足立 修一 (アダチ シュウイチ)

Adachi, Shuichi

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 物理情報工学科 (矢上)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    1990年07月

    ㈱東芝 総合研究所 エネルギー機器研究所

  • 1990年08月
    -
    2002年02月

    宇都宮大学 工学部 電気電子工学科 助教授

  • 1993年10月
    -
    1996年03月

    科学技術庁 航空宇宙技術研究所 客員研究員

  • 2002年03月
    -
    2006年03月

    宇都宮大学 工学部 電気電子工学科 教授

  • 2003年03月
    -
    2004年01月

    英国 ケンブリッジ大学 工学部 客員研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1981年03月

    慶應義塾大学, 工学部, 電気工学科

    大学, 卒業

  • 1986年03月

    慶應義塾大学, 工学研究科, 電気工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士, 慶應義塾大学, 課程, 1986年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 制御、システム工学 (制御工学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • システム同定

  • ディジタル信号処理

  • 電気電子工学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 制御工学のこころ~古典制御編~

    足立 修一, 東京電機大学出版局, 2021年04月

  • 制御工学の基礎

    足立 修一, 東京電機大学出版局, 2016年04月

  • バッテリマネイジメント工学~電池の仕組みから状態推定まで~

    足立 修一廣田 幸嗣押上 勝憲馬場 厚志丸田 一郎三原 輝儀, 東京電機大学出版局, 2015年12月

  • 制御の事典

    足立 修一野波 健蔵水野 毅他, 朝倉書店, 2015年07月

  • 信号・システム理論の基礎~フーリエ解析・ラプラス変換・z変換を系統的に学ぶ~

    足立 修一, コロナ社, 2014年10月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 改良型前進後退スムーザを用いた飛行中の航空機重量のセンサフュージョンによる推定

    石川 敦也,成岡 優,二宮 哲次郎,足立 修一

    日本航空宇宙学会論文集 70 ( 2 ) 58 - 66 2022年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 責任著者, 査読有り

  • Spatio-temporal path planning for lunar polar exploration with robustness against schedule delay

    Inoue H., Adachi S.

    Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences (Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences)  64 ( 6 ) 304 - 311 2021年

    ISSN  05493811

     概要を見る

    This paper presents a method to obtain a robust optimal path in an environment with time-varying safety features, such as in the lunar polar region. In designing the path for planetary exploration rovers, we must consider various safety conditions, such as terrain hazards, illumination, and communication visibility to the Earth. Some of the safety features are time-varying, and the optimal path should be searched for both the spatial direction and the temporal direction. In addition, there is no guarantee that all of the sequences will be successfully executed on time due to misoperation, failures, or trouble. Therefore, a path that is robust against the delay must be planned so as to guarantee safety even when behind schedule. The authors propose an algorithm called “Robust Spatio-Temporal Path Planner for the Planetary Rover (ROBUST-STP3R)” to obtain a path that is robust against schedule delay in a time-varying environment. This method defines a cost function that consists of the distance as well as the region type cost. To add robustness against schedule delays, the authors consider a weighted summation of the time-varying region type cost with regard to the temporal direction. The effectiveness of the proposed method is demonstrated through use in a simulated lunar polar exploration exercise.

  • Resource and network management framework for a large-scale satellite communications system

    Abe Y., Ogura M., Tsuji H., Miura A., Adachi S.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences (IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences)  E103-A ( 2 ) 492 - 501 2020年02月

    共著,  ISSN  09168508

     概要を見る

    Satellite communications (SATCOM) systems play important roles in wireless communication systems. In the future, they will be required to accommodate rapidly increasing communication requests from various types of users. Therefore, we propose a framework for efficient resource management in large-scale SATCOMsystems that integrate multiple satellites. Such systems contain hundreds of thousands of communication satellites, user terminals, and gateway stations; thus, our proposed framework enables simpler and more reliable communication between users and satellites. To manage and control this system efficiently, we formulate an optimization problem that designs the network structure and allocates communication resources for a large-scale SATCOM system. In this mixed integer programming problem, we allow the cost function to be a combination of various factors so that SATCOM operators can design the network according to their individual management strategies. These factors include the total allocated bandwidth to users, the number of satellites and gateway stations to be used, and the number of total satellite handovers. Our numerical simulations show that the proposed management strategy outperforms a conventional strategy in which a user can connect to only one specific satellite determined in advance. Furthermore, we determine the effect of the number of satellites in the system on overall system performance.

  • μ-マルコフモデルを用いた自動車用二次電池の内部インピーダンスの推定

    佐々木理沙子,川口貴弘,丸田一郎,足立修一,片芝惇平,長村謙介

    計測自動制御学会論文集 56 ( 2 ) 67 - 69 2020年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • ベクトル型可変忘却要素付き逐次最小二乗法を用いた非定常雑音下における原子時計の内部状態推定

    馬渕俊一郎,平野将人,足立修一,井戸哲也,花土ゆう子

    計測自動制御学会論文集 56 ( 2 ) 45 - 50 2020年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 昭和・平成・令和の制御教育

    足立 修一

    システム/制御/情報 65 ( 7 ) 277 - 282 2021年07月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著, 筆頭著者

  • モデルベース開発と制御と人工知能

    足立 修一

    自動車技術会 75 ( 4 ) 12 - 17 2021年04月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著, 筆頭著者

  • 体育会航空部創部90周年のお祝い

    足立 修一

    積雲  ( 18 )  2020年06月

    単著, 筆頭著者

  • 板書授業

    足立 修一

    三田評論 (慶應義塾)   2020年05月

    単著, 筆頭著者

  • ご縁

    足立修一

    慶應義塾大学 理工学部報 68 2019年09月

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 切り替えを含むエンジン吸気系の逐次二次計画法に基づく非線形モデル予測制御

    石垣郁弥,上野将樹,足立修一

    第66回システム情報制御学会 研究発表講演会(SCI’22) (京都リサーチパーク) , 

    2022年05月

    口頭発表(一般)

  • 軌道運動を考慮したビジュアルオドメトリと電波航法による月極域探査ローバの自己位置推定

    土野 匠,井上博夏,市川 勉,出頭智基,足立修一

    第66回システム情報制御学会 研究発表講演会(SCI’22) (京都リサーチパーク) , 

    2022年05月

    口頭発表(一般)

  • 制御理論シンポジウム50周年記念特別セッション ~趣旨説明~

    足立修一

    第9回制御部門マルチシンポジウム(MSCS2022) (on-line(慶大)) , 

    2022年03月

  • 飛行データを用いた大域的な空力モデルの構築に関する考察

    石川敦也,成岡 優,二宮哲次郎,足立修一

    第59回飛行機シンポジウム (on-line) , 

    2021年11月
    -
    2021年12月

    口頭発表(一般)

  • Weight estimation of aircraft in flight by sensor fusion with revised forward-backward smoother

    Atsuya Ishikawa, Masaru Naruoka, Tetsujiro Ninomiya, and Shuichi Adachi

    12th Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology (APISAT 2021), 

    2021年11月

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 周波数領域における非線形システム同定についての実用化検討

    2021年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 足立 修一, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • モデルベースト制御における機械学習とダイナミクスの融合に向けての基礎研究

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 足立 修一, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • 立体音響システムのための頭部伝達関数の多変数モデリングと制御

    2015年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 足立 修一, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

Works 【 表示 / 非表示

  • カルマンフィルタの基礎理論 ~センシング,制御,機械学習などの基礎となる~,トリケップスセミナー

    足立修一

    zoom, 

    2022年06月

    その他, 単独

  • モデル予測制御入門,トリケップスセミナー

    足立修一

    zoom, 

    2022年05月

    その他, 単独

  • カルマンフィルタの基礎理論(原理と計算法)と実問題への応用,サイエンス & テクノロジーセミナー

    足立修一

    zoom, 

    2022年04月

    その他, 単独

  • カルマンフィルタ 入門セミナー ~実際に使うための基本とポイント,応用事例まで~,情報機構

    足立修一

    zoom, 

    2022年04月

    その他, 単独

  • SCSK 制御工学講座(基礎編)

    足立修一

    オンライン, 

    2022年03月

    その他, 単独

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2019年度 計測自動制御学会 著述賞

    足立修一,廣田幸嗣,押上勝憲,馬場厚志,丸田一郎,三原輝儀, 2019年09月, 計測自動制御学会

    受賞区分: 学会誌・学術雑誌による顕彰

  • CPDポイント賞

    2018年09月, 計測自動制御学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 平成28年 産業応用部門論文賞

    足立 修一,大明 準治, 2016年08月, 電気学会, 設計レス非線形オブザーバに基づく弾性間節ロボットアームの振動抑制制御

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 2016年度 産業技術賞

    足立 修一,永井 祥子,室井 秀夫,竹下 侑,小松 真,加藤 真治, 2016年05月, システム制御情報学会, モデル予測制御を用いた複写機におけるトナー補給制御システムの設計

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 映像情報メディア未来賞プフロンティア賞

    足立 修一,松井 健太郎,杉本 岳大ほか, 2015年05月, 映像情報メディア学会, 22.2マルチチャンネル音響の枠型スピーカによるバイノーラル再生法の開発

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • プレゼンテーション技法

    2022年度

  • モデリングと制御

    2022年度

  • 物理情報数学C

    2022年度

  • 基礎理工学課題研究

    2022年度

  • 基礎理工学特別研究第2

    2022年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 計測自動制御学会 制御部門 機械学習と調和する制御理論 調査研究会(第3期DML研究会)委員, 

    2021年
    -
    継続中
  • 日本鉄鋼協会 制御技術部会 諮問委員, 

    2019年
    -
    継続中
  • 計測自動制御学会 制御部門 機械学習と調和する制御理論 調査研究会(第2期DML研究会), 

    2019年
    -
    2020年
  • 計測自動制御学会制御部門 モデルベースト制御における機械学習とダイナミクスの融合 調査研究会, 

    2017年
    -
    2018年
  • IEEE Control Systems Society Japan Chapter (CS-23), 

    2014年
    -
    2017年

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年
    -
    継続中

    制御部門 モデルベースト制御における機械学習とダイナミクスの融合 調査研究会 主査, 計測自動制御学会

  • 2016年
    -
    2017年

    Control Systems Society Japan Chapter (CS-23) Chair, IEEE

  • 2014年
    -
    2015年

    Control Systems Society Japan Chapter (CS-23) Vice-chair, IEEE

  • 2012年
    -
    2015年

    エディタ(制御分野), 計測自動制御学会 論文集

  • 2012年
    -
    2014年

    代議員, 計測自動制御学会

全件表示 >>