小原 京子 (オハラ キョウコ)

Ohara, Kyoko

写真a

所属(所属キャンパス)

理工学部 外国語・総合教育教室 (日吉)

職名

教授

HP

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 認知言語学、コーパス言語学、日英語比較対照研究

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年04月
    -
    1995年01月

    日本アイ・ビー・エム株式会社

  • 1986年06月
    -
    1988年06月

    アイ・ビー・エム東京基礎研究所自然言語処理

  • 1989年06月
    -
    1995年01月

    日本アイ・ビー・エム株式会社第25回海外留学生

  • 1996年04月
    -
    2003年03月

    慶應義塾大学理工学部専任講師

  • 2000年04月
    -
    2005年03月

    慶應義塾大学理工学部先端専門研究運営委員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1981年04月
    -
    1985年03月

    東京大学, 教養学部, 教養学科/文化人類学

    大学, 卒業

  • 1991年08月
    -
    1996年03月

    カリフォルニア大学バークレー校, 言語学

    -, 大学院, 修了, 博士

  • 1983年04月
    -
    1985年03月

    東京大学, 新聞研究所

    大学, 修了

  • 1989年08月
    -
    1991年05月

    カリフォルニア大学バークレー校, 言語学

    -, 大学院, 修了, 修士

学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D., カリフォルニア大学バークレー校, 課程, 1996年03月

  • 修士号, カリフォルニア大学バークレー校, 課程, 1991年05月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 言語学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • フレーム意味論

  • 日英語比較対照研究

  • 構文文法

  • 自然言語処理

  • 認知言語学

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • フレーム意味論と構文文法に基づく日本語構文データベースの構築, 

    2015年04月
    -
    2018年03月

  • 日本語フレームネットデータベース, 

    2013年
    -
    2017年

  • BCCWJコアデータ白書への意味フレームアノテーション, 

    2012年04月
    -
    2014年03月

  • 意味フレームとコーパスに基づく文意理解のための言語資源の構築, 

    2012年
    -
    2015年

  • フレーム意味論とコーパスデータに基づく日本語語彙情報資源「日本語フレームネット」の構築, 

    2007年04月
    -
    2011年03月

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 『認知言語学大事典』

    辻幸夫他編, 朝倉書店, 2019年10月

    担当範囲: フレーム意味論(第2.8章),  担当ページ: 175-182

  • Constructicography: Constructicon development across languages

    Lyngfelt, Benjamin, Lars Borin, KYOKO OHARA, Tiago Timponi Torrent, John Benjamins Publishing, 2018年07月

    担当範囲: Chapter 5 "Relations between frames and constructions: A proposal from the Japanese FrameNet constructicon" pp.141-164

     概要を見る

    This chapter discusses relations between frames and constructions, based on the constructicon-building project within the Japanese FrameNet (JFN) project. The aims are: to clarify distinctions between a framenet lexicon and a constructicon; and to contribute to the on-going discussion on whether all constructions are “meaning-bearing.” I will argue that a framenet analysis involves annotating frame-based syntactic/semantic structures of words (simple words and multiwords), while a constructicon annotation pertains to describing the internal and external syntax/semantics of linguistic objects that have complex structures. While maintaining that all constructions are meaning-bearing, I will point out that meaning structures of some constructions may not involve frames and propose a frame-based classification of constructions. Finally, I will suggest that a constructicon annotation needs both semantic frames and interactional frames.

  • Constructicography: Constructicon development across languages

    Lyngfelt, Benjamin, Lars Borin, KYOKO OHARA, Tiago Timponi Torrent, John Benjamins Publishing, 2018年07月,  ページ数: 321

     概要を見る

    In constructionist theory, a constructicon is an inventory of constructions making up the full set of linguistic units in a language. In applied practice, it is a set of construction descriptions – a “dictionary of constructions”. The development of constructicons in the latter sense typically means combining principles of both construction grammar and lexicography, and is probably best characterized as a blend between the two traditions. We call this blend constructicography.
    The present volume is a comprehensive introduction to the emerging field of constructicography. After a general introduction follow six chapters presenting constructicon projects for English, German, Japanese, Brazilian Portuguese, Russian, and Swedish, respectively, often in relation to a framenet of the language. In addition, there is a chapter addressing the interplay between linguistics and language technology in constructicon development, and a final chapter exploring the prospects for interlingual constructicography.

  • The Cambridge Handbook of Japanese Linguistics

    小原 京子, Cambridge University Press, 2018年04月

    担当範囲: Internally headed relativization and its related constructions (Chapter 21)

  • 『人工知能学大事典』

    人工知能学会編, 共立出版, 2017年07月

    担当範囲: 「語彙意味論」

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 集合知を用いた大規模意味的フレーム知識の構築

    小原京子、河原大輔、笹野遼平、関根聡

    言語処理学会第27回年次大会発表論文集 (言語処理学会)     554 - 558 2021年03月

    研究論文(その他), 共著, 査読無し

  • Finding Corresponding Constructions in English and Japanese in a TED Talk Parallel Corpus using Frames-and-Constructions Analysis

    Ohara, Kyoko

    Proceedings of LREC 2020 International FrameNet Workshop 2020: Towards a Global, Multilingual FrameNet (LREC 2020 Language Resources and Evaluation Conference)     8 - 12 2020年05月

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 単著, 査読有り

  • 日英対訳絵本のフレーム・構文分析と日英語構文の対応付け

    小原京子、大久保佳子

    言語処理学会第26回年次大会発表論文集 (言語処理学会)     921 - 924 2020年03月

    研究論文(その他), 共著, 査読無し

  • 日英対訳絵本の語彙から見た日本語フレームネットと英語フレームネット

    小原 京子, 大久保佳子

    言語処理学会第25回年次大会予稿集 (言語処理学会)     312 - 315 2019年03月

    研究論文(その他), 共著, 査読無し

  • Inside the Japanese Constructicon: A Partial Network of Constructions involving Internally Headed Relativization

    Ohara, Kyoko

    認知言語学研究 (開拓社)  4   35 - 53 2019年03月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し,  ISSN  2189-5473

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Preface

    Lyngfelt B., Borin L., Ohara K., Torrent T.

    Constructional Approaches to Language (Constructional Approaches to Language)  22   vii - viii 2018年

    ISSN  9789027201003

  • 日本語フレームネットに見る文法と語彙の連続性

    小原 京子

    JCLA Conference Handbook 2014 (日本認知言語学会)     255 - 258 2014年09月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議), 単著

  • 意味フレームに基づく日英バイリンガル語彙データベースの構築

    小原 京子

    『慶應義塾大学教養研究センター2009年度 活動報告書』    21-22 2010年08月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要), 単著

  • 意味フレームに基づく日英バイリンガル語彙データベースの構築

    小原 京子

    『慶應義塾大学教養研究センター2008年度活動報告書』    28-29 2009年08月

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要), 単著

  • 「コーパスに基づく日本語主観移動表現のフレーム意味論的分析:英語との比較から」

    小原 京子

    日本認知科学会第25回大会発表論文集 (日本認知科学会)     16-17 2008年09月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議), 単著

     概要を見る

    コーパス、インターネット上のデータを題材に、日本語の主観移動表現の用法や分布について、意味フレームを用いて英語との比較対照の観点から分析した。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Crowdsourcing frame disambiguation in Japanese FrameNet: what it says about annotation and frame assignment

    Kyoko OHara

    11th International Conference on Construction Grammar (ICCG11), 2021年08月, 口頭(一般)

     概要を見る

    This paper discusses the usefulness of crowdsourcing in linking Japanese FrameNet (JFN) and Kyoto University Case Frame (KCF), which differ in: type of frame knowledge (semantic frames vs. case frames); methodology of building (manual vs. automatic); and size (small vs. large). It proposes a method to crowdsource the assignment of a JFN semantic frame to KCF case frames. The method matches a KCF example sentence with a JFN annotated sentence, where both share the same meaning of a lemma. This paper argues that crowdsourcing frame disambiguation is effective in detecting multiword expressions (MWEs), missing frames and lexical units (LUs), and errors in frame assignment in Japanese FrameNet (JFN). It also proposes ways to alleviate the linguistic task of evaluating crowdsourced results, in deciding what kinds of lemmas to focus, where to find them, and what to do with them.

  • Interactional Frames in a Literary Work: Multiple Levels of Interaction

    Kyoko Ohara, Miriam R L Petruck

    17th International Pragmatics Conference (IPrA2021), 2021年06月, 口頭(一般)

     概要を見る

    This paper addresses the interactional frame insofar as it mediates between author and reader in the opening of a “children’s” book, Antoine de Saint-Exupéry’s (1943) The Little Prince.

  • Interactional Frames and Language Resource Development

    Kyoko Ohara, Miriam R L Petruck

    17th International Pragmatics Conference (IPrA2021), 2021年06月, 口頭(基調)

     概要を見る

    Motivated by Fillmore’s characterization of interactional frames (1982:117), the goal of this panel is to bring together theoretical linguists working in pragmatics with frame semanticists, creators of FrameNet-inspired lexica (Ruppenhofer et al., 2016, Boas 2009) and constructicons (Lyngfelt et al., 2018), as well as developers of real world applications. The panel will provide a forum to discuss the importance of the role of interactional frames in human language understanding as well as the challenges and consequences of representing Fillmore’s interactional frames in resources based on Frame Semantics and Construction Grammar.

  • 集合知を用いた大規模意味的フレーム知識の構築

    小原京子, 河原大輔、笹野遼平、関根聡

    言語処理学会第27回年次大会, 2021年03月, ポスター(一般)

  • Identifying and Aligning constructions in typologically-unrelated languages

    Kyoko Ohara

    Follow-up Session, Construction Annotation Workshop (Online) , 2020年11月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), Alexander Ziem, Benjamin Lygfelt, Tiago Timpani Torrent

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • クラウドソーシングによる意味フレームと格フレームとの対応付け

    2018年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 慶應義塾学事振興資金, 小原京子, 補助金,  代表

  • 深い意味処理のための統合日本語コーパスの開発と言語研究

    2017年04月
    -
    2018年03月

    慶應義塾大学, 慶應義塾学事振興資金, 小原京子, 補助金,  代表

  • 日本語フレームネットからのマルチリンガルフレームネット構想への提案

    2016年05月

    慶應義塾大学, 小泉信三記念基金, 小原 京子, 補助金,  代表

  • フレーム意味論と構文文法に基づく日本語構文データベースの構築

    2015年04月
    -
    2018年03月

    日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 小原 京子, 補助金,  代表

  • BCCWJコアデータ白書サンプルへの意味フレームアノテーション

    2013年11月
    -
    2014年02月

    国立国語研究所 受託研究, 小原 京子, 受託研究,  代表

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • ワークショップ開催

    小原 京子

    東京 (東京大学駒場キャンパス), 

    2004年03月

    その他, 共同

  • インターネット環境を利用した英作文授業

    小原 京子

    2004年01月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • インターネットを利用した英作文授業

    小原 京子

    2002年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 公開講演会開催/Michael Barlow「ParaConc:A concordance for parallel texts」

    小原 京子

    横浜 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎, 

    2002年07月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • ハンズオントレーニング(実地体験指導)として授業への還元/フレーム意味論・構文的アプローチに基づくオンライン日本語語彙情報資源の構築

    小原 京子

    2002年
    -
    2004年

    その他, 共同

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本アイ・ビー・エム株式会社システムズ・エンジニア技術論文シンポジウム ;優秀論文賞

    広瀬 京子, 1988年10月, 日本アイ・ビー・エム株式会社, 「日英機械翻訳システムの言語学的枠組」

  • 日本アイ・ビー・エム株式会社システムズ・エンジニア技術論文シンポジウム ;入選

    広瀬 京子, 1987年10月, 日本アイ・ビー・エム株式会社, 「日英機械翻訳システム:中間表現を用いたアスペクトの翻訳」

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • テクニカル・コミュニケーションⅡ

    2021年度

  • テクニカル・コミュニケーションⅠ

    2021年度

  • 英語学特殊講義Ⅱ

    2021年度

  • 英語学特殊講義Ⅰ

    2021年度

  • 言語認識論

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語学特殊講義

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 専門科目, 講義, 専任, 2時間

  • 自然言語処理特論

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 2時間, 58人

  • 言語認識論

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 教養科目, 講義, 専任, 2時間, 302人

  • グローバルリーダーシップセミナー

    慶應義塾大学理工学部, 2018年度

  • テクニカル・コミュニケーション

    慶應義塾大学理工学研究科, 2018年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学理工学部「グローバルリーダーシップセミナー」連携委員会委員長

    2014年04月
    -
    2017年03月

    , その他特記事項

  • 慶應義塾大学理工学部「グローバルリーダーシップセミナー」推進委員会委員長

    2013年04月
    -
    2014年03月

    , その他特記事項

  • 慶應義塾大学理工学部「グローバルリーダーシップセミナー」設置準備委員会委員長

    2012年04月
    -
    2013年03月

    , その他特記事項

  • 慶應義塾大学理工学部「国際人材育成セミナー(仮称)」ワーキンググループ責任者

    2011年04月
    -
    2012年03月

    , その他特記事項

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日独ユースサミット参加者へのレクチャー「コミュニケーション技術とヒトのコミュニケーション:ことばの意味・共感・対話」

    2018年08月
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 言語処理学会, 

    2008年03月
    -
    継続中
  • 日本認知言語学会, 

    2000年
    -
    継続中
  • 日本言語学会, 

    1998年
    -
    継続中
  • 日本認知科学会, 

    1997年
    -
    継続中
  • 日本英語学会, 

    1996年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
    -
    継続中

    プログラム委員, 第11回国際構文理論学会

  • 2018年07月
    -
    2019年08月

    Track chair for reviews, 11th International Cognitive Linguistics Conference (ICLC 15)

  • 2017年08月
    -
    2018年07月

    Scientific Committee Member, Tenth International Conference on Construction Grammar (ICCG 10)

  • 2015年08月
    -
    2016年07月

    特別研究員等審査会専門委員, 独立行政法人日本学術振興会

  • 2015年07月
    -
    2016年10月

    科学委員会委員, 第9回国際構文理論学会 (ICCG 9)

全件表示 >>