前田 貴記 (マエダ タカキ)

Maeda, Takaki

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 精神・神経科学教室 (信濃町)

職名

専任講師

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学医学部精神神経科 精神病理学研究室(http://psy.keiomed.jp/byouri.html)
    慶應義塾大学医学部精神神経科 計算論的精神医学研究室(http://psy.keiomed.jp/computation.html)

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 東京大学大学院工学系研究科精密工学専攻, 客員研究員

  • 早稲田大学大学院(文学研究科), 非常勤講師

  • 駒木野病院精神医学行動科学研究所, 客員研究員

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1987年03月

    東京都立白鷗高等学校

    卒業

  • 1989年04月
    -
    1995年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学

  • 2006年04月
    -
    2010年03月

    慶應義塾, 大学院医学研究科

    博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 2012年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許(厚生労働省), 1995年05月

  • 精神保健指定医(厚生労働省), 2000年

  • 精神科専門医(日本精神神経学会), 2009年10月

  • 精神科専門医制度指導医(日本精神神経学会), 2006年04月

  • 柔道初段(講道館), 1986年03月

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 学術会議叢書26・社会脳から心を探る-自己と他者をつなぐ社会適応の脳内メカニズム

    今水寛・大木紫・前田貴記・村田哲, 日本学術協力財団, 2020年02月

    担当範囲: 社会脳から見た自己と身体意識,  担当ページ: 147-166

  • 身体性システムとリハビリテーションの科学2 身体認知

    前田 貴記, 東京大学出版会, 2018年12月

    担当範囲: 精神疾患における身体意識の異常

  • 「精神科レジデントマニュアル」

    前田 貴記, 医学書院, 2017年03月

    担当範囲: 統合失調症

  • 「精神科レジデントマニュアル」

    前田 貴記, 医学書院, 2017年03月

    担当範囲: 幻覚・妄想

  • 「精神科レジデントマニュアル」

    前田 貴記, 医学書院, 2017年03月

    担当範囲: 希死念慮を伴う妄想―微小妄想など

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • The time window for sense of agency in school-age children is different from that in young adults

    Satoshi Nobusako, Taeko Tsujimoto, Ayami Sakai, Takashi Shuto, Yuri Hashimoto, Emi Furukawa, Michihiro Osumi, Akio Nakai, Takaki Maeda, Shu Morioka

    Cognitive Development 54 ( 100891 )  2020年05月

    共著, 査読有り

  • せん妄ともうろう状態の概念

    新井脩泰、前田貴記

    臨床精神医学 49 ( 3 ) 341 - 346 2020年03月

    査読無し

  • Manual Dexterity is not Related to Media Viewing but is Related to Perceptual Bias in School-Age Children.

    Nobusako S, Tsujimoto T, Sakai A, Shuto T, Furukawa E, Osumi M, Nakai A, Maeda T, Morioka S

    Brain sciences (Brain Sciences)  10 ( 2 ) 100 2020年02月

    査読有り

     概要を見る

    © 2020 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Although the media can have both negative and positive effects on children’s cognitive and motor functions, its influence on their perceptual bias and manual dexterity is unclear. Thus, we investigated the association between media viewing time, media preference level, perceptual bias, and manual dexterity in 100 school-aged children. Questionnaires completed by children and their parents were used to ascertain media viewing time and preference levels. Perceptual bias and manual dexterity were measured using the visual-tactile temporal order judgment task and Movement Assessment Battery for Children—2nd edition, respectively. There were significant positive correlations between age and media viewing time and between media viewing time and media preference level. There was also a significant negative correlation between visual bias and manual dexterity. Hierarchical multiple regression analysis revealed that increasing visual bias was a significant predictor of decreasing manual dexterity. Further, children with low manual dexterity showed significant visual bias compared to those with high manual dexterity, when matched for age and gender. The present results demonstrated that, in school-aged children, although viewing media was not associated with perceptual bias and manual dexterity, there was a significant association between perceptual bias and manual dexterity.

  • Sense of Agency:自己意識の神経心理学

    前田貴記

    神経心理学 35   178 - 186 2019年12月

    査読無し

  • Automated inference of cognitive performance by fusing multimodal information acquired by smartphone

    Hamatani T., Ochiai K., Inagaki A., Yamamoto N., Fukazawa Y., Kimoto M., Kiriu K., Kaminishi K., Ota J., Terasawa Y., Okimura T., Maeda T.

    UbiComp/ISWC 2019- - Adjunct Proceedings of the 2019 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2019 ACM International Symposium on Wearable Computers (UbiComp/ISWC 2019- - Adjunct Proceedings of the 2019 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2019 ACM International Symposium on Wearable Computers)     921 - 928 2019年09月

    ISSN  9781450368698

     概要を見る

    © 2019 Association for Computing Machinery. Recognizing human cognitive performance is important for preserving working efficiency and preventing human error. This paper presents a method for estimating cognitive performance by leveraging multiple information available in a smartphone. The method employs the Go-NoGo task to measure cognitive performance, and fuses contextual and behavioral features to identify the level of performance. It was confirmed that the proposed method could recognize whether cognitive performance was high or low with an average accuracy of 71%, even when only referring to inertial sensor logs. Combining sensing modalities improved the accuracy up to 74%.

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 主体性の精神医学:こころと身体の重なるところ

    前田貴記

    日本精神病理学会第42回大会 (学術総合センター) , 2019年10月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 精神疾患における身体意識の異常に対する認知リハビリテーション:スマートフォンを利用したagency tuningの試み

    前田 貴記

    第3回公開シンポジウム「身体意識と協調運動:身体性システムのリハビリテーション」 (東京大学本郷キャンパス) , 2019年09月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 新学術領域研究(研究領域提案型)脳内身体表現の変容機構の理解と制御

  • 統合失調症における自我障害の精神病理学

    前田 貴記

    第115回日本精神神経学会学術総会, 2019年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • The role of the right insula in Sense ofAgency -supportive datafrom neurosurgicalcases-

    前田 貴記

    The 16th Asian Oceanian Congress of Neurology (Seoul, Korea) , 2018年11月, 口頭(一般)

  • 統合失調症におけるスペクトラム概念の導入の意義と問題点

    前田 貴記

    第38回日本精神科診断学会 (埼玉県川越市) , 2018年10月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 超適応 Hyper-Adaptability

    2020年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省, 新学術領域研究(研究領域提案型), 補助金,  代表

  • 機械学習によるスマートフォンログからストレス状態を推定する技術の開発

    2016年
    -
    継続中

    NTTdocomo株式会社, 共同研究契約,  代表

  • 脳内身体表現の変容機構の理解と制御

    2014年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省, 新学術領域研究(研究領域提案型), 補助金,  分担

Works 【 表示 / 非表示

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 統合失調症を診断するためのデータを取得する方法、装置、プログラム及び記録媒体

    特許: 第6560765号  2019年07月

    特許, 単独, 国内出願

  • 主体感に関するゲーム装置及びプログラム

    特願: 2019-166203  2019年 

    特許, 単独, 国内出願

  • 推定処理装置及び推定モデル構築装置

    特願: 2019-071862  2019年 

    特許, 共同, 国内出願

  • ユーザ状態推定装置

    特願: 2019-108692  2019年 

    特許, 共同, 国内出願

  • 統合失調症を診断するための方法および装置:Sense of agency task (Keio method)およびTemporal order judgment task (Keio method)

    特願: 2017-556089  2017年 

    特許, 単独, 国内出願

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • EEP:early exposure program (慶應医学部第1学年)

    2020年度, 実習・実験

  • 神経科学特殊研究-神経科学と精神医学の接点(慶應文学部大学院)

    2020年度

  • 精神病理学(早稲田大学大学院文学研究科)

    2020年度, 通年

  • 精神医学臨床実習「精神科診断学」講義(慶應医学部第5・6学年)

    2020年度, 通年, 実習・実験

  • 精神医学講義(慶應医学部第4学年)

    2020年度