戸田 正博 (トダ マサヒロ)

Toda, Masahiro

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 脳神経外科学教室 (信濃町)

職名

教授

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 総論:悪性脳腫瘍の診断・治療の現状と展望

    戸田正博, ニューサイエンス社, 2023年03月,  ページ数: 2

  • ゲノム編集iPS細胞を用いた薬剤・遺伝子デリバリーシステムの開発-グリオーマに対するトランスレーショナルリサーチ

    田村亮太, 戸田正博, ニューサイエンス社, 2023年03月,  ページ数: 4

  • Stem cell research for the treatment of malignant glioma.

    Tamura R and Toda M, Brain Tumor, InTech, Croatia, 2017年

  • Glioma Antigen Glioma: Immunotherapeutic approaches

    Toda M, R Yamanaka (Ed.), In Landes Bioscience, 2012年

  • Brain tumor stem cells and anti-angiogenetic therapy

    Saito K, Yoshida K, Toda M, Cancer Stem Cells, The Cutting Edge Stanley Shostak (Ed.), InTech, Croatia, 2011年

    担当ページ: 229-246

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • The role of genetic analysis in distinguishing multifocal and multicentric glioblastomas: An illustrative case.

    Karatsu K, Tamura R, Yo M, Nogawa H, Hino U, Kitamura Y, Ueda R, Toda M

    Case Rep Oncol 2024 (Karger)  17 ( 1 ) 113 - 121 2024年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Aneurysmal subarachnoid hemorrhage occurring during sleep: Clinical characteristics and risk factors.

    Inamasu J, Akiyama T, Akaji K, Inaba M, Nishimoto M, Kojima A, Terao S, Hayashi T, Mizutani K, Toda M

    J Stroke Cerebrovasc Dis (Elsevier)  33 ( 4 ) 107591 2024年01月

    共著, 査読有り

  • Probable sporadic creutzfeldt-jakob disease presenting as refractory status epilepticus in a post-stroke epilepsy patient: A case report.

    Sogano J, Kosugi K, Okano A, Nihei Y, Watanabe N, Nakahara J, Toda M

    NMC Case Rep J 10   349 - 354 2023年12月

    共著, 査読有り

  • Medical Treatments for Malignant Brain Tumor.

    Kitamura Y, Toda M

    Brain Nerve 75 ( 5 ) 561 - 566 2023年10月

    共著, 査読有り

  • A case of symptomatic intraluminal Internal carotid artery thrombus in a patient with essential thrombocythemia surgically treated by CEA

    Takahashi S, Katsumata M, Nogawa H, Takahara K, Nakahara J, Toda M

    Case Rep Neurol Med 2023 2023   Article ID 9152009 2023年10月

    共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 下垂体腫瘍の分子病理学的メカニズム

    植田 良、戸田正博

    脳神経外科 (医学書院)  51 ( 4 ) 615 - 623 2023年07月

    共著

  • グリオーマに対する遺伝子細胞療法・ウィルス療法

    田村亮太、戸田正博

    週刊医学のあゆみ (医歯薬出版株式会社)  285 ( 5 ) 469 - 475 2023年04月

    共著,  ISSN  0039-2359

  • Subtemporal Approach: Intra-and Extradual Approach,Anterior Petrosal Approach, and Endonasal Approach

    戸田正博、吉田一成

    脳神経外科ジャーナル Vol.31 Supplement 2  (三輪書店)     30 - 39 2022年07月

    共著, 筆頭著者,  ISSN  0917-950X

  • 三叉神経鞘腫の手術-三叉神経の温存ー

    戸田正博、田村亮太、吉田一成

    脳神経外科ジャーナル Vol.31 Supplement2  (三輪書店)  31   81 - 87 2022年07月

    共著, 筆頭著者, 責任著者,  ISSN  0917-950X

  • Author Correction: A VEGF receptor vaccine demonstrates preliminary efficacy in neurofibromatosis type 2 (Nature Communications, (2019), 10, 1, (5758), 10.1038/s41467-019-13640-1)

    Tamura R., Fujioka M., Morimoto Y., Ohara K., Kosugi K., Oishi Y., Sato M., Ueda R., Fujiwara H., Hikichi T., Noji S., Oishi N., Ogawa K., Kawakami Y., Ohira T., Yoshida K., Toda M.

    Nature Communications (Nature Communications)  11 ( 1 )  2020年12月

     概要を見る

    The original version of this Article omitted from the author list the 10th author Tetsuro Hikichi, who is from OncoTherapy Science, Inc., 3-2-1, Sakado, Takatsu-ku, Kawasaki City, Kanagawa, 213-0012, Japan. This author has been added to the article. Consequently, the 5th sentence in the Authors Contributions has been modified to read “RT, MF, YM, KO, KK, YO, MS, NO, HF, TH, and SN collected the data”. Additionally, the following was added to the Competing Interests: TH is an employee of OncoTherapy Science, Inc. This has been corrected in both the PDF and HTML versions of the Article.

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 難治性脳腫瘍の手術と新たな治療法の開発

    戸田正博

    2024 Neurosurgery Conference in Aichi (愛知県豊明市) , 

    2024年02月

    口頭発表(招待・特別)

  • ゲノム編集iPS細胞を用いた脳腫瘍に対する遺伝子治療

    戸田正博

    日本放射線腫瘍学会第36回学術大会 (横浜) , 

    2023年11月
    -
    2023年12月

    口頭発表(招待・特別)

  • ゲノム編集iPS細胞を用いた悪性脳腫瘍に対する遺伝子治療の開発

    戸田正博

    ゲノム創薬・創発フォーラム 第14回シンポジウム (東京) , 

    2023年11月

    口頭発表(招待・特別)

  • ゲノム編集iPS細胞を用いた悪性脳腫瘍に対する遺伝子治療の開発

    戸田正博

    JKiC Seminar, 

    2023年11月

    口頭発表(招待・特別)

  • 脳神経外科の最先端手術と新たな治療法の開発

    戸田正博

    第20回港医療連携カンファレンス (Web) , 

    2023年11月

    口頭発表(招待・特別)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 悪性脳腫瘍に対するウイルス搭載iPS細胞を用いた新規治療の開発

    2021年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 戸田 正博, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 複製制御型ウイルスを搭載した神経幹細胞による脳腫瘍治療法

    2020年04月
    -
    2021年03月

    AMED, 橋渡し研究戦略的推進プログラム, 戸田正博、田村亮太, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    本年度は、抗腫瘍効果と安全性をさらに高める新retroviral replicating vector (RRV)の開発に努めた。
    まず、自殺遺伝子yeast cytosine deaminase (yCD)の抗腫瘍効果を高めるuracil phosphoribosyl transferase (UPRT)(5-Fluorouracil [5-FU] を5-fluorouridine monophosphate [5-FUMP] へ変換することにより、yCD単独と比べ 100倍以上の細胞死誘導効率が得られる)に着目した。実際にグリオーマに対する抗腫瘍効果もyCD単独よりyCD/UPRTが優れていることを、あらかじめ予備実験で明らかにしており、RRVにyCDとUPRTを組み込むことを試みた。一方、UPRTは長配列であり、RRVが約1.5kb程度の配列長しか搭載できないため、この検討にやや時間を要した。最終的には、Envの下流にIRES-yCDを繋げるのではなく、2A-yCD/UPRTに変更することでyCD/UPRTの安定発現が可能となった。比較対象として、CAG-yCDも安定発現を確認できたため、これらRRVの抗腫瘍効果をin vitroで比較検討した。U87に各RRVをmoi-0.1で感染させ2週間培養後に5-FCを投与し、その1週間後にCCK-8 assayでLD50値を測定したところ、RRV-2A-yCD/UPRTの抗腫瘍効果が最も高いことが明らかになった。同様にGSC細胞株hG008に対しても、顕著な優位性を示すことに成功した。さらに、RRV-2A-yCD/UPRTがiPS-NSCに感染し複製可能であることを確認した。

  • ゲノム編集iPS細胞による遊走性を利用した悪性神経膠腫に対する遺伝子細胞療法の研究開発

    2019年04月
    -
    2024年03月

    AMED, 先端的バイオ創薬等基盤技術開発事業, 戸田正博、田村亮太, 補助金,  研究代表者

  • 遺伝性疾患・神経線維腫症2型に対する革新的治療法(新規免疫療法)の開発

    2019年04月
    -
    2021年03月

    橋渡し研究戦略的推進プログラム・シーズB, 未設定

  • 自殺遺伝子CD-UPRTゲノム編集iPS細胞を用いた遺伝子治療

    2018年06月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 戸田 正博, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  研究代表者

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • ゲノム編集多能性幹細胞を用いた治療薬

    出願日: 2020-063477  2021年03月 

    公開日: WO 2021/201100 A1  2021年10月 

    特許権

  • 脳腫瘍幹細胞を用いた治療薬スクリーニング法

    出願日: 特願2019-052704  2019年03月 

    特許権, 共同

  • 多能性幹細胞を用いた自殺遺伝子脳腫瘍治療薬

    出願日: 2019-554440  2018年11月 

    発行日: 7150233 

    登録日: 2022年09月

  • 脳神経疾患に対するペプチドワクチン及びペプチドワクチン組成物

    出願日: 2019-518906  2018年05月 

    発行日: 7168228 

    登録日: 2022年10月

  • 脳腫瘍治療用細胞製剤

    出願日: 特願2019-517657  2018年05月 

    発行日: 特許第7051060 

    登録日: 2022年04月

    特許権

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 脳神経外科学演習

    2023年度

  • 脳神経外科学実習

    2023年度

  • 脳神経外科学

    2023年度

  • 脳神経外科学講義

    2023年度

  • 脳神経外科学臨床実習

    2023年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 手術シミュレーション

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

  • 間脳下垂体腫瘍

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    講義

  • 脳神経外科トピックス

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    通年, 講義

 

メディア報道 【 表示 / 非表示