春日 義史 (カスガ ヨシフミ)

Kasuga, Yoshifumi

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 産婦人科学教室 (信濃町)

職名

助教(有期)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学病院, 初期臨床研修医

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

    慶應義塾大学医学部, 産婦人科

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

    川崎市立川崎病院, 産婦人科

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    平塚市民病院, 産婦人科

  • 2012年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学医学部, 産婦人科

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    日本大学, 医学部, 医学科

    大学, 卒業

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾大学

    大学院, 卒業, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 論文, 2017年03月

    Association of common polymorphisms with gestational diabetes mellitus in Japanese women: A case-control study

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 2007年

  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医, 2012年10月

  • 日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法インスタラクターコース, 2013年06月

  • 日本超音波医学会超音波専門医, 2017年10月

  • 母体保護法指定医, 2017年10月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 産婦人科学 (妊娠糖尿病、早産、ゲノム・エピゲノム、超音波、悪性腫瘍術後妊娠、DOHaD)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 妊娠糖尿病、早産、ゲノム・エピゲノム、超音波、悪性腫瘍術後妊娠、DOHaD

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 広汎性子宮頸部摘出術後妊娠の管理

    春日義史,宮越敬, 2020年01月

  • 妊娠糖尿病の遺伝情報を臨床にどう活かすか

    春日義史, 宮越敬, 田嶋敦ほか, 2019年03月

  • 広汎性子宮頸部摘出術における予防的子宮頸管縫縮術の必要性は?

    春日義史,田中京子,宮越敬ほか, 2018年04月

  • 腹式広汎性子宮頸部摘出術後妊娠の周産期管理

    春日義史,宮越敬,田中守, 2017年07月

  • 婦人科癌の治療と妊孕性

    春日義史,宮越敬,田中守, 2017年04月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Fetal growth restriction and a single umbilical artery are independent predictors of hypospadias during pregnancy

    Endo T., Iida M., Ichihashi Y., Oishi M., Ikenoue S., Kasuga Y., Sato T., Hida M., Ishii T., Asanuma H., Hasegawa T., Tanaka M., Ochiai D.

    Placenta (Placenta)  130   53 - 59 2022年12月

    ISSN  01434004

     概要を見る

    Introduction: Little is known about the association between hypospadias and small fetuses, as well as the pathological implications of fetal growth restriction (FGR). Thus, we aimed to investigate the association between hypospadias and small fetuses using a database of fetal ultrasound and obstetric events. Methods: A cohort of male singleton infants delivered after 22 weeks of gestation at Keio University Hospital between 2013 and 2019 was retrospectively reviewed. FGR was defined according to the Delphi criteria. Logistic regression analysis was performed to identify the significant predictors of hypospadias. Placental pathology was reviewed in cases with hypospadias. Results: Of the 2,040 male infants included in the present study, 23 had hypospadias. The prevalences of a single umbilical artery (SUA), small for gestational age, maternal hypertensive disorders of pregnancy, and a small placenta, were significantly higher in infants with hypospadias. Multiple logistic regression analysis revealed that FGR (odds ratio [OR] = 9.39; 95% confidence interval [CI], 2.50–35.3) and the presence of a SUA (OR = 33.4; 95% CI, 8.00–139.5) were independently and significantly associated with hypospadias. When FGR was stratified by the time of onset, its association with hypospadias was significant regardless of the time of onset. Moreover, placental histological findings suggested that fetal vascular malperfusion might play a role in hypospadias. Discussion: FGR and SUAs are independent prenatal predictors of the development of hypospadias, and fetal vascular malperfusion of the placenta may be involved in the etiology of hypospadias.

  • Human Amniotic Fluid Stem Cells Ameliorate Thioglycollate-Induced Peritonitis by Increasing Tregs in Mice

    Abe Y., Ochiai D., Taguchi M., Kanzaki S., Ikenoue S., Kasuga Y., Tanaka M.

    International Journal of Molecular Sciences (International Journal of Molecular Sciences)  23 ( 12 )  2022年06月

    ISSN  16616596

     概要を見る

    Mesenchymal stem cells (MSCs) affect immune cells and exert anti-inflammatory effects. Human amniotic fluid stem cells (hAFSCs), a type of MSCs, have a high therapeutic effect in animal models of inflammation-related diseases. hAFSCs can be easily isolated and cultured from amniotic fluid, which is considered a medical waste. Hence, amniotic fluid can be a source of cells for MSC therapy of inflammatory diseases. However, the effect of hAFSCs on acquired immunity in vivo, especially on regulatory T cells, has not yet been fully elucidated. Therefore, in this study, we aimed to understand the effects of hAFSCs on acquired immunity, particularly on regulatory T cells. We showed that hAFSCs ameliorated the thioglycollate-induced inflammation by forming aggregates with host immune cells, such as macrophages, T cells, and B cells in the peritoneal cavity. Further, the regulatory T cells increased in the peritoneal cavity. These results indicated that, in addition to helping the innate immunity, hAFSCs could also aid the acquired immune system in vivo against inflammation-related diseases by increasing regulatory T cells.

  • The associated factors of low birthweight among term singletons in Japan: a pregnancy birth registry analysis.

    Kasuga Y, Iida M, Tanaka Y, Tamagawa M, Hasegawa K, Ikenoue S, Sato Y, Tanaka M, Ochiai D

    Journal of epidemiology 2022年04月

    ISSN  0917-5040

  • 切迫早産管理中に肺血栓塞栓症を発症した1例

    緒形 恵, 田中 雄也, 春日 義史, 内田 志穂, 明石 一浩, 池ノ上 学, 西尾 浩, 落合 大吾, 青木 大輔, 田中 守

    東京産科婦人科学会会誌 ((一社)東京産科婦人科学会)  71 ( 2 ) 349 - 354 2022年04月

    ISSN  2186-0599

     概要を見る

    緒言:肺血栓塞栓症(Pulmonary Thromboembolism:PTE)は母体死亡の7%に認める予後不良な疾患である。今回我々は切迫早産管理中にPTEを発症した1例を経験したので報告する。症例:42歳、2妊0産、妊娠29週4日に切迫早産の診断で入院した。安静度は病棟内フリーとした。妊娠33週3日、ベッドより離床した際に呼吸苦、動悸、脱力感を自覚し、胸部造影CTで両側肺動脈本幹および末梢に多数の造影欠損を認めたことから急性PTEと診断した。発症当日に緊急帝王切開術を施行し、児は2010gの女児、Apgar scoreは9/10点(1/5分値)であった。術後1日目より抗凝固療法を開始し、経過良好にて術後23日目に退院した。結論:安静臥床としていない切迫早産でもPTEを発症する可能性が示唆され、入院期間が長期になる場合はPTE発症に留意する必要があると考えられた。(著者抄録)

  • COVID-19流行期における妊娠糖尿病診断を考える

    春日 義史

    糖尿病と妊娠 ((一社)日本糖尿病・妊娠学会)  22 ( 1 ) S - 30 2022年02月

    ISSN  1347-9172

     概要を見る

    緒言:本研究の目的は「妊娠中の糖代謝異常のスクリーニング〜COVID-19パンデミック対応〜」を検証することである。方法:妊娠24週未満診断妊娠糖尿病(E-GDM:304例)、妊娠24週以降診断GDM(L-GDM:264例)をおのおのCOVID-19流行期GDM診断基準にしたがって再分類した。結果:E-GDMのうち、41例は糖代謝異常、263例は非糖代謝異常に再分類された。また、L-GDMのうち、104例はGDMと再分類されたが、160例はGDMと再分類されなかった。結論:E-GDM、L-GDMともにCOVID-19流行期GDM診断基準では多くの症例が非糖代謝異常と診断された。(著者抄録)

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 妊娠24週未満診断妊娠糖尿病出生児における臍帯血DNAメチル化解析

    春日 義史

    糖尿病と妊娠 ((一社)日本糖尿病・妊娠学会)  22 ( 3 ) S - 62 2022年11月

    ISSN  1347-9172

  • 妊娠糖尿病母体出生児における新生児低血糖発症リスク因子に関する検討

    春日 義史, 池ノ上 学, 田中 守

    糖尿病と妊娠 ((一社)日本糖尿病・妊娠学会)  22 ( 3 ) S - 90 2022年11月

    ISSN  1347-9172

  • 当院で経験した慢性早剥羊水過少症候群に関する後方視的検討

    福間 優花, 春日 義史, 玉井 順子, 葉室 明香, 田中 雄也, 長谷川 慶太, 池ノ上 学, 青木 大輔, 田中 守

    関東連合産科婦人科学会誌 ((一社)関東連合産科婦人科学会)  59 ( 3 ) 335 - 335 2022年10月

    ISSN  2186-0610

  • 自然妊娠成立後、経腟分娩に至ったOHVIRA症候群合併妊娠の1例

    林 宥希, 福間 優花, 春日 義史, 玉井 順子, 葉室 明香, 田中 雄也, 長谷川 慶太, 池ノ上 学, 小林 佑介, 青木 大輔, 田中 守

    関東連合産科婦人科学会誌 ((一社)関東連合産科婦人科学会)  59 ( 3 ) 339 - 339 2022年10月

    ISSN  2186-0610

  • 挙上空腸の腸閉塞により非胆汁性嘔吐を繰り返した先天性胆道拡張症術後妊娠の1例

    田中 雄也, 池ノ上 学, 梅山 知成, 加藤 源俊, 田中 優花, 玉井 順子, 葉室 明香, 玉川 真澄, 長谷川 慶太, 春日 義史, 落合 大吾, 黒田 達夫, 田中 守

    日本周産期・新生児医学会雑誌 ((一社)日本周産期・新生児医学会)  58 ( Suppl.1 ) 324 - 324 2022年06月

    ISSN  1348-964X

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 乳製品摂取が妊娠中および産褥期骨密度変化に与える影響

    2022年04月
    -
    2023年03月

    一般社団法人 Jミルク, 2022年度「牛乳乳製品健康科学」学術研究, 共同研究契約,  未設定

  • 広汎子宮頸部摘出術後妊娠管理および周産期予後に関する実態調査

    2021年03月
    -
    2024年03月

    関東連合産科婦人科学会, 関東連合産科婦人科学会研究助成, 春日義史, 補助金,  研究代表者

  • 子宮頸がん妊孕性温存手術後妊娠における腟内細菌叢解析

    2020年04月
    -
    2024年03月

    補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本糖尿病妊娠学会大森賞

    2022年11月, 日本糖尿病・妊娠学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 優秀演題賞

    2022年10月, 第9回日本DOHaD学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 71st JSOG Congeress Encouragement Award

    2019年04月, 日本産科婦人科学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • インパクトファクター賞3位

    2018年11月, 慶應義塾大学医学部産婦人科同窓会

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 奨励賞

    2016年05月, 日本超音波医学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 産科学講義

    2022年度

  • 産科学講義

    2021年度

  • 産科学講義

    2020年度

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会, 

    2007年
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年10月
    -
    継続中

    日本糖尿病・妊娠学会評議員

  • 2022年07月
    -
    継続中

    Frotiers in Endocrinology Review Editor

  • 2021年08月
    -
    継続中

    DOHaD研究編集委員

  • 2021年
    -
    継続中

    日本周産期新生児医学会評議員

  • 2020年02月
    -
    継続中

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research Associate Editor