田中 伸之 (タナカ ノブユキ)

Tanaka, Nobuyuki

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 泌尿器科学教室 (信濃町)

職名

専任講師(有期)

外部リンク

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2003年03月

    慶應義塾大学, 医学部

    卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士, 慶應義塾大学, 2015年02月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Impact of prostatic shape on the difficulty of robot-assisted laparoscopic radical prostatectomy.

    Kamisawa K, Matsumoto K, Takeda T, Takamatsu K, Niwa N, Yasumizu Y, Tanaka N, Morita S, Kosaka T, Mizuno R, Asanuma H, Oya M

    Asian journal of endoscopic surgery 17 ( 2 ) e13291 2024年04月

    ISSN  1758-5902

  • Profiling Fibroblast Growth Factor Receptor 3 Expression Based on the Immune Microenvironment in Upper Tract Urothelial Carcinoma.

    Shigeta K, Matsumoto K, Kitaoka S, Omura M, Umeda K, Arita Y, Mikami S, Fukumoto K, Yasumizu Y, Tanaka N, Takeda T, Morita S, Kosaka T, Mizuno R, Hara S, Oya M

    European urology oncology 2024年02月

  • Anemia in patients ≥ 75 years with metastatic clear cell renal cell carcinoma: an important poor prognostic factor in the international metastatic renal cell carcinoma database consortium model.

    Mizuno R, Yasumizu Y, Tanaka N, Takeda T, Morita S, Matsumoto K, Kosaka T, Asanuma H, Oya M

    BMC urology 24 ( 1 ) 13 2024年01月

  • 進行性尿路上皮癌に対するペムブロリズマブ投与中に副腎皮質刺激ホルモン単独欠損症をきたした血液透析患者の1例

    北岡 壮太郎, 水野 隆一, 吉田 理, 高橋 遼平, 安水 洋太, 田中 伸之, 森田 伸也, 大家 基嗣

    泌尿器外科 (医学図書出版(株))  36 ( 11 ) 1258 - 1261 2023年11月

    ISSN  0914-6180

     概要を見る

    症例は79歳女性。右腎盂癌(pT1N0M0)にて右腎尿管全摘除術を施行後の約1年後に血液透析導入となった。術後2年で多発肺転移にて再発し,救援化学療法を2コース施行するもPDであったため,2次化学療法としてペムブロリズマブを開始した。6コース投与後に持続する発熱,倦怠感,脱力,意識障害にて当院に入院し,ACTH単独欠損症の診断となりirAEと考えられた。維持透析下でヒドロコルチゾンを補充し症状は改善,そのままペムブロリズマブを投与再開し,9ヵ月間PRを維持できた。(著者抄録)

  • Prognostic impact of tumor ureteral invasion on recurrence after radical cystectomy.

    Saito T, Matsumoto K, Tanaka N, Fukumoto K, Yasumizu Y, Takeda T, Morita S, Kosaka T, Mizuno R, Asanuma H, Hara S, Oya M

    International urology and nephrology (International Urology and Nephrology)  56 ( 1 ) 129 - 135 2023年09月

    ISSN  0301-1623

     概要を見る

    Purpose: Several preoperative factors have been suggested to be risk factors of disease recurrence after radical cystectomy. There is no study focusing on the impact on prognosis of bladder tumor ureteral invasion in preoperative imaging. Methods: The study population consisted of 136 patients, all of whom underwent radical cystectomy during the period between 2007–2019. We excluded patients with concurrent or a history of upper tract urothelial carcinoma and who underwent radical cystectomy for other cancers or nononcologic reasons. The starting point of this study was the timing of neoadjuvant chemotherapy or radical cystectomy and the endpoint was the timing of disease recurrence. To identify the factors influencing recurrence, univariate and multivariate analyses were performed using the Cox proportional hazard model. Recurrence-free survival curves were constructed using the Kaplan–Meier method. Results: Ureteral invasion was observed in 20 (14.7%) patients. Disease recurrence was observed in 11 (55.0%) of 20 ureteral invasion positive patients and 35 (30.2%) of 116 ureteral invasion negative patients, respectively. In the ureteral invasion positive group, clinical T and N stage were higher and hydronephrosis were more common than in the ureteral invasion negative group. According to the multivariate analysis, ureteral invasion (hazard ratio: 2.307, p = 0.016) and clinical N stage ≥ 1 (hazard ratio: 2.140, p = 0.028) were independent risk factors for postoperative recurrence. In the ureteral invasion positive group, more local recurrences were observed. Conclusion: This study suggested that ureteral invasion in preoperative imaging is a significant risk factor for postoperative recurrence.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【前立腺肥大症:近年の治療の進歩】接触式レーザー蒸散術(Contact laser Vaporization of the Prostate:CVP)の現状と展望

    田中 伸之, 大家 基嗣

    Prostate Journal (医学図書出版(株))  10 ( 2 ) 145 - 150 2023年10月

    ISSN  2188-4978

     概要を見る

    前立腺肥大症への接触レーザー蒸散術(CVP)は,光ファイバーを通して980nmダイオードレーザーを照射し,肥大した前立腺組織を気化させる。本邦では人口の高齢化に伴い,抗血栓療法を受ける患者数は増加傾向にある。ダイオードレーザーの有する蒸散力・止血能によって,抗血栓療法の休薬が難しい症例でも,安全な手術が可能となった。われわれは,抗血栓療法下のCVP安全性と有効性を評価した前向き観察研究を中心に,CVP治療の現状と展望について述べる。(著者抄録)

  • 【どこまで変わるの? 腎細胞癌診療の進歩】診断 腎細胞癌の免疫微小環境

    田中 伸之, 大家 基嗣

    臨床泌尿器科 ((株)医学書院)  77 ( 5 ) 322 - 326 2023年04月

    ISSN  0385-2393

     概要を見る

    <文献概要>ポイント ・「複合がん免疫療法」の成功に免疫微小環境の理解は欠かせない.・腎細胞癌の免疫微小環境は,ほかの免疫感受性腫瘍と異なり,「腫瘍内のCD8+T細胞密度の高いほうが予後が悪い」という点で異質性が際立つ.・腎細胞癌の遺伝子変異は挿入・欠失が多いため,ネオアンチゲン増加と関連するTMBが,通常は低く推定される.

  • 【腫瘍免疫-免疫ネットワークから考える基礎と臨床】免疫チェックポイント阻害薬の成功から続く展望 腫瘍別の免疫作動薬の現状と展望(単剤→併用・新規) 泌尿器科がん(腎細胞がん・尿路上皮がん)への免疫療法 特殊性と類似性

    田中 伸之

    医学のあゆみ (医歯薬出版(株))  281 ( 5 ) 469 - 475 2022年04月

    ISSN  0039-2359

     概要を見る

    免疫療法の登場に伴い、がん治療は新たな変革期を迎えている。泌尿器科がんは腎細胞がん、尿路上皮がん(いわゆる膀胱がん、腎盂尿管がん)、前立腺がんが主であるが、このうち腎細胞がん、尿路上皮がんが、抗PD-1/PD-L1抗体への反応が強い免疫感受性腫瘍である。両者は固形がんにおけるがん免疫療法の先がけであるが、同じ泌尿器科臓器でも生物学的特徴に真逆の要素が多い。腎細胞がんは古典的には抗がん剤や放射線治療に抵抗性であるが、尿路上皮がんは両治療に感受性を有する。そのため尿路上皮がんの全身治療は、がん免疫療法時代においても化学療法が重要である。また、腎細胞がんの遺伝子変異には挿入/欠失(インデル)が多く、尿路上皮がんを含めた多くのがん種と遺伝学的な立ち位置も異質である。本稿では、腎細胞がん、尿路上皮がんへの免疫療法の現状や展望に加えて、バイオマーカー開発や泌尿器科がんの腫瘍免疫環境における特殊性について述べる。(著者抄録)

  • MONSTAR-SCREEN試験におけるリキッドバイオプシー研究

    加藤 大悟, 松原 伸晃, 塩田 真己, 江藤 正俊, 大澤 崇宏, 安部 崇重, 篠原 信雄, 安水 洋太, 田中 伸之, 大家 基嗣, 西本 紘嗣郎, 林 拓自, 中山 雅志, 吉野 孝之, 野々村 祝夫

    泌尿器科 ((有)科学評論社)  15 ( 1 ) 77 - 82 2022年01月

    ISSN  2435-192X

  • 本邦尿路上皮癌のマイクロサテライト不安定性調査とリンチ症候群スクリーニングの試み

    田中 伸之, 大家 基嗣, 水野 隆一, 三上 修治

    大和証券ヘルス財団研究業績集 ((公財)大和証券ヘルス財団)   ( 44 ) 62 - 65 2021年03月

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 尿由来エクソソームを用いた尿路上皮癌の新しい体外診断

    田中 伸之

    第61回日本癌治療学会学術集会, 

    2023年10月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • Novel Imaging Techniques to Visualize Tumor Immune Microenvironment and Clinical Applications

    田中 伸之

    第82回日本癌学会学術総会, 

    2023年09月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 透析腎癌のイムノゲノミクスと微小環境

    田中 伸之

    第68回日本透析医学会学術集会, 

    2023年06月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • Diversity of bladder carcinoma in situ treated with BCG therapy: Immunogenomic characterization and single-cell analysis

    田中 伸之

    第110回日本泌尿器科学会総会, 

    2023年04月

  • 接触式レーザー前立腺蒸散術の治療成績:後出血を来した症例の検討

    田中 伸之

    第29回日本排尿機能学会, 

    2022年09月

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 膀胱がんにおけるlong non-coding RNAが担う役割の解明

    2023年04月
    -
    2026年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 梅田 浩太, 基盤研究(C), 補助金,  研究分担者

  • 尿路上皮がんにおけるAXL/GAS6発現と腫瘍免疫微小環境の統合的理解

    2022年04月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 箱崎 恭平, 基盤研究(C), 補助金,  研究分担者

  • In situな尿路上皮がん免疫ゲノミクス多様性解析とリキッドバイオプシーの確立

    2022年04月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 田中 伸之, 基盤研究(B), 研究代表者

  • がん多様性をin situで見える化する解析プラットフォーム構築と臨床応用

    2021年07月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 田中 伸之, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  研究代表者

  • 新規3次元イメージングによる腎がん微小脈管の異質性解析

    2021年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 桝田 司, 基盤研究(C), 補助金,  研究分担者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人がん研究振興財団がん研究助成金

    2023年

  • 慶應義塾学事振興資金(個人研究, 特A)

    2023年

  • 第53回高松宮妃癌研究基金研究助成金

    2022年

  • 鈴木泌尿器医学振興財団令和3年度助成金

    2022年

  • 公益財団法人武田科学振興財団医学系研究助成

    2022年

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科学講義

    2023年度

  • 泌尿器科学講義

    2022年度

  • 泌尿器科学講義

    2021年度

  • 泌尿器科学講義

    2020年度

  • 泌尿器科学講義

    2019年度

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2023年12月
    -
    継続中

    日本癌治療学会, 幹事

  • 2023年08月
    -
    継続中

    日本癌治療学会, 学術枠代議員