藤岡 沙都子 (フジオカ サトコ)

Fujioka, Satoko

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 応用化学科 (矢上)

職名

准教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

    慶應義塾大学特別研究助教(先導研究センター)

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

    慶應義塾大学助教(有期)(理工学部応用化学科)

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

    慶應義塾大学助教(理工学部応用化学科)

  • 2014年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学専任講師(理工学部応用化学科)

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    開放環境科学専攻環境エネルギー科学専修, 専修幹事

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年03月

    東京工業大学, 工学部, 化学工学科

    大学, 卒業

  • 2005年04月

    東京工業大学, 理工学研究科, 化学工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2009年03月

    東京工業大学, 理工学研究科, 化学工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 東京工業大学, 課程, 2009年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 移動現象、単位操作

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 反応工学、プロセスシステム工学 (Reaction Engineering/Process System)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 持続可能な社会への道 -環境科学から目指すゴール-

    2020年10月

    担当範囲: 第6章環境課題解決のための生産技術と社会実装,  担当ページ: p.183-197

論文 【 表示 / 非表示

  • Unique properties of fine bubbles in the electrochemical reduction of carbon dioxide using boron-doped diamond electrodes

    Mai Tomisaki, Keisuke Natsui, Satoko Fujioka, Koichi Terasaka, Yasuaki Einaga

    Electrochimica Acta 389 ( 1 ) 138769 2021年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Characterization of Water/Organic Biphasic System in Liquid-Liquid Slug Flow under Hydrothermal Conditions: Solvation, Vorticity and Hydrophobicity

    Toshinori Shimanouchi, Satoko Fujioka, Tatsuya Tanifuji, Kenta Yamamoto, Koichi Terasaka, Yukitaka Kimura

    Solvent Extraction Research and Development Japan 28 ( 1 ) 21 - 35 2021年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • ウルトラファインバブル水の国際輸送

    田中俊也, 成瀬祐里, 寺坂宏一, 藤岡沙都子, 山本陽子, 野口雄介, 山崎京香, 庄村拓也, 原田駿

    混相流 35 ( 1 ) 185 - 196 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Experimental study and prediction by computational fluid dynamics on self-induced sloshing due to bubble flow in a rectangular vessel

    Ryohei Aoki, Satoko Fujioka, Koichi Terasaka

    Journal of Chemical Engineering of Japan (The Society of Chemical Engineers, Japan)  54 ( 2 ) 51 - 57 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00219592

     概要を見る

    Self-induced sloshing is an oscillatory phenomenon of a free liquid surface due to the flow of a fluid. This phenomenon has been reported in some gas–liquid reactors, and it is important to predict and prevent its occurrence for the safe operation of the reactors. However, the fundamental knowledge on the self-induced sloshing by bubble flow, such as the frequency and amplitude, is insufficient, and the occurrence condition has not been clarified. The purpose of this study is to investigate the characteristics of self-induced sloshing by bubble flow experimentally. We attempt to reproduce self-induced sloshing by using computational fluid dynamics (CFD) and establish a CFD model for the prediction of the occurrence of self-induced sloshing. In the experiments, air bubbles were dispersed into a liquid from the bottom of a rectangular vessel. The effects of the air flow rate and static liquid height on the characteristics of self-induced sloshing were investigated experimentally by image analysis. The occurrence of self-induced sloshing was confirmed by increasing the airflow rate at a specific static liquid height. The amplitude reached a maximum at the static liquid height, where self-induced sloshing was most likely to occur, and the frequency decreased with increasing static liquid height. Next, in order to reproduce the self-induced sloshing through CFD, an appropriate drag model of the bubbles was selected. Although the amplitude was overestimated due to the absence of the foam layer, the predicted frequency agreed well with the experimental value. Finally, the movement of the circulation flow was analyzed, and its correlation with the self-induced sloshing was clarified.

  • Generation and Long-term Stability of Ultrafine Bubbles in Water

    Shunya Tanaka, Koichi Terasaka, Satoko Fujioka

    Chemie Ingenieur Technik (Wiley)  93 ( 1-2 ) 168 - 179 2020年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1522-2640

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 化学工学年鑑2020 3.3気泡・液滴・微粒子分散工学

    藤岡沙都子

    化学工学 84 ( 10 ) 487 - 488 2020年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

  • 化学工学年鑑2013 3.3気泡・液滴・微粒子分散工学

    藤岡沙都子

    化学工学 77 ( 10 ) 690 - 691 2013年

    単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 気泡流による自励スロッシングに及ぼす液物性の影響

    藤田えりか,藤岡沙都子,寺坂宏一

    化学工学会3支部合同大会(秋田大会), 

    2021年07月

    口頭発表(一般)

  • 振動流バッフル反応器における低レイノルズ数領域での内部流動解析

    鈴木博己,藤岡沙都子,堀江孝史,薬師寺光,寺坂宏一

    化学工学会3支部合同大会(秋大会), 

    2021年07月

    口頭発表(一般)

  • 液液スラグ流におけるスラグ長さの推算と内部循環流の可視化

    手塚智哉,藤岡沙都子,寺坂宏一

    化学工学会3支部合同大会(秋田大会), 

    2021年07月

    口頭発表(一般)

  • 固液分散プロセスへの応用を目指した振動流バッフル反応器の内部流動解析

    野本大智,藤岡沙都子,堀江孝史,薬師寺光,寺坂宏一

    化学工学会3支部合同大会(秋田大会), 

    2021年07月

    口頭発表(一般)

  • 難溶性薬物の過飽和溶液の安定性に対するウルトラファインバブルの影響

    木村 早百合,今岡 鮎子,秋好 健志,田中 俊也,藤岡 沙都子,寺坂 宏一,大谷 壽一

    日本医療薬学会第4回フレッシャーズ・カンファランス, 

    2021年06月

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 液液スラグフローリアクターによる微粒子およびゲルカプセル連続製造プロセスの開発

    2021年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 藤岡 沙都子, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • 液液スラグ流を用いた生成粒子径分布の柔軟な制御が可能な微粒子合成プロセスの開発

    2020年
    -
    継続中

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  研究代表者

  • マイクロバブル溶解速度推算モデルの確立と周囲濃度場の可視化手法の提案

    2017年

    慶應義塾学事振興資金, 補助金,  未設定

  • 気液、液液混相流の流動および反応解析

    2015年
    -
    2018年03月

    受託研究,  未設定

  • マイクロバブルの急速な溶解による結晶製造プロセスの開発

    2015年
    -
    2017年

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  研究代表者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本食品工学会優秀ポスター発表賞

    2015年08月, 日本食品工学会

  • Chemical Engineering Science Top Cited Papers for 2011 and 2012

    K. Terasaka, A. Hirabayashi, T. Nishino, S. Fujioka and D. Kobayashi, 2014年10月

  • 化学工学会部会CT賞

    2014年06月, 公益財団法人化学工学会, 粒子流体プロセス部会関連国際シンポジウムの立ち上げおよび運営に関する顕著な貢献

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 移動現象操作

    2022年度

  • 応用化学輪講

    2022年度

  • 基礎化学実験

    2022年度

  • 応用化学実験A

    2022年度

  • 開放環境科学課題研究

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 化学工学演習

    慶應義塾大学理工学部応用化学科

    2021年04月
    -
    2022年03月

    春学期, 演習

  • 化学工学特論

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 基礎化学実験

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 応用化学工学

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 移動現象操作

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会

     
  • 日本機械学会

     
  • 日本混相流学会

     
  • 日本食品工学会

     
  • 日本学術会議, 

    2017年10月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    ファインバブル学会連合理事, ファインバブル学会連合

  • 2020年04月
    -
    継続中

    化学工学会関東支部若手の会代表, 化学工学会関東支部若手の会

  • 2018年04月
    -
    継続中

    代議員, 化学工学会

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    評議員, ファインバブル学会連合

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    企画幹事, 化学工学会粒子流体プロセス部会気泡・液滴・微粒子分散工学分科会

全件表示 >>