千田 憲孝 (チダ ノリタカ)

Chida, Noritaka

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 応用化学科 (矢上)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1987年03月

    三楽株式会社 中央研究所探索研究部 ,研究員

  • 1987年04月
    -
    1992年03月

    慶應義塾大学(理工学部) 助手

  • 1988年09月
    -
    1989年08月

    アメリカ合衆国ペンシルバニア大学化学科博士研究員

  • 1992年04月
    -
    1995年03月

    慶應義塾大学(理工学部) 専任講師

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    慶應義塾大学理工学部(応用化学科), 教室幹事

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1979年03月

    慶應義塾, 工学部, 応用化学科

    大学, 卒業

  • 1981年03月

    慶應義塾, 工学研究科, 応用化学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1984年03月

    東北大学, 理学研究科, 化学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学 , 東北大学, 1984年03月

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • アルカロイドの科学

    千田 憲孝, 化学同人, 2017年08月

    担当範囲: 第12章 ヒガンバナ科アルカロイドならびにモルヒネの合成

  • ブルース有機化学概説第3版

    千田 憲孝, 化学同人, 2016年12月

    担当範囲: 16章,17章

  • Molecular Rearrangements in Organic Synthesis

    千田 憲孝, John Wiley & Sons, Inc., 2015年10月

    担当範囲: Chapter 12, Ferrier Carbocyclization Reaction

  • ブルース有機化学第7版

    千田 憲孝, 化学同人, 2015年02月

    担当範囲: 21章,22章

  • Comprehensive Chirality

    千田 憲孝, 佐藤 隆章, Elsevier, 2012年10月

    担当範囲: 207-239

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Iridium-Catalyzed Reductive Nucleophilic Addition to Secondary Amides

    Takahashi Y., Yoshii R., Sato T., Chida N.

    Organic Letters (Organic Letters)  20 ( 18 ) 5705 - 5708 2018年09月

    ISSN  15237060

     概要を見る

    Copyright © 2018 American Chemical Society. An iridium-catalyzed reductive nucleophilic addition to secondary amides is reported. After the iridium-catalyzed reduction, the resulting imines can undergo the Strecker reaction, the Mannich reaction, allylation, and [3 + 2]-cycloaddition. The method shows high chemoselectivity in the presence of other functional groups such as methyl ester.

  • Synthesis of β-hydroxy-α,α-disubstituted amino acids through the orthoamide-type overman rearrangement of an α,β-unsaturated ester and stereodivergent intramolecular S<inf>N</inf>2′ reaction: Development and application to the total synthesis of sphingofungin F

    千田 憲孝

    Bulletin of the Chemical Society of Japan (Bulletin of the Chemical Society of Japan)  91 ( 4 ) 594 - 607 2018年04月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  00092673

     概要を見る

    © 2018 The Chemical Society of Japan. The development of a two-step synthesis for β-hydroxy-α,α- disubstituted amino acid derivatives from cyclic orthoamide is reported. The first step is the orthoamide-type Overman rearrangement of an α,β-unsaturated ester to give a sterically hindered α,α-disubstituted amidoester. The α,β-unsaturated ester is known to be a challenging substrate in the conventional Overman rearrangement due to the competitive aza-Michael reaction. However, suppression of the aza-Michael reaction is realized by two factors; 1) the high reaction temperature, and 2) an alkyl substituent at the α-position. The second step is stereodivergent intramolecular SN2′ reaction for the installation of a hydroxy group at the β-position. Either syn- or anti-type SN2′ reaction is possible by simply changing the reaction conditions. The developed method can provide all four possible stereoisomers of the β-hydroxy-α,α-disubstituted amino acid, and is successfully applied to the total synthesis of sphingofungin F.

  • Synthesis of kaitocephalin facilitated by three stereoselective allylic transposition reactions

    千田 憲孝

    Chemistry Letters (Chemistry Letters)  47 ( 4 ) 454 - 457 2018年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  03667022

     概要を見る

    © 2018 The Chemical Society of Japan. A stereoselective synthesis of kaitocephalin is described. The central strategy is based on chirality transfer reactions of three secondary alcohols derived from L-arabinose. The Overman rearrangement of an α,β-unsaturated ester, and intramolecular anti-type SN2¤ reaction constructed a β-hydroxy-α,α-disubstituted amino acid moiety. The third chirality transfer reaction is the Ichikawa rearrangement. These stereoselective reactions successfully established the three contiguous stereocenters embedded in kaitocephalin.

  • Stereodivergent Hydroboration of Allenes

    千田 憲孝

    Chemistry - An Asian Journal (Chemistry - An Asian Journal)  13 ( 8 ) 1024 - 1028 2018年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  18614728

     概要を見る

    © 2018 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim Full details of a stereodivergent hydroboration of allenes are reported. While hydroboration of an allene with 9-BBN provided a thermodynamically stable (E)-allylic alcohol after oxidative work-up, the reaction of an identical allene with HB(Sia)2 (disiamylborane) formed a (Z)-allylic alcohol as the kinetic product. The developed conditions allowed for the synthesis of trisubstituted olefins in a highly stereoselective fashion, which is known to be challenging. The method was also applied to the stereodivergent synthesis of structural motifs such as skipped dienes and allylbenzenes, which are often embedded in biologically active natural products.

  • Crystal structure of (-)-(5R,7R,8S,9R,10S)-8-methyl-7-[(5 R)-3-methyl-2-oxooxolan-3-en-5-yl]-1-aza-6-oxatricyclo[8.3.0.0 5,9 ]tridecan-13-one monohydrate

    千田 憲孝

    Acta Crystallographica Section E: Crystallographic Communications (Acta Crystallographica Section E: Crystallographic Communications)  E74   555 - 558 2018年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    © 2018 Oishi et al. The title compound, C17 H23 NO4 ·H2 O, is an epimer of the natural tetracyclic alkaloid isosaxorumamide which consists of a fused 5-7-5 tricyclic core and a dihydrofuranone substituent. The terminal dihydrofuran ring is essentially planar with a maximum deviation of 0.0273(14)Å from the mean plane and oxolane, azepane and pyrrolidine rings in the tricyclic ring system adopt twist, twist-chair and envelope forms, respectively. In the crystal, the amide and water molecules are linked by O - H...O hydrogen bonds, forming a tape structure running along the b-axis direction. The tapes are further connected by C - H...O interactions into a three-dimensional architecture.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Reductive Approach to Nitrones from N-Siloxyamides and N-Hydroxyamides

    Seiya Katahara, Kanami Fujita, Shoichiro Kobayashi, Tsutomu Matsumoto, Takaaki Sato, Noritaka Chida

    日本化学会第98春季年会(日本大学理工学部船橋キャンパス,千葉県船橋市, 2018年03月, 口頭(一般)

  • イリジウム触媒を用いた二級アミド基の還元的求核付加反応

    高橋 芳人・吉井 梨紗・佐藤 隆章・千田 憲孝

    日本化学会第98春季年会(日本大学理工学部船橋キャンパス,千葉県船橋市), 2018年03月, 口頭(一般)

  • ロバタミド類の合成研究

    長島 義之・中筋 瑛子・林 香那・佐藤 隆章・千田 憲孝

    日本化学会第98春季年会(日本大学理工学部船橋キャンパス,千葉県船橋市), 2018年03月, 口頭(一般)

  • カリシフィリン B 二環性骨格の構築

    佐々木 啓二・小林 将一朗・仲野 暦・佐藤 隆章・千田 憲孝

    日本化学会第98春季年会(日本大学理工学部船橋キャンパス,千葉県船橋市), 2018年03月, 口頭(一般)

  • Unified Total Synthesis of Stemoamide-type Alkaloids Featuring Chemoselective Assembly of Five-membered Building Blocks

    Makoto Yoritate, Yoshito Takahashi, Hayato Tajima, Chisato Ogihara, Yasuki Soda, Takashi Yokoyama, Takeshi Oishi, Takaaki Sato, Noritaka Chida

    日本化学会第98春季年会(日本大学理工学部船橋キャンパス,千葉県船橋市), 2018年03月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 全窒素糖の合成と機能探索

    2019年06月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 千田 憲孝, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  代表

  • 多環性構造を有する生物活性天然物の効率的合成法の開発

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 千田 憲孝, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 生物活性天然物の全合成研究-キラルプール法の新たな展開を目指して

    2014年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 千田 憲孝, 基盤研究(B), 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会BCSJ賞

    2015年04月, 日本化学会, Total Synthesis of (+/-)-Gephyrotoxin and (+/-)-Perhydrogephyrotoxin

  • 日本化学会BCSJ賞

    千田 憲孝, 2002年09月, 日本化学会, Total Synthesis of (+)-Myriocin and (-)-Sphingofungin E from Aldohexoses Using Overman Rearrangement as the Key Reaction

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 応用化学輪講

    2019年度

  • 大学生活における責任と危機管理

    2019年度

  • 基礎有機化学特論

    2019年度

  • 卒業研究

    2019年度

  • 有機化学基礎

    2019年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人佐藤陽国際奨学財団 選考委員会副委員長

    2005年10月
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 天然有機化合物討論会, 

    2012年10月
    -
    継続中
  • 天然物化学談話会, 

    1997年10月
    -
    2009年09月
  • 天然物化学談話会, 

    1995年03月
    -
    1995年08月
  • 天然物化学談話会, 

    1991年10月
    -
    1997年09月
  • アメリカ化学会, 

    1982年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年07月
    -
    2017年03月

    学会賞選考委員会委員, 公益社団法人日本化学会

  • 2016年05月
    -
    2017年03月

    第97春季年会 会場・総務小委員会委員長, 公益社団法人日本化学会

  • 2016年05月
    -
    2017年03月

    第97春季年会実行委員会委員, 公益社団法人日本化学会

  • 2016年04月
    -
    継続中

    天然物化学・生命科学ディビジョン副主査, 公益社団法人 日本化学会

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    有機化学ディビジョン幹事, 公益社団法人 日本化学会

全件表示 >>