山田 祥岳 (ヤマダ ヨシタケ)

Yamada, Yoshitake

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 放射線科学教室(診断) (信濃町)

職名

専任講師

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 日本医学放射線学会 放射線診断専門医 研修指導者
    日本核医学会 核医学専門医 核医学指導者
    日本核医学会 PET核医学認定医
    日本超音波医学会 超音波専門医
    日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ読影認定医(指導医認定 AS)
    日本内科学会 認定内科医
    厚生労働省 臨床研修指導医

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年01月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部 放射線科学教室(診断)

  • 2016年01月
    -
    2016年12月

    Harvard Medical School, Brigham and Women’s Hospital 放射線科, Radiology

  • 2010年04月
    -
    2015年12月

    慶應義塾大学医学部 放射線科学教室(診断)

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    日本鋼管病院 放射線科

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    慶應義塾大学医学部 放射線科学教室(診断)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2002年03月

    慶應義塾大学, 医学部

    大学, 卒業

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

    慶應義塾大学, 医学研究科

    大学院, 卒業, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 課程, 2013年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本医学放射線学会 放射線診断専門医, 2010年09月

  • 日本核医学会 核医学専門医, 2015年07月

  • 日本核医学会 PET核医学認定医, 2013年08月

  • 日本超音波医学会 超音波専門医, 2018年10月

  • 日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ読影認定医, 2008年10月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 放射線科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 放射線診断学

  • CT

  • 胸部画像診断学

  • 心臓血管画像診断学

  • 腹部画像診断学

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Multidetector computed tomography, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • 胸部画像診断学, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • 心臓血管画像診断学, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • 腹部画像診断学, 

    2010年04月
    -
    継続中

  • 2重エネルギーCT, 

    2010年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ここから始める循環器疾患のCT・MRI

    山田祥岳, 中原健裕, 山田稔, 陣崎雅弘. , 学研メディカル秀潤社, 2020年04月

    担当範囲: FFR測定,  担当ページ: p.102-103

  • 救急疾患の鑑別診断のポイント

    南康大, 山田祥岳, 杉浦弘明, 陣崎雅弘, 学研メディカル秀潤社, 2019年09月

    担当範囲: 肺野空洞性病変の鑑別,  担当ページ: p.204-209

  • 救急疾患の鑑別診断のポイント

    杉浦弘明, 南康大, 山田祥岳, 陣崎雅弘, 学研メディカル秀潤社, 2019年09月

    担当範囲: 肺間質影の鑑別,  担当ページ: p.210-215

  • 腹部のCT 第3版

    山田祥岳, メディカルサイエンスインターナショナル, 2017年04月

    担当範囲: XII. 腹部大動脈・下大静脈,  担当ページ: p591-612

  • 腹部のCT 第3版

    山田祥岳, メディカルサイエンスインターナショナル, 2017年04月

    担当範囲: II.検査法,  担当ページ: p37-44

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Three-Dimensional Quantitative Evaluation of the Scapular Skin Marker Movements in the Upright Posture.

    Yoshida Y, Matsumura N, Yamada Y, Yamada M, Yokoyama Y, Miyamoto A, Nakamura M, Nagura T, Jinzaki M

    Sensors (Basel, Switzerland) 22 ( 17 )  2022年08月

  • Balloon pulmonary angioplasty versus riociguat in inoperable chronic thromboembolic pulmonary hypertension (MR BPA): an open-label, randomised controlled trial.

    Kawakami T, Matsubara H, Shinke T, Abe K, Kohsaka S, Hosokawa K, Taniguchi Y, Shimokawahara H, Yamada Y, Kataoka M, Ogawa A, Murata M, Jinzaki M, Hirata K, Tsutsui H, Sato Y, Fukuda K

    The Lancet. Respiratory medicine 2022年08月

    ISSN  2213-2600

  • Separate evaluation of unilateral lung function using upright/supine CT in a patient with diaphragmatic paralysis.

    Suzuki T, Asakura K, Yamada Y, Yamada M, Yokoyama Y, Okubo Y, Masai K, Kaseda K, Hishida T, Asamura H, Jinzaki M

    Radiology case reports (Radiology Case Reports)  17 ( 8 ) 2826 - 2830 2022年08月

     概要を見る

    Background: Unilateral diaphragmatic paralysis is a condition in which the unilateral diaphragm is paralyzed and elevated. Orthopnea due to lung compression by an elevated diaphragm in the supine position is common in patients with unilateral diaphragmatic paralysis. Although its symptom is posture-dependent, the effect of posture on lung function in unilateral diaphragmatic paralysis has not been studied. Computed tomography (CT) can be used to assess lung volume. However, conventional CT cannot be performed in the upright position. A pulmonary function test can be performed in both upright and supine positions. However, it cannot evaluate the function of each lung separately. Case presentation: We report a case of a 79-year-old man with unilateral diaphragmatic paralysis. He presented with difficulty in inspiration, specifically in the supine position, and underwent both conventional supine CT and newly developed upright CT to assess the effect of posture on the function of each lung. The difference between expiratory and inspiratory lung volumes on CT in the supine position was less than that in the upright position by 46% and 4% on affected and healthy sides, respectively. We previously reported that the difference between expiratory and inspiratory lung volumes on CT correlated with inspiratory capacity on the pulmonary function test. A 46% decline in inspiratory capacity on the affected side in the supine position likely caused orthopnea in this patient. Conclusions: Supine/upright CT is helpful to assess the influence of posture on unilateral lung function in patients with unilateral diaphragmatic paralysis.

  • Cranial defect and pneumocephalus are associated with significant postneurosurgical positional brain shift: evaluation using upright computed tomography.

    Yoshida K, Toda M, Yamada Y, Yamada M, Yokoyama Y, Tsutsumi K, Fujiwara H, Kosugi K, Jinzaki M

    Scientific reports (Scientific Reports)  12 ( 1 ) 10482 2022年06月

     概要を見る

    Only few studies have assessed brain shift caused by positional change. This study aimed to identify factors correlated with a large postneurosurgical positional brain shift (PBS). Sixty-seven patients who underwent neurosurgical procedures had upright computed tomography (CT) scan using settings similar to those of conventional supine CT. The presence of a clinically significant PBS, defined as a brain shift of ≥ 5 mm caused by positional change, was evaluated. The clinical and radiological findings were investigated to identify factors associated with a larger PBS. As a result, twenty-one patients had a clinically significant PBS. The univariate analysis showed that supratentorial lesion location, intra-axial lesion type, craniectomy procedure, and residual intracranial air were the predictors of PBS. Based on the multivariate analysis, craniectomy procedure (p < 0.001) and residual intracranial air volume (p = 0.004) were the predictors of PBS. In a sub-analysis of post-craniectomy patients, PBS was larger in patients with supratentorial craniectomy site and parenchymal brain injury. A large craniectomy area and long interval from craniectomy were correlated with the extent of PBS. In conclusion, patients who undergo craniectomy and those with residual intracranial air can present with a large PBS. In post-craniectomy patients, the predisposing factors of a large PBS are supratentorial craniectomy, presence of parenchymal injury, large skull defect area, and long interval from craniectomy. These findings can contribute to safe mobilization among postneurosurgical patients and the risk assessment of sinking skin flap syndrome.

  • Traction Bronchiectasis/Bronchiolectasis on CT Scans in Relationship to Clinical Outcomes and Mortality: The COPDGene Study.

    Hata A, Hino T, Putman RK, Yanagawa M, Hida T, Menon AA, Honda O, Yamada Y, Nishino M, Araki T, Valtchinov VI, Jinzaki M, Honda H, Ishigami K, Johkoh T, Tomiyama N, Christiani DC, Lynch DA, San José Estépar R, Washko GR, Cho MH, Silverman EK, Hunninghake GM, Hatabu H, COPDGene Investigators.

    Radiology (Radiology)  304 ( 3 ) 212584 - 701 2022年05月

    ISSN  0033-8419

     概要を見る

    Background The clinical impact of interstitial lung abnormalities (ILAs) on poor prognosis has been reported in many studies, but risk stratification in ILA will contribute to clinical practice. Purpose To investigate the association of traction bronchiectasis/bronchiolectasis index (TBI) with mortality and clinical outcomes in individuals with ILA by using the COPDGene cohort. Materials and Methods This study was a secondary analysis of prospectively collected data. Chest CT scans of participants with ILA for traction bronchiectasis/bronchiolectasis were evaluated and outcomes were compared with participants without ILA from the COPDGene study (January 2008 to June 2011). TBI was classified as follows: TBI-0, ILA without traction bronchiectasis/bronchiolectasis; TBI-1, ILA with bronchiolectasis but without bronchiectasis or architectural distortion; TBI-2, ILA with mild to moderate traction bronchiectasis; and TBI-3, ILA with severe traction bronchiectasis and/or honeycombing. Clinical outcomes and overall survival were compared among the TBI groups and the non-ILA group by using multivariable linear regression model and Cox proportional hazards model, respectively. Results Overall, 5295 participants (median age, 59 years; IQR, 52-66 years; 2779 men) were included, and 582 participants with ILA and 4713 participants without ILA were identified. TBI groups were associated with poorer clinical outcomes such as quality of life scores in the multivariable linear regression model (TBI-0: coefficient, 3.2 [95% CI: 0.6, 5.7; P = .01]; TBI-1: coefficient, 3.3 [95% CI: 1.1, 5.6; P = .003]; TBI-2: coefficient, 7.6 [95% CI: 4.0, 11; P < .001]; TBI-3: coefficient, 32 [95% CI: 17, 48; P < .001]). The multivariable Cox model demonstrated that ILA without traction bronchiectasis (TBI-0-1) and with traction bronchiectasis (TBI-2-3) were associated with shorter overall survival (TBI-0-1: hazard ratio [HR], 1.4 [95% CI: 1.0, 1.9; P = .049]; TBI-2-3: HR, 3.8 [95% CI: 2.6, 5.6; P < .001]). Conclusion Traction bronchiectasis/bronchiolectasis was associated with poorer clinical outcomes compared with the group without interstitial lung abnormalities; TBI-2 and 3 were associated with shorter survival. © RSNA, 2022 Online supplemental material is available for this article. See also the editorial by Lee and Im in this issue.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【胸部の最新画像情報2020】肺野の画像所見が診断の契機となったEhlers-Danlos症候群の1例

    松本 晋作, 杉浦 弘明, 南 康大, 山田 祥岳, 渡辺 理沙, 福永 興壱, 陣崎 雅弘

    臨床放射線 (金原出版(株))  65 ( 1 ) 67 - 70 2020年01月

    その他, 共著,  ISSN  0009-9252

     概要を見る

    症例は40歳代女性で、胸痛を主訴に近医を受診し、胸部単純X線で左気胸を指摘され当院へ紹介入院となった。胸部単純CTにて左気胸を認めた。両肺底部に複数の不整な嚢胞、両下葉に浸潤影、小葉中心性陰影および気管支拡張を認めた。なお、約1年前の肺炎時のCTでは嚢胞は認められなかった。胸腔ドレーンを留置するも気胸およびリークの改善を認めなかったため、胸腔鏡下左肺下葉嚢胞切除術を施行した。術後経過は良好で、術後約1週間で退院した。比較的若年者に繰り返す肺炎後に不整な嚢胞が散見され、難治性の気胸を発症したことから肺組織の脆弱性が示唆され、基礎疾患としてEhlers-Danlos症候群の可能性が疑われた。遺伝子検査ではCOL5A2遺伝子変異が陽性(ミスセンス変異)であり、古典型Ehlers-Danlos症候群と診断された。また、COL3A1遺伝子変異は陰性であったことから、血管型Ehlers-Danlos症候群は否定された。

  • 【胸部の最新画像情報2020】肺野の画像所見が診断の契機となったEhlers-Danlos症候群の1例

    松本 晋作, 杉浦 弘明, 南 康大, 山田 祥岳, 渡辺 理沙, 福永 興壱, 陣崎 雅弘

    臨床放射線 (金原出版(株))  65 ( 1 ) 67 - 70 2020年01月

    その他, 共著,  ISSN  0009-9252

  • DAT SPECTにおけるCSFマスク補正のSBR値の診断能への影響

    岩渕 雄, 中原 理紀, 亀山 征史, 松坂 陽至, 南 康大, 伊東 大介, 田渕 肇, 山田 祥岳, 陣崎 雅弘

    核医学 ((一社)日本核医学会)  56 ( Suppl. ) S175 - S175 2019年10月

    その他, 共著,  ISSN  0022-7854

  • 肺野異常陰影 3 肺間質影の鑑別

    杉浦弘明, 南康大, 山田祥岳, 陣崎雅弘

    画像診断 39 ( 11 ) A210‐215 2019年09月

    その他, 共著,  ISSN  0285-0524

  • 肺野異常陰影 2 肺野空洞性病変の鑑別

    南康大, 山田祥岳, 杉浦弘明, 陣崎雅弘

    画像診断 39 ( 11 ) A204‐A209 2019年09月

    その他, 共著,  ISSN  0285-0524

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 最新基礎科学 知っておきたい 立位CTによる下肢関節機能評価

    名倉 武雄, 金田 和也, 山田 祥岳, 陣崎 雅弘

    臨床整形外科, 

    2021年12月

    (株)医学書院

     概要を見る

    <文献概要>はじめに 運動器疾患の診断には単純X線撮影が,依然gold standardとして用いられている.とりわけ整形外科において取り扱う運動器疾患においては,臥位ではなく立位での撮影により,病態や診断がより明確となるものが多い.これは立位または荷重位にすることで,脊椎・関節がより生理的な位置となり,症状・病態を反映するためである.そのため立位CT検査が可能となれば,有用性は極めて高く,従来のX線に取り替わる画期的な診断装置となり得る.このような背景をもとに,われわれは2013年より東芝メディカル(現・キヤノンメディカルシステムズ)と全身用立位CTの開発に着手した.既存の320列CT(Aquilion ONE)を改良することで動態撮影も可能なプロトタイプを開発し,2017年5月より慶應義塾大学病院に導入した.本稿では全身用立位CTの紹介,および関節機能評価の例として下肢アライメント評価について述べる.

  • 重力下の人体を可視化する〜立位のイメージング〜 立位CTの開発と応用 健康長寿の時代に向けて

    山田 祥岳

    日本医用画像工学会大会予稿集, 

    2021年10月

    (一社)日本医用画像工学会

  • 経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)における術前・術後のCT

    山田 祥岳, 山田 稔, 松本 俊亮, 横山 陽一, 鈴木 達也, 橋本 正弘, 陣崎 雅弘

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集, 

    2021年08月

    (公社)日本医学放射線学会

  • 立位CTを用いた立位自然肢位における健常上肢アライメントの評価

    吉田 勇樹, 松村 昇, 山田 祥岳, 平賀 聡, 大木 聡, 山田 稔, 横山 陽一, 松本 守雄, 中村 雅也, 名倉 武雄, 陣崎 雅弘

    日本整形外科学会雑誌, 

    2021年08月

    (公社)日本整形外科学会

  • 反射マーカーを用いた肩関節の三次元動作解析の検証 立位四次元CTを用いた評価

    吉田 勇樹, 松村 昇, 宮本 梓, 横山 陽一, 山田 稔, 山田 祥岳, 松本 守雄, 中村 雅也, 名倉 武雄, 陣崎 雅弘

    日本整形外科学会雑誌, 

    2021年08月

    (公社)日本整形外科学会

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 立位CTによる人体機能の解明~健康長寿の時代を見据えて~

    2021年04月
    -
    2024年03月

    慶應義塾大学, 科学研究費助成事業, 陣崎 雅弘、秋田 大宇, 山田 稔, 山田 祥岳, 稲本 陽子, 秋田 恵一, 大竹 義人, 橋本 正弘, 基盤研究(B), 未設定

     研究概要を見る

    これまでのCTは患者さんが仰向けに寝た臥位の静止撮影で、器質的疾患の定量・定性評価を担ってきた。それにより、生命予後の改善に貢献してきたが、動態である機能の定量・定性評価はほとんどできていなかった。現在は、超高齢化社会であり、生命予後と同時に健康長寿であることもとても重要である。
    我々は、立位や座位での4次元画像が可能なCT(立位/座位CT)を開発した。これを用いて、健康長寿に必須である嚥下機能・排尿機能・歩行機能を健常人および患者さんにおいて3次元・4次元的に解明し、機能障害の機序と重症度分類、機能改善の指標になる所見を明らかにしていきたい。

  • 力学解析向け個別人体相同モデル生成手法の開発

    2021年04月
    -
    2024年03月

    国立研究開発法人産業技術総合研究所, 科学研究費助成事業, 遠藤 維、多田 充徳, 鮎澤 光, 丸山 翼, 栗田 雄一, 名倉 武雄, 山田 祥岳, 基盤研究(B), 未設定

     研究概要を見る

    本研究は、以下の3つの研究題目からなる。1) 個人別人体ボリュームモデル構築手法の開発:ボディスキャナから得られた個人の人体表皮形状から、CT画像テンプレートを使用して個人の人体ボリュームモデルを構築する。2) 個人別人体力学特性の同定手法の開発:1)より得られた個人の人体ボリュームモデルにもとづき、標準動作の計測データを入力として、個人の人体力学特性を同定する。3) 筋活性度に基づく力知覚量推定手法の開発:自身が発揮する接触力の大きさについて、どのように知覚しているかを、筋活性度を用いてモデル化する。

  • 先進的MRリンパ管造影と光音響、立位CTが切り開くリンパ管疾患の革新的診断と治療

    2021年04月
    -
    2024年03月

    慶應義塾大学, 曽我 茂義、奥田 茂男, 井上 政則, 貴志 和生, 鈴木 悠史, 山田 稔, 山田 祥岳, 基盤研究(C), 未設定

     研究概要を見る

    リンパ疾患はリンパ浮腫だけでも世界に1.7億人の患者がおり、癌患者の増加、手術の高度化などを背景に増加している。しかしリンパ系は殆どの疾患で診断も治療も十分に確立されていない。この主な原因はリンパ管の簡便な画像診断がなく、現在でも可視化が容易ではない事にある。従って、画像診断の進歩によるリンパ管の可視化と動態の解明が、これらの診療と研究を導くキーである。本研究では、先進的MRイメージングと独自のマルチモダリティアプローチにより、リンパ系の新規画像診断法の確立を目指す。リンパ管画像診断のレベルを押し上げ、より低侵襲で精密な治療へ展開する事で、リンパ管疾患に苦しむ多くの患者に福音をもたらしたい。

  • 逐次近似法再構成冠動脈CTが臨床転帰に与える影響に関する多施設無作為化比較試験

    2020年04月
    -
    2024年03月

    東北大学, 大田 英揮、後岡 広太郎, 河野 淳, 西井 達矢, 北川 覚也, 城戸 輝仁, 山田 祥岳, 富澤 信夫, 真鍋 徳子, 尾田 済太郎, 立神 史稔, 堀井 陽祐, 基盤研究(C), 未設定

     研究概要を見る

    近年,CT装置の発展に伴い,従来法の冠動脈CT撮影法と比較して,より低被曝で撮像できる,逐次近似法を用いた冠動脈CT検査が臨床に導入されてきた.しかし,新たなCT検査法が,従来の方法と比較して,患者の診療に同等の価値を与えているかどうか,明確なエビデンスが不足している.
    本研究では,従来の冠動脈CT検査法と新たな検査法を比較して,その後の患者の診療の流れ,および臨床的な転帰を比較検討する.本研究は国内多施設が参加する無作為化比較試験である.

  • 立位CTを用いた、立位で症状が増悪する疾患の病態解明と病変の定量化

    2020年04月
    -
    2023年03月

    慶應義塾大学, 山田 祥岳、山田 稔, 橋本 正弘, 鈴木 達也, 成田 啓一, 基盤研究(C), 未設定

     研究概要を見る

    現在の画像診断学において、CTは単純X線写真よりも基本的に診断能が高い。ただし、単純X線写真は立位で撮影可能であるが、CTは立位で撮影できない、という決定的な違いがあった。現在の通常のCTは臥位で撮影されるため、ヒトの日常生活の状態(立位/座位)を反映しておらず、立位で増悪する病態を3次元的に画像化できていなかった。そこで我々は、国内メーカーと共同で320列立位CTを開発し、慶應義塾大学病院に世界第1号機を導入した(座位撮影も可能)。本研究では、新たな診断機器である立位CTを用いて、立位で症状が増悪する疾患の病態を画像的に明らかにし、立位/座位での新たな画像診断法の確立と病態の定量化を目指す。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第102回 北米放射線学会 最優秀演題賞(Magna Cum Laude Award)

    2016年11月, 北米放射線学会, Dynamic Chest Radiography Using Flat Panel Detector System: Technique and Applications

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: アメリカ合衆国

  • 第79回 日本医学放射線学会総会 CyPos賞 プラチナメダル(最優秀演題賞)

    山田祥岳, 山田稔, 横山陽一, 田邊晃子, 松岡志保, 新島友輝, 村田満, 福永興壱, 中鉢正太郎, 陣崎雅弘. , 2020年06月, 日本医学放射線学会, 通常CTと立位CTを用いた、臥位・立位・座位での吸気・呼気の肺/肺葉容積の比較

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第103回 北米放射線学会 優秀演題賞(Certificate of Merit Award)

    2017年11月, 北米放射線学会, Four-dimensional (4D) Computed Tomography (CT) with Non-rigid Registration Between Adjacent Phases Before and After Transcatheter Aortic Valve Implantation (TAVI): One Step Forward Into the Future

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: アメリカ合衆国

  • 日本医用画像工学会 功績賞

    陣崎 雅弘, 山田 祥岳, 山田 稔, 横山 陽一, 名倉 武雄, 荻原 直道, 信藤 康孝, 中野 真, 2022年07月, 日本医用画像工学会, 全身型立位CT装置の開発

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第80回 日本医学放射線学会総会 CyPos賞 シルバーメダル

    山田祥岳, 中鉢正太郎, 山田稔, 横山陽一, 田邊晃子, 松岡志保, 新島友輝, 村田満, 福永興壱, 陣崎雅弘., 2021年04月, 日本医学放射線学会, 慢性閉塞性肺疾患における立位CTでの肺体積計測値と呼吸機能検査の関係:臥位CTとの比較

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 慢性冠動脈疾患診断ガイドライン(2018年改訂版) 協力員として分担執筆

    2019年03月

     内容を見る

    慢性冠動脈疾患診断ガイドライン(2018年改訂版) 協力員として分担執筆

  • 2016年01月

     内容を見る

    平成27年度 上原記念生命科学財団 海外留学助成リサーチフェローシップ受領

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 臨床実習入門

    2022年度

  • 臨床実習入門:医療面接

    2020年度, 実習・実験, 110人

  • 臨床実習入門:画像診断-胸部、呼吸器

    2020年度, 通年, 実習・実験, 専任, 110人

  • 胸部の画像診断

    2020年度, 通年, 実習・実験, 専任, 110人

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 肝・胆・膵の画像診断

    慶應義塾大学医学部

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 骨盤腔の画像診断

    慶應義塾大学医学部

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 肝・胆・膵の画像診断

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    通年

  • 肝・胆・膵の画像診断

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    通年, 実習・実験

  • 女性骨盤臓器の画像診断

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    通年, 実習・実験

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • OSCE担当

    2019年04月
    -
    継続中

    , その他特記事項

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医学放射線学会, 

    2006年
    -
    継続中
  • 日本超音波医学会, 

    2014年
    -
    継続中
  • 日本核医学会, 

    2013年
    -
    継続中
  • 北米放射線学会, 

    2010年
    -
    継続中
  • 日本循環器学会, 

    2014年
    -
    継続中

全件表示 >>