

    荒井恒憲

    東京都品川区, 

    2018年03月

    その他

  • 第38回 日本レーザー医学会総会 大会長

    横浜市港北区 , 

    2017年11月

    その他

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 評価装置

    出願日: 2012066239  2011年03月 

    発行日: 183946  2014年05月

    特許権, 共同

  • 光化学反応により心筋組織の光線力学的アブレーションを行うカテーテル

    出願日: 2012-501915  2011年02月 

    発行日: 5598935  2014年08月

    特許権, 共同

  • 評価装置

    出願日: 特願2010-275511  2010年12月 

    発行日: 5719159  2015年03月

    特許権, 共同

  • 爪真菌症治療システム

    出願日: 特願2011-545255  2010年12月 

    発行日: 5699091  2015年02月

    特許権, 共同

  • 判別装置

    出願日: 特願2010-058384  2010年03月 

    発行日: 5635282  2014年10月

    特許権, 共同

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本ME学会 荻野賞

    荒井 恒憲, 1995年05月, 日本ME学会

  • 第10回国際レーザー外科・内科学会 大会長賞

    荒井 恒憲, 1993年10月, 国際レーザー外科・内科学会

  • 日本ME学会 研究奨励賞・阪本研究刊行助成賞

    荒井 恒憲, 1987年04月, 日本ME学会

  • 日本ME学会 第1回秋期大会発表賞

    荒井 恒憲, 1985年10月, 日本ME学会

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 医用光工学

    2020年度

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • ME技術講習会小委員会

    1999年12月
    -
    継続中
  • 第12回消化器レーザー内視鏡研究会

    1997年08月
    -
    継続中
  • 第2種ME技術実力検定試験問題作成小委員会

    1997年04月
    -
    1999年04月
  • 中央薬事審議会(厚生省)

    1996年11月
    -
    継続中
  • 臨床工学技士国家試験委員会 (医療機器センター・厚生省)

    1996年07月
    -
    継続中

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 第33回日本レーザー医学総会 一般演題Ⅶ:泌尿器科・血管外科・歯科, 

    2012年11月
  • 第32回日本レーザー医学総会 一般演題, 

    2011年11月
  • 第25回日本心臓血管内視鏡学会 「一般演題3」, 

    2011年10月
  • 第21回日本光線力学学会学術講演会 シンポジウムⅠ『New PDT Dosimetry』, 

    2011年07月
  • 第50回日本生体医工学会大会 一般口演3-8 「光学応用」“Optical Application”, 

    2011年05月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年11月

    座長, 第33回日本レーザー医学総会 一般演題Ⅶ:泌尿器科・血管外科・歯科

  • 2011年11月

    座長, 第32回日本レーザー医学総会 一般演題

  • 2011年10月

    座長, 第25回日本心臓血管内視鏡学会 「一般演題3」

  • 2011年07月

    座長, 第21回日本光線力学学会学術講演会 シンポジウムⅠ『New PDT Dosimetry』

  • 2011年05月

    座長, 第50回日本生体医工学会大会 一般口演3-8 「光学応用」“Optical Application”

全件表示 >>