寺坂 宏一 (テラサカ コウイチ)

Terasaka, Koichi

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 応用化学科 (矢上)

職名

教授

HP

特記事項

3-14-1, Hiyoshi, Kohoku-ku

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • マイクロバブルおよびウルトラファインバブルの化学反応器への応用

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    1987年05月

    旭硝子株式会社, 鹿島工場化学品製造部有機課

  • 1991年04月
    -
    1992年03月

    鐘淵化学工業株式会社, 生産技術研究所, 研究員

  • 1992年04月
    -
    1995年03月

    慶應義塾大学理工学部, 応用化学科, 助手

  • 1995年04月
    -
    2000年03月

    慶應義塾大学理工学部, 応用化学科, 専任講師

  • 1995年09月
    -
    1996年08月

    ブラウンシュバイク工科大学, 客員教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年03月

    慶應義塾, 工学部, 応用化学科

    大学, 卒業

  • 1986年03月

    慶應義塾, 工学研究科, 応用化学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1991年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 応用化学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学修士, 慶應義塾, 課程, 1986年03月

  • 工学博士, 慶應義塾, 課程, 1991年03月

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 2011年12月

    マイクロバブルの食品工学への応用

  • 2014年11月

    第6回ファインバブル技術講習会 オーガナイザー

     活動内容を見る

    「ファインバブル技術の最新動向と計測技術の実演」

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 化工物性・移動操作・単位操作 (化学工学一般)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ファインバブルサイエンス

  • 気泡・液滴分散工学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ファインバブルの発生メカニズムと化学反応装置への応用, 

    2001年
    -
    継続中

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • マイクロバブルの化学反応装置への応用・性能評価・実用化

    産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,  希望形態: 受託研究, 共同研究

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ファインバブル入門

    寺坂 宏一氷室 昭三、安藤 景太、秦 隆志, 日刊工業新聞社, 2016年11月

  • 気泡・分散系現象の基礎と応用

    寺坂 宏一, 三恵社, 2016年10月

    担当範囲: 58-76

  • 流体移動解析

    寺坂 宏一, 朝倉書店, 2011年10月

    担当範囲: 71-74

  • マイクロバブル・ナノバブルの最新技術II

    寺坂 宏一, シーエムシー出版, 2010年05月

    担当範囲: 145-150

  • 「マイクロ・ナノバブルとソノプロセス」 -いろいろ使える「微細泡」の驚異の作用-

    寺坂 宏一, (株)ティー・アイ・シィー, 2010年05月

    担当範囲: 265-274

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Absorption of carbon dioxide at high temperature with molten alkali carbonate using bubble column reactor

    金井由悟, 寺坂 宏一, 藤岡 沙都子, 福永 健一郎

    Journal of Chemical Engineering of Japan (Journal of Chemical Engineering of Japan)  52 ( 1 ) 31 - 40 2019年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00219592

     概要を見る

    © 2019 The Society of Chemical Engineers, Japan The purpose of this study is to examine the possibility of establishing a novel CO 2 absorption process with molten alkali carbonate using a bubble column reactor. In our previous study, a hot CO 2 recovery process using Li 4 SiO 4 suspended in molten Li 2 CO 3 -K 2 CO 3 was developed. In the process, molten alkali carbonate itself showed great potential for CO 2 absorption at high temperature. If a hot CO 2 absorption process were established using only molten alkali carbonate, it could make the system simpler and the operating temperature range could be extended without the limitation of reaction temperature of solid absorbent. In the study, molten Li 2 CO 3 , Na 2 CO 3 , K 2 CO 3 and its eutectic mixture were selected as CO 2 absorbent. A bubble column was chosen as the device for gas absorption at high temperature. First, the CO 2 absorption performance of each single molten alkali carbonate was investigated. The result showed that the molten Li 2 CO 3 had a great ability to absorb CO 2 at high temperature. Li 2 O was thought to be produced by decomposition of Li 2 CO 3 during the melting and purging process and a reaction of CO 2 with Li 2 O occurred during the absorption process. Further, the CO 2 absorption performance of eutectic mixture increased exponentially with increasing the ratio of Li 2 CO 3 in composition. Second, the possibility of establishing a CO 2 absorption process using molten Li 2 CO 3 was examined. The overall CO 2 absorption process in the bubble column was investigated and the experimental results showed that the mass transfer of CO 2 into molten Li 2 CO 3 was the rate-controlling step. The operational conditions of the bubble column were optimized. The superficial gas velocity was an important operational parameter that affected both the CO 2 absorption rate and total amount of CO 2 finally absorbed in the bubble column. The operating temperature also greatly affected the amount of absorbed CO 2 .

  • Synthesis, kinetic study, and reaction mechanism of Li4SiO4 with CO2 in a slurry bubble column reactor

    Kanai Y., Terasaka K., Fujioka S.

    Chemical Engineering Communications (Chemical Engineering Communications)  2019年

    ISSN  00986445

     概要を見る

    © 2019, © 2019 Taylor & Francis Group, LLC. This study was performed to investigate the synthesis, kinetic and reaction mechanism of Li 4 SiO 4 with CO 2 in a slurry bubble column reactor. The Li 4 SiO 4 powder sample was prepared via a solid-state reaction. The sample was characterized via X-ray diffraction (XRD) analysis and verified as a single phase. The median diameter of the sample was measured using the laser diffraction and scattering method as about 20 μm. The synthesized sample was suspended in binary molten carbonate of Li 2 CO 3 –K 2 CO 3 having a molar ratio of 38:62. The experimental results show that Li 4 SiO 4 in the slurry bubble column absorbed approximately a stoichiometric amount of CO 2 . The kinetic study shows that the CO 2 reaction behavior on the Li 4 SiO 4 surface was fitted to a double exponential model and the limiting step of the reaction was lithium diffusion. The mass transfer coefficient of CO 2 and rate constant of reaction with Li 4 SiO 4 were studied to understand the overall absorption mechanism in the reactor. The resistance for the direct reaction of CO 2 on the Li 4 SiO 4 was much smaller than the resistance for the mass transfer of CO 2 to the Li 4 SiO 4 . We can conclude that the direct contact of CO 2 with Li 4 SiO 4 was the main path for the reaction.

  • Mass transfer from freely rising microbubbles in aqueous solutions of surfactant or salt

    Tanaka S., Kastens S., Fujioka S., Schlüter M., Terasaka K.

    Chemical Engineering Journal (Chemical Engineering Journal)  2019年

    ISSN  13858947

     概要を見る

    © 2019 Elsevier B.V. Microbubbles are used in many applications. One of the major advantages of using microbubbles is to improve the mass transfer of gases to the bulk phase. In this study, mass transfer from single microbubbles that rise in ultrapure water and aqueous solutions of surfactants (SDS, Pluronic F68) or salt (NaCl) was investigated. The rising and dissolution behaviors of single air microbubbles were observed using a high-speed imaging technique by which the rising velocity, U B , and the mass transfer coefficient, k L , were optically evaluated. We found that the rising velocity of microbubbles obeys Stokes’ law, indicating that the surface of the microbubbles used in this study is immobile, despite their rising in ultrapure water. The obtained mass transfer coefficients were in good agreement with those predicted by Ranz and Marshall's correlation for the Sherwood number, Sh. Using the two correlations for U B and Sh, a theoretical model that describes the mass transfer from a microbubble was constructed. The proposed model can predict the dissolution of single microbubbles rising in ultrapure water and aqueous solutions with an accuracy of ±10% in terms of dissolution time.

  • Fine bubble based CO2 capture mediated by triethanolamine coupled to whole cell biotransformation

    Andreas Liese, Michael Schlueter, Koichi Terasaka

    Chemie Ingenieur Technik  2019年

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • ファインバブルテクノロジーの発展と展望

    寺坂 宏一

    粉体技術 (一般社団法人日本粉体工業技術協会)  10 ( 11 ) 44 - 48 2018年11月

    研究論文(学術雑誌), 単著,  ISSN  1883-3292

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 次代を拓く!産業イノベーションセミナーを開催

    寺坂 宏一

    神戸商工だより (神戸商工会議所)   ( 725 ) 13 - 13 2015年10月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • ファインバブル技術の最前線

    寺坂 宏一

    日本エネルギー学会誌 (日本エネルギー学会)  93 ( 11 ) 1022 - 1024 2014年11月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • ファインバブル技術のトレンドと課題

    寺坂 宏一

    化学工学 (化学工学会)  78 ( 9 ) 580 - 584 2014年09月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 2D14 Effect of storage temperature on the colloidal stability of ultrafine bubbles in pure water

    Shunya Tanaka, Koichi Terasaka, Satoko Fujioka

    OKINAWA COLLOIDS 2019 (NAGO Okinawa) , 2019年11月, 口頭(一般), The Division of Colloid and Surface Chemistry (DCSC), Chemical Society of Japan (CSJ)

  • Study on Floor Cleaning by Ultra Finebubbles

    Shin Nagata, Hiroshi Matsuyama, Takayuki Suzuki, Hideaki Shakutsui Yasutaka Hayamizu, Takatoshi Fujii, Takashi Hata, Yusuke Nishiuchi, Shozo Himuro, Koichi Terasaka

    Second International Workshop on the Applications of Fine and Ultrafine Bubbles (Dalhousie University) , 2019年10月, ポスター(一般), Process Engineering & Applied Science, Dalhousie University

  • Ultrafine Bubble Stability During Aquaculture Nutrient Distribution

    Shun Harada, Adam Donaldson, Adel M. Al Taweel, Koichi Terasaka

    Second International Workshop on the Applications of Fine and Ultrafine Bubbles (Dalhousie University) , 2019年10月, ポスター(一般), Process Engineering & Applied Science, Dalhousie University

  • An Introduction to Fine Bubble Applications

    Koichi Terasaka

    Second International Workshop on the Applications of Fine and Ultrafine Bubbles (Dalhousie University) , 2019年10月, 口頭(基調), Process Engineering & Applied Science, Dalhousie University

  • Ultrafine bubble formation by spray injection from pressurized container

    Kyoka Yamazaki, Koichi Terasaka

    Second International Workshop on the Applications of Fine and Ultrafine Bubbles (Dalhousie University) , 2019年10月, ポスター(一般), Process Engineering & Applied Science, Dalhousie University

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ファインバブルサイエンス構築にむけた革新的物性計測技術の国際研究開発

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 寺坂 宏一, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 第2回マルチスケール多相プロセス工学国際シンポジウム

    2014年09月

    慶応義塾大学, 小泉信三記念基金, 寺坂宏一, 補助金,  代表

  • ファインバブルの機能性解明と産業基盤技術の構築

    2014年04月
    -
    2017年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 寺坂宏一, 補助金,  代表

  • 気泡塔を利用したスマートグリット装置の開発

    2014年04月
    -
    2015年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金, 

  • 静止型ミキサーの機構解明とスケールアップの検討

    2013年04月
    -
    2014年03月

    キユーピー(室井)-寺坂研, 受託研究, 

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • ファインバブルの基礎と計測および実用化

    寺坂宏一

    日本機械学会 混相流入門:実験・数値計算の基礎から実例まで, 

    2019年11月

    その他, 単独

  • ファインバブルを用いた壁面付着物の洗浄

    寺坂宏一

    大阪科学技術センター 第51回洗浄に関するシンポジウム, 

    2019年11月

    その他

  • ファインバブル技術の基礎と研究動向

    寺坂宏一

    日本化学会 第9回CSJ化学フェスタ タワーホール船堀 , 

    2019年10月

    その他, 単独

  • 電子情報技術部会 エレクトロニクス交流会

    寺坂宏一

    新化学技術推進協会, 

    2019年09月

    その他, 単独

     発表内容を見る

    講演会「ファインバブルの基礎と展望」

  • 洗浄総合展

    寺坂宏一

    パシフィコ横浜, 

    2019年09月

     発表内容を見る

    基調講演「ウルトラファインバブル水を用いた床洗浄」

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 2塩化エタンの製法およびそれに用いる装置

    特願:   1992年04月 

    特開: 特開平5-262680  1993年10月 

    特許: 5-262680 

    特許, 共同, 国内出願

  • Preparation of dichloroethane and apparatus therefor

    特願:   1992年06月 

    特開: EP 0 521 382  1993年01月 

    特許: 92110648.0 

    特許, 共同, PCT国際出願

  • 単一上昇気泡の3次元形状及び上昇速度の測定法及び測定装置

    特願: 特願2003-331836  2003年09月 

    特開: 特開2005-098797  2005年04月 

    特許: 特許第4144748  2008年06月

    特許, 単独, 国内出願

  • 高粘性液体用気泡分散装置

    特願: 特願2004-212836  2004年07月 

    特開: 特開2006-026601  2006年02月 

    特許: 特許第3719681号  2005年09月

    特許, 単独, 国内出願

  • 炭酸ガス吸収・脱離ベッド

    特願: 特願2005-019112  2005年01月 

    特開: 特開2006-205023  2006年08月 

    特許, 単独, 国内出願

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本食品工学会優秀ポスター発表賞

    藤岡沙都子、栗山志緒里、寺坂宏一、川口勇太郎、竹内秀和、後藤雅広, 2015年08月, 日本食品工学会, CFDシミュレーションを用いた乳化用スタティックミキサーの開発

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

  • 日本食品工学会第16回年次大会優秀ポスター発表賞

    藤岡沙都子, 栗山志緒里, 寺坂宏一, 川口勇太郎, 竹内秀和, 後藤雅広, 2015年08月, 日本食品工学会, CFDシミュレーションを用いた乳化用スタティックミキサーの開発

  • Chemical Engineering Science, Award of Top Cited Papers for 2011 & 2012

    寺坂宏一,平林藍,西野貴則,藤岡沙都子, 小林大祐, 2014年10月, Elsevior

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

  • 化学工学会研究賞 實吉雅郎記念賞

    寺坂宏一, 2014年03月, 化学工学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

     説明を見る

    研究題目 「マイクロバブルの工学的応用に関する研究」

  • 平成25年度化学工学会研究賞

    寺坂宏一, 2013年12月, 化学工学会, マイクロバブルの化学工学的応用に関する研究功績

    受賞国: 日本

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 卒業研究

    2019年度

  • 化学工学

    2019年度

  • 反応装置工学

    2019年度

  • 化学工学演習

    2019年度

  • 応用化学計算基礎

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 反応装置工学

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 13人

  • 応用化学計算基礎

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 専門科目, 実習・実験, 専任, 1時間, 60人

  • 応用化学実験A

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 実習・実験, 専任, 3時間, 160人

  • 化学工学演習

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 演習, 専任, 1時間, 160人

  • 化学工学

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 160人

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 慶応大・応化短期海外派遣プログラム TU-HHサマースクール(ドイツ・ハンブルク)

    2015年09月

    , その他特記事項

  • オープンキャンパス

    2015年08月
    -
    継続中

    , その他特記事項

     内容を見る

    寺坂研究室が慶應義塾大学理工学部のオープンキャンパスで、「マイクロバブルゲルを使ったケミカルデリバリー」のテーマで高校生むけに研究室公開

  • 慶応大・応化短期海外派遣プログラム TU-HHサマースクール(ドイツ・ハンブルク)

    2014年06月

    , その他特記事項

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • ドイツ研究振興協会

    2017年02月
    -
    継続中
  • ファインバブル学会連合

    2015年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    「ファインバブル」に関連する学協会内の専門家組織(部会、分科会、研究会、工業会など)を横断的に提携し、それぞれの科学技術研究開発活動に関する情報交換を密接に行う拠点およびコミュニティを担う

  • ファインバブル産業会

    2013年03月
    -
    継続中
  • ファインバブル産業会

    2012年09月
    -
    2012年11月
  • 微細気泡産業会

    2012年07月
    -
    継続中

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • ファインバブル学会連合, 

    2015年04月
    -
    継続中
  • 日本混相流学会 混相流技術リエゾン専門委員会 マイクロバブル・ナノバブルの標準化への道筋を検討するWG, 

    2011年09月
    -
    2013年02月
  • 日本混相流学会, 

    2010年12月
  • 化学工学会リエゾン委員会 学情報リエゾンチーム, 

    2010年04月
    -
    継続中
  • 日本ソノケミストリー学会, 

    2009年10月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年05月
    -
    2020年04月

    評議員, ファインバブル学会連合

  • 2015年05月
    -
    継続中

    認証委員会委員, ファインバブル産業会

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    評議員, ファインバブル学会連合

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    理事長, ファインバブル学会連合

  • 2013年03月
    -
    2014年03月

    研究委員会委員長, 微細気泡産業会

全件表示 >>