Maeda, Takaki

写真a

Affiliation

School of Medicine, Department of Neuropsychiatry (Shinanomachi)

Position

Assistant Professor/Senior Assistant Professor

Profile Summary 【 Display / hide

  • 慶應義塾大学医学部精神神経科 精神病理学研究室(http://psy.keiomed.jp/byouri.html)
    慶應義塾大学医学部精神神経科 計算論的精神医学研究室(http://psy.keiomed.jp/computation.html)

Other Affiliation 【 Display / hide

  • 桜ヶ丘記念病院精神科, 非常勤医師

  • 東京大学大学院工学系研究科精密工学専攻, 客員研究員

  • 早稲田大学大学院(文学研究科), 非常勤講師

  • 駒木野病院精神医学行動科学研究所, 客員研究員

Academic Background 【 Display / hide

  • 1984.04
    -
    1987.03

    都立白鷗高等学校

    Other

  • 1989.04
    -
    1995.03

    Keio University, 医学部

    University

  • 2006.04
    -
    2010.03

    Keio University, 大学院医学研究科

    Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 博士(医学), Keio University, 2012.03

Licenses and Qualifications 【 Display / hide

  • 医師免許(厚生労働省), 1995.05

  • 精神保健指定医(厚生労働省), 2000.12

  • 精神科専門医(日本精神神経学会), 2009.10

  • 精神科専門医制度指導医(日本精神神経学会), 2006.04

  • 柔道初段(講道館), 1986.03

display all >>

 

Books 【 Display / hide

  • 学術会議叢書26・社会脳から心を探る-自己と他者をつなぐ社会適応の脳内メカニズム

    今水寛・大木紫・前田貴記・村田哲, 日本学術協力財団, 2020.02

    Scope: 社会脳から見た自己と身体意識,  Contact page: 147-166

  • 身体性システムとリハビリテーションの科学2 身体認知

    ''Maeda,'' Takaki, 東京大学出版会, 2018.12

    Scope: 精神疾患における身体意識の異常

  • 「精神科レジデントマニュアル」

    ''Maeda,'' Takaki, 医学書院, 2017.03

    Scope: 統合失調症

  • 「精神科レジデントマニュアル」

    ''Maeda,'' Takaki, 医学書院, 2017.03

    Scope: 幻覚・妄想

  • 「精神科レジデントマニュアル」

    ''Maeda,'' Takaki, 医学書院, 2017.03

    Scope: 希死念慮を伴う妄想―微小妄想など

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • Passive Way of Measuring QOL/Well-being Levels Using Smartphone Log

    Wenhao Yao, Kohei Kaminishi , Naoki Yamamoto, Takashi Hamatani, Yuki Yamada, Takahiro Kawada, Satoshi Hiyama, Tsukasa Okimura, Yuri Terasawa, Takaki Maeda, Masaru Mimura and Jun Ota

    Frontier in Digital Health (Frontiers in Digital Health)  4   780566 2022.03

    Accepted

     View Summary

    Research on mental health states involves paying increasing attention to changes in daily life. Researchers have attempted to understand such daily changes by relying on self-reporting through frequent assessment using devices (smartphones); however, they are mostly focused on a single aspect of mental health. Assessing the mental health of a person from various perspectives may help in the primary prevention of mental illness and the comprehensive measurement of mental health. In this study, we used users' smartphone logs to build a model to estimate whether the scores on three types of questionnaires related to quality of life and well-being would increase compared to the previous week (fluctuation model) and whether they would be higher compared to the average for that user (interval model). Sixteen participants completed three questionnaires once per week, and their smartphone logs were recorded over the same period. Based on the results, estimation models were built, and the F-score ranged from 0.739 to 0.818. We also analyzed the features that the estimation model emphasized. Information related to “physical activity,” such as acceleration and tilt of the smartphone, and “environment,” such as atmospheric pressure and illumination, were given more weight in the estimation than information related to “cyber activity,” such as usage of smartphone applications. In particular, in the Positive and Negative Affect Schedule (PANAS), 9 out of 10 top features in the fluctuation model and 7 out of 10 top features in the interval model were related to activities in the physical world, suggesting that short-term mood may be particularly heavily influenced by subjective activities in the human physical world.

  • 時空間的なスマートフォンログ分析に基づく利用者のストレス推定手法

    濱谷尚志, 落合桂一, 山本直樹, 深澤佑介, 木本勝敏, 上西康平, 太田順, 寺澤悠理, 沖村宰, 前田貴記

    情報処理学会論文誌 62 ( 4 ) 1 - 15 2021.04

    Accepted

  • Influence of Stochastic Resonance on Manual Dexterity in Children With Developmental Coordination Disorder: A Double-Blind Interventional Study

    Satoshi Nobusako, Michihiro Osumi, Atsushi Matsuo, Emi Furukawa, Takaki Maeda, Sotaro Shimada, Akio Nakai, Shu Morioka

    Frontiers in Neurology (Frontiers in Neurology)  12   626608 2021.03

    Accepted

     View Summary

    Background: There is increasing evidence that the stochastic resonance (SR) phenomenon provided by subthreshold mechanical noise stimulation improves the sensory-motor system. However, the effect of SR on children with developmental coordination disorder (DCD) is unclear. The purpose of this study was to assess whether SR activated by subthreshold vibrotactile noise stimulation of the wrist influences manual dexterity in children with DCD. Methods: A double-blind interventional study was conducted. Participants were 30 children (age: 9.3 ± 1.44 years, range 6–11 years; 27 male, three female; 25 right-handed, five left-handed) meeting DCD diagnostic criteria in DSM-5. The manual dexterity test was administered the day before SR intervention (baseline-data). SR was elicited using subthreshold vibrotactile noise stimulation at 60% of the vibrotactile threshold measured at the wrist. SR was delivered two times and the manual dexterity test was administered during each SR stimulation block (SR-on condition) and after each SR stimulation block (SR-off), for a total of four measurements. Target outcomes were the component score, the standard score, and the percentile score of the manual dexterity test. Results: The manual dexterity test scores in the SR-on condition were significantly improved compared to scores at the baseline and in the SR-off condition (p < 0.001). Conclusions: The present study showed that subthreshold noise stimulation eliciting SR significantly improved manual dexterity outcomes in children with DCD during stimulation but not after stimulation. Future studies will need to investigate the carry-over effects of SR stimulation.

  • Increased visual bias in children with developmental coordination disorder: Evidence from a visual-tactile temporal order judgment task

    Satoshi Nobusako, Michihiro Osumi, Emi Furukawa, Akio Nakai, Takaki Maeda, Shu Morioka

    Human Movement Science (Human Movement Science)  75   102743 2020.12

    Accepted,  ISSN  0167-9457

     View Summary

    © 2020 Elsevier B.V. Background: Previous studies have suggested that children with developmental coordination disorder (DCD) rely heavily on vision to perform movements, which may contribute to their clumsy movements. However, few studies have objectively and quantitatively investigated the perceptual biases of children with DCD. Methods: A visual-tactile temporal order judgment (TOJ) task was used to measure and compare the perceptual biases of 19 children with DCD and 19 age- and sex-matched typically developing children. The point of subjective equality, which demonstrates when “visual first” and “tactile first” judgment probabilities are equal (50%), obtained by analyzing the results of the visual-tactile TOJ task, was used as an indicator of perceptual biases. Further, variables (age and manual dexterity in all participants; motor function, autism spectrum disorder and attention-deficit hyperactivity disorder traits, and depressive symptoms in children with DCD) associated with perceptual biases were examined with correlation analysis. Results: Children with DCD had significantly stronger visual bias than typically developing children. Overall correlation analysis showed that increased visual bias was significantly correlated with poor manual dexterity. Conclusion: Children with DCD had a strong visual bias, which was associated with poor manual dexterity.

  • Altered sense of agency in children with developmental coordination disorder

    Satoshi Nobusako, Michihiro Osumi, Emi Furukawa, Akio Nakai, Takaki Maeda, Shu Morioka

    Research in Developmental Disabilities (Research in Developmental Disabilities)  107   103794 2020.10

    Accepted,  ISSN  08914222

     View Summary

    © 2020 Elsevier Ltd Background: There is increasing evidence that children with developmental coordination disorder (DCD) have deficits in sensory-motor integration, but it is unclear whether the sense of agency (SoA) generated by sensory-motor integration is altered. Aims: To investigate whether there is a difference in the time window for SoA between children with DCD and typically developing (TD) children. Methods and Procedures: An agency attribution task was used to quantitatively measure and compare the time window for SoA in 15 children with DCD and 46 children in the TD group. Variables that correlated with the time window for SoA were also examined in both groups of children. Outcomes and Results: The time window for SoA was significantly extended in children with DCD compared to TD children. The time window for SoA in TD children was significantly associated with manual dexterity, whereas the time window for SoA in children with DCD was significantly associated with depressive tendency. Conclusions and Implications: The time window for SoA is altered in children with DCD. The present results suggest that there may be a bidirectional relationship between an internal model deficit and depressive tendency and SoA in children with DCD.

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • 自我障害に現れる“他者”の問題:“他者”とは誰れか?

    前田貴記

    日本精神病理学会 第45回大会, 

    2022.09

    Symposium, workshop panel (nominated)

  • 統合失調症に合併する肥満・糖尿病予防ガイドを使用した経験から

    前田貴記

    第118回日本精神神経学会学術総会, 

    2022.06

    Symposium, workshop panel (public)

  • 自己意識の神経科学:sense of agency研究から挑む統合失調症の病態論および治療回復論

    前田貴記

    第15回日本統合失調症学会 (WEB開催) , 

    2021.04

    Symposium, workshop panel (nominated)

     View Summary

     生命科学の領域において、自己とは何か、自己の成立機構はどのようなものかという問いは重要なテーマである。ヒトにおいては、さらに自己であるという意識(自己意識)があるが、その自己意識に異常をきたすような様々な精神疾患があり、特に統合失調症では被影響体験などのような自我障害とよばれる特異な症状がみとめられる。これらの異常について理解するためには、自己意識の成立機構の解明が必要である。
     自己意識は主観的体験であるため実証的に扱うことは方法論的に困難であったが、近年、Sense of Agency:SoA(主体感)というパラダイムで、自己意識の神経科学が発展してきている。SoAとは、自己が行為の「主体(agent)」であるという意識のことである。SoAが重要であるのは、“行為”に伴う体験ということで、こころ(主観)と身体(客観)とが重なる現象と言え、精神病理学と生物学との連繋が可能となるからである。
     統合失調症の診断基準において、自我障害はDSM5では特別視されなくなってしまったものの、ICD11では引き続き採用されているだけでなく、disturbances in self-experienceという表現を用いて、むしろ強調されるようになっている。このように両診断基準で自我障害についての見解が分かれる事態となっていたり、またRDoCにおいてはSelfに関するディメンジョンにおいてAgencyが採用されていることからも、自我障害についての議論は統合失調症の症状論・病態論のためには避けて通れないテーマといえよう。  
     我々は、ヒトのSoAの神経基盤である“Agency Network”として、島皮質、頭頂葉下部領域(縁上回および角回)、皮質正中内側部構造(後部帯状回および楔前部)などの皮質領域に加え、尾状核頭の重要性について明らかにしてきたが、統合失調症では、この“Agency Network”のconnectivityに何らかの異常を来しているとの仮説のもと、connectivityを回復させようという治療方略がありうるものと考えている。具体的な方略として、我々が考案したSoA task(Keio method)を改変し、「Self vs. Non-Self」というSoA判断について正解・不正解のフィードバックを行うことで、“SoAの精度”を向上させようという認知リハビリテーションを進めている。“SoAの精度”を向上させるということは、SoA成立のための予測モデルとしてのフォワードモデルの精度を高めることであり、“Agency Network”の機能再編成を目指すものである。言うなれば、体験から脳へと介入しようとする試みである。SoAの認知リハビリテーションによって、“Agency Network”のconnectivityがどのように再編成されるかについて、今後、resting state f-MRIによるconnectivity解析によって検証していきたい。
     統合失調症は、従来から機能性精神病、すなわち生物学的機構の機能不全であって機能欠損ではないと考えられてきた。自我障害についても、統合失調症の病期や臨床型によって現れが異なっていたり、同一症例でも治療経過によって所見が変化するが、回復する見込みもあるということでもある。統合失調症の薬物療法(薬物によって脳へと介入しようとする治療)については、なかなかブレイクスルーが見込めない現状にあって、体験から脳を変えていこうという治療・リハビリテーションの試みは、今後、ますます重要になってくるものと考えている。

  • 神経疾患・精神疾患の治療回復論:主体性(agency)の”超適応”という観点から

    前田貴記

    第50回日本臨床神経生理学会学術大会 (WEB開催) , 

    2020.11

    Symposium, workshop panel (nominated)

     View Summary

    超高齢化が進む我が国においては、加齢や神経疾患・精神疾患による運動機能障害、高次脳機能障害(認知症、意欲低下、気分障害など)が問題になっている。心身の機能が低下した「フレイルティ」状態は、QOLを低下させ、well-beingにも影響を及ぼすことになる。健康で幸福な生活を送るために、心身の機能を「回復」させるための治療・リハビリテーションの理論、方略の確立が求められている。低下した心身機能を「回復」させるための研究アプローチとしては、まずはニューロンレベル、さらには神経回路レベルでのボトムアップな神経科学的アプローチが重要であるが、一方、心身機能の「回復」は、ボトムアップアプローチだけでは十分ではなく、生きる主体自身の意欲、気分、動機付けなど、意識・アウェアネスのレベルからトップダウンに心身機能にはたらきかけることも重要である。ボトムアップアプローチは、ターゲットとなる心身機能を直接支えている神経系のうち、より局所の神経系へのアプローチとなってしまうが、潜在している、より広汎な神経系を駆動させ、機能を「回復」させるためには、トップダウンアプローチが重要であるものと考える。我々は、「主体性(agency)」という観点から、トップダウンアプローチが、いかに効果的に神経系を再編成させて、心身機能の”超適応”を促通し、「回復」に至らしめるかについての理論、方略の確立を目指す。いわば、こころから脳へと介入し、脳を変えようという試みである。ボトムアップな神経科学研究と相補的に進めることで、”超適応”が、より高い水準で実現できるものと考えている。

  • 精神科臨床における成人の自閉症スペクトラム障害、ADHD、 学習障害、発達性協調運動障害などの発達障害

    前田貴記

    「小児の成長期における脳機能と運動の発達に関する多領域共同研究」 (自然科学研究機構・生理学研究所) , 

    2020.11

    Symposium, workshop panel (nominated)

     View Summary

    精神科臨床で出逢う発達障害の患者さんたちは、知的には大きな問題がないため、特別な支援を受けてきたことはなく、生きにくさを感じつつも、なんとか成人して社会人になることはできる人たちである。しかし、社会に出て就労を始めると、人間関係の複雑さや、現代ではますます合理性・効率性が求められるため、うまく適応できず、二次的にうつなどの精神障害を発症し、ようやく精神科を受診するに至る。発達障害患者さんへの精神療法のコツは、苦手な部分については目立たないように足を引っ張らないようにとアドバイスをしながら、当人の持っている能力を最大限に駆使して、適応する術(すべ)を探る工夫の繰り返しである。ご本人にも、ご家族にも、「発達障害なりに発達するので諦めないこと。」と励ましておりますが、このアドバイスは響くように思います。当日は、成人の発達障害の臨床の実際について、お話いたしますが、小児期にどのようなサポートが必要なのかについて考える上で参考になるかもしれません。見方を変えれば、試行錯誤しながらもなんとか”適応”して生きてきたと前向きにみることもできるので。なお、私が専門にしている「主体性(agency)」の神経科学という観点からの発達障害研究の試みについても、紹介したいと思います。 

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 超適応 Hyper-Adaptability

    2022.04
    -
    2024.03

    文部科学省, 新学術領域研究(研究領域提案型), Research grant, Principal investigator

  • 主体感の精度向上のための認知リハビリテーションの開発と臨床応用

    2022.04
    -
    2024.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 新学術領域研究(研究領域提案型), Principal investigator

  • 主体感の探索と利用:その行動メカニズム、神経基盤、および数理モデル

    2021.04
    -
    2024.03

    文部科学省, 基盤研究(B), Research grant, Coinvestigator(s)

  • 超適応 Hyper-Adaptability

    2020.04
    -
    2022.03

    文部科学省, 新学術領域研究(研究領域提案型), Research grant, Principal investigator

  • 機械学習によるスマートフォンログからストレス状態を推定する技術の開発

    2016
    -
    2022.03

    NTTdocomo株式会社, Principal investigator

display all >>

Works 【 Display / hide

display all >>

Intellectual Property Rights, etc. 【 Display / hide

  • 統合失調症を診断するためのデータを取得する方法、装置、プログラム及び記録媒体

    Date issued: 第6560765号  2019.07

    Patent, Single

  • サーバ装置

    Date issued: 第6876295号  2021.04

    Patent, Joint

  • 教師データ生成装置

    Date issued: 第6935863号  2021.08

    Patent, Joint

  • 心身状態評価のための方法、プログラム、及びデバイス

    Date applied: 2022-158647  2022.09 

    Patent, Single

  • 端末ロック・アプリロック解除に基づいた記憶力の推定システム

    Date applied: 2021-038546  2021.03 

    Patent, Joint

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • LECTURE SERIES, PSYCHIATRY

    2022

  • EEP:early exposure program (慶應医学部第1学年)

    2021, Laboratory work/practical work/exercise

  • 神経科学特殊研究-神経科学と精神医学の接点(慶應文学部大学院)

    2021

  • 精神医学臨床実習「精神科診断学」講義(慶應医学部第5・6学年)

    2021, Full academic year, Laboratory work/practical work/exercise

  • 精神病理学(早稲田大学大学院文学研究科)

    2021, Full academic year

display all >>