千田 憲孝 (チダ ノリタカ)

Chida, Noritaka

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 応用化学科 (矢上)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1987年03月

    三楽株式会社 中央研究所探索研究部 ,研究員

  • 1987年04月
    -
    1992年03月

    慶應義塾大学(理工学部) 助手

  • 1988年09月
    -
    1989年08月

    アメリカ合衆国ペンシルバニア大学化学科博士研究員

  • 1992年04月
    -
    1995年03月

    慶應義塾大学(理工学部) 専任講師

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    慶應義塾大学理工学部(応用化学科), 教室幹事

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1979年03月

    慶應義塾, 工学部, 応用化学科

    大学, 卒業

  • 1981年03月

    慶應義塾, 工学研究科, 応用化学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1984年03月

    東北大学, 理学研究科, 化学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学 , 東北大学, 1984年03月

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • アルカロイドの科学

    千田 憲孝, 化学同人, 2017年08月

    担当範囲: 第12章 ヒガンバナ科アルカロイドならびにモルヒネの合成

  • ブルース有機化学概説第3版

    千田 憲孝, 化学同人, 2016年12月

    担当範囲: 16章,17章

  • Molecular Rearrangements in Organic Synthesis

    千田 憲孝, John Wiley & Sons, Inc., 2015年10月

    担当範囲: Chapter 12, Ferrier Carbocyclization Reaction

  • ブルース有機化学第7版

    千田 憲孝, 化学同人, 2015年02月

    担当範囲: 21章,22章

  • Comprehensive Chirality

    千田 憲孝, 佐藤 隆章, Elsevier, 2012年10月

    担当範囲: 207-239

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Copper-Catalyzed Electrophilic Amidation of Organotrifluoroborates with Use of N-Methoxyamides

    Banjo S., Nakasuji E., Meguro T., Sato T., Chida N.

    Chemistry - A European Journal (Chemistry - A European Journal)  25 ( 33 ) 7941 - 7947 2019年06月

    ISSN  09476539

     概要を見る

    © 2019 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim A copper-catalyzed electrophilic amidation of aryltrifluoroborates with use of N-methoxyamides is reported. The reaction shows high functional group compatibility derived from two distinct features: 1) the high stability of the N-methoxyamides and 2) the nonbasic mild conditions in the presence of LiCl. The developed method can also be applied to the synthesis of enamides, which are widely distributed in natural products. Preliminary mechanistic studies suggest that the initial step is the transmetalation of the aryltrifluoroborate by the assistance of LiCl, and the resulting aryl copper intermediate provides the anilide through non-SN2 oxidative addition to the N-methoxyamide and subsequent reductive elimination.

  • Approach to Fully Substituted Cyclic Nitrones from N-Hydroxylactam Derivatives: Development and Application to the Total Synthesis of Cylindricine C

    Hiraoka S., Matsumoto T., Matsuzaka K., Sato T., Chida N.

    Angewandte Chemie - International Edition (Angewandte Chemie - International Edition)  58 ( 13 ) 4381 - 4385 2019年03月

    ISSN  14337851

     概要を見る

    © 2019 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim An approach to cyclic nitrones from N-hydroxylactam derivatives is documented. The nucleophilic addition of an organolithium reagent to an N-OSEM [SEM=2-(trimethylsilyl)ethoxymethyl] lactam forms a five-membered chelated intermediate, which undergoes both elimination and deprotection to give a fully substituted nitrone in a one-pot process. When combined with the N-oxidation of easily available chiral lactams, this method becomes especially useful for the quick synthesis of chiral nitrones in enantio-pure form, enabling the concise total synthesis of cylindricine C.

  • Asymmetric Total Synthesis of Fasicularin by Chiral N-Alkoxyamide Strategy

    Yamamoto S., Komiya Y., Kobayashi A., Minamikawa R., Oishi T., Sato T., Chida N.

    Organic Letters (Organic Letters)  21 ( 6 ) 1868 - 1871 2019年03月

    ISSN  15237060

     概要を見る

    © 2019 American Chemical Society. The asymmetric total synthesis of fasicularin is reported. The key to success is the use of a chiral N-alkoxyamide to control both reactivity and stereoselectivity. This functional group enables the aza-spirocyclization and the reductive Strecker reaction, which cannot be realized with an ordinary amide. In addition, use of the chiral alkoxy group establishes two consecutive stereocenters in the aza-spirocyclization through remote stereocontrol.

  • Unified Total Synthesis of Madangamine Alkaloids

    Suto T., Yanagita Y., Nagashima Y., Takikawa S., Kurosu Y., Matsuo N., Miura K., Simizu S., Sato T., Chida N.

    Bulletin of the Chemical Society of Japan (Bulletin of the Chemical Society of Japan)  92 ( 3 ) 545 - 571 2019年

    ISSN  00092673

     概要を見る

    © 2019 The Chemical Society of Japan. All rights reserved. The full details of a unified total synthesis of madangamine alkaloids are disclosed. Our central strategy is based on the construction of a common ABCE-tetracyclic system, followed by the late-stage installation of various D-rings. The common intermediate is assembled through N-acyliminium cyclization of a propargylsilane, and formation of the (Z,Z)-skipped diene. Stereoselective synthesis of the (Z,Z)-skipped diene is especially challenging, and is accomplished by the combination of Z-selective hydroboration of the 1,1-disubstituted allene and subsequent Migita-Kosugi-Stille coupling. Macrocyclic alkylation enables the late-stage variation of the D-rings on the common tetracyclic intermediate, resulting in the collective total syntheses of madangamines AE. The synthetic madangamine alkaloids exhibited inhibitory activities against a variety of human cancer cell lines.

  • Total synthesis of (–)-zephyranthine

    Ishii K., Seki-Yoritate Y., Ishibashi M., Liaw M., Oishi T., Sato T., Chida N.

    Heterocycles (Heterocycles)  99 ( 1 ) 111 - 117 2019年

    ISSN  03855414

     概要を見る

    © 2019 The Japan Institute of Heterocyclic Chemistry – Stereoselective total synthesis of (–)-zephyranthine 1 based on the chiral pool approach starting from D-arabinose is described. The three consecutive chiral centers in (–)-zephyranthine were effectively constructed by the sequential [3,3] sigmatropic rearrangements (Claisen, Overman, and Claisen rearrangements) with chirality transfer of the hydroxy groups in D-arabinose.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Reductive Approach to Nitrones from N-Siloxyamides and N-Hydroxyamides

    Seiya Katahara, Kanami Fujita, Shoichiro Kobayashi, Tsutomu Matsumoto, Takaaki Sato, Noritaka Chida

    日本化学会第98春季年会(日本大学理工学部船橋キャンパス,千葉県船橋市, 2018年03月, 口頭(一般)

  • ロバタミド類の合成研究

    長島 義之・中筋 瑛子・林 香那・佐藤 隆章・千田 憲孝

    日本化学会第98春季年会(日本大学理工学部船橋キャンパス,千葉県船橋市), 2018年03月, 口頭(一般)

  • カリシフィリン B 二環性骨格の構築

    佐々木 啓二・小林 将一朗・仲野 暦・佐藤 隆章・千田 憲孝

    日本化学会第98春季年会(日本大学理工学部船橋キャンパス,千葉県船橋市), 2018年03月, 口頭(一般)

  • Unified Total Synthesis of Stemoamide-type Alkaloids Featuring Chemoselective Assembly of Five-membered Building Blocks

    Makoto Yoritate, Yoshito Takahashi, Hayato Tajima, Chisato Ogihara, Yasuki Soda, Takashi Yokoyama, Takeshi Oishi, Takaaki Sato, Noritaka Chida

    日本化学会第98春季年会(日本大学理工学部船橋キャンパス,千葉県船橋市), 2018年03月, 口頭(一般)

  • イリジウム触媒を用いた二級アミド基の還元的求核付加反応

    高橋 芳人・吉井 梨紗・佐藤 隆章・千田 憲孝

    日本化学会第98春季年会(日本大学理工学部船橋キャンパス,千葉県船橋市), 2018年03月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 全窒素糖の合成と機能探索

    2019年06月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 千田 憲孝, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  代表

  • 多環性構造を有する生物活性天然物の効率的合成法の開発

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 千田 憲孝, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 生物活性天然物の全合成研究-キラルプール法の新たな展開を目指して

    2014年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 千田 憲孝, 基盤研究(B), 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会BCSJ賞

    2015年04月, 日本化学会, Total Synthesis of (+/-)-Gephyrotoxin and (+/-)-Perhydrogephyrotoxin

  • 日本化学会BCSJ賞

    千田 憲孝, 2002年09月, 日本化学会, Total Synthesis of (+)-Myriocin and (-)-Sphingofungin E from Aldohexoses Using Overman Rearrangement as the Key Reaction

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 基礎有機化学特論

    2019年度

  • 卒業研究

    2019年度

  • 有機化学基礎

    2019年度

  • 基礎理工学特別研究第1

    2019年度

  • 基礎理工学特別研究第2

    2019年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人佐藤陽国際奨学財団 選考委員会副委員長

    2005年10月
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 天然有機化合物討論会, 

    2012年10月
    -
    継続中
  • 天然物化学談話会, 

    1997年10月
    -
    2009年09月
  • 天然物化学談話会, 

    1995年03月
    -
    1995年08月
  • 天然物化学談話会, 

    1991年10月
    -
    1997年09月
  • アメリカ化学会, 

    1982年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年03月
    -
    継続中

    天然物化学・生命科学ディビジョン主査 , 公益社団法人日本化学会

  • 2016年07月
    -
    2017年03月

    学会賞選考委員会委員, 公益社団法人日本化学会

  • 2016年05月
    -
    2017年03月

    第97春季年会 会場・総務小委員会委員長, 公益社団法人日本化学会

  • 2016年05月
    -
    2017年03月

    第97春季年会実行委員会委員, 公益社団法人日本化学会

  • 2016年03月
    -
    2020年02月

    天然物化学・生命科学ディビジョン副主査, 公益社団法人 日本化学会

全件表示 >>