涌井 昌俊 (ワクイ マサトシ)

Wakui, Masatoshi

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 臨床検査医学教室 (信濃町)

職名

専任講師

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • (兼務所属)慶應義塾大学病院臨床研究推進センター, 再生医療等支援部門, センター員

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年
    -
    1991年

    慶應義塾大学医学部研修医(内科)

  • 1991年
    -
    1993年

    慶應義塾大学医学部助手(専修医)(内科学)

  • 1991年
    -
    1993年

    横浜市立市民病院内科

  • 1993年
    -
    1995年

    慶應義塾大学医学部内科学教室血液研究室(専修医)

  • 1995年
    -
    1997年

    慶應義塾大学助手(医学部内科学)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1989年03月

    慶應義塾大学, 医学部, 医学科

    日本, 大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 論文, 2006年09月

    Genetic dissection of systemic lupus erythematosus pathogenesis : partial functional complementation between Sle1 and Sle3/5 demonstrates requirement for intracellular coexpression for full phenotypic expression of lupus(全身性エリテマトーデスの成因に関する遺伝学的解析 : Sle1とSle3/5の部分的機能補完は、完全なループス表現型発現のために細胞内共発現が要求されることを示す)

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 臨床研修指導医, 第16回慶應義塾大学病院臨床研修指導医養成WS受講

  • 医師免許, 1989年05月

  • 臨床検査専門医, 2017年09月

  • 臨床検査管理医, 2017年12月

  • 日本血栓止血学会認定医, 2020年

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍生物学

  • 腫瘍診断学

  • ゲノム医科学

  • 病態医化学

  • 免疫学

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 臨床検査ガイド2020〜2021

    2019年,  ページ数: 印刷中

  • 看護に役立つ検査値の読み方・考え方

    涌井 昌俊, 総合医学社, 2015年

  • 臨床検査ガイド2015〜2016

    涌井 昌俊, 文光堂, 2015年

  • 検査値の読み方・考え方〜専門医からのアドバイス

    涌井 昌俊, 総合医学社, 2014年

  • 病院での臨床検査

    涌井 昌俊, 慶應義塾大学薬学部, 2013年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Application of clot-fibrinolysis waveform analysis to assessment of in vitro effects of direct oral anticoagulants on fibrinolysis

    Oka S., Wakui M., Fujimori Y., Kuroda Y., Nakamura S., Kondo Y., Nakagawa T., Katagiri H., Murata M.

    International Journal of Laboratory Hematology (International Journal of Laboratory Hematology)  42 ( 3 ) 292 - 298 2020年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  17515521

     概要を見る

    © 2020 John Wiley & Sons Ltd Introduction: Acceleration of fibrinolysis by direct oral anticoagulants (DOACs) has been reported by several groups, suggesting contribution of not only anticoagulant but also fibrinolytic effects to the therapeutic efficacy. The present study aims to evaluate the usability of clot-fibrinolysis waveform analysis (CFWA) for assessment of in vitro effects of DOACs on fibrinolysis. Methods: The experimental conditions were optimized according to how t-PA concentrations and a time length after t-PA adjustment affect parameters of CFWA. Addition of the activated partial thromboplastin time (APTT) reagent followed by that of calcium and t-PA was done to obtain clotting and fibrinolytic reaction curves which were mathematically differentiated for CFWA (APTT-CFWA). The positive and negative modes of waveforms were defined as the direction toward fibrin generation and that toward fibrin degradation, respectively. The maximum positive and negative values (Maxp1 and Maxn1) correspond to the maximum coagulation velocity and the maximum fibrinolysis velocity, respectively. Plasma spiked with each of DOACs (rivaroxaban, apixaban, edoxaban, and dabigatran) was subjected to APTT-CFWA. Results: Optimization of t-PA use was based on Maxn1. Roughly biphasic effects of rivaroxaban and dabigatran but not apixaban or edoxaban on fibrinolysis were observed through Maxn1 and the fibrinolysis peak time, which was defined as a time length from the time when Maxp1 (Maxp1 time) to the time when Maxn1 appears (Maxn1 time). Conclusion: The results suggest the usability of CFWA for assessment of DOAC effects and provide insights into relevance of anticoagulation to therapeutic efficacy and bleeding risk from the perspective of fibrinolysis.

  • CWAによる基礎的検討

    涌井昌俊

    Thrombosis Medicine (先端医学社)  10 ( 1 ) 45 - 54 2020年03月

    研究論文(その他), 単著, 査読無し

  • Effect of refrigeration of blood samples in lithium-heparin tubes on QuantiFERON TB Gold Plus test result

    Uwamino Y., Sakai A., Nishimura T., Noguchi M., Uno S., Fujiwara H., Mori M., Wakui M., Murata M., Hasegawa N.

    Journal of Infection and Chemotherapy (Journal of Infection and Chemotherapy)  26 ( 3 ) 312 - 314 2020年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1341321X

     概要を見る

    © 2019 Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases The QuantiFERON TB Gold Plus (QFT-Plus) test is a newly approved interferon-gamma releasing assay test for detecting latent tuberculosis. Although blood samples for QFT test can be refrigerated for 48 h in lithium-heparin tubes according to package inserts, no published data are available on the effects of sample refrigeration on the test results. We conducted a clinical study that aimed to elucidate whether sample refrigeration for 48 h affects QFT-Plus test results. We collected 2 blood samples each from 40 participants for QFT-Plus; one sample was refrigerated before incubation for QFT-Plus assay, while the other sample was incubated soon after collection and treated as control. After comparing QFT-Plus test results of refrigerated samples and control samples, the concordance rate and kappa coefficient between them were 95% and 0.90, respectively. Thus, blood samples for QFT-Plus test can be refrigerated for 48 h in lithium-heparin tubes without influencing the test results.

  • 臨床検査における質量分析法の可能性と落とし穴

    涌井昌俊、中川央充

    臨床検査 (医学書院)  64 ( 3 ) 262 - 271 2020年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し

  • 多様化する医学と医療に貢献するための臨床検査医学の専門性とは?

    涌井昌俊

    臨床病理 (日本臨床検査医学会)  印刷中 2020年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 出血性素因

    涌井 昌俊

    臨床検査 (医学書院)  印刷中 2019年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 静脈血栓症と臨床検査

    藤森祐多、涌井昌俊、村田満

    カレントテラピー (ライフメディコム社)  印刷中 2019年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • いま問われる「学問の独立」:大学を取りまく社会と学問(座談会)

    粂川麻里生、涌井昌俊、中室牧子、駒村圭吾

    三田評論 (慶應義塾大学出版会)   ( 1195 ) 10 - 24 2015年12月

    その他記事, 共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Characterization of degradation of serum parathyroid hormone by proteases

    Nakagawa T, Wakui M, Yokota R, Kurafuji T, Muramatsu S, Fujimori Y, Nakamura S, Kondo Y, Ozaki Y, Oka S, Homma K, Ohta A, Noguchi M, Katagiri H, Ohno A, Murata M

    The 72nd American Association for Clinical Chemistry (AACC) Annual Scientific Meeting (Chicago, Illinois) , 2020年12月, ポスター(一般), American Association for Clinical Chemistry (AACC)

  • DOAC-Stop処理によるAPTTへの影響と薬剤除去に関する基礎的検討

    尾﨑裕子、涌井昌俊、藤森祐多、近藤佳乃、岡周作、中村祥子、中川央充、天神卓郎、片桐尚子、村田満

    日本医療検査科学会第52回大会 (横浜) , 2020年09月, 口頭(一般), 日本医療検査科学会

  • メタクロマジー核酸染色によるRNP法TMを用いたCelltacG+試作機の網赤血球数算定の基礎性能評価

    荒井智子、片桐尚子、永井豊、近藤直美、谷田部陽子、大野明美、涌井昌俊、三ツ橋雄之、村田満

    第21回日本検査血液学会学術集会 (金沢) , 2020年07月, 口頭(一般), 日本検査血液学会

  • Influence of phpspholipids on the measurement of extended half-life factor VIII activity in one-stage clotting assay (accepted but the meeting was canceled due to Pandemic COVID-19)

    Fujimori Y, Madoiwa S, Shinohara S, Kumano O, Arai N, Igari A, Wakui M, Murata M

    The 28th International Society on Thrombosis and Haemostasis (ISTH) Congress (ISTH2020) (Milan, Italy (the meeting was canceled due to Pandemic COVID-19)) , 2020年07月, ポスター(一般), International Society on Thrombosis and Haemostasis

  • Assessment of in vitro effects of direct thrombin inhibitors on activation of coagulation factor XIII through enzyme kinetics in the synthetic substrate-based assay (accepted but the meeting was canceled due to Pandemic COVID-19)

    Fujimori Y, Wakui M, Nakamura S, Kondo Y, Ozaki Y, Oka S, Nakagawa T, Katagiri H, Murata M

    The 28th International Society on Thrombosis and Haemostasis (ISTH) Congress (ISTH2020) (Milan, Italy (the meeting was canceled due to Pandemic COVID-19)) , 2020年07月, ポスター(一般), International Society on Thrombosis and Haemostasis

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Exploration into the nature of direct oral anticoagulants (DOACs) from the perspective of laboratory hematology and its application to the management of bleeding risk on medication

    2017年04月
    -
    2019年03月

    (株)ブリストル・マイヤーズ スクイブ/(株)ファイザー, 血栓症領域における医師主導研究プログラム(JRISTA), 涌井昌俊, 代表

  • 悪性胸膜中皮腫に対するゾレドロン酸によるオートファジー誘導薬物療法

    2014年04月
    -
    2017年03月

    独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 朝倉啓介, 分担

  • 遺伝子発現エントロピー解析による腫瘍不均一性の検証

    2013年04月
    -
    2016年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 涌井昌俊, 代表

  • イメージングマススペクトロメトリーのための統計解析法の開発

    2012年04月
    -
    2015年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 公益財団法人 がん研究会・松浦正明, 分担

  • 顕微質量分析法による代謝物分布情報に基づく腫瘍不均一性の検証

    2010年04月
    -
    2013年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 涌井昌俊, 代表

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 質量分析データ処理方法及び装置(分割出願)

    特願: 特願2016-074892  2016年04月 

    特開: 特開2016-153798  2016年08月 

    特許: 特許第6207036号  2017年09月

    特許, 共同, 国内出願

  • MASS-ANALYSYS DATA PROCESSING METHOD AND SYSTEM

    特願: US. Patent Application NO.13/458,850  2012年04月 

    特開: US. Patent Application Publication NO.US2012/0278037 A1  2012年11月 

    特許: 特許番号10012572  2018年07月

    特許, 共同, PCT国際出願

  • 質量分析データ処理方法及び装置

    特願: 特願2012-102636  2012年04月 

    特開: 特開2012-237753  2012年12月 

    特許: 特許第6025141号  2016年10月

    特許, 共同, 国内出願

  • 免疫応答修飾活性の試験管内評価方法

    特願: JP2005019149  2005年10月 

    特開: WO2006-054415  2006年05月 

    特許: 4886521  2011年12月

    特許, 共同

  • 移植片対宿主病の早期診断用オリゴヌクレオチド塩基配列

    特願: 特願2000-324400  2000年10月 

    特開: 特開2002-125679  2002年05月 

    特許, 共同, 国内出願

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 論文査読

    2020年

     内容を見る

    論文査読(Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis)

  • 論文査読

    2020年

     内容を見る

    論文査読(International Journal of Hematology)

  • 論文査読

    2020年

     内容を見る

    論文査読(International Journal of Hematology)

  • 論文査読

    2020年

     内容を見る

    論文査読(PLOS ONE)

  • 論文査読

    2020年

     内容を見る

    論文査読(Scientific Reports)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 生化学講義(早稲田大学 先進理工学部)

    2020年度, 講義

  • 臨床検査学臨床実習(医学部)

    2020年度, 実習・実験

  • 臨床検査学講義(医学部)

    2020年度

  • 基礎腫瘍学(大学院博士課程)

    2020年度, その他, 講義

  • 動物実験医学(大学院博士課程)

    2020年度, その他

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 臨床検査学

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任

  • 臨床検査学

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 実習・実験

  • 臨床検査学

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 演習

  • 実験動物医学

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 講義

  • 基礎腫瘍学

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 講義

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 医療系三学部合同教育

    2018年
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • 病院での臨床検査. 第1版, 東京:慶應義塾大学薬学部

    2013年

    , 教科書・教材の開発

  • 医学部カリキュラム委員会

    2010年
    -
    2014年

    , その他特記事項

  • 医学部入試試験監督

    2010年

    , その他特記事項

  • 創薬に向けた医薬科学を先導する人材の養成

    2009年04月
    -
    2011年03月

    , 教育内容・方法の工夫

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 『臨床検査』誌編集委員

    医学書院

    2019年11月
    -
    継続中
  • 2019年度慶應連合三田会大会実行委員(救護部会)

    2019年度慶應連合三田会大会実行委員会, 2019年度慶應連合三田会大会 (慶應義塾大学 日吉キャンパス)

    2019年10月
  • 『臨床検査』誌ゲストエディター

    医学書院, 臨床検査, 

    2019年
    -
    継続中
  • Craif社(旧Icaria社) 社外アドバイザー(臨床分野)

    2018年12月
    -
    継続中
  • 健康医療ベンチャー大賞(慶應義塾大学医学部主催、理工学部・慶應ビジネススクール共催)医療従事者対象ヒアリング協力

    2018年
    -
    継続中

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床化学会, 

    2019年01月
    -
    継続中
  • 日本臨床検査専門医会, 

    2018年01月
    -
    継続中
  • 日本医用マススペクトル学会, 

    2018年
    -
    継続中
  • 国際検査血液学会, 

    2016年
    -
    継続中
  • 慶應医学会, 

    1989年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年06月

    一般演題(口演)座長, 第42回日本血栓止血学会学術集会

  • 2020年01月
    -
    継続中

    日本臨床検査専門医会 教育研修委員会 委員, 日本臨床検査専門医会

  • 2019年12月
    -
    継続中

    日本血栓止血学会 凝固線溶検査部会 部会員, 日本血栓止血学会 

  • 2019年11月

    一般演題(口演)座長, 第66回日本臨床検査医学会学術集会

  • 2019年07月
    -
    継続中

    規約委員会委員, 日本血栓止血学会

全件表示 >>