岩崎 栄典 (イワサキ エイスケ)

Iwasaki, Eisuke

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 内科学教室(消化器) (信濃町)

職名

専任講師

HP

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • Iwasaki Eisuke M.D., Ph.D. is a specialist in the diagnosis and treatment of pancreat-biliary disease. He focus especially on endoscopic treatment using EUS and ERCP. His research themes are clinical practice of severe acute pancreatitis, IgG4 related diseases, interventional EUS and endoscopic ampullectomy.

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  •  

その他公開情報 【 表示 / 非表示

  •  

総合紹介 【 表示 / 非表示

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月

    慶應義塾大学医学部内科学教室, 消化器内科, 助教

  • 2015年05月
    -
    2017年02月

    慶應義塾大学医学部内科学教室, 消化器内科, 専任講師(学部内講師)

  • 2017年03月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部内科学教室, 消化器内科, 専任講師

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 内視鏡的乳頭切除の後ろ向き多施設観察研究, 

    2020年03月
    -
    2024年03月

     研究概要を見る

    内視鏡的乳頭切除術(EP)の治療効果,予後,内容を評価する.
    UMIN000040288

  • プローブ型共焦点レーザー内視鏡の十二指腸・胆膵疾患に対する有用性の検討, 

    2017年01月
    -
    2021年03月

     研究概要を見る

    十二指腸・胆膵疾患の観察におけるプローブ型共焦点レーザー内視鏡の有用性を明らかにすること

  • 内視鏡的逆行性胆管膵管造影関連処置、超音波内視鏡関連処置実施時における呼気CO2濃度測定の有効性の検討, 

    2016年08月
    -
    2018年12月

     研究概要を見る

    胆道内視鏡施行時の呼気二酸化炭素濃度測定の低酸素血症の減少に対する有効性の検討

  • 内視鏡的十二指腸乳頭腫瘍切除における、通電法の比較試験, 

    2016年03月
    -
    2018年03月

     研究概要を見る

    十二指腸乳頭腫瘍切除において、通電法の違いによる合併症の頻度を比べる。

  • 膵疾患における、IRパルスを用いたcine-dynamic MRCPによる膵液流の検討, 

    2015年10月
    -
    2020年03月

     研究概要を見る

    慢性膵炎、膵癌、IPMN、自己免疫性膵炎などにおける膵液流を評価する

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 胆膵内視鏡処置に関する臨床研究

  • 胆膵悪性腫瘍の内視鏡的治療 採取された検体を用いた基礎研究など

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Successful transpapillary removal of a migrated percutaneous transhepatic biliary drainage tube with a digital peroral cholangioscope

    Kayashima Atsuto, Iwasaki Eisuke, Kanai Takanori

    DIGESTIVE ENDOSCOPY 2021年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0915-5635

  • Efficacy and factors affecting procedure results of short-type single-balloon enteroscopy-assisted ERCP for altered anatomy: a multicenter cohort in JAPAN.

    Tanisaka Y, Ryozawa S, Itoi T, Yamauchi H, Katanuma A, Okabe Y, Irisawa A, Nakahara K, Iwasaki E, Ishii K, Kin T, Terabe H, Izawa N, Morita R, Minami K, Araki R, Fujita A, Ogawa T, Mizuide M, Kida M

    Gastrointestinal endoscopy 2021年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0016-5107

  • New strategy for evaluating pancreatic tissue specimens from endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration and surgery

    Fukuhara S., Iwasaki E., Iwano T., Machida Y., Tamagawa H., Kawasaki S., Seino T., Yokose T., Endo Y., Yoshimura K., Kashiwagi K., Kitago M., Ogata H., Takeda S., Kanai T.

    JGH Open (JGH Open)  5 ( 8 ) 953 - 958 2021年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  2397-9070

     概要を見る

    Background and Aim: Preoperative histological evaluation of pancreatic neoplasms is important for guiding the resection strategy and preventing postoperative adverse events. However, conventional endoscopic methods have technical limitations that reduce the accuracy of the histopathological examination. Probe electrospray ionization mass spectrometry (PESI-MS) may be a useful technique for rapidly evaluating small specimens. Methods: This single-center prospective study included patients with pancreatic neoplasms between October 2018 and December 2019. Pancreatic ductal adenocarcinoma (PDAC) specimens were obtained via endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration (EUS-FNA) and non-neoplastic tissue was obtained via surgery. Specimens were subjected to PESI-MS and the mass spectra were analyzed using partial least squares regression-discriminant analysis. Results: The study included 40 patients with 20 nonneoplastic specimens and 19 PDAC specimens (1 case of neuroendocrine carcinoma was omitted). All nonneoplastic specimens were sufficient for PESI-MS analysis, although only 7 of 19 PDAC specimens were sufficient for PESI-MS analysis because of poor sample quality or insufficient quantity (<1 mg). Among the 27 analyzed cases, the mass spectra clearly differentiated between the PDAC and nonneoplastic specimens. Conclusions: This study revealed that PESI-MS could differentiate between PDAC and nonneoplastic specimens, even in cases where EUS-FNA produced very small specimens.

  • Expert consensus on endoscopic papillectomy using a Delphi process.

    Fritzsche JA, Fockens P, Barthet M, Bruno MJ, Carr-Locke DL, Costamagna G, Coté GA, Deprez PH, Giovannini M, Haber GB, Hawes RH, Hyun JJ, Itoi T, Iwasaki E, Kylänpaä L, Neuhaus H, Park JY, Reddy DN, Sakai A, Bourke MJ, Voermans RP

    Gastrointestinal endoscopy (Gastrointestinal Endoscopy)  94 ( 4 ) 760 - + 2021年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0016-5107

     概要を見る

    Background and Aims: Consensus regarding an optimal algorithm for endoscopic treatment of papillary adenomas has not been established. We aimed to assess the existing degree of consensus among international experts and develop further concordance by means of a Delphi process. Methods: Fifty-two international experts in the field of endoscopic papillectomy were invited to participate. Data were collected between August and December 2019 using an online survey platform. Three rounds were conducted. Consensus was defined as ≥70% agreement. Results: Sixteen experts (31%) completed the full process, and consensus was achieved on 47 of the final 79 statements (59%). Diagnostic workup should include at least an upper endoscopy using a duodenoscope (100%) and biopsy sampling (94%). There should be selected use of additional abdominal imaging (75%-81%). Patients with (suspected) papillary malignancy or over 1 cm intraductal extension should be referred for surgical resection (76%). To prevent pancreatitis, rectal nonsteroidal anti-inflammatory drugs should be administered before resection (82%) and a pancreatic stent should be placed (100%). A biliary stent is indicated in case of ongoing bleeding from the papillary region (76%) or concerns for a (micro)perforation after resection (88%). Follow-up should be started 3 to 6 months after initial papillectomy and repeated every 6 to 12 months for at least 5 years (75%). Conclusions: This is the first step in developing an international consensus–based algorithm for endoscopic management of papillary adenomas. Surprisingly, in many areas consensus could not be achieved. These aspects should be the focus of future studies.

  • Impact of Enteral Nutrition Within 24 Hours Versus Between 24 and 48 Hours in Patients With Severe Acute Pancreatitis: A Multicenter Retrospective Study

    Nakashima I., Horibe M., Sanui M., Sasaki M., Sawano H., Goto T., Ikeura T., Takeda T., Oda T., Yasuda H., Ogura Y., Miyazaki D., Kitamura K., Chiba N., Ozaki T., Yamashita T., Koinuma T., Oshima T., Yamamoto T., Hirota M., Moriya T., Shirai K., Izai J., Takeda K., Sekino M., Iwasaki E., Kanai T., Mayumi T.

    Pancreas (Pancreas)  50 ( 3 ) 371 - 377 2021年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0885-3177

     概要を見る

    OBJECTIVES: In patients with severe acute pancreatitis (SAP), early enteral nutrition (EN) is recommended by major clinical practice guidelines, but the exact timing for the initiation of EN is unknown. METHODS: We conducted a post hoc analysis of the database for a multicenter (44 institutions) retrospective study of patients with SAP in Japan. The patients were classified into 3 groups according to the timing of EN initiation after the diagnosis of SAP: within 24 hours, between 24 and 48 hours, and more than 48 hours. The primary outcome was in-hospital mortality. RESULTS: Of the 1094 study patients, 176, 120, and 798 patients started EN within 24 hours, between 24 and 48 hours, and more than 48 hours after SAP diagnosis, respectively. On multivariable analysis, hospital mortality was significantly better with EN within 48 hours than with more than 48 hours (adjusted odds ratio, 0.49; 95% confidence interval, 0.29-0.83; P < 0.001) but did not significantly differ between the groups with EN starting within 24 hours and between 24 and 48 hours (P = 0.29). CONCLUSIONS: Enteral nutrition within 24 hours may not confer any additional benefit on clinical outcomes compared with EN between 24 and 48 hours.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 胆膵領域の内視鏡診断の最前線 胆道狭窄に対するデジタル胆道鏡による直視下生検と透視下生検・擦過細胞診の成績

    岩崎 栄典, 福原 誠一郎, 茅島 敦人, 緒方 晴彦, 金井 隆典

    Progress of Digestive Endoscopy ((一社)日本消化器内視鏡学会-関東支部)  99 ( Suppl. ) s76 - s76 2021年06月

    研究論文, 共著,  ISSN  1348-9844

  • 【内科疾患の診断基準・病型分類・重症度】(第2章)消化器 急性膵炎

    岩崎 栄典

    内科 ((株)南江堂)  127 ( 4 ) 590 - 592 2021年04月

    研究論文, 共著,  ISSN  0022-1961

  • 胆膵領域における超音波内視鏡の最前線 超音波内視鏡処置を要した重症膵炎後被包化壊死の死亡リスクの解析

    岩崎 栄典, 福原 誠一郎, 茅島 敦人, 野田 まりん, 町田 雄二郎, 玉川 空樹, 瀧本 洋一, 南 一洋, 川崎 慎太郎, 金井 隆典

    超音波医学 ((公社)日本超音波医学会)  48 ( Suppl. ) S243 - S243 2021年04月

    研究論文, 共著,  ISSN  1346-1176

  • 【EUS-BDのすべて】EUS-HGS・HJSの手技とコツ

    岩崎 栄典, 福原 誠一郎, 茅島 敦人, 町田 雄二郎, 玉川 空樹, 瀧本 洋一, 片山 正, 南 一洋, 川崎 慎太郎, 金井 隆典

    胆と膵 (医学図書出版(株))  42 ( 4 ) 293 - 304 2021年04月

    研究論文, 共著,  ISSN  0388-9408

     概要を見る

    超音波内視鏡下胆道ドレナージ術(EUS-BD)のうち、EUS-hepaticogastrostomy(EUS-HGS)、EUS-hepaticojejunostomy(HJS)は、胃あるいは挙上空腸から肝外側区胆管にステントを留置する方法である。本邦でも近年「超音波内視鏡下瘻孔形成術」として保険収載され、ハイボリュームセンターを中心に行われるようになってきた。世界的にも症例集積が進んだことで、多くの臨床研究や経験が報告され、各処置の段階における技術、用いるデバイスの選択などが共有されるようになってきた。本治療法の有用性が広まると同時に、施行医のニーズを取り込んださまざまな専門処置具が開発され、国内でも実際に臨床応用されはじめている。EUS-HJSは狭い空腸管腔内へ胆汁逆流による嘔吐をきたすこともあり、同時にアンテグレードで狭窄部にメタリックステントを挿入してドレナージ経路を確保することが多い。本稿ではEUS処置の導入を考えている胆膵内視鏡専門医を対象にEUS-HGSを中心とした具体的な処置方法とコツについて概説したい。(著者抄録)

  • 内視鏡的乳頭切除術(endoscopic papillectomy:EP)診療ガイドライン

    糸井 隆夫, 良沢 昭銘, 潟沼 朗生, 川嶋 啓揮, 岩崎 栄典, 橋元 慎一, 山本 健治郎, 植木 敏晴, 五十嵐 良典, 乾 和郎, 藤田 直孝, 藤本 一眞, 日本消化器内視鏡学会, 日本胆道学会, 日本消化器内視鏡学会ガイドライン委員会, 内視鏡的乳頭切除術診療ガイドラインワーキング委員会

    Gastroenterological Endoscopy ((一社)日本消化器内視鏡学会)  63 ( 4 ) 451 - 480 2021年04月

    研究論文, 共著,  ISSN  0387-1207

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 膵管内乳頭粘液性腫瘍の悪性進展と臨床的患者背景における関連性の解析

    福島 弦樹, 阿部 紘大, 北郷 実, 岩崎 栄典, 平田 あや, 竹村 亮, 石井 亮太, 八木 洋, 阿部 雄太, 長谷川 康, 福原 誠一郎, 堀 周太郎, 田中 真之, 中野 容, 横瀬 崇寛, 嶋根 学, 北川 雄光

    第52回日本膵臓学会大会 (東京) , 2021年09月, 口頭(一般)

  • 子宮頸癌膵転移による閉塞性膵炎に対して放射線治療を行い軽快した一例

    中島 悠貴, 岩崎 栄典, 茅島 敦人, 町田 雄二郎, 川崎 慎太郎, 堀部 昌靖, 川井田 みほ, 眞杉 洋平, 金井 隆典

    第365回 日本消化器病学会-関東支部, 2021年07月, 口頭(一般)

  • 胆道狭窄に対するデジタル胆道鏡による直視下生検と透視下生検・擦過細胞診の成績

    岩崎栄典 「他」

    第112回 日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 (東京) , 2021年06月, 口頭(一般), 日本消化器内視鏡学会

  • 胆膵領域の内視鏡診断の最前線 胆道狭窄に対するデジタル胆道鏡による直視下生検と透視下生検・擦過細胞診の成績

    岩崎栄典

    第112回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (東京) , 2021年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 日本消化器内視鏡学会

  • 胆道狭窄に対するデジタル胆道鏡による直視下生検と透視下生検・擦過細胞診の成績

    岩崎栄典

    第112回 日本消化器内視鏡学会関東地方会, 2021年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

     概要を見る

    【目的】悪性胆道狭窄の透視下生検の低い正診率を改善するためにデジタル胆道鏡による直視下生検が用いられるようになってきた。当院における胆道鏡導入後の胆道狭窄の組織採取の成績について解析した。【方法】2019年4月より2021年2月の期間に、膵臓癌を除いた胆道狭窄に対して透視下あるいは胆道鏡下で検体採取を施行した症例を対象とした。【結果】ERCP透視下組織採取が55例(生検28、擦過細胞診55)、胆道鏡での生検検査が11例に施行された。投資下生検例の最終的な診断は肝門部胆管癌25例、遠位胆管癌14例、他臓器癌4例、良性狭窄12例であった。感度は細胞診62.7%、組織診71.4%、併用72.1%、特異度は100%であった。また、病理正診症例は生検回数が多い傾向があった(陰性2.0±1.0回、陽性3.0±1.2回、 p=0.05)。胆道鏡施行例(肝門部胆管癌4、遠位胆管癌4、良性狭窄3)では平均3.4±1.2 回生検を採取し感度87.5%、特異度100%であった。【考察】胆道鏡直視下生検は通常の胆管生検に比較して高い正診率を得られた。単施設、少数例での検討であり、今後多数例での胆道鏡直視下生検の有用性を評価する必要がある。

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 胆膵がんオルガノイドをもちいた薬剤感受性試験確立と薬剤応答性メカニズムの解明

    2019年04月
    -
    2022年03月

    日本学術振興会, 文部省科学研究費, 岩崎栄典, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    難治かつ生命予後不良な胆膵がん疾患における治療成績改善のため、個別化治療の導入が望まれている。研究分担者である佐藤俊朗が世界で初めて確立した三次元組織構造体(オルガノイド)培養をHigh-throughput screening薬剤感受性試験に応用することで、比較的短時間かつ高い精度で効率の良い薬剤感受性試験が実現可能である。手術検体や超音波内視鏡下生検より現在得られたごく微量の腫瘍組織よりオルガノイドを樹立し、バンク化を進めている。胆膵がんオルガノイドバンクより薬剤感受性試験技術を確立させ、臨床データとの相関性を検討する。また薬剤感受性データと全エキソン同定、遺伝子発現アレイ解析などのin vitroデータとの相関解析の他、 CRISPR-Cas9システムを用いたゲノム編集技術を応用し、薬剤応答性の評価方法を確立することで個別化医療への応用、 創薬分野への応用を目指す。

  • 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)「IgG4関連疾患の診断基準ならびに治療指針の確立を目指す研究」

    2017年04月
    -
    2019年03月

    厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 関西医科大学 岡崎和一教授, 補助金,  分担

  • 難治性胆膵悪性腫瘍に対するがんオルガノイド培養を用いた薬剤感受性検査の確立

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 岩崎栄典, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    難治かつ生命予後不良な胆膵悪性腫瘍における診断治療の革新のため,オーダーメイド治療の
    導入が望まれている.研究分担者である佐藤らが世界で初めて確立した三次元組織構造体(オル
    ガノイド)培養とHigh-throughput screening(HTS)を応用することで,比較的短時間かつ高い精
    度で効率の良い薬剤感受性試験が実現可能である.超音波内視鏡下生検より得たごく微量の腫瘍
    組織よりのオルガノイド培養方法の確立,全エキソン同定,HTS による薬剤感受性試験の確立,
    in vivo でゼノグラフトを用いた評価をおこなう.世界初のオルガノイド培養を用いたオーダーメイド治療選択の実現に向けた基礎的な研究・技術開発を目的とする.

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 看護学部 慢性期病態学各論

    2021年度

  • 内科学(消化器)講義

    2021年度

  • 内科学講義

    2021年度

  • 臨床実習入門

    2021年度

  • 診断学実習

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科講義

    慶應義塾大学医学部, 2021年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 3時間, 120人

  • 慢性期性期病態学

    慶應義塾大学看護医療学部, 2021年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間

  • 消化器内科講義

    慶應義塾大学医学部, 2020年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 3時間, 120人

  • 内科診断学実習(OSCE講義)

    慶應義塾大学医学部, 2019年度, 秋学期, 専門科目, 実習・実験, 専任, 20人

  • 消化器内科学 講義

    慶應義塾大学医学部, 2019年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 120人

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • PostCC OSCE委員

    2019年04月
    -
    継続中

  • OSCE委員

    2016年02月
    -
    継続中

    , その他特記事項

     内容を見る

    OSCE試験腹部担当としてステーションリーダーとなり、評価者の基準を統一にすべく指導を行った。

  • カリキュラム委員会

    2015年04月
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

     内容を見る

    カリキュラム委員として活動

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本膵臓学会, 

    2013年10月
    -
    継続中
  • 日本胆道学会, 

    2013年10月
    -
    継続中
  • 日本消化器病学会, 

    2003年07月
    -
    継続中
  • 日本消化器内視鏡学会, 

    2003年07月
    -
    継続中
  • 日本内科学会, 

    2001年04月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年07月
    -
    継続中

    EUS-FNAガイドライン作成委員, 日本消化器内視鏡学会

     特記事項を見る

    https://www.jges.net/medical/about/list/committee#esufna

  • 2021年05月
    -
    継続中

    IgG4関連消化管病変に関する調査研究 Woriking Gruop, 厚生労働省難治疾患研究班

     特記事項を見る

    https://www.nanbyou.or.jp/entry/4505

  • 2020年10月
    -
    継続中

    第113回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 プログラム委員, 日本消化器内視鏡学会

     特記事項を見る

    http://www.jges-k.umin.jp/113shibureikai/outline.html

  • 2020年08月
    -
    継続中

    日本肝胆膵外科学会 編集委員会 委員, 日本肝胆膵外科学会

  • 2020年07月
    -
    継続中

    an official member in Education Committee, under EUS & ERCP Workgroup, The Asian Pacific Society for Digestive Endoscopy.

全件表示 >>