松尾 亜紀子 (マツオ アキコ)

Matsuo, Akiko

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 機械工学科 (矢上)

職名

教授

HP

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1993年03月

    (株)リクルート スーパーコンピュータ研究所勤務

  • 1991年04月
    -
    1993年03月

    (株)リクルート 休職

  • 1992年01月
    -
    1994年03月

    日本学術振興会(DC1)(名古屋大学), 特別研究員, 特別研究員

  • 1994年04月
    -
    1995年03月

    日本学術振興会(PD)(文部省宇宙科学研究所), 特別研究員, 特別研究員

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    慶應義塾大学理工学部, 助手, 助手

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年03月

    津田塾大学, 学芸学部, 数学科

    大学, 卒業

  • 1989年03月

    名古屋大学, 工学研究科, 航空工学専攻課程

    大学院, 修了, 修士

  • 1993年09月

    名古屋大学, 工学研究科, 航空工学専攻課程

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学, 名古屋大学, 1993年09月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 流体工学

  • 航空宇宙工学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Detonation Control for Propulsion: Pulse Detonation and Rotating Detonation Engines (Shock Wave and High Pressure Phenomena)

    K. Matsuoka, H. Taki, J. Kasahara, H. Watanabe, A. Matsuo, and T. Endo, Springer International Publishing, 2018年01月

    担当範囲: Pulse Detonation Cycle at Kilohertz Frequency, Chapter 8, pp.183-198

  • Detonation Control for Propulsion: Pulse Detonation and Rotating Detonation Engines (Shock Wave and High Pressure Phenomena)

    J. Kasahara, Y. Kato, K. Ishihara, K. Goto, K. Matsuoka, A. Matsuo, I. Funaki, H. Moriai, D. Nakata, K. Higashino, and N. Tanatsugu, Springer International Publishing, 2018年01月

    担当範囲: Application of Detonation Waves to Rocket Engine Chamber, Chapter 4, pp.61-76

  • 機械工学便覧 基礎編 α5 熱 工 学

    松尾亜紀子 他62名, 日本機械学会, 2006年12月

    担当範囲: 2・14 気体の流動 pp44-48

  • 数値流体力学ハンドブック

    松尾亜紀子 他79名, 丸善, 2003年03月

    担当範囲: 6・6 デトネーション pp300-303

論文 【 表示 / 非表示

  • Investigation of the Effective Injector Area of a Rotating Detonation Engine with Impact of Backflow

    Goto, K., Yokoo, R., Kawasaki, A., Matsuoka, K., Kasahara, J., Matsuo, A., Funaki, I., and Kawashima, H.

    Shock Waves 2021年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Numerical analysis on behavior of dilute water droplets in detonation

    Watanabe, H., Matsuo, A., Chinnayya, A., Matsuoka, K., Kawasaki, A., and Kasahara, J.

    Proceedings of The Combustion Institute 2020年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Optical Measurement of Fluid Motion in Semi-Valveless Pulse Detonation Combustor with High-Frequency Operation

    Kubota A., Matsuoka K., Kawasaki A., Kasahara J., Watanabe H., Matsuo A., Endo T.

    Combustion Science and Technology (Combustion Science and Technology)  192 ( 2 ) 197 - 212 2020年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00102202

     概要を見る

    © 2018, © 2018 Taylor & Francis Group, LLC. The purge layer of a semi-valveless pulse detonation cycle (PDC) needs to be minimized for operating at a gas-dynamic upper frequency limit. Therefore, it is essential to better understand the process of burned gas backflow for minimizing the purge layer thickness. The flow field of the semi-valveless PDC was visualized to illustrate the movement of burned gas. A combustor of length of 95 mm with a 10-mm-square cross section was used. Supercritical ethylene and oxygen gas were used as fuel and oxidizer, respectively, and the operation frequency was 604 Hz. The unsteady refilling process of the detonable mixture was modeled by an isentropic flow. In addition, the detailed burned gas blowdown process with deflagration-to-detonation transition (DDT) and the backflow were captured. It was shown that the retonation wave generated by the DDT process was the primary trigger of the burned gas backflow. When the duration required for the DDT process was sufficiently shorter than that of the burned gas blowdown process, it was found the latter could be reproduced with approximately 90% accuracy by one-dimensional numerical analysis without the DDT process.

  • Cylindrical rotating detonation engine cooling by means of propellant injection

    Goto K., Ota K., Kawasaki A., Watanabe H., Itouyama N., Matsuoka K., Kasahara J., Matsuo A., Funaki I.

    AIAA Propulsion and Energy 2020 Forum (AIAA Propulsion and Energy 2020 Forum)     1 - 9 2020年

    ISSN  9781624106026

     概要を見る

    © 2020, American Institute of Aeronautics and Astronautics Inc, AIAA. All rights reserved. An engine cooling concept for cylindrical rotating detonation engine which had an injector surface on the combustor side wall has been tested and demonstrated. Thrust measurement of the cylindrical RDE (24-mm-diameter) was conducted with monitoring K-type thermocouples inserted in combustor wall. Single rotating detonation wave was observed in the testing conditions ranging from 31 to 59 g/s in this study. Combustion tests for 4.0 ~ 4.9 s were successfully done, and all injector side wall temperature increases were suppressed compared to that of combustor base plate, which had no cooling structure. This could be due to the cooling effect by the heat exchange of propellant injection. In the 4.9 s combustion test with 31 g/s, all thermocouples inserted in the combustor side wall which had the propellant injector surface showed a temperature decreasing 2.5 s after ignition even though the combustion was continuing, and implied the combustion mode shift.

  • Prediction of pressure loss in injector for rotating detonation engines using single-element simulations

    Suzuki T., Matsuo A., Daimon Y., Kawashima H., Kawasaki A., Matsuoka K., Kasahara J.

    AIAA Propulsion and Energy 2020 Forum (AIAA Propulsion and Energy 2020 Forum)     1 - 10 2020年

    ISSN  9781624106026

     概要を見る

    © 2020, American Institute of Aeronautics and Astronautics Inc, AIAA. All rights reserved. This paper newly proposes a prediction method for estimation of pressure loss in injector for rotating detonation engines with lower cost calculation. This method is supposed to be used to design new injector shapes. Although the conventional full-scale simulation contains plenum, all injectors, and combustion chamber, the computational domain in the prediction method is limited to single-element of injector, which includes single injector and plenum. The effects of combustion chamber including the detonation propagation are given by the time-evolving boundary conditions at injector outlet. The time-evolving boundary conditions are prepared by the full-scale simulation or theoretical calculation of one cycle in RDE, and mass flow rate is determined for single-element simulations. The single-element simulation consists of two phases. First, a non-reactive steady flow is calculated for new injector shape, which is used as an initial condition. Then, time-evolving profile is periodically applied to injector outlet as a boundary condition. Eventually, plenum pressure converges to appropriate value. In this paper, the single-element simulations are carried out for the rectangle injector and the chamfered injector for validation of the new method. The error of pressure loss prediction is less than 0.6%, which is 50 times faster, in comparison with full-scale simulation.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 爆発現象等に関する安全工学の研究に従事する理工学部機械工学科女性教授ープラントにおける爆発現象ー

    松尾 亜紀子

    高圧ガス (高圧ガス保安協会)  57 ( 1 ) 23 - 27 2020年01月

    総説・解説(その他), 単著,  ISSN  0452-2311

  • 極超音速飛しょう体におけるサボ分離挙動に関する数値解析

    笠原弘貴, 松尾亜紀子

    防衛技術ジャーナル (一般財団法人 防衛技術協会)  2019年9月号 ( 462 ) 46 - 52 2019年09月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌), 共著

  • 化学プラント爆発事象再現へ向けた燃焼過程の解析技術

    松尾亜紀子

    安全工学 (安全工学会)  57 ( 6 ) 465 - 470 2018年12月

    研究論文, 単著,  ISSN  0570-4480

  • デトネーション解析における数値シミュレーションモデル

    松尾 亜紀子

    機械の研究 70 ( 9 ) 713 - 716 2018年09月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • THERE'S A NEW CYCLE IN TOWN

    Nagoya and Keio Universities, JAXA, and the Muroran Institute of Technology

    MECHANICAL ENGINEERING    36 - 41 2018年07月

    総説・解説(大学・研究所紀要), 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Prediction of Pressure Loss in Injector for Rotating Detonation Engines Using Single-element Simulations

    Suzuki, T., Matsuo, A., Daimon, Y., Kawashima, H., Kawasaki, A., Matsuoka, K., and Kasahara, J.

    The AIAA Propulsion and Energy Forum and Exposition (Virtual Location) , 2020年08月, 口頭(一般)

  • Numerical Investigation of Thermal Response on External Nozzle in Supersonic Aircraft by Exhaust gas

    Fujii, K., Matsuo, A., Ohki, J., Taguchi, H., Chiga, T., and Ikeda, Y.

    The AIAA Propulsion and Energy Forum and Exposition (Virtual Location) , 2020年08月, 口頭(一般)

  • Cylindrical Rotating Detonation Engine Cooling by Means of Propellant Injection

    Goto, K., Ota, K., Kawasaki, Watanabe, H., Itouyama, N., Matsuoka, K., Kasahara, J., Matsuo, A., and Funaki, I.

    The AIAA Propulsion and Energy Forum and Exposition (Virtual Location) , 2020年08月, 口頭(一般)

  • Mode Classification of Combustion and Propulsive Performance of Reflective Shuttling Detonation Combustor

    Yamaguchi, M., Matsuoka, K., Kawasaki, A., Kasahara, J., Watanabe, H, and Matsuo, A.

    AIAA Science and Technology Forum and Exposition (AIAA SciTech 2020) (Orland, Florida, U.S.A.) , 2020年01月, 口頭(一般)

  • Pressure and visualization measurements on pulsed combustion thrustor

    Asahara, M., Kasahara, J., Matsuoka, K., Kawasaki, A., Matsuo, A., and Funaki, I.

    AIAA Science and Technology Forum and Exposition (AIAA SciTech 2020) (Orland, Florida, U.S.A.) , 2020年01月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 多分散系微粉体がもたらす爆発被害:シミュレーションが解き明かす炭塵燃焼と安全評価

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 松尾 亜紀子, 基盤研究(B), 補助金,  代表

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • パルスデトネーションエンジン用多孔微細管燃料酸化剤供給プレート

    特願: 2000-258181  2000年07月 

    特開: 2002-39012  2002年02月 

    特許, 共同

受賞 【 表示 / 非表示

  • The Antoni K. Oppenheim Award 2019

    Akiko Matsuo, 2019年08月, 27th International Colloquium on the Dynamics of Explosions and Reactive Systems (ICDERS)

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞

     説明を見る

    For her original contributions to the numerical simulation of reactive flows, particularly supersonic combustion and detonation, and the analysis of advanced propulsion systems.

  • 第50回流体力学講演会/第36回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム 最優秀賞 流体力学部門

    川﨑央, 笠原次郎, 稲川智也, 松岡健, 川島秀人, 松尾亜紀子, 船木一幸, 2018年08月, 一般社団法人日本航空宇宙学会 空力部門, 回転デトネーションロケットエンジンの内筒が推力性能に与える影響に対する実験的検討

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

  • 平成27年度弾道学研究会奨励賞

    志村啓, 松尾亜紀子, 2016年06月, 弾道学研究会, 直径5㎜の飛翔体加速装置に対する砲内弾道シミュレーション

  • 平成24年度日本燃焼学会論文賞

    Ken Matsuoka, Motoaki Esumi, Ken Bryan Ikeguchi, Jiro Kasahara, Akiko Matsuo, Ikkoh Funaki, 2012年12月, 日本燃焼学会, Optical and thrust measurement of a pulse detonation combustor with a coaxial rotary valve

  • 第19回弾道学研究会奨励賞

    三浦啓晶, 松尾 亜紀子, 2011年11月, 弾道学研究会, 砲内・過渡弾道解析における燃焼流体シミュレーションとその数値解析モデルの研究

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 自然科学実験

    2021年度

  • 流体力学の基礎

    2021年度

  • 開放環境科学課題研究

    2021年度

  • 機械工学創造演習

    2021年度

  • 開放環境科学特別研究第2

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 機械工学創造演習

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 専門科目, 演習, 兼担

  • 熱力学の基礎

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 専門科目, 講義

  • 高速空気力学

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 専門科目, 講義

  • 応用計算力学特論第2

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 専門科目, 講義

  • 応用計算力学特論第1

    慶應義塾, 2014年度, 春学期, 専門科目, 講義

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本航空宇宙学会誌 「工学系女子の頭の中」

    日本航空宇宙学会, 日本航空宇宙学会誌, 

    2020年10月
  • BS日テレ 深層NEWS「宇宙開発で中国包囲網 中国「宇宙強国」野望 宇宙の覇権握る国は?」

    BS日テレ, 深層NEWS, 

    2020年10月

     概要を見る

    日米英など8か国が月面開発などで衝突を避けるルール「アルテミス合意」に2020年10月14日に署名した。これは中国をけん制する狙いもある。一方、中国の「宇宙強国」の野望とは何なのか。宇宙の覇権を握るのはどの国か。深掘り議論しました。

  • 読売新聞:[深層NEWS]有人月探査計画「新ビジネスに広げていくことが重要」

    読売新聞社, 読売新聞朝刊, 

    2020年10月

     概要を見る

    10月22日にBS日テレの「深層NEWS」に出演し、日本の宇宙開発などについて議論したことが、10月23日の読売新聞朝刊に記事として掲載された。また、読売新聞オンラインにおいても掲載されている。

  • 一般社団法人火薬学会 副会長

    一般社団法人火薬学会

    2020年05月
    -
    2021年04月
  • 日本航空宇宙学会 第52期代議員

    2020年04月
    -
    2021年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • International Association for Hydrogen Safety, 

    2015年07月
    -
    継続中
  • 日本計算工学会, 

    2002年12月
    -
    継続中
  • 日本火災学会, 

    2002年11月
    -
    継続中
  • 日本原子力学会, 

    2002年11月
    -
    2007年03月
  • 火薬学会, 

    2002年07月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    2022年09月

    消費者安全調査委員会事故調査部会 臨時委員, 消費者庁

  • 2020年10月
    -
    2022年09月

    原子炉安全専門審査会審査委員 核燃料安全専門審査会審査委員, 原子力規制庁 原子力規制委員会

  • 2020年10月
    -
    2021年06月

    航空科学技術分野に関する研究開発ビジョン検討に係る 外部有識者委員会, 国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構

  • 2020年09月
    -
    2022年03月

    創発的研究支援事業アドバイザー, 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)

  • 2020年07月
    -
    2021年03月

    建設施工におけるパワーアシストスーツ導入に関するWG有識者委員, 国土交通省

全件表示 >>