戸田 正博 (トダ マサヒロ)

Toda, Masahiro

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 脳神経外科学教室 (信濃町)

職名

教授

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Stem cell research for the treatment of malignant glioma.

    Tamura R and Toda M, Brain Tumor, InTech, Croatia, 2017年

  • Glioma Antigen Glioma: Immunotherapeutic approaches

    Toda M, R Yamanaka (Ed.), In Landes Bioscience, 2012年

  • Brain tumor stem cells and anti-angiogenetic therapy

    Saito K, Yoshida K, Toda M, Cancer Stem Cells, The Cutting Edge Stanley Shostak (Ed.), InTech, Croatia, 2011年

    担当ページ: 229-246

  • Immunotherapy targeted at brain cancer stem cells

    Toda M, Brain Tumor Immunotherapy, The Open Cancer Immunology Journal Terry Lichtor (Ed.), Bentham open,, 2010年

    担当ページ: 48-50

  • Treatment of metastatic brain tumors with a replication-competent multi-mutated herpes simplex virus-1.

    Toda M, Uyemura K, Kawase T, Rabkin SD, Martuza RL, Neural Development, Springer-Verlag, 1999年

    担当ページ: 521-525

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Surgical Planning and Simulation of Endonasal Endoscopic Surgery for Pituitary Adenoma with Cavenous Sinus Invasion

    Tamura R,Oda H,Kosugi K,Toda M

    Operative Neurosurgery (journal)  2022年07月

    共著, 責任著者, 査読有り

  • Imaging of the venous plexus of Rektorzik using CT-digital subtraction venography:a retrospective study

    Ryota Imai,Katsuhiro Mizutani,Takenori Akiyama,Takashi Horiguchi,Yoshifumi Takatsume,Masahiro Toda

    Neuroradiology (Spriger)  online 2022年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • Cone-beam computed tomography fusion technique for vascular assessment of skull base meningiomas

    Yoshida K, Akiyama T, Takahashi S, Miwa T, Horiguchi T, Sasaki H, Toda M

    World Neurosurg S1878-8750 ( 21 ) 61 - 69 2021年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • A novel histopathological classification of meningiomas based on dural invasion

    Murase M, Tamura R, Kuranari Y, Sato M, Ohara K, Morimoto Y, Yoshida K, Toda M

    J Clin Path 74 ( 4 ) 238 - 243 2021年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Aims Histological invasion into the adjacent brain parenchyma is frequently investigated in meningioma because it is an important morphological criterion for grade II meningioma according to the 2016 WHO classification. However, few studies have focused on dural invasion of meningiomas. Herein, we propose a novel histopathological classification based on dural invasion of meningiomas. Methods Forty-nine cases with WHO grade I meningiomas who underwent Simpson grade I removal were collected. After the meningeal layer (ML) and periosteal layer (PL) of dura mater were visualised by Masson's trichrome stain, we evaluated the depth (to the ML and PL) and the patterns (1, expanding; 2, infiltrating) of dural invasion of meningiomas using serial paraffin sections. Invasion-associated markers, including Ki-67, matrix metalloproteinase (MMP)-1, MMP-9 and MMP-13, aquaporin 1 and Na-K-2Cl cotransporter, were quantitatively analysed by immunohistochemistry. Results Thirty-five cases (71.4%) showed the dural invasion. In 27 of these 35 cases (77.1%), dural invasion was localised in ML. Type 1 (expanding type) and type 2 (infiltrating type) invasions were observed in 23 and 12 cases, respectively. The recurrence rate in cases with type 2 invasion was significantly higher than that in cases with type 1 invasion. The percentage of MMP-1-positive tumour cells was also significantly higher in cases with dural invasion than those without, suggesting involvement of MMP-1 in dural invasion. Conclusions We quantitatively evaluated the depth and patterns of dural invasion in meningiomas. The patterns of dural invasion were associated with meningioma recurrence.

  • Angio-anatomical study of the pterygovaginal artery based on cone-beam computed tomography

    Yoshida K., Akiyama T., Raz E., Kamamoto D., Ozawa H., Toda M.

    Neuroradiology (Neuroradiology)  2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00283940

     概要を見る

    Purpose: To investigate the anatomical characteristics and clinical implications of the pterygovaginal artery (PtVA), a recurrent branch from the distal internal maxillary artery (IMA), which courses through the pterygovaginal canal that connects the pterygopalatine fossa and nasopharynx. Methods: Eighty-two patients with 90 sides of cone-beam computed tomography (CBCT) reconstructed from rotational angiography of the external or common carotid artery with a field of view covering the pterygopalatine fossa were retrospectively reviewed. The origin from the IMA, branching type, distribution, and anastomoses was evaluated. The underlying lesions were 36 hypervascular lesions with possible supply from PtVA (17 cavernous sinus arteriovenous fistulas (AVFs), 6 anterior condylar AVFs, and 13 nasopharyngeal, parasellar, or paraclival tumors) and 46 other diseases. Results: PtVA was identified in 75 sides (83%). It originated from the pterygopalatine segment of the IMA in 45 sides (60%) and from the pterygoid segment in 30 sides (40%). It arose independently (77%), sharing the common trunk with the Vidian artery (15%) or with other branches. It ran posteromedially through the pterygovaginal canal to supply the mucosa over the nasopharyngeal roof, the choanae, and the pharyngeal ostium of the eustachian tube. It anastomosed with the ascending pharyngeal artery (n=37), the accessory meningeal artery (n=7), and the mandibular artery from the petrous internal carotid artery (n=2). It served as a feeder of osseous AVFs and skull base tumors. Conclusion: PtVA was often identified by CBCT even in normal anatomy. Its detailed angio-anatomy could be evaluated in the presence of parasellar or paraclival hypervascular lesions.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 神経線維腫症2型に対するVEGFRワクチン臨床試験

    戸田正博,田村亮太,森本佑紀奈,藤岡正人,大石直樹

    第31回日本聴神経腫瘍研究会 (東京) , 

    2022年07月

    口頭発表(一般), 東京医科大学 脳神経外科学分野

  • 脳腫瘍に対する内視鏡手術と新たな治療法の開発

    戸田正博

    第46回 東京医科大学カンファレンス (Web) , 

    2022年07月

    口頭発表(招待・特別), 東京医科大学

  • 良性脳腫瘍:開頭術と内視鏡手術の協調

    戸田正博

    第42回日本脳神経外科コングレス総会 (大阪) , 

    2022年05月

    口頭発表(招待・特別), 熊本大学

  • 難治性脳腫瘍の手術と新たな治療法の開発

    戸田正博

    2022 Neurosurgery meeting in Nagoya (名古屋) , 

    2022年04月

    口頭発表(招待・特別), バクスター株式会社

  • 頭蓋底疾患に対する内視鏡手術と新たな治療法の開発

    戸田正博

    (オンライン) , 

    2022年04月

    口頭発表(招待・特別), Skill-building Neurosurgical Conference

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 悪性脳腫瘍に対するウイルス搭載iPS細胞を用いた新規治療の開発

    2021年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 戸田 正博, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 複製制御型ウイルスを搭載した神経幹細胞による脳腫瘍治療法

    2020年04月
    -
    2021年03月

    AMED, 橋渡し研究戦略的推進プログラム, 戸田正博、田村亮太, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    本年度は、抗腫瘍効果と安全性をさらに高める新retroviral replicating vector (RRV)の開発に努めた。
    まず、自殺遺伝子yeast cytosine deaminase (yCD)の抗腫瘍効果を高めるuracil phosphoribosyl transferase (UPRT)(5-Fluorouracil [5-FU] を5-fluorouridine monophosphate [5-FUMP] へ変換することにより、yCD単独と比べ 100倍以上の細胞死誘導効率が得られる)に着目した。実際にグリオーマに対する抗腫瘍効果もyCD単独よりyCD/UPRTが優れていることを、あらかじめ予備実験で明らかにしており、RRVにyCDとUPRTを組み込むことを試みた。一方、UPRTは長配列であり、RRVが約1.5kb程度の配列長しか搭載できないため、この検討にやや時間を要した。最終的には、Envの下流にIRES-yCDを繋げるのではなく、2A-yCD/UPRTに変更することでyCD/UPRTの安定発現が可能となった。比較対象として、CAG-yCDも安定発現を確認できたため、これらRRVの抗腫瘍効果をin vitroで比較検討した。U87に各RRVをmoi-0.1で感染させ2週間培養後に5-FCを投与し、その1週間後にCCK-8 assayでLD50値を測定したところ、RRV-2A-yCD/UPRTの抗腫瘍効果が最も高いことが明らかになった。同様にGSC細胞株hG008に対しても、顕著な優位性を示すことに成功した。さらに、RRV-2A-yCD/UPRTがiPS-NSCに感染し複製可能であることを確認した。

  • ゲノム編集iPS細胞による遊走性を利用した悪性神経膠腫に対する遺伝子細胞療法の研究開発

    2019年04月
    -
    2024年03月

    AMED, 先端的バイオ創薬等基盤技術開発事業, 戸田正博、田村亮太, 補助金,  研究代表者

  • 遺伝性疾患・神経線維腫症2型に対する革新的治療法(新規免疫療法)の開発

    2019年04月
    -
    2021年03月

    橋渡し研究戦略的推進プログラム・シーズB, 未設定

  • 自殺遺伝子CD-UPRTゲノム編集iPS細胞を用いた遺伝子治療

    2018年06月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 戸田 正博, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  研究代表者

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • ゲノム編集多能性幹細胞を用いた治療薬

    出願日: 2020-063477  2021年03月 

    公開日: WO 2021/201100 A1  2021年10月 

    特許権

  • 脳腫瘍幹細胞を用いた治療薬スクリーニング法

    出願日: 特願2019-052704  2019年03月 

    特許権, 共同

  • 脳腫瘍治療用細胞製剤

    出願日: 特願2019-517657  2018年05月 

    発行日: 特許第7051060 

    登録日: 2022年04月

    特許権

  • 多能性幹細胞を用いた自殺遺伝子脳腫瘍治療薬

    出願日: 特願2017-223202  2017年11月 

    特許権, 共同

  • 脳神経疾患に対するペプチドワクチン及びペプチドワクチン組成物

    出願日: 特願2017-100361  2017年05月 

    特許権, 単独

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 外科学

    2022年度

  • 脳神経外科学演習

    2022年度

  • 脳神経外科学実習

    2022年度

  • 脳神経外科学

    2022年度

  • 脳神経外科学講義

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 手術シミュレーション

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

  • 間脳下垂体腫瘍

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    講義

  • 脳神経外科トピックス

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    通年, 講義

 

メディア報道 【 表示 / 非表示