岩崎 栄典 (イワサキ エイスケ)

Iwasaki, Eisuke

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 内科学教室(消化器) (信濃町)

職名

専任講師

HP

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • Iwasaki Eisuke M.D., Ph.D. is a specialist in the diagnosis and treatment of pancreat-biliary disease. He focus especially on endoscopic treatment using EUS and ERCP. His research themes are clinical practice of severe acute pancreatitis, IgG4 related diseases, interventional EUS and endoscopic ampullectomy.

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  •  

その他公開情報 【 表示 / 非表示

  •  

総合紹介 【 表示 / 非表示

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月

    慶應義塾大学医学部内科学教室, 消化器内科, 助教

  • 2015年05月
    -
    2017年02月

    慶應義塾大学医学部内科学教室, 消化器内科, 専任講師(学部内講師)

  • 2017年03月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部内科学教室, 消化器内科, 専任講師

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 内視鏡的乳頭切除の後ろ向き多施設観察研究, 

    2020年03月
    -
    2024年03月

     研究概要を見る

    内視鏡的乳頭切除術(EP)の治療効果,予後,内容を評価する.
    UMIN000040288

  • プローブ型共焦点レーザー内視鏡の十二指腸・胆膵疾患に対する有用性の検討, 

    2017年01月
    -
    2021年03月

     研究概要を見る

    十二指腸・胆膵疾患の観察におけるプローブ型共焦点レーザー内視鏡の有用性を明らかにすること

  • 内視鏡的逆行性胆管膵管造影関連処置、超音波内視鏡関連処置実施時における呼気CO2濃度測定の有効性の検討, 

    2016年08月
    -
    2018年12月

     研究概要を見る

    胆道内視鏡施行時の呼気二酸化炭素濃度測定の低酸素血症の減少に対する有効性の検討

  • 内視鏡的十二指腸乳頭腫瘍切除における、通電法の比較試験, 

    2016年03月
    -
    2018年03月

     研究概要を見る

    十二指腸乳頭腫瘍切除において、通電法の違いによる合併症の頻度を比べる。

  • 膵疾患における、IRパルスを用いたcine-dynamic MRCPによる膵液流の検討, 

    2015年10月
    -
    2020年03月

     研究概要を見る

    慢性膵炎、膵癌、IPMN、自己免疫性膵炎などにおける膵液流を評価する

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 胆膵内視鏡処置に関する臨床研究

  • 胆膵悪性腫瘍の内視鏡的治療 採取された検体を用いた基礎研究など

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Expert consensus on endoscopic papillectomy using a Delphi process.

    Fritzsche JA, Fockens P, Barthet M, Bruno MJ, Carr-Locke DL, Costamagna G, Coté GA, Deprez PH, Giovannini M, Haber GB, Hawes RH, Hyun JJ, Itoi T, Iwasaki E, Kylänpaä L, Neuhaus H, Park JY, Reddy DN, Sakai A, Bourke MJ, Voermans RP

    Gastrointestinal endoscopy 2021年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0016-5107

  • Impact of Enteral Nutrition Within 24 Hours Versus Between 24 and 48 Hours in Patients With Severe Acute Pancreatitis: A Multicenter Retrospective Study

    Nakashima I., Horibe M., Sanui M., Sasaki M., Sawano H., Goto T., Ikeura T., Takeda T., Oda T., Yasuda H., Ogura Y., Miyazaki D., Kitamura K., Chiba N., Ozaki T., Yamashita T., Koinuma T., Oshima T., Yamamoto T., Hirota M., Moriya T., Shirai K., Izai J., Takeda K., Sekino M., Iwasaki E., Kanai T., Mayumi T.

    Pancreas (Pancreas)  50 ( 3 ) 371 - 377 2021年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0885-3177

     概要を見る

    OBJECTIVES: In patients with severe acute pancreatitis (SAP), early enteral nutrition (EN) is recommended by major clinical practice guidelines, but the exact timing for the initiation of EN is unknown. METHODS: We conducted a post hoc analysis of the database for a multicenter (44 institutions) retrospective study of patients with SAP in Japan. The patients were classified into 3 groups according to the timing of EN initiation after the diagnosis of SAP: within 24 hours, between 24 and 48 hours, and more than 48 hours. The primary outcome was in-hospital mortality. RESULTS: Of the 1094 study patients, 176, 120, and 798 patients started EN within 24 hours, between 24 and 48 hours, and more than 48 hours after SAP diagnosis, respectively. On multivariable analysis, hospital mortality was significantly better with EN within 48 hours than with more than 48 hours (adjusted odds ratio, 0.49; 95% confidence interval, 0.29-0.83; P < 0.001) but did not significantly differ between the groups with EN starting within 24 hours and between 24 and 48 hours (P = 0.29). CONCLUSIONS: Enteral nutrition within 24 hours may not confer any additional benefit on clinical outcomes compared with EN between 24 and 48 hours.

  • Endoscopic Ultrasound-Guided Sampling for Personalized Pancreatic Cancer Treatment

    Iwasaki Eisuke, Fukuhara Seiichiro, Horibe Masayasu, Kawasaki Shintaro, Seino Takashi, Takimoto Yoichi, Tamagawa Hiroki, Machida Yujiro, Kayashima Atsuto, Noda Marin, Hayashi Hideyuki, Kanai Takanori

    DIAGNOSTICS 11 ( 3 )  2021年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Peritoneal dissemination of pancreatic cancer caused by endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration: A case report and literature review

    Kojima H., Kitago M., Iwasaki E., Masugi Y., Matsusaka Y., Yagi H., Abe Y., Hasegawa Y., Hori S., Tanaka M., Nakano Y., Takemura Y., Fukuhara S., Ohara Y., Sakamoto M., Okuda S., Kitagawa Y.

    World Journal of Gastroenterology (World Journal of Gastroenterology)  27 ( 3 ) 294 - 304 2021年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  10079327

     概要を見る

    BACKGROUND Endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration (EUS-FNA) is a biopsy technique widely used to diagnose pancreatic tumors because of its high sensitivity and specificity. Although needle-tract seeding caused by EUS-FNA has been recently reported, dissemination of pancreatic cancer cells is generally considered to be a rare complication that does not affect patient prognosis. However, the frequency of dissemination and needle-tract seeding appears to have been underestimated. We present a case of peritoneal dissemination of pancreatic cancer due to preoperative EUS-FNA. CASE SUMMARY An 81-year-old man was referred to the Department of Surgery of our hospital in Japan owing to the detection of a pancreatic mass on computed tomography during medical screening. Trans-gastric EUS-FNA revealed that the mass was an adenocarcinoma; hence laparoscopic distal pancreatectomy with lymphadenectomy was performed. No intraoperative peritoneal dissemination and liver metastasis were visually detected, and pelvic lavage cytology was negative for carcinoma cells. The postoperative surgical specimen was negative for carcinoma cells at the dissected margin and the cut end margin; however, pathological findings revealed adenocarcinoma cells on the peritoneal surface proximal to the needle puncture site, and the cells were suspected to be disseminated via EUS-FNA. Hence, the patient received adjuvant therapy with S-1 (tegafur, gimeracil, and oteracil potassium); however, computed tomography performed 5 mo after surgery revealed liver metastasis and cancerous peritonitis. The patient received palliative therapy and died 8 mo after the operation. CONCLUSION The indications of EUS-FNA should be carefully considered to avoid iatrogenic dissemination, especially for cancers in the pancreatic body or tail.

  • Indication for resection and possibility of observation for intraductal papillary mucinous neoplasm with high-risk stigmata

    Abe K., Kitago M., Masugi Y., Iwasaki E., Yagi H., Abe Y., Hasegawa Y., Fukuhara S., Hori S., Tanaka M., Nakano Y., Yokose T., Shimane G., Sakamoto M., Kitagawa Y.

    Pancreatology (Pancreatology)  2021年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  14243903

     概要を見る

    Background/Objectives: According to the revised international intraductal papillary mucinous neoplasm (IPMN) guidelines (2017), the indication for surgery is based on risk classification. However, some IPMNs with high-risk stigmata (HRS) can be observed for long periods without resection. Hence, we need to reconsider the risk stratification, and this study aimed to propose a novel risk stratification for HRS-IPMNs. Methods: We enrolled 328 patients diagnosed with IPMN using endoscopic ultrasound between 2012 and 2019. We compared clinicopathological features between HRS and worrisome features (WF) and evaluated outcomes of HRS-IPMN. Results: Fifty-three patients (HRS 38, WF 15) underwent resection at initial diagnosis and 275 patients were observed. Following observation for 30 months, 22 patients (17 HRS, 5 WF) underwent resection. Analysis of resected IPMNs (n = 75) revealed that HRS had dominantly pancreatobiliary mucin subtype. Pancreatobiliary-type IPMN had larger nodule sizes and lymphatic invasion and high recurrence with poor prognosis. Seventy-four patients were diagnosed with HRS, 55 underwent resection, and 19 continue to be observed. The resected group had larger nodule sizes (median 8 mm vs. 5 mm; P = 0.060), whereas the observed group had more main pancreatic duct (MPD) dilation (median 10 mm vs. 5 mm; P = 0.005). In the resected HRS group, only patients with MPD dilation ≥10 mm (n = 10) had no recurrence but had a favorable prognosis compared with those nodule size ≥5 mm (n = 45). Conclusions: Large nodule size may be associated with pancreatobiliary subtype and poor prognosis; however, patients with MPD dilation ≥10 mm with nodule size <5 mm did not require resection.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【内科疾患の診断基準・病型分類・重症度】(第2章)消化器 急性膵炎

    岩崎 栄典

    内科 ((株)南江堂)  127 ( 4 ) 590 - 592 2021年04月

    研究論文, 共著,  ISSN  0022-1961

  • 【胆道ドレナージを極める】経皮的胆道ドレナージは内視鏡医には不要か?

    岩崎 栄典, 福原 誠一郎, 川崎 慎太郎, 玉川 空樹, 町田 雄二郎, 茅島 敦人, 金井 隆典

    消化器内視鏡 ((株)東京医学社)  33 ( 3 ) 617 - 619 2021年03月

    研究論文, 共著,  ISSN  0915-3217

  • 【急性膵炎診療up-to-date】今日の急性膵炎診療

    正宗 淳, 多田 稔, 北村 勝哉, 岩崎 栄典

    肝胆膵 ((株)アークメディア)  82 ( 1 ) 13 - 24 2021年01月

    研究論文, 共著,  ISSN  0389-4991

  • 自己免疫性膵炎診療ガイドライン2020

    岡崎 和一, 川 茂幸, 神澤 輝実, 池浦 司, 糸井 隆夫, 伊藤 鉄英, 乾 和郎, 入澤 篤志, 内田 一茂, 大原 弘隆, 窪田 賢輔, 児玉 裕三, 清水 京子, 殿塚 亮祐, 中沢 貴宏, 西野 隆義, 能登原 憲司, 藤永 康成, 正宗 淳, 山本 洋, 渡辺 貴之, 下瀬川 徹, 白鳥 敬子, 川野 充弘, 西山 利正, 竹山 宜典, 井上 大, 入江 裕之, 岩崎 栄典, 植木 敏晴, 上原 剛, 菅野 敦, 洪 繁, 阪上 順一, 新倉 則和, 多田 稔, 濱野 英明, 平野 賢二, 廣岡 芳樹, 増田 充弘, 水野 伸匡, 吉田 仁, 日本膵臓学会・厚生労働省IgG4関連疾患の診断基準並びに治療指針を目指す研究班, 自己免疫性膵炎診療ガイドライン2020改訂委員会

    膵臓 ((一社)日本膵臓学会)  35 ( 6 ) 465 - 550 2020年12月

    研究論文, 共著,  ISSN  0913-0071

  • 胆管結石治療困難例に対する工夫 新規透視装置の特徴

    岩崎 栄典

    INNERVISION ((株)インナービジョン)  35 ( 12 ) C - 06 2020年11月

    研究論文, 共著,  ISSN  0913-8919

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 胆道狭窄に対するデジタル胆道鏡による直視下生検と透視下生検・擦過細胞診の成績

    岩崎栄典 「他」

    第112回 日本消化器内視鏡学会 関東支部例会 (東京) , 2021年06月, 口頭(一般), 日本消化器内視鏡学会

  • 内視鏡的乳頭切開術に伴う穿孔に対する胆管膵管ドレナージの有用性

    福原誠一郎、岩崎栄典、南一洋、緒方晴彦、金井隆典

    内視鏡学会関東地方会 (東京) , 2019年12月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 自己免疫性膵炎におけるEUS所見の検討

    南一洋、福原誠一郎、岩崎栄典

    内視鏡学会関東地方会 (神戸) , 2019年12月, 口頭(一般)

  • Prevention of adverse events after endoscopic ampullectomy: a retrospective study

    Eisuke Iwasaki

    APDW2019 (Biswa Bangla Convention Centre, Kolkata) , 2019年12月, 口頭(一般), APDWF

  • 治療内視鏡(胆膵)における穿孔とその対処

    岩崎栄典

    JDDW2019, 2019年11月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 胆膵がんオルガノイドをもちいた薬剤感受性試験確立と薬剤応答性メカニズムの解明

    2019年04月
    -
    2022年03月

    日本学術振興会, 文部省科学研究費, 岩崎栄典, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    難治かつ生命予後不良な胆膵がん疾患における治療成績改善のため、個別化治療の導入が望まれている。研究分担者である佐藤俊朗が世界で初めて確立した三次元組織構造体(オルガノイド)培養をHigh-throughput screening薬剤感受性試験に応用することで、比較的短時間かつ高い精度で効率の良い薬剤感受性試験が実現可能である。手術検体や超音波内視鏡下生検より現在得られたごく微量の腫瘍組織よりオルガノイドを樹立し、バンク化を進めている。胆膵がんオルガノイドバンクより薬剤感受性試験技術を確立させ、臨床データとの相関性を検討する。また薬剤感受性データと全エキソン同定、遺伝子発現アレイ解析などのin vitroデータとの相関解析の他、 CRISPR-Cas9システムを用いたゲノム編集技術を応用し、薬剤応答性の評価方法を確立することで個別化医療への応用、 創薬分野への応用を目指す。

  • 難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)「IgG4関連疾患の診断基準ならびに治療指針の確立を目指す研究」

    2017年04月
    -
    2019年03月

    厚生労働省, 厚生労働科学研究費補助金, 関西医科大学 岡崎和一教授, 補助金,  分担

  • 難治性胆膵悪性腫瘍に対するがんオルガノイド培養を用いた薬剤感受性検査の確立

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 岩崎栄典, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    難治かつ生命予後不良な胆膵悪性腫瘍における診断治療の革新のため,オーダーメイド治療の
    導入が望まれている.研究分担者である佐藤らが世界で初めて確立した三次元組織構造体(オル
    ガノイド)培養とHigh-throughput screening(HTS)を応用することで,比較的短時間かつ高い精
    度で効率の良い薬剤感受性試験が実現可能である.超音波内視鏡下生検より得たごく微量の腫瘍
    組織よりのオルガノイド培養方法の確立,全エキソン同定,HTS による薬剤感受性試験の確立,
    in vivo でゼノグラフトを用いた評価をおこなう.世界初のオルガノイド培養を用いたオーダーメイド治療選択の実現に向けた基礎的な研究・技術開発を目的とする.

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 看護学部 慢性期病態学各論

    2021年度

  • 内科学(消化器)講義

    2021年度

  • 内科学講義

    2021年度

  • 臨床実習入門

    2021年度

  • 診断学実習

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 内科診断学実習(OSCE講義)

    慶應義塾大学医学部, 2019年度, 秋学期, 専門科目, 実習・実験, 専任, 20人

  • 消化器内科学 講義

    慶應義塾大学医学部, 2019年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 120人

  • 内科学(消化器)

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 専門科目, 講義, 専任, 1時間, 120人

  • 内科学講義

    慶應義塾大学医学部, 2018年度

  • 内科診断学実習(OSCE講義)

    慶應義塾大学医学部, 2018年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • PostCC OSCE委員

    2019年04月
    -
    継続中

  • OSCE委員

    2016年02月
    -
    継続中

    , その他特記事項

     内容を見る

    OSCE試験腹部担当としてステーションリーダーとなり、評価者の基準を統一にすべく指導を行った。

  • カリキュラム委員会

    2015年04月
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

     内容を見る

    カリキュラム委員として活動

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本膵臓学会, 

    2013年10月
    -
    継続中
  • 日本胆道学会, 

    2013年10月
    -
    継続中
  • 日本消化器病学会, 

    2003年07月
    -
    継続中
  • 日本消化器内視鏡学会, 

    2003年07月
    -
    継続中
  • 日本内科学会, 

    2001年04月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年08月
    -
    継続中

    日本肝胆膵外科学会 編集委員会 委員, 日本肝胆膵外科学会

  • 2020年07月
    -
    継続中

    an official member in Education Committee, under EUS & ERCP Workgroup, The Asian Pacific Society for Digestive Endoscopy.

  • 2019年04月
    -
    継続中

    Digestive Endoscopy の編集委員会委員, 日本消化器内視鏡学会

  • 2019年04月
    -
    継続中

    日本消化器病学会総会 学会評議員, 日本消化器病学会

  • 2018年05月
    -
    継続中

    日本消化器内視鏡学会 学術評議員, 日本消化器内視鏡学会

全件表示 >>