佐藤 隆章 (サトウ タカアキ)

SATO Takaaki

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 応用化学科 (矢上)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 創薬化学を中心に、より有用で機能的な有機分子を求め、合成する化合物の複雑化が急速に進行しています。我々は、化学的な独創性と、社会的に需要の高まった複雑な化合物に適用できる実用性を同時に満たす合成手法を開発し、それを用いて重要な生物活性を有する天然物の全合成を精力的に行っていきます。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年07月
    -
    2003年08月

    スイス連邦工科大学 21世紀COE海外研究拠点・研究員

  • 2005年04月
    -
    2006年03月

    日本学術振興会特別研究員(DC2)

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

    日本学術振興会特別研究員(PD)

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    カリフォルニア大学アーバイン校・博士研究員

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    慶應義塾大学 助教(有期)(理工学部応用化学科)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年03月

    東北大学, 理学部

    大学, 卒業

  • 2006年03月

    東北大学, 理学研究科

    大学院, 修了, 博士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 有機化学 (Organic Chemistry)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 天然物化学

  • 有機合成化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • スキップジエン構築法の開発と天然物合成への応用, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • アミド基変換反応の開発, 

    2008年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Comprehensive Chirality

    佐藤 隆章, Elsevier Science, 2012年10月

    担当範囲: 207‒239

  • 天然物合成で活躍した反応 実験のコツとポイント

    井上将行, 佐藤隆章, 化学同人, 2011年11月

    担当範囲: 62-63

  • 天然物全合成の最新動向

    井上将行, 佐藤隆章, 平間正博, シーエムシー出版, 2009年11月

    担当範囲: 3‒17

論文 【 表示 / 非表示

  • Copper-Catalyzed Electrophilic Amidation of Organotrifluoroborates with Use of N-Methoxyamides

    Banjo S., Nakasuji E., Meguro T., Sato T., Chida N.

    Chemistry - A European Journal (Chemistry - A European Journal)  25 ( 33 ) 7941 - 7947 2019年06月

    ISSN  09476539

     概要を見る

    © 2019 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim A copper-catalyzed electrophilic amidation of aryltrifluoroborates with use of N-methoxyamides is reported. The reaction shows high functional group compatibility derived from two distinct features: 1) the high stability of the N-methoxyamides and 2) the nonbasic mild conditions in the presence of LiCl. The developed method can also be applied to the synthesis of enamides, which are widely distributed in natural products. Preliminary mechanistic studies suggest that the initial step is the transmetalation of the aryltrifluoroborate by the assistance of LiCl, and the resulting aryl copper intermediate provides the anilide through non-SN2 oxidative addition to the N-methoxyamide and subsequent reductive elimination.

  • Approach to Fully Substituted Cyclic Nitrones from N-Hydroxylactam Derivatives: Development and Application to the Total Synthesis of Cylindricine C

    Hiraoka S., Matsumoto T., Matsuzaka K., Sato T., Chida N.

    Angewandte Chemie - International Edition (Angewandte Chemie - International Edition)  58 ( 13 ) 4381 - 4385 2019年03月

    ISSN  14337851

     概要を見る

    © 2019 Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim An approach to cyclic nitrones from N-hydroxylactam derivatives is documented. The nucleophilic addition of an organolithium reagent to an N-OSEM [SEM=2-(trimethylsilyl)ethoxymethyl] lactam forms a five-membered chelated intermediate, which undergoes both elimination and deprotection to give a fully substituted nitrone in a one-pot process. When combined with the N-oxidation of easily available chiral lactams, this method becomes especially useful for the quick synthesis of chiral nitrones in enantio-pure form, enabling the concise total synthesis of cylindricine C.

  • Asymmetric Total Synthesis of Fasicularin by Chiral N-Alkoxyamide Strategy

    Yamamoto S., Komiya Y., Kobayashi A., Minamikawa R., Oishi T., Sato T., Chida N.

    Organic Letters (Organic Letters)  21 ( 6 ) 1868 - 1871 2019年03月

    ISSN  15237060

     概要を見る

    © 2019 American Chemical Society. The asymmetric total synthesis of fasicularin is reported. The key to success is the use of a chiral N-alkoxyamide to control both reactivity and stereoselectivity. This functional group enables the aza-spirocyclization and the reductive Strecker reaction, which cannot be realized with an ordinary amide. In addition, use of the chiral alkoxy group establishes two consecutive stereocenters in the aza-spirocyclization through remote stereocontrol.

  • Unified Total Synthesis of Madangamine Alkaloids

    Suto T., Yanagita Y., Nagashima Y., Takikawa S., Kurosu Y., Matsuo N., Miura K., Simizu S., Sato T., Chida N.

    Bulletin of the Chemical Society of Japan (Bulletin of the Chemical Society of Japan)  92 ( 3 ) 545 - 571 2019年

    ISSN  00092673

     概要を見る

    © 2019 The Chemical Society of Japan. All rights reserved. The full details of a unified total synthesis of madangamine alkaloids are disclosed. Our central strategy is based on the construction of a common ABCE-tetracyclic system, followed by the late-stage installation of various D-rings. The common intermediate is assembled through N-acyliminium cyclization of a propargylsilane, and formation of the (Z,Z)-skipped diene. Stereoselective synthesis of the (Z,Z)-skipped diene is especially challenging, and is accomplished by the combination of Z-selective hydroboration of the 1,1-disubstituted allene and subsequent Migita-Kosugi-Stille coupling. Macrocyclic alkylation enables the late-stage variation of the D-rings on the common tetracyclic intermediate, resulting in the collective total syntheses of madangamines AE. The synthetic madangamine alkaloids exhibited inhibitory activities against a variety of human cancer cell lines.

  • Total synthesis of (–)-zephyranthine

    Ishii K., Seki-Yoritate Y., Ishibashi M., Liaw M., Oishi T., Sato T., Chida N.

    Heterocycles (Heterocycles)  99 ( 1 ) 111 - 117 2019年

    ISSN  03855414

     概要を見る

    © 2019 The Japan Institute of Heterocyclic Chemistry – Stereoselective total synthesis of (–)-zephyranthine 1 based on the chiral pool approach starting from D-arabinose is described. The three consecutive chiral centers in (–)-zephyranthine were effectively constructed by the sequential [3,3] sigmatropic rearrangements (Claisen, Overman, and Claisen rearrangements) with chirality transfer of the hydroxy groups in D-arabinose.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • アミド基を基盤とした天然物全合成の効率化

    佐藤 隆章

    日本化学会第98春季年会 天然有機化合物の全合成:効率的分子構築のための新しい反応と戦略(CSJカレントレビュー企画), 2018年03月, 口頭(招待・特別)

  • Unified Total Synthesis of Madangamine Alkaloids

    佐藤 隆章

    International Congress on Pure & Applied Chemistry 2018, 2018年03月, 口頭(招待・特別)

  • アミド基変換反応の開発と天然物合成への応用

    佐藤 隆章

    第34回有機合成化学セミナー 奨励賞受賞講演, 2017年09月, 口頭(招待・特別)

  • Unified Total Synthesis of Stemoamide-Type Alkaloids

    佐藤 隆章

    International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2017, 2017年06月, 口頭(招待・特別)

  • アミド基変換反応と天然物合成の効率化

    佐藤 隆章

    日本薬学会第137年会シンポジウム 有機合成化学の若い力, 2017年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • アミド基を基盤とした1,3-双極子合成法の開発と応用

    2018年04月
    -
    2021年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 佐藤隆章, 補助金,  代表

  • 多環性ステモナ類の反復ブロック合成法の開発

    2017年09月
    -
    2018年08月

    公益財団法人 戸部眞紀財団 研究助成, 佐藤隆章, 補助金,  代表

  • 反応性制御素子N-アルコキシアミド基を用いたアミド基変換反応の自在制御

    2015年04月
    -
    2018年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 佐藤隆章, 補助金,  代表

  • 反応性制御素子N-アルコキシ基を用いたアミド基変換反応の自在制御

    2015年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 佐藤 隆章, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • バイオマス資源の水酸基無保護型分子変換の開発

    2015年03月
    -
    2017年03月

    松籟科学技術振興財団 研究助成金, 佐藤隆章, 補助金,  代表

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • BCSJ award

    2017年08月, Reductive Approach to Nitrones from N-Siloxyamides and N-Hydroxyamides

  • International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2017, Lecture Award

    2017年06月, Unified Total Synthesis of Stemoamide-Type Alkaloids

  • 第35回有機合成化学奨励賞

    佐藤隆章, 2017年02月, 有機合成化学協会, 反応性制御素子を用いたアミド変換反応の開発と応用

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第35回有機合成化学奨励賞

    佐藤隆章, 2017年02月, 有機合成化学協会, 反応性制御素子を用いたアミド変換反応の開発と応用

  • BCSJ award

    2015年04月, 日本化学会, Total Syntheses of (±)-Gephyrotoxin and (±)-Perhydrogephyrotoxin

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 応用化学輪講

    2019年度

  • 有機化学

    2019年度

  • 有機反応機構

    2019年度

  • 自然科学実験

    2019年度

  • 応用化学実験B

    2019年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本プロセス化学会, 

    2015年03月
    -
    継続中
  • 日本薬学会, 

    2015年03月
    -
    継続中
  • American Chemical Society, 

    2013年
    -
    継続中
  • 慶應有機合成化学若手シンポジウム委員会, 

    2012年12月
    -
    継続中
  • 全国高校化学グランプリ委員会, 

    2011年
    -
    2012年

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年12月
    -
    2016年05月

    実行委員長, 慶應有機化学若手シンポジウム

  • 2015年03月
    -
    継続中

    プロセス化学会将来計画委員, 日本プロセス化学会

  • 2015年03月
    -
    継続中

    会員, 日本薬学会

  • 2015年03月
    -
    継続中

    会員, 日本プロセス化学会

  • 2013年
    -
    継続中

    member, American Chemical Society

全件表示 >>