加畑 宏樹 (カバタ ヒロキ)

Kabata, Hiroki

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 内科学教室(呼吸器) (信濃町)

職名

助教(有期)

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 理化学研究所 生命医科学研究センター, 自然免疫システム研究チーム, 客員研究員

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    独立行政法人国立病院機構東京医療センター, 初期研修医

  • 2008年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学医学部, 専修医

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

    川崎市立川崎病院, 総合診療科, 専修医

  • 2011年05月
    -
    2014年03月

    慶應義塾大学医学部, 内科学, 助教(臨床実習)

  • 2014年04月
    -
    2016年04月

    川崎市立川崎病院, 呼吸器内科, 副医長

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2006年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2010年04月
    -
    2014年03月

    慶應義塾, 大学院, 医学研究科

    大学院, 卒業, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 論文, 2014年03月

    気道炎症の際にTSLPはナチュラルヘルパー細胞のステロイド抵抗性を誘導する

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会, 認定医, 2009年09月

  • 日本呼吸器学会, 専門医, 2013年12月

  • 日本アレルギー学会, 専門医, 2016年

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学 (ILC2)

  • 呼吸器内科学 (喘息)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 2型自然リンパ球

  • IL-33

  • TSLP

  • 重症喘息

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The effect of statins for asthma. A systematic review and meta-analysis.

    Sunata K, Kabata H, Kuno T, Takagi H, So M, Masaki K, Fukunaga K

    The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma    1 - 10 2021年02月

    ISSN  0277-0903

  • The real-time reverse transcription-polymerase chain reaction threshold cycle values for severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 predict the prognosis of coronavirus disease 2019 pneumonia.

    Fukushima T, Kabata H, Yamamoto R, Suhara T, Uwamino Y, Kondo Y, Masaki K, Kamata H, Nagata H, Homma K, Kaneko Y, Ishii M, Sasaki J, Morisaki H, Hasegawa N, Fukunaga K, Keio Donner Project Team.

    Respiratory investigation 2021年01月

    ISSN  2212-5345

  • Left Ventricular Thrombus With COVID-19 Complication in a Patient With Dilated Cardiomyopathy.

    Imaeda S, Kabata H, Shiraishi Y, Kamata H, Tsuruta H, Yuasa S, Ishii M, Fukuda K, Fukunaga K

    CJC open (CJC Open)  3 ( 1 ) 124 - 126 2021年01月

     概要を見る

    © 2020 Canadian Cardiovascular Society Thrombosis, especially venous thromboembolism, is a complication often associated with coronavirus disease 2019 (COVID-19). However, there have been relatively few reports of arterial thrombosis. Here, we describe a case of non-severe COVID-19 in a patient with dilated cardiomyopathy. After admission, symptoms, laboratory data, and imaging findings improved, but D-dimer levels gradually increased. Contrast computed tomography and echocardiography revealed a left ventricular thrombus. Anticoagulant treatment diminished the thrombus, and the patient recovered and was discharged. Although a left ventricular thrombus is a rare COVID-19 complication, performing appropriate diagnostic tests could improve COVID-19 mortality in patients with dilated cardiomyopathy.

  • Clinical characteristics of patients with not well-controlled severe asthma in Japan: Analysis of the Keio Severe Asthma Research Program in Japanese population (KEIO-SARP) registry.

    Tanosaki T, Kabata H, Matsusaka M, Miyata J, Masaki K, Mochimaru T, Okuzumi S, Kuwae M, Watanabe R, Suzuki Y, Sayama K, Izuhara K, Asano K, Fukunaga K

    Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology (Allergology International)  70 ( 1 ) 61 - 67 2021年01月

    ISSN  1323-8930

     概要を見る

    © 2020 Japanese Society of Allergology Background: Multiple phenotypes exist within the classification of severe asthma. However, characteristics of patients with not well-controlled severe asthma have not been well identified. Methods: Japanese patients with asthma (age ≥ 20 years) were enrolled at the Keio University Hospital and its affiliated hospitals in this observational study (Keio Severe Asthma Research Program). Among them, patients with severe asthma (those undergoing Global Initiative for Asthma [GINA] 2018 step 4 or 5 treatment) were included in this analysis and investigated clinical characteristics based on asthma control status. Results: Of the 154 patients (men, 46.8%; age, 60.1 ± 14.9 years), 87 (56.5%) had not well-controlled (partly controlled and uncontrolled) asthma (GINA step 4, 42 patients; step 5, 45 patients). Overall, there were no significant differences in clinical characteristics between patients with well-controlled and not well-controlled asthma. However, cluster analysis revealed that distinct 5 clusters (cluster 1, well-controlled; cluster 2, eosinophilic; cluster 3, non–type 2 inflammation; cluster 4, high periostin; and cluster 5, late-onset type 2 inflammation), and clusters 2–5 were not well-controlled. Among them, cluster 3 was characterized by low eosinophil counts, low periostin levels, and less frequent olfactory disturbance, and this cluster had the worst asthma control. Conclusions: Japanese patients with severe asthma were divided into well-controlled and not-well controlled asthma, and we confirmed heterogeneity of not well-controlled severe asthma. These patients, especially non-type 2 phenotype, require a further therapeutic approach. (University Hospital Medical Information Network Clinical Trials Registry, UMIN000002980)

  • Accuracy and stability of saliva as a sample for reverse transcription PCR detection of SARS-CoV-2.

    Uwamino Y, Nagata M, Aoki W, Fujimori Y, Nakagawa T, Yokota H, Sakai-Tagawa Y, Iwatsuki-Horimoto K, Shiraki T, Uchida S, Uno S, Kabata H, Ikemura S, Kamata H, Ishii M, Fukunaga K, Kawaoka Y, Hasegawa N, Murata M

    Journal of clinical pathology (Journal of Clinical Pathology)  74 ( 1 ) 67 - 68 2021年01月

    ISSN  0021-9746

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • アレルギー性呼吸器疾患のトランスレーショナルリサーチ Single cell解析によるILC2活性化制御遺伝子の検討

    桑江 美聡, 加畑 宏樹, 松坂 雅子, 馬塲 里英, 鎌谷 高志, 渡辺 理沙, 正木 克宜, 田野崎 貴絵, 奥隅 真一, 白崎 善隆, 上村 想太郎, 茂呂 和世, 福永 興壱

    日本呼吸器学会誌 ((一社)日本呼吸器学会)  9 ( 増刊 ) 132 - 132 2020年08月

    ISSN  2186-5876

  • マウスにおける食餌によるアレルギー性気道炎症への影響に関する検討

    奥隅 真一, 宮田 純, 加畑 宏樹, 正木 克宜, 加川 志津子, 田野崎 貴絵, 渡辺 理沙, 桑江 美聡, 秋山 勇人, 西江 美幸, 砂田 啓英也, 福永 興壱

    日本呼吸器学会誌 ((一社)日本呼吸器学会)  9 ( 増刊 ) 228 - 228 2020年08月

    ISSN  2186-5876

  • ヨード造影剤により重篤な非心原性肺水腫を発症し救命しえた1例

    長尾 元太, 正木 克宜, 砂田 啓英也, 西江 美幸, 秋山 勇人, 加畑 宏樹, 川田 一郎, 副島 研造, 福永 興壱

    アレルギー ((一社)日本アレルギー学会)  69 ( 4 ) 274 - 274 2020年06月

    ISSN  0021-4884

  • 【喘息に対する分子標的治療の新展開】IL-33、TSLP、CRTH2をターゲットとした治療

    加畑 宏樹, 福永 興壱

    炎症と免疫 ((株)先端医学社)  27 ( 6 ) 482 - 487 2019年10月

    ISSN  0918-8371

     概要を見る

    現在、喘息に対する分子標的薬は、おもにリンパ球から産生される下流のサイトカインをターゲットとしている。一方、リンパ球を活性化する上流のサイトカインや脂質メディエーターをターゲットとした次世代の分子標的治療薬の開発が進んでいる。リンパ球の活性化を抑制することは、リンパ球から産生されるサイトカインを一種類ずつ抑制するよりも、より広範囲かつ根本的な炎症抑制につながると期待されている。本稿では、現在開発が進められているIL-33、TSLP、CRTH2を標的とする薬剤について概説する。(著者抄録)

  • 内科から 重症喘息におけるステロイド抵抗性

    加畑 宏樹, 福永 興壱

    日本小児アレルギー学会誌 ((一社)日本小児アレルギー学会)  33 ( 4 ) 656 - 656 2019年10月

    ISSN  0914-2649

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ILC2をターゲットとした新規抑制化合物・天然物の同定

    2020年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 加畑 宏樹, 若手研究, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    近年、既に臨床で用いられている薬剤の中から本来の薬効とは異なる作用を見つけ、別の疾患の治療薬としての適応を探索する既存薬スクリーニング(Drug repositioning, DR)研究が注目を集めている。本研究では、気管支喘息やアレルギー性疾患に関与する2型自然リンパ球を抑制する新しい物質を調査し、気管支喘息やアレルギー性疾患に対する治療候補物質の検討を行う。

  • GSKジャパン

    2019年04月
    -
    2021年09月

    補助金,  代表

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 内科学(呼吸器)講義

    2021年度

  • 内科学(呼吸器)講義

    2020年度