Takakuwa, Kazumi

写真a

Affiliation

Faculty of Science and Technology, Department of Foreign Languages and Liberal Arts (Hiyoshi)

Position

Professor

Related Websites

Career 【 Display / hide

  • 2007.04
    -
    2017.09

    教養研究センター「生命の教養学」コーディネーター

  • 2008.04
    -
    2009.03

    首都大学東京人文・社会系非常勤講師

  • 2008.04
    -
    2019.03

    准教授

  • 2011.10
    -
    2014.09

    極東証券寄附講座「生命の教養学」企画委員委員長

  • 2014.09
    -
    2015.03

    東京大学教養学部非常勤講師

display all >>

 

Books 【 Display / hide

  • G・アガンベン 散文のイデア

    KAZUMI TAKAKUWA, 月曜社, 2022.02

     View Summary

    以下の翻訳。Giorgio Agamben, _Idea della prosa_ (Macerata: Quodlibet, 2002 [2020]).

  • 哲学で抵抗する

    高桑 和巳, 集英社, 2022.01,  Page: 216

  • ジョルジョ・アガンベン「花 福山知佐子の絵画のために」、福山知佐子『花裂ける, 廃絵逆めぐり』

    KAZUMI TAKAKUWA, 水声社, 2021.12

    Scope: 10

     View Summary

    福山知佐子『花裂ける, 廃絵逆めぐり』に収録した、ジョルジョ・アガンベンの短いエッセイの翻訳。英語訳も担当。

  • ミシェル・ドゥギー「コロナ化」、西山雄二編『いま言葉で息をするために ウイルス時代の人文知』

    KAZUMI TAKAKUWA, YUJI NISHIYAMA, 勁草書房, 2021.08

    Scope: 129–131

     View Summary

    西山雄二編『いま言葉で息をするために』に収録した、ミシェル・ドゥギーの詩の翻訳。西山雄二との共訳。

  • G・アガンベン 私たちはどこにいるのか?

    KAZUMI TAKAKUWA, 青土社, 2021.02

     View Summary

    以下の翻訳。Giorgio Agamben, _A che punto siamo ?_ (Macerata: Quodlibet, 2020).

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • アガンベンにおけるバンヴェニスト (3) 中動態, 語彙論

    高桑 和巳

    慶應義塾大学日吉紀要 言語・文化・コミュニケーション (慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会)   ( 52 ) 93 - 109 2020.12

    Research paper (bulletin of university, research institution), Single Work

  • アガンベンにおけるバンヴェニスト (2) 言表行為 [エノンシアシオン]

    高桑 和巳

    慶應義塾大学日吉紀要 フランス語フランス文学 (慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会)   ( 71 ) 163 - 183 2020.10

    Research paper (bulletin of university, research institution), Single Work

  • アガンベンにおけるバンヴェニスト (1) セミオティック/セマンティック

    高桑 和巳

    慶應義塾大学日吉紀要 人文科学 (慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会)   ( 35 ) 195 - 220 2020.06

    Research paper (bulletin of university, research institution), Single Work

  • アガンベンと抵抗

    高桑 和巳

    慶應義塾大学日吉紀要 フランス語フランス文学 (慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会)   ( 70 ) 185 - 208 2020.03

    Research paper (bulletin of university, research institution), Single Work

  • Guerre civile au Japon: Les actualités vues par un traducteur

    TAKAKUWA KAZUMI

    慶應義塾大学日吉紀要フランス語フランス文学  ( 66 ) 129 - 144 2018.03

    Research paper (bulletin of university, research institution), Single Work,  ISSN  09117199

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • 「脂瞼」について 辺見庸『1★9★3★7』における芸術的非論証性

    高桑 和巳

    文芸研究 (明治大学文学部文芸研究会)   ( 150 ) 175 - 182 2023.03

    Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution), Single Work, Lead author, Last author, Corresponding author

  • 『散文のイデア』

    高桑 和巳

    REPRE (表象文化論学会)   ( 45 )  2022.06

    Book review, literature introduction, etc., Single Work, Lead author, Last author, Corresponding author

  • 執筆ノート 『哲学で抵抗する』

    高桑 和巳

    三田評論 (慶應義塾)   ( 1265 )  2022.04

    Book review, literature introduction, etc., Single Work, Lead author, Last author, Corresponding author

  • 楽園はいまここに

    高桑 和巳

    図書新聞 (図書新聞)   ( 3532 )  2022.02

    Book review, literature introduction, etc., Single Work, Lead author, Last author, Corresponding author

     View Summary

    ジョルジョ・アガンベン『王国と楽園』の書評。

  • 「知の庶民」による哲学

    高桑 和巳

    青春と読書 (集英社)  57 ( 2 ) 8 - 9 2022.02

    Book review, literature introduction, etc., Single Work

     View Summary

    自著『哲学で抵抗する』(集英社、2022)の紹介文。

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • ジョルジョ・アガンベン『散文のイデア』と翻訳

    高桑 和巳

    表象文化論学会 , 

    2022.07

    Oral presentation (general)

  • 中動態と「使用」

    高桑 和巳

    言語の中動態, 思考の中動態, 

    2020.09

    Oral presentation (general)

  • アガンベンと抵抗

    高桑 和巳

    表象文化論学会 , 

    2019.07

    Oral presentation (general)

  • 慶應義塾における軍学共同の現在

    TAKAKUWA KAZUMI

    慶應義塾大学軍学共同問題研究会「慶應で軍学共同問題を考える ペンは剣より強いのか」 (慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎2階大会議室) , 

    2017.01

    Symposium, workshop panel (nominated), 慶應義塾大学軍学共同問題研究会

     View Summary

    慶應義塾における軍学共同について、現状と、そこに至る文脈、さらに軍学共同を禁止する運動をおこなううえで留意すべき点や障害について説明した。

  • はじめに

    TAKAKUWA KAZUMI

    アガンベンのアクチュアリティ (慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎2階大会議室) , 

    2016.06

    Symposium, workshop panel (nominated), 慶應義塾大学アガンベン研究会

     View Summary

    この春に刊行した自著『アガンベンの名を借りて』およびアガンベン『スタシス』をきっかけとしたイヴェントで、この2冊を刊行するに至った経緯を説明し、あわせて、この暗い時代において、(しばしば低劣なものである)時事としてのアクチュアリティによってアカデミズムを汚染させる必要性(「アカデミズム自体を路上とする」必要性)について主張した。

display all >>

Works 【 Display / hide

  • Michel Foucault, mode d'emploi

    TAKAKUWA KAZUMI

    慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペース, 

    2006.06
    -
    Present

    Other, Single

     View Details

    「ミシェル・フーコー使用法」のコーディネイターとして、フィリップ・アルティエール(Philippe Artieres)、芹沢一也、原宏之、廣瀬純の4氏を招待し、シンポジウムを組織した。

  • Introduction

    TAKAKUWA KAZUMI

    慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎シンポジウムスペース, 

    2006.06
    -
    Present

    Other, Single

     View Details

    シンポジウム「ミシェル・フーコー使用法」のコーディネイターとして、会の趣旨と講演者4名の紹介をした。

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • SCIENCE OF HEALTH

    2023

  • LIBERAL ARTS AND SCIENCES SEMINAR 2

    2023

  • LIBERAL ARTS AND SCIENCES SEMINAR 1

    2023

  • FRENCH 4

    2023

  • FRENCH 3

    2023

display all >>