山上 亘 (ヤマガミ ワタル)

Yamagami, Wataru

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 産婦人科学教室(婦人科) (信濃町)

職名

教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2002年05月

    慶應義塾大学医学部産婦人科 研修医

  • 2002年06月
    -
    2003年05月

    大田原赤十字病院産婦人科 医員

  • 2003年06月
    -
    2004年04月

    埼玉社会保険病院産婦人科 医員

  • 2004年05月
    -
    2005年03月

    慶應義塾大学医学部産婦人科 助手

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    独立行政法人国立病院機構東京医療センター産婦人科 医員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    2000年03月

    慶應義塾大学, 医学部

    大学, 卒業

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学, 医学研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 課程, 2012年01月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 2000年04月

  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医, 2005年10月

  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医, 2009年01月

  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医, 2009年05月

  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医, 2013年05月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 産婦人科学 (Obstetrics and Gynecology)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • がん登録

  • 卵巣癌

  • 妊孕性温存療法

  • 婦人科悪性腫瘍

  • 子宮体癌

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • がん登録の普及と登録データの活用, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • 婦人科悪性腫瘍に対する低侵襲治療, 

    2011年04月
    -
    継続中

  • 婦人科悪性腫瘍に対するセンチネルリンパ節生検, 

    2011年04月
    -
    継続中

  • 子宮体癌妊孕性温存療法, 

    2011年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 国がん中央病院がん攻略シリーズ 最先端治療子宮がん・卵巣がん

    国立がん研究センター中央病院腫瘍内科、婦人科腫瘍科、他 編著, 法研, 2021年11月

    担当範囲: 子宮頸がん、子宮体がんに対するセンチネルリンパ節生検,  担当ページ: 146-147

  • 婦人科がん薬物療法パーフェクトガイド

    渡部 洋 編, 診断と治療社, 2021年09月

    担当範囲: 子宮体がん薬物療法,  担当ページ: 61-65

  • 標準的医療説明 インフォームド・コンセントの最前線

    一社 内科系学会釈迦保険連合, 医学書院, 2021年08月

    担当範囲: 婦人科がん化学療法 子宮体がんに対するパクリタキセル・カルボプラチン療法(TC療法),  担当ページ: 270-272

  • 産婦人科医のための社会保険ABC

    日本産科婦人科学会編, MEDICAL VIEW, 2021年01月

    担当範囲: 婦人科悪性腫瘍(子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌),  担当ページ: 174-195

  • Lynch Syndrome

    Yamagami W, Aoki D, Springer, 2020年08月

    担当範囲: Lynch Syndrome-Associated Gynecological Malignancies,  担当ページ: 71-78

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Gastric-type adenocarcinoma of the uterine cervix: clinical features and future directions

    Nishio H., Matsuda R., Iwata T., Yamagami W.

    Japanese Journal of Clinical Oncology (Japanese Journal of Clinical Oncology)  54 ( 5 ) 516 - 520 2024年05月

    ISSN  03682811

     概要を見る

    The concept of gastric-type mucinous carcinoma of the uterine cervix (GAS) has been accepted worldwide because of its aggressive clinical behaviour and the absence of high-risk human papilloma virus infection. The World Health Organization (WHO) 2020 classification divides cervical tumours into two categories: human papilloma virus-associated and human papilloma virus-independent. Hence, GAS is now classified as an human papilloma virus-independent gastric type. Because clinical studies have reported that GAS is refractory to conventional treatments such as chemotherapy and radiotherapy, especially at an advanced stage, and has aggressive features with widespread dissemination to unusual sites, such as the omentum, peritoneum and distant organs, it is urgent to establish new treatment strategies by comparing the molecular profiles of human papilloma virus-associated adenocarcinomas. A series of genetic mutations characteristic to GAS encourage the development of future treatment strategies such as targeted therapy and immunotherapy.

  • Targeting Galectin 3 illuminates its contributions to the pathology of uterine serous carcinoma

    Matoba Y., Zarrella D.T., Pooladanda V., Azimi Mohammadabadi M., Kim E., Kumar S., Xu M., Qin X., Ray L.J., Devins K.M., Kumar R., Kononenko A., Eisenhauer E., Veillard I.E., Yamagami W., Hill S.J., Sarosiek K.A., Yeku O.O., Spriggs D.R., Rueda B.R.

    British Journal of Cancer (British Journal of Cancer)  130 ( 9 ) 1463 - 1476 2024年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00070920

     概要を見る

    Background: Uterine serous cancer (USC) comprises around 10% of all uterine cancers. However, USC accounts for approximately 40% of uterine cancer deaths, which is attributed to tumor aggressiveness and limited effective treatment. Galectin 3 (Gal3) has been implicated in promoting aggressive features in some malignancies. However, Gal3’s role in promoting USC pathology is lacking. Methods: We explored the relationship between LGALS3 levels and prognosis in USC patients using TCGA database, and examined the association between Gal3 levels in primary USC tumors and clinical-pathological features. CRISPR/Cas9-mediated Gal3-knockout (KO) and GB1107, inhibitor of Gal3, were employed to evaluate Gal3’s impact on cell function. Results: TCGA analysis revealed a worse prognosis for USC patients with high LGALS3. Patients with no-to-low Gal3 expression in primary tumors exhibited reduced clinical-pathological tumor progression. Gal3-KO and GB1107 reduced cell proliferation, stemness, adhesion, migration, and or invasion properties of USC lines. Furthermore, Gal3-positive conditioned media (CM) stimulated vascular tubal formation and branching and transition of fibroblast to cancer-associated fibroblast compared to Gal3-negative CM. Xenograft models emphasized the significance of Gal3 loss with fewer and smaller tumors compared to controls. Moreover, GB1107 impeded the growth of USC patient-derived organoids. Conclusion: These findings suggest inhibiting Gal3 may benefit USC patients.

  • めまいを訴える更年期女性への漢方処方と効果

    椎名美季,横田めぐみ,大野あゆみ,谷本慧子,堀場裕子,山上 亘

    産婦人科漢方のあゆみ 40   26 - 30 2024年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 最終著者

  • 難治性のほてり・発汗に対して補腎剤が著効した3症例

    横田めぐみ,椎名美季,大野あゆみ,谷本慧子,堀場裕子,山上 亘

    産婦人科漢方研究のあゆみ 40   58 - 62 2024年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 最終著者

  • BRCA1/2 reversion mutations in a pan-cancer cohort

    Nakamura K, Hayashi H, Kawano R, Ishikawa M, Aimono E, Mizuno T, Kuroda H, Kojima Y, Niikura N, Kawanishi A, Takeshita K, Suzuki S, Ueno S, Okuwaki K, Sasaki J, Yamaguchi M, Masuda K, Chiyoda T, Yamagami W, Okada C, Nohara S, Tanishima S, Nishihara H

    Cancer Sci 115 ( 2 ) 635 - 647 2024年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Gastric-type adenocarcinoma of the uterine cervix: clinical features and future directions

    Nishio H, Matsuda R, Iwata T, Yamagami W

    Jpn J Clin Oncol 54 ( 5 ) 516 - 520 2024年05月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

  • 妊孕性温存,進行体がんにおける高用量MPA療法のポイント

    北澤晶子,坂井健良,山上 亘

    産科と婦人科 91 ( 3 ) 283 - 288 2024年03月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • 広汎子宮頸部摘出術における術中迅速病理診断の診断精度の検討―当院での327例の経験―

    松田理沙,西尾 浩,上野彰久,山上 亘

    産婦人科の実際 73 ( 3 ) 291 - 297 2024年03月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 広汎子宮頸部摘出術後に生じる月経変化とその妊娠成績に及ぼす影響

    松田理沙,西尾 浩,松井友哉,椎名美季,大野あゆみ,谷本慧子,横田めぐみ,春日義史,岩田 卓,山上 亘,田中 守

    関東連合産科婦人科学会誌 61 ( 1 ) 90 - 96 2024年03月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著

  • 子宮頸癌における免疫療法

    岩田 卓,松井友哉,松田理沙,加藤佑希,菅原正貴,野上侑哉,西尾 浩,山上 亘

    癌と化学療法 51 ( 2 ) 134 - 137 2024年02月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 子宮体癌ⅠB期における適切な子宮摘出術式の検討

    徳岡 旭,坂井健良,落合大輔,坂巻智美,地阪光代,高橋美央,吉村拓馬,和田美智子,千代田達幸,山上 亘

    第147回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 (東京都千代田区) , 

    2024年06月

    口頭発表(一般)

  • 妊娠中に両側総頸動脈の高度狭窄を伴う高安動脈炎と診断し周産期管理を行った1例

    小安公音,秋田啓介,池ノ上 学,梶川かおる,高橋まりな,田中邦生,大谷利光,春日義史,山上 亘,田中 守

    第147回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 (東京都千代田区) , 

    2024年06月

    口頭発表(一般)

  • 胚の形態学的評価に基づく二個胚移植(DET)の出生率・多胎のリスクの評価

    内田志穂,佐々木拓幸,祝井麻希,上條慎太郎,内田明花,山田満稔,内田 浩,山上 亘,田中 守

    第147回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 (東京都千代田区) , 

    2024年06月

    口頭発表(一般)

  • 布製模型を用いた傍大動脈リンパ節郭清術のトレーニング

    中村加奈子,林 龍馬,白石哲郎,三宅温子,今枝慶蓉,高橋孝幸,野上侑哉,辻 浩介,増田健太,木須伊織,山上 亘,田中 守

    第147回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 (東京都千代田区) , 

    2024年06月

    口頭発表(一般)

  • 卵巣がん診療Up-to date

    山上 亘

    5th North Ⅲ Prefs Recurrent Ovarian Cancer Hybrid Conference (岩手県盛岡市) , 

    2024年06月

    口頭発表(招待・特別)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 若年性子宮体がんの妊孕性温存療法における腫瘍予後/妊娠予後予測因子の探索

    2023年04月
    -
    2026年03月

    科学研究費助成事業, 山上 亘, 基盤研究(C), 未設定

     研究概要を見る

    子宮体癌・子宮内膜異型増殖症に対する妊孕性温存療法症例のうち、再発を経験した症例の初発時および再発時のホルマリン固定パラフィン包埋切片(FFPE)を用いてホルモン受容体やp53、ミスマッチ修復タンパクの免疫組織化学を行い、またFFPEよりDNAおよびRNAを抽出して、POLEやMMR遺伝子を含む遺伝子パネルシーケンスおよびRNAシーケンスによる発現解析等を行う。それらと、臨床病理学的因子や再発,妊娠,生児獲得などの予後情報との関連性の解析を行った上で,治療開始前に病変消失や再発,妊娠予後などが予測可能となるような新たなマーカーの開発を行う.

  • 若年子宮体癌に対する妊孕性温存ホルモン療法の予後予測因子の解明

    2020年04月
    -
    2023年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山上 亘, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    若年発症の子宮体癌/子宮内膜異型増殖症の検体から抽出したDNAを用いて遺伝子パネル検査を行い,網羅的にがんの発症と進行に関わる遺伝子の異常を検索する.また,体細胞性変異だけでなく,ユニバーサルスクリーニングとして生殖細胞性変異の検索も行い,若年子宮体癌/子宮内膜異型増殖症にどれだけのLynch症候群が潜在しているかも解析する.また,子宮体癌のTCGAサブタイプ分類も行う.これらの結果を用いて,臨床病理学的因子との関連や予後予測が可能かどうか解析を行う.
    本研究は、若年発症の子宮体癌/子宮内膜異型増殖症(AEH)の臨床因子,病理学的因子,分子生物学的因子,遺伝学的因子を網羅的に明らかにし,治療効果や腫瘍予後,妊娠予後,最適なサーベイランス等についての新たな戦略を開発することを目的としている.研究対象の若年性子宮体癌/AEHとしては、当院で2016~2019年に初回治療として高用量黄体ホルモン療法を施行した38例の治療前の子宮内膜全面掻爬検体のFFPE標本の病変部よりDNAを抽出し、DNA量、Qualityの確認を行ったところ、4例では不良であったため、34例(子宮体癌(類内膜癌G1)19例とAEH15例)につき、当院で開発した遺伝子パネルであるPleSSision-Rapidを用いて、遺伝子発現やcopy number等の解析を行った。また、FFPE標本を用いて、エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、p53等についての免疫組織化学染色も施行した。主要な病的遺伝子変異としてPTENやCTNNB1の変異を認めることが多く、POLEやMMR遺伝子の病的変異はごく少数であった。これら結果と臨床病理学的因子や予後との関連性についての解析中であり、2022年8月に開催される第74回日本産科婦人科学会学術講演会で発表予定である。また、コントロール群としては、当院にて初回治療として標準治療を行った子宮体癌症例59例(類内膜癌39例、漿液性癌9例、明細胞癌2例、癌肉腫4例、その他5例)の摘出子宮標本のFFPEの癌部からDNAを抽出して、DNA量およびQualityの確認を行うとともに、当該患者の臨床病理学的因子や経過について後方視的にデータを収集した。59例中、8例は抽出したDNAのDIN値不良等の理由があり、遺伝子パネル検査に供する品質ではないことが判明した。今後、PleSSision-Rapidに供し、結果の解析を行う予定である。
    昨年同様コロナ禍が継続していたが、当研究機関の診療体制は従前に戻ったため、患者からの同意の取得や患者情報の収集については、特に滞りはなかった。遺伝子パネル検査については昨年報告した通り、当初予定していたQIAGEN社のQIAseq Targeted DNA Panelsであるcomprehensive cancer panel v3ではなく、当研究機関の腫瘍センターゲノム医療ユニットが開発し、臨床研究を行っているPleSSision-Rapidパネル検査を用いた。想定よりもMMR遺伝子変異例が非常に少ないことが明らかとなったため、MMR遺伝子の生殖細胞性変異の解析について施行するかどうかは今後の検討としたい。
    また、国内外の学会に参加して、最新の情報の収集に努めているが、コロナ禍により、学術講演会等がWEB開催/ハイブリッド開催となっており、研究者とのディスカッションが困難であると感じている。
    本研究の目的である若年の妊孕性温存希望の子宮体癌/AEH症例に対し、当院にて高用量黄体ホルモン療法を施行した症例の予後予測因子をより明らかにするために、遺伝子パネル検査や免疫組織化学染色を進めてきたが、本研究対象のコントロールとして、①若年例以外、②高用量黄体ホルモン療法以外(=標準治療)を施行 した症例の解析も同時に行い、両者の比較を行う予定とした。その理由としては、高用量黄体ホルモン療法施行症例は、IA期の類内膜癌G1かAEHに限られるために、広い進行期や組織型を対象として解析を行う予定であるコントロール群(標準治療例)との解析を行うことにより、より多角的な情報が得られるだろうと期待されたからである。当院は、標準治療を施行している子宮体癌症例を多数経験しており、これらの症例の多くは当科の所有するバイオバンクであるKeio Women's biobankに同意を得て、臨床病理学的情報や腫瘍組織、血液等を保管しているため、それらの症例を対象とすれば、遺伝子パネル検査に供することは比較的容易である。2022年中には遺伝子パネル検査の結果を得て、総合的な解析が可能と考えている。臨床病理学的因子や予後との関連性の高い遺伝子変化が明らかとなった時点で、当該の変異遺伝子の変化について、症例を広げてバリデーションを行うことも考えたい。

  • 子宮内膜異型増殖症・子宮体癌妊孕性温存療法に対するメトホルミンの適応拡大に向けた多施設共同研究

    2019年04月
    -
    2023年03月

    AMED, 臨床研究・治験推進研究事業, 三橋 暁, 補助金,  研究分担者

  • 子宮体癌/子宮内膜異型増殖症に対する妊孕性温存治療後の子宮内再発に対する反復高用量黄体ホルモン療法に関する第II相試験

    2019年04月
    -
    2020年03月

    土谷記念医学振興基金 研究助成, 進 伸幸, 補助金,  研究分担者

  • 婦人科悪性腫瘍の薬物応答に関与する新規バイオマーカーの特定

    2016年04月
    -
    2019年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  研究代表者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀査読者賞

    2020年11月, 日本産科婦人科内視鏡学会

    受賞区分: 学会誌・学術雑誌による顕彰

  • JGO Best Reviewer Award

    Wataru Yamagami, 2019年10月, Asian Society of Gynecologic Oncology

    受賞区分: 学会誌・学術雑誌による顕彰

  • JSOG Congress Encouragement Award

    2016年04月, 第68回日本産科婦人科学会学術講演会, An analysis of short term recurrent cases following medroxyprogesterone acetate(MPA)therapy for endometrial cancer and atypical endometrial hyperplasia.

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

  • 第52回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞

    2014年08月, 第52回日本癌治療学会学術集会, 子宮体癌におけるセンチネルリンパ節マッピングの検討

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第49回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞

    2011年10月, 第49回日本癌治療学会学術集会, 子宮肉腫に対するifosfamide、doxorubicin、cisplatin療法(IAP療法)の後方視的検討

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 外科腫瘍治療学演習

    2024年度

  • 外科腫瘍治療学実習

    2024年度

  • 産婦人科学演習

    2024年度

  • 産婦人科学実習

    2024年度

  • 産婦人科学

    2024年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学 子宮体癌治療

    慶應義塾

    2019年04月
    -
    2020年03月

    春学期, 講義

  • 婦人科学 子宮体癌治療

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 講義

  • 婦人科学 子宮体癌治療

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    春学期, 講義

  • 婦人科学 婦人科救急の考え方

    慶應義塾

    2016年04月
    -
    2017年03月

    春学期, 講義

  • 婦人科学 婦人科救急の考え方

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    春学期, 講義

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)教育セミナー アドバイザー (第7回~第12回)

    2013年08月
    -
    2018年08月

    , その他特記事項

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会

     
  • 日本婦人科腫瘍学会

     
  • 日本癌学会

     
  • 日本癌治療学会

     
  • 日本臨床細胞学会

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年10月
    -
    継続中

    がん診療ガイドライン作成・改訂委員会 小児、思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドライン改訂ワーキンググループ委員, 日本癌治療学会

  • 2021年06月
    -
    継続中

    臨床研究審査委員会主務幹事・委員, 日本産科婦人科学会

  • 2021年06月
    -
    継続中

    婦人科癌取扱い規約病理編 編集委員会, 日本産科婦人科学会

  • 2021年06月
    -
    継続中

    評議員, 日本産科婦人科内視鏡学会

  • 2021年06月
    -
    継続中

    副幹事長, 日本産科婦人科学会

全件表示 >>