朝倉 啓介 (アサクラ ケイスケ)

Asakura, Keisuke

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 外科学教室(呼吸器) (信濃町)

職名

専任講師

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Histological and prognostic data on surgically resected early-stage lung adenocarcinoma.

    Yotsukura M, Asamura H, Suzuki S, Asakura K, Yoshida Y, Nakagawa K, Sakurai H, Watanabe SI, Motoi N

    Data in brief 31   105785 2020年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Prognostic impact of cancer-associated active fibroblasts and invasive architectural patterns on early-stage lung adenocarcinoma.

    Yotsukura M, Asamura H, Suzuki S, Asakura K, Yoshida Y, Nakagawa K, Sakurai H, Watanabe SI, Motoi N

    Lung cancer (Amsterdam, Netherlands) 145   158 - 166 2020年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0169-5002

  • Salvage surgery after chemotherapy and/or radiotherapy including SBRT and proton therapy: A consecutive analysis of 38 patients.

    Kobayashi AK, Horinouchi H, Nakayama Y, Ohe Y, Yotsukura M, Uchida S, Asakura K, Yoshida Y, Nakagawa K, Watanabe SI

    Lung cancer (Amsterdam, Netherlands) 145   105 - 110 2020年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0169-5002

  • A miRNA-based diagnostic model predicts resectable lung cancer in humans with high accuracy.

    Asakura K, Kadota T, Matsuzaki J, Yoshida Y, Yamamoto Y, Nakagawa K, Takizawa S, Aoki Y, Nakamura E, Miura J, Sakamoto H, Kato K, Watanabe SI, Ochiya T

    Communications biology 3 ( 1 ) 134 2020年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Prognostic Impact of Tumor Doubling Time in Patients with Metachronous Lung Cancer

    Asakura K., Yoshida Y., Sakurai H., Nakagawa K., Motoi N., Watanabe S.

    World Journal of Surgery (World Journal of Surgery)  43 ( 12 ) 3259 - 3266 2019年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  03642313

     概要を見る

    © 2019, Société Internationale de Chirurgie. Background: Good prognosis following surgery for metachronous lung cancer has been reported. However, prognostic factors have not been fully investigated. The purpose of this study was to identify the preoperative predictor of survival in metachronous lung cancer. Methods: Patients who underwent a second pulmonary resection for metachronous lung cancer at our institution between 2000 and 2014 were analyzed. Results: A retrospective chart review identified 86 eligible patients (of 6213; 1.4%). The 5-year overall survival was 77%. All 86 cancers met Martini and Melamed’s criteria for second primary cancer. However, on pathological examination based on morphological concordance between the initial and metachronous cancer, 73 (85%) cases were diagnosed as second primary cancer and 13 (15%) as a possible recurrent tumor. The 5-year overall survivals were 82% for second primary cancers and 52% for possible recurrent tumors. Tumor doubling time > 180 days (p < 0.001), pathological diagnosis of second primary cancer (p = 0.013), pathological stage IA (p = 0.016), interval between resections > 2 years (p = 0.040), and consolidation/tumor diameter ratio ≤ 0.5 (p = 0.045) were associated with superior overall survival. Multivariate Cox regression analysis identified tumor doubling time > 180 days as the only independent predictor of overall survival (hazard ratio 3.600, 95% confidence interval 1.226–10.338; p = 0.0196). Conclusions: Surgical resection for metachronous lung cancer is effective and feasible. Particularly, a tumor doubling time > 180 days is associated with superior survival in patients with metachronous lung cancer.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 限局性悪性胸膜中皮腫の1例

    前田 智早, 菱田 智之, 加勢田 馨, 政井 恭兵, 朝倉 啓介, 淺村 尚生, 江本 桂, 林 雄一郎

    肺癌, 2020年04月, 口頭(一般), (NPO)日本肺癌学会

  • 当院における椎体浸潤を伴う局所進行肺癌切除症例の検討

    松田 康平, 加勢田 馨, 政井 恭兵, 朝倉 啓介, 菱田 智之, 江本 桂, 林 雄一郎, 石井 賢, 淺村 尚生

    肺癌, 2019年11月, 口頭(一般), (NPO)日本肺癌学会

  • 当院における原発性肺癌に対する解剖学的肺切除の治療成績 レジデント教育の視点から

    加勢田 馨, 政井 恭兵, 朝倉 啓介, 菱田 智之, 淺村 尚生

    肺癌, 2019年11月, 口頭(一般), (NPO)日本肺癌学会

  • 当院における成熟奇形腫切除例の治療成績 腫瘍穿破が術後経過に及ぼす影響

    鈴木 嵩弘, 加勢田 馨, 政井 恭兵, 朝倉 啓介, 菱田 智之, 江本 桂, 林 雄一郎, 淺村 尚生

    肺癌, 2019年11月, 口頭(一般), (NPO)日本肺癌学会

  • 臨床病期I期肺癌疑いの病変に術前病理診断は必要か 治療転帰からの検討

    中込 貴博, 加勢田 馨, 鈴木 嵩弘, 前田 智早, 松田 康平, 大村 征司, 鈴木 幹人, 政井 恭兵, 朝倉 啓介, 菱田 智之, 淺村 尚生

    肺癌, 2019年11月, 口頭(一般), (NPO)日本肺癌学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 悪性胸膜中皮腫に対するゾレドロン酸によるオートファジー誘導薬物療法の開発

    2014年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 朝倉 啓介, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    悪性胸膜中皮腫は治療抵抗性できわめて予後不良の悪性腫瘍であり、従来とは全く異なる機序の治療が求められている。我々は骨粗鬆症治療薬であるゾレドロン酸の抗腫瘍効果、オートファジー誘導効果に着目し、ゾレドロン酸の悪性胸膜中皮腫細胞株に対する抗腫瘍効果を検討した。本研究において、我々はゾレドロン酸がヒト悪性胸膜中皮腫細胞株に対してin vitroで抗腫瘍効果(殺細胞効果、遊走抑制効果)を示すことを確認した。また、その抗腫瘍効果がオートファジー誘導を介したものであることを明らかにした。臨床応用に向けて、In vivoモデルでの抗腫瘍効果の検討、および詳細な作用機序の検討が今後の研究課題である。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 急性期病態学各論

    2021年度

  • 外科学講義

    2021年度

  • 急性期病態学各論

    2020年度

  • 外科学講義

    2020年度

  • 急性期病態学各論

    2019年度