横山 由広 (ヨコヤマ ヨシヒロ)

Yokoyama, Yoshihiro

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 外国語・総合教育教室 (日吉)

職名

教授

学位 【 表示 / 非表示

  • Dr. phil., Universität Trier, 論文, 2014年02月

    Studien zum Reimgebrauch und Stil Hartmanns von Aue im Etablierungsprozess der Literatursprache um 1200 am Beispiel der präteritalen Formen von komen

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Studien zum Reimgebrauch und Stil Hartmanns von Aue im Etablierungsprozess der Literatursprache um 1200 am Beispiel der präteritalen Formen von komen

    横山 由広, Dissertation, Universitätsbibliothek Trier, 2014年12月

    担当範囲: [6] + 233

  • 中世イギリス文学入門―研究と文献案内―

    横山 由広, 東京・雄松堂出版, 2008年12月

    担当範囲: 391-393

     概要を見る

    掲載書中の一章「III-3 英語以外の中世語入門(中世ラテン語,古仏語,中高ドイツ語,古北欧語を学ぶための文献案内)」の一節(3)として執筆された,中高ドイツ語文芸テクスト講読のための基本文献の紹介。

  • Lemmatisierte Konkordanz zu Wirnts von Grafenberg ›Wigalois‹. Bearbeitet von Yoshihiro Yokoyama unter Mitarbeit von Ute Recker-Hamm

    横山 由広, Tübingen, Max Niemeyer Verlag, 2006年11月

    担当範囲: xxxiii + 649 + 1 CD-ROM

     概要を見る

    「ヴィルント・フォン・グラーフェンベルク『ヴィーガーロイス』見出し語化コンコーダンス」中世ドイツのアーサー王物語のひとつである標記作品に用いられている全ての語を見出し語化し,見出し語ごとにその同作中の全用例を文脈付きで記載した語彙索引。逆引き語形リストを付した。付属のCD-ROMには書籍版全文の他に,定冠詞などきわめて出現頻度の高い語の項目と底本であるカプタイン版の校訂テクスト全文が収録されている。電子版においては逆引き語形リスト中の語形から語彙索引本体の当該項目を,そして同所に挙げられた個々の用例からさらに校訂テクスト中の当該箇所を参照することが可能である。本コンコーダンスの作成には,トリーア大学・中高ドイツ語辞典プロジェクト室の電子データ処理システム担当者Ute Recker-Hammが協力した。

  • ルードルフ・フォン・エムス著 善人ゲールハルト 王侯・騎士たち・市民たち

    横山 由広, 東京・慶應義塾大学出版会, 2005年04月

    担当範囲: 268-276

     概要を見る

    中世ドイツの詩人ルードルフ・フォン・エムスが著わした韻文物語『善人ゲールハルト』の注釈付き邦訳と共に掲載書に収録された「論考『善人ゲールハルト』」の一節(D『善人ゲールハルト』III)として執筆された,同作の写本と刊本の紹介。近年その存在が知られるようになった,同作に基づく初期新高ドイツ語期の散文テクスト(校訂版は2001年刊)にも言及している。

  • 研究社 独和中辞典

    横山由広, 東京・研究社, 1996年11月

     概要を見る

    ドイツ語学習「初級者と中級・上級者の双方の要求を満たすための工夫を行」(まえがき)った見出し語数約67000の中型の独和辞典。「本格的な和独辞典とした」(同)和独部(約20000語)が付されている。[16]+2077頁。

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本のドイツ語・ドイツ文学専攻学生のための文献学志向の中高ドイツ語授業のすすめ ハルトマン『グレゴーリウス』第835行を例に

    横山 由広

    慶應義塾大学日吉紀要 ドイツ語学・文学  ( 49 ) 227-257 2012年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読無し

     概要を見る

    ハルトマン・フォン・アウエ『グレゴーリウス』の最新の,原文理解のための註釈が付された標準版では,第835行の語法belîben sîner vartの解釈をめぐる問題が指摘されている。これを検討する試みを通じて,わが国の中高ドイツ語テクスト講読授業の意義の一端を,原典テクストの理解に資するところの大きい中世ドイツ文献学の19世紀以来蓄積されてきた知見を活用する契機となることに求めた。

  • Zu ‘Erec’ v. 6125. Ein Plädoyer für Haupts Konjektur

    横山 由広

    Mittelhochdeutsch. Beiträge zur Überlieferung, Sprache und Literatur. Festschrift für Kurt Gärtner zum 75. Geburtstag. Hg. v. Ralf Plate und Martin Schubert zusammen mit Michael Embach, Martin Przybilski und Michael Trauth (Berlin / Boston, De Gruyter)     42-54 2011年06月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等), 単著, 査読無し

     概要を見る

    「『エーレク』第6125行について。ハウプトの校訂への賛意表明」ハルトマン・フォン・アウエ『エーレク』第6125行は写本に欠落しており,その文言は最初の校訂者モーリツ・ハウプトの提案したものが今日の標準的な版でも採用されている:er kam von sînem hûs gevarn。本論ではこのハウプトの補足が適切であることを示し,それとの関連で,彼が先行する第6120行の写本での文言wasに対して行なった,しかし今日顧みられなくなっている校訂hûsをあらためて本文に採用することを提案した。

  • 中高ドイツ語で学びはじめるドイツ語の歴史

    横山 由広

    慶應義塾大学通信教育補助教材 三色旗 (東京・慶應義塾大学出版会)   ( 704 ) 14-19 2006年11月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

     概要を見る

    掲載冊子の特集「言語史研究の楽しみ,言語史研究の苦悩」(鈴村直樹企画)中の一編として執筆された,中高ドイツ語とその最もよく知られた変種である宮廷詩人語の紹介およびドイツ語史への入門としての中高ドイツ語(宮廷詩人語)学習の手引き。

  • Zum Vorkommen des Präteritums von komen in Hartmanns Artusromanen: Einige Bemerkungen zu einem Forschungsvorhaben und zu ‘Iwein’ 1–1000

    横山 由広

    慶應義塾大学日吉紀要 ドイツ語学・文学  ( 42 ) 47-76 2006年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読無し

     概要を見る

    「ハルトマンのアルトゥースロマーンにおけるkomenの過去形の出現について: 研究計画と『イーヴェイン』1–1000行についての若干の覚え書き」ハルトマン・フォン・アウエは動詞komen ‘kommen’ の過去形の自身の方言形を,初期の作『エーレク』約1万詩行において85回押韻したが,同じくアルトゥースロマーンである晩年の『イーヴェイン』では約8千詩行中7回しか韻に用いておらず,うち6例は冒頭の1千詩行に集中している。2005年12月の口頭発表に引き続き,他の作品・詩人についての調査結果と比較しながらこの伝統的な中高ドイツ語文学語研究の顕著な所見と取り組んだ本論文では,『イーヴェイン』の当該用例の使用タイプに,その冒頭1千詩行の『エーレク』への近似性を認めた。

  • Zu quam, kam und kom im ‘Wigalois’

    横山 由広

    Magister et amicus. Festschrift für Kurt Gärtner zum 65. Geburtstag. Hg. v. Václav Bok und Frank Shaw (Wien, Edition Praesens)     331-356 2003年09月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等), 単著, 査読無し

     概要を見る

    「『ヴィーガーロイス』における quam, kam および kom について」ハルトマンの諸作品とヴィルント作『ヴィーガーロイス』に現われる動詞komenの過去形に関する従来の中高ドイツ語押韻語形研究の所見を,これらの作品中のkomenの過去形とその主たる押韻相手である動詞nëmenなどの過去形全用例の脚韻部・詩行内部双方における頻度・分布をあらたに調査した結果に照らして検証し,両詩人の語法上の特徴,ヴィルントの用いた語形および押韻にあたっての彼のハルトマンからの影響の受け方について新しい説明を試みている。

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Ze Karidol diu schonste maget: Ein ungenaues Zitat aus Hartmanns ʻErecʼ in Wirnts ʻWigaloisʼ

    横山 由広

    Arbeitsgespräch zur historischen Lexikographie 2018 (27. bis 29. April) (Marienburg bei Bullay an der Mosel, Deutschland) , 2018年04月, 口頭(一般), Dr. Ralf Plate (Forschungsprojekt Mittelhochdeutsches Wörterbuch, Leiter der Arbeitsstelle der Akademie der Wissenschaften und der Literatur Mainz)

  • 中高ドイツ語文学語の成立過程で言い表されなくなったこと ― komenの過去形の韻における出現の変遷をたどって ―

    横山 由広

    2008年秋季研究発表会 (岡山大学文学部) , 2008年10月, 口頭(一般), 日本独文学会

     概要を見る

    ハルトマン・フォン・アウエを転換点とする,中高ドイツ語komen ‘kommen’ の過去形による押韻の多用から放棄への極端な変化は,複数の方言で同時に純粋韻が実現する中立韻の推移に帰せられる。初期ハルトマンらにおける当該の韻の豊富な用例と,これのまれな晩年のハルトマンらの表現法を対比することで,中高ドイツ語文学語の成立過程における中立韻の推移と詩人,作品間に見られる文言の内容や構文の相違との因果関係を例証しようとする研究の趣旨を述べ,その所見の一部を報告した。

  • ハルトマン・フォン・アウエにおける押韻語形の変遷についての一考察

    横山 由広

    「社会と行為から見たドイツ語」研究会第8回研究会 (東京・慶應義塾大学三田キャンパス) , 2005年12月, 口頭(一般)

     概要を見る

    伝統的な中高ドイツ語音論・形態論の中核をなすいわゆる「宮廷詩語」の押韻に関する従来の研究は,ハルトマン・フォン・アウエが後期の作において特定の語形による押韻を忌避するようになった事実を明らかにした。この発表では「宮廷詩語」を特徴づける重要なトピックとしてドイツ語史の記述でも言及されるこの所見を,当該語の詩行内部の用例を含む全用例を考察の対象としテクストの文体ならびに内容の特徴と関連づけて論じることを試みた。

  • Zur lexikographischen Erschließung eines vielgelesenen Artusromans: Wirnts von Grafenberg ‘Wigalois’

    横山 由広

    Mediävistisches Kolloquium der Universität Trier (ドイツ・トリーア大学) , 1995年02月, 口頭(一般)

     概要を見る

    「よく読まれたアルトゥースロマーン,ヴィルント・フォン・グラーフェンベルク『ヴィーガーロイス』の辞書的解明について」『ヴィーガーロイス辞典』およびその後の中高ドイツ語辞書に『ヴィーガーロイス』が原典資料として用いられてきた歴史を概観し,見出し語化コンコーダンスの作成を含む『ヴィーガーロイス』の辞書的解明への将来的展望を述べた。

  • 読書報告:Kurt Gärtner: Mittelhochdeutsche Grammatik als Aufgabe. Anläßlich des Erscheinens von: Hermann Paul: Mittelhochdeutsche Grammatik, 23. Auflage, […], in: Zeitschrift für Dialektologie und Linguistik 60 (1993), S. 47-66

    横山 由広

    第114回例会 (慶應義塾大学三田キャンパス) , 1994年06月, 口頭(一般), ドイツ言語理論研究会

     概要を見る

    クルト・ゲルトナー著「課題としての中高ドイツ語文法-ヘルマン・パウル『中高ドイツ語文法』第23版書評」の読書報告である。

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 読書のすゝめ![11] 教員のオススメ本 第7回 大学に入ったら読みたい本(の一部)

    横山 由広

    横浜, 

    2011年07月
    -
    2011年10月

    その他, 単独

     発表内容を見る

    「外国語の本を読んでみよう!」をテーマとして各国語担当教員が在学生に図書を紹介・推薦する学内図書館の企画の一部を担当した。

  • 平尾先生の『湖の騎士ランツェレト』

    横山 由広

    東京, 

    2010年09月
    -
    継続中

    その他, 単独

     発表内容を見る

    ウルリヒ・フォン・ツァツィクホーフェン著、平尾浩三邦訳・注釈・論考『湖の騎士ランツェレト』(同学社2010年4月)の書評。

  • (「文献情報」中の)独文(の部)

    横山 由広

    東京, 

    2008年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

     発表内容を見る

    日本国内の中世ドイツ語学・文学関係の刊行物の書誌(年1回作成)。

  • 受賞の弁 ドイツ語研究書部門

    横山 由広

    東京, 

    2008年09月
    -
    継続中

    その他, 単独

     発表内容を見る

    第5回日本独文学会賞(ドイツ語研究書部門)受賞の弁。

  • (「文献情報」中の)独文(の部)

    横山 由広

    東京, 

    2007年09月
    -
    継続中

    その他, 単独

     発表内容を見る

    日本国内の中世ドイツ語学・文学関係の刊行物の書誌(年1回作成)。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第5回日本独文学会賞(ドイツ語研究書部門)

    横山 由広, 2008年06月, 日本独文学会, Lemmatisierte Konkordanz zu Wirnts von Grafenberg ›Wigalois‹. Bearbeitet von Yoshihiro Yokoyama unter Mitarbeit von Ute Recker-Hamm. Max Niemeyer Verlag, Tübingen 2006 (Indices zur deutschen Literatur; Band 39)

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 国際交流セミナーⅠ

    2019年度

  • 国際交流セミナーⅡ

    2019年度

  • ドイツ語1

    2019年度

  • ドイツ語2

    2019年度

  • ドイツ語3

    2019年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 新・ドイツ語第二部

    2016年04月

    , 教科書・教材の開発

     内容を見る

    著者:識名章喜 鈴村直樹 中山純 森泉 山口祐子 横山由広 編集人:慶應義塾大学通信教育部 発行所:慶應義塾大学出版会株式会社

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 京都ドイツ語学研究会, 

    2006年01月
    -
    継続中
  • 国際アーサー王学会日本支部, 

    2003年12月
    -
    継続中
  • ドイツ文法理論研究会, 

    1988年05月
    -
    継続中
  • 慶應義塾大学独文学研究室『研究年報』刊行会, 

    1988年04月
    -
    継続中
  • 日本独文学会ドイツ語教育部会, 

    1987年10月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年08月
    -
    2018年08月

    第15回日本独文学会賞ドイツ語部門選考委員, 日本独文学会

  • 2014年07月
    -
    2015年07月

    第12回日本独文学会賞日本語部門選考委員, 日本独文学会

  • 2006年01月
    -
    継続中

    会員, 京都ドイツ語学研究会

  • 2003年12月
    -
    継続中

    会員, 国際アーサー王学会日本支部

  • 1995年10月
    -
    2000年09月

    事務局員, ドイツ文法理論研究会

全件表示 >>