山上 亘 (ヤマガミ ワタル)

Yamagami, Wataru

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 産婦人科学教室(婦人科) (信濃町)

職名

専任講師

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2002年05月

    慶應義塾大学医学部産婦人科 研修医

  • 2002年06月
    -
    2003年05月

    大田原赤十字病院産婦人科 医員

  • 2003年06月
    -
    2004年04月

    埼玉社会保険病院産婦人科 医員

  • 2004年05月
    -
    2005年03月

    慶應義塾大学医学部産婦人科 助手

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    独立行政法人国立病院機構東京医療センター産婦人科 医員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月
    -
    2000年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2005年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾, 医学研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 課程, 2012年01月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 2000年04月

  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医, 2005年10月

  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医, 2009年01月

  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医, 2009年05月

  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医, 2013年05月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 産婦人科学 (婦人科腫瘍学)

  • 産婦人科学 (Obstetrics and Gynecology)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • がん登録

  • 卵巣癌

  • 妊孕性温存療法

  • 婦人科悪性腫瘍

  • 子宮体癌

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • がん登録の普及と登録データの活用, 

    2013年04月
    -
    継続中

  • 子宮体癌妊孕性温存療法, 

    2011年04月
    -
    継続中

  • 婦人科悪性腫瘍に対する低侵襲治療, 

    2011年04月
    -
    継続中

  • 婦人科悪性腫瘍に対するセンチネルリンパ節生検, 

    2011年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 子宮鏡 新常識を極める 日本子宮鏡研究会編

    山上 亘, メジカルビュー社, 2019年09月

    担当範囲: 悪性疾患の診断と子宮鏡,  担当ページ: 68-71

  • 標準的医療説明の手順書 (一社】内科系学会社会保険連合編 2019年版

    山上 亘, 杏林舍, 2019年08月

    担当範囲: 卵巣がん・子宮がんに対するがん化学療法(パクリタキセル・カルボプラチン),  担当ページ: 168-171

  • ヘルスプロバイダーのためのがん・生殖医療 鈴木直,高井 泰,野澤 美江子,渡邊知映編

    山上 亘,西尾 浩,青木 大輔, メディカ出版, 2019年04月

    担当範囲: 婦人科癌に対する妊孕性温存療法,  担当ページ: 132-137

  • 今すぐ知りたい! 不妊治療Q&A 久慈直昭,京野廣一編

    井上 治,山上 亘,浜谷 敏生, 医学書院, 2019年04月

    担当範囲: 子宮内膜増殖症とはどのような病気ですか?,  担当ページ: 152-154

  • 産婦人科医のための社会保険ABC 第5版

    山上 亘, メディカルビュー社, 2017年

    担当範囲: 婦人科悪性腫瘍(子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌) (p173-187)

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A retrospective study for investigating the relationship between old and new staging systems with prognosis in ovarian cancer using gynecologic cancer registry of Japan Society of Obstetrics and Gynecology (JSOG): disparity between serous carcinoma and clear cell carcinoma

    Yamagami W., Nagase S., Takahashi F., Ino K., Hachisuga T., Mikami M., Enomoto T., Katabuchi H., Aoki D.

    Journal of gynecologic oncology (Journal of gynecologic oncology)  31 ( 4 )  2020年07月

     概要を見る

    Copyright © 2020. Asian Society of Gynecologic Oncology, Korean Society of Gynecologic Oncology. OBJECTIVE: International Federation of Gynecology and Obstetrics (FIGO) staging for ovarian, fallopian tube, and peritoneal cancers was revised in 2014. The aim of this study is to clarify whether the revised FIGO2014 staging reflects the prognosis of patients with ovarian cancer by histological type in Japan. METHODS: We extracted 9,747 patients who were diagnosed with ovarian cancer since 2004 until 2008 and who could be classified into appropriate stages from the Gynecologic Cancer Registry of Japan Society of Obstetrics and Gynecology. These cases were analyzed after revision to FIGO2014 based on the pTNM classification. RESULTS: Among stage I, the 5-year overall survival rate (5y-OS) in FIGO2014 was 94.9% in stage IA, 92.3% in stage IC1, 86.1% in IC2, and 84.9% in IC3 with significant differences between stages IA and IC1 (p=0.012), IC1 and IC2 (p<0.001). There was a significant difference between stages IA and IC1 in clear cell and mucinous carcinoma but not in serous and endometrioid carcinoma. Among stage III, the 5y-OS was 75.6% in stage IIIA1, 68.9% in IIIA2, 58.6% in IIIB, and 44.4% in IIIC, with significant differences between stages IIIA2 and IIIB (p=0.009), IIIB and IIIC (p<0.001). Among stage IV, the 5y-OS was 43.1% in stage IVA* and 32.1% in IVB with a significant difference (p=0.002). CONCLUSION: The results suggest that changes in classification for stage III and stage IV are appropriate, but the subclassification for stage IC might be too detailed. There was a discrepancy of prognosis by histological type between stage IA and IC1.

  • Evaluation of safety and diagnostic performance for flexible hysteroscopy in 1591 outpatient cases

    Kobayashi Y., Tsuji K., Nakamura K., Nagai S., Takahashi T., Kobayashi A., Anko M., Hirano T., Watanabe K., Matoba Y., Kunitomi H., Adachi M., Yamagami W., Tominaga E., Banno K., Aoki D.

    Japanese journal of clinical oncology (Japanese journal of clinical oncology)  2020年06月

     概要を見る

    © The Author(s) 2020. Published by Oxford University Press. All rights reserved. For permissions, please e-mail: journals.permission@oup.com. BACKGROUND: To date, only few large studies are available concerning the safety and diagnostic concordance rates of outpatient flexible hysteroscopy. In our institution, outpatient hysteroscopy has been routinely and educationally applied Kosuke Tsuji to intrauterine lesions; thus, we retrospectively investigated the institution's outpatient flexible hysteroscopy cases. METHODS: A total of 1591 cases of outpatient flexible hysteroscopy conducted at our institution in 2012-2016 were retrospectively analyzed in terms of their clinical background, complications and diagnostic concordance rates. RESULTS: A total of 1591 cases included 546 cases of benign tumors (317 endometrial polyps, 168 myomas and 61 endometrial hyperplasia), 361 cases of atypical endometrial hyperplasia, 571 cases of endometrial cancers and 113 cases of other diagnoses. No major complications, including uterine perforation, occurred. However, one patient (0.06%) was diagnosed with septic shock caused by intrauterine infection that required prolonged immunosuppressive drug administration. Meanwhile, 335 patients diagnosed with benign tumors through outpatient flexible hysteroscopy underwent operation, and the diagnostic concordance rate was 74.6% (250 cases). However, this rate included 14 cases (4.2%) diagnosed with malignant tumors postoperatively. In preoperative endometrial cancer cases, the sensitivity and specificity for cervical invasion diagnosis were 39.4 and 90.8%, respectively. In addition, only one patient manifested positive ascites cytology intraoperatively, possibly caused by outpatient hysteroscopy. CONCLUSIONS: Outpatient flexible hysteroscopy is highly safe, with a slight negligible effect on ascites cytology. However, the diagnosis should be determined by multidisciplinary approaches, as hysteroscopy alone can miss malignancy.

  • Proposal of a two-tier system in grouping adenocarcinoma of the uterine cervix

    Machida H., Matsuo K., Matsuzaki S., Yamagami W., Ebina Y., Kobayashi Y., Tabata T., Kaneuchi M., Nagase S., Enomoto T., Mikami M.

    Cancers (Cancers)  12 ( 5 )  2020年05月

     概要を見る

    © 2020 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. (1) Background: This study examined the use of a two-tier system in grouping cervical adenocarcinoma for survival discrimination. (2) Methods: A nationwide retrospective observational cohort study was conducted using the Japan Society of Gynecologic Oncology tumor registry database from 2001 to 2015 (n = 86,754). Adenocarcinoma subtypes were grouped as type 1 (endocervical usual type and endometrioid) or type 2 (serous, clear, mucinous, and not otherwise specified), based on their relative survival compared with that of squamous tumors. (3) Results: The majority of the adenocarcinoma cases were type 1 (n = 10,121) versus type 2 tumors (n = 5157). Type 2 tumors were more likely to be old and have stage IV disease than those with squamous tumors. The number of type 2 tumors increased from 2001 to 2014 (106.1% relative increase, p < 0.001). Type 2 tumors had disproportionally poorer survival compared to other types (5-year survival rates: 68.9% for type 2, 75.4% for type 1, and 78.0% for squamous; p < 0.001). On multivariate analysis, type 2 tumors remained an independent prognostic factor associated with decreased survival compared with squamous (adjusted hazard ratio 2.00, 95% CI 1.84–2.15, p < 0.001). (4) Conclusion: The survival of cervical adenocarcinoma varies largely across the histological subtypes, and the proposed two-tier grouping may be useful for survival discrimination.

  • Identification of a novel uterine leiomyoma GWAS locus in a Japanese population.

    Sakai K, Tanikawa C, Hirasawa A, Chiyoda T, Yamagami W, Kataoka F, Susumu N, Terao C, Kamatani Y, Takahashi A, Momozawa Y, Hirata M, Kubo M, Fuse N, Takai-Igarashi T, Shimizu A, Fukushima A, Kadota A, Arisawa K, Ikezaki H, Wakai K, Yamaji T, Sawada N, Iwasaki M, Tsugane S, Aoki D, Matsuda K.

    Sci Rep 10 ( 1 ) 1197 2020年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Japan Society of Gynecologic Oncology 2018 guidelines for treatment of uterine body neoplasms

    Yamagami W., Mikami M., Nagase S., Tabata T., Kobayashi Y., Kaneuchi M., Kobayashi H., Yamada H., Hasegawa K., Fujiwara H., Katabuchi H., Aoki D.

    Journal of gynecologic oncology 31 ( 1 ) e18 2020年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    The Fourth Edition of the Guidelines for Treatment of Uterine Body Neoplasm was published in 2018. These guidelines include 9 chapters: 1. Overview of the guidelines, 2. Initial treatment for endometrial cancer, 3. Postoperative adjuvant therapy for endometrial cancer, 4. Post-treatment surveillance for endometrial cancer, 5. Treatment for advanced or recurrent endometrial cancer, 6. Fertility-sparing therapy, 7. Treatment of uterine carcinosarcoma and uterine sarcoma, 8. Treatment of trophoblastic disease, 9. Document collection; and nine algorithms: 1-3. Initial treatment of endometrial cancer, 4. Postoperative adjuvant treatment for endometrial cancer, 5. Treatment of recurrent endometrial cancer, 6. Fertility-sparing therapy, 7. Treatment for uterine carcinosarcoma, 8. Treatment for uterine sarcoma, 9. Treatment for choriocarcinoma. Each chapter includes overviews and clinical questions, and recommendations, objectives, explanation, and references are provided for each clinical question. This revision has no major changes compared to the 3rd edition, but does have some differences: 1) an explanation of the recommendation decision process and conflict of interest considerations have been added in the overview, 2) nurses, pharmacists and patients participated in creation of the guidelines, in addition to physicians, 3) the approach to evidence collection is listed at the end of the guidelines, and 4) for clinical questions that lack evidence or clinical validation, the opinion of the Guidelines Committee is given as a "Recommendations for tomorrow".

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【やさしくわかる 産科婦人科検査マスターブック】(第2章)婦人科腫瘍分野 センチネルリンパ節生検

    山上 亘, 片岡 史夫, 青木 大輔

    産科と婦人科 ((株)診断と治療社)  87 ( Suppl. ) 185 - 190 2020年03月

    ISSN  0386-9792

  • センチネルリンパ節生検の保険収載にむけた現状 センチネルリンパ節生検のトレーサーの適応拡大のための公知申請について

    山上 亘

    日本産科婦人科学会雑誌 ((公社)日本産科婦人科学会)  72 ( 臨増 ) S - 133 2020年03月

    ISSN  0300-9165

  • Erratum: Aurora kinase inhibitors: Potential molecular-targeted drugs for gynecologic malignant tumors (Review).

    Umene K, Banno K, Kisu I, Yanokura M, Nogami Y, Tsuji K, Masuda K, Ueki A, Kobayashi Y, Yamagami W, Nomura H, Tominaga E, Susumu N, Aoki D

    Biomed Rep 11 ( 6 ) 274 2019年12月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • 【新時代の子宮鏡診療】診断 子宮内腫瘍性病変の子宮鏡診断

    平野 卓朗, 山上 亘, 青木 大輔

    産科と婦人科 ((株)診断と治療社)  86 ( 11 ) 1335 - 1340 2019年11月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著,  ISSN  0386-9792

     概要を見る

    子宮鏡検査は多岐にわたる子宮内腫瘍性病変の鑑別において、存在診断や局在診断、さらに術式選択においてその力を発揮する。手技は比較的簡便であり、特に病理学的検査やほかの画像検査をもってしても診断に苦慮する症例に対し、補助診断として非常に有用である。しかしながら患者に少なからず侵襲を与える検査であり、またわが国では婦人科悪性腫瘍に対する子宮鏡検査の保険適用もないため、その実施については慎重に判断すべきである。(著者抄録)

  • 【迫り来る2020:新規保険収載へのロードマップと適正運用】外保連 婦人科悪性腫瘍のセンチネルリンパ節生検保険収載に向けて

    山上 亘, 平野 卓朗, 真壁 健, 和田 美智子, 片岡 史夫, 青木 大輔, 進 伸幸, 小林 裕明

    産婦人科の実際 (金原出版(株))  68 ( 11 ) 1369 - 1375 2019年10月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著,  ISSN  0558-4728

     概要を見る

    <文献概要>婦人科悪性腫瘍のうち,子宮頸癌,子宮体癌,外陰癌は,センチネルリンパ節(SN)生検を用いることで不要なリンパ節郭清が省略できる可能性があり,cancer survivorのQOLの向上につながる。国内外でのエビデンスが蓄積されつつあることや,すでに乳癌や悪性黒色腫では保険収載されていることもあり,保険収載への道のりは遠くはないと思われるが,トレーサーの薬事承認やプロトコルの統一,標準治療との兼ね合いなど,課題も多い。産婦人科全体でSN生検を用いた手術の有用性について広く共通認識を持つことが保険収載に向けて不可欠であろう。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 卵巣癌オルガノイド培養系の確立と卵巣癌組織とのゲノム解析による比較

    南木 佳子,千代田 達幸,平沢 晃,赤羽 智子,早乙女 啓子,同前 愛,平野 卓朗,黒田 由香,吉村 拓馬,山上 亘,片岡 史夫,青木 大輔

    第5回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会 (東京) , 2019年12月, その他

  • JGOG2051:子宮体癌/子宮内膜異型増殖症に対する妊孕性温存治療後の子宮内再発に対する反復高用量黄体ホルモン療法に関する第II相試験

    山上 亘,進 伸幸

    2019年度JGOG年次総会 (東京) , 2019年12月, その他

  • 肉腫成分が主体を占めた異所性子宮体部癌肉腫の一例

    鈴木 美那子, 照井 仁美, 鈴木 一生, 中島 清聖, 佐藤 孝之, 草刈 悟, 辻川 華子, 三上 修治, 早乙女 啓子, 山上 亘, 青木 大輔, 亀山 香織

    第58回日本臨床細胞学会秋期大会 (岡山県岡山市) , 2019年11月, ポスター(一般)

  • アミノレブリン酸塩酸塩を⽤いた光線⼒学的診断法併⽤⼦宮鏡下⼿術の異型ポリー プ状腺筋腫 3 症例への利⽤経験

    的場 優介,阪埜 浩司,⽊須 伊織,⼩林 佑介,⼭上 亘,仲村 勝,⻘⽊ ⼤輔

    第3回日本子宮鏡研究会学術集会 (京都府京都市) , 2019年11月, 口頭(一般)

  • Clinical impact of lymphadenectomy for endometrial cancer

    Wataru Yamagami, Keiko Saotome, Takuro Hirano, Yoshiko Nanki, Kensuke Sakai, Takeshi Makabe, Tatsuyuki Chiyoda, Yusuke Kobayashi, Fumio Kataoka, Kouji Banno, Daisuke Aoki

    21st European Congress on Gynaecological Oncology (Athens, Greece) , 2019年11月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 若年子宮体癌に対する妊孕性温存ホルモン療法の予後予測因子の解明

    2020年04月
    -
    2023年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山上 亘, 補助金,  代表

  • 子宮内膜異型増殖症・子宮体癌妊孕性温存療法に対するメトホルミンの適応拡大に向けた多施設共同研究

    2019年04月
    -
    2023年03月

    AMED, 臨床研究・治験推進研究事業, 三橋 暁, 補助金,  分担

  • 子宮体癌/子宮内膜異型増殖症に対する妊孕性温存治療後の子宮内再発に対する反復高用量黄体ホルモン療法に関する第II相試験

    2019年04月
    -
    2020年03月

    土谷記念医学振興基金 研究助成, 進 伸幸, 補助金,  分担

  • 婦人科悪性腫瘍の薬物応答に関与する新規バイオマーカーの特定

    2016年04月
    -
    2019年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

  • 卵巣癌の薬物応答に関与する新規バイオマーカーの特定

    2012年04月
    -
    2015年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • JGO Best Reviewer Award

    Wataru Yamagami, 2019年10月, Asian Society of Gynecologic Oncology

    受賞区分: 学会誌・学術雑誌による顕彰

  • JSOG Congress Encouragement Award

    2016年04月, 第68回日本産科婦人科学会学術講演会, An analysis of short term recurrent cases following medroxyprogesterone acetate(MPA)therapy for endometrial cancer and atypical endometrial hyperplasia.

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

  • 第52回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞

    2014年08月, 第52回日本癌治療学会学術集会, 子宮体癌におけるセンチネルリンパ節マッピングの検討

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第49回日本癌治療学会学術集会優秀演題賞

    2011年10月, 第49回日本癌治療学会学術集会, 子宮肉腫に対するifosfamide、doxorubicin、cisplatin療法(IAP療法)の後方視的検討

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第102回日本産科婦人科学会関東連合地方部会総会学術奨励賞

    山上亘, 2001年10月, 日本産科婦人科学会関東連合地方部会, 当院における若年子宮体癌八十三例の臨床病理学的検討

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学講義

    2020年度

  • 婦人科学 子宮体部腫瘍(治療)

    2019年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間

  • 婦人科学 子宮体部腫瘍(治療)

    2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間

  • 婦人科学 子宮体部腫瘍(治療)

    2017年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間

  • 婦人科学 婦人科救急の考え方

    2016年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学 子宮体癌治療

    慶應義塾, 2019年度, 春学期, 専門科目, 講義

  • 婦人科学 子宮体癌治療

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 講義

  • 婦人科学 子宮体癌治療

    慶應義塾, 2017年度, 春学期, 専門科目, 講義

  • 婦人科学 婦人科救急の考え方

    慶應義塾, 2016年度, 春学期, 専門科目, 講義

  • 婦人科学 婦人科救急の考え方

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 講義

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)教育セミナー アドバイザー (第7回~第12回)

    2013年08月
    -
    2018年08月

    , その他特記事項

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会

     
  • 日本婦人科腫瘍学会

     
  • 日本癌学会

     
  • 日本癌治療学会

     
  • 日本臨床細胞学会

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年06月
    -
    継続中

    会計委員会委員, 日本産科婦人科学会

  • 2019年04月
    -
    継続中

    子宮頸癌取扱い規約編集委員会委員, 日本産科婦人科学会

  • 2018年07月
    -
    継続中

    倫理委員会幹事・委員, 日本婦人科腫瘍学会

  • 2017年06月
    -
    継続中

    婦人科悪性腫瘍登録システムの充実に関する小委員会委員, 日本産科婦人科学会

  • 2017年06月
    -
    継続中

    運営委員会主務幹事・委員, 日本産科婦人科学会

全件表示 >>