朝倉 浩一 (アサクラ コウイチ)

Asakura, Kouichi

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 応用化学科 Department of Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Keio University (矢上)

職名

教授

HP

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 非平衡な化学システムを解析・制御・設計し、有機化学工業において有用な技術の開発を目指す。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1999年03月

    慶應義塾大学(理工学部) ,助手

  • 1993年04月
    -
    1995年03月

    工学院大学 ,兼任講師

  • 1996年09月
    -
    1997年08月

    Wake Forest大学(米国), 訪問教員

  • 1999年04月
    -
    2003年03月

    慶應義塾大学(理工学部) ,専任講師

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学(理工学部) ,助教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年03月

    慶應義塾大学, 理工学部, 応用化学科

    大学, 卒業

  • 1987年03月

    慶應義塾大学, 理工学研究科, 応用化学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1990年03月

    慶應義塾大学, 理工学研究科, 応用化学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学 , 慶應義塾大学, 1990年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 危険物取扱者甲種, 2002年01月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学 (有機工業化学)

  • ライフサイエンス / 生物有機化学 (有機工業化学)

  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学 (工業物理化学)

  • ナノテク・材料 / 薄膜、表面界面物性 (表面界面物性)

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学 (機能・物性・材料)

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 化学反応系の制御と設計

  • 化粧品物理化学

  • 散逸構造

  • 自発的ホモキラリティーの発生

  • 非平衡系の自己組織化

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 非平衡な化学システムを解析・制御・設計し、有機化学工業において有用な技術の開発を目指す。, 

     

     研究概要を見る

    キラリティーを自発的に発現させる化学システム。
    周期的凹凸構造の自己組織化による超撥水及び光学特性に優れた表面の形成。
    自発的フロンタル重合とその光学材料作成への応用

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 塗工・塗装技術、サンスクリーン剤のin vitro性能評価

 

著書 【 表示 / 非表示

  • サンスクリーン剤の紫外線防御能in vitro評価に与える影響の定量的解析ならびに新規評価法の開発, 化粧品の機能創製・処方・素材開発・解析評価技術と美容理論 第17章

    朝倉浩一, 技術教育出版社, 2022年02月,  ページ数: 150-160

  • Synthetic Approaches to Control Self-propelled Motion of Micrometre-sized Oil Droplets in Aqueous Solution, Self-organized Motion: Physicochemical Design based on Nonlinear Dynamics Chap. 5

    Toyota T., Banno T., Asakura K., Royal Society of Chemistry, 2019年11月,  ページ数: 116-138

  • 日焼け止め化粧料の塗布時に発生するヴィスコスフィンガリング現象がもたらす問題, 最新:化粧品開発のための美容理論 第20章

    朝倉 浩一, 技術教育出版, 2018年07月,  ページ数: 198-208

  • Self-Propelled Motion of Micrometer-Sized Oil Droplets in Aqueous Solution of Surfactant, Properties and Uses of Microemulsions Chap.7

    T. Banno, T. Toyota, K. Asakura, IntechOpen, 2017年05月,  ページ数: 139-154

  • 生体模倣技術としての散逸構造の形成, 生物模倣技術と新材料・新製品開発への応用 第8章 第3節

    朝倉 浩一, 技術情報協会, 2014年07月,  ページ数: 583-590

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Photoinduced phase transition between vesicles and coacervates using low-molecular-weight catanionic amphiphiles

    Kojima T., Terasaka K., Asakura K., Banno T.

    Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects (Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects)  669 2023年07月

    ISSN  09277757

     概要を見る

    Amphiphiles form various molecular self-assemblies in the aqueous phase, such as vesicles and coacervates, depending on molecular properties. Recently, phase transitions between vesicles and coacervates have drawn much attention because the switching between “closed” and “open” compartments could achieve the controllability of molecular sequestrations. We expect that the photoinduced drastic change in the molecular structure of catanionic amphiphiles comprising azobenzene-containing cationic amphiphiles (Azo) and anionic sodium dodecyl sulfate causes the transition. Self-assemblies prepared by a thin-film hydration method were observed using microscopy under UV and subsequent visible-light illumination. Additionally, investigation of selectivity for molecular sequestration and assay of enzymatic reactions in the self-assemblies were conducted. Photoinduced reversible phase transitions between vesicles and coacervates occurred owing to the photoisomerization of Azo. The formed coacervates had selectivity for molecular sequestration. Additionally, the transition achieved fusion of different vesicles via coacervates. Although coacervates are generally known to facilitate enzymatic reactions, the reactions were inhibited in the presence of the formed self-assemblies due to the deactivation of enzymes. Our results represent rapid and non-invasive systems of reversible vesicle–coacervate transitions. Furthermore, the findings provide a new aspect of coacervates in which catanionic low-molecular-weight amphiphiles could act as suppressors of chemical reactions.

  • Factors to control the alignment of surface-treated titanium dioxide powders to maximize performance of sunscreens

    Takekawa S., Ohara M., Banno T., Asakura K.

    International Journal of Cosmetic Science (International Journal of Cosmetic Science)  45 ( 1 ) 38 - 49 2023年02月

    ISSN  01425463

     概要を見る

    Objective: Titanium dioxide powders are contained in a large class of colour cosmetics and sunscreen formulas. When they are used, the formation of a uniform functional powder layer on the skin is an important factor to show their functionality, such as aesthetic and UV protection. Attempts were made to extract the factors that affect the UV shielding ability of the deposited powder layer. Methods: Seven kinds of surface treatments were conducted on nano-sized titanium dioxide powder to modify the surface characteristics. Dispersion samples were prepared by mixing these powders with liquids, such as mixed solutions of cyclopentasiloxane, isododecane, coconuts alkane and dimethicone using a disperser and a bead mill. The dispersions were applied using an applicator on cellulose triacetate film, polycarbonate film and polymethyl pentene film. Laser microscope observation and micro-gloss glossmeter analysis were carried out to assess the flatness of the deposited powder layers, and the UV shielding ability was evaluated using SPF analyser. Results: Factors whose influences on the structure and UV shielding ability of the deposited powder layer being analysed were pseudo-HLB of the powders, liquids for preparing the dispersions and material of the substrates. Higher UV shielding ability was attained when powders having pseudo-HLB at around 6 were employed independent from the kinds of liquids and substrates. Flatness of the deposited layer was found to enhance the UV shielding ability of the UV-B region, while that of the UV-A region was scarcely influenced by the flatness. Employing lower surface tension liquids for preparing the dispersions and materials exhibiting lower polar components of surface free energy as substrates tended to enhance the UV shielding ability. Conclusion: Surface treatments conducted on the powders in this study were found to change UV shielding ability, especially UV-B shielding ability, and the relation between pseudo-HLB and UV shielding ability was scarcely influenced by the kinds of liquids. Both surface tension of liquids and the polar component of surface free energy of substrates affected the UV shielding ability. It was suggested that pseudo-HLB calculated based on chemical structure becomes useful information to choose optimum surface treatment to make uniform powder alignment independent from the surrounding environment.

  • Photoinduced collective motion of oil droplets and concurrent pattern formation in surfactant solution

    Kojima T., Kitahata H., Asakura K., Banno T.

    Cell Reports Physical Science (Cell Reports Physical Science)  4 ( 1 )  2023年01月

     概要を見る

    Collective motions are the spontaneous emergence of the ordered movement in living systems. Various constructive approaches have been attempted toward understanding the mechanism. However, few studies have been on the motion induced by biomimetic artificial systems based on molecular conversions. In this study, we report an artificial system of oil droplets in surfactant solutions, wherein collective motion and pattern formation occur concurrently, using the conversion of photoresponsive surfactants. Assembly/dispersion of multiple oil droplets and appearance/disappearance of circular patterns around them occur under UV/visible light illumination, respectively. Moreover, whether the assembled droplets move laterally or not depends on the number of droplets, which is considered analogous to biological organisms in response to population density. These phenomena occur because the photoisomerization of surfactants induces the gradient of interfacial tension, generating specific flow fields around droplets. Our results could be useful for understanding the mechanism of life motion in terms of physicochemical aspects.

  • Synthesis of Mannosylerythritol Lipid Analogues and their Self-Assembling Properties, Recovery Effects on Damaged Skin Cells, and Antibacterial Activity

    Kondo T., Yasui C., Miyajima I., Banno T., Asakura K., Fukuoka T., Ushimaru K., Koga M., Saika A., Morita T., Takahashi Y., Hayashi C., Igarashi M., Takahashi D., Toshima K.

    Chemistry - A European Journal (Chemistry - A European Journal)  28 ( 55 )  2022年10月

    ISSN  09476539

     概要を見る

    Synthesis of three types of purpose-designed mannosylerythritol lipid (MEL)-D analogues with decanoyl groups, β-GlcEL-D, α-GlcEL-D, and α-MEL-D, was accomplished utilizing our boron-mediated aglycon delivery (BMAD) methods. Their self-assembling properties, recovery effects on damaged skin cells, and antibacterial activity were evaluated. It was revealed, for the first time, that α-GlcEL-D and α-MEL-D only generated giant vesicles, indicating that slight differences in the steric configuration of an erythritol moiety and fatty acyl chains affect the ability to form vesicles. Analogue α-MEL-D exhibited significant recovery effects on damaged skin cells. Furthermore, α-MEL-D exhibited antibacterial activity as high as that for MEL-D, indicating that α-MEL-D is a promising artificial sugar-based material candidate for enhancing the barrier function of the stratum corneum, superior to a known cosmetic ingredient, and possesses antibacterial activity.

  • pH-Sensitive Controlled Motion of Micrometer-sized Oil Droplets in a Solution of Surfactants Containing Fumaric Acid Derivatives

    Kaburagi M., Kojima T., Asakura K., Banno T.

    Journal of Oleo Science (Journal of Oleo Science)  71 ( 9 ) 1319 - 1326 2022年09月

    ISSN  13458957

     概要を見る

    Self-propelled droplets are of considerable interest as an appropriate model for understanding the self-propulsion of objects in the fields of nonequilibrium physics and nonlinear science. Several research groups have reported the monodirectional motion of droplets, that is, chemotaxis, using stimuli-responsive materials. However, the precise control of chemotaxis remains challenging from the perspective of synthetic chemistry because chemotactic motion is primarily induced by the consumption of reactive oil or surfactants. Herein, we report a chemical system containing pH-responsive fumaric acid derivatives, in which the oil droplet exhibited positive chemotaxis over a wide pH range–from basic to acidic conditions. From the measurements of the interfacial tension between the oil and aqueous phases, it was deduced that the positive chemotaxis was due to heterogeneity in the interfacial tension of the droplet surface, which was accompanied by the production of surface-active compounds in the pH gradient in a linear-type channel.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • サンスクリーン剤のSPF測定のための新規なin vitro法の提案

    朝倉浩一, 藤代美有紀, 矢作彰一, 黒田章裕

    フレグランスジャーナル 50 ( 1 ) 19 - 25 2022年01月

  • 塗工過程における自発的な空間周期構造の発生とその制御による表面の機能化

    朝倉 浩一

    塗装工学 48 ( 5 ) 190 - 197 2013年05月

    単著

  • 表面形成における非平衡系の自己組織化の制御

    朝倉 浩一

    オレオサイエンス 13 ( 4 ) 171 - 177 2013年04月

    単著

  • キラルな物質を生成する反応系における撹拌による光学純度の制御

    朝倉浩一

    日本油化学会誌  2000年06月

  • 結晶化系における自動触媒的キラリティーの増殖を利用した光学活性体合成法の開発

    朝倉浩一

    天野工業技術研究所平成10年度年次報告    11 - 18 1999年12月

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Far-from-equilibrium dynamic interface spontaneously generated in drying and mixing processes of two miscible solvents

    Kouichi Asakura, Haruka Watanabe, Taisuke Banno, Shoji Takekawa

    2018 AOCS Annual Meeting & Expo (Minneapolis, (USA)) , 

    2018年05月

    口頭発表(一般), AOCS

  • Surface coating technology developed in far-from-equilibrium systems

    Asakura, K.

    Gordon Research Conference “Oscillations & Dynamic Instabilities in Chemical Systems” (Lucca, Italy) , 

    2010年07月

    口頭発表(一般)

  • Preparation of Photonics Polymers by Spontaneous Frontal Polymerization

    K. Asakura, A. Takata, J. Omoto, E. Nihei

    American Chemical Society National Meeting, Symposium on Nonlinear Dynamics in Polymeric Systems, 

    2008年04月

    口頭発表(招待・特別)

  • Emergence of Homochirality in Chemical Systems

    K. Asakura

    NORTIDA Program "Origins of Homochirality", 

    2008年02月

    口頭発表(招待・特別)

  • Spontaneous Generation of Hot and Reacted Region to Form Propagating Front in a Reaction System of Free-radical Polymerization of Methyl Methacrylate

    朝倉 浩一,井雲昭仁,原澤宏和,小山内州一,二瓶栄輔

    American Chemical Society National Meeting, Symposium on Nonlinear Dynamics in Polymeric Systems (Boston, U.S.A.) , 

    2002年08月

    口頭発表(招待・特別)

     概要を見る

    リーラジカル重合の自己促進は反応器のサイズの影響を受け、適切なサイズとすると、フロンタル重合が中心部から周囲へと進行していく形で反応が完了することを報告した。

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 共同研究「Controlling powder alignment to maximize performance of cosmetics based on the concept of “pseudo-HLB”」

    2021年08月
    -
    継続中

    共同研究契約,  研究代表者

  • 共同研究「鋼板の接着接合における鋼板と接着剤との界面接着メカニズム解明に関する研究」

    2021年04月
    -
    継続中

    共同研究契約,  研究代表者

  • 共同研究「角膜の生体力学的条件下での形状とその変形の解析」

    2019年04月
    -
    継続中

    共同研究契約,  研究代表者

  • 共同研究「Optical properties evaluation by controlling coating film formation of surface treated powder」

    2017年08月
    -
    2021年08月

    共同研究契約,  研究代表者

  • 共同研究「サンスクリーン剤のin vitro性能評価における国際標準化法の確立を目指す産学連携研究」

    2017年04月
    -
    継続中

    共同研究契約,  研究代表者

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 第6回宇宙環境利用に関する地上研究

    朝倉 浩一

    2002年
    -
    2004年

    その他, 単独

     発表内容を見る

    「結晶成長フロントにおけるキラル対称性の破れをもたらすキラル自触媒過程の非線形動力学解析」という研究テーマで、(財)日本宇宙フォーラムより慶應義塾大学理工学部への委託研究という形をとるプロジェクトである。朝倉はこれまでの共同研究者らと連絡は取り合いながらも、基本的には単独でこのプロジェクトに取り組み、将来に宇宙ステーション軌道上実験を行なうための、準備研究を行なう。

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 紫外線吸収剤又は赤外線遮断剤含有水性組成物の紫外線防御効果又は赤外線防御効果の測定方法及び測定装置

    出願日: PCT/JP2017/031362(優先権主張番号:特願2016-174084)  2017年08月 

    公開日: WO2018/047707(各国移行:欧州公開 EP-A1-003511700, 米国公開 US-A1-2019/0285543)  2018年03月 

    発行日: 特許第6842778号  2021年03月

    登録日: 2021年02月

    特許権, 共同

  • 回転霧化式静電塗装装置のベルカップ

    出願日: PCT/JP2013/075465  2013年09月 

    公開日: WO2014/054438(各国移行:米国, メキシコ, タイ, インドネシア, 中国, ブラジル, 欧州, インド, ロシア)  2014年04月 

    発行日: 特許第5830612号  2015年10月

    特許権, 共同

  • 化粧料の紫外線防御効果の測定方法、測定装置、及び測定値の表示方法

    出願日: 特願2010-206174  2010年09月 

    公開日: 特許公開2012-063180  2012年03月 

    発行日: 特許第5825654号  2015年10月

    特許権, 共同

  • 高撥水性組成物

    出願日: 特許出願2007-227523  2006年09月 

    公開日: 特許公開2008-101197  2008年05月 

    発行日: 特許第5466356号 

    特許権, 共同

  • 高撥水性表面の形成方法

    出願日: 特許出願2006-242821  2006年09月 

    公開日: 特許公開2008-062182  2008年03月 

    発行日: 特許第4877770号 

    特許権, 共同

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本油化学会 工業技術賞

    朝倉浩一, 黒田章裕, 藤代美有紀, 矢作彰一, 2023年03月, (公社)日本油化学会, サンスクリーン剤紫外線防御能の既存のin vitro性能評価法の問題点の解明ならびにそれを克服する新規評価法の開発

  • 日本油化学会 進歩賞

    朝倉 浩一, 2002年03月, (社)日本油化学会, 有機基質の劣化防止に対する新規物質及び新規技術の開発に関する研究

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 応用解析第1

    2023年度

  • 卒業研究

    2023年度

  • 応用化学輪講

    2023年度

  • 非線形化学動力学

    2023年度

  • 応用化学実験D

    2023年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 大学院科目「Non-linear Dynamics in Chemical Systems」

    2004年04月
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

     内容を見る

    国際特別コースの科目として英語で開講

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学理工学部同窓会副会長

    2019年04月
    -
    継続中
  • 慶應義塾普通部 目路はるか教室

    慶應義塾普通部

    2020年11月
  • 日本油化学会オレオサイエンスフェア2nd(慶大日吉キャンパス)実行委員会副委員長

    (公社)日本油化学会(共催:慶應義塾大学理工学部),  (慶大日吉キャンパス)

    2015年08月
  • 日本油化学会オレオサイエンスフェア(慶大日吉キャンパス)実行委員会副委員長

    (公社)日本油化学会(共催:慶應義塾大学理工学部),  (慶大日吉キャンパス)

    2012年08月
  • 火災危険性を有するおそれのある物質等に関する調査検討委員会 委員

    総務省 消防庁

    2009年04月
    -
    継続中

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • サンスクリーン剤評価法 臨床試験同等の予測値、9月受託開始

    化学工業日報社, 化学工業日報, 2021年08月

  • コスモステクニカルセンター 慶應大学らと共同で,新たなUV防御効果測定技術を開発

    毎日新聞出版, 週刊エコノミスト, 2019年10月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本油化学会, 

    1985年09月
    -
    継続中
  • 日本塗装技術協会, 

    2011年01月
    -
    継続中
  • 日本化学会, 

    1987年01月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    2021年03月

    会長, 日本油化学会

  • 2022年04月
    -
    継続中

    副会長 代表理事 創立70周年記念事業実行委員会委員長 , 日本油化学会

  • 2021年04月
    -
    2022年03月

    創立70周年記念事業実行委員会 委員長, 日本油化学会

  • 2019年04月
    -
    2021年03月

    創立70周年記念事業準備委員会 委員長, 日本油化学会

  • 2019年09月
    -
    2021年08月

    学術専門委員会 委員長, 日本油化学会

全件表示 >>