岩崎 栄典 (イワサキ エイスケ)

Iwasaki, Eisuke

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 内科学教室(消化器) (信濃町)

職名

専任講師

HP

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学医学部を卒業後内科学教室で研修し、卒後5年目で消化器内科へ入局しました。上部消化管班で研究し卒後9年目で済生会中央病院へ出向しました。卒後14年目に慶應義塾大学医学部に戻り、消化器内科胆膵班および卒後卒前教育の担当となりました。平成28年より専任講師(胆膵班責任者、学生教育責任者)となり現在に至ります。 胆膵疾患の診断と治療を担当しております。胆膵内視鏡治療を中心としておりますが、とくに急性膵炎の臨床、IgG4関連疾患に興味を持ち研究テーマとしております。

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科胆膵班責任者として、患者さんへ満足のいく高度医療を提供することが第一と考えています。同時に消化器内科の若手教室員に対して臨床能力の向上を目指すために実地での指導とともに、胆膵班へ所属する教室員への胆膵内視鏡の丁寧な指導をおこなっています。胆膵班では、胆膵疾患に関する基礎研究に興味のある大学院生は、胆膵内視鏡のトレーニングと並行して、基礎研究者へ指導を依頼し4年間しっかりと研究をおこなうようにしております。教育担当者として講義、臨床実習をとおして医学部学生へ十分な教育を行うことができるよう努力いたします。今後もよろしくお願いいたします。

その他公開情報 【 表示 / 非表示

  •  

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 胆膵診療、胆膵内視鏡の充実をはかる努力を行い、その成果としてもともと年間400-600件ほどであった胆膵内視鏡検査・治療を年間1200件以上に増やしました。超音波内視鏡を用いた侵襲的な診断や処置を導入し、その成果を消化器関連学会で報告しております。臨床グループとして発足して4年ですが臨床レベル向上に努めます。また、臨床系大学院生の臨床研究を中心とした指導をおこなっております。基礎研究を中心とする6名については消化器内科基礎分野の指導医の下で研究をつづけながら、臨床面の指導をおこなってまいります。同時に医学部学生への卒前教育の担当をしております。引き続き経験を生かしながら消化器内科内の研修の環境づくりを進めていきたいと思います。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年05月
    -
    2002年04月

    慶應義塾大学医学部内科学教室, 内科学教室, 研修医

  • 2003年05月
    -
    2004年05月

    東京歯科大学市川総合病院, 内科学, 助手

  • 2004年06月
    -
    2005年05月

    日本鋼管病院, 内科, 医員

  • 2005年06月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学医学部内科学教室, 消化器内科, 専修医、助教

  • 2008年05月
    -
    2012年03月

    慶應義塾大学医学部内科学教室(2009年−2012年4月は出向), 消化器内科, 助教

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    2001年03月

    慶應義塾, 医学部

    日本, 大学, 卒業, その他

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士(乙4600), 慶應義塾, 論文, 2012年03月

    Enhanced Gastric Ghrelin Production and Secretion in Rats with Gastric Outlet Obstruction(ラット胃排出障害モデルにおけるグレリン産生と分泌の亢進)

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • ICLS(Immediate Cardiac Life Support)インストラクター, 2018年08月

  • 医師免許, 医師国家試験, 2001年05月

  • 日本消化器病学会専門医・指導医, 日本消化器病学会, 2008年12月

  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医, 内視鏡学会専門医, 2009年12月

  • 認定機構 がん治療認定医, 2010年04月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ERCP

  • グレリン

  • 処置EUS

  • 急性膵炎

  • 膵臓癌

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • プローブ型共焦点レーザー内視鏡の十二指腸・胆膵疾患に対する有用性の検討, 

    2017年01月
    -
    2021年03月

     研究概要を見る

    十二指腸・胆膵疾患の観察におけるプローブ型共焦点レーザー内視鏡の有用性を明らかにすること

  • 内視鏡的逆行性胆管膵管造影関連処置、超音波内視鏡関連処置実施時における呼気CO2濃度測定の有効性の検討, 

    2016年08月
    -
    2018年12月

     研究概要を見る

    胆道内視鏡施行時の呼気二酸化炭素濃度測定の低酸素血症の減少に対する有効性の検討

  • 内視鏡的十二指腸乳頭腫瘍切除における、通電法の比較試験, 

    2016年03月
    -
    2018年03月

     研究概要を見る

    十二指腸乳頭腫瘍切除において、通電法の違いによる合併症の頻度を比べる。

  • 膵疾患における、IRパルスを用いたcine-dynamic MRCPによる膵液流の検討, 

    2015年10月
    -
    2020年03月

     研究概要を見る

    慢性膵炎、膵癌、IPMN、自己免疫性膵炎などにおける膵液流を評価する

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 胆膵内視鏡処置に関する臨床研究

  • 胆膵悪性腫瘍の内視鏡的治療 採取された検体を用いた基礎研究など

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Efficacy and safety of immediate oral intake in patients with mild acute pancreatitis: A randomized controlled trial

    Horibe M., Iwasaki E., Nakagawa A., Matsuzaki J., Minami K., Machida Y., Tamagawa H., Takimoto Y., Ueda M., Katayama T., Kawasaki S., Matsushita M., Seino T., Fukuhara S., Kanai T.

    Nutrition (Nutrition)  74   110724 2020年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  08999007

     概要を見る

    © 2020 Objectives: Early enteral nutrition is recommended for patients with severe acute pancreatitis (AP); however, nutritional management strategies for patients with mild AP have not been established. The aim of this study was to evaluate the benefits and safety of immediate oral intake of low-fat solid food in patients with mild AP who were allowed to take opioid analgesics. Methods: In this single-center randomized study, the immediate feeding (IMF) group was permitted immediate oral intake of low-fat (15 g/d) solid food. In the standard food (STF) group, patients received gradually increasing amounts of dietary fat. Twenty-six patients were randomized, with 13 allocated to each group. The primary outcome was the period between diagnosis and recovery from AP. The cost and rate of progression to severe disease were evaluated as secondary outcomes. Results: The IMF group (mean recovery days: 2 ± 1) recovered significantly earlier (mean difference in recovery days: 6.3; 95% confidence interval [CI], 4.8–7.9; P < 0.001) than the STF group (mean recovery days: 8.3 ± 2.3), with a lower overall treatment cost (mean difference in costs: −$460; 95% CI, −$880 to –$40; P = 0.034). The IMF group showed a lower rate of progression to severe AP (IMF, 0%; STF, 15.3%; P = 0.48). Conclusion: The initial treatment strategy for mild AP should be altered from the gradual introduction of oral feeding upon the absence of pain to immediate oral nutrition with opioid analgesics, to improve treatment efficacy and reduce treatment cost.

  • Insights and updates on endoscopic papillectomy.

    Yamamoto K, Iwasaki E, Itoi T

    Expert review of gastroenterology & hepatology 2020年05月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1747-4124

  • The Horibe GI bleeding prediction score: a simple score for triage decision-making in patients with suspected upper GI bleeding.

    Horibe M, Iwasaki E, Bazerbachi F, Kaneko T, Matsuzaki J, Minami K, Masaoka T, Hosoe N, Ogura Y, Namiki S, Hosoda Y, Ogata H, Chan AT, Kanai T

    Gastrointestinal endoscopy 2020年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0016-5107

  • Etiology and mortality in severe acute pancreatitis: A multicenter study in Japan

    Yasuda H., Horibe M., Sanui M., Sasaki M., Suzuki N., Sawano H., Goto T., Ikeura T., Takeda T., Oda T., Ogura Y., Miyazaki D., Kitamura K., Chiba N., Ozaki T., Yamashita T., Koinuma T., Oshima T., Yamamoto T., Hirota M., Sato M., Miyamoto K., Mine T., Misumi T., Takeda Y., Iwasaki E., Kanai T., Mayumi T.

    Pancreatology (Pancreatology)  20 ( 3 ) 307 - 317 2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  14243903

     概要を見る

    © 2020 IAP and EPC Background/Objectives: Severe acute pancreatitis (SAP) has a high mortality rate despite ongoing attempts to improve prognosis through a various therapeutic modalities. This study aimed to delineate etiology-based routes that may guide clinical decisions for the treatment of SAP. Methods: Using data from a recent retrospective multicenter study in Japan, we analyzed the association between clinical outcomes, mainly in-hospital mortality and pancreatic infection, and various etiologies while considering confounding factors. We performed additional multivariate analyses and built decision tree models. Results: The 1097 participating patients were classified into the following groups by etiology: alcohol (n = 436, 39.7%); cholelithiasis (n = 230, 21.0%); idiopathic (n = 227, 20.7%); and others (n = 204, 18.6%). Mortality at hospital discharge was 8.4%, 12.2%, 16.7%, and 16.2% in the alcohol, cholelithiasis, idiopathic, and others groups, respectively. According to multivariable analysis, early enteral nutrition (EN) was significantly associated with reduced in-hospital mortality only in the cholelithiasis group. However, there was a consistent association between age and the need for mechanical ventilation and increased mortality, regardless of etiology. Our decision tree models presented different contributing factors depending on the etiology and patient background. Interaction analysis showed that EN and the use of prophylactic antibiotics may influence these results differently according to etiology. Conclusions: No study has yet used comprehensive models to investigate etiology-related prognostic factors for SAP; our results can, therefore, be used as a reference for improving clinical decisions.

  • Clinical practice of acute pancreatitis in Japan: An analysis of nationwide epidemiological survey in 2016

    Masamune A., Kikuta K., Hamada S., Tsuji I., Takeyama Y., Shimosegawa T., Okazaki K., Matsumoto R., Kume K., Miura S., Takikawa T., Hongo S., Tanaka Y., Sakai T., Ueno M., Unno J., Toki M., Nishimura M., Kitamura K., Kobashigawa K., Ashida K., Takahashi K., Watanabe T., Sato Y., Satoh A., Yoshida N., Tanaka K., Kondo H., Suzuki N., Sato H., Mitoro A., Minami K., Iwasaki E., Okuwaki K., Mukai T., Kudo Y., Azuma S., Takeda Y., Setsuda M., Tsuchida K., Irisawa A., Motoya D., Shirahata N., Iwata K., Oza N., Kawaguchi Y., Hoshino A., Hirano A., Sakakihara I., Watanabe N., Funayama H., Nakamura Y., Yamamoto T., Uchida H.H., Iizawa Y., Imamura M., Sekine M., Inui K., Yamamoto S., Sato S., Ishii S., Yakushijin T., Yamamoto K., Masaka T., Yoshida M., Arizumi T., Goto M., Takenaka M., Miyakawa H., Otsuka Y., Nishi M., Suwa K., Sakagami J., Satoh M., Koga H., Takagi T., Nagahama M., Hatayama K., Kaneko N., Mori M., Nakai Y., Iwashita Y., Iwatsuka K., Hayashi K., Terai S., Kaneto H., Nishikawa T., Uchi M., Honjo M., Takagi T., Mizukami K., Tamura T., Gushima T., Sato A., Shimizu K., Aruga Y., Nonogaki K., Kaino M., Iwashita T., Tsuruoka M.

    Pancreatology (Pancreatology)  2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  14243903

     概要を見る

    © 2020 IAP and EPC Background: To provide updates on clinical practice of acute pancreatitis (AP) in Japan, we conducted a nationwide epidemiological survey. Methods: This study consisted of a two-staged survey; the number of AP patients was estimated by the first-stage survey and their clinical features were examined by the second-stage survey. We surveyed AP patients who had visited hospitals in 2016. Results: The estimated number of AP patients in 2016 was 78,450, with an overall incidence of 61.8 per 100,000 persons. We obtained detailed clinical information of 2994 AP patients, including 706 (23.6%) severe cases classified according to the Japanese severity criteria. The male-to-female sex ratio was 2.0, and the mean age at onset was 59.9 years in males and 66.5 years in females. Alcohol was the most common etiology (42.8%) in males and gallstones in females (37.7%). The AP-associated mortality was 6.1% in severe AP cases, which was decreased by 40% compared to the 2011 survey. Antibiotics were administered to most cases, with carbapenem being frequently used. Enteral nutrition was given in 31.8% of severe cases, but majority cases received after 48 h. Among the 107 patients who received intervention for walled-off necrosis, five patients received surgery-first approach, 66 received endoscopic ultrasound-guided transluminal drainage, and 19 underwent step-up approach. Conclusions: We clarified the current status of AP in Japan including the significant reduction of mortality in severe cases, shift to endoscopic approaches for walled-off necrosis, and poor compliance of the recommendations in the guidelines including management of enteral nutrition and antibiotic administration.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【肝膵内視鏡治療におけるトラブルシューティング】ERCP関連治療における偶発症予防とトラブルシューティング 内視鏡的胆管ステント留置術(プラスチックステント) こんなときどうする?

    岩崎 栄典, 金井 隆典

    消化器内視鏡 ((株)東京医学社)  32 ( 3 ) 369 - 375 2020年03月

    研究論文, 共著,  ISSN  0915-3217

  • 【胆膵疾患における緊急内視鏡-リスクマネージメントも含めて-】胆膵内視鏡呼吸循環器系偶発症におけるリスクマネージメント 適切なモニタリングと急変時シミュレーション

    岩崎 栄典, 瀧本 洋一, 福原 誠一郎, 南 一洋, 茅島 敦人, 野田 まりん, 町田 雄二郎, 玉川 空樹, 片山 正, 川崎 慎太郎, 細江 直樹, 緒方 晴彦, 金井 隆典

    胆と膵 (医学図書出版(株))  41 ( 2 ) 129 - 136 2020年02月

    研究論文, 共著,  ISSN  0388-9408

     概要を見る

    胆膵内視鏡処置における鎮静は2013年の日本消化器内視鏡学会による鎮静に関するガイドラインに基づいて行われている。胆膵処置の高度化、被験者の高齢化や多種の鎮静薬が導入されるようになったこともあり、胆膵内視鏡中の呼吸循環器偶発症のリスクは高まっている。また、急性胆管炎には休日時間外でも早期の胆道ドレナージが必要となる。意識下鎮静で施行する胆膵内視鏡において、全身モニタリングは重要であり、最近注目されている呼気二酸化炭素モニター(カプノモニター)の有用性を報告する。また、予防策に加えて偶発症発生時の万全な体制を整えるという点で当院で運用している急変時シミュレーション、タイムアウトなどについて各施設での今後の安全な胆膵内視鏡システム構築に資するものと考えて共有したい。(著者抄録)

  • 【消化管症候群(第3版)-その他の消化管疾患を含めて-】十二指腸 十二指腸乳頭部癌

    岩崎 栄典, 福原 誠一郎, 南 一洋, 野田 まりん, 金井 隆典

    日本臨床 ((株)日本臨床社)  別冊 ( 消化管症候群I ) 461 - 466 2019年12月

    研究論文, 共著,  ISSN  0047-1852

  • 胆嚢炎治療における内視鏡的経乳頭胆嚢ドレナージ術の成績と工夫

    野田 まりん, 福原 誠一郎, 玉川 空樹, 南 一洋, 岩崎 栄典, 緒方 晴彦, 金井 隆典

    胆道 (日本胆道学会)  33 ( 3 ) 641 - 641 2019年10月

    研究論文, 共著,  ISSN  0914-0077

  • 肝門型IgG4関連硬化性胆管炎の臨床的特徴

    岩崎 栄典, 阿部 雄太, 尾島 英知, 南 一洋, 福原 誠一郎, 玉川 空樹, 町田 雄二郎, 野田 まりん, 金井 隆典

    胆道 (日本胆道学会)  33 ( 3 ) 693 - 693 2019年10月

    研究論文, 共著,  ISSN  0914-0077

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 内視鏡的乳頭切開術に伴う穿孔に対する胆管膵管ドレナージの有用性

    福原誠一郎、岩崎栄典、南一洋、緒方晴彦、金井隆典

    内視鏡学会関東地方会 (東京) , 2019年12月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 自己免疫性膵炎におけるEUS所見の検討

    南一洋、福原誠一郎、岩崎栄典

    内視鏡学会関東地方会 (神戸) , 2019年12月, 口頭(一般)

  • Prevention of adverse events after endoscopic ampullectomy: a retrospective study

    Eisuke Iwasaki

    APDW2019 (Biswa Bangla Convention Centre, Kolkata) , 2019年12月, 口頭(一般), APDWF

  • 治療内視鏡(胆膵)における穿孔とその対処

    岩崎栄典

    JDDW2019, 2019年11月, ポスター(一般)

  • 内視鏡的十二指腸乳頭腫瘍切除術における、術後出血の検討

    南一洋、岩崎栄典

    JDDW2019, 2019年11月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 胆膵がんオルガノイドをもちいた薬剤感受性試験確立と薬剤応答性メカニズムの解明

    2019年04月
    -
    2022年03月

    日本学術振興会, 文部省科学研究費, 岩崎栄典, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    難治かつ生命予後不良な胆膵がん疾患における治療成績改善のため、個別化治療の導入が望まれている。研究分担者である佐藤俊朗が世界で初めて確立した三次元組織構造体(オルガノイド)培養をHigh-throughput screening薬剤感受性試験に応用することで、比較的短時間かつ高い精度で効率の良い薬剤感受性試験が実現可能である。手術検体や超音波内視鏡下生検より現在得られたごく微量の腫瘍組織よりオルガノイドを樹立し、バンク化を進めている。胆膵がんオルガノイドバンクより薬剤感受性試験技術を確立させ、臨床データとの相関性を検討する。また薬剤感受性データと全エキソン同定、遺伝子発現アレイ解析などのin vitroデータとの相関解析の他、 CRISPR-Cas9システムを用いたゲノム編集技術を応用し、薬剤応答性の評価方法を確立することで個別化医療への応用、 創薬分野への応用を目指す。

  • 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)「IgG4関連疾患の診断基準ならびに治療指針の確立を目指す研究」

    2017年04月
    -
    2019年03月

    厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 関西医科大学 岡崎和一教授, 補助金,  分担

  • 難治性胆膵悪性腫瘍に対するがんオルガノイド培養を用いた薬剤感受性検査の確立

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 岩崎栄典, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    難治かつ生命予後不良な胆膵悪性腫瘍における診断治療の革新のため,オーダーメイド治療の
    導入が望まれている.研究分担者である佐藤らが世界で初めて確立した三次元組織構造体(オル
    ガノイド)培養とHigh-throughput screening(HTS)を応用することで,比較的短時間かつ高い精
    度で効率の良い薬剤感受性試験が実現可能である.超音波内視鏡下生検より得たごく微量の腫瘍
    組織よりのオルガノイド培養方法の確立,全エキソン同定,HTS による薬剤感受性試験の確立,
    in vivo でゼノグラフトを用いた評価をおこなう.世界初のオルガノイド培養を用いたオーダーメイド治療選択の実現に向けた基礎的な研究・技術開発を目的とする.

受賞 【 表示 / 非表示

  • Asian Pancreatic Endoscopic Cup 優勝

    岩崎栄典、糸井隆夫、緒方晴彦、金井隆典、矢作直久, 2019年12月, APDW 2019, APDW2019

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: インド

     説明を見る

    APDW2019開催最終日2019年12月15日ホールAにてAsian Pacific Endoscopy Cupが開催されました。APEC地域の代表者がそれぞれ内視鏡動画を用いて珍しい症例や治療に関してプレゼンテーションするAPDWとしては初の試みです。矢作教授と共同で治療した十二指腸癌の困難症例を発表しました。

  • APDW2019 Travel grant from local organizing committee.

    岩崎栄典, 2019年12月, APDW2019 local organizing committee., Travel grant

    受賞区分: その他の賞,  受賞国: インド

  • Travel award (Asian EUS congress 2017)

    2017年09月, Asian EUS congress, Asian EUS Cup

    受賞国: India

     説明を見る

    The Asian EUS Cup (Japan), Travel grant

  • ENDO 2017 JGES Young Investigator Award

    2016年11月, 日本消化器内視鏡学会

    受賞国: 日本

     説明を見る

    ENDO 2017 - the 1st World Congress of GI Endoscopy -

  • 第1回J-FD研究会優秀賞

    2008年11月, 胃排出障害モデルにおけるグレリン産生・分泌の亢進とグレリン受容体発現の低下

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 内科学(消化器)講義

    2020年度

  • 内科学講義

    2020年度

  • 臨床実習入門

    2020年度

  • 診断学実習

    2020年度

  • 内科ケーススタディー

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 内科診断学実習(OSCE講義)

    慶應義塾大学医学部, 2019年度, 秋学期, 専門科目, 実習・実験, 専任, 20人

  • 消化器内科学 講義

    慶應義塾大学医学部, 2019年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 120人

  • 内科学(消化器)

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 120人

  • 内科学講義

    慶應義塾大学医学部, 2018年度

  • 内科診断学実習(OSCE講義)

    慶應義塾大学医学部, 2018年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • OSCE委員

    2016年02月

    , その他特記事項

     内容を見る

    OSCE試験腹部担当としてステーションリーダーとなり、評価者の基準を統一にすべく指導を行った。

  • カリキュラム委員会

    2015年04月
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

     内容を見る

    カリキュラム委員として活動

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本超音波医学会, 

    2016年04月
    -
    継続中
  • 日本臨床腫瘍学会, 

    2013年10月
    -
    継続中
  • 日本胆道学会, 

    2013年10月
    -
    継続中
  • 日本膵臓学会, 

    2013年10月
    -
    継続中
  • 日本肝臓学会, 

    2007年10月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    Digestive Endoscopy の査読委員, 日本消化器内視鏡学会

  • 2019年04月
    -
    継続中

    学術評議員, 日本消化器内視鏡学会

  • 2018年05月
    -
    継続中

    学術評議員, 日本消化器内視鏡学会

  • 2017年04月
    -
    継続中

    急性膵炎分科会, 日本膵臓学会

  • 2017年04月
    -
    継続中

    自己免疫性膵炎分科会, 日本膵臓学会

全件表示 >>