中原 健裕 (ナカハラ タケヒロ)

Nakahara, Takehiro

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 日本メジフィジックス核医学寄附講座 (信濃町)

職名

特任講師(有期)

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2004年09月

    群馬大学医学部付属病院

  • 2004年10月
    -
    2008年03月

    独立行政法人国立病院機構 高崎病院

  • 2006年04月
    -
    2010年03月

    群馬大学大学院

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

    群馬大学医学部付属病院 循環器内科

  • 2013年04月
    -
    2014年08月

    群馬大学医学部付属病院 循環器内科

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2003年03月

    群馬大学, 医学部, 医学科

    大学, 卒業, 修士

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    群馬大学, 医学系研究科

    大学院, 卒業, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 群馬大学, 課程, 2010年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許 , 2003年04月

  • 日本内科学会:認定内科医, 2006年

  • 日本循環器学会:循環器専門医, 2010年

  • 医学博士, 2010年03月

  • 日本核医学会:核医学専門医, 2013年

全件表示 >>

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    継続中

    RI運営委員会

     活動内容を見る

    RI運営に関して、各科の意見を調整する。

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 放射線科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 動脈硬化

  • 循環器イメージング

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 動脈硬化, 

    2006年
    -
    継続中

  • 分子イメージング, 

    2014年
    -
    継続中

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • RIカテーテルについて

    大学等の研究機関との共同研究を希望する,  希望形態: 共同研究

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 内科学書 改訂第9版:X線CT

    中原健裕、奥田茂男、陣崎雅弘, 中山書店, 2019年,  ページ数: Vol 3,p65-69

  • Rat model of cardiotoxic drug-induced cardiomyopathy

    Nakahara T., Tanimoto T., Petrov A., Ishikawa K., Strauss H., Narula J., Methods in Molecular Biology, 2018年

     概要を見る

    Cardiotoxicity from cancer drugs remains a clinical problem. To find reliable markers of cardiotoxicity, animal models were proposed and potential new diagnostic, markers have been actively investigated using these models. Here we describe our protocols, using male Sprague-Dawley rats, for inducing cardiomyopathy by single injection of high-dose doxorubicin (5–10, mg/kg) or multiple injections (2–4 times) of low-dose doxorubicin (2.5, mg/kg) with combined single injection of trastuzumab (10, mg/kg). The cardiotoxicity is evaluated by imaging modalities (echocardiography and nuclear imaging), serum troponin levels, and histopathological analyses.

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of gravity on brain structure as indicated on upright computed tomography

    Yokoyama Y., Yamada Y., Kosugi K., Yamada M., Narita K., Nakahara T., Fujiwara H., Toda M., Jinzaki M.

    Scientific Reports (Scientific Reports)  11 ( 1 ) 392 2021年12月

    ISSN  2045-2322

     概要を見る

    We aimed to use upright computed tomography (CT) to depict posture-related changes in the brain tissue under normal gravity. Thirty-two asymptomatic volunteers underwent upright CT in the sitting position and conventional CT in the supine position on the same day. We compared the shift of the pineal body, cerebellar tonsil, the length of pituitary stalk, optic nerve sheath area and perimeter (ONSA and ONSP, respectively), and lateral ventricular volume between the supine and sitting positions. We also compared shape changes of the cerebrospinal fluid (CSF) spaces at different sites between both positions. In the sitting position, the pineal body shifted 0.68 ± 0.27 mm in the ventral direction and 0.76 ± 0.24 mm in the caudal direction, the length of pituitary stalk decreased by 1.23 ± 0.71 mm, the cerebellar tonsil descended by 2.10 ± 0.86 mm, the right ONSA decreased by 15.21 ± 6.54%, the left ONSA decreased by 15.30 ± 7.37%, the right ONSP decreased by 8.52 ± 3.91%, the left ONSP decreased by 8.20 ± 4.38%, and the lateral ventricular volume decreased by 5.07 ± 3.24% (all P < 0.001). We also observed changes in the shape of CSF spaces with changes in posture. We concluded that the intracranial structure of healthy subjects and volume of ventricles changed according to posture on Earth.

  • Three-dimensional evaluation of the coccyx movement between supine and standing positions using conventional and upright computed tomography imaging

    Yagi F., Yamada Y., Yamada M., Yokoyama Y., Mukai K., Nakahara T., Narita K., Jinzaki M.

    Scientific Reports (Scientific Reports)  11 ( 1 ) 6886 2021年12月

    ISSN  2045-2322

     概要を見る

    Currently, no three-dimensional reference data exist for the normal coccyx in the standing position on computed tomography (CT); however, this information could have utility for evaluating patients with coccydynia and pelvic floor dysfunction. Thus, we aimed to compare coccygeal parameters in the standing versus supine positions using upright and supine CT and evaluate the effects of sex, age, and body mass index (BMI) on coccygeal movement. Thirty-two healthy volunteers underwent both upright (standing position) and conventional (supine position) CT examinations. In the standing position, the coccyx became significantly longer and straighter, with the tip of the coccyx moving backward and downward (all p < 0.001). Additionally, the coccygeal straight length (standing/supine, 37.8 ± 7.1/35.7 ± 7.0 mm) and sacrococcygeal straight length (standing/supine, 131.7 ± 11.2/125.0 ± 10.7 mm) were significantly longer in the standing position. The sacrococcygeal angle (standing/supine, 115.0 ± 10.6/105.0 ± 12.5°) was significantly larger, while the lumbosacral angle (standing/supine, 21.1 ± 5.9/25.0 ± 4.9°) was significantly smaller. The migration length of the tip of the coccyx (mean, 7.9 mm) exhibited a moderate correlation with BMI (r = 0.42, p = 0.0163). Our results may provide important clues regarding the pathogenesis of coccydynia and pelvic floor dysfunction.

  • Saphenous vein valve assessment utilizing upright CT to potentially improve graft assessment for bypass surgery

    Nakahara T., Yamada M., Yokoyama Y., Yamada Y., Narita K., Imanishi N., Yamazaki M., Shimizu H., Narula J., Jinzaki M.

    Scientific Reports (Scientific Reports)  11 ( 1 ) 11602 2021年12月

    ISSN  2045-2322

     概要を見る

    Saphenous veins (SVs) are frequently employed as bypass grafts. The SV graft failure is predominantly seen at the valve site. Avoiding valves during vein harvest would help reduce graft failure. We endeavored to detect SV valves, tributaries, and vessel size employing upright computed tomography (CT) for the raw cadaver venous samples and in healthy volunteers. Five cadaver legs were scanned. Anatomical analysis showed 3.0 (IQR: 2.0–3.0) valves and 13.50 (IQR: 10.00–16.25) tributaries. The upright CT completely detected, compared to 2.0 (IQR: 1.5–2.5, p = 0.06) valves and 9.5 (IQR: 7.5–13.0, p = 0.13) tributaries by supine CT. From a total of 190 volunteers, 138 (men:75, women:63) were included. The number of valves from the SF junction to 35 cm were significantly higher in upright CT than in supine CT bilaterally [upright vs. supine, Right: 4 (IQR: 3–5) vs. 2 (IQR:1–2), p < 0.0001, Left: 4 (IQR: 3–5) vs. 2 (IQR: 1–2), p < 0.0001]. The number of tributaries and vessel areas per leg were also higher for upright compared with supine CT. Upright CT enables non-invasive detection of SV valves, tributaries, and vessel size. Although not tested here, it is expected that upright CT may potentially improve graft assessment for bypass surgery.

  • JCS 2018 Guideline on Diagnosis of Chronic Coronary Heart Diseases

    Yamagishi M., Tamaki N., Akasaka T., Ikeda T., Ueshima K., Uemura S., Otsuji Y., Kihara Y., Kimura K., Kimura T., Kusama Y., Kumita S., Sakuma H., Jinzaki M., Daida H., Takeishi Y., Tada H., Chikamori T., Tsujita K., Teraoka K., Nakajima K., Nakata T., Nakatani S., Nogami A., Node K., Nohara A., Hirayama A., Funabashi N., Miura M., Mochizuki T., Yokoi H., Yoshioka K., Watanabe M., Asanuma T., Ishikawa Y., Ohara T., Kaikita K., Kasai T., Kato E., Kamiyama H., Kawashiri M., Kiso K., Kitagawa K., Kido T., Kinoshita T., Kiriyama T., Kume T., Kurata A., Kurisu S., Kosuge M., Kodani E., Sato A., Shiono Y., Shiomi H., Taki J., Takeuchi M., Tanaka A., Tanaka N., Tanaka R., Nakahashi T., Nakahara T., Nomura A., Hashimoto A., Hayashi K., Higashi M., Hiro T., Fukamachi D., Matsuo H., Matsumoto N., Miyauchi K., Miyagawa M., Yamada Y., Yoshinaga K., Wada H., Watanabe T., Ozaki Y., Kohsaka S., Shimizu W., Yasuda S., Yoshino H.

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society (Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society)  85 ( 4 ) 402 - 572 2021年03月

    ISSN  13469843

  • Quantification of adipose tissue around the aortic aneurysm -at the dawn of a new era

    Okuda S., Yamada Y., Nakahara T., Jinzaki M.

    Circulation Journal (Circulation Journal)  85 ( 12 ) 2181 - 2183 2021年

    ISSN  13469843

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 画像をリファレンスとした循環器臨床診断における機械学習

    中原健裕、奥田茂男、陣崎雅弘

    画像診断 (学研メディカル秀潤社)   2021年07月

    共著, 筆頭著者, 責任著者

  • 動脈硬化におけるNaF-PET/CTの意義

    中原健裕、岩淵雄、宮澤雷太、藤林靖久、陣崎 雅弘

    Innervation (インナービジョン)   2021年03月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 筆頭著者, 責任著者

  • 【Precision Medicine時代のCardiac Imaging 2021 技術革新が切り開く循環器画像診断の未来(前編)CT/血管撮影装置/核医学装置】核医学装置 循環器領域における臨床の最前線と技術の到達点 核医学装置の技術革新が広げる循環器画像診断の可能性 動脈硬化におけるNaF-PET/CTの意義

    中原 健裕, 岩淵 雄, 宮澤 雷太, 藤林 靖久, 陣崎 雅弘

    INNERVISION ((株)インナービジョン)  36 ( 4 ) 65 - 67 2021年03月

    ISSN  0913-8919

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における心筋イメージング

    中原健裕、奥田茂男、陣崎雅弘

    画像診断 (学研メディカル秀潤社)   2021年01月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 筆頭著者, 責任著者

  • 腹部大動脈における18F-NaF集積と血管石灰化の経時的変化における関係性

    中原 健裕, 岩渕 雄, 宮澤 雷太, 冨田 快, Narula Jagat, Fox Josef J., 陣崎 雅弘, Strauss H. William

    核医学 ((一社)日本核医学会)  58 ( Suppl. ) S210 - S210 2021年

    ISSN  0022-7854

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Temporal relationship between 18F-sodium fluoride uptake and evolution of CT-verified vascular calcification in Abdominal Aorta

    Takehiro Nakahara, Jagat Narula, Josef J. Fox, Masahiro Jinzaki, H. William Strauss,

    2021年03月

    口頭発表(一般)

  • Temporal relationship between 18F-sodium fluoride uptake and evolution of CT-verified vascular calcification in Abdominal Aorta

    Takehiro Nakahara, Jagat Narula, Josef J. Fox, Masahiro Jinzaki, H. William Strauss,

    日本循環器学会第85回学術集会, 

    2021年03月

    口頭発表(一般)

  • 陰茎動脈における18F-Fluoride PET画像はErectile Dysfunctionと相関する。

    Takehiro Nakahara, Jagat Narula, Sunil Agarwal, Mohammed M. Chowdhury, Patrick A. Coughlin, Marc Dweck, James Rudd, Masahiro Jinzaki, John Mulhall,, H. William Strauss,

    第60回 日本核医学会学術総会, 

    2020年11月

    口頭発表(一般)

  • 心不全のマルチモダリティイメージング: opening

    中原健裕

    日本循環器学会第84回学術集会, 

    2020年07月

    口頭発表(基調)

  • 心不全のマルチモダリティイメージング: Multimodality Imaging in Ischemic Cardiomyopathy

    中原健裕

    日本循環器学会第84回学術集会, 

    2020年07月

    口頭発表(招待・特別)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • PETによる炎症から石灰化に至る変化の観察:プラーク破綻予測・新規治療標的の検索

    2021年04月
    -
    2025年03月

    補助金,  研究代表者

  • PETによる炎症から石灰化に至る変化の観察:プラーク破綻予測・新規治療標的の検索

    2021年04月
    -
    継続中

    日本学術振興会, 補助金,  研究代表者

  • 新しい脆弱プラーク評価法の確立に向けた血管内放射線検出カテーテルの開発

    2019年04月
    -
    継続中

    日本学術振興会, 補助金,  研究分担者

  • 先進医療研究振興財団 平成30年度循環医学分野 若手研究助成

    2018年12月
    -
    2019年11月

    補助金,  研究代表者

  • MSD生命科学財団研究助成2018 ‐生活習慣病領域‐

    2018年11月
    -
    2020年10月

    補助金,  研究代表者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2015-2017 SNMMI Wagner-Torizuka fellowship

    2015年03月

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 上原記念生命科学財団 ポストドクトラルフェローシップ

    2014年01月

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 第16回心世代核医学研究会 最優秀賞

    2013年11月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Best Young Investigator Award Finalist in the 6th Congress of Asian Society of Cardiovascular Imaging (ASCI). (2012, Bangkok, Thailand)

    2012年06月

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Young Investigator Award Finalist in the SCCT (Society of Cardiovascular Computed Tomography)’s 6th Annual Scientific Meeting. (2011, Denver, CO,USA)

    2011年07月

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

 

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • Molecular imaging for vulnerable plaque

    2021年09月

    , その他特記事項

     内容を見る

    PCI Optimization by Physiology And Imaging 2020におけるvulnerable plaqueに関する教育的講演(招待講演)

  • Molecular imaging for vulnerable plaque

    2019年11月

    , その他特記事項

     内容を見る

    PCI Optimization by Physiology And Imaging 2019におけるvulnerable plaqueに関する教育的講演(招待講演)

  • 分子イメージングによる不安定プラークの検出 :基礎から臨床へ

    2019年07月

    , その他特記事項

     内容を見る

    第29回日本心臓核医学会総会・学術大会における分子イメージングによる不安定プラークの検出に関しての、基礎から臨床へわたる教育的講演(招待講演)

  • Molecular imaging for vulnerable plaque

    2018年10月

    , その他特記事項

     内容を見る

    PCI Optimization by Physiology And Imaging2018における、vulnerable plaqueに関する教育的講演(招待講演)

  • 画像から見る動脈硬化の基礎的研究

    2018年09月

    , 実務の経験を有する者についての特記事項

     内容を見る

    第9回 MCVI Multi-modality Cardio Vascular Imagingでの教育的講演(招待講演)

全件表示 >>

 

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 心不全のマルチモダリティイメージング

    日本循環器学会第84回学術集会, 

    2020年07月
    -
    2020年08月

  • 日本循環器学会 / 循環器病の診断と治療に関するガイドライン「慢性冠動脈疾患診断ガイドライン(2018年度改訂版)

    2018年
    -
    2019年03月

     概要を見る

    日本循環器学会 / 循環器病の診断と治療に関するガイドライン「慢性冠動脈疾患診断ガイドライン(2018年度改訂版)」
    日本循環器学会 2019年3月29日発行
    に協力員として協力した。

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • American College of Cardiology, 

    2014年
    -
    継続中
  • Society of Nuclear Medicine and Molecular Imaging (SNMMI), 

    2014年
    -
    継続中
  • 日本核医学学会, 

    2011年
    -
    継続中
  • 日本医学放射線学会, 

    2010年
    -
    継続中
  • 日本循環器学会, 

    2004年
    -
    継続中

全件表示 >>