Morita, Toshio

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Technology, Department of Mechanical Engineering (Yagami)

Position

Associate Professor

Related Websites

External Links

Profile 【 Display / hide

  • His research interests are design and control of the mechano-creatures that emerge complicated functions based on its interactivities with the human beings and the environments. Toward the formulization and the realization of the integrated control strategy that is built into the shapes and the structures of the mechano-creatures, both analytic and synthetic approaches are adopted.

Profile Summary 【 Display / hide

  • ばねの力だけで無重力状態を実現する自重補償リンク,固さを任意に調節する可変粘弾性ジョイント,多くのユニットを少ないアクチュエータで協調させる劣駆動アームなど,「メカニズム」によりシステムに運動機能を与える機械設計・制御をコア技術としている.その応用として,人間の動きに合わせる「しなやかさ」を有する福祉機器や「巧みさ」を有するロボットの研究開発を進めている.

Career 【 Display / hide

  • 1995.04
    -
    2002.03

    学校法人早稲田医療専門学校, 非常勤講師

  • 1997.04
    -
    2000.03

    日本学術振興会, 特別研究員

  • 1998.10
    -
    2000.03

    早稲田大学理工学総合研究センター, 客員研究員

  • 2000.04
    -
    2001.03

    早稲田大学理工学部, 助手

  • 2002.04
    -
    2011.03

    慶應義塾大学理工学部, 専任講師

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 1992.03

    Waseda University, Faculty of Science and Engineering, 機械工学科

    University, Graduated

  • 1994.03

    Waseda University, Graduate School, Division of Science and Engineeri, 機械工学専攻

    Graduate School, Completed, Master's course

  • 1998.10

    Waseda University, Graduate School, Division of Science and Engineeri, 機械工学専攻

    Graduate School, Completed, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 工学, Waseda University, 1998.10

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Intelligent mechanics/Mechanical systems (Intelligent Mechanics/Mechanical System)

  • Design engineering/Machine functional elements/Tribology

  • Human interface and interaction

Research Keywords 【 Display / hide

  • robotics

  • human machine interface

  • control engineering

  • dynamics

  • mechanics

display all >>

Research Themes 【 Display / hide

  • ヒンジマニピュレータ, 

    2014.04
    -
    Present

  • 飛行ロボット, 

    2014.04
    -
    2016.03

  • セルオートマトン, 

    2014.04
    -
    2016.03

  • 自律障害物回避, 

    2014.04
    -
    2016.03

  • 水中用特殊推進装置, 

    2013.04
    -
    Present

display all >>

Proposed Theme of Joint Research 【 Display / hide

  • 可変柔軟車輪と不整地走行車両

    Interested in joint research with industry (including private organizations, etc.),  Desired form: Technical Consultation, Funded Research, Cooperative Research

     View Message

    特許取得済みです.原理試作から製品化まで幅広く対応できます.
    詳細は慶應義塾大学研究連携推進本部までお問い合わせください.

  • 荷重補償機構

    Interested in joint research with industry (including private organizations, etc.),  Desired form: Technical Consultation, Funded Research, Cooperative Research

     View Message

    特許取得済みです.原理試作から製品化まで幅広く対応できます.
    詳細は慶應義塾大学研究連携推進本部までお問い合わせください.

 

Books 【 Display / hide

  • Case Studies of Mechanical Engineering Based on Advanced Technologies

    The Japan Society of Mechanical Engineers, 丸善, 2011.03

    Scope: 123-140

  • 基礎から学ぶ機構学

    SUZUKI KEINJI, MORITA TOSHIO, オーム社, 2010.12

  • 新版 ロボット工学ハンドブック

    日本ロボット学会 新版ロボット工学ハンドブック編集委員会, コロナ社, 2005.06

    Scope: 850-854

Papers 【 Display / hide

  • Super Multi-joint Manipulator by using Creased Plate and Pneumatic Actuators Arranged Antagonistically

    Shunon Kikuchi, Yasuyuki Yamada, Ryoichi Higashi, MORITA TOSHIO

    Journal of Robotics and Mechatronics (Fuji Technology Press Ltd./JSME)  27 ( 3 ) 276-285 2015.06

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • 初歩的な力学的内容の習得を目的とした水中ロボットの開発

    山縣広和, 森田 寿郎

    日本ロボット学会誌 (日本ロボット学会)  33 ( 3 ) 181 - 188 2015.04

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • Numrical Analysis of Dynamics of Non-contact Driving Cam Using Permanent Magnets

    TAKAZAKURA TOYOKI, MORITA TOSHIO, SUGIURA TOSHIHIKO

    日本AEM学会誌 23 ( 1 ) 62 - 67 2015.03

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Except for reviews

  • 各種構え姿勢分析に基づく下肢の運動設計手法

    SHINOZAKI HIROKI, MORITA YUI, MORITA TOSHIO

    Japanese Journal For Comparative Studies of Dance (The Japan Society For Comparative Studies of Dance)  21   10 - 22 2015.03

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • Characteristics of actions for sliding walk technique in Japanese traditional performing art

    MORITA YUI, ODA HITOMI, MORITA TOSHIO

    International Journal of Human Culture Studies 24   204 - 216 2014.11

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • 最先端の機械設計の研究成果をいかして画期的な装置を共同開発

    Wintest Corp., MORITA TOSHIO

    ものづくりコーディネーターと横浜企業30の事例 (公益社団法人横浜企業経営支援財団(IDEC))     33 2015.03

    Other article, Joint Work

  • 誌上 サロン・ド・ブンラクザ

    YOSHIDA KANYA, MORITA TOSHIO

    文楽通信 (NPO法人人形浄瑠璃文楽座)   ( 15 ) 37-42 2012.05

    Introduction and explanation (commerce magazine), Joint Work

  • Kinetic features of sliding walk in Nogaku

    SHINSUKE YOSHIOKA, KAZUHIRO UEDA, YUI MORITA, TOSHIO MORITA, SENSHI FUKASHIRO

    Journal of Trainology 1 ( 1 ) 10-13 2012.01

    Prompt report, short report, and research note, etc. (scientific journal), Joint Work,  ISSN  2186-5264

  • Introduction to Mechanism and Kinematics

    MORITA TOSHIO

    Journal of the Japan Society for Precision Engineering (the Japan Society for Precision Engineering)  77 ( 8 ) 751-754 2011.08

    Introduction and explanation (scientific journal), Single Work

  • 二段式サイクルラックの上段の操作性が向上!無重力をつくるメカニズムが駐輪を進化させる

    MORITA TOSHIO

    パーキングプレス  ( 586 ) 38 - 39 2010.09

    Other article, Single Work

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • 被教育者の創意工夫を育くむことが可能な工学教育用水中ロボット教材開発の取り組み

    YAMAGAT HIROKAZU, MORITA TOSHIO

    2016 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (パシフィコ横浜) , 2016.06, Poster (general), The Japan Society of Mechanical Engineers, Robotics and Mechatronics Division

  • T字分岐配管に適用可能な2点接触型配管内移動ロボットの提案

    NIHEI NAOYA, MORITA TOSHIO

    2016 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (パシフィコ横浜) , 2016.06, Poster (general), The Japan Society of Mechanical Engineers, Robotics and Mechatronics Division

  • ヒューマノイドの身体メカニズム-形状・構造・機能のデザイン-

    MORITA TOSHIO

    第25回慶應義塾大学理工学部市民講座 (慶應義塾大学日吉キャンパス協生館藤原洋記念ホール) , 2016.06, Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others, 慶應義塾大学理工学部

     View Summary

    機械システム設計では,「使用目的」を定めて「機能(動作)」に展開し,「構造(機構)」を考案したあとで部品の「形状(寸法)」を決定していく.しかし,ヒューマノイドの身体メカニズムのデザイン行為では,ヒトに似ているという「形状」の制約が第一義的なので,その「機能」「構造」「使用目的」を整合させる特殊な工夫が必要になる.本講演では,デザイン行為を工学と芸術の融合と捉えたうえで,ヒトのゲシュタルトをシステム工学的に議論する試みを紹介する.

  • Online Path Planner For Autonomous Mobile Robots By Combining Laplace Potential Method And Graph Theory

    MATSUI MASAHIKO, MORITA TOSHIO

    The 6th Int. Conf. on Advanced Mechatronics (ICAM2015) (Tokyo, Japan) , 2015.12, Poster (general), JSME

  • Development of Underwater Robot for Varying Movement Characteristics in Accordance with Situations in Mission

    YAMAGATA HIROKAZU, MORITA TOSHIO

    The 6th Int. Conf. on Advanced Mechatronics (ICAM2015) (Tokyo, Japan) , 2015.12, Poster (general), JSME

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 7種類の伝統芸能に共通する身体の芯や軸のしなやかさに関する実証的研究

    2017.04
    -
    2020.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 森田 寿郎, Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Principal Investigator

  • 足部仮想力覚呈示による高齢者転倒予防システムの構築

    2015.04
    -
    2016.03

    学校法人慶應義塾, Keio Gijuku Academic Development Funds, 森田寿郎, Research grant, Principal Investigator

     View Summary

    靴に内蔵するセンサによって歩幅や足先クリアランスを推定することで転倒リスクを評価する手法を提案し,それに基づいて足部に仮想力覚を呈示することで転倒を予防するシステムの構築を目指す.

  • 操作支援機能の開発手法に関する研究

    2015.04
    -
    2016.03

    Joint research, Principal Investigator

  • ウェーハプロービングマシン用ヒンジマニピュレータの開発

    2014.04
    -
    2016.03

    Joint research, Principal Investigator

  • 新しいモノづくり教育・研究のための準備および試作に関する学科間連携プロジェクト

    2014.04
    -
    2015.03

    慶應義塾大学, Keio Gijuku Fukuzawa Memorial Fund for the Advancement of Education and Research, 閻 紀旺, Research grant, Co-investigator

display all >>

Works 【 Display / hide

  • 應義會御輿

    依頼者:應義會(登録三田会) 天野研一, 三上明夫, 開発者:理工学部機械工学科 澤田達男, 森田寿郎, 理工学部実験教育センター 相原今朝雄

    慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスー第27回七夕祭 【出展】, 

    2016.07

    Other, Joint

  • 公開講座「ヒトに近づくロボット技術~ロボットの心・体・文化~」

    MORITA TOSHIO

    日刊工業新聞・朝刊15面, 

    2016.05

    Other, Joint

     View Details

    ロボット技術講座【新聞】

  • 自重補償による組立作業支援装置

    Joint-92 (Touhouseiki co. Ltd.), MORITA TOSHIO

    大田区産業プラザPiO, 

    2016.02

    Other, Joint

     View Details

    第20回高度技術・技能展「おおた工業フェア」【出展】

  • 自重補償によるタイヤローテーション装置, 自重補償によるウェイトレス遮断機

    Touhouseiki co. Ltd., MORITA TOSHIO

    東京ビッグサイト, 

    2015.11

    Other, Joint

     View Details

    新価値創造展2015・第11回中小企業総合展 東京【出展】

  • 應義會御輿

    依頼者:應義會(登録三田会) 天野研一, 三上明夫, 開発者:理工学部機械工学科 澤田達男, 森田寿郎, 理工学部実験教育センター 相原今朝雄

    慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスー第26回七夕祭 【出展】, 

    2015.07

    Other, Joint

display all >>

Awards 【 Display / hide

  • 第24回大田区中小企業 新製品・新技術コンクール 奨励賞

    MORITA TOSHIO, 2013.02, (公財)大田区産業振興協会

    Type of Award: Awards of Publisher, Newspaper Company and Foundation

  • 日本デザイン学会第56回春季研究発表大会グッドプレゼンテーション賞

    SAKURA TETSURO, MORITA TOSHIO, UEDA KAZUHIRO, 2009.06, Clarification of Motion Expressing Skill in Bunraku Puppets -Extraction of Action Element "Hodo" in Cooperative Manipulation System-

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

  • 機械工学科教育貢献賞

    MORITA TOSHIO, 2008.03, 慶應義塾大学 理工学部 機械工学科

    Type of Award: Keio commendation etc.

  • 日本ロボット学会第21回研究奨励賞

    MORITA TOSHIO, 2006.09, 日本ロボット学会, 底面形状を利用した回転体の変則運動生成

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

  • 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会ベストセッション講演賞

    小野 義樹, 森田 寿郎, 2004.12, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門, 自重補償機構を利用した垂直面内劣駆動マニピュレーション

    Type of Award: Awards of National Conference, Council and Symposium

display all >>

Other 【 Display / hide

  • 2012年09月

     View Details

    第24回大田区中小企業新製品・新技術コンクール技術発表(林総事株式会社, 株式会社東邦精機製作所, 三五商事株式会社, 森田 寿郎)

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • SPECIAL LECTURE SERIES ON MULTIDISCIPLINARY AND DESIGN SCIENCE

    2021

  • MECHANICAL INTERFACE DESIGN

    2021

  • LABORATORIES IN SCIENCE AND TECHNOLOGY

    2021

  • INTRODUCTION TO MECHANICS AND MECHANISM

    2021

  • INDEPENDENT STUDY ON INTEGRATED DESIGN ENGINEERING

    2021

display all >>

Courses Previously Taught 【 Display / hide

  • 機械力学の基礎(Q1,C組)

    Keio University, 2016, Spring Semester, Major subject, Lecture, Within own faculty, 3h, 50people

  • 人間工学

    Keio University, 2016, Autumn Semester, Major subject, Lecture, Within own faculty, 100people

  • メカニカル・インタフェース・デザイン(大学院,国際コース設置科目)

    Keio University, 2016, Autumn Semester, Major subject, Lecture, Within own faculty, 40people

  • 機械系のための電気・電子回路

    Keio University, 2016, Autumn Semester, Major subject, Laboratory work/practical work/exercise, Within own faculty, 50people

  • 制御工学

    Keio University, 2016, Autumn Semester, Major subject, Lecture, 120people

display all >>

Educational Activities and Special Notes 【 Display / hide

  • 教学用ハイテク茶運び人形 【教材】

    2014.03

    , Development of Textbook and Teaching Material

     View Details

    開発チーム:機械工学科実技科目検討タスクフォース(委員長:鈴木 哲也), 実験教育支援センター機械系共通実験室, 株式会社小野電機製作所

  • 教学用ハイテク茶運び人形の開発

    2013.12
    -
    2015.03

    , Special Affairs

     View Details

    開発チーム:機械工学科実技科目検討タスクフォース(委員長:鈴木 哲也), 実験教育支援センター機械系共通実験室, 株式会社小野電機製作所

  • 学習・教育到達目標の総合達成度評価システムの開発

    2013.11
    -
    2015.03

    , Special Affairs

     View Details

    開発チーム(主な担当者):機械工学科 教育点検改善委員会(委員長 志澤 一之, 幹事 森田 寿郎, 委員 横森 剛)

  • 教学用水中ロボットの開発

    2013.04
    -
    Present

    , Lecture at Education Method and Practice

     View Details

    研究室の所属学生が教学用水中ロボットを開発し,コンテストに出場している."水中ロボコンin JAMSTEC'13”ROV部門で準優勝(2013年9月1日表彰),北九州市制50周年記念事業水中ロボットフェスティバル・フリースタイル部門で優勝(2013年10月27日表彰)の実績がある.詳細は解説記事(山縣広和,阿久津悠:学会誌『設計工学』,Vol.49,No.5,2014)に掲載されている.水中ロボットの教学効果については(山縣広和, 森田寿郎:水中ロボットを用いた基礎力学の教育実践, 第19期総会講演会, 2013)にて学会発表している.

  • 慶應義塾大学理工学部 准教授

    2011.04
    -
    Present

    , Device of Educational Contents

     View Details

    「機械系のための電気・電子回路」では,プログラミングや電子回路製作の経験がない学生50名を対象に,5週の実習でワンチップマイコンを使ったモータ速度制御回路と駆動プログラムを開発させる教育効果を得ている.「プロダクション・エンジニアリング」では,福祉機器の開発を題材としたPBL(Project based learning)の授業開発に取り組み,ロボットアームとライントレーサロボットの組み合わせによる装置開発によりPDCAサイクルを実践させる教育効果を得ている.

display all >>

 

Social Activities 【 Display / hide

  • JFA(Japan Football Association)公認D級指導者

    2016.03
    -
    Present
  • JSME「実践型機械工学概論」WG

    2010.04
    -
    2011.03
  • 将来の技術者育成に資する高校教員と大学教員の意見交換会(第3回), 話題提供「メカニズムから見るロボット工学 (機械力学,設計工学,制御工学の融合)」

    2010.01

     View Summary

    関東学院大学 金沢八景キャンパス

  • 慶應義塾大学理工学部 科学探求ゼミナール2007 「からくり人形を科学しよう」

    2007.08
  • 慶應義塾大学高校生のための体験講座 Course No.17 メカニズムで遊ぶーからくり人形からロボットまでー

    2005.08

     View Summary

    慶應義塾大学 三田キャンパス

display all >>

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • ヒューマンインタフェース学会, 

    2009.04
    -
    Present
  • 計測自動制御学会, 

    2000.04
    -
    Present
  • 日本ロボット学会, 

    1993.04
    -
    Present
  • 日本機械学会, 

    1993
    -
    Present
  • バイオメカニズム学会, 

    1992.04
    -
    Present

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2012.04
    -
    Present

    委員, 慶應義塾先端科学技術研究センター(KLL) 研究プロジェクト委員会

  • 2011.04
    -
    2012.03

    委員, 日本機械学会2011年度(第89期)校閲委員

  • 2010.04
    -
    2011.03

    委員, JSME「実践型機械工学概論」WG

  • 2010.03
    -
    2011.03

    実行委員, 日本機械学会関東支部第17期総会講演会

  • 2008

    プログラム委員, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008

display all >>