藤原 忍 (フジハラ シノブ)

Fujihara, Shinobu

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 応用化学科 (矢上)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    2000年03月

    慶應義塾大学 助手(理工学部応用化学科)

  • 2000年04月
    -
    2005年03月

    慶應義塾大学 専任講師(理工学部応用化学科)

  • 2001年09月
    -
    2002年09月

    アーヘン工科大学 客員研究員

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学 助教授(理工学部応用化学科)

  • 2007年04月
    -
    2012年03月

    慶應義塾大学 准教授(理工学部応用化学科)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年03月

    京都大学, 工学部, 工業化学科

    大学, 卒業

  • 1992年03月

    京都大学, 工学研究科, 分子工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1995年03月

    京都大学, 工学研究科, 分子工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 京都大学, 1995年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 無機化学

  • グリーン・環境化学

  • 無機工業材料

  • 無機材料・物性

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ゾル-ゲル法

  • フルオロクロミック蛍光体

  • 光エネルギー変換

  • 化学センサ

  • 層状金属水酸化物材料

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 蛍光体を利用した化学センサの開発, 

    2017年04月
    -
    継続中

  • 外場応答型無機蛍光体材料の開発, 

    2009年04月
    -
    継続中

  • 液液二相系における革新的無機合成, 

    2007年04月
    -
    継続中

  • 色素増感太陽電池電極の構造制御と高効率化, 

    2000年04月
    -
    継続中

  • 層状金属水酸化物の合成と多機能化, 

    2000年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 液相法(ゾル-ゲル法など)を利用した無機材料のプロセッシング技術の開発

  • 無機蛍光体材料を利用した蛍光・化学センシングシステムの開発

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ゾル-ゲルテクノロジーの最新動向

    藤原 忍, シーエムシー出版, 2017年07月

    担当範囲: マルチ機能性発光材料(pp.268-276)

  • ウェットプロセスによる精密薄膜コーティング技術

    藤原 忍, 技術情報協会, 2014年08月

    担当範囲: 477-480

  • ゾル-ゲル法の最新応用と展望

    藤原 忍, シーエムシー出版, 2014年02月

    担当範囲: 193-198

  • 光学薄膜の最適設計・成膜技術と膜厚・膜質・光学特性の制御

    藤原 忍, 技術情報協会, 2013年06月

    担当範囲: 415-418

  • Chemical Solution Deposition of Functional Oxide Thin Films

    藤原 忍, Springer, 2013年05月

    担当範囲: 725-745

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis of hollow and aggregated CeO <inf>2</inf> :Sm <sup>3+</sup> microspheres and their redox-responsive luminescence

    Umehara T., Hagiwara M., Fujihara S.

    Journal of Alloys and Compounds (Journal of Alloys and Compounds)     1074 - 1081 2019年05月

    ISSN  09258388

     概要を見る

    © 2019 Elsevier B.V. Hollow and aggregated microspheres of an Sm 3+ -doped CeO 2 phosphor material were synthesized by liquid processes using organic materials as a template and a structure-directing agent, respectively The microstructure of both the microspheres obtained were characterized as their crystallite size and specific surface area because they were comprised of CeO 2 :Sm 3+ nanocrystals approximately 20 nm in size. The microspheres showed orange luminescence due to electronic transitions of the Sm 3+ ions upon excitation with ultraviolet light. The luminescence intensity was decreased when the microspheres were treated with an aqueous L(+)-ascorbic acid solution as a reductant. The intensity was then recovered by treating the microspheres with an H 2 O 2 solution as an oxidant. Such the redox-responsive luminescence switching is promising for sensing applications if the sensitivity can be controlled well. The relationship between the structural features of the microspheres and the luminescence switching property was then examined in detail.

  • Synthesis of Ca–Co hydroxides and their use in facile fabrication of textured Ca<inf>y</inf>CoO<inf>2</inf> thermoelectric ceramics

    Shimonishi R., Hagiwara M., Fujihara S.

    Ceramics International (Ceramics International)  45 ( 3 ) 3600 - 3607 2019年02月

    ISSN  02728842

     概要を見る

    © 2018 Elsevier Ltd and Techna Group S.r.l. A brucite-type hydroxide of CazCo1−z(OH)2 with a high Ca content was synthesized and utilized as a single-source precursor for the fabrication of bulk ceramics of a semiconducting layered calcium cobaltite CayCoO2. Plate-like CazCo1−z(OH)2 particles with z up to 0.22 were reproducibly obtained by a reverse co-precipitation method using KOH as an alkaline source. Uniaxial pressing of the plate-like CazCo1−z(OH)2 particles (z = 0.22), which was calcined at 373 K beforehand, at a pressure as high as 500 MPa produced a highly dense green pellet where the plate-like particles were stacked along the pressing direction. The green pellet was then converted by a heat treatment at 923 K into an oxide ceramic of preferentially (010)-oriented CayCoO2 via a topotactic-like pyrolytic reaction maintaining edge-sharing CoO6 octahedra. Although the ceramic also contained a minor insulating Co3O4 phase (16.7 ± 0.7 mol% estimated from thermal analysis), the electrical measurements proved its p-type semiconducting behavior resulting from the CayCoO2 phase with enhanced Seebeck coefficient exceeding 160 μV/K at room temperature.

  • Structural improvement of ZnO electrodes through solution-processed routes for enhancing open-circuit voltage in dye-sensitized solar cells

    Tanaka E., Nurdiwijayanto L., Hagiwara M., Fujihara S.

    Journal of Solid State Electrochemistry (Journal of Solid State Electrochemistry)  22 ( 10 ) 3119 - 3127 2018年10月

    ISSN  14328488

     概要を見る

    © 2018, Springer-Verlag GmbH Germany, part of Springer Nature. We report herein one of our recent studies on nanostructured ZnO electrodes for application in dye-sensitized solar cells, focusing on achieving a higher open-circuit voltage (VOC). ZnO films were obtained through solution-processed routes including pyrolytic conversion of layered hydroxide zinc acetate (LHZA) films deposited on a fluorine-doped tin oxide-coated conducting glass substrate by a chemical bath deposition method. The morphology of the initial LHZA and the converted ZnO films was tuned from a thick (approximately 12 μm) flower bed-/lawn-like bilayer structure to a thin (1.2 μm) lawn-like quasi-monolayer structure by decreasing the Zn source concentration in the chemical bath. VOC was found to be enhanced with this morphological change from 0.692 (the bilayer structure) to 0.735 V (the quasi-monolayer structure). Fine tuning of the quasi-monolayer structure by introducing the grain growth effect led to VOC of the cell as high as 0.807 V, although a short-circuit photocurrent density (JSC) remained low. Further attempts were then made to increase JSC while maintaining the high VOC. When the thickness of the lawn-like monolayer film was increased up to approximately 5 μm, the resultant cell showed VOC = 0.750 V, JSC = 6.20 mA cm−2 and a conversion efficiency (η) of 2.83%. The film with a modified flower bed-/lawn-like bilayer structure approximately 11 μm in thickness finally yielded VOC = 0.741 V, JSC = 13.6 mA cm−2, and η = 5.44%.

  • Sol-gel processing of fluoride and oxyfluoride materials

    Fujihara S.

    Handbook of Sol-Gel Science and Technology: Processing, Characterization and Applications (Handbook of Sol-Gel Science and Technology: Processing, Characterization and Applications)     333 - 359 2018年07月

    ISSN  9783319320991

     概要を見る

    © Springer International Publishing AG, part of Springer Nature 2018. Producing fluoride and oxyfluoride materials is not easy because of the potential toxicity of fluorinated compounds and gases. Sol-gel processing has been used to produce fluoride and oxyfluoride materials in two ways. In the first case, the composition is formed from oxide precursors, followed by a reactive treatment in HF to fluorinate the composition. In the second case, trifluoroacetate precursors or metal alkoxides in trifluoroacetic acid are used to form the gel or thin films directly. The principal motivation for using sol-gel routes to prepare glassy fluorides and oxyfluorides is that they have useful optical applications.

  • A novel synthesis method of delafossite-type CuYO<inf>2</inf> using a layered yttrium hydroxide as an yttrium source

    Narushima S., Shimonishi R., Hagiwara M., Fujihara S.

    Journal of the Ceramic Society of Japan (Journal of the Ceramic Society of Japan)  126 ( 5 ) 286 - 291 2018年05月

    ISSN  18820743

     概要を見る

    © 2018 The Ceramic Society of Japan. All rights reserved. A facile synthesis method of delafossite-type CuYO2 using a layered yttrium hydroxide (LYH) was developed. LYH microplates and Cu2O nanoparticles were both prepared from aqueous solutions and used as raw materials for the solid-state reaction to form CuYO2. It was found that CuYO2 could be obtained by heating LYHCu2O mixed powder at 900°C for 4 h under a N2 atmosphere. Although the product contained a slight amount of Y2O3, the heating time used in the proposed method was much shorter than that required for the conventional synthesis method via the Cu2Y2O5 precursor phase. Analysis of the X-ray diffraction pattern showed that the CuYO2 powder synthesized using LYH contained the 3R-type polymorph as the major content, whereas a larger content of the 2H-type polymorph was included in the powder synthesized by the conventional method. Based on these results, a topotactic reaction maintaining the layered structure of LYH was proposed as the formation mechanism for CuYO2 in LYHCu2O mixed powder.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • ゲーレナイトの圧電材料としての可能性

    武田博明,保科拓也,鶴見敬章,小玉展宏,萩原 学,藤原 忍

    日本電子材料技術協会会報 (日本電子材料技術協会)  47 ( 11 ) 11 - 15 2016年11月

    機関テクニカルレポート,プレプリント等, 共著

  • 無機発光材料の構造制御に基づく複合的光学機能の創出

    藤原 忍

    工業と製品(セラミックデータブック2015/16) (工業製品技術協会)  43 ( 97 ) 71 - 74 2015年12月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 無機蛍光体への外場応答性付与に基づく新規なイメージング材料の開発

    藤原 忍

    公益財団法人日本板硝子材料工学助成会成果報告書 (公益財団法人日本板硝子材料工学助成会)   ( 33 ) 158 - 163 2015年08月

    総説・解説(その他), 単著

  • 化学的環境に応答する無機イメージングパウダーの創製

    藤原 忍

    ホソカワ粉体工学振興財団年報平成26年度 (公益財団法人ホソカワ粉体工学振興財団)   ( 22 ) 68 - 74 2015年05月

    総説・解説(その他), 単著

  • 光機能アセンブリーに基づく蛍光体の新機能開拓

    藤原 忍

    セラミックス (日本セラミックス協会)  50 ( 3 ) 156 - 159 2015年03月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 層状イットリウム水酸化物の構造制御と蛍光センシング材料への応用

    森山隼, 萩原 学, 藤原 忍

    日本セラミックス協会2018年年会 (東北大学(仙台市)) , 2018年03月, 口頭(一般), 日本セラミックス協会

  • 水熱合成法による金属基板上への(Bi1/2K1/2)TiO3膜の作製と振動発電素子への応用

    萩原 学, 櫻井亮太朗, 藤原 忍

    日本セラミックス協会2018年年会 (東北大学(仙台市)) , 2018年03月, 口頭(一般), 日本セラミックス協会

  • 均一な微構造を持つ粒界絶縁型複合キャパシタの作製に向けた単分散導電体-絶縁体core-shellナノ粒子の合成

    稲垣琢也, 上野慎太郎, 藤井一郎, 和田智志, 萩原 学, 藤原 忍

    日本セラミックス協会2018年年会 (東北大学(仙台市)) , 2018年03月, 口頭(一般), 日本セラミックス協会

  • 2相ゾル-ゲル法で合成したYVO4:Eu3+ナノ/マイクロ構造膜によるH2O2センシング

    本宮香純, 萩原 学, 藤原 忍

    日本セラミックス協会2018年年会 (東北大学(仙台市)) , 2018年03月, ポスター(一般), 日本セラミックス協会

  • 層状イットリウム水酸化物をY源とした固相反応によるデラフォサイト型CuYO2の合成

    鳴嶋俊介, 萩原 学, 藤原 忍

    日本セラミックス協会2018年年会 (東北大学(仙台市)) , 2018年03月, ポスター(一般), 日本セラミックス協会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 金属-有機構造体(MOF)を経由した新規なセラミックスナノ多孔質粒子の製造と応用展開

    2017年12月
    -
    2019年03月

    公益財団法人大倉和親記念財団, 平成29年度(第48回)研究助成, 藤原 忍, 補助金, 

  • フルオロクロミック無機蛍光体の開発と応用

    2017年04月
    -
    2020年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 藤原 忍, 補助金,  代表

  • 無機蛍光物質の表面制御に基づく化学応答性イメージング材料の開発

    2013年04月
    -
    2015年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 藤原 忍, 補助金,  代表

  • 化学的環境に応答する無機イメージングパウダーの創製

    2013年04月
    -
    2014年03月

    公益財団法人ホソカワ粉体工学振興財団, 平成24年度研究助成, 補助金, 

  • 高効率なプラスチック型色素増感太陽電池の開発

    2012年04月
    -
    2013年03月

    慶應義塾学事振興資金, 補助金, 

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • マテリアル科学3

    藤原 忍

    2010年04月
    -
    継続中

    その他, 単独

     発表内容を見る

    教材の作成

  • マテリアル科学1

    藤原 忍

    2009年04月
    -
    継続中

    その他, 単独

     発表内容を見る

    教材の作成

  • ZnO色素増感太陽電池の現状と展望

    藤原 忍

    2008年06月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 無機ナノマテリアルの構造制御による高機能化と光・電子分野への応用

    藤原 忍

    2008年05月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • ケミカルプロセスの特徴を活かした発光材料の創製と応用

    藤原 忍

    2007年09月
    -
    継続中

    その他, 単独

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 電極材料、電極及び発光型エレクトロクロミック素子

    特願: 特願2013-189096  2013年09月 

    特許: 第6182727号  2017年08月

    特許, 共同, 国内出願

  • 酸化物超電導体の製造方法および酸化物超電導体製造用前駆体

    特願: 1996-276653  1996年10月 

    特開: 1998-120417  1998年05月 

    特許, 共同

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本セラミックス協会フェロー表彰

    藤原 忍, 2017年06月, 公益社団法人日本セラミックス協会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 日本セラミックス協会賞(学術賞)

    藤原 忍, 2015年06月, 公益社団法人日本セラミックス協会, 無機発光材料の構造制御に基づく複合的光学機能の創出

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Journal of the Ceramic Society of Japan, The Editor-in-Chief Award of Distinguished Reviewer

    藤原 忍, 2014年03月, 日本セラミックス協会

  • 日本セラミックス協会賞(進歩賞)

    藤原 忍, 2001年05月, 社団法人日本セラミックス協会, ゾル-ゲル法による機能性フッ化物材料の創製に関する研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 応用化学輪講

    2019年度

  • ナノスケール科学ジョイントセミナー

    2019年度

  • マテリアル科学3

    2019年度

  • マテリアル科学1

    2019年度

  • マテリアルデザイン科学ジョイントセミナー

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • マテリアル科学3

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任

  • 機能デザイン工学

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任

  • 物理化学基礎2

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任

  • 応用化学実験A

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 実習・実験, 専任

  • 固体の機能設計

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • セラミックス大学2017(CEPRO2017)第3回講義「知って役立つ合成プロセス1:液相からの合成」

    2017年07月
  • 日本セラミックス協会第29回秋季シンポジウム「男女共同参画推進の特別セッション」オーガナイザー

    2016年09月
  • セラミックス大学2016(CEPRO2016)第3回講義「知って役立つ合成プロセス1:液相からの合成」

    2016年06月
  • 日本セラミックス協会第28回秋季シンポジウム「男女共同参画推進の特別セッション」オーガナイザー

    2015年09月
  • セラミックス大学2015(CEPRO2015)第3回講義「知って役立つ合成プロセス1:液相からの合成」

    2015年06月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • The American Ceramic Society, 

    2008年11月
    -
    継続中
  • The Electrochemical Society, 

    2008年04月
    -
    継続中
  • 電気化学会, 

    2003年10月
    -
    継続中
  • International Sol-Gel Society, 

    2003年07月
    -
    継続中
  • 日本ゾル-ゲル学会, 

    2003年05月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年06月
    -
    継続中

    副委員長, 日本セラミックス協会/男女共同参画委員会

  • 2010年12月
    -
    2011年10月

    委員, 国際セラミックス総合展2011実行委員会

  • 2010年04月
    -
    2015年03月

    委員, 日本学術振興会産学協力研究委員会フッ素化学第155委員会

  • 2010年01月
    -
    継続中

    主査, 日本セラミックス協会/運営委員会/会員サービスWG

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

    主査, 日本セラミックス協会2010年年会

全件表示 >>