松崎 潤太郎 (マツザキ ジュンタロウ)

MATSUZAKI Juntaro

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 薬物治療学 (芝共立)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

 

著書 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • A serum microRNA classifier for the diagnosis of sarcomas of various histological subtypes

    Asano N., Matsuzaki J., Ichikawa M., Kawauchi J., Takizawa S., Aoki Y., Sakamoto H., Yoshida A., Kobayashi E., Tanzawa Y., Nakayama R., Morioka H., Matsumoto M., Nakamura M., Kondo T., Kato K., Tsuchiya N., Kawai A., Ochiya T.

    Nature Communications (Nature Communications)  10 ( 1 )  2019年12月

     概要を見る

    © 2019, The Author(s). Due to their rarity and diversity, sarcomas are difficult to diagnose. Consequently, there is an urgent demand for a novel diagnostic test for these cancers. In this study, we investigated serum miRNA profiles from 1002 patients with bone and soft tissue tumors representing more than 43 histological subtypes, including sarcomas, intermediate tumors, and benign tumors, to determine whether serum miRNA profiles could be used to specifically detect sarcomas. Circulating serum miRNA profiles in sarcoma patients were clearly distinct from those in patients with other types of tumors. Using the serum levels of seven miRNAs, we developed a molecular detector, Index VI, that could distinguish sarcoma patients from benign and healthy controls with remarkably high sensitivity (90%) and specificity (95%), regardless of histological subtype. Index VI provides an approach to the early and precise detection of sarcomas, potentially leading to curative treatment and longer survival.

  • Establishment of Patient-Derived Organoids and Drug Screening for Biliary Tract Carcinoma

    Saito Y., Muramatsu T., Kanai Y., Ojima H., Sukeda A., Hiraoka N., Arai E., Sugiyama Y., Matsuzaki J., Uchida R., Yoshikawa N., Furukawa R., Saito H.

    Cell Reports (Cell Reports)  27 ( 4 ) 1265 - 1276.e4 2019年04月

     概要を見る

    © 2019 The Author(s) Biliary tract carcinomas (BTCs) are among the most aggressive malignancies and have a poor prognosis. Here, we successfully established organoid lines derived from intrahepatic cholangiocarcinoma, gallbladder cancer, and neuroendocrine carcinoma of the ampulla of Vater. These organoids derived from BTCs were cultured stably for >1 year and closely recapitulated the histopathology, gene expression, and genetic alterations evident in the primary tumors. Gene expression profiling of the organoids revealed that SOX2 could be a potential prognostic biomarker for patients with BTC. We screened a compound library consisting of drugs used clinically for their ability to suppress organoids derived from BTCs and found that the antifungal drugs amorolfine and fenticonazole significantly suppressed the growth of organoids derived from BTCs with minimal toxicity to normal biliary epithelial cells. Patient-derived organoids may be a powerful research tool for the clarification of molecular pathogenesis and the discovery of biomarkers and therapeutic drugs for refractory cancers.

  • Clinical and endoscopic findings to assist the early detection of duodenal adenoma and adenocarcinoma

    Matsuzaki J., Suzuki H., Shimoda M., Mori H., Fukuhara S., Miyoshi S., Masaoka T., Iwao Y., Kanai Y., Kanai T.

    United European Gastroenterology Journal (United European Gastroenterology Journal)  7 ( 2 ) 250 - 260 2019年03月

    ISSN  20506406

     概要を見る

    © Author(s) 2018. Background: Sporadic nonampullary duodenal adenocarcinoma is a rare malignant neoplasm in which poor prognosis is often associated with delayed diagnosis. Objective: A case-control study was designed to evaluate the clinical and endoscopic characteristics of patients with nonampullary duodenal epithelial tumours (NADETs). Methods: Patients with NADETs were chronologically divided into a discovery and a validation sets. Two age- and sex-matched control individuals for each case in the discovery set were randomly selected from individuals without NADET. A prediction model for the presence of NADET, constructed in the discovery set, was evaluated in the validation set. Results: In total, 368 adenomas, 81 adenocarcinomas, and 314 controls were analysed. Current smoking, Barrett oesophagus, fundic gland polyps, history of malignant disease, and absence of dyslipidaemia were independently associated with the presence of NADET. The combination of these five factors enabled significant discrimination for NADET in the bulb with a sensitivity of 0.81 in the validation set. We also showed that duodenal adenocarcinomas in the bulb had greater invasive potential than adenocarcinomas in the second portion. Conclusion: The presence of a duodenal tumour in the bulb could be predicted by clinical and endoscopic findings, which helps improve the prognosis and quality of life of patients.

  • CAPZA1 determines the risk of gastric carcinogenesis by inhibiting Helicobacter pylori CagA-degraded autophagy

    Tsugawa H., Mori H., Matsuzaki J., Sato A., Saito Y., Imoto M., Suematsu M., Suzuki H.

    Autophagy (Autophagy)  15 ( 2 ) 242 - 258 2019年02月

    ISSN  15548627

     概要を見る

    © 2018, © 2018 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group. Helicobacter pylori-derived CagA, a type IV secretion system effector, plays a role as an oncogenic driver in gastric epithelial cells. However, upon delivery into gastric epithelial cells, CagA is usually degraded by macroautophagy/autophagy. Hence, the induction of autophagy in H. pylori-infected epithelial cells is an important host-protective ability against gastric carcinogenesis. However, the mechanisms by which autophagosome-lysosome fusion is regulated, are unknown. Here, we report that enhancement of LAMP1 (lysosomal associated membrane protein 1) expression is necessary for autolysosome formation. LAMP1 expression is induced by nuclear translocated LRP1 (LDL receptor related protein 1) intracellular domain (LRP1-ICD) binding to the proximal LAMP1 promoter region. Nuclear translocation of LRP1-ICD is enhanced by H. pylori infection. In contrast, CAPZA1 (capping actin protein of muscle Z-line alpha subunit 1) inhibits LAMP1 expression via binding to LRP1-ICD in the nuclei. The binding of CAPZA1 to LRP1-ICD prevents LRP1-ICD binding to the LAMP1 proximal promoter. Thus, in CAPZA1-overexpressing gastric epithelial cells infected with H. pylori, autolysosome formation is inhibited and CagA escapes autophagic degradation. These findings identify CAPZA1 as a novel negative regulator of autolysosome formation and suggest that deregulation of CAPZA1 expression leads to increased risk of gastric carcinogenesis. Abbreviations: CagA: cytotoxin-associated gene A; CAPZA1: capping actin protein of muscle Z-line alpha subunit 1; ChIP: chromatin immunoprecipitation; GTF2I: general transcription factor IIi; HDAC: histone deacetylase; LAMP1: lysosomal associated membrane protein 1; LRP1: LDL receptor related protein 1; LRP1-ICD: CagA intracellular domain; qPCR: quantitative polymerase chain reaction; VacA: vacuolating cytotoxin.

  • Circulating miRNA panels for specific and early detection in bladder cancer

    Usuba W., Urabe F., Yamamoto Y., Matsuzaki J., Sasaki H., Ichikawa M., Takizawa S., Aoki Y., Niida S., Kato K., Egawa S., Chikaraishi T., Fujimoto H., Ochiya T.

    Cancer Science (Cancer Science)  110 ( 1 ) 408 - 419 2019年01月

    ISSN  13479032

     概要を見る

    © 2018 The Authors. Cancer Science published by John Wiley & Sons Australia, Ltd on behalf of Japanese Cancer Association. Bladder cancer is the 9th leading cause of cancer death worldwide. The major problem in bladder cancer is primarily the high recurrence rate after drug treatment and resection. Although conventional screening methods, such as cystoscopy, urinary cytology and ultrasound sonography, have become widely used in clinical settings, the diagnostic performance of these modalities is unsatisfactory due to low accuracy or high invasiveness. Because circulating micro RNA (miRNA) profiles have recently been reported as an attractive tool for liquid biopsy in cancer screening, here, we performed global miRNA profiling of 392 serum samples of bladder cancer patients with 100 non-cancer samples and 480 samples of other types of cancer as controls. We randomly classified the bladder cancer and control samples into 2 cohorts, a training set (N = 486) and a validation set (N = 486). By comparing both controls, we identified specific miRNA, such as miR-6087, for diagnosing bladder cancer in the training and validation sets. Furthermore, we found that a combination of 7 miRNA (7-miRNA panel: miR-6087, miR-6724-5p, miR-3960, miR-1343-5p, miR-1185-1-3p, miR-6831-5p and miR-4695-5p) could discriminate bladder cancer from non-cancer and other types of tumors with the highest accuracy (AUC:.97; sensitivity: 95%; specificity: 87%). The diagnostic accuracy was high, regardless of the stage and grade of bladder cancer. Our data demonstrated that the 7-miRNA panel could be a biomarker for the specific and early detection of bladder cancer.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 新規便秘治療薬有効性と生活習慣の関連についての検討

    猪口 和美, 正岡 建洋, 松崎 潤太郎, 金井 隆典

    日本消化器病学会雑誌 ((一財)日本消化器病学会)  117 ( 臨増大会 ) A758 - A758 2020年10月

    ISSN  0446-6586

  • 【癌早期発見・早期診断のNew Era】血中マイクロRNAを用いた癌早期診断法の開発と展望

    松崎 潤太郎, 落谷 孝広

    消化器・肝臓内科 ((有)科学評論社)  8 ( 2 ) 132 - 136 2020年08月

    ISSN  2432-3446

  • 【Helicobacter Topics!-「旬のHelicobacter」を知り、驚き、理解を深め、楽しむ-】Helicobacter pylori関連ディスペプシアの病態

    松崎 潤太郎

    Helicobacter Research ((株)先端医学社)  24 ( 1 ) 83 - 85 2020年05月

    ISSN  1342-4319

     概要を見る

    慢性的に持続するディスペプシア症状のなかで、とくにHelicobacter pylori除菌治療によって改善するものをH.pylori関連ディスペプシアとよぶ。現在、世界中の主要なガイドラインにおいてディスペプシア診療の最も最初にH.pylori感染診断が推奨されている。H.pylori感染に伴うグレリン分泌の低下とディスペプシア症状との関連は以前より指摘されているが、胃粘膜萎縮の程度と除菌後の症状改善頻度には明確な関連性はない。最近、われわれの研究グループは、H.pyloriにおける好中球活性化因子NapAの多型によってディスペプシア症状の惹起頻度が異なることを見出し、スナネズミ感染モデルにおいて実際に胃排出遅延が生じることなどから、H.pylori関連ディスペプシアの有力な機序であることを報告した。(著者抄録)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 肝発がん経路を解明するためのゲノム編集によるがん抑制因子のスクリーニング系の開発

    2017年06月
    -
    2020年03月

    国立研究開発法人国立がん研究センター, 山本 雄介, 松崎 潤太郎, 挑戦的研究(萌芽)

     研究概要を見る

    大規模ながんに対する次世代シーケンシング解析の結果から、遺伝子の変異はドライバー変異とそれによって引き起こされるゲノム不安定性の産物であるパッセンジャー変異とに選別されており、ドライバー変異は腫瘍形成に直接関与すると推定されている。しかし、そのように同定された新規ドライバー候補の多くは綿密な機能解析は行われておらず実際はどの程度、腫瘍形成に寄与するのかは不明なのが現状である。また、単独ではなく複数の変異の組合せによって発がん作用を発揮する可能性もあり、これもドライバー変異の包括的な機能解析を阻んでいる要因とされる。本研究では、申請者らが独自に開発した培養可能な上皮幹細胞を用いて、CRISPR/Cas9を使用し遺伝子の欠損を導入する。それによって、既知のがん抑制遺伝子だけでなく、統計的に有意にがんの発生に関与していることが明らかなものの、その発がん過程での寄与率が不明瞭な遺伝子の機能解析を組織ごとにすることで、新規がん抑制遺伝子の機能的な同定をすることさらに、それらの組合せによって多段階的に進展していく発がん過程を再現することを目的としている。
    <BR>
    ドライバー変異の機能解析結果からがん腫瘍形成に関与している因子の絞り込みを行い、申請者はそれらの組合せによってがんを誘導する遺伝子欠損の組合せの決定を実施中である。実施が比較的容易な遺伝子の欠損を起こすことで、表現型が確認される遺伝子変異に注目して実験を行っている。計画段階で選択した遺伝子の解析だけでなく、他組織に対する遺伝子にも標的を広げ、CRISPR-Cas9を用いた遺伝子抑制実験を実施している。さらに遺伝子欠損の組合せによる多段階発がんの実験も同時並行で行っている。
    当初予定していた、肝臓がんに対する遺伝子だけでなく、より顕著な表現型を確認することができる肺の上皮細胞を用いた検討にも着手しており、そちらの検討でより良好な結果が得られたため、CRISPR-Cas9を用いてがん抑制遺伝子を抑制し、肺の腺がん細胞の源と考えられている小気道上皮細胞、および肺の扁平上皮がんの元と考えられている肺の気管上皮細胞に対して、CRISPR-Cas9で遺伝子の抑制を行うことで、細胞ごとのがん抑制遺伝子の差や発がんへの寄与率を比較検討することが可能になり、より多くの情報を得ることが可能になると期待されたため、そちらの検討も行っている。これらの実験で、同時にがんの元となる細胞の再検証も可能になり、多段階発がんに関与する遺伝子の組合せの同定も同時に進めている。そのため、当初の予定よりもやや遅れている。しかしながら、それらの実験結果は当初予定していたものよりも、重要かつ多くの発がんに対する知見を得られることが強く期待でき、そちらに方向転換することに大きな意義があると申請者は考えている。
    対象とする細胞の種類を増やしたことによって、CRISPR-Cas9で抑制する遺伝子群は変更になったが、研究の手技的には大きな変化はない。細胞ごとに遺伝子を抑制していき、細胞の増殖率の変化を検証すること、さらには組合せによって、発がんに実質的に寄与する遺伝子およびその組合せの探索を細胞ごとに進めていく。細胞が発がんに至るまでの遺伝子変異の組合せを同定することで、それらを段階的に導入し、多段階的な発がん過程を再現すること、ならびに細胞が浸潤能や転移能を有する上での必須な遺伝子の組合せを網羅的に同定することで、これまでの大規模ながんゲノム解析データから得られた情報を実験的に検証していく。

  • 膵発がん初期バイオマーカーとなる血中マイクロRNAの同定

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 松崎 潤太郎, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究は、初代分離培養した膵外分泌細胞に対して低分子化合物を曝露させ、in vitroでパーシャルリプログラミングを行って膵前駆細胞を樹立し、この細胞に胆汁酸によるストレス刺激を与えることで膵発がん初期の環境をin vitroでモデル化し、膵発がん超初期のバイオマーカーとなるmicroRNAの同定を試みるものである。我々はラットおよびマウスの膵外分泌細胞を用いて、特定の低分子化合物のコンビネーションが膵前駆細胞を誘導することを見出したが、一方で誘導された膵前駆細胞の性能を、Pdx1やNkx6.1といったマーカー分子で評価したところ、実験ロットによって均質でないことを見出した。そこでsingle cell sortingによって、膵前駆細胞としてより機能的に優れた細胞のクローン化を試み、これに成功した。驚くべきことに、この膵前駆細胞は特定の培養環境下においてインスリンを分泌する細胞にも分化し得た。また膵外分泌細胞よりDBAレクチンを用いて分取した膵管上皮細胞が膵前駆細胞の由来細胞であることも見出した。
    機能的に優れた膵前駆細胞のクローニングに成功した。この細胞に胆汁酸を曝露した際に濃度依存的に変動する細胞内/細胞外マイクロRNAのマイクロアレイ解析も完了し、データ解析を進めている。
    胆汁酸曝露により変動するマイクロRNA候補を同定し、すでに完成しているヒト血清マイクロRNAデータベースと照合することにより、膵がん早期診断マーカーとしてのポテンシャルに優れたマイクロRNAを絞り込む。胆汁酸曝露によるマイクロRNA発現調節機序を解析する。

  • 低分子化合物によるヒト成体肝細胞からの肝前駆細胞の作製

    2016年04月
    -
    2018年03月

    国立研究開発法人国立がん研究センター, 勝田 毅, 落谷 孝広, 松崎 潤太郎, 齋藤 義正, 竹内 敦子, 山田 泰弘, 山口 智子, 保坂 和徳, 若手研究(B)

     研究概要を見る

    本研究では,ラット・マウスの成熟肝細胞を前駆細胞へとリプログラミングできることを確かめている低分子化合物を用いて,ヒト肝細胞も同様にリプログラミングできるかどうか,またそのようにして得られた肝前駆細胞(ヒトCLiP)が,肝臓再生に寄与しうるかどうかを検討することを目的とした.主な成果は以下の通りとなる.(1)乳幼児肝細胞からヒトCLiPを誘導できた.(2)ヒトCLiPから分化誘導した肝細胞はCYP活性を示した.(3)ヒトCLiPは慢性肝疾患モデルマウスの肝臓を高効率に置換し,移植後のキメラ肝臓から取り出したヒト肝細胞は初代成熟肝細胞と同等レベルの代謝能を示した.

  • 食道腺がんのアディポサイトカイン応答におけるmiR-221/222の機能の解明

    2014年04月
    -
    2016年03月

    慶應義塾大学, 松崎 潤太郎, 津川 仁, 鈴木 秀和, 若手研究(B)

     研究概要を見る

    欧米で急増している食道腺がんは、胆汁酸の食道内への逆流が主要因である。また中心性肥満は食道腺がんの主要なリスク因子である。一般に中心性肥満の進行に伴い血中アディポネクチンが低下する。一方、我々は胆汁酸刺激が核内胆汁酸受容体FXRの活性化およびmiR-221/222の亢進を介して発がん促進に寄与することを報告していたが、今回さらにmiR-221/222がCOX-2発現を増加させることを見出した。更にアディポネクチンはこのCOX-2上昇を是正する作用があるがわかった。この結果は、中心性肥満を有する食道腺がんハイリスク症例にはアディポネクチン受容体作動薬による化学予防が有効である可能性を示唆した。

  • 食道腺がん治療標的としてのCDX2分解系とmiR-221/222の重要性の解明

    2011年04月
    -
    2012年03月

    慶應義塾大学, 松崎 潤太郎, 若手研究(B)