山上 亘 (ヤマガミ ワタル)

Yamagami, Wataru

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 産婦人科学教室(婦人科) (信濃町)

職名

専任講師

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2002年05月

    慶應義塾大学医学部産婦人科 研修医

  • 2002年06月
    -
    2003年05月

    大田原赤十字病院産婦人科 医員

  • 2003年06月
    -
    2004年04月

    埼玉社会保険病院産婦人科 医員

  • 2004年05月
    -
    2005年03月

    慶應義塾大学医学部産婦人科 助手

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    独立行政法人国立病院機構東京医療センター産婦人科 医員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    2000年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾, 医学研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 課程, 2012年01月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 2000年04月

  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医, 2005年10月

  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医, 2009年01月

  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医, 2009年05月

  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医, 2013年05月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 産婦人科学 (婦人科腫瘍学)

  • 産婦人科学 (Obstetrics and Gynecology)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • がん登録

  • 卵巣癌

  • 妊孕性温存療法

  • 婦人科悪性腫瘍

  • 子宮体癌

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • がん登録の普及と登録データの活用, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • 子宮体癌妊孕性温存療法, 

    2011年04月
    -
    継続中

  • 婦人科悪性腫瘍に対する低侵襲治療, 

    2011年04月
    -
    継続中

  • 婦人科悪性腫瘍に対するセンチネルリンパ節生検, 

    2011年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 産婦人科医のための社会保険ABC

    日本産科婦人科学会編, MEDICAL VIEW, 2021年01月

    担当範囲: 婦人科悪性腫瘍(子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌),  担当ページ: 174-195

  • Lynch Syndrome

    Yamagami W, Aoki D, Springer, 2020年08月

    担当範囲: Lynch Syndrome-Associated Gynecological Malignancies,  担当ページ: 71-78

  • 産科婦人科臨床5 悪性腫瘍

    藤井 和行,八重樫 伸生編, 中山書店, 2020年07月

    担当範囲: 第3章子宮体癌 薬物療法,  担当ページ: 148-158

  • 子宮鏡 新常識を極める 日本子宮鏡研究会編

    山上 亘, メジカルビュー社, 2019年09月

    担当範囲: 悪性疾患の診断と子宮鏡,  担当ページ: 68-71

  • 標準的医療説明の手順書 (一社】内科系学会社会保険連合編 2019年版

    山上 亘, 杏林舍, 2019年08月

    担当範囲: 卵巣がん・子宮がんに対するがん化学療法(パクリタキセル・カルボプラチン),  担当ページ: 168-171

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Atypical vessels in hysteroscopy: Usefulness in prediction of malignant diseases in patients treated with tamoxifen.

    Oka E, Sakai K, Yamagami W, Hirano T, Makabe T, Yoshihama T, Chiyoda T, Kataoka F, Banno K, Aoki D

    The journal of obstetrics and gynaecology research 47 ( 4 ) 1510 - 1515 2021年04月

    ISSN  1341-8076

  • A prospective cohort study on the safety and efficacy of bevacizumab combined with chemotherapy in Japanese patients with relapsed ovarian, fallopian tube or primary peritoneal cancer

    Nanki Y., Nomura H., Iwasa N., Saotome K., Dozen A., Yoshihama T., Hirano T., Hashimoto S., Chiyoda T., Yamagami W., Kataoka F., Aoki D.

    Japanese journal of clinical oncology (Japanese journal of clinical oncology)  51 ( 1 ) 54 - 59 2021年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0368-2811

     概要を見る

    © The Author(s) 2020. Published by Oxford University Press. All rights reserved. For permissions, please e-mail: journals.permissions@oup.com. OBJECTIVE: this prospective cohort study aimed to assess the safety and efficacy of bevacizumab combined with chemotherapy in Japanese patients with relapsed ovarian, fallopian tube or primary peritoneal cancer. METHODS: in this study, 40 Japanese patients with relapsed ovarian, fallopian tube or primary peritoneal cancer selected to receive bevacizumab with chemotherapy were enrolled. Patients in poor general condition were excluded. Each patient was monitored prospectively for adverse events, administration status, disease status and survival. Treatment was continued until intolerable adverse events or disease progression. The primary endpoint was safety. RESULTS: bevacizumab plus platinum-based chemotherapy was performed for 30 patients (median cycle; 16.5), while bevacizumab plus non-platinum chemotherapy was performed for 10 patients (median cycle; 5.5). Among bevacizumab-related adverse events, hypertension occurred in 80% of patients, proteinuria in 83%, mucositis in 25%, bleeding in 20%, thromboembolic events in 5.0% and fistula in 2.5%. Gastrointestinal perforation or other life-threatening lethal adverse events were not observed. Response rate and median progression-free survival were 73% and 19.3 months for patients with bevacizumab plus platinum-based chemotherapy, and 30% and 3.9 months for patients with bevacizumab plus non-platinum chemotherapy, respectively. There was no correlation between response rate and occurrence of adverse events such as hypertension or proteinuria. CONCLUSION: bevacizumab combined with chemotherapy was tolerable and effective for Japanese patients with relapsed ovarian cancer, fallopian tube cancer or primary peritoneal cancer. Hypertension and proteinuria are frequently occurred and managed properly for continuing treatment.

  • Germline multigene panel testing revealed a <i>BRCA2</i> pathogenic variant in a patient with suspected Lynch syndrome.

    Yoshihama T, Hirasawa A, Sugano K, Yoshida T, Ushiama M, Ueki A, Akahane T, Nanki Y, Sakai K, Makabe T, Yamagami W, Susumu N, Kameyama K, Kosaki K, Aoki D

    International cancer conference journal 10 ( 1 ) 6 - 10 2021年01月

  • Survey of the clinical practice pattern of using sentinel lymph node biopsy in patients with gynecological cancers in Japan: the Japan Society of Gynecologic Oncology study

    Togami S., Kobayashi H., Niikura H., Shimada M., Susumu N., Tanaka T., Terai Y., Nagai T., Baba T., Yahata H., Yamagami W., Yamaguchi K., Yamashita T., Yaegashi N., Katabuchi H., Aoki D.

    International Journal of Clinical Oncology (International Journal of Clinical Oncology)  2021年

    ISSN  13419625

     概要を見る

    Background: Sentinel lymph node (SN) biopsy is essential for evaluating survival and minimal treatment-related morbidity associated with cervical, endometrial, and vulvar cancer in Japan. As such, our aim in this study was to evaluate the current practice pattern of using SN biopsy for cervical, endometrial, and vulvar cancer in Japan. Methods: We deployed a 47-question survey on the use of SN biopsy for gynecological cancers to 216 gynecological oncology training facilities. The survey included information on the use of SN biopsy for uterine (cervical and endometrial) and vulvar cancers; details on the type, timing, and concentration of tracers used; surgical approach used for SN biopsy; method of biopsy and pathological examination; and facilities’ experience with clinical research on SN biopsy. Results: The response rate was 84% (181/216), with 40 facilities (22%) having experience in SN biopsy for gynecological cancers, 34 (85%) for uterine cancers, and 15 (37%) for vulvar cancers. Radioisotope, indocyanine green (ICG), and blue dyes were available for the detection of uterine cancers in 21 (52%), 25 (62%), and 19 (48%) facilities and for vulvar cancers in 9 (22%), 3 (7%), and 11 (27%) facilities, respectively. Thirty-four facilities (85%) used intraoperative frozen section procedure for diagnosis when possible, with 24 (71%) of these facilities using 2-mm specimen cuts. Diagnosis included pathological examination (85%), immunostaining (57%), and one-step nucleic acid amplification (5%). Conclusion: Increasing research evidence, providing insurance coverage for radioisotope tracers, and increasing the availability of training are expected to increase the use of SN biopsy in Japan.

  • Evaluating the importance of routine drainage following laparoscopic pelvic lymph node dissection for gynecological malignancies

    Sakai K, Nakamura M, Yamagami W, Chiyoda T, Kobayashi Y, Nishio H, Hayashi S, Nomura H, Kataoka F, Tominaga E, Banno K, Aoki D

    Int J Gynaecol Obstet 2020年12月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • The trend and outcome of postsurgical therapy for high-risk early-stage cervical cancer with lymph node metastasis in Japan: a report from the Japan Society of Gynecologic Oncology (JSGO) guidelines evaluation committee

    Masae Ikeda and Masako Shida and Shogo Shigeta and Satoru Nagase and Fumiaki Takahashi and Wataru Yamagami and Hidetaka Katabuchi and Nobuo Yaegashi and Daisuke Aoki and Mikio Mikami

    Journal of Gynecologic Oncology (Asian Society of Gynecologic Oncology$\mathsemicolon$ Korean Society of Gynecologic Oncology and Colposcopy)  32 ( 3 ) e44 2021年

    ISSN  2005-0380

  • 【不妊・不育症女性の合併症・併存疾患をどう扱う?】婦人科悪性腫瘍

    山上 亘,上條 慎太郎,吉村 拓馬,平野 卓朗,坂井 健良,浜谷 敏生,青木 大輔

    産婦人科の実際 (金原出版)  69 ( 13 ) 1645 - 1651 2020年12月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • 【内膜を極めるII-婦人科疾患の治療と内膜機能-】子宮内膜癌の機能温存療法

    進 伸幸, 山上 亘, 片岡 史夫, 岡田 智志, 田中 宏一, 青木 大輔

    産婦人科の実際 (金原出版(株))  69 ( 11 ) 1129 - 1135 2020年11月

    ISSN  0558-4728

     概要を見る

    <文献概要>若年子宮内膜癌患者は,晩婚化,少産化などのライフスタイルの変化により近年増加傾向にある。筋層浸潤のない類内膜癌G1(G1EC)または子宮内膜異型増殖症(AEH)が妊孕性温存治療の対象であり,子宮外病変(重複がん,転移,腹腔内播種)がないこと,漿液性癌などのホルモン不応性の成分の混在のないことの確認も重要である。わが国ではメドロキシプロゲステロン酢酸エステル(MPA)のみが保険診療として用いられている。MPA投与と反復内膜全面掻爬により比較的高い病変消失率が得られているが,不応例があること,高頻度に子宮内再発がみられること,卵巣癌などの重複がん症例が数%みられることなどにも注意を要する。再発症例に対する高用量MPA療法による再治療の前方視的臨床研究が,わが国で近々に開始となる予定である。

  • 臨床研修指導Q&A

    渡利 英道, 生水 真紀夫, 小松 宏彰, 井平 圭, 岩瀬 春子, 馬詰 武, 草開 妙, 甲賀 かをり, 近藤 英治, 関根 正幸, 中川 慧, 西ヶ谷 順子, 長谷川 潤一, 馬場 長, 林 昌子, 山上 亘, 伊東 優, 植田 彰彦, 上田 遥香, 大澤 有姫, 小野寺 洋平, 櫻木 俊秀, 品川 真奈花, 下地 裕子, 末光 徳匡, 杉田 洋佑, 玉田 祥子, 玉内 学志, 中野 和俊, 平山 貴士, 廣瀬 佑輔, 細川 義彦, 松尾 光徳, 的場 優介, 眞山 学徳, 日本産科婦人科学会産婦人科未来委員会

    日本産科婦人科学会雑誌 ((公社)日本産科婦人科学会)  72 ( 9 ) np1 - np38 2020年09月

    総説・解説(学術雑誌), 共著,  ISSN  0300-9165

  • 【やさしくわかる 産科婦人科検査マスターブック】(第2章)婦人科腫瘍分野 センチネルリンパ節生検

    山上 亘, 片岡 史夫, 青木 大輔

    産科と婦人科 ((株)診断と治療社)  87 ( Suppl. ) 185 - 190 2020年03月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア),  ISSN  0386-9792

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 子宮体癌および子宮内膜異型増殖症に対する黄体ホルモン療法後の治療効果判定における子宮鏡検査の有用性に関する検討

    黒田由香, 山上亘, 吉村拓馬, 平野卓朗, 坂井 健良,真壁 健,千代田 達幸, 小林 佑介, 阪埜 浩司,青木 大輔

    第60回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 (大阪市(WEB開催)) , 2020年12月, 口頭(一般)

  • 卵巣境界悪性腫瘍に対する開腹手術と腹腔鏡下手術の比較検討

    同前 愛、千代田 達幸、高橋 美央、黒田 由香、吉村 拓馬, 平野 卓朗、山上 亘、青木 大輔

    第60回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 (大阪市(WEB開催)) , 2020年12月, 口頭(一般)

  • JGOG2051:子宮体癌/子宮内膜異型増殖症に対する妊孕性温存治療後の子宮内再発に対する反復高用量黄体ホルモン療法に関する第II相試験

    山上 亘

    婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)総会 (東京(WEB開催)) , 2020年12月, その他

  • MPA療法の治療効果判定における,子宮内膜細胞診の有用性について

    吉村拓馬,山上 亘,平野卓朗,坂井健良,真壁 健, 千代田達幸,阪埜浩司,進 伸幸,青木大輔

    第59回日本臨床細胞学会秋期大会 (横浜市) , 2020年11月, ポスター(一般)

  • 当科における悪性卵巣腫瘍術後患者へのホルモン補充療法(HRT)の有用性に関する検討

    谷本 慧子, 横田 めぐみ, 千代田 達幸, 黒田 由香, 吉村 拓馬, 平野 卓朗, 山上 亘, 弟子丸 亮太, 岩田 卓, 阪埜 浩司, 青木 大輔

    第35回日本女性医学学会学術集会 (東京) , 2020年11月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 若年子宮体癌に対する妊孕性温存ホルモン療法の予後予測因子の解明

    2020年04月
    -
    2023年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山上 亘, 補助金,  代表

  • 子宮内膜異型増殖症・子宮体癌妊孕性温存療法に対するメトホルミンの適応拡大に向けた多施設共同研究

    2019年04月
    -
    2023年03月

    AMED, 臨床研究・治験推進研究事業, 三橋 暁, 補助金,  分担

  • 子宮体癌/子宮内膜異型増殖症に対する妊孕性温存治療後の子宮内再発に対する反復高用量黄体ホルモン療法に関する第II相試験

    2019年04月
    -
    2020年03月

    土谷記念医学振興基金 研究助成, 進 伸幸, 補助金,  分担

  • 婦人科悪性腫瘍の薬物応答に関与する新規バイオマーカーの特定

    2016年04月
    -
    2019年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

  • 卵巣癌の薬物応答に関与する新規バイオマーカーの特定

    2012年04月
    -
    2015年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀査読者賞

    2020年11月, 日本産科婦人科内視鏡学会

    受賞区分: 学会誌・学術雑誌による顕彰

  • JGO Best Reviewer Award

    Wataru Yamagami, 2019年10月, Asian Society of Gynecologic Oncology

    受賞区分: 学会誌・学術雑誌による顕彰

  • JSOG Congress Encouragement Award

    2016年04月, 第68回日本産科婦人科学会学術講演会, An analysis of short term recurrent cases following medroxyprogesterone acetate(MPA)therapy for endometrial cancer and atypical endometrial hyperplasia.

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

  • 第52回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞

    2014年08月, 第52回日本癌治療学会学術集会, 子宮体癌におけるセンチネルリンパ節マッピングの検討

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第49回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞

    2011年10月, 第49回日本癌治療学会学術集会, 子宮肉腫に対するifosfamide、doxorubicin、cisplatin療法(IAP療法)の後方視的検討

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学講義

    2021年度

  • 婦人科学講義

    2020年度

  • 婦人科学 子宮体部腫瘍(治療)

    2019年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間

  • 婦人科学 子宮体部腫瘍(治療)

    2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間

  • 婦人科学 子宮体部腫瘍(治療)

    2017年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学 子宮体癌治療

    慶應義塾, 2019年度, 春学期, 専門科目, 講義

  • 婦人科学 子宮体癌治療

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 講義

  • 婦人科学 子宮体癌治療

    慶應義塾, 2017年度, 春学期, 専門科目, 講義

  • 婦人科学 婦人科救急の考え方

    慶應義塾, 2016年度, 春学期, 専門科目, 講義

  • 婦人科学 婦人科救急の考え方

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 講義

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)教育セミナー アドバイザー (第7回~第12回)

    2013年08月
    -
    2018年08月

    , その他特記事項

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会

     
  • 日本婦人科腫瘍学会

     
  • 日本癌学会

     
  • 日本癌治療学会

     
  • 日本臨床細胞学会

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年03月
    -
    継続中

    調査普及委員会委員, 日本産科婦人科内視鏡学会

  • 2020年07月
    -
    継続中

    学術・教育委員会委員, 日本遺伝性腫瘍学会

  • 2019年06月
    -
    継続中

    会計委員会委員, 日本産科婦人科学会

  • 2019年04月
    -
    継続中

    子宮頸癌取扱い規約編集委員会委員, 日本産科婦人科学会

  • 2018年07月
    -
    継続中

    倫理委員会幹事・委員, 日本婦人科腫瘍学会

全件表示 >>