吉田 理 (ヨシダ タダシ)

Yoshida, Tadashi

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 血液浄化・透析センター (信濃町)

職名

准教授

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 慢性腎臓病の病態解明を慢性炎症の観点から解析を進めている。また、慢性腎臓病における心血管病変について発生機序の解明、新規治療法の開発を目的とした研究を行っている。

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 医学部, 医学部総合診療教育センター, 准教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2001年09月

    慶應義塾大学医学部, 内科, 助手

  • 2001年09月
    -
    2005年06月

    University of Virginia, Department of Molecular Physiology and Biological Physics, Postdoctoral Fellow

  • 2005年07月
    -
    2005年10月

    University of Virginia, Robert M. Berne Cardiovascular Research Center, Instructor of Research

  • 2005年07月
    -
    2005年10月

    University of Virginia, Department of Molecular Physiology and Biological Physics, Instructor of Research

  • 2005年11月
    -
    2008年08月

    University of Virginia, The Robert M. Berne Cardiovascular Research Center, Assistant Professor of Research

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1994年03月

    慶應義塾大学, 医学部

    大学, 卒業

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    慶應義塾大学, 医学研究科, 内科系内科学

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 課程, 1998年03月

    培養細胞およびヒトにおけるleptin発現分泌に対する各種ホルモンの影響

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 1994年05月

  • 日本内科学会認定内科医, 1999年09月

  • 日本内科学会総合内科専門医, 2011年12月

  • 日本腎臓学会腎臓専門医, 2010年04月

  • 日本腎臓学会腎臓指導医, 2015年04月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 腎臓内科学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 血管石灰化

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 慢性腎臓病における心血管病変について発生機序の解明・新規治療法の開発, 

    2010年
    -
    継続中

  • 血管平滑筋分化におけるエピジェネティック機構, 

    2001年
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • これまでがワカる。これからがカワる。透析療法最前線

    吉田 理, 東京医学社, 2018年

    担当範囲: 透析患者の糖尿病管理~血糖コントロールの意義と指標~

  • Encyclopedia of Signaling Molecules, 2nd Edition

    吉田 理, Springer, 2018年

    担当範囲: Krüppel-like factor 4

  • 腎疾患・透析 最新の治療 2017-2019

    吉田 理, 林 松彦, 南江堂, 2017年

    担当範囲: 高齢者に対する腎代替療法・治療上の注意点

  • 目でみるトレーニング第3集

    吉田 理, 医学書院, 2016年

    担当範囲: 腎臓・泌尿器

  • 血栓性微小血管症診断・治療実践マニュアル

    吉田 理, 医薬ジャーナル社, 2016年

    担当範囲: 血漿交換・血液透析

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Pre-operative and post-operative estimated glomerular filtration rate in Japanese patients with urological malignancies

    Niwa N., Yoshida T., Mizuno R., Kikuchi E., Miyajima A., Hayashi M., Oya M.

    Clinical and Experimental Nephrology (Clinical and Experimental Nephrology)  22 ( 5 ) 1205 - 1212 2018年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  13421751

     概要を見る

    © 2017, Japanese Society of Nephrology. Background: The suitable methods evaluating glomerular filtration rate (GFR) have not been established in patients undergoing radical nephrectomy (RN) or radical nephroureterectomy (RNU) due to urological malignancies in Japan as well as worldwide. Methods: We examined the relationship between creatinine clearance-based measured GFR (mGFR) versus estimated GFR (eGFR) calculated by 3 popular equations, 4-variable Modification of Diet in Renal Disease equation adjusted by Japanese correction coefficient (cmMDRD), 3-variable MDRD equation for Japanese population (eGFRcreat), and Chronic Kidney Disease-Epidemiology Collaboration equation adjusted by Japanese correction coefficient (cmCKD-EPI) in Japanese patients who had undergone RN or RNU due to renal cell carcinoma or upper tract urothelial carcinoma before and after surgery. Results: Among the 3 equations examined, eGFRcreat was the closest to mGFR, although each eGFR was significantly higher than mGFR in the pre-operative period. In the post-operative period, cmMDRD and eGFRcreat, but not cmCKD-EPI, were comparable to mGFR. Each of eGFR was significantly correlated with mGFR in both the pre-operative and post-operative periods. Similar results were obtained by the subanalysis of the patients with pre-operative mGFR of < 60 mL/min/1.73 m2. Results of κ statistics also showed that eGFRcreat was most appropriate to estimate GFR both before and after heminephrectomy, when cut-off value of GFR of < 60 mL/min/1.73 m2 was used. Conclusion: Results of the present study suggest that eGFRcreat is likely to be the most appropriate equation for patients undergoing RN or RNU due to urological malignancies. However, more precise equations will be required for accurately estimating GFR.

  • Acceptance situation of HIV patients in Japanese dialysis facilities: Questionnaire survey by the Infection Survey Subcommmittee

    Ayumi Yoshifuji, Munekazu Ryuzaki, Yasuhiko Ito, Norio Ohmagari, Yoshihiko Kanno, Toshio Shinoda, Yaoko Takano, Isao Tsukamoto, Kazuhiko Hora, Yasushi Nakazawa, Naoki Hasegawa, Tadashi Yoshida, Shu Wakino, Yoshiaki Takemoto, Hidetomo Nakamoto

    Renal Replacement Therapy 2018年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Expanding Phenotype of Nephronophthisis-Related Ciliopathy: An Elderly Patient with Homozygous RPGRIP1L Mutation

    Kawaguchi T., Yoshida T., Hirahashi J., Uehara T., Takenouchi T., Kosaki K., Itoh H., Hayashi M.

    Nephron (Nephron)  140 ( 1 ) 74 - 78 2018年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  16608151

     概要を見る

    © 2018 S. Karger AG, Basel. Nephronophthisis-related ciliopathies (NPHP-RC) are autosomal recessive disorders characterized by renal corticomedullary cysts with the extrarenal symptoms. Typically, patients with NPHP-RC reach end-stage kidney disease (ESKD) before the age of 30 years. We herein report a Japanese woman with NPHP-RC who had unusually delayed progression to ESKD after 6 decades. She exhibited liver dysfunction at the age of 23 years. She also showed mild renal dysfunction at the age of 43 years. Ultrasonography revealed bilateral multiple renal cysts with loss of corticomedullary differentiation. Her liver and renal functions gradually deteriorated. She was diagnosed with liver fibrosis as a result of biopsy, and initiated the maintenance hemodiafiltration therapy for ESKD at the age of 61 years. Because of a unique combination of multiple renal cysts and liver fibrosis, ciliopathy was suspected and medical exome analysis was performed. A novel homozygous missense mutation was identified in RPGRIP1L (c.1810G>A p.Glu604Lys), a causative gene for NPHP-RC. To the best of our knowledge, this patient is the oldest one who progressed to ESKD in NPHP-RC. Our case illustrates that NPHP-RC should be included in the differential diagnosis of the patient with corticomedullary polycystic kidneys accompanied by the extrarenal organ involvements, even if the patient is elderly.

  • 腎線維化に対する神経堤由来線維芽細胞におけるNF-kBの役割

    吉田 理

    日本透析医会雑誌 33   163 - 166 2018年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • 慢性腎臓病における平滑筋での慢性炎症と血管石灰化

    吉田 理

    日本透析医会雑誌 33 2018年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 慢性透析患者における透析見合わせに関する現状調査

    山口伸子, 吉田 理, 平橋淳一, 新見たづる, 廣川美穂子, 斉藤みわ, 中野玲子, 大場美保, 浦澤智佐

    第21回日本腎不全看護学会学術集会・総会 (長野) , 

    2018年11月

    口頭発表(一般)

  • A novel I551F mutant of Na+/HCO3- cotransporter NBCe1 has cytosolic retention and diminishes transport activity

    Osamu Yamazaki, Maho Yamashita, Jinping Li, Tadashi Yoshida, Junichi Hirahashi, Shigeru Shibata, and Matsuhiko Hayashi

    51st Annual Meeting of the American Society of Nephrology. (San Diego, CA, USA) , 

    2018年10月

    ポスター発表

  • 進行性腎細胞癌に対し分子標的治療を行った維持血液透析患者の検討

    水野隆一, 環 聡, 森田伸也, 吉田 理, 大家基嗣

    第63回日本透析医学会学術集会・総会 (神戸) , 

    2018年07月

    ポスター発表

  • 透析患者の糖尿病管理

    吉田 理

    第63回日本透析医学会学術集会・総会 (神戸) , 

    2018年07月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 化膿性脊椎炎と化膿性腸腰筋炎を合併した人工血管内シャント感染の1例

    村上哲史, 吉田 理, 環 聡, 森田伸也, 大家基嗣, 林 松彦

    第63回日本透析医学会学術集会・総会 (神戸) , 

    2018年06月

    ポスター発表

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 抑制的なヒストンメチル化修飾への介入による血管石灰化の制御

    2021年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 吉田 理, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • 血管石灰化における平滑筋細胞でのエピジェネティック機構

    2018年04月
    -
    2019年03月

    日本透析医会, 公募研究助成, 補助金,  研究代表者

  • 慢性腎臓病における血管内皮の炎症と中膜石灰化の関係

    2017年03月
    -
    2018年03月

    日本透析医会, 公募研究助成, 補助金,  研究代表者

  • Endothelial Kruppel-like factor 4 metidates the protective effect of statins against ischemic AKI

    2016年06月

    慶應義塾学事振興資金, 補助金,  研究代表者

  • 血管平滑筋細胞の表現型制御による血管石灰化治療法の開発

    2016年04月
    -
    2019年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  研究代表者

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 25-hydroxyvitamin D3-1a-hydroxylase and DNA encoding the hydroxylase

    出願日: United States Patent 6274359  2001年08月 

    特許権, 共同

受賞 【 表示 / 非表示

  • American Heart Association ATVB Merit Award for Young Investigators

    2007年11月, American Heart Association

  • 慶應義塾大学医学部三四会賞

    1999年11月, 慶應義塾大学医学部

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • クリニカルエンジニアリングと医療安全管理

    2022年度

  • クリニカルエンジニアリングと医療安全管理

    2021年度

  • クリニカルエンジニアリングと医療安全管理

    2020年度

  • 総合診療医学

    2019年度

  • クリニカルエンジニアリングと医療安全管理

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 腎臓内科学

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 総合診療医学

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 総合診療科学

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    通年, 講義

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

     
  • 日本腎臓学会

     
  • 日本内分泌学会

     
  • 日本透析医学会

     
  • 日本高血圧学会

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年06月
    -
    継続中

    評議員, 日本透析医学会

  • 2015年04月
    -
    継続中

    評議員, 日本内分泌学会

  • 2013年04月
    -
    継続中

    評議員, 日本腎臓学会