涌井 昌俊 (ワクイ マサトシ)

Wakui, Masatoshi

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 臨床検査医学教室 (信濃町)

職名

准教授

外部リンク

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • (兼務所属)慶應義塾大学病院臨床研究推進センター, 再生医療等支援部門, センター員

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年
    -
    1991年

    慶應義塾大学医学部研修医(内科)

  • 1991年
    -
    1993年

    慶應義塾大学医学部助手(専修医)(内科学)

  • 1991年
    -
    1993年

    横浜市立市民病院内科

  • 1993年
    -
    1995年

    慶應義塾大学医学部内科学教室血液研究室(専修医)

  • 1995年
    -
    1997年

    慶應義塾大学助手(医学部内科学)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1989年03月

    慶應義塾大学, 医学部, 医学科

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 論文, 2006年09月

    Genetic dissection of systemic lupus erythematosus pathogenesis : partial functional complementation between Sle1 and Sle3/5 demonstrates requirement for intracellular coexpression for full phenotypic expression of lupus(全身性エリテマトーデスの成因に関する遺伝学的解析 : Sle1とSle3/5の部分的機能補完は、完全なループス表現型発現のために細胞内共発現が要求されることを示す)

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 臨床研修指導医, 第16回慶應義塾大学病院臨床研修指導医養成WS受講

  • 医師免許, 1989年05月

  • 臨床検査専門医, 2017年09月

  • 臨床検査管理医, 2017年12月

  • 日本血栓止血学会認定医, 2020年

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / ゲノム生物学

  • ライフサイエンス / 病態医化学

  • ライフサイエンス / 免疫学

  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学

  • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子分析科学認定士教本

    福地邦彦編, 宇宙堂八木書店, 2022年

  • 標準臨床検査医学(第5版)

    高木康、山田俊幸編, 医学書院, 2022年

  • スタンダード検査血液学(第4版)

    日本検査血液学会編, 医歯薬出版株式会社, 2021年04月

  • 検査値の読み方・考え方〜専門医からのアドバイス(第3版)

    涌井 昌俊, 総合医学社, 2021年

  • 臨床検査ガイド2020〜2021

    2019年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • プロトロンビン時間(PT)の試薬特性

    涌井昌俊

    検査と技術 (医学書院)  50 ( 7 ) 728 - 734 2022年07月

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • COVID-19の免疫とワクチン

    涌井昌俊

    The Lipid 33 ( 1 ) 14 - 22 2022年04月

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • Response kinetics of different classes of antibodies to SARS-CoV2 infection in the Japanese population: the IgA and IgG titers increased earlier than the IgM titers

    KuranoM, Morita Y, Nakano Y, Yokoyama R, Shimura T, Qian C, Xia F, He F, Zheng L, Ohmiya H, Kishi Y, Okada J, Yoshikawa N, Nakajima K, Nagura Y, Okazaki H, Jubishi D, Moriya K, Seto Y, Yasui F, Kohara M, Wakui M, Kawamura T, Kodama T, Yatomi Y

    Int Immunopharmacol (International Immunopharmacology)  103   1089491 2022年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  15675769

     概要を見る

    To better understand the immune responses to severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) infection in individuals with COVID-19, it is important to investigate the kinetics of the antibody responses and their associations with the clinical course in different populations, since there seem to be considerable differences between Western and Asian populations in the clinical features and spread of COVID-19. In this study, we serially measured the serum titers of IgM, IgG and IgA antibodies generated against the nucleocapsid protein (NCP), S1 subunit of the spike protein (S1), and receptor-binding domain in the S1 subunit (RBD) of SARS-CoV-2 in Japanese individuals with COVID-19. Among the IgM, IgG, and IgA antibodies, IgA antibodies against all of the aforementioned viral proteins were the first to appear after the infection, and IgG and/or IgA seroconversion often preceded IgM seroconversion. In regard to the timeline of the antibody responses to the different viral proteins (NCP, S1 and RBD), IgA against NCP appeared than IgA against S1 or RBD, while IgM and IgG against S1 appeared earlier than IgM/IgG against NCP or RBD. The IgG responses to all three viral proteins and responses of all three antibody classes to S1 and RBD were sustained for longer durations than the IgA/IgM responses to all three viral proteins and responses of all three antibody classes to NCP, respectively. The seroconversion of IgA against NCP occurred later and less frequently in patients with mild COVID-19. These results suggest possible differences in the antibody responses to SARS-CoV-2 antigens between the Japanese and Western populations.

  • Young age, female sex, and presence of systemic adverse reactions are associated with high post-vaccination antibody titer after two doses of BNT162b2 mRNA SARS-CoV-2 vaccination: An observational study of 646 Japanese healthcare workers and university staff

    Uwamino Y, Kurafuji T, Sato Y, Tomita Y, Shibata A, Tanabe A, Yatabe Y, Noguchi M, Sakai A, Noguchi M, Arai T, Ohno A, Yokota H, Yamasawa W, Uno S, Nishimura T, Hasegawa N, Saya H, Wakui M*, Murata M

    Vaccine (Vaccine)  40 ( 7 ) 1019 - 1025 2022年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0264410X

     概要を見る

    Background: SARS-CoV-2 vaccination has started worldwide, including Japan. Although high rates of vaccine response and adverse reactions of BNT162b2 vaccine have been reported, knowledge about the relationship between sex differences and antibody response is limited. Furthermore, it is uncertain whether adverse reactions are associated with the vaccine response. Methods: This prospective observational study included 673 Japanese participants working in a medical school and its affiliated hospital in Tokyo, Japan (UMIN000043340). Serum samples were collected before the first dose and three weeks after the second dose of BNT162b2 vaccine, and antibody titers against the receptor-binding domain of the spike protein of SARS-CoV-2 were measured. Answers to questionnaires about background characteristics and adverse reactions were obtained at the time of sample collection, and the relationship between antibody titers was analyzed. Results: After excluding participants who did not complete receiving two doses of vaccination or two series of serum sample collection, 646 participants were analyzed. Although all participants became sero-positive after vaccination, antibody titers were highly variable among individuals (260.9–57,399.7A U/mL), with a median titer of 13478.0AU/mL. Mean titer was higher in females than in males and higher in young (≤45 years old) participants than in aged (>45 years old) participants. Participants who experienced adverse reactions demonstrated a higher antibody titer after vaccination than those without adverse reactions. Multivariable analysis demonstrated that young age, female sex, and adverse reactions after the second dose were independently related to higher antibody titers after the second dose. Discussion: A favorable antibody response was observed after two doses of BNT162b2 vaccination among mostly healthy Japanese participants, especially among female and young participants. Although further investigation is essential, our results imply that the systemic adverse reactions (i.e., fever and general fatigue) are associated with a higher antibody response that indicates the acquisition of humoral immunity.

  • 凝固波形解析

    涌井昌俊

    血栓止血誌 33 ( 1 ) 69 - 74 2022年02月

    研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 出血性素因

    涌井 昌俊

    臨床検査 (医学書院)  印刷中 2019年

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 静脈血栓症と臨床検査

    藤森祐多、涌井昌俊、村田満

    カレントテラピー (ライフメディコム社)  印刷中 2019年

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • いま問われる「学問の独立」:大学を取りまく社会と学問(座談会)

    粂川麻里生、涌井昌俊、中室牧子、駒村圭吾

    三田評論 (慶應義塾大学出版会)   ( 1195 ) 10 - 24 2015年12月

    その他, 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 凝固波形解析の課題と展望:実臨床への応用に向けて(仮)

    涌井昌俊

    第62回日本臨床化学会年次学術集会 (冨山) , 

    2022年09月
    -
    2022年10月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 日本臨床化学会

  • 凝固波形解析(CWA)に及ぼすAPTT試薬組成の影響

    門脇淳、涌井昌俊、藤森祐多、片桐尚子、岡周作、尾﨑裕子、村田満

    第23回日本検査血液学会学術集会 (東京) , 

    2022年07月

    口頭発表(一般), 日本検査血液学会

  • t(14;18)転座を有する白血化したHigh-grade B-cell lymphomaの1例

    森勇人、谷田部陽子、荒木美香、尾﨑裕子、荒井智子、横田浩充、加藤淳、辻川華子、涌井昌俊、三ツ橋雄之、村田満

    第23回日本検査血液学会学術集会 (東京) , 

    2022年07月

    口頭発表(一般), 日本検査血液学会

  • 日常検査導入のために実施したレボヘムAPTT SLAの基礎的検討

    森文香、岡周作、荒木美香、谷田部陽子、荒井智子、三ツ橋雄之、涌井昌俊、村田満

    第23回日本検査血液学会学術集会 (東京) , 

    2022年07月

    口頭発表(一般), 日本検査血液学会

  • In vitro effects of colloidal silica on clotting of plasma with or without coagulation factor deficiencies, heparization, lupus anticoagulant positivity, or high fibrinogen concentration

    Kadowaki A, Wakui M, Fujimori Y, Katagiri H, Murata M

    The 30th International Society on Thrombosis and Haemostasis (ISTH) Congress (ISTH2022) (London) , 

    2022年07月

    ポスター発表, International Society on Thrombosis and Haemostasis (ISTH)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 人工知能を用いた凝固検査における直接阻害型経口抗凝固薬血中濃度の指標および標準化の探索

    2022年04月
    -
    2025年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金, 山崎昌子, 基盤研究(C), 補助金,  研究分担者

  • COVID-19重症化患者を特徴付ける早期免疫代謝の解明と、その予後マーカーとしての活用

    2022年04月
    -
    2025年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金, 杉浦悠毅, 基盤研究(B), 補助金,  研究分担者

  • 日本の医療従事者におけるCOVID-19ワクチンの液性・細胞性免疫応答と副反応の研究

    2021年
    -
    継続中

    公益財団法人予防接種リサーチセンター, 公益財団法人予防接種リサーチセンター研究費事業, 上蓑義典(研究代表者)、涌井昌俊(研究分担者), 研究分担者

  • Exploration into the nature of direct oral anticoagulants (DOACs) from the perspective of laboratory hematology and its application to the management of bleeding risk on medication

    2017年04月
    -
    2019年03月

    (株)ブリストル・マイヤーズ スクイブ/(株)ファイザー, 血栓症領域における医師主導研究プログラム(JRISTA), 涌井昌俊, 研究代表者

  • 悪性胸膜中皮腫に対するゾレドロン酸によるオートファジー誘導薬物療法

    2014年04月
    -
    2017年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 朝倉啓介, 研究分担者

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 質量分析データ処理方法及び装置(分割出願)

    出願日: 特願2016-074892  2016年04月 

    公開日: 特開2016-153798  2016年08月 

    発行日: 特許第6207036号  2017年09月

    特許権, 共同

  • MASS-ANALYSYS DATA PROCESSING METHOD AND SYSTEM

    出願日: US. Patent Application NO.13/458,850  2012年04月 

    公開日: US. Patent Application Publication NO.US2012/0278037 A1  2012年11月 

    発行日: 特許番号10012572  2018年07月

    特許権, 共同

  • 質量分析データ処理方法及び装置

    出願日: 特願2012-102636  2012年04月 

    公開日: 特開2012-237753  2012年12月 

    発行日: 特許第6025141号  2016年10月

    特許権, 共同

  • 免疫応答修飾活性の試験管内評価方法

    出願日: JP2005019149  2005年10月 

    公開日: WO2006-054415  2006年05月 

    発行日: 4886521  2011年12月

    特許権, 共同

  • 移植片対宿主病の早期診断用オリゴヌクレオチド塩基配列

    出願日: 特願2000-324400  2000年10月 

    公開日: 特開2002-125679  2002年05月 

    特許権, 共同

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 論文査読

    2022年

     内容を見る

    論文査読 (International Journal of Hematology)

  • 論文査読

    2022年

     内容を見る

    論文査読(日本検査血液学会雑誌)

  • 新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)抗体検出試薬・中和抗体検出試薬の開発

    2021年08月

     内容を見る

    産学連携事業成果物(株式会社医学生物学研究所との共同研究):新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)抗体検出試薬・中和抗体検出試薬の開発(慶應義塾大学医学部プレスリリース:https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2021/8/18/28-81777/)

  • 論文査読

    2021年

     内容を見る

    論文査読(International Journal of Hematology)

  • 論文査読

    2021年

     内容を見る

    論文査読(Inflammation and Regeneration)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 臨床検査学講義

    2022年度

  • 先端医療技術

    2022年度

  • 臨床検査学講義

    2021年度

  • 先端医療技術

    2021年度

  • 先端医療技術(看護医療学部)

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 臨床検査学

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 講義, 専任

  • 臨床検査学

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    秋学期, 演習

  • 実験動物医学

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 講義

  • 基礎腫瘍学

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 講義

  • 臨床検査学

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    通年, 実習・実験

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • OSCE内部評価者

    2020年
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • 医療系三学部合同教育

    2018年
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • 病院での臨床検査. 第1版, 東京:慶應義塾大学薬学部

    2013年

    , 教科書・教材の開発

  • 医学部カリキュラム委員会

    2010年
    -
    2014年

    , その他特記事項

  • 医学部入試試験監督

    2010年

    , その他特記事項

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床検査専門学院第46期(令和3年度)血液学コースカリキュラム

    一般社団法人 日本衛生検査所協会

    2021年
    -
    継続中
  • 『臨床検査』誌編集委員

    医学書院

    2019年11月
    -
    継続中
  • 2019年度慶應連合三田会大会実行委員(救護部会)

    2019年度慶應連合三田会大会実行委員会, 2019年度慶應連合三田会大会 (慶應義塾大学 日吉キャンパス)

    2019年10月
  • 『臨床検査』誌ゲストエディター

    医学書院, 臨床検査, 

    2019年
    -
    継続中
  • Craif社(旧Icaria社) 社外アドバイザー(臨床分野)

    2018年12月
    -
    継続中

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • APAC Customer Focus Group Session

    Roche Diagnostics International Ltd,  (オンライン開催) , 2021年07月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床化学会, 

    2019年01月
    -
    継続中
  • 日本臨床検査専門医会, 

    2018年01月
    -
    継続中
  • 日本医用マススペクトル学会, 

    2018年
    -
    継続中
  • 国際検査血液学会, 

    2016年
    -
    継続中
  • 慶應医学会, 

    1989年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年11月

    シンポジウム座長, 第69回日本臨床検査医学会学術集会

  • 2022年09月
    -
    2022年10月

    一般演題(ポスター発表)座長, 第62回日本臨床化学会年次学術集会

  • 2022年09月

    シンポジウム座長, 第62回日本臨床化学会年次学術集会

  • 2022年07月

    一般演題(口演)座長 , 日本検査血液学会第23回学術集会

  • 2022年06月

    一般演題(口演)座長 , 日本血栓止血学会第44回学術集会

全件表示 >>