山田 祥岳 (ヤマダ ヨシタケ)

Yamada, Yoshitake

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 放射線科学教室(診断) (信濃町)

職名

助教(有期)

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 日本医学放射線学会 放射線診断専門医 研修指導者
    日本核医学会 核医学専門医 核医学指導者
    日本核医学会 PET核医学認定医
    日本超音波医学会 超音波専門医
    日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ読影認定医(指導医認定 AS)
    日本内科学会 認定内科医

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年01月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部 放射線科学教室(診断)

  • 2016年01月
    -
    2016年12月

    Harvard Medical School, Brigham and Women’s Hospital 放射線科

  • 2010年04月
    -
    2015年12月

    慶應義塾大学医学部 放射線科学教室(診断)

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    日本鋼管病院 放射線科

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    慶應義塾大学医学部 放射線科学教室(診断)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2002年03月

    慶應義塾, 医学部

    日本, 大学, 卒業

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

    慶應義塾, 医学研究科

    日本, 大学院, 卒業, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 課程, 2013年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本医学放射線学会 放射線診断専門医, 2010年09月

  • 日本核医学会 核医学専門医, 2015年07月

  • 日本核医学会 PET核医学認定医, 2013年08月

  • 日本超音波医学会 超音波専門医, 2018年10月

  • 日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ読影認定医, 2008年10月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 放射線科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 放射線診断学

  • CT

  • MRI

  • 心臓血管画像診断学

  • 核医学

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Multidetector computed tomography, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • 腹部画像診断学, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • 心臓血管画像診断学, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • 胸部画像診断学, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • 2重エネルギーCT, 

    2010年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ここから始める循環器疾患のCT・MRI

    山田祥岳, 中原健裕, 山田稔, 陣崎雅弘. , 学研メディカル秀潤社, 2020年04月

    担当範囲: FFR測定,  担当ページ: p.102-103

  • 救急疾患の鑑別診断のポイント

    杉浦弘明, 南康大, 山田祥岳, 陣崎雅弘, 学研メディカル秀潤社, 2019年09月

    担当範囲: 肺間質影の鑑別,  担当ページ: p.210-215

  • 救急疾患の鑑別診断のポイント

    南康大, 山田祥岳, 杉浦弘明, 陣崎雅弘, 学研メディカル秀潤社, 2019年09月

    担当範囲: 肺野空洞性病変の鑑別,  担当ページ: p.204-209

  • 腹部のCT 第3版

    山田祥岳, メディカルサイエンスインターナショナル, 2017年04月

    担当範囲: XII. 腹部大動脈・下大静脈,  担当ページ: p591-612

  • 腹部のCT 第3版

    山田祥岳, メディカルサイエンスインターナショナル, 2017年04月

    担当範囲: II.検査法,  担当ページ: p37-44

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Differences in Lung and Lobe Volumes between Supine and Standing Positions Scanned with Conventional and Newly Developed 320-Detector-Row Upright CT: Intra-Individual Comparison.

    Yamada Y, Yamada M, Yokoyama Y, Tanabe A, Matsuoka S, Niijima Y, Narita K, Nakahara T, Murata M, Fukunaga K, Chubachi S, Jinzaki M

    Respiration; international review of thoracic diseases (Respiration)     1 - 8 2020年07月

    ISSN  0025-7931

     概要を見る

    © 2020 Background: No clinical studies to date have compared unilateral lung or lobe volumes between the supine and standing positions. Objectives: To compare lung/lobe volumes on computed tomography (CT) between these two positions and evaluate the correlation between the total lung volume and total lung capacity (TLC) on pulmonary function tests (PFTs). Methods: Thirty-two asymptomatic volunteers underwent both conventional CT (supine position) and upright CT (standing position), during deep inspiration breath-hold, and PFTs on the same day. We measured lung/lobe volumes on CT in each position. Paired t tests were used for statistical analysis. Results: The volumes of the total lung (10.9% increase), right lung (10.3% increase), right upper lobe (8.6% increase), right lower lobe (14.6% increase), left lung (11.6% increase), left upper lobe (7.1% increase), and left lower lobe (16.0% increase) were significantly greater in the standing position than in the supine position (all p < 0.0001). The right middle lobe volume was similar between the two positions (p = 0.16). Intraclass correlation coefficients for agreement between total lung volumes on CT in the supine/standing positions and the TLC on PFT were 0.891/0.938, respectively. Conclusions: While the volumes of the bilateral upper and lower lobes and bilateral lungs were significantly greater in the standing than in the supine position, with lower lobes showing larger changes, the right middle lobe volume did not change significantly between positions. The total lung volume on upright CT in the standing position was more similar to TLC on PFT than that in the supine position.

  • Sinking skin flap syndrome visualized by upright computed tomography.

    Yoshida K, Toda M, Yamada Y, Yamada M, Yokoyama Y, Fujiwara H, Kosugi K, Fukumura M, Koike K, Takahashi S, Yoshida K, Jinzaki M

    Acta neurochirurgica (Acta Neurochirurgica)  2020年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0001-6268

     概要を見る

    © 2020, Springer-Verlag GmbH Austria, part of Springer Nature. Sinking skin flap syndrome is a craniectomy complication characterized by new neurological dysfunction that typically worsens in the upright position and improves after cranioplasty. We present a 33-year-old man who experienced hemiparesis in the upright position after craniectomy. Upright computed tomography (CT) before cranioplasty showed a remarkable shift of the brain compared to supine CT. After cranioplasty, both symptoms and brain shift on CT resolved. Upright CT enables detection and objective evaluation of paradoxical herniation and midline shift that is not obvious on supine imaging modalities. Clinicians need to be aware of positional brain shift in postcraniectomy patients.

  • Pelvic floor morphology in the standing position using upright computed tomography: age and sex differences.

    Narita K, Yamada Y, Yamada M, Yokoyama Y, Nakahara T, Jinzaki M

    International urogynecology journal (International Urogynecology Journal)  2020年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0937-3462

     概要を見る

    INTRODUCTION AND HYPOTHESIS: This study was aimed at comparing pelvic floor parameters between the standing and supine positions using upright computed tomography (CT) and evaluating the effects of sex and age in normal healthy volunteers. METHODS: In total, 139 volunteers (70 men, mean 46.7 years; 69 women, mean 47.3 years) underwent both upright CT in the standing position and conventional CT in the supine position. The distances from the bladder neck to the pubococcygeal line (PCL) and anorectal junction (ARJ), defined as the posterior aspect of the puborectalis muscle, to PCL were measured. The length, width, and area of the levator hiatus (LH) were measured on oblique axial images. RESULTS: The bladder neck (men, 22.2 ± 4.9 mm vs 28.3 ± 5.3 mm; women, 9.0 ± 5.1 mm vs 19.0 ± 4.0 mm) and ARJ (men, -18.8 ± 5.5 mm vs -12.1 ± 5.1 mm; women, -20.0 ± 4.7 mm vs -11.2 ± 4.3 mm) were significantly lower in the standing position than in the supine position (all p < 0.0001). The LH area (men, 1,990 ± 380 mm2 vs 1,697 ± 329 mm2; women, 2,284 ± 344 mm2 vs 1,811 ± 261 mm2) was significantly larger in the standing position (both p < 0.0001). Differences in all parameters between the standing and supine positions were larger in women than in men. ARJ in women showed a significant tendency to descend with age only in the standing position (r = -0.29, p = 0.017). CONCLUSIONS: The bladder neck and ARJ descend and the LH area enlarges in the standing position. Pelvic floor mobility is greater in women than in men. Descent of the ARJ in the standing position is associated with aging in women.

  • Traction Bronchiectasis/Bronchiolectasis is Associated with Interstitial Lung Abnormality Mortality.

    Hida T, Nishino M, Hino T, Lu J, Putman RK, Gudmundsson EF, Araki T, Valtchinov VI, Honda O, Yanagawa M, Yamada Y, Hata A, Jinzaki M, Tomiyama N, Honda H, Estepar RSJ, Washko GR, Johkoh T, Christiani DC, Lynch DA, Gudnason V, Gudmundsson G, Hunninghake GM, Hatabu H

    European journal of radiology (European Journal of Radiology)  129   109073 - 109073 2020年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0720-048X

     概要を見る

    © 2020 Elsevier B.V. Purpose: To investigate if the presence and severity of traction bronchiectasis/bronchiolectasis are associated with poorer survival in subjects with ILA. Method: The study included 3,594 subjects (378 subjects with ILA and 3,216 subjects without ILA) in AGES-Reykjavik Study. Chest CT scans of 378 subjects with ILA were evaluated for traction bronchiectasis/bronchiolectasis, defined as dilatation of bronchi/bronchioles within areas demonstrating ILA. Traction bronchiectasis/bronchiolectasis Index (TBI) was assigned as: TBI = 0, ILA without traction bronchiectasis/bronchiolectasis: TBI = 1, ILA with bronchiolectasis but without bronchiectasis or architectural distortion: TBI = 2, ILA with mild to moderate traction bronchiectasis: TBI = 3, ILA and severe traction bronchiectasis and/or honeycombing. Overall survival (OS) was compared among the subjects in different TBI groups and those without ILA. Results: The median OS was 12.93 years (95%CI; 12.67 – 13.43) in the subjects without ILA; 11.95 years (10.03 – not reached) in TBI-0 group; 8.52 years (7.57 – 9.30) in TBI-1 group; 7.63 years (6.09 – 9.10) in TBI-2 group; 5.40 years (1.85 – 5.98) in TBI-3 group. The multivariable Cox models demonstrated significantly shorter OS of TBI-1, TBI-2, and TBI-3 groups compared to subjects without ILA (P < 0.0001), whereas TBI-0 group had no significant OS difference compared to subjects without ILA, after adjusting for age, sex, and smoking status. Conclusions: The presence and severity of traction bronchiectasis/bronchiolectasis are associated with shorter survival. The traction bronchiectasis/bronchiolectasis is an important contributor to increased mortality among subjects with ILA.

  • Spatial resolution compensation by adjusting the reconstruction kernels for iterative reconstruction images of computed tomography.

    Sugisawa K, Ichikawa K, Urikura A, Minamishima K, Masuda S, Hoshino T, Nakahara A, Yamada Y, Jinzaki M

    Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB) (Physica Medica)  74   47 - 55 2020年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1120-1797

     概要を見る

    © 2020 Associazione Italiana di Fisica Medica Purpose: Hybrid iterative reconstruction (IR) is useful to reduce noise in computed tomography (CT) images. However, it often decreases the spatial resolution. The ability of high spatial resolution kernels (harder kernels) to compensate for the decrease in the spatial resolution of hybrid IRs was investigated. Methods: An elliptic cylindrical phantom simulating an adult abdomen was used. Two types of rod-shaped objects with ~330 and ~130 HU were inserted to simulate contrasts of arteries in CT angiography. Two multi-slice CT systems were used to scan the phantoms with 120 kVp and scan doses of 20 and 10 mGy. The task transfer functions (TTFs) were measured from the circular edges of the rod images. The noise power spectrum (NPS) was measured from the images of the water-only section. The CT images were reconstructed using a filtered back projection (FBP) with baseline kernels and two levels of hybrid IRs with harder kernels. The profiles of the clinical images across the aortic dissection flaps were measured to evaluate actual spatial resolutions. Results: The TTF degradation of each hybrid IR was recovered by the harder kernels, whereas the noise reduction effect was retained, for both the 20 and 10 mGy. The profiles of the dissection flaps for the FBP were maintained by using the harder kernels. Even with the best combination of hybrid IR and harder kernel, the noise level at 10 mGy was not reduced to the level of FBP at 20 mGy, suggesting no capability of a 50% dose reduction while maintaining noise.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【胸部の最新画像情報2020】肺野の画像所見が診断の契機となったEhlers-Danlos症候群の1例

    松本 晋作, 杉浦 弘明, 南 康大, 山田 祥岳, 渡辺 理沙, 福永 興壱, 陣崎 雅弘

    臨床放射線 (金原出版(株))  65 ( 1 ) 67 - 70 2020年01月

    その他記事, 共著,  ISSN  0009-9252

     概要を見る

    症例は40歳代女性で、胸痛を主訴に近医を受診し、胸部単純X線で左気胸を指摘され当院へ紹介入院となった。胸部単純CTにて左気胸を認めた。両肺底部に複数の不整な嚢胞、両下葉に浸潤影、小葉中心性陰影および気管支拡張を認めた。なお、約1年前の肺炎時のCTでは嚢胞は認められなかった。胸腔ドレーンを留置するも気胸およびリークの改善を認めなかったため、胸腔鏡下左肺下葉嚢胞切除術を施行した。術後経過は良好で、術後約1週間で退院した。比較的若年者に繰り返す肺炎後に不整な嚢胞が散見され、難治性の気胸を発症したことから肺組織の脆弱性が示唆され、基礎疾患としてEhlers-Danlos症候群の可能性が疑われた。遺伝子検査ではCOL5A2遺伝子変異が陽性(ミスセンス変異)であり、古典型Ehlers-Danlos症候群と診断された。また、COL3A1遺伝子変異は陰性であったことから、血管型Ehlers-Danlos症候群は否定された。

  • 【胸部の最新画像情報2020】肺野の画像所見が診断の契機となったEhlers-Danlos症候群の1例

    松本 晋作, 杉浦 弘明, 南 康大, 山田 祥岳, 渡辺 理沙, 福永 興壱, 陣崎 雅弘

    臨床放射線 (金原出版(株))  65 ( 1 ) 67 - 70 2020年01月

    その他記事, 共著,  ISSN  0009-9252

  • DAT SPECTにおけるCSFマスク補正のSBR値の診断能への影響

    岩渕 雄, 中原 理紀, 亀山 征史, 松坂 陽至, 南 康大, 伊東 大介, 田渕 肇, 山田 祥岳, 陣崎 雅弘

    核医学 ((一社)日本核医学会)  56 ( Suppl. ) S175 - S175 2019年10月

    その他記事, 共著,  ISSN  0022-7854

  • 肺野異常陰影 3 肺間質影の鑑別

    杉浦弘明, 南康大, 山田祥岳, 陣崎雅弘

    画像診断 39 ( 11 ) A210‐215 2019年09月

    その他記事, 共著,  ISSN  0285-0524

  • 肺野異常陰影 2 肺野空洞性病変の鑑別

    南康大, 山田祥岳, 杉浦弘明, 陣崎雅弘

    画像診断 39 ( 11 ) A204‐A209 2019年09月

    その他記事, 共著,  ISSN  0285-0524

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 320列面検出器型立位CTを用いた内視鏡的Flap valve評価法の妥当性の検討

    正岡 建洋, 山田 祥岳, 水野 達人, 山田 稔, 横山 陽一, 山本 悠太, 亀山 尚子, 鈴木 達也, 金井 隆典, 陣崎 雅弘

    日本消化器病学会雑誌, 2019年11月, (一財)日本消化器病学会

  • DAT SPECTにおけるCSFマスク補正のSBR値の診断能への影響

    岩渕 雄, 中原 理紀, 亀山 征史, 松坂 陽至, 南 康大, 伊東 大介, 田渕 肇, 山田 祥岳, 陣崎 雅弘

    核医学, 2019年10月, (一社)日本核医学会

  • 全身撮影が可能な立位CTの開発 ファントムスタディ、人体に対する重力の影響

    横山 陽一, 山田 祥岳, 名倉 武雄, 中原 健裕, 成田 啓一, 山田 稔, 南島 一也, 荻原 直道, 陣崎 雅弘

    日本医用画像工学会大会予稿集, 2019年07月, 日本医用画像工学会

  • Four-dimensional CTを用いた前十字靭帯損傷におけるScrew Home Movementの定量的評価

    102) 森重雄太郎, 原藤健吾, 大木聡, 金田和也, 小林秀, 二木康夫, 山田祥岳, 陣崎雅弘, 松本守雄, 中村雅也, 名倉武雄

    第11回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS 2019) (札幌コンベンションセンター(札幌市)) , 2019年06月, 口頭(一般), 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

  • 320列面検出器型立位CTを用いた内視鏡的食道胃接合部Flap valve評価法の再検討

    正岡建洋, 山田祥岳, , 山田稔, 横山陽一, 山本悠太, 亀山尚子, 鈴木達也, 金井隆典, 陣崎雅弘

    第73回日本食道学会学術集会 (福岡国際会議場(福岡市)) , 2019年06月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 立位CTを用いた、立位で症状が増悪する疾患の病態解明と病変の定量化

    2020年04月
    -
    2023年03月

    慶應義塾大学, 山田 祥岳, 基盤研究(C)

  • 低速血流にも対応する 4D flow 法による血流評価

    2018年04月
    -
    2021年03月

    慶應義塾大学, 奥田 茂男, 松本 俊亮, 山田 祥岳, 陣崎 雅弘, 基盤研究(C)

     研究概要を見る

    以前の課題で肺動脈血流を評価する際に、近位の高速血流と遠位の低速血流を同時に表示することができず、分枝レベルの血流評価が難しいという問題が浮上した。これに対応するため、計測血流の閾値である VENC (Velocity Encoding)を高速側と低速側に二重に設定する撮像方法を取り入れ、これによる、近位から遠位への肺動脈血流表示を連続的に行える可能性について検討をおこなった。
    現在のデータでは、VENC として、200 cm/s と 80 cm/s を設定することにより、遠位肺動脈の描出が向上したが、さらに最適な組みあわせについて検討を進める必要がある。Dual VENC を取り入れた撮像は従来法の2倍の撮像時間がかかるため、10分くらいの検査時間を要した。また、画像データの後処理については、まだ未開拓であり、低速と高速VENCの画像を単純に足し合わせる方法しか実現できておらず、同時表示には至っていない。
    今後の計画として、dual VENC による撮像時間の延長をなるべく短縮することと、後処理においては同時処理ができる後処理解析ソフトを導入する必要があり、その上で、健常者において、dual VENC 4D FLOWにより、どの程度のレベルまでの肺動脈血流評価が行えるか、検討を進める予定である。また、前課題において、ファロー4徴症術後患者においては、拡大した肺動脈内の渦流や螺旋流などの非層流が、MRI血流計測の正確性に影響することが示された。併せて、適切な断面設定のための方法を検討する。
    Dual VENCを設定する撮像法は実現できたが、その後処理法が未確立である。現在は、低速と高速VENCの画像を足し合わせる方法しかなく、同時かつ連続的に処理・評価できる後処理解析ソフトが使えない。
    Dual VENC 4D FLOWの低速と高速画像データを同時に処理できる後処理法の開発、あるいは、導入をすすめる。現在は低速データと高速データを別個に後処理したものを重ね合わせる方法を試みているが、一般的な画像処理ツールであるOsirixなどを用いて、汎用性のある方法がないか、検証をすすめる。また、昨年度使用した FLOVA の開発元である R-tech社にも改良ができないか、検討を御願いする。他の候補として、GTflow (gyrotools社)や CFD (Cardio Flow Design社)を利用することができないか、検討する。

  • 立位胸部CTの検査法の確立と胸部疾患に対する立位CTの臨床的有用性の検討

    2017年04月
    -
    2020年03月

    慶應義塾大学, 山田 祥岳, 若手研究(B), 代表

     研究概要を見る

    1.新たな診断機器である立位(座位)胸部CTが日常臨床でルーチンに施行可能かを評価した。①立位CTの設置室への被験者の呼び入れ、②立位CT撮影のための被験者固定、③立位胸部CT撮影プロトコール、④立位CT撮影時間、⑤被験者の退出までのスループット、⑥画像ビュワーへの画像転送に関して評価し、立位CTを日常臨床でルーチンに施行可能であることを確認した。
    <BR>
    2.同一被験者に対し、通常の臥位CTと、立位(座位)CTの両方を撮影した。同一被験者の臥位CT画像と立位(座位)CT画像のそれぞれにおいて、CT画像での肺の体積を算出し、その違いを検討した。その結果、臥位と比較して、立位・座位では、有意に肺の体積が大きく、さらに肺の下葉においてその違いが大きいことが明らかとなった。この結果を第77回日本医学放射線学会総会(2018年4月12日~15日)で発表した。
    <BR>
    3.通常の臥位CT画像と立位(座位)CT画像のそれぞれの肺の体積と、呼吸機能検査でのTotal Lung Capacity(全肺気量)との関連性を検討した。その結果、臥位での肺の体積と比較して、立位・座位での肺の体積の方が、呼吸機能検査でのTotal Lung Capacity(全肺気量)の値と近いことが明らかとなった。通常の臥位CTと比較して、立位・座位CTの方が、より密接に呼吸機能検査結果と関連していると考えられた。この結果も第77回日本医学放射線学会総会(2018年4月12日~15日)で発表した。
    交付申請書に記載した、平成29年度の研究実施計画通りに進捗しているため。
    1.平成29年度に引き続き、同一被験者に対し、臥位CT、立位(座位)CTを施行する。そして、同一被験者の臥位CT画像と立位(座位)CT画像を比較し、各臓器の解剖学的構造の位置、肺野の体積、脈管径等について、その違いを検討する。
    2.平成29年度に引き続き、同一被験者に対し、臥位と立位(座位)の両方で、吸気と呼気のCTを撮影する。そして、臥位と立位(座位)での、肺や横隔膜の動きの違い、肺容積変化の違い、脈管径の変化等を検討する。
    3.臥位、立位(座位)CTでの臓器・脈管系の形態学的パラメーターと各種臨床データを比較する。
    4.引き続き、循環器内科や呼吸器内科の複数の医師と緊密な連携をとり、循環器疾患(主に肺高血圧症)、呼吸器疾患(主にCOPD/肺気腫)に対し立位(座位)CTを撮影し、立位(座位)CTの有用性を検討していく。

  • 平成27年度 上原記念生命科学財団 海外留学助成リサーチフェローシップ受領

    2016年01月
    -
    2016年12月

    山田祥岳, 代表

  • 大動脈および肺動脈の低侵襲治療における 4D flow MRI を用いた血流評価

    2015年04月
    -
    2019年03月

    慶應義塾大学, 奥田 茂男, 川上 崇史, 陣崎 雅弘, 山田 祥岳, 基盤研究(C)

     研究概要を見る

    これまで、慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)、ファロー四徴症(TOF)術後肺動脈弁逆流、大動脈二尖弁、カバードステント挿入後などの疾患に対して 4D flow MRI 撮像を行い、血流解析を行ってきた(60症例)。
    CTEPH症例では、MRI検査後に行われた平均肺動脈圧(mPAP)と、4D flow により観察された肺動脈本幹内の渦流継続時間との間に良好な相関が観測されたが(N=12, R2=0.83)、渦流が強く観察された2症例ではmPAP過大評価、肺動脈弁閉鎖不全がある症例ではmPAP過小評価が起きた。渦流継続時間の計測は、mPAP推定に有用であったが、前記の環境下では評価に注意が必要と考えられた。また、同一撮像条件と後処理法で行った解析結果であるので、他の条件下でも同様な結果が得られるか、汎用化するためにはさらに検討が必要と考えられた。肺動脈分枝ごとの血流計測も試みる計画であったが、折り返しを防ぐために設定する速度エンコード(VENC)を比較的高速域に設定せざるを得なかったため、流速が遅いと思われる肺葉分岐レベルの血流を十分に描出することが困難であった。
    TOF術後症例においては、従来の2D法では肺動脈と大動脈の血流量計測に乖離がみられる例がしばしばあったが、Volumeでデータを取得する4D flow法では、その差は改善された。ただし、in-flow効果により、撮像方向に依存して差を生じる可能性も指摘されたので、注意を要する。
    大動脈二尖弁の解析では、上行大動脈に生じる渦流や螺旋流の形態が異なる例が見られ、その後の動脈拡張に影響する可能性が示唆された。ステント挿入後の症例では、ステントからの金属アーチファクトの影響は少なく、4D flowを応用できる可能性も示唆されたが、endoleakを検出するためには遅い血流に対応する必要があると考えられた。
    肺動脈分枝ごとの血流計測も試みる計画であったが、折り返しを防ぐために設定する速度エンコード(VENC)を比較的高速域に設定せざるを得なかったため、流速が遅いと思われる肺葉分岐レベルの血流を十分に描出することが困難であった。
    また、非侵襲的な検査とするため造影剤を使わない状態での計測を主体としてきたが、肺葉分枝レベルの描出が難しく、血管像の作成が困難であった。この点については、造影剤の使用や、後処理装置の変更を含めた対応が必要と考えられた。
    当初、TAVI施行例での計測も予定していたが、金属アーチファクトの影響が避けられず、検討対象から除外した。
    低速域に対する二重VENC法を利用できるシーケンスを導入することと、分枝レベルの血管描出を平易にするため、後処理装置の変更を考慮する。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第102回 北米放射線学会 最優秀演題賞(Magna Cum Laude Award)

    2016年11月, 北米放射線学会, Dynamic Chest Radiography Using Flat Panel Detector System: Technique and Applications

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: アメリカ合衆国

  • 第79回 日本医学放射線学会総会 CyPos賞 プラチナメダル(最優秀演題賞)

    山田祥岳, 山田稔, 横山陽一, 田邊晃子, 松岡志保, 新島友輝, 村田満, 福永興壱, 中鉢正太郎, 陣崎雅弘. , 2020年06月, 日本医学放射線学会, 通常CTと立位CTを用いた、臥位・立位・座位での吸気・呼気の肺/肺葉容積の比較

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

  • 第103回 北米放射線学会 優秀演題賞(Certificate of Merit Award)

    2017年11月, 北米放射線学会, Four-dimensional (4D) Computed Tomography (CT) with Non-rigid Registration Between Adjacent Phases Before and After Transcatheter Aortic Valve Implantation (TAVI): One Step Forward Into the Future

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: アメリカ合衆国

  • 第73回 日本医学放射線学会総会 CyPos賞 ブロンズメダル

    2014年04月, 日本医学放射線学会, 腎嚢胞のpseudoenhancementに対する仮想単色X線CT画像の効果:同一検査内での120 kVp画像との比較

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

  • 第80回日本心臓血管放射線研究会 フィルムリーディング優秀賞(第1位)

    2015年01月, 日本心臓血管放射線研究会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 慢性冠動脈疾患診断ガイドライン(2018年改訂版) 協力員として分担執筆

    2019年03月

     内容を見る

    慢性冠動脈疾患診断ガイドライン(2018年改訂版) 協力員として分担執筆

  • 2016年01月

     内容を見る

    平成27年度 上原記念生命科学財団 海外留学助成リサーチフェローシップ受領

 

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 肝・胆・膵の画像診断

    慶應義塾大学医学部, 2018年度

  • 骨盤腔の画像診断

    慶應義塾大学医学部, 2018年度

  • 肝・胆・膵の画像診断

    慶應義塾, 2017年度, 通年

  • 肝・胆・膵の画像診断

    慶應義塾, 2015年度, 通年, 専門科目, 実習・実験

  • 女性骨盤臓器の画像診断

    慶應義塾, 2015年度, 通年, 専門科目, 実習・実験

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医学放射線学会, 

    2006年
    -
    継続中
  • 日本超音波医学会, 

    2014年
    -
    継続中
  • 日本核医学会, 

    2013年
    -
    継続中
  • 北米放射線学会, 

    2010年
    -
    継続中
  • 日本循環器学会, 

    2014年
    -
    継続中

全件表示 >>