朝倉 浩一 (アサクラ コウイチ)

Asakura, Kouichi

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 応用化学科 Department of Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Keio University (矢上)

職名

教授

HP

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 非平衡な化学システムを解析・制御・設計し、有機化学工業において有用な技術の開発を目指す。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1999年03月

    慶應義塾大学(理工学部) ,助手

  • 1993年04月
    -
    1995年03月

    工学院大学 ,兼任講師

  • 1996年09月
    -
    1997年08月

    Wake Forest大学(米国), 訪問教員

  • 1999年04月
    -
    2003年03月

    慶應義塾大学(理工学部) ,専任講師

  • 2003年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学(理工学部) ,助教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年03月

    慶應義塾, 理工学部, 応用化学科

    大学, 卒業

  • 1987年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 応用化学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1990年03月

    慶應義塾, 理工学研究科, 応用化学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学 , 慶應義塾, 1990年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 有機化学 (有機工業化学)

  • 物理化学 (工業物理化学)

  • 薄膜・表面界面物性 (表面界面物性)

  • 機能物性化学 (機能・物性・材料)

  • 物理化学 (Physical Chemistry)

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 化学反応系の制御と設計

  • 化粧品物理化学

  • 散逸構造

  • 自発的ホモキラリティーの発生

  • 非平衡系の自己組織化

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 非平衡な化学システムを解析・制御・設計し、有機化学工業において有用な技術の開発を目指す。, 

     

     研究概要を見る

    キラリティーを自発的に発現させる化学システム。
    周期的凹凸構造の自己組織化による超撥水及び光学特性に優れた表面の形成。
    自発的フロンタル重合とその光学材料作成への応用

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 塗工・塗装技術、サンスクリーン剤のin vitro性能評価

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 自己組織化ナノマテリアル-フロントランナー85人が語るナノテクノロジーの新潮流-

    朝倉 浩一, フロンティア出版,東京, 2007年

    担当範囲: 第4章17,p.227-232

  • 撥水・撥油の技術と材料

    朝倉 浩一, シーエムシー出版,東京, 2008年

    担当範囲: 第12章,125-132

  • エレクトロニクス・エネルギー分野における超撥水・超親水化技術

    朝倉 浩一, 東京, 2012年

    担当範囲: 第3章,第2節, 269-277

  • 液膜塗工における表面状態制御

    朝倉 浩一, 技術情報協会, 2013年

    担当範囲: 第10章 第8節, p. 652-657

  • 生体模倣技術としての散逸構造の形成, 生物模倣技術と新材料・新製品開発への応用

    朝倉 浩一, 技術情報協会, 2014年07月

    担当範囲: 第8章 第3節 p.583-590

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Surface structures of cosmetic standard poly methyl methacrylate UV evaluation plates and their influence on the in vitro evaluation of UV protection abilities of cosmetic sunscreens

    Kuroda A., Sakai K., Yahagi S., Mukawa T., Sato N., Nakamura N., Maezawa D., Masaki H., Banno T., Asakura K.

    Journal of Oleo Science (Journal of Oleo Science)  68 ( 2 ) 175 - 182 2019年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  13458957

     概要を見る

    © 2019 by Japan Oil Chemists’ Society. Cosmetic standard poly methyl methacrylate (PMMA) UV evaluation plates, i.e., roughened PMMA plates, are used in the EU and the US for the in vitro evaluation of UV protection abilities of sunscreen, such as in vitro UVA-PF and critical wavelength for the Broad-spectrum approval. In our previous studies, inhomogeneity in the thickness of a pseudo-sunscreen layer applied on a flat quartz plate was observed to alter UV transmission. Thus, the surface roughness of the standard plates should have a significant influence on the in vitro evaluation. In the present study, we have analyzed the surface structures of three cosmetic standard PMMA UV evaluation plates: Helioplates HD6 (Sa = 6 µm) and ISO plates (Ra = 2 and 5 µm). A decamethylcyclopentasiloxane and 2-propanol-mixed solvent solution of acrylsilicone resin was prepared, and the solution was added dropwise onto the plates. After the evaporation of the solvents, the plates were cut and the cross section was analyzed using SEM-EDS. The distribution of silicon atoms at the cross-section suggested that the maximum depth of penetrating of acrylsilicone resin was larger than Ra for all the standard plates, and the surface structure was significantly different for each standard plate. In addition, cracks into which the acrylsilicone resin deeply penetrated were observed on the surface of some plates. Clear-solution-type pseudo-sunscreen samples in which UV absorbers and acrylsilicone resin were dissolved were deposited on the standard roughened PMMA plates. It was observed that the addition of acrylsilicone resin drastically changed the net UV transmission. The degree to which the hollows of the roughened surface were filled with the pseudo-sunscreen samples determined the variation of UV transmittance.

  • Hydrophilicity of the substrate surface under the applied sunscreen layer changes in vitro UV protection efficacies

    Kouichi Asakura, Akihiro Kuroda

    IFSCC Magazine (IFSCC)  21   53 - 57 2018年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Locomotion Mode of Micrometer-Sized Oil Droplets in Solutions of Cationic Surfactants Having Ester or Ether Linkages

    Hirono A., Toyota T., Asakura K., Banno T.

    Langmuir (Langmuir)  34 ( 26 ) 7821 - 7826 2018年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  07437463

     概要を見る

    © 2018 American Chemical Society. Micrometer-sized self-propelled oil droplets under a far-from-equilibrium condition have drawn much attention because of their potential as a dynamic model for the chemical machinery in living organisms. To clarify the effect of interactions between the system components (surfactant, oil, and water) on the locomotion mode of droplets, we investigated the behaviors of oil droplets composed of n-heptyloxybenzaldehyde (HBA) in solutions of cationic surfactants having or not having an ester or an ether linkage. It was observed that in solutions of cationic surfactants having an ester or an ether linkage, spherical HBA droplets self-propelled by changing their direction frequently. On the other hand, when this functional group is absent, a slow self-propelled motion of the oil droplets concurrent with the evolution of aggregates on their surface was observed. From the results of measurement of interfacial tension and assessment of self-emulsification, we determined that the attractive interactions of cationic surfactants without an ester or an ether linkage with HBA are stronger than those having the linkage. The difference in the locomotion mode of oil droplets is probably explained from the viewpoint of the interactions among the system components.

  • Effect of freeze–thaw treatment on the precipitation of octyl β-D-Galactoside hemihydrate crystal from the aqueous solution

    Ogawa S., Takahashi I., Koga M., Asakura K., Osanai S.

    Journal of Oleo Science (Journal of Oleo Science)  67 ( 5 ) 627 - 637 2018年

    共著, 査読有り,  ISSN  13458957

     概要を見る

    © 2018 by Japan Oil Chemists’ Society. Cryogenic treatment, like the freeze–thaw process, has been reported to be effective in modifying the physicochemical properties of polymeric hydrogels. However, not much attention has been paid to this process in terms of the precipitation of surfactant–water systems. In this study, two effective cryogenic methodologies were successfully reported to alter the physicochemical properties of a precipitate of an octyl β-D-galactoside (Oct-Gal)–water system. First, hyperrapid cooling (i.e., cooling at 30℃/min) was found to be an effective type of cryogenic treatment: the phase transition temperature (T K ) and enthalpy at the phase transition (ΔH K ) between the crystal-dispersed phase and the sol (micelle) phase significantly decreased. In addition, cryogenic treatment in the presence of electrolytes, such as NaCl, NaBr, and CsCl, was effective even in the absence of the hyperrapid cooling condition. The hyperrapid cooling or the addition of certain electrolytes was considered to prevent the precipitation of the Oct-Gal hemihydrate crystals prior to the complete freezing of ice and the electrolyte/ice eutectic. Hence, the size of the aggregated crystals prepared by the above-mentioned effective cryogenic treatments seemed to be decreased compared with that of the normal precipitated crystals, thereby changing T K and ΔH K . Thus, two basic methodologies for the modification of the physicochemical properties of the crystal-dispersed phase of surfactant–water systems are discussed.

  • Coagel prepared from aqueous octyl β-D-galactoside solution

    S. Ogawa, M. Koga, K. Asakura, I. Takahashi, S. Osanai

    J. Surfact. Det. 20 ( 1 ) 255 - 261 2017年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 塗工過程における自発的な空間周期構造の発生とその制御による表面の機能化

    朝倉 浩一

    塗装工学 48 ( 5 ) 190 - 197 2013年

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 表面形成における非平衡系の自己組織化の制御

    朝倉 浩一

    オレオサイエンス 13 ( 4 ) 171 - 177 2013年

    総説・解説(学術雑誌), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Far-from-equilibrium dynamic interface spontaneously generated in drying and mixing processes of two miscible solvents

    Kouichi Asakura, Haruka Watanabe, Taisuke Banno, Shoji Takekawa

    2018 AOCS Annual Meeting & Expo (Minneapolis, (USA)) , 2018年05月, 口頭(一般), AOCS

  • Surface coating technology developed in far-from-equilibrium systems

    Asakura, K.

    Gordon Research Conference “Oscillations & Dynamic Instabilities in Chemical Systems” (Lucca, Italy) , 2010年07月, 口頭(一般)

  • Preparation of Photonics Polymers by Spontaneous Frontal Polymerization

    K. Asakura, A. Takata, J. Omoto, E. Nihei

    American Chemical Society National Meeting, Symposium on Nonlinear Dynamics in Polymeric Systems, 2008年04月, 口頭(招待・特別)

  • Emergence of Homochirality in Chemical Systems

    K. Asakura

    NORTIDA Program "Origins of Homochirality", 2008年02月, 口頭(招待・特別)

  • Spontaneous Generation of Hot and Reacted Region to Form Propagating Front in a Reaction System of Free-radical Polymerization of Methyl Methacrylate

    朝倉 浩一,井雲昭仁,原澤宏和,小山内州一,二瓶栄輔

    American Chemical Society National Meeting, Symposium on Nonlinear Dynamics in Polymeric Systems (Boston, U.S.A.) , 2002年08月, 口頭(招待・特別)

     概要を見る

    リーラジカル重合の自己促進は反応器のサイズの影響を受け、適切なサイズとすると、フロンタル重合が中心部から周囲へと進行していく形で反応が完了することを報告した。

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 共同研究

    2017年08月
    -
    継続中

    共同研究契約, 

  • 共同研究

    2017年04月
    -
    継続中

    共同研究契約, 

  • サンスクリーン剤の紫外線防御機能を普く正確にin vitro評価する測定方法の確立

    2016年12月
    -
    2018年11月

    公益財団法人 コスメトロジー研究振興財団, 2016年度 「コスメトロジー研究」研究助成, 朝倉 浩一

  • 共同研究

    2016年04月
    -
    2017年03月

    共同研究契約, 

  • グリーンイノベーションのための分子ナノテクノロジー拠点形成

    2012年04月
    -
    2017年03月

    戦略的研究基盤形成支援事業, 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業, 補助金, 

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 第6回宇宙環境利用に関する地上研究

    朝倉 浩一

    2002年
    -
    2004年

    その他, 単独

     発表内容を見る

    「結晶成長フロントにおけるキラル対称性の破れをもたらすキラル自触媒過程の非線形動力学解析」という研究テーマで、(財)日本宇宙フォーラムより慶應義塾大学理工学部への委託研究という形をとるプロジェクトである。朝倉はこれまでの共同研究者らと連絡は取り合いながらも、基本的には単独でこのプロジェクトに取り組み、将来に宇宙ステーション軌道上実験を行なうための、準備研究を行なう。

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 紫外線吸収剤又は赤外線遮断剤含有水性組成物の紫外線防御効果又は赤外線防御効果の測定方法及び測定装置

    特願: PCT/JP2017/031362  2017年 

    特許, 共同, PCT国際出願

  • 回転霧化式静電塗装装置のベルカップ

    特願: PCT/JP2013/075465  2013年09月 

    特開: WO2014/054438  2014年04月 

    特許: 5830612  2015年10月

    特許, 共同, PCT国際出願

  • 化粧料の紫外線防御効果の測定方法、測定装置、及び測定値の表示方法

    特願: 特願2010-206174  2010年09月 

    特開: 特許公開2012-063180  2012年03月 

    特許: 5825654  2015年10月

    特許, 共同, 国内出願

  • 紫外線吸収剤又は赤外線遮断剤含有水性組成物の紫外線防御効果又は赤外線防御効果の測定方法及び測定装置

    特願: 特許出願2016-174084  2016年 

    特許, 共同, 国内出願

  • 高撥水性組成物

    特願: 特許出願2007-227523  2006年09月 

    特開: 特許公開2008-101197  2008年05月 

    特許: 特許第5466356号 

    特許, 共同, 国内出願

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • (社)日本油化学会進歩賞

    朝倉 浩一, 2002年03月, (社)日本油化学会, 有機基質の劣化防止に対する新規物質及び新規技術の開発に関する研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 応用解析第1

    2019年度

  • 卒業研究

    2019年度

  • 有機システム化学

    2019年度

  • 物理化学基礎1

    2019年度

  • 開放環境科学特別研究第1

    2019年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • Department of Chemistry, Wake Forest University (U

    1996年09月
    -
    1997年08月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本油化学会, 

    2011年04月
    -
    継続中
  • 日本塗装技術協会, 

    2011年01月
    -
    継続中
  • 日本油化学会 油化学・新時代の展開プロジェクトチーム, 

    2008年04月
    -
    2009年03月
  • 日本油化学会オレオマテリアル部会, 

    2007年04月
    -
    継続中
  • 第16回「非線形反応と協同現象」研究会, 

    2007年01月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    理事 副会長・運営委員会委員長, 日本油化学会

  • 2014年09月
    -
    継続中

    副委員長, 日本油化学会, 学術専門委員会

  • 2011年04月
    -
    2019年03月

    Journal of Ole Science誌, Executive editor (Field: Detergents & Interface Science), 日本油化学会

  • 2007年04月
    -
    2019年03月

    幹事, 日本油化学会オレオマテリアル部会

  • 2000年04月
    -
    2019年03月

    委員, 日本油化学会規格試験法委員会

全件表示 >>