松崎 潤太郎 (マツザキ ジュンタロウ)

MATSUZAKI Juntaro

写真a

所属(所属キャンパス)

薬学部 薬学科 薬物治療学 (芝共立)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍診断学

  • 消化器内科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • cancer

  • microRNA

  • extracellular RNA

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 血中マイクロRNAを用いた膵がん診断の展望. 早期発見・予防に向けた次世代がん検査技術の最前線

    松﨑潤太郎, シーエムシー出版, 2019年

  • 胃・十二指腸潰瘍. 看護基礎教育テキスト ナーシング・グラフィカ「疾患と看護シリーズ」『3 消化器疾患と看護』

    松﨑潤太郎, 鈴木秀和, メディカ出版, 2019年

  • がん早期診断. テクノロジーロードマップ2019-2028 医療・健康・食農編

    松﨑潤太郎, 落谷孝広, 日経BP, 2019年

  • エクソソームに着目した新しい診断技術の開発. 早期発見・低侵襲で見つけ出す疾患・病態検査・診断法の開発 ~がん、認知症、感染症、難病、糖尿病、リウマチ、希少疾患~

    松﨑潤太郎, 落谷孝広, 技術情報協会, 2017年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Early prediction of COVID-19 severity using extracellular vesicle COPB2.

    Fujita Y, Hoshina T, Matsuzaki J, Yoshioka Y, Kadota T, Hosaka Y, Fujimoto S, Kawamoto H, Watanabe N, Sawaki K, Sakamoto Y, Miyajima M, Lee K, Nakaharai K, Horino T, Nakagawa R, Araya J, Miyato M, Yoshida M, Kuwano K, Ochiya T

    Journal of extracellular vesicles (Journal of Extracellular Vesicles)  10 ( 8 ) e12092 2021年06月

     概要を見る

    The clinical manifestations of COVID-19 vary broadly, ranging from asymptomatic infection to acute respiratory failure and death. But the predictive biomarkers for characterizing the variability are still lacking. Since emerging evidence indicates that extracellular vesicles (EVs) and extracellular RNAs (exRNAs) are functionally involved in a number of pathological processes, we hypothesize that these extracellular components may be key determinants and/or predictors of COVID-19 severity. To test our hypothesis, we collected serum samples from 31 patients with mild COVID-19 symptoms at the time of their admission for discovery cohort. After symptomatic treatment without corticosteroids, 9 of the 31 patients developed severe/critical COVID-19 symptoms. We analyzed EV protein and exRNA profiles to look for correlations between these profiles and COVID-19 severity. Strikingly, we identified three distinct groups of markers (antiviral response-related EV proteins, coagulation-related markers, and liver damage-related exRNAs) with the potential to serve as early predictive biomarkers for COVID-19 severity. As the best predictive marker, EV COPB2 protein, a subunit of the Golgi coatomer complex, exhibited significantly higher abundance in patients remained mild than developed severe/critical COVID-19 and healthy controls in discovery cohort (AUC 1.00 (95% CI: 1.00-1.00)). The validation set included 40 COVID-19 patients and 39 healthy controls, and showed exactly the same trend between the three groups with excellent predictive value (AUC 0.85 (95% CI: 0.73-0.97)). These findings highlight the potential of EV COPB2 expression for patient stratification and for making early clinical decisions about strategies for COVID-19 therapy.

  • A novel combination of serum microRNAs for the detection of early gastric cancer.

    Abe S, Matsuzaki J, Sudo K, Oda I, Katai H, Kato K, Takizawa S, Sakamoto H, Takeshita F, Niida S, Saito Y, Ochiya T

    Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association (Gastric Cancer)  24 ( 4 ) 835 - 843 2021年03月

    ISSN  1436-3291

     概要を見る

    Background: The aim of this study was to identify serum miRNAs that discriminate early gastric cancer (EGC) samples from non-cancer controls using a large cohort. Methods: This retrospective case–control study included 1417 serum samples from patients with EGC (seen at the National Cancer Center Hospital in Tokyo between 2008 and 2012) and 1417 age- and gender-matched non-cancer controls. The samples were randomly assigned to discovery and validation sets and the miRNA expression profiles of whole serum samples were comprehensively evaluated using a highly sensitive DNA chip (3D-Gene ) designed to detect 2565 miRNA sequences. Diagnostic models were constructed using the levels of several miRNAs in the discovery set, and the diagnostic performance of the model was evaluated in the validation set. Results: The discovery set consisted of 708 samples from EGC patients and 709 samples from non-cancer controls, and the validation set consisted of 709 samples from EGC patients and 708 samples from non-cancer controls. The diagnostic EGC index was constructed using four miRNAs (miR-4257, miR-6785-5p, miR-187-5p, and miR-5739). In the discovery set, a receiver operating characteristic curve analysis of the EGC index revealed that the area under the curve (AUC) was 0.996 with a sensitivity of 0.983 and a specificity of 0.977. In the validation set, the AUC for the EGC index was 0.998 with a sensitivity of 0.996 and a specificity of 0.953. Conclusions: A novel combination of four serum miRNAs could be a useful non-invasive diagnostic biomarker to detect EGC with high accuracy. A multicenter prospective study is ongoing to confirm the present observations. ®

  • Precision Medicine Approaches to Prevent Gastric Cancer

    Matsuzaki J, Tsugawa H, Suzuki H

    Gut and Liver (Gut and Liver)  15 ( 1 ) 3 - 12 2021年01月

    ISSN  1976-2283

     概要を見る

    © Gut and Liver. Gastric cancer remains one of the most common causes of cancer-related death worldwide, although the incidence is declining gradually. The primary risk factor for gastric cancer is Helicobacter pylori infection. The Kyoto global consensus report recommends eradication of H. pylori in all infected patients. However, because it is difficult to stratify the risk of carcinogenesis among patients with a history of H. pylori infection, annual endoscopic surveillance is performed for everyone after eradication. This review summarizes the current approaches used to screen for novel molecules that could assist in the diagnosis of gastric cancer and reduce mortality. Most well-studied molecules are tissue protein biomarkers expressed by the gastric epithelium and associated with metaplasia-dysplasia-carcinoma sequences. Other strategies focus on the origin of cancer stem cell-related markers, such as CD44, and immune reaction-related markers, such as matrix metallopeptidases. Noninvasive methods such as blood-based approaches are more attractive. Serum pepsinogen levels predict the severity of gastric mucosal atrophy before H. pylori eradication, whereas plasma ghrelin levels are associated with atrophy even after eradication. Cell-free DNAs and RNAs are attractive tools for the early detection of cancer. These ideas could lead to the development of more personalized strategies for cancer prevention based on cutting-edge technologies.

  • Development of diagnostic models for solid cancers using circulating microRNAs

    J Matsuzaki

    CANCER SCIENCE 112, 203-203 2021年

  • Su252 SUPERIORITY OF URGENT VS. EARLY ENDOSCOPIC HEMOSTASIS IN PATIENTS WITH UPPER GASTROINTESTINAL BLEEDING

    M Horibe, E Iwasaki, J Matsuzaki, F Bazerbachi, T Kaneko, K Minami, ...

    Gastroenterology 160 (6), S-655 2021年

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • いま知っておきたい最新の臨床検査 身近な疾患を先端技術で診断(Vol.2) 血液検査によるがん診断の展望

    堀江 沙良, 落谷 孝広, 松崎 潤太郎

    医学のあゆみ (医歯薬出版(株))  277 ( 2 ) 193 - 198 2021年04月

    ISSN  0039-2359

     概要を見る

    リキッドバイオプシーとは、血液などの体液の採取によって病理診断に匹敵する精度で疾患診断しうるものと期待される新技術である。その解析標的には細胞外DNA、microRNA、血中循環腫瘍細胞、エクソソーム、tumor-educated platelets(TEPs)などがあげられる。がんの早期診断、治療方針の最適化や治療後のモニタリングへの有用性が期待される。いずれの標的も検出方法や評価方法が十分には成熟しておらず、臨床応用に向けて技術開発が進められている。臨床において長く使用されている腫瘍マーカーに加え、現在開発されているがんバイオマーカーの特徴や応用について紹介する。(著者抄録)

  • 【大腸癌診療におけるprecision medicine】大腸癌患者の血清miRNAを用いた術前リンパ節転移予測診断能の意義について

    森谷 弘乃介, 松崎 潤太郎, 高見澤 康之, 坂本 良平, 塚本 俊輔, 志田 大, 金光 幸秀

    癌の臨床 ((株)篠原出版新社)  65 ( 4 ) 345 - 351 2021年01月

    ISSN  0021-4949

  • 血液マイクロRNAによる子宮肉腫と変性筋腫の術前鑑別診断

    加藤 友康, 横井 暁, 松崎 潤太郎, 山本 雄介, 舘 慶生, 米岡 完, 清水 華子, 植原 貴史, 石川 光也, 滝澤 聡子, 青木 良晃, 加藤 健, 落谷 孝広, 東レ株式会社新事業開発部門DNAチップG

    日本婦人科腫瘍学会雑誌 ((公社)日本婦人科腫瘍学会)  39 ( 1 ) 297 - 297 2021年01月

    ISSN  1347-8559

  • 慢性便秘診療の新展開 上皮機能変容薬の反応性に関する慢性便秘患者の患者背景の検討

    猪口 和美, 正岡 建洋, 松崎 潤太郎, 金井 隆典

    日本消化管学会雑誌 ((一社)日本消化管学会)  5 ( Suppl. ) 254 - 254 2021年01月

    ISSN  2433-3840

  • ペニシリンアレルギー患者に対するボノプラザン、シタフロキサシン、メトロニダゾール含有レジメンの評価

    猪口 和美, 正岡 建洋, 森 英毅, 鈴木 秀和, 松崎 潤太郎, 岡沢 啓, 吉岡 政洋, 金井 隆典

    日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム・抄録集 ((一社)日本ヘリコバクター学会)  26回   95 - 95 2020年12月

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Prediction of cancer tissue of origin by circulating miRNA profiles

    The 12th Scientific Workshop of the Early Detection Research Network, 2021年03月

  • Prospects of cancer diagnosis by circulation miRNA profiles

    International Session 5 “Innovative technology for next generation liquid biopsy” 第78回日本癌学会学術総会, 2019年09月

  • 低分子化合物を用いた成熟肝・膵実質細胞の前駆細胞へのリプログラミング技術の開発

    一般口演19 「細胞-1/口腔/酸化ストレス」. 第19回日本抗加齢医学会総会, 2019年06月

  • 低分子化合物による膵外分泌細胞の膵前駆様細胞およびインスリン分泌細胞の誘導

    口演33 「膵臓2」. 第18回日本再生医療学会総会, 2019年03月

  • Circulating microRNA profiling for the detection of cancers: recent progress

    The 34th Joint Annual Conference of Biomedical Science, 2019年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 肝発がん経路を解明するためのゲノム編集によるがん抑制因子のスクリーニング系の開発

    2017年06月
    -
    2020年03月

    国立研究開発法人国立がん研究センター, 山本 雄介, 松崎 潤太郎, 挑戦的研究(萌芽)

     研究概要を見る

    大規模ながんに対する次世代シーケンシング解析の結果から、遺伝子の変異はドライバー変異とそれによって引き起こされるゲノム不安定性の産物であるパッセンジャー変異とに選別されており、ドライバー変異は腫瘍形成に直接関与すると推定されている。しかし、そのように同定された新規ドライバー候補の多くは綿密な機能解析は行われておらず実際はどの程度、腫瘍形成に寄与するのかは不明なのが現状である。また、単独ではなく複数の変異の組合せによって発がん作用を発揮する可能性もあり、これもドライバー変異の包括的な機能解析を阻んでいる要因とされる。本研究では、申請者らが独自に開発した培養可能な上皮幹細胞を用いて、CRISPR/Cas9を使用し遺伝子の欠損を導入する。それによって、既知のがん抑制遺伝子だけでなく、統計的に有意にがんの発生に関与していることが明らかなものの、その発がん過程での寄与率が不明瞭な遺伝子の機能解析を組織ごとにすることで、新規がん抑制遺伝子の機能的な同定をすることさらに、それらの組合せによって多段階的に進展していく発がん過程を再現することを目的としている。
    <BR>
    ドライバー変異の機能解析結果からがん腫瘍形成に関与している因子の絞り込みを行い、申請者はそれらの組合せによってがんを誘導する遺伝子欠損の組合せの決定を実施中である。実施が比較的容易な遺伝子の欠損を起こすことで、表現型が確認される遺伝子変異に注目して実験を行っている。計画段階で選択した遺伝子の解析だけでなく、他組織に対する遺伝子にも標的を広げ、CRISPR-Cas9を用いた遺伝子抑制実験を実施している。さらに遺伝子欠損の組合せによる多段階発がんの実験も同時並行で行っている。
    当初予定していた、肝臓がんに対する遺伝子だけでなく、より顕著な表現型を確認することができる肺の上皮細胞を用いた検討にも着手しており、そちらの検討でより良好な結果が得られたため、CRISPR-Cas9を用いてがん抑制遺伝子を抑制し、肺の腺がん細胞の源と考えられている小気道上皮細胞、および肺の扁平上皮がんの元と考えられている肺の気管上皮細胞に対して、CRISPR-Cas9で遺伝子の抑制を行うことで、細胞ごとのがん抑制遺伝子の差や発がんへの寄与率を比較検討することが可能になり、より多くの情報を得ることが可能になると期待されたため、そちらの検討も行っている。これらの実験で、同時にがんの元となる細胞の再検証も可能になり、多段階発がんに関与する遺伝子の組合せの同定も同時に進めている。そのため、当初の予定よりもやや遅れている。しかしながら、それらの実験結果は当初予定していたものよりも、重要かつ多くの発がんに対する知見を得られることが強く期待でき、そちらに方向転換することに大きな意義があると申請者は考えている。
    対象とする細胞の種類を増やしたことによって、CRISPR-Cas9で抑制する遺伝子群は変更になったが、研究の手技的には大きな変化はない。細胞ごとに遺伝子を抑制していき、細胞の増殖率の変化を検証すること、さらには組合せによって、発がんに実質的に寄与する遺伝子およびその組合せの探索を細胞ごとに進めていく。細胞が発がんに至るまでの遺伝子変異の組合せを同定することで、それらを段階的に導入し、多段階的な発がん過程を再現すること、ならびに細胞が浸潤能や転移能を有する上での必須な遺伝子の組合せを網羅的に同定することで、これまでの大規模ながんゲノム解析データから得られた情報を実験的に検証していく。

  • 膵発がん初期バイオマーカーとなる血中マイクロRNAの同定

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 松崎 潤太郎, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究は、初代分離培養した膵外分泌細胞に対して低分子化合物を曝露させ、in vitroでパーシャルリプログラミングを行って膵前駆細胞を樹立し、この細胞に胆汁酸によるストレス刺激を与えることで膵発がん初期の環境をin vitroでモデル化し、膵発がん超初期のバイオマーカーとなるmicroRNAの同定を試みるものである。我々はラットおよびマウスの膵外分泌細胞を用いて、特定の低分子化合物のコンビネーションが膵前駆細胞を誘導することを見出したが、一方で誘導された膵前駆細胞の性能を、Pdx1やNkx6.1といったマーカー分子で評価したところ、実験ロットによって均質でないことを見出した。そこでsingle cell sortingによって、膵前駆細胞としてより機能的に優れた細胞のクローン化を試み、これに成功した。驚くべきことに、この膵前駆細胞は特定の培養環境下においてインスリンを分泌する細胞にも分化し得た。また膵外分泌細胞よりDBAレクチンを用いて分取した膵管上皮細胞が膵前駆細胞の由来細胞であることも見出した。
    機能的に優れた膵前駆細胞のクローニングに成功した。この細胞に胆汁酸を曝露した際に濃度依存的に変動する細胞内/細胞外マイクロRNAのマイクロアレイ解析も完了し、データ解析を進めている。
    胆汁酸曝露により変動するマイクロRNA候補を同定し、すでに完成しているヒト血清マイクロRNAデータベースと照合することにより、膵がん早期診断マーカーとしてのポテンシャルに優れたマイクロRNAを絞り込む。胆汁酸曝露によるマイクロRNA発現調節機序を解析する。

  • 低分子化合物によるヒト成体肝細胞からの肝前駆細胞の作製

    2016年04月
    -
    2018年03月

    国立研究開発法人国立がん研究センター, 勝田 毅, 落谷 孝広, 松崎 潤太郎, 齋藤 義正, 竹内 敦子, 山田 泰弘, 山口 智子, 保坂 和徳, 若手研究(B)

     研究概要を見る

    本研究では,ラット・マウスの成熟肝細胞を前駆細胞へとリプログラミングできることを確かめている低分子化合物を用いて,ヒト肝細胞も同様にリプログラミングできるかどうか,またそのようにして得られた肝前駆細胞(ヒトCLiP)が,肝臓再生に寄与しうるかどうかを検討することを目的とした.主な成果は以下の通りとなる.(1)乳幼児肝細胞からヒトCLiPを誘導できた.(2)ヒトCLiPから分化誘導した肝細胞はCYP活性を示した.(3)ヒトCLiPは慢性肝疾患モデルマウスの肝臓を高効率に置換し,移植後のキメラ肝臓から取り出したヒト肝細胞は初代成熟肝細胞と同等レベルの代謝能を示した.

  • 食道腺がんのアディポサイトカイン応答におけるmiR-221/222の機能の解明

    2014年04月
    -
    2016年03月

    慶應義塾大学, 松崎 潤太郎, 津川 仁, 鈴木 秀和, 若手研究(B)

     研究概要を見る

    欧米で急増している食道腺がんは、胆汁酸の食道内への逆流が主要因である。また中心性肥満は食道腺がんの主要なリスク因子である。一般に中心性肥満の進行に伴い血中アディポネクチンが低下する。一方、我々は胆汁酸刺激が核内胆汁酸受容体FXRの活性化およびmiR-221/222の亢進を介して発がん促進に寄与することを報告していたが、今回さらにmiR-221/222がCOX-2発現を増加させることを見出した。更にアディポネクチンはこのCOX-2上昇を是正する作用があるがわかった。この結果は、中心性肥満を有する食道腺がんハイリスク症例にはアディポネクチン受容体作動薬による化学予防が有効である可能性を示唆した。

  • 食道腺がん治療標的としてのCDX2分解系とmiR-221/222の重要性の解明

    2011年04月
    -
    2012年03月

    慶應義塾大学, 松崎 潤太郎, 若手研究(B)

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会奨励賞

    2020年

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • the 15th Korea-Japan Joint Symposium on Helicobacter infection Young Investigator Award

    2018年

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • United European Gastroenterology Week (UEGW) 2016 Poster of Excellence

    2016年

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第18回日本神経消化器病学会・第6回IBS研究会・第84回消化器心身医学研究会・第10回機能性ディスペプシア研究会合同学術集会 並木賞

    2016年

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 4th Biennial Congress of Asian Neurogastroenterology & Motility Association (ANMA) Best Poster Presentation Award

    2015年

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 課題研究(薬物治療学)

    2021年度

  • 演習(薬物治療学)

    2021年度

  • 卒業研究1(薬学科)

    2021年度

  • 実務実習事前学習(実習)

    2021年度

  • フィジカルアセスメントと画像検査

    2021年度

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年
    -
    継続中

    日本微小循環学会評議員

  • 2018年
    -
    継続中

    日本ヘリコバクター学会代議員