山上 亘 (ヤマガミ ワタル)

Yamagami, Wataru

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 産婦人科学教室(婦人科) (信濃町)

職名

専任講師

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2002年05月

    慶應義塾大学医学部産婦人科 研修医

  • 2002年06月
    -
    2003年05月

    大田原赤十字病院産婦人科 医員

  • 2003年06月
    -
    2004年04月

    埼玉社会保険病院産婦人科 医員

  • 2004年05月
    -
    2005年03月

    慶應義塾大学医学部産婦人科 助手

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    独立行政法人国立病院機構東京医療センター産婦人科 医員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    2000年03月

    慶應義塾大学, 医学部

    大学, 卒業

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学, 医学研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 課程, 2012年01月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 2000年04月

  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医, 2005年10月

  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医, 2009年01月

  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医, 2009年05月

  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医, 2013年05月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 産婦人科学 (Obstetrics and Gynecology)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • がん登録

  • 卵巣癌

  • 妊孕性温存療法

  • 婦人科悪性腫瘍

  • 子宮体癌

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • がん登録の普及と登録データの活用, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • 婦人科悪性腫瘍に対する低侵襲治療, 

    2011年04月
    -
    継続中

  • 婦人科悪性腫瘍に対するセンチネルリンパ節生検, 

    2011年04月
    -
    継続中

  • 子宮体癌妊孕性温存療法, 

    2011年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 国がん中央病院がん攻略シリーズ 最先端治療子宮がん・卵巣がん

    国立がん研究センター中央病院腫瘍内科、婦人科腫瘍科、他 編著, 法研, 2021年11月

    担当範囲: 子宮頸がん、子宮体がんに対するセンチネルリンパ節生検,  担当ページ: 146-147

  • 婦人科がん薬物療法パーフェクトガイド

    渡部 洋 編, 診断と治療社, 2021年09月

    担当範囲: 子宮体がん薬物療法,  担当ページ: 61-65

  • 標準的医療説明 インフォームド・コンセントの最前線

    一社 内科系学会釈迦保険連合, 医学書院, 2021年08月

    担当範囲: 婦人科がん化学療法 子宮体がんに対するパクリタキセル・カルボプラチン療法(TC療法),  担当ページ: 270-272

  • 産婦人科医のための社会保険ABC

    日本産科婦人科学会編, MEDICAL VIEW, 2021年01月

    担当範囲: 婦人科悪性腫瘍(子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌),  担当ページ: 174-195

  • Lynch Syndrome

    Yamagami W, Aoki D, Springer, 2020年08月

    担当範囲: Lynch Syndrome-Associated Gynecological Malignancies,  担当ページ: 71-78

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A retrospective study for investigating the outcomes of endometrial cancer treated with radiotherapy

    Sakai K., Yamagami W., Machida H., Ebina Y., Kobayashi Y., Tabata T., Kaneuchi M., Nagase S., Enomoto T., Aoki D., Mikami M.

    International Journal of Gynecology and Obstetrics 156 ( 2 ) 262 - 269 2022年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00207292

     概要を見る

    Objective: To clarify the role of radiotherapy for endometrial cancer. Methods: Data were analyzed for 39 247 patients with endometrial cancer registered with the Gynecologic Cancer Registry of the Japan Society of Obstetrics and Gynecology from 2004 to 2011. Results: The rates of 5-year overall survival (5y-OS) in the radiotherapy and surgery groups were 53.6% and 94.5% in stage I or II, and 15.5% and 67.5% in stage III or IV, respectively. The prognosis in the radiotherapy group was significantly poorer than that in the surgery group. In multivariate analysis, age, advanced stage, histological type, risk of recurrence, and initial radiotherapy were independent prognostic factors. The rates of 5y-OS with no adjuvant therapy, adjuvant chemotherapy, and adjuvant radiotherapy were 95.3%, 92.9%, and 87.1% for stage I or II, respectively, with significant differences among all groups (P < 0.001), and 60.0%, 70.4%, and 55.5% for stage III or IV, respectively, with significant differences of adjuvant chemotherapy with no adjuvant therapy (P < 0.001) and with adjuvant radiotherapy (P < 0.001). In multivariate analysis, age, advanced stage, histological type, lymphadenectomy, and adjuvant radiotherapy were independent prognostic factors. Conclusion: Patients treated with radiotherapy had a significantly poorer prognosis and the appropriate indication of radiotherapy for endometrial cancer requires further study.

  • Annual report of the Committee on Gynecologic Oncology, the Japan Society of Obstetrics and Gynecology: Annual Patient Report for 2018 and Annual Treatment Report for 2013

    Nagase S, Ohta T, Takahashi F, Yamagami W, Yaegashi N; Board Members of the 2020 Committee on Gynecologic Oncology of the Japan Society of Obstetrics and Gynecology. Annual report of the Committee on Gynecologic Oncology, the Japan Society of Obstetrics and Gynecology

    J Obstet Gynaecol Res 2022年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Association between hospital treatment volume and survival of women with gynecologic malignancy in Japan: a JSOG tumor registry-based data extraction study.

    Machida H, Matsuo K, Oba K, Aoki D, Enomoto T, Okamoto A, Katabuchi H, Nagase S, Mandai M, Yaegashi N, Yamagami W, Mikami M

    Journal of gynecologic oncology 33 ( 1 ) e3 2022年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  2005-0380

  • Clinical Usefulness of Endometrial Cytology in Determining the Therapeutic Effect of Fertility Preserving Therapy

    Yoshimura T., Yamagami W., Takahashi M., Hirano T., Sakai K., Makabe T., Chiyoda T., Banno K., Aoki D.

    Acta Cytologica    1 - 8 2021年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00015547

     概要を見る

    Introduction: The significance of endometrial cytology in determining the therapeutic efficacy of medroxyprogesterone acetate (MPA) therapy is unclear. This study aimed to evaluate the clinical usefulness of endometrial cytology during MPA therapy. Methods: Overall, 77 patients who underwent dilatation and curettage (D&C) to evaluate the therapeutic efficacy of MPA therapy at our hospital between January 2018 and December 2019 were retrospectively analyzed. The results of D&C, cytological evaluation, and other clinicopathological factors were analyzed based on the patients' medical records. Results: The sensitivity and specificity of cytology were 61% and 92%, respectively, with D&C being the gold standard for diagnosis in 142 D&C/cytological examinations. Among patients with no residual disease on D&C, 5 (4%) had suspicious or positive cytology. Although MPA therapy was terminated in 3 of these patients, only 1 patient had early recurrence, and the frequency of recurrence was similar to that of patients who showed negative results in both D&C and cytology. Discussion/Conclusion: The sensitivity of endometrial cytology in determining the therapeutic effect of MPA therapy is low, and we confirmed that the omission of D&C is unacceptable. Our findings also suggested that the addition of cytological evaluation to D&C during MPA therapy had a low clinical significance.

  • Comparison of treatment outcomes of surgery and radiotherapy, including concurrent chemoradiotherapy for stage Ib2-IIb cervical adenocarcinoma patients: a retrospective study

    Kondo E, Yoshida K, Tabata T, Kobayashi Y, Yamagami W, Ebina Y, Kaneuchi M, Nagase S, Machida H, Mikami M

    J Gynecol Oncol 2021年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 子宮体癌と個別化医療-低侵襲手術と機能温存-

    山上 亘

    日本産科婦人科雑誌 73 ( 11 ) 1558 - 1566 2021年11月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

  • 子宮体がんの予防・診断

    山上 亘

    日本婦人科腫瘍学会雑誌 39 ( 4 ) 714 - 722 2021年10月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 単著

  • 【不妊・不育症女性の合併症・併存疾患をどう扱う?】婦人科悪性腫瘍

    山上 亘,上條 慎太郎,吉村 拓馬,平野 卓朗,坂井 健良,浜谷 敏生,青木 大輔

    産婦人科の実際 (金原出版)  69 ( 13 ) 1645 - 1651 2020年12月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • 【内膜を極めるII-婦人科疾患の治療と内膜機能-】子宮内膜癌の機能温存療法

    進 伸幸, 山上 亘, 片岡 史夫, 岡田 智志, 田中 宏一, 青木 大輔

    産婦人科の実際 (金原出版(株))  69 ( 11 ) 1129 - 1135 2020年11月

    ISSN  0558-4728

     概要を見る

    <文献概要>若年子宮内膜癌患者は,晩婚化,少産化などのライフスタイルの変化により近年増加傾向にある。筋層浸潤のない類内膜癌G1(G1EC)または子宮内膜異型増殖症(AEH)が妊孕性温存治療の対象であり,子宮外病変(重複がん,転移,腹腔内播種)がないこと,漿液性癌などのホルモン不応性の成分の混在のないことの確認も重要である。わが国ではメドロキシプロゲステロン酢酸エステル(MPA)のみが保険診療として用いられている。MPA投与と反復内膜全面掻爬により比較的高い病変消失率が得られているが,不応例があること,高頻度に子宮内再発がみられること,卵巣癌などの重複がん症例が数%みられることなどにも注意を要する。再発症例に対する高用量MPA療法による再治療の前方視的臨床研究が,わが国で近々に開始となる予定である。

  • 臨床研修指導Q&A

    渡利 英道, 生水 真紀夫, 小松 宏彰, 井平 圭, 岩瀬 春子, 馬詰 武, 草開 妙, 甲賀 かをり, 近藤 英治, 関根 正幸, 中川 慧, 西ヶ谷 順子, 長谷川 潤一, 馬場 長, 林 昌子, 山上 亘, 伊東 優, 植田 彰彦, 上田 遥香, 大澤 有姫, 小野寺 洋平, 櫻木 俊秀, 品川 真奈花, 下地 裕子, 末光 徳匡, 杉田 洋佑, 玉田 祥子, 玉内 学志, 中野 和俊, 平山 貴士, 廣瀬 佑輔, 細川 義彦, 松尾 光徳, 的場 優介, 眞山 学徳, 日本産科婦人科学会産婦人科未来委員会

    日本産科婦人科学会雑誌 ((公社)日本産科婦人科学会)  72 ( 9 ) np1 - np38 2020年09月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著,  ISSN  0300-9165

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 婦人科悪性腫瘍総合入力システム[Japan Entry System of Gynecologic Oncology (JESGO)]WEB説明会 1. JESGO開発理由・経緯・概要

    山上亘

    日本婦人科腫瘍学会研修会教育委員会WEBセミナー (WEB開催) , 

    2022年01月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 類内膜癌を癌腫成分に有する卵巣癌肉腫と考えられた2例

    吉村拓馬,山上亘,川井田みほ,家谷佳那,北澤晶子,高橋美央,坂井健良,吉浜智子,野上侑哉,千代田達幸,青木大輔

    第53回日本婦人科病理学会学術講演会, 

    2021年12月

    口頭発表(一般)

  • 卵巣原発小細胞癌の2例

    家谷佳那,山上亘,川井田みほ,吉村拓馬,北澤晶子,高橋美央,坂井健良,吉浜智子,辻浩介,千代田達幸,冨永英一郎,青木大輔

    第53回日本婦人科病理学会学術講演会 (東京) , 

    2021年12月

    口頭発表(一般)

  • 早期子宮体癌と子宮内膜異型増殖症に対する妊孕性温存療法-長期治療例の検討

    山上 亘,川井田 みほ,吉村 拓馬,坂井 健良,青木 大輔

    第53回日本婦人科病理学会学術講演会 (東京) , 

    2021年12月

    口頭発表(招待・特別)

  • JGOG2051:子宮体癌/子宮内膜異型増殖症に対する妊孕性温存治療後の子宮内再発に対する反復高用量黄体ホルモン療法に関する第II相試験

    山上亘

    令和3年度婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)総会 (東京(WEB)) , 

    2021年12月

    その他

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 若年子宮体癌に対する妊孕性温存ホルモン療法の予後予測因子の解明

    2020年04月
    -
    2023年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山上 亘, 補助金,  研究代表者

  • 子宮内膜異型増殖症・子宮体癌妊孕性温存療法に対するメトホルミンの適応拡大に向けた多施設共同研究

    2019年04月
    -
    2023年03月

    AMED, 臨床研究・治験推進研究事業, 三橋 暁, 補助金,  研究分担者

  • 子宮体癌/子宮内膜異型増殖症に対する妊孕性温存治療後の子宮内再発に対する反復高用量黄体ホルモン療法に関する第II相試験

    2019年04月
    -
    2020年03月

    土谷記念医学振興基金 研究助成, 進 伸幸, 補助金,  研究分担者

  • 婦人科悪性腫瘍の薬物応答に関与する新規バイオマーカーの特定

    2016年04月
    -
    2019年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  研究代表者

  • 卵巣癌の薬物応答に関与する新規バイオマーカーの特定

    2012年04月
    -
    2015年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀査読者賞

    2020年11月, 日本産科婦人科内視鏡学会

    受賞区分: 学会誌・学術雑誌による顕彰

  • JGO Best Reviewer Award

    Wataru Yamagami, 2019年10月, Asian Society of Gynecologic Oncology

    受賞区分: 学会誌・学術雑誌による顕彰

  • JSOG Congress Encouragement Award

    2016年04月, 第68回日本産科婦人科学会学術講演会, An analysis of short term recurrent cases following medroxyprogesterone acetate(MPA)therapy for endometrial cancer and atypical endometrial hyperplasia.

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

  • 第52回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞

    2014年08月, 第52回日本癌治療学会学術集会, 子宮体癌におけるセンチネルリンパ節マッピングの検討

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第49回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞

    2011年10月, 第49回日本癌治療学会学術集会, 子宮肉腫に対するifosfamide、doxorubicin、cisplatin療法(IAP療法)の後方視的検討

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学講義

    2022年度

  • 婦人科学講義

    2021年度

  • 婦人科学講義

    2020年度

  • 婦人科学 子宮体部腫瘍(治療)

    2019年度, 春学期, 講義, 専任, 1時間

  • 婦人科学 子宮体部腫瘍(治療)

    2018年度, 秋学期, 講義, 専任, 1時間

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学 子宮体癌治療

    慶應義塾

    2019年04月
    -
    2020年03月

    春学期, 講義

  • 婦人科学 子宮体癌治療

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 講義

  • 婦人科学 子宮体癌治療

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    春学期, 講義

  • 婦人科学 婦人科救急の考え方

    慶應義塾

    2016年04月
    -
    2017年03月

    春学期, 講義

  • 婦人科学 婦人科救急の考え方

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    春学期, 講義

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)教育セミナー アドバイザー (第7回~第12回)

    2013年08月
    -
    2018年08月

    , その他特記事項

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会

     
  • 日本婦人科腫瘍学会

     
  • 日本癌学会

     
  • 日本癌治療学会

     
  • 日本臨床細胞学会

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年10月
    -
    継続中

    がん診療ガイドライン作成・改訂委員会 小児、思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドライン改訂ワーキンググループ委員, 日本癌治療学会

  • 2021年06月
    -
    継続中

    臨床研究審査委員会主務幹事・委員, 日本産科婦人科学会

  • 2021年06月
    -
    継続中

    婦人科癌取扱い規約病理編 編集委員会, 日本産科婦人科学会

  • 2021年06月
    -
    継続中

    評議員, 日本産科婦人科内視鏡学会

  • 2021年06月
    -
    継続中

    副幹事長, 日本産科婦人科学会

全件表示 >>