涌井 昌俊 (ワクイ マサトシ)

Wakui, Masatoshi

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 臨床検査医学教室 (信濃町)

職名

准教授

外部リンク

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • (兼務所属)慶應義塾大学病院臨床研究推進センター, 再生医療等支援部門, センター員

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年
    -
    1991年

    慶應義塾大学医学部研修医(内科)

  • 1991年
    -
    1993年

    慶應義塾大学医学部助手(専修医)(内科学)

  • 1991年
    -
    1993年

    横浜市立市民病院内科

  • 1993年
    -
    1995年

    慶應義塾大学医学部内科学教室血液研究室(専修医)

  • 1995年
    -
    1997年

    慶應義塾大学助手(医学部内科学)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1989年03月

    慶應義塾大学, 医学部, 医学科

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 論文, 2006年09月

    Genetic dissection of systemic lupus erythematosus pathogenesis : partial functional complementation between Sle1 and Sle3/5 demonstrates requirement for intracellular coexpression for full phenotypic expression of lupus(全身性エリテマトーデスの成因に関する遺伝学的解析 : Sle1とSle3/5の部分的機能補完は、完全なループス表現型発現のために細胞内共発現が要求されることを示す)

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本専門医機構基本領域臨床検査専門医, 日本専門医機構による認定, 2023年01月

  • 臨床研修指導医, 第16回慶應義塾大学病院臨床研修指導医養成WS受講

  • 医師免許, 1989年05月

  • 臨床検査専門医, 日本臨床検査医学会認定, 2017年09月

  • 臨床検査管理医, 2017年12月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / ゲノム生物学

  • ライフサイエンス / 病態医化学

  • ライフサイエンス / 免疫学

  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学

  • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 症候編「出血傾向」

    2024年

    担当範囲: 印刷中 原著者: 涌井昌俊

  • 遺伝子検査技術〜遺伝子分析科学認定士テキスト〜改訂第3版

    公益社団法人 日本臨床検査同学院編, 宇宙堂八木書店, 2023年03月

    担当範囲: 血液学

  • 標準臨床検査医学(第5版)

    高木康、山田俊幸編, 医学書院, 2023年02月

  • スタンダード検査血液学(第4版)

    日本検査血液学会編, 医歯薬出版株式会社, 2021年04月

  • 検査値の読み方・考え方〜専門医からのアドバイス(第3版)

    涌井 昌俊, 総合医学社, 2021年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Diminished neutralizing activity against the XBB1.5 strain in 55.9% of individuals post 6 months COVID-19 mRNA booster vaccination: Insights from a pseudovirus assay on 1,353 participants in the Fukushima Vaccination Community Survey, Japan

    Zhao T, Tani Y, Makino-Okamura C, Takita M, Yamamoto C, Kawahara E, Abe T, Sugiura S, Yoshimura H, Uchiyama T, Yamazaki I, Ishigame H, Wakui M, Fukuyama H, Tsubokura M

    Front Immunol (Frontiers in Immunology)  15   1337520 2024年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    This study investigates the neutralizing activity against the XBB1.5 variant and the ancestral strain in a population post-bivalent vaccination using a pseudo virus assay validated with authentic virus assay. While bivalent booster vaccination and past infections enhanced neutralization against the XBB 1.5 strain, individuals with comorbidities showed reduced responses. The study suggests the need for continuous vaccine updates to address emerging SARS-CoV-2 variants and highlights the importance of monitoring real-world immune responses.

  • 特集:血栓・塞栓症の臨床 血液検査

    涌井昌俊

    日本臨床 (日本臨床社)  82 ( 2 ) 148 - 154 2024年02月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者, 責任著者

  • ホットトピックス:凝固(出血)分野

    涌井昌俊、長江千愛、武山雅博

    血栓止血誌 35 ( 1 ) 印刷中 2024年

    研究論文(学術雑誌), 筆頭著者, 責任著者

  • PRMT1 methylates PHGDH to sustain de novo fatty acid synthesis for the acquisition of chemoresistance in triple-negative breast cancer cells

    Yamamoto T *, Hayashida T#, Masugi Y, Oshikawa K, Hayakawa N, Itoh M, Nishime C, Suzuki M, Nagayama A, Kawai Y, Hishiki T, Matsuura T, Naito Y, Kubo A, Yamamoto A, Yoshioka Y, Kurahori T, Nagasaka M, Takizawa M, Takano N, Kawakami K, Sakamoto M, Wakui M, Yamamoto T, Kitagawa Y, Kabe Y, Horisawa K, Suzuki A, Matsumoto M, Suematsu M *

    Cancer Res (Cancer Research)  in press ( 7 ) 1065 - 1083 2024年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00085472

     概要を見る

    Triple-negative breast cancer (TNBC) chemoresistance hampers the ability to effectively treat patients. Identification of mechanisms driving chemoresistance can lead to strategies to improve treatment. Here, we revealed that protein arginine methyltransferase-1 (PRMT1) simultaneously methylates D-3-phosphoglycerate dehydrogenase (PHGDH), a critical enzyme in serine synthesis, and the glycolytic enzymes PFKFB3 and PKM2 in TNBC cells. 13C metabolic flux analyses showed that PRMT1-dependent methylation of these three enzymes diverts glucose toward intermediates in the serine-synthesizing and serine/glycine cleavage pathways, thereby accelerating the production of methyl donors in TNBC cells. Mechanistically, PRMT1-dependent methylation of PHGDH at R54 or R20 activated its enzymatic activity by stabilizing 3-phos-phoglycerate binding and suppressing polyubiquitination. PRMT1-mediated PHGDH methylation drove chemoresistance independently of glutathione synthesis. Rather, activation of the serine synthesis pathway supplied a-ketoglutarate and citrate to increase palmitate levels through activation of fatty acid synthase (FASN). Increased palmitate induced protein S-palmitoylation of PHGDH and FASN to further enhance fatty acid synthesis in a PRMT1-dependent manner. Loss of PRMT1 or pharmacologic inhibition of FASN or protein S-palmitoyltransferase reversed chemoresistance in TNBC. Furthermore, IHC coupled with imaging MS in clinical TNBC specimens substantiated that PRMT1-mediated methylation of PHGDH, PFKFB3, and PKM2 correlates with chemoresistance and that metabolites required for methylation and fatty acid synthesis are enriched in TNBC. Together, these results suggest that enhanced de novo fatty acid synthesis mediated by coordinated protein arginine methylation and protein S-palmitoylation is a therapeutic target for overcoming chemoresistance in TNBC. Significance: PRMT1 promotes chemoresistance in TNBC by methylating metabolic enzymes PFKFB3, PKM2, and PHGDH to augment de novo fatty acid synthesis, indicating that targeting this axis is a potential treatment strategy.

  • 古くて新しい包括的凝固関連検査〜凝固波形解析の現状と展望〜

    涌井昌俊

    日本臨床検査医学会誌(旧・臨床病理) 72 ( 1 ) 29 - 34 2024年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者, 責任著者

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Editorial

    涌井昌俊

    血栓止血誌 34 ( 1 ) 3 - 3 2023年02月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌), 単著, 筆頭著者, 責任著者

  • ジャーナルクラブ:Platelets mediate inflammatory monocyte activation by SARS-CoV-2 spike protein(SARS-CoV-2スパイクタンパクによって血小板は炎症性単球の活性化をもたらす)

    涌井昌俊

    血栓止血誌 34 ( 3 ) 399 - 402 2023年

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

  • ジャーナルクラブ:Platelets enhance CD4+ central memory T cell responses via platelet factor 4-dependent mitochondrial biogenesis and cell proliferation(血小板は血小板第4因子に依存するミトコンドリア生合成と細胞増殖を介してCD4+ セントラルメモリーT細胞応答を増強する)

    涌井昌俊

    (血栓止血誌)  33 ( 6 ) 736 - 739 2022年12月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌), 単著

     概要を見る

    論文紹介

  • ACB論文紹介5:種々の定量的抗体検査を用いたCOVID-19の液性免疫応答の解析

    涌井昌俊

    臨床化学 51 ( 3 ) 261 - 261 2022年07月

    速報,短報,研究ノート等(学術雑誌), 単著

     概要を見る

    論文紹介

  • 出血性素因

    涌井 昌俊

    臨床検査 (医学書院)  印刷中 2019年

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • CWAパラメータの再考と検証

    涌井昌俊

    第18回日本血栓止血学会学術標準化委員会(SSC)シンポジウム (東京) , 

    2024年02月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 日本血栓止血学会

  • 臨床検査の学際的貢献

    涌井昌俊

    第27回日本心療内科学会総会・学術集会 (東京) , 

    2023年12月

    口頭発表(招待・特別), 日本心療内科学会

  • 機械学習を用いた凝固波形と凝固異常の関係性についての検討

    門脇淳、和田一吉、鈴木優介、藤森祐多、岡周作、涌井昌俊

    第70回日本臨床検査医学会学術集会 (長崎) , 

    2023年11月

    口頭発表(一般), 日本臨床検査医学会

  • 診療検査データを利用した凝固波形解析の実臨床への応用のための基礎検討

    藤森祐多、涌井昌俊、岡周作、長田恵美里、尾﨑裕子、中村祥子、中川央充、荒井智子、横田浩充、松下弘道

    第70回日本臨床検査医学会学術集会 (長崎) , 

    2023年11月

    口頭発表(一般), 日本臨床検査医学会

  • ループス抗凝固因子キットLA試薬 DRVVTによる測定へのDOACおよびヘパリンの影響

    岡周作、涌井昌俊、五十嵐好、矢作かおり、藤森祐多、中村祥子、尾﨑裕子、長田恵美里、近藤佳乃、中川央充、松下弘道

    第70回日本臨床検査医学会学術集会 (長崎) , 

    2023年11月

    口頭発表(一般), 日本臨床検査医学会

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 凝固波形解析の自動診断化:血液凝固異常診療のデジタルトランスフォーメーション

    2023年04月
    -
    2026年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金), 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • 尿中非抱合型ステロイドによる21水酸化酵素欠損症鑑別法の確立

    2023年
    -
    継続中

    一般社団法人日本臨床検査医学会, 学術推進プロジェクト研究助成, 研究代表者:中川充央、研究分担者:松下弘道、涌井昌俊、横田浩充、下門聖子、本間桂子, その他,  研究分担者

  • 人工知能を用いた凝固検査における直接阻害型経口抗凝固薬血中濃度の指標の探索

    2022年04月
    -
    2025年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金, 山崎昌子, 基盤研究(C), 補助金,  研究分担者

  • COVID-19重症化を特徴付ける早期免疫代謝の解明と予後マーカーの探索

    2022年04月
    -
    2025年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金, 杉浦悠毅, 基盤研究(B), 補助金,  研究分担者

  • 日本の医療従事者におけるCOVID-19ワクチンの液性・細胞性免疫応答と副反応の研究

    2021年
    -
    継続中

    公益財団法人予防接種リサーチセンター, 公益財団法人予防接種リサーチセンター研究費事業, 上蓑義典(研究代表者)、涌井昌俊(研究分担者), 研究分担者

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 質量分析データ処理方法及び装置(分割出願)

    出願日: 特願2016-074892  2016年04月 

    公開日: 特開2016-153798  2016年08月 

    発行日: 特許第6207036号  2017年09月

    特許権, 共同

  • MASS-ANALYSYS DATA PROCESSING METHOD AND SYSTEM

    出願日: US. Patent Application NO.13/458,850  2012年04月 

    公開日: US. Patent Application Publication NO.US2012/0278037 A1  2012年11月 

    発行日: 特許番号10012572  2018年07月

    特許権, 共同

  • 質量分析データ処理方法及び装置

    出願日: 特願2012-102636  2012年04月 

    公開日: 特開2012-237753  2012年12月 

    発行日: 特許第6025141号  2016年10月

    特許権, 共同

  • 免疫応答修飾活性の試験管内評価方法

    出願日: JP2005019149  2005年10月 

    公開日: WO2006-054415  2006年05月 

    発行日: 4886521  2011年12月

    特許権, 共同

  • 移植片対宿主病の早期診断用オリゴヌクレオチド塩基配列

    出願日: 特願2000-324400  2000年10月 

    公開日: 特開2002-125679  2002年05月 

    特許権, 共同

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 学会抄録査読

    2024年

     内容を見る

    学会抄録査読(第32回 国際血栓止血学会)

  • 論文査読

    2024年

     内容を見る

    論文査読(Circulation)

  • 論文査読

    2023年

     内容を見る

    論文査読(日本臨床検査医学会誌(旧・臨床病理))

  • 論文査読

    2023年

     内容を見る

    論文査読(日本検査血液学会雑誌)

  • 論文査読

    2023年

     内容を見る

    論文査読 (International Journal of Hematology)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 急性期病態学各論

    2024年度

  • 臨床検査学講義

    2024年度

  • 先端医療技術

    2024年度

  • 急性期病態学各論

    2023年度

  • 臨床検査学講義

    2023年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 臨床検査学

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 講義, 専任

  • 臨床検査学

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    通年, 実習・実験

  • 臨床検査学

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    秋学期, 演習

  • 実験動物医学

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 講義

  • 基礎腫瘍学

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 講義

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • OSCE内部評価者

    2020年
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • 医療系三学部合同教育

    2018年
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • 病院での臨床検査. 第1版, 東京:慶應義塾大学薬学部

    2013年

    , 教科書・教材の開発

  • 医学部カリキュラム委員会

    2010年
    -
    2014年

    , その他特記事項

  • 医学部入試試験監督

    2010年

    , その他特記事項

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 季刊学術情報誌「Vita」編集委員

    BML, 季刊学術情報誌「Vita」, 

    2023年09月
    -
    継続中
  • 日本臨床検査専門学院第46期(令和3年度)血液学コースカリキュラム

    一般社団法人 日本衛生検査所協会

    2021年
    -
    継続中
  • 『臨床検査』誌編集委員

    医学書院

    2019年11月
    -
    継続中
  • 2019年度慶應連合三田会大会実行委員(救護部会)

    2019年度慶應連合三田会大会実行委員会, 2019年度慶應連合三田会大会 (慶應義塾大学 日吉キャンパス)

    2019年10月
  • 『臨床検査』誌ゲストエディター

    医学書院, 臨床検査, 

    2019年
    -
    継続中

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • APAC Customer Focus Group Session

    Roche Diagnostics International Ltd,  (オンライン開催) , 2021年07月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床化学会, 

    2019年01月
    -
    継続中
  • 日本臨床検査専門医会, 

    2018年01月
    -
    継続中
  • 日本医用マススペクトル学会, 

    2018年
    -
    継続中
  • 国際検査血液学会, 

    2016年
    -
    継続中
  • 慶應医学会, 

    1989年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2024年03月
    -
    継続中

    日本検査血液学会血栓止血検査標準化委員会 委員, 日本検査血液学会

  • 2024年03月
    -
    継続中

    日本検査血液学会凝固検査用サンプル取扱い標準化WG 委員, 日本検査血液学会

  • 2024年
    -
    継続中

    第46回日本血栓止血学会学術集会 プログラム委員, 日本血栓止血学会

  • 2023年11月
    -
    継続中

    保険診療委員会 委員, 日本臨床検査医学会

  • 2023年10月

    ワークショップ座長, 第64回日本脈管学会学術総会

全件表示 >>