加畑 宏樹 (カバタ ヒロキ)

Kabata, Hiroki

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 内科学教室(呼吸器) (信濃町)

職名

助教(有期)

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 理化学研究所 生命医科学研究センター, 自然免疫システム研究チーム, 客員研究員

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    独立行政法人国立病院機構東京医療センター, 初期研修医

  • 2008年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学医学部, 専修医

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

    川崎市立川崎病院, 総合診療科, 専修医

  • 2011年05月
    -
    2014年03月

    慶應義塾大学医学部, 内科学, 助教(臨床実習)

  • 2014年04月
    -
    2016年04月

    川崎市立川崎病院, 呼吸器内科, 副医長

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2006年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2010年04月
    -
    2014年03月

    慶應義塾, 大学院, 医学研究科

    大学院, 卒業, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 論文, 2014年03月

    気道炎症の際にTSLPはナチュラルヘルパー細胞のステロイド抵抗性を誘導する

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会, 認定医, 2009年09月

  • 日本呼吸器学会, 専門医, 2013年12月

  • 日本アレルギー学会, 専門医, 2016年

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学 (ILC2)

  • 呼吸器内科学 (喘息)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 2型自然リンパ球

  • IL-33

  • TSLP

  • 重症喘息

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The Association of Inhaled Corticosteroid Before Admission and Survival of Patients with COVID-19.

    So M, Kabata H, Takahashi M, Egorova NN, Kuno T

    Journal of aerosol medicine and pulmonary drug delivery (Journal of Aerosol Medicine and Pulmonary Drug Delivery)  34 ( 4 ) 265 - 267 2021年08月

    ISSN  1941-2711

  • Successful treatment of a patient with adult food allergy and severe asthma using omalizumab.

    Nishie M, Masaki K, Okuzumi S, Mochimaru T, Kabata H, Miyata J, Takahashi H, Fukunaga K

    Asia Pacific allergy 11 ( 3 ) e27 2021年07月

    ISSN  2233-8276

  • Eosinophilic annular erythema showing eosinophil cytolytic ETosis successfully treated with benralizumab.

    Masaki K, Ueki S, Tanese K, Nagao G, Kanzaki S, Matsuki E, Irie H, Kabata H, Miyata J, Kawada I, Fukunaga K

    Asia Pacific allergy 11 ( 3 ) e28 2021年07月

    ISSN  2233-8276

  • TLR7 Agonist Suppresses ILC2-mediated Inflammation via IL-27-producing Interstitial Macrophages.

    Okuzumi S, Miyata J, Kabata H, Mochimaru T, Kagawa S, Masaki K, Irie M, Morita H, Fukunaga K

    American journal of respiratory cell and molecular biology 65 ( 3 ) 309 - 318 2021年05月

    ISSN  1044-1549

  • COVID-19 shares clinical features with anti-melanoma differentiation-associated protein 5 positive dermatomyositis and adult Still's disease.

    Kondo Y, Kaneko Y, Takei H, Tamai H, Kabata H, Suhara T, Yamamoto R, Nagata H, Ishii M, Sasaki J, Hasegawa N, Fukunaga K, Takeuchi T, Keio Donner Project.

    Clinical and experimental rheumatology (Clinical and Experimental Rheumatology)  39 ( 3 ) 631 - 638 2021年05月

    ISSN  0392-856X

     概要を見る

    Objective To investigate the similarities and differences between Coronavirus disease 2019 (COVID-19) and autoimmune and autoinflammatory rheumatic diseases characterised by hyperferritinaemia, such as antimelanoma differentiation-associated protein 5 (MDA5) autoantibody-positive dermatomyositis and adult Still’s disease. Methods We reviewed consecutive, newly diagnosed, untreated patients with COVID-19, anti-MDA5 dermatomyositis, or adult Still’s disease. We compared their clinical, laboratory, and radiological characteristics, including the prevalence of macrophage activation syndrome and lung involvement in each disease. Results The numbers of patients with COVID-19, anti-MDA5 dermatomyositis, and adult-onset Still’s disease with hyperferritinaemia (serum ferritin ≥500ng/dL) who were included for main analysis were 22, 14, and 59, respectively. COVID-19 and adult Still’s disease both featured hyperinflammatory status, such as high fever and elevated serum C-reactive protein, whereas COVID-19 and anti-MDA5 dermatomyositis both presented with severe interstitial lung disease and hypoxaemia. While two-thirds of the patients in each group met the criteria for macrophage-activated syndrome that is used in systemic juvenile idiopathic arthritis, the HScore, an indicator of haemophagocytic lymphohistiocytosis, was low in anti-MDA5 dermatomyositis and COVID-19 even in severe or critical cases. The findings of chest computed tomography were similar between COVID-19 and anti-MDA5 dermatomyositis. Conclusion COVID-19 shared clinical features with rheumatic diseases characterised by hyperferritinaemia, including anti-MDA5 dermatomyositis and adult Still’s disease. These findings should be investigated further in order to shed light on the pathogenesis of not only COVID-19 but also the aforementioned rheumatic diseases.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 食物アレルギー診療支援アプリ・Food Allergy Screening Tool:FAST

    正木 克宜, 冨保 紗希, 上條 慎太郎, 西江 美幸, 田野崎 貴絵, 中崎 寿隆, 森田 久美子, 加畑 宏樹, 福永 興壱

    アレルギー ((一社)日本アレルギー学会)  70 ( 4 ) 328 - 328 2021年06月

    ISSN  0021-4884

  • 重症喘息患者における真菌感作の経時的変化

    秋山 勇人, 正木 克宜, 田野崎 貴絵, 冨保 紗希, 笹原 広太郎, 浅岡 雅人, 砂田 啓英也, 西江 美幸, 入江 美聡, 奥隅 真一, 加畑 宏樹, 小熊 剛, 浅野 浩一郎, 福永 興壱

    日本呼吸器学会誌 ((一社)日本呼吸器学会)  10 ( 増刊 ) 168 - 168 2021年04月

    ISSN  2186-5876

  • TLR7アゴニスト(R848)による好酸球性気道炎症抑制機序の解明

    奥隅 真一, 宮田 純, 加畑 宏樹, 加川 志津子, 田野崎 貴絵, 桑江 美聡, 秋山 勇人, 西江 美幸, 浅岡 雅人, 砂田 啓英也, 笹原 広太郎, 冨保 紗希, 福永 興壱

    日本呼吸器学会誌 ((一社)日本呼吸器学会)  10 ( 増刊 ) 169 - 169 2021年04月

    ISSN  2186-5876

  • 吸入手技エラー判別用慣性計測装置搭載アタッチメントの開発

    西江 美幸, 正木 克宜, 中田 英夫, 袴田 潤, 江崎 大航, 冨保 紗希, 笹原 広太郎, 浅岡 雅人, 砂田 啓英也, 秋山 勇人, 入江 美聡, 奥隅 真一, 田野崎 貴絵, 加畑 宏樹, 富樫 信之, 高野 俊也, 下野 誠通, 津田 壮一郎, 青森 達, 福永 興壱

    日本呼吸器学会誌 ((一社)日本呼吸器学会)  10 ( 増刊 ) 195 - 195 2021年04月

    ISSN  2186-5876

  • 成人喘息患者の食物アレルギー合併実態

    冨保 紗希, 正木 克宜, 田野崎 貴絵, 西江 美幸, 松坂 雅子, 浅岡 雅人, 笹原 広太郎, 秋山 勇人, 砂田 啓英也, 入江 美聡, 奥隅 真一, 加畑 宏樹, 内山 美弥, 野尻 哲也, 花井 章剛, 福永 興壱

    日本呼吸器学会誌 ((一社)日本呼吸器学会)  10 ( 増刊 ) 237 - 237 2021年04月

    ISSN  2186-5876

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ILC2をターゲットとした新規抑制化合物・天然物の同定

    2020年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 加畑 宏樹, 若手研究, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    近年、既に臨床で用いられている薬剤の中から本来の薬効とは異なる作用を見つけ、別の疾患の治療薬としての適応を探索する既存薬スクリーニング(Drug repositioning, DR)研究が注目を集めている。本研究では、気管支喘息やアレルギー性疾患に関与する2型自然リンパ球を抑制する新しい物質を調査し、気管支喘息やアレルギー性疾患に対する治療候補物質の検討を行う。

  • GSKジャパン

    2019年04月
    -
    2021年09月

    補助金,  代表

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 薬理学

    2021年度, 専門科目, 講義

  • 内科学(呼吸器)講義

    2021年度

  • 内科学(呼吸器)講義

    2020年度

  • 薬理学

    2020年度, 専門科目, 講義

  • 症候学

    2020年度, 専門科目, 講義