Tadano, Kinichi

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Technology (Mita)

Position

Professor Emeritus

External Links

Career 【 Display / hide

  • 1973.04
    -
    1982.03

    慶應義塾大学(工学部)助手

  • 1977.07
    -
    1979.03

    米国イリノイ大学化学科 留学

  • 1982.04
    -
    1988.03

    慶應義塾大学(理工学部)専任講師

  • 1988.04
    -
    1994.03

    慶應義塾大学(理工学部)助教授

  • 1994.04
    -
    Present

    慶應義塾大学(理工学部)教授

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1970.03

    Keio University, Faculty of Engineering, ・応用化学科

    University, Graduated

  • 1972.03

    Keio University, Graduate School, Division of Engineering, ・応用化学専攻

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 1975.03

    Keio University, Graduate School, Division of Engineering, ・応用化学専攻

    Graduate School, Withdrawal after completion of doctoral course requirements, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 工学, Keio University, 1977.03

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Synthetic chemistry (organic chemistry/synthetic chemistry)

 

Books 【 Display / hide

  • Carbohydrates - Tools for Stereoselective Synthesis

    Kiichiro Totani, Kin-ichi Tadano, 2012

  • ベーシックマスター 有機化学

    清水 功雄、只野金一 共編, オーム社, 2011.11

  • 天然物全合成の最新動向(第3章)

    只野金一, シーエムシー出版, 2009.11

    Scope: 36-49

  • 天然物の全合成 2000~2008(日本)

    只野金一, 化学同人, 2009.05

    Scope: 122, 149, 171, 242

  • 新規素材探索ー医薬品リード化合物・食品素材を求めて (第17章)

    只野金一, シーエムシー出版, 2008.10

    Scope: 165-173

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • 遷移金属化合物を用いた天然物合成ー過去30年間の研究を顧みて

    只野金一

    第24回万有札幌シンポジウム(依頼講演)  2012.07

    Research paper (other science council materials etc.), Single Work, Except for reviews

  • 天然物合成を通じて得た、いくつかのボーナス

    只野金一

    有機合成見学会(依頼講演) (有機合成化学協会関東支部)   2012.05

    Research paper (other science council materials etc.), Single Work, Except for reviews

  • 糖質を活用する不斉合成

    只野金一

    CPhI2012 (依頼講演)  2012.03

    Research paper (other science council materials etc.), Single Work, Except for reviews

  • 海洋天然物、(+)-スピキュロ酸および (+)- ズゴミフ酸の全合成

    只野金一

    東京理科大学薬学部 講演会 (依頼講演)  2012.02

    Research paper (other science council materials etc.), Single Work, Except for reviews

  • 海洋天然物、(+)-スピキュロ酸および (+)- ズゴミフ酸の全合成

    只野金一

    筑波大学数理物質系大学院数裡物質科学研究科化学専攻 講演会(依頼講演)  2012.01

    Research paper (other science council materials etc.), Single Work, Except for reviews

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • (-)-テトロドトキシンおよび5−デオキシテトロドトキシンの全合成研究

    八代浩充、涌井 崇、財部俊正、高尾賢一、只野金一

    第101回有機合成シンポジウム (慶應義塾大学薬学部芝キャンパス・東京) , 2012.06, Oral Presentation(general), 有機合成化学協会

  • 不斉Claisen転位反応を用いた全炭素不斉四級炭素の構築

    坂本 嵩、トゥアティ・マリアンヌ・彩香、高尾賢一、只野金一

    第63回有機合成化学協会関東支部シンポジウム (東京理科大学野田キャンパス・千葉) , 2012.05, Oral Presentation(general), 有機合成化学協会関東(野田)支部

  • GKK1032A類の全合成研究

    清水悠太、高尾賢一、只野金一

    第92春季年会 (慶應義塾大学日吉キャンパス・横浜) , 2012.03, Oral Presentation(general), 日本化学会

  • パーフォラツモン下部セグメントの合成研究

    トゥアティ・マリアンヌ・彩香、坂本 嵩、高尾賢一、只野金一

    第92春季年会 (慶應義塾大学日吉キャンパス・横浜) , 2012.03, Oral Presentation(general), 日本化学会

  • クラビラクトンAの全合成研究

    七宮隆樹、難波あゆみ、高尾賢一、只野金一

    第92春季年会 (慶應義塾大学日吉キャンパス) , 2012.03, Oral Presentation(general), 日本化学会

display all >>

Awards 【 Display / hide

  • 義塾賞

    TADANO KIN-ICHI, 2012.11, 慶應義塾大学, Challenges to the Synthesis of Structurally Unique Cyclic Skeletons and Application to Biologically Intriguing Natural Product Synthesis

    Type of Award: Keio commendation etc.

  • 有機合成化学協会賞(学術的)

    TADANO KIN-ICHI, 2009.12, 有機合成化学協会, 多様な環状骨格構築法の開発と生物活性天然物合成への応用

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

     View Description

    過去30年来、生理学上ならびに薬理学上重要な機能を示す天然物の合成研究に携わり、数多くの業績を挙げてきている。 候補者は天然物の化学合成に主眼を置く一方、生合成等の天然物が関与する生体反応を解明するという視点からも多様な構造を持つ数多の天然物合成に挑戦して、その目的を達成してきた。候補者が達成したの天然物合成の鍵工程となった「立体選択的な環状構造構築法の開発」は、合成化学への革新的寄与のみならず、生体関連化学の見地からも高く評価されている。 これまでに候補者により達成された天然物合成に関する研究業績は、糖質等のキラルプールとして用いるアプローチ、あるいは不斉合成アプローチに大別される。候補者により全合成が達成された天然物の代表的なものを挙げれば、1)大環状脂環式化合物[(+)-マクアリミシン類]、大環状マクロリド類[(+)-ツべラクトマイシン類]、および3環性セスキテルペノイド類[(-)-ニオペタール類]、2)含酸素多環状天然物[(+)-アステルトキシン、(+)-エレマントリドA、 (-)-ベルカロール、および(−)-ペスタロチオプシンA]、および3)含窒素環状天然物[(−)-スワインソニンおよび(-)-シューロチン類]、等である。 これらの多くは、[3.3]-シグマトロピー反応や分子内ディールス・アルダー反応を不

 

Social Activities 【 Display / hide

  • 公益財団法人 微生物化学研究会

    2011.04
    -
    Present
  • 日本化学連合

    2007.04
    -
    2009.03
  • 天然有機化合物討論会

    2004.06
    -
    Present

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan, 

    2012.02
    -
    2014.01
  • 日本プロセス化学会, 

    2010.07
  • 日本ケミカルバイオロジー学会, 

    2010.05
  • 日本化学会, 

    2010.04
    -
    Present
  • 有機合成化学協会, 

    2010.02
    -
    2012.02

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2012.02
    -
    2014.01

    Vice-President, Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan

  • 2011.04
    -
    Present

    理事(非常勤), 公益財団法人 微生物化学研究会

  • 2010.07

    2010年度サマーシンポジウム世話人, 日本プロセス化学会

  • 2010.05

    第5回年会実行委員, 日本ケミカルバイオロジー学会

  • 2010.04
    -
    Present

    ディビジョン(天然物化学・生命科学)副主査, 日本化学会

display all >>