春日 義史 (カスガ ヨシフミ)

Kasuga, Yoshifumi

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 産婦人科学教室(産科) (信濃町)

職名

専任講師

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学病院, 初期臨床研修医

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

    慶應義塾大学医学部, 産婦人科

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

    川崎市立川崎病院, 産婦人科

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    平塚市民病院, 産婦人科

  • 2012年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学医学部, 産婦人科

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    日本大学, 医学部, 医学科

    大学, 卒業

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学

    大学院, 卒業, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 論文, 2017年03月

    Association of common polymorphisms with gestational diabetes mellitus in Japanese women: A case-control study

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 2007年

  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医, 2012年10月

  • 日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法インスタラクターコース, 2013年06月

  • 日本超音波医学会超音波専門医, 2017年10月

  • 母体保護法指定医, 2017年10月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 産婦人科学 (妊娠糖尿病、早産、ゲノム・エピゲノム、超音波、悪性腫瘍術後妊娠、DOHaD)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 妊娠糖尿病、早産、ゲノム・エピゲノム、超音波、悪性腫瘍術後妊娠、DOHaD

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 広汎性子宮頸部摘出術後妊娠の管理

    春日義史,宮越敬, 2020年01月

  • 妊娠糖尿病の遺伝情報を臨床にどう活かすか

    春日義史, 宮越敬, 田嶋敦ほか, 2019年03月

  • 広汎性子宮頸部摘出術における予防的子宮頸管縫縮術の必要性は?

    春日義史,田中京子,宮越敬ほか, 2018年04月

  • 腹式広汎性子宮頸部摘出術後妊娠の周産期管理

    春日義史,宮越敬,田中守, 2017年07月

  • 婦人科癌の治療と妊孕性

    春日義史,宮越敬,田中守, 2017年04月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A capture methyl-seq protocol with improved efficiency and cost-effectiveness using pre-pooling and enzymatic conversion

    Hasegawa K., Nakabayashi K., Ishiwata K., Kasuga Y., Hata K., Tanaka M.

    BMC Research Notes (BMC Research Notes)  16 ( 1 ) 141 2023年12月

     概要を見る

    Objective: The opportunities for sequencing-based methylome analysis of clinical samples are increasing. To reduce its cost and the amount of genomic DNA required for library preparation, we aimed to establish a capture methyl-seq protocol, which adopts pre-pooling of multiple libraries before hybridization capture and TET2/APOBEC-mediated conversion of unmethylated cytosine to thymine. Results: We compared a publicly available dataset generated by the standard Agilent protocol of SureSelect XT Human Methyl-Seq Kit and our dataset obtained by our modified protocol, EMCap, that adopted sample pre-pooling and enzymatic conversion. We confirmed that the quality of DNA methylation data was comparable between the two datasets. As our protocol, EMCap, is more cost-effective and reduces the amount of input genomic DNA, it would serve as a better choice for clinical methylome sequencing.

  • Pregnancy outcomes following radical trachelectomy for early-stage cervical cancer: A retrospective observational study in the Kanto area, Japan.

    Kasuga Y, Hasegawa K, Hamuro A, Fukuma Y, Tamai J, Tanaka Y, Ikenoue S, Tanaka M

    International journal of gynaecology and obstetrics: the official organ of the International Federation of Gynaecology and Obstetrics (International Journal of Gynecology and Obstetrics)  2023年06月

    ISSN  0020-7292

     概要を見る

    Objective: The authors aimed to investigate the prevalence of pregnancy and obstetric outcomes in patients who underwent radical trachelectomy (RT) for early-stage cervical cancer in the Kanto area, Japan. Method: A survey among 113 perinatal centers affiliated with the Kanto Society of Obstetrics and Gynecology was conducted to investigate their experience in managing pregnancies following RT, between 2010 and 2020. The association between preterm delivery (before 34 gestational weeks) and a midtrimester short cervix (<13 mm) was evaluated. Results: The authors retrospectively collected maternal and perinatal data from 13 hospitals. There were 135 pregnancies among 115 women following RT. Of the 135 pregnancies, 32 were miscarriages (<12 gestational weeks: n = 22; >12 gestational weeks: n = 10), and 103 were delivered after 22 gestational weeks. The incidences of preterm delivery before 28 and 34 gestational weeks were 8.7% and 30.1%, respectively. A midtrimester short residual cervix was associated with preterm delivery (P = 0.046). Conclusion: Since more than 100 pregnancies were recorded after RT in the Kanto area, many physicians had more opportunities to manage pregnancy after RT. Pregnancy following RT is associated with increased risk of preterm delivery, and midtrimester short residual cervix is a good predictor of preterm delivery.

  • Genome-wide association study of preterm birth and gestational age in a Japanese population.

    Hasegawa K, Kumasaka N, Nakabayashi K, Kamura H, Maehara K, Kasuga Y, Hata K, Tanaka M

    Human genome variation (Human Genome Variation)  10 ( 1 ) 19 2023年06月

    ISSN  2054-345X

     概要を見る

    Preterm birth (PTB), defined as the birth of a baby at <37 weeks of gestation, is known to be the main cause of neonatal morbidity and mortality. Here, we report genetic associations between preterm birth and gestational age in a Japanese population. We conducted a genome-wide association study (GWAS) of 384 cases who delivered prematurely and 644 controls and considered gestational age as a quantitative trait in 1028 Japanese women. Unfortunately, we were unable to identify any significant variants associated with PTB or gestational age using the current sample. We also examined genetic associations previously reported in European populations and identified no associations, even with the genome-wide subthreshold (p value < 10–6). This data report aims to provide summary statistics of current GWASs on PTB in a Japanese population for future meta-analyses of genetics and PTB with larger sample sizes.

  • Obstetric outcomes after medroxyprogesterone acetate treatment for early stage endometrial cancer or atypical endometrial hyperplasia: a single hospital-based study

    Oishi M., Kasuga Y., Fukuma Y., Hamuro A., Tamai J., Tanaka Y., Hasegawa K., Yoshimura T., Ikenoue S., Ochiai D., Yamagami W., Tanaka M.

    International Journal of Clinical Oncology (International Journal of Clinical Oncology)  28 ( 4 ) 587 - 591 2023年04月

    ISSN  13419625

     概要を見る

    Background: To investigate perinatal outcomes in pregnancy after high-dose medroxyprogesterone acetate (MPA) therapy for early stage endometrial cancer (EC) and atypical endometrial hyperplasia (AEH) and to determine whether pregnancy after MPA therapy is at a higher risk of placenta accreta. Methods: Data of 51 pregnancies in 46 women who received MPA therapy for EC or AEH and delivered after 22 weeks of gestation at Keio University Hospital were reviewed. A retrospective matched case–control study was performed to determine the risk of placenta accreta in pregnancy after MPA therapy compared with singleton pregnancies without any history of maternal malignancy treatments. Results: The incidence of placenta accreta was higher in the MPA group than in the control group (15.7 vs. 0%, p = 0.0058). However, no differences in other perinatal outcomes were observed between groups. While gestational weeks at delivery in the MPA group were later than those in the control group (p = 0.0058), no difference in the incidence of preterm delivery was recorded between groups. In the MPA therapy group, the number of patients who underwent ≥ 6 dilation and curettage (D&C) was higher in the placenta accreta group than in the non-placenta accreta group (50.0 vs. 14.0%, p = 0.018). Patients with ≥ 6 D&Cs demonstrated a 6.0-fold increased risk of placenta accreta (p = 0.043, 95% CI 1.05–34.1) than those receiving ≤ 3 D&Cs. Conclusion: Pregnancy after MPA therapy is associated with a high risk of placenta accreta. In cases in which the frequency of D&C is high, placenta accreta should be considered.

  • 染色体異常を伴わない胎児臍帯ヘルニアの2例

    木村 由実子, 玉井 順子, 春日 義史, 秋田 啓介, 田中 邦生, 葉室 明香, 福間 優花, 長谷川 慶太, 大谷 利光, 池ノ上 学, 青木 大輔, 田中 守

    東京産科婦人科学会会誌 ((一社)東京産科婦人科学会)  72 ( 2 ) 327 - 331 2023年04月

    ISSN  2186-0599

     概要を見る

    緒言:今回我々は染色体異常を伴わない胎児臍帯ヘルニアの2例の周産期管理を行ったので報告する.症例1は41歳,1妊0産.体外受精-胚移植により妊娠成立し,妊娠13週に臍帯ヘルニアを指摘された.症例2は40歳,1妊0産.自然妊娠にて妊娠成立し,妊娠12週に胎児腹部腫瘤を指摘された.いずれも妊娠16週の羊水検査で正常核型であり,超音波断層法では肝脱出型臍帯ヘルニアと単一臍帯動脈以外の形態異常は指摘されなかった.出生後の精査にて症例1は食道閉鎖,鎖肛,軟口蓋裂,左多合指症等を認めたためVATER連合,症例2は耳介の形態や高インスリン血症からBeckwith-Wiedemann症候群が疑われた.結論:染色体異常を伴っていない臍帯ヘルニアでは,他の症候群の1症候であり出生後に判明する場合があることを念頭に胎児の慎重な観察と家族への十分な説明を行うことが望ましいと考えられた.(著者抄録)

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 3分でわかる!最新DOHaD講座 未来につなぐ助産を目指して(第6回)(最終回) そこにもここにもDOHaD

    春日 義史

    ペリネイタルケア ((株)メディカ出版)  42 ( 6 ) 616 - 618 2023年06月

    ISSN  0910-8718

  • 広汎子宮頸部摘出術後妊娠管理および周産期予後に関する実態調査

    春日 義史, 長谷川 慶太, 葉室 明香, 玉井 順子, 福間 優花, 田中 雄也, 大谷 利光, 池ノ上 学, 青木 大輔, 田中 守

    関東連合産科婦人科学会誌 ((一社)関東連合産科婦人科学会)  60 ( 2 ) 261 - 261 2023年05月

    ISSN  2186-0610

  • 3分でわかる!最新DOHaD講座 未来につなぐ助産を目指して(第4回) 胎内も重要だけど、生後早期も重要なんです!

    中野 有也, 春日 義史

    ペリネイタルケア ((株)メディカ出版)  42 ( 4 ) 412 - 413 2023年04月

    ISSN  0910-8718

  • 【図表・チャートでパッと理解! ここまでわかった産婦人科の病態生理】(第1章)周産期 A.妊娠中の産科異常 細菌性腟症

    春日 義史

    産科と婦人科 ((株)診断と治療社)  90 ( Suppl. ) 14 - 17 2023年03月

    ISSN  0386-9792

     概要を見る

    <文献概要>Point 細菌性腟症(BV)とは特定の微生物によらない腟炎とされ,女性の1/4〜1/3が罹患している頻度の高い疾患である.BVは流早産のリスク因子であることから,症状のある妊婦に対しては治療を要する.

  • 3分でわかる!最新DOHaD講座〜未来につなぐ助産を目指して(第3回) 赤ちゃんのためには何を食べたらいい?

    久保 佳範, 春日 義史

    ペリネイタルケア ((株)メディカ出版)  42 ( 3 ) 292 - 294 2023年03月

    ISSN  0910-8718

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 妊娠糖尿病における母体血糖状態が次世代のエピゲノムに与える影響に関する検討

    2023年04月
    -
    2026年03月

    公益財団法人 今井精一記念財団, 2022年度(第3回)研究助成金, 補助金,  研究代表者

  • 慢性早剥羊水過少症候群の実態調査

    2023年04月
    -
    2026年03月

    関東連合産科婦人科学会, 補助金,  研究代表者

  • 乳製品摂取が妊娠中および産褥期骨密度変化に与える影響

    2022年04月
    -
    2023年03月

    一般社団法人 Jミルク, 2022年度「牛乳乳製品健康科学」学術研究, 共同研究契約,  未設定

  • 広汎子宮頸部摘出術後妊娠管理および周産期予後に関する実態調査

    2021年03月
    -
    2024年03月

    関東連合産科婦人科学会, 関東連合産科婦人科学会研究助成, 春日義史, 補助金,  研究代表者

  • 子宮頸がん妊孕性温存手術後妊娠における腟内細菌叢解析

    2020年04月
    -
    2024年03月

    補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本糖尿病妊娠学会大森賞

    2022年11月, 日本糖尿病・妊娠学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 優秀演題賞

    2022年10月, 第9回日本DOHaD学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 71st JSOG Congeress Encouragement Award

    2019年04月, 日本産科婦人科学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • インパクトファクター賞3位

    2018年11月, 慶應義塾大学医学部産婦人科同窓会

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 奨励賞

    2016年05月, 日本超音波医学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 産科学講義

    2023年度

  • 産科学講義

    2022年度

  • 産科学講義

    2021年度

  • 産科学講義

    2020年度

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本産婦人科遺伝診療学会, 

    2021年
    -
    継続中
  • 日本産婦人科超音波研究会, 

    2021年
    -
    継続中
  • 日本DOHaD学会, 

    2019年
    -
    継続中
  • 日本女性栄養・代謝学会, 

    2017年
    -
    継続中
  • 日本糖尿病・妊娠学会, 

    2017年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2023年04月
    -
    継続中

    日本産科婦人科学会幹事

  • 2023年01月
    -
    継続中

    臨床DOHaDセミナー幹事

  • 2022年10月
    -
    継続中

    日本糖尿病・妊娠学会評議員

  • 2022年07月
    -
    継続中

    Frotiers in Endocrinology Review Editor

  • 2022年
    -
    継続中

    日本DOHaD学会幹事

全件表示 >>