山ノ井 一裕 (ヤマノイ カズヒロ)

YAMANOI Kazuhiro

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 病理学教室 (信濃町)

職名

助教(有期)

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 信州大学医学部, 分子病理学, 特任講師

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年03月
    -
    2012年03月

    国立がんセンター研究所, 病理部, 研究生

  • 2012年04月
    -
    2014年12月

    相澤病院, 病理診断科, 医員

  • 2015年01月
    -
    2016年05月

    佐久市立国保浅間総合病院, 臨床検査科, 医長

  • 2016年05月
    -
    2019年03月

    信州大学, 先鋭領域融合研究群 バイオメディカル研究所, 助教

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2005年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2008年04月
    -
    2013年09月

    慶應義塾, 医学研究科, 病理系専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 課程, 2013年09月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 2005年04月

  • 臨床研修指導医, 2012年10月

  • 病理専門医研修指導医, 2018年04月

  • 細胞診教育研修指導医, 2019年04月

  • 臨床検査管理医, 2014年12月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学

  • 腫瘍診断学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 病理学

  • 腫瘍学

  • 多段階発がん

  • 糖鎖修飾

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 糖鎖修飾とがんの悪性化の関連の検討, 

    2014年01月
    -
    継続中

  • 家族性腫瘍症例の臨床病理学的特徴の検討, 

    2012年04月
    -
    継続中

  • 胃癌の悪性化にかかわる分子の病理組織学的検討, 

    2008年04月
    -
    継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • αGlcNAc and its catalyst α4GnT are diagnostic and prognostic markers in uterine cervical tumor, gastric type.

    Ida K, Yamanoi K, Asaka S, Takeuchi H, Miyamoto T, Shiozawa T, Nakayama J.

    Scientific Reports (Nature publishing)  9 ( 1 ) 13043 2019年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Analysis of A4gnt Knockout Mice Reveals an Essential Role for Gastric Sulfomucins in Preventing Gastritis Cystica Profunda.

    Masatomo Kawakubo, Hitomi Komura, Yukinobu Goso, Motohiro Okumura, Yoshiko Sato, Chifumi Fujii, Masaki Miyashita, Nobuhiko Arisaka, Satoru Harumiya, Kazuhiro Yamanoi, Shigenori Yamada, Shigeru Kakuta, Hiroto Kawashima, Michiko N. Fukuda, Minoru Fukuda, and Jun Nakayama

    Journal of Histochemistry & Cytochemistry  2019年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 穿刺吸引細胞診で診断しえた乳腺管状腺腫の 1 例

    増田 裕行, 林 和樹, 井出 景子, 井上 博之, 山ノ井 一裕

    日本臨床細胞学会雑誌 58 ( 2 ) 82 - 86 2019年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1882-7233

  • Annexin A1 expression is correlated with malignant potential of renal cell carcinoma

    Yamanoi M., Yamanoi K., Fujii C., Fukuda M., Nakayama J.

    International Journal of Urology (International Journal of Urology)  26 ( 2 ) 284 - 290 2019年02月

    ISSN  09198172

     概要を見る

    © 2018 The Japanese Urological Association Objectives: To evaluate the expression of annexin A1 protein in patients with renal cell carcinoma. Methods: Annexin A1 expression was examined in renal cell carcinoma specimens from 27 patients, and their disease-free survival was analyzed using the log–rank test. Annexin A1 knockdown in the human renal cell carcinoma cell line Caki-1 was carried out, and its proliferation, invasion, motility and adhesion were compared with those of control cells. Results: In 13 out of 27 patients, annexin A1 was highly expressed in the membrane of renal cell carcinoma tumor cells, whereas in the rest of the patients, annexin A1 expression was weak or negligible in the membrane of those cells. Patients with high annexin A1 expression had significantly poorer disease-free survival than those with weak or negligible annexin A1 expression (P = 0.031). In the renal cell carcinoma cell line, annexin A1 knockdown cells showed significantly decreased proliferation, invasion, motility and adhesion relative to control cells, and expressed lower relative levels of membrane-type 1 matrix metalloproteinase and hypoxia-inducible factor 1-alpha transcripts, showing a potential pathway regulated by annexin A1. Conclusion: Annexin A1 is associated with renal cell carcinoma malignant potential and could serve as a marker of poor prognosis.

  • Gastric gland mucin-specific O-glycan expression decreases as tumor cells progress from lobular endocervical gland hyperplasia to cervical mucinous carcinoma, gastric type

    Yamanoi K., Ishii K., Tsukamoto M., Asaka S., Nakayama J.

    Virchows Archiv (Virchows Archiv)  473 ( 3 ) 305 - 311 2018年09月

    ISSN  09456317

     概要を見る

    © 2018, Springer-Verlag GmbH Germany, part of Springer Nature. Gastric gland mucin-specific O-glycans are unique in having α1,4-linked N-acetylglucosamine (αGlcNAc) attached to MUC6. We previously reported decreased expression of αGlcNAc relative to MUC6 in gastric and pancreatic neoplasms, but its significance in cervical glandular lesions remained unclear. Here, we analyzed MUC5AC, MUC6, αGlcNAc, and p16 expression in 9 lesions of mucinous carcinoma, gastric type with minimal deviation adenocarcinoma (GAS-MDA), 5 of GAS with nonMDA (GAS-nonMDA), 14 of typical lobular endocervical gland hyperplasia (LEGH), and 5 of atypical LEGH (33 total lesions). All 33 were MUC5AC-positive. Moreover, all 14 typical LEGH, 5 atypical LEGH, 8 of 9 GAS-MDA, and 3 of 5 GAS-nonMDA were MUC6-positive. All 14 typical LEGH, 2 of 5 atypical LEGH, 3 of 9 GAS-MDA, and 1 of 5 GAS-nonMDA were αGlcNAc-positive. The proportion of αGlcNAc-positive atypical LEGH or GAS-MDA or GAS-nonMDA lesions was significantly smaller than that seen in typical LEGH lesions (P < 0.001 and P < 0.01, respectively). Of 33 lesions, 32 were p16-negative. Furthermore, when we evaluated MUC6 and αGlcNAc immunoreactivity semi-quantitatively in all 33 lesions, in typical LEGH and GAS-MDA, the immunohistochemical score for αGlcNAc was significantly lower than that for MUC6 (P < 0.01). We did not observe significantly decreased αGlcNAc expression relative to MUC6 in typical LEGH lesions. These studies suggest that αGlcNAc expression decreases as typical LEGH progresses to GAS. Given the difficulty in distinguishing MDA and atypical LEGH from typical LEGH in H.E. staining, we propose that immunohistochemical analysis of αGlcNAc and MUC6 could be useful.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ALPHA-GLCNAC AND Α4GNT CAN BE FAVORABLE PROGNOSTIC MARKERS FOR CERVICAL MUCINOUS CARCINOMA, GASTRIC TYPE

    K. Ida, K. Yamanoi, H. Takeuchi, Y. Yamada, H. Kobara, H. Kashima, T. Miyamoto, J. Nakayama, T. Shiozawa

    17th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (Kyoto) , 2018年09月, ポスター(一般)

  • Significance of Annexin A1 expression in renal cell carcinoma

    山ノ井 万里子, 山ノ井 一裕, 藤井 千文, 福田 道子, 中山 淳

    第77回日本癌学会総会 , 2018年09月, 口頭(一般)

  • αGlcNAc and α4GnT are favorable prognosis markers for cervical gastric-type tumors

    井田 耕一, 山ノ井 一裕, 安藤 大史, 樋口 正太郎, 竹内 穂高, 山田 靖, 小原 久典, 鹿島 大靖, 宮本 強, 中山 淳, 塩沢 丹里

    第77回日本癌学会総会 , 2018年09月, ポスター(一般)

  • 胃腺粘液特異的糖鎖αGlcNAcはがん細胞の浸潤能を制御する

    藤井 千文, 結城 淳子, 五十嵐 悠真, 春宮 覚, 山ノ井 一裕, 川久保 雅友, 中山 淳

    第91回日本生化学会大会, 2018年09月, ポスター(一般)

  • 胃腺粘液産生子宮頸部腫瘍におけるαGlcNAcの発現の意義

    山ノ井 一裕, 浅香 志穂, 石井 恵子, 中山 淳

    第107回日本病理学会総会, 2018年04月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • alphaGlcNAcの諸臓器における腫瘍の悪性度マーカーとしての有効性の検討

    2017年04月
    -
    2019年03月

    日本学術振興会, 科学研究費, 補助金,  代表

  • 粘液産生性肺腺癌において、幽門腺型粘液のコア蛋白であるMUC6が、がんの悪性化を抑制するメカニズムの解析

    2017年04月
    -
    2018年03月

    ノバルティスファーマ株式会社, 補助金,  代表

  • 幽門腺粘液の糖鎖αGlcNAcの発現低下とがんの悪性度の分子機構の解明

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省, 日本学術振興会科学研究費, 補助金,  代表

  • 特殊型胃癌における幹細胞マーカーの発現とその意義

    2018年04月
    -
    2019年03月

    信州医学振興会, 平成30年度研究助成, 補助金,  代表

その他 【 表示 / 非表示

  • 2017年

     内容を見る

    信州大学医学部附属病院 がんのクリニカルシークエンス コアメンバー

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 病理学各論

    2019年度, 春学期, 専門科目, 実習・実験, 兼任, 120人

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 病理学総論

    信州大学医学部, 2019年度, 春学期

  • 病理学各論

    信州大学医学部, 2019年度, 秋学期

  • 病理学総論

    信州大学医学部, 2018年度

  • 病理学各論

    信州大学医学部, 2018年度

  • 自主研究演習

    信州大学医学部, 2018年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 学生指導者を対象とした医学教育FD 修了(信州大学医学部)

    2016年
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

  • CBT試験 学内ブラッシュアップ委員 (信州大学医学部)

    2018年
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • CBT試験・追試験 試験監督(信州大学医学部)

    2018年
    -
    継続中

    , その他特記事項

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床細胞学会

     
  • 日本臨床検査医学会

     
  • 日本癌学会

     
  • 日本病理学会

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年05月
    -
    継続中

    学術評議員, 日本病理学会