石上 玄也 (イシガミ ゲンヤ)

Ishigami, Genya

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 機械工学科 (矢上)

職名

准教授

HP

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    マサチューセッツ工科大学, Dept. of Mechanical Engineering, Postdoctoral Associate

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    マサチューセッツ工科大学, Dept. of Mechanical Engineering, Postdoctoral Associate

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構, 宇宙科学研究所, 宇宙航空プロジェクト研究員

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構, 宇宙科学研究所, 宇宙航空プロジェクト研究員

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学, 理工学部 機械工学科, 専任講師

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年03月

    東北大学, 工学部, 機械航空工学科

    大学, 卒業

  • 2005年03月

    東北大学, 工学研究科, 航空宇宙工学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2008年03月

    東北大学, 工学研究科, 航空宇宙工学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学), 東北大学, 課程, 2008年03月

  • 修士(工学), 東北大学, 課程, 2005年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス

  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム (Intelligent Mechanics/Mechanical System)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • テラメカニクス

  • フィールドロボティクス

  • ロボティクス

  • 月・惑星探査

  • 自律移動システム

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Ridge-Tracking for Strawberry Harvesting Support Robot According to Farmer’s Behavior

    Yorozu A., Ishigami G., Takahashi M., Springer Proceedings in Advanced Robotics, 2021年

     概要を見る

    In Japan, the amount of agricultural production decreases year-by-year. Moreover, reduction in agricultural work population and increase of abandonment of cultivated land are major social issues. To overcome these issues, we have proposed a small agricultural robot “MY DONKEY®” which supports transportation of harvested crops and records the farm work of the user and crop yield in field map while moving closer to the user. In order to move in the furrowed field, it is necessary to detect ridges and furrows where the robot can move using robot-mounted sensors and follow the ridge while avoiding the ridges and crop rows. Furthermore, to realize smooth harvesting support, we propose a ridge-tracking control according to user’s behavior based on the recognition of the work contents of the user such as harvesting, loading of harvested crops to the robot, transportation, and movement. We propose the ridge-tracking control framework based on fuzzy set theory which can evaluate and integrate multiple situations and carry out experiments in strawberry farm.

  • Simulator for disaster response robotics

    Kanehiro F., Nakaoka S., Sugihara T., Wakisaka N., Ishigami G., Ozaki S., Tadokoro S., Springer Tracts in Advanced Robotics, 2019年

     概要を見る

    This chapter presents a simulator for disaster response robots based on the Choreonoid framework. Two physics engines and a graphics engine were developed and integrated into the framework. One physics engine enables robust contact-force computation among rigid bodies based on volumetric intersection and a relaxed constraint, whereas the other enables accurate and computationally efficient computation of machine–terrain interaction mechanics based on macro and microscopic approaches. The graphics engine allows simulating natural phenomena, such as rain, fire, and smoke, based on a particle system to resemble tough scenarios at disaster sites. In addition, wide-angle vision sensors, such as omnidirectional cameras and LIDAR sensors, can be simulated using multiple rendering screens. Overall, the simulator provides a tool for the efficient and safe development of disaster response robots.

  • Dual-arm construction robot with remote-control function

    Yoshinada H., Kurashiki K., Kondo D., Nagatani K., Kiribayashi S., Fuchida M., Tanaka M., Yamashita A., Asama H., Shibata T., Okutomi M., Sasaki Y., Yokokohji Y., Konyo M., Nagano H., Kanehiro F., Sugihara T., Ishigami G., Ozaki S., Suzumori K., Ide T., Yamamoto A., Hioki K., Oomichi T., Ashizawa S., Tadakuma K., Takamori T., Kimura T., Murphy R.R., Tadokoro S., Springer Tracts in Advanced Robotics, 2019年

     概要を見る

    In disaster areas, operating heavy construction equipment remotely and autonomously is necessary, but conventional remote-controlled heavy equipment has problems such as insufficient operability, limited mobility on slopes and stairs, and low work efficiency because of difficult remote control. As part of the ImPACT-TRC Program, a group of Japanese researchers attempts to solve these problems by developing a construction robot for disaster relief tasks with a new mechanism and new control methods. This chapter presents the overview of construction robot and the details of main elemental technologies making up the robot. Section 5.1 describes the basic configuration of the robot and the teleoperation system. Section 5.2 is a tether powered drone which provides extra visual information. Sections 5.4 and 5.3 are force and tactile feedback for skillful teleoperation. Section 5.5 is visual information feedback which consists of an arbitrary viewpoint visualization system and a visible and LWIR camera system to observe surrounding of the robot in a dark night scene and/or a very foggy scene. These functions can dramatically increase construction equipment’s capacity to deal with large-scale disasters and accidents.

  • Springer Handbook of Robotics, 2nd edition

    Keiji Nagatani, Genya Ishigami, Yoshito Okada, Springer, 2015年

    担当範囲: Chapter 50: Modelling and Control of Robots on Rough Terrain

  • The International Handbook of Space Technology: Chapter 19 Space Robotics

    Kazuya Yoshida, Dragomir Nenchev, Genya Ishigami, Yuichi Tsumaki, Springer, 2014年03月

     概要を見る

    宇宙技術に関して編纂された同ハンドブックにおいて,宇宙ロボットに関する最新動向,技術開発および学術的アプローチについて記している.

論文 【 表示 / 非表示

  • 時空間変化する風速モデルを考慮したUAVのエネルギー消費に基づく経路計画手法

    青木 伸晃, 石上 玄也

    日本ロボット学会誌 (一般社団法人 日本ロボット学会)  40 ( 3 ) 255 - 258 2022年

    ISSN  0289-1824

  • Human-Following Control in Furrow For Agricultural Support Robot

    Yorozu A., Ishigami G., Takahashi M.

    Lecture Notes in Networks and Systems (Lecture Notes in Networks and Systems)  412 LNNS   155 - 164 2022年

    ISSN  23673370

     概要を見る

    In Japan, the reduction in agricultural work population and increase in abandoned cultivated land are major social issues. To overcome these issues, we have proposed a small agricultural robot that supports the transportation of harvested crops while it follows the user. To move in the furrowed field, ridges and furrows where the robot can move must be detected using robot-mounted sensors and follow the ridge while avoiding the ridges and crop rows. However, when the robot follows the user ahead of it, it has difficulty detecting the ridges because of occlusion by the user. In addition, the robot requires to follow the user and move in and out of furrows of different widths in the farm field. To achieve smooth and safe harvesting support in the field with different width furrows, we propose a method for ridge detection and tracking by measuring the furrow width and interpolation using an RGB-D camera and a method for human-following control while avoiding ridges according to the ridge observation state using fuzzy set theory. To verify the proposed methods, experiments in the farm are carried out.

  • CNN-Based Terrain Classification with Moisture Content Using RGB-IR Images

    Goto T., Ishigami G.

    Journal of Robotics and Mechatronics (Journal of Robotics and Mechatronics)  33 ( 6 ) 1294 - 1302 2021年12月

    ISSN  09153942

     概要を見る

    Unmanned mobile robots in rough terrains are a key technology for achieving smart agriculture and smart construction. The mobility performance of robots highly depends on the moisture content of soil, and past few studies have focused on terrain classification using moisture content. In this study, we demonstrate a convolutional neural network-based terrain classifi¬cation method using RGB-infrared (IR) images. The method first classifies soil types and then categorizes the moisture content of the terrain. A three-step image preprocessing for RGB-IR images is also integrated into the method that is applicable to an actual envi-ronment. An experimental study of the terrain classi¬fication confirmed that the proposed method achieved an accuracy of more than 99% in classifying the soil type. Furthermore, the classification accuracy of the moisture content was approximately 69% for pumice and 100% for dark soil. The proposed method can be useful for different scenarios, such as small-scale agri¬culture with mobile robots, smart agriculture for mon¬itoring the moisture content, and earthworks in small areas.

  • Spatio-temporal prediction of soil deformation in bucket excavation using machine learning

    Saku Yuki, Aizawa Masanori, Ooi Takeshi, Ishigami Genya

    ADVANCED ROBOTICS (Advanced Robotics)  35 ( 23 ) 1404 - 1417 2021年06月

    ISSN  0169-1864

     概要を見る

    This paper proposes a prediction model for three-dimensional spatio-temporal soil deformation in bucket excavation. The prediction model for soil deformation (PMSD) consists of two machine learning processes: the long short-term memory (LSTM) and convolutional autoencoder (Conv-AE). These processes use datasets obtained from an experimental apparatus for bucket excavation developed in this work. The apparatus equips multiple depth cameras that precisely capture time-series data of soil deformation in bucket excavation. The LSTM, an extension of a recurrent neural network, successively predicts three-dimensional soil deformation. The Conv-AE is incorporated to both ends of the LSTM in order to quasi-reversibly compress and reconstruct the datasets so that the computational burden of the LSTM is relaxed. Qualitative and quantitative evaluations of the PMSD confirm the feasibility of time-series prediction of three-dimensional soil deformation. The Conv-AE shows sufficient accuracy equivalent to the measurement accuracy of the depth camera. The prediction accuracy of the PMSD is about 10 mm in most of the cases.

  • Visualization and analysis of wheel camber angle effect for slope traversability using an in-wheel camera

    Matsumura R., Ishigami G.

    Journal of Terramechanics (Journal of Terramechanics)  93   1 - 10 2021年02月

    共著,  ISSN  00224898

     概要を見る

    This paper visualizes and analyzes an effect of a wheel camber angle for the slope traversability in sandy terrain. An in-wheel camera developed in this work captures the wheel-soil contact phenomenon generated beneath the wheel through a transparent section of the wheel surface. The images taken by the camera are then analyzed using the particle image velocimetry. The soil flows with various wheel camber angles are analyzed with regard to the soil failure observed on the slope surface. The analysis reveals that the slope failure and soil accumulation in front of the wheel significantly affect the wheel forces and distributions of the wheel sinkage in the wheel width direction. Further, the side force of the wheel in traversing a slope decreases as the slip ratio increases because the shear stress in the slope downward direction decreases owing to the slope failure.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Preface

    Ishigami G., Yoshida K.

    Springer Proceedings in Advanced Robotics (Springer Proceedings in Advanced Robotics)  16   vii - viii 2021年

    ISSN  25111256

  • Special issue on Advanced Construction Robot System

    Ohno K., Osumi H., Ishigami G., Nagatani K.

    Advanced Robotics (Advanced Robotics)  35 ( 23 ) 1375 - 1375 2021年

    ISSN  01691864

  • Special issue on field and service robotics 2019

    Ishigami G., Yoshida K.

    Journal of Field Robotics (Journal of Field Robotics)  37 ( 8 ) 1299 - 1299 2020年12月

    その他, 共著,  ISSN  15564959

  • 粒子画像計測法を用いた機械と土壌の相互力学現象の解明

    石上 玄也

    日本機械学会誌 (日本機械学会誌)  Vol. 117 ( No. 1147 )  2014年06月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)

  • NASA火星ローバ・キュリオシティ

    石上 玄也

    日本機械学会宇宙工学部門ニュースレター (日本機械学会)   2013年02月

    記事・総説・解説・論説等(その他)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Routing Problem of Multiple Mobile Robots with Human Workers for Pickup and Dispatch Tasks in Warehouse

    Yoko Ono, Genya Ishigami

    Proceedings of the 2019 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, 

    2019年01月

    口頭発表(基調)

  • Experimental Analysis of Bucket-soil Interaction Mechanics using Sensor-embedded Bucket Test Apparatus

    Kenji Tsuchiya, Genya Ishigami

    Proceedings of the Joint 10th Asia-Pacific Conference of the International Society for Terrain-Vehicle Systems (New Miyako Hotel, Kyoto, Japan) , 

    2018年07月

    口頭発表(一般)

  • Development of In-track Sensor System for Three Dimensional Measurement of Pressure Distribution on Loose Soil

    Satoshi Ishibashi, Genya Ishigami

    Proceedings of the Joint 10th Asia-Pacific Conference of the International Society for Terrain-Vehicle Systems (New Miyako Hotel, Kyoto, Japan) , 

    2018年07月

    口頭発表(一般)

  • Experimental Analysis of Camber Angle Effect on Slope Traversability of Wheeled Mobile Robot

    Ryota Matsumura, Genya Ishigami

    Proceedings of the Joint 10th Asia-Pacific Conference of the International Society for Terrain-Vehicle Systems (New Miyako Hotel, Kyoto, Japan) , 

    2018年07月

    口頭発表(一般)

  • Strategic Deployment and Rerouting Methods for Wide-range Surface Exploration using Multiple Rovers

    Reina Nakanishi, Genya Ishigami

    Proceedings of the 14th International Symposium on Artificial Intelligence, Robotics and Automation in Space (i-SAIRAS 2018) (Ayre Gran Hotel Colon, Madrid, Spain) , 

    2018年06月

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 土砂のマクロ的性質のリアルタイム推定に基づく油圧ショベルの自動掘削動作の実現

    2020年04月
    -
    2023年03月

    東京大学, 科学研究費助成事業, 永谷 圭司、濱崎 峻資, 谷島 諒丞, 石上 玄也, 基盤研究(B), 未設定

     研究概要を見る

    土木建設業では,熟練工不足の解消ならびに労働環境の改善を行うため,完全自動土木工事の実現が期待されている.これを実現するためには,油圧ショベルが自動で土を掘ることが必須であるが,対象となる土砂が変形するために大変困難である.そこで,本研究では,土砂のマクロ的性質を考慮した油圧ショベルの自動掘削動作の実現を目指す.具体的には,掘削中,油圧ショベルに搭載したセンサを用いて,逐次土砂の三次元計測を行う.これにより,土砂の崩れ易さや硬さといったマクロ的指標を推定する.この指標と土砂形状を用いて動作の再計画を行い,掘削を継続する.本研究では,実油圧ショベルを用いて,この一連の自動掘削動作の実現を目指す.

  • 地下凍土融解地域の地質・微生物調査及び機械学習に基づく火星水環境の理解

    2020年04月
    -
    2023年03月

    東京工業大学, 科学研究費助成事業, 関根 康人、GUTTENBERG NICHOLAS・RYAN, McGlynn Shawn・E., 庄司 大悟, 福士 圭介, 石上 玄也, 基盤研究(A), 未設定

     研究概要を見る

    火星には現在、液体の水が存在するのか。いつどこに出現し、そこに生命はいるのか―この問いに答えることは、惑星科学に留まらず、宇宙生物学や宇宙工学にまたがる課題である。本研究では、この問いに答えるため、地下凍土層の融解により形成されている可能性がある、火星の急斜面に出現消失を繰り返す暗い筋模様(Recurring Slope Lineae, RSL)に着目し、その地球上のアナログ地形の調査を行う。詳細な地質・微生物調査と、無人観測ステーションによる長期観測、機械学習による地形パターン認識により、RSL形成メカニズムの解明、RSL付近の生態系推定、水の活動を伴う火星RSLの探索を行う。

  • センシング対応型の自律多機能ロボットによる農作物の生長シミュレーションモデル手法の確立

    2018年07月
    -
    2019年03月

    農林水産省, 農業界と経済界の連携による生産性向上モデル農業確立実証事業, 未設定

  • 多角的な接触力学情報を統合したフィールドロボット動力学シミュレータの創出

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 石上 玄也, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    本研究課題初年度(2018年度)の主な実施内容および成果をまとめる.
    センサ搭載型車輪の拡張:これまで研究代表者のグループにおいて開発していたセンサ搭載型車輪をベースとして,車輪全周に圧力センサを配置したセンサ車輪,および内部にカメラと搭載したセンサ車輪をそれぞれ開発した.これらの車輪によって,車輪回転に伴った連続的なデータ取得が可能となり,2019年度以降に開発されるハードウェアとシミュレータ間のデータ連携の時間連続性を実現することができる.
    地形形状取得システムの開発:従来から本グループにおいてはPIV(Particle Image Velocimetry,粒子画像流速測定法)を用いて,車輪下部での地形の変形を測定していたが,同手法に加え,車輪後方部に搭載したデプスカメラ,上述のカメラ内蔵車輪をそれぞれ用いることによって,砂地上を走行する車輪周囲に発生する地形の変形を捉えるシステムを開発した.このシステムにより計測されるデータもシミュレータへのデータ連携として活用していく.
    シミュレータ環境の構築:当初,次年度に実施予定としていたが,予算および入手性の観点から2018年度にシミュレーションソフトウェアの導入をおこなった.同ソフトウェア上において,フィールドロボット(車輪型移動ロボットおよび着陸システム)のシミュレーション環境を構築するとともに,2019年度以降必要となるハードウェアとの連携について検討をおこなった.また,同ソフトウェアを開発している国外企業の技術者ならびに接触モデルを構築した研究者との技術交流セミナを実施し,本研究の発展を見越し海外大学との連携を視野に入れた議論をおこなった.
    当初予定としていたシミュレータ導入を1年早めることにより,本研究課題の基盤となるシミュレーションソフトウェア上でのロボットのモデル化,接触力学の概要,動力学計算の実施に取り組み,2年目以降のハードウェア連携が円滑になると考える.一方,ハードウェア(実験装置)制御系をMATLAB/Simulinkによって構築する予定であったが,この開発に若干の遅延が見られるため,全体の進捗として上記の区分にて自己評価する.
    2019年度の推進方策を下記にまとめる.
    シミュレータ環境の開発においては,動力学ソルバの安定性,多様なモデルへの対応方法,ならびにハードウェアとの連携方法について開発を進めるとともに,実験装置から計測される接触情報の取得ライブラリの作成をおこなう.また,当初の研究計画にはなかったが,実験装置では多様な接触物体(例:不整地地面の種類を変更するなど)を扱えないため,仮想的な実験装置として,接触物体の変形を精緻に表現できる離散化要素法シミュレータの導入も行う予定である.さらに2019年度後半期および2020年度では,HILSにおいてよく知られた問題であるハードウェアとの正確な時間同期問題,シミュレーションの安定化問題について取り組み,ハードとソフトの統合化に着手する.

  • 農業用を中心とした自律多機能型ロボットの要求仕様検討、及び実フィールドにおける適用・検証

    2017年08月
    -
    継続中

    石上玄也, 受託研究,  研究代表者

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 大学発「月・惑星探査ロボット」を実現する (Fole, みずほ総合研究所株式会社)

    2018年07月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • NHK BSプレミアム「コズミックフロント☆NEXT 」

    2017年12月
    -
    継続中

    その他

  • 農業ロボ開発で共同体 (日刊工業新聞 11/10 朝刊1面)

    2017年11月
    -
    継続中

    その他

  • 宇宙向けAIロボ活用 慶大と連携 品質管理も視野 (日刊工業新聞 8/8 朝刊6面)

    2017年08月
    -
    継続中

    その他

  • 未来の起源 TBS

    2017年02月
    -
    継続中

    その他

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Asia-Pacific ISTVS Conference 2018 Best Papers Award

    Kenji Tsuchiya, Genya Ishigami, 2018年07月, International Society for Terrain-Vehicle Systems, Experimental Analysis of Bucket-soil Interaction Mechanics using Sensor-embedded Bucket Test Apparatus

  • Asia-Pacific ISTVS Conference 2018 Best Papers Award

    Ryota Matsumura, Genya Ishigami, 2018年07月, International Society for Terrain-Vehicle Systems, Experimental Analysis of Camber Angle Effect on Slope Traversability of Wheeled Mobile Robot

  • Asia-Pacific ISTVS Conference 2018 Best Papers Award

    Kenji Tsuchiya, Genya Ishigami, 2018年07月, International Society for Terrain-Vehicle Systems, Experimental Analysis of Bucket-soil Interaction Mechanics using Sensor-embedded Bucket Test Apparatus

  • Asia-Pacific ISTVS Conference 2018 Best Papers Award

    Ryota Matsumura, Genya Ishigami, 2018年07月, International Society for Terrain-Vehicle Systems, Experimental Analysis of Camber Angle Effect on Slope Traversability of Wheeled Mobile Robot

  • 日本機械学会91期機械力学・計測制御部門一般表彰 (オーディエンス表彰)

    石上 玄也, 2014年08月, 不確定性解析を応用した砂地走行に最適な車輪パラメータの導出手法

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 総合デザイン工学特別研究第1

    2022年度

  • 機械力学

    2022年度

  • 機械工学デザイン演習

    2022年度

  • 卒業研究

    2022年度

  • 総合デザイン工学特別研究第2

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 機械工学実験

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 実習・実験

  • 宇宙探査工学

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    秋学期, 講義

  • ロボティクス・メカトロニクス

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    秋学期, 講義

  • デザイン科学特別講義

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 講義

  • プロダクションエンジニアリング

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 実習・実験

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 計測自動制御学会, 

    2017年04月
    -
    継続中
  • 日本機械学会, 

    2011年04月
    -
    継続中
  • 日本ロボット学会, 

    2006年06月
    -
    継続中
  • IEEE, 

    2005年04月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年01月
    -
    継続中

    General Co-chair, 12th Conference on Field and Service Robotics (FSR2019)

  • 2017年09月
    -
    2017年12月

    International Program Committee, 2017 IEEE/SICE International Symposium on System Integration

  • 2017年03月
    -
    継続中

    広報委員, 計測自動制御学会 SI部門

  • 2017年03月
    -
    継続中

    フィールドロボティクス部会 副主査, 計測自動制御学会 SI部門

  • 2017年03月
    -
    継続中

    International Program Committee, 11th Conference on Field and Service Robotics (FSR2017)

全件表示 >>