Uchida, Hiroyuki

写真a

Affiliation

School of Medicine, Department of Neuropsychiatry (Shinanomachi)

Position

Assistant Professor/Senior Assistant Professor

 

Books 【 Display / hide

  • Encyclopedia of Psychopharmacology

    Uchida Hiroyuki, 2010

Papers 【 Display / hide

  • Effects of 30-minute single sessions of yoga and Pilates on frailty in patients with psychiatric disorders: A pilot randomized controlled trial.

    Ikai-Tani S, Tani H, Kamiyama S, Mimura M, Uchida H

    International journal of geriatric psychiatry  2020.12

    ISSN  0885-6230

  • Delivery of Acetaminophen to the Central Nervous System and the Pharmacological Effect after Intranasal Administration with a Mucoadhesive Agent and Absorption Enhancer.

    Ogawa K, Uchida M, Yamaki T, Matsuzaki H, Kimura M, Okazaki M, Uchida H, Natsume H

    International journal of pharmaceutics    120046 2020.12

    ISSN  0378-5173

  • Towards safer risperidone prescribing in Alzheimer's disease.

    Reeves S, Bertrand J, Uchida H, Yoshida K, Otani Y, Ozer M, Liu KY, Bramon E, Bies R, Pollock BG, Howard R

    The British journal of psychiatry : the journal of mental science    1 - 8 2020.11

    ISSN  0007-1250

  • Diffuse Large B-Cell Lymphoma of the Central Nervous System Manifesting with Intratumoral Hemorrhage: A Case Report and Literature Review.

    Bureta C, Higa N, Makino R, Takajo T, Yonezawa H, Uchida H, Yoshimoto K

    World neurosurgery 143   490 - 494 2020.11

    ISSN  1878-8750

  • Lower mortality from suicidal trauma among patients with a psychiatric diagnosis upon admission: Nationwide japanese retrospective cohort study

    Ishida T., Kuwahara Y., Shibahashi K., Okura Y., Sugiyama K., Hamabe Y., Mimura M., Suzuki T., Uchida H.

    Psychiatry Research (Psychiatry Research)  293   113456 2020.11

    ISSN  01651781

     View Summary

    © 2020 Suicide and self-harm are major public health issues. Few studies have compared mortality from suicidal trauma between patients with and without contact with psychiatric services. This study aimed to compare the in-hospital mortality of suicidal trauma between patients with and without a psychiatric diagnosis upon hospital admission. Data on 15- to 90-year-old patients with suicidal trauma between 2004 and 2015 was extracted from the Japan Trauma Data Bank. In-hospital mortality were compared between patients with and without a psychiatric diagnosis. A total of 9,803 patients were included. The median age was 42 years (interquartile range: 29–59), and 5,010 patients (51.1%) were male. The most frequent method of injury was falling from a height (53.4%), followed by stabbing (32.3%) and burns (6.2%). In total, 4,878 patients (49.8%) had a psychiatric diagnosis upon admission. The proportion of patients with a psychiatric diagnosis was significantly lower among males, teenagers, and older people. In-hospital mortality was significantly lower among patients with a psychiatric diagnosis than those without (10.9%vs18.7%). Contact with psychiatric services might be protective among people with suicidal trauma. However, the proportion of psychiatric service use was generally low. These findings show the importance of delivering appropriate psychiatric services to high-risk patients.

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

display all >>

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • Quality of life changes in response to yoga therapy in patients with schizophrenia: Reanalysis of Three randomized controlled trials

    Ikai-Tani S., Tani H., Kamiyama S., Mimura M., Uchida H.

    Asian Journal of Psychiatry (Asian Journal of Psychiatry)  54   102250 2020.12

    ISSN  18762018

  • 【悪性脳腫瘍のすべて Neuro-Oncologyの教科書 遺伝子診断時代の臨床リアルワールド】(V章)手術 Lower grade gliomaの手術 我々の流儀 maximal safe resectionを目指して

    内田 裕之, 吉本 幸司

    脳神経外科速報 ((株)メディカ出版)   ( 2020増刊 ) 135 - 145 2020.10

    ISSN  0917-1495

  • クロザピン患者モニタリングサービスの国際比較 COVID-19対応を含めて

    古郡 規雄, 内田 裕之, 水野 裕也, 橋本 亮太

    臨床精神薬理 ((株)星和書店)  23 ( 10 ) 1041 - 1049 2020.10

    ISSN  1343-3474

     View Summary

    治療抵抗性統合失調症に適応のあるclozapineは好中球減少症・無顆粒球症など生命に関わる重大な副作用が発現する可能性がある。その対策として定期的な血液モニタリング(CPMS:Clozaril Patient Monitoring Service)を実施するなど、厳しい管理下でclozapineの使用が認められている。しかしながらclozapineの管理の仕方は国ごとに異なる部分がある。特に導入の基準、採血間隔、血糖採血の必要性等では本邦は諸外国に比べて厳しい基準を採用している。COVID-19感染症での外出自粛要請下では諸外国の例にならい本邦でも一時的にCPMS基準が緩和された。今後は、本邦も国際水準に合わせた採血基準にすることでclozapineの恩恵を受けられる患者が増えることを期待したい。(著者抄録)

  • 【措置入院者等の退院後支援】沼津中央病院の取り組み 措置入院者の地域包括支援の在り方

    杉山 直也, 長谷川 花, 澤野 文彦, 久野 満津代, 北舘 美沙依, 内田 裕之

    保健師ジャーナル ((株)医学書院)  76 ( 10 ) 834 - 839 2020.10

    ISSN  1348-8333

     View Summary

    <文献概要>沼津中央病院では,県の精神科救急医療体制整備事業における常時対応型医療機関として,措置入院者は地域ニーズの大半を受け入れており,国のガイドライン発出以前から,多職種や行政との協働の下,措置入院者支援を行ってきた。この取り組みについて紹介する。

  • 神経膠腫診断に特化した遺伝子パネルによるGlioblastoma、IDH-wildの解析結果

    比嘉 那優大, 赤羽 俊章, 横山 勢也, 米澤 大, 内田 裕之, 霧島 茉莉, 平木 翼, 谷本 昭英, 吉本 幸司

    Brain Tumor Pathology (日本脳腫瘍病理学会)  37 ( Suppl. ) 091 - 091 2020.08

    ISSN  1433-7398

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • 処方変更後のリスペリドン血中濃度を予測する試み: Population Pharmacokineticsを用いて

    Uchida Hiroyuki

    第20回日本臨床精神薬理学会 (仙台) , 2010, Poster (general)

  • Effects of discontinuing benzodiazepine-derivative hypnotics on cognitive and motor functions in the elderly.

    Uchida Hiroyuki

    American Association for Geriatric Psychiatry (Savannah) , 2010, Poster (general)

  • Clozapine and global cognition in schizophrenia.

    Tarek RajjiUchida Hiroyuki

    American Association for Geriatric Psychiatry (Savannah) , 2010, Poster (general)

  • Low dose versus standard dose of antipsychotics for relapse prevention in schizophrenia: a meta-analysis

    Uchida Hiroyuki

    2nd International Schizophrenia Research Society (Florence) , 2010, Poster (general)

  • 抗うつ薬の変更はどのタイミングで行うべきか? 無作為割り付け前向き試験

    Uchida Hiroyuki

    第20回日本臨床精神薬理学会 (仙台) , 2010, Poster (general)

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • Development of pre-morbid diagnostic marker of schizophrenia: AMPA PET study

    2020.07
    -
    2024.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 内田 裕之, 根本 隆洋, 中島 振一郎, Grant-in-Aid for Challenging Research (Pioneering), Principal Investigator

     View Summary

    統合失調症は早期発見・早期治療により、より良い予後が達成できる。精神病発症危険状態(At Risk Mental State [ARMS])という、発病前ではあるものの今後の発病リスクの高い一群がある。ARMSのうち約30%が精神病(主に統合失調症)に移行するが、“移行者”を早期診断する方法はないため治療の遅れにつながっている。本研究では、統合失調症と関連の深いAMPA受容体をPET検査により測定し、統合失調症に移行するARMS症例、移行しないARMS症例の両者を比較し、今後の診断に役立てる。

  • AMPA受容体に注目した統合失調症の病態解明:世界初AMPA受容体PET研究

    2019.04
    -
    2022.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 内田 裕之, 中島 振一郎, 中原 理紀, 内田 貴仁, Grant-in-Aid for Scientific Research (B), Principal Investigator

     View Summary

    統合失調症の原因解明は停滞しており、斬新な視点による研究が緊急課題である。グルタミン神経系のAMPA受容体は、動物研究により統合失調症の発病への関与が明らかになっているが、ヒトのデータはなかった。そこで本研究では、統合失調症患者の脳内のAMPA受容体密度を、陽電子放射断層撮影(PET)検査により測定し、AMPA受容体が統合失調症の発病にいかに関連しているか解明する。

  • 唾液メタボロームマッピング解析を用いた精神疾患の病態解明および臨床応用法の開発

    2019.04
    -
    2022.03

    Kanagawa Dental College, 猿田 樹理, 槻木 恵一, 杉本 昌弘, 内田 裕之, 東 雅啓, Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

     View Summary

    近年、複雑な社会環境により精神疾患に罹患した歯科受診患者が急増している。しかしながら、精神疾患の病態は複雑で、未だ原因が解明されていないのが現状である。また精神疾患の診断法は、問診や臨床症状を基にした主観的な診断が主体であるが、病態が複雑であることから診断の客観的評価法の確立が必須である。さらに再発が多いことから、予防、早期発見および予後管理を行うことが喫緊の課題である。本研究は、唾液の代謝産物から精神疾患の病態を解明し、さらに精神疾患の予防、早期発見、診断として利用できるように簡易検出系の開発を行い、ヒトで臨床応用することを最終目標とする。

  • 電気けいれん療法の急性期作用期機序解明に関するマルチモーダルでの縦断的観察研

    2017.04
    -
    2021.03

    Keio University, 平野 仁一, 山縣 文, 杉浦 悠毅, 内田 裕之, Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

     View Summary

    2019年4月19日現在、15症例が登録されている。本年度は1年間で7症例の登録を行った。研究遂行にあたって有意な有害事象は認められていない。
    電気けいれん療法(ECT:Electroconvulsive therapy)施行前後でMontgomery Asberg Depression Rating Scale(MADRS)総得点にて計測されうるうつ病の重症度は改善を示した。予備的な解析を行いfunctional MRI(fMRI)にて計測される安静時機能的結合性がECT施行前後で変化する傾向が確認された。また、MRIの構造画像解析では海馬を中心として灰白質の容積がECT施行前後で 増加する傾向、白質が変化する傾向が確認された。
    本課題と関連した研究としてECT施行前後での安静時脳波の変化を計測することにより、うつ病で重要と考えられているデフォルトモードネットワークの主要な結節点の電気的活動をECTが修飾する事を明らかとした。この結果は過去のfMRIやPETの知見と矛盾しない。また、ECT後のせん妄リスクに関して文献的検討も行った。その結果、ECT後のせん妄に関して緊張病症状、脳血管障害、パーキンソン病、認知症、両側電極配置、高刺激、痙攣時間は危険因子となること、デクスメデトミジンの事前投与と超短矩形波は予防的因子になることを明らかとした。
    本年度は画像解析の講習会に積極的に参加し、本研究にて行う画像解析技法並びに機械学習を用いた解析技法を習得した。現在ECT前後での脳波変化をmicrostate 解析を用いて解析中であり、ECT施行前の脳波を用いた効果予測のための予備的解析も行っている。
    2018年4月19日現在、2年間で15症例が登録されている。本年度は1年間で7症例の登録を行った。当初は1年間に10症例の登録を目指していたため概ね順調に進行していると判断される。また、研究遂行にあたって有害事象は認められていない。また、先端バイオイメージング支援プラットフォームのMRI画像講習会への参加、世界的に標準的な画像解析ソフトとされるSPMの講習会に参加して最先端の脳画像解析技術を習得した。また、ECT施行前の脳波を用いた効果予測のための予備的解析を行っている。
    概ね順当に遂行されている。4年計画の2年目であり、有意な結果を得るまで症例数が至っていない。このため次年度も引き続き症例登録を遂行していく。また、症例登録が円滑に行われるために広く対象症例を募っていく。また、脳波、MRI、NIRSに関して得られたデータをもとに解析を開始する。解析においては、機械学習の手法も取り入れ、高度な解析を行っていく。

  • 唾液代謝プロファイルを応用した精神疾患の病態解明および新規診断法の確立

    2017.04
    -
    2020.03

    Kanagawa Dental College, 猿田 樹理, 槻木 恵一, 杉本 昌弘, 内田 裕之, 東 雅啓, Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

display all >>

Awards 【 Display / hide

  • 日本精神神経学会国際発表賞

    2018.06

  • 日本臨床精神神経薬理学会 ポールヤンセン賞

    2016.11

  • 日本統合失調症学会 台湾統合失調症学会Travel Award

    2016.08

  • 日本神経精神薬理学会 第5回学術奨励賞

    2016.07

  • 日本臨床精神神経薬理学会 学会奨励賞

    2015.10

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • LECTURE SERIES, PSYCHIATRY

    2021

  • TREATMENT OF PSYCHIATRIC DISORDERS

    2020

  • LECTURE SERIES, PSYCHIATRY

    2020

  • LECTURE SERIES, PSYCHIATRY

    2019

  • TREATMENT OF PSYCHIATRIC DISORDERS

    2019