山ノ井 一裕 (ヤマノイ カズヒロ)

YAMANOI Kazuhiro

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 病理学教室 (信濃町)

職名

専任講師(有期)

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 信州大学医学部, 分子病理学, 非常勤講師

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年03月
    -
    2012年03月

    国立がんセンター研究所, 病理部, 研究生

  • 2012年04月
    -
    2014年12月

    相澤病院, 病理診断科, 医員

  • 2015年01月
    -
    2016年05月

    佐久市立国保浅間総合病院, 臨床検査科, 医長

  • 2016年05月
    -
    2019年03月

    信州大学, 先鋭領域融合研究群 バイオメディカル研究所, 助教

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2005年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2008年
    -
    2012年

    慶應義塾, 医学研究科, 病理系専攻

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 課程, 2013年09月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 2005年04月

  • 臨床研修指導医, 2012年10月

  • 病理専門医研修指導医, 2018年04月

  • 細胞診教育研修指導医, 2019年04月

  • 臨床検査管理医, 2014年12月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学

  • 腫瘍診断学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 病理学

  • 腫瘍学

  • 多段階発がん

  • 糖鎖修飾

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 糖鎖修飾とがんの悪性化の関連の検討, 

    2014年01月
    -
    継続中

  • 家族性腫瘍症例の臨床病理学的特徴の検討, 

    2012年04月
    -
    継続中

  • 胃癌の悪性化にかかわる分子の病理組織学的検討, 

    2008年04月
    -
    継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Decreased αGlcNAc glycosylation in biliary tract cancer progression from BilIN to invasive adenocarcinoma

    Motohiro Okumura, Kazuhiro Yamanoi, Takeshi Uehara, Jun Nakayama

    CANCER SCIENCE 2020年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Diffuse MIST1 expression and decreased αGlcNAc glycosylation on MUC6 are distinct hallmark for gastric neoplasms exhibiting oxyntic gland differentiation

    Shigenori Yamada, Kazuhiro Yamanoi, Yoshiko Sato, Jun Nakayama

    HISTOPATHOLOGY 77 ( 3 ) 413 2020年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • αGlcNAc and its catalyst α4GnT are diagnostic and prognostic markers in uterine cervical tumor, gastric type

    Ida K., Yamanoi K., Asaka S., Takeuchi H., Miyamoto T., Shiozawa T., Nakayama J.

    Scientific Reports (Scientific Reports)  9 ( 1 ) 13043 2019年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  2045-2322

     概要を見る

    © 2019, The Author(s). Cervical adenocarcinoma, gastric type (GAS) is not associated with human papilloma virus (HPV) infection. GAS patients prognoses are significantly worse compared with cervical adenocarcinoma associated with HPV infection, as their tumors exhibit resistance to conventional chemotherapy and radiotherapy. GAS is often associated with lobular endocervical glandular hyperplasia (LEGH), which is regarded as a precursor to GAS in the latest WHO classification. Recently, we reported that a decrease in expression of terminal α1,4-linked N-acetylglucosamine (αGlcNAc) relative to that of MUC6 was already apparent in atypical LEGH in the LEGH-GAS sequence. Here, we analyzed expression of α1,4-N-acetylglucosaminyltransferase (α4GnT), the sole enzyme catalyzing αGlcNAc biosynthesis, and that of αGlcNAc and MUC6 in cases representing non-neoplastic endocervical gland (NNEG) (11 cases), LEGH (26 cases) and GAS (12 cases). α4GnT protein was detected in a “dot-like” pattern, indicating localization in the Golgi apparatus in all 26 LEGH cases and 5 of 12 GAS cases. α4GnT- and αGlcNAc-positive cells largely overlapped, suggesting that α4GnT gene expression regulates αGlcNAc biosynthesis. Interestingly, all NNEG cases were negative for α4GnT and αGlcNAc expression, but 7 of 11 NNEG and all LEGH cases were MUC6-positive. In GAS cases, patients whose tumors were α4GnT- and αGlcNAc-positive had more favorable prognosis than others. Multivariate analysis revealed that positive expressions of α4GnT and αGlcNAc were independent prognostic indicators. These results indicate that α4GnT and αGlcNAc could serve as useful markers not only to distinguish LEGH from NNEG but to evaluate prognoses of GAS patients.

  • Analysis of A4gnt Knockout Mice Reveals an Essential Role for Gastric Sulfomucins in Preventing Gastritis Cystica Profunda

    Kawakubo M., Komura H., Goso Y., Okumura M., Sato Y., Fujii C., Miyashita M., Arisaka N., Harumiya S., Yamanoi K., Yamada S., Kakuta S., Kawashima H., Fukuda M.N., Fukuda M., Nakayama J.

    Journal of Histochemistry and Cytochemistry (Journal of Histochemistry and Cytochemistry)  67 ( 10 ) 759 - 770 2019年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00221554

     概要を見る

    © The Author(s) 2019. Gastric adenocarcinoma cells secrete sulfomucins, but their role in gastric tumorigenesis remains unclear. To address that question, we generated A4gnt/Chst4 double-knockout (DKO) mice by crossing A4gnt knockout (KO) mice, which spontaneously develop gastric adenocarcinoma, with Chst4 KO mice, which are deficient in the sulfotransferase GlcNAc6ST-2. A4gnt/Chst4 DKO mice lack gastric sulfomucins but developed gastric adenocarcinoma. Unexpectedly, severe gastric erosion occurred in A4gnt/Chst4 DKO mice at as early as 3 weeks of age, and with aging these lesions were accompanied by gastritis cystica profunda (GCP). Cxcl1, Cxcl5, Ccl2, and Cxcr2 transcripts in gastric mucosa of 5-week-old A4gnt/Chst4 DKO mice exhibiting both hyperplasia and severe erosion were significantly upregulated relative to age-matched A4gnt KO mice, which showed hyperplasia alone. However, upregulation of these genes disappeared in 50-week-old A4gnt/Chst4 DKO mice exhibiting high-grade dysplasia/adenocarcinoma and GCP. Moreover, Cxcl1 and Cxcr2 were downregulated in A4gnt/Chst4 DKO mice relative to age-matched A4gnt KO mice exhibiting adenocarcinoma alone. These combined results indicate that the presence of sulfomucins prevents severe gastric erosion followed by GCP in A4gnt KO mice by transiently regulating a set of inflammation-related genes, Cxcl1, Cxcl5, Ccl2, and Cxcr2 at 5 weeks of age, although sulfomucins were not directly associated with gastric cancer development:.

  • 穿刺吸引細胞診で診断しえた乳腺管状腺腫の 1 例

    増田 裕行, 林 和樹, 井出 景子, 井上 博之, 山ノ井 一裕

    日本臨床細胞学会雑誌 ((公社)日本臨床細胞学会)  58 ( 2 ) 82 - 86 2019年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1882-7233

     概要を見る

    背景:乳腺管状腺腫は画像診断・穿刺吸引細胞診で線維腺腫と診断されることが多い。症例:27歳、女性。右乳腺腫瘤を訴えて来院。超音波所見:乳腺表層から脂肪織内に長径9mmの形状不整な低エコー腫瘤を認めた。縦横比(D/W)>0.7、エラストグラフィーでは硬い腫瘤であった。以上の所見より悪性腫瘍の可能性も疑った。穿刺吸引細胞診:分泌物をもった腺腔様の小型の細胞集塊と大型のシート状乳管上皮細胞集塊を認めた。2種類の集塊を認め、上皮の二相性は保たれていることから正常あるいは良性、推定組織型は管状腺腫と考えた。背景の間質細胞が少ないので線維腺腫は否定した。組織診:小型の腺管の密な増生がみられ、間質には乏しかった。Cytokeratinは上皮細胞に陽性、smooth muscle actinは筋上皮細胞に陽性であり、上皮の二相性は明瞭だった。以上より管状腺腫と判断した。結論:画像診断上は乳癌も疑ったが、穿刺吸引細胞診では本症を疑い、乳癌・線維腺腫と鑑別診断できた。(著者抄録)

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Significance of aGlcNAc expression in biliary ductal cancer progression

    山ノ井 一裕, 奥村 征大, 上原 剛, 尾島 英知, 中山 淳

    第109回日本病理学会総会, 2020年07月, 口頭(一般)

  • 子宮頸部細胞診で胃型粘液性癌が疑われた通常型内頸部腺癌の一例

    服部 守恭, 藤井 真一, 山ノ井 一裕, 中山 淳, 福島 万奈, 的場 久典

    第58回日本臨床細胞学会秋期大会, 2019年11月, ポスター(一般)

  • Significance of aGlcNAc expression during progression of cholangiocarcinoma

    Okumura M. Yamanoi K, Nakayama J

    78th Japanese cancer association annual meeting, 2019年09月, ポスター(一般)

  • 免疫組織学的にPSA染色陽性であった原発性膀胱癌の1例

    野口 渉, 井上 善博, 山ノ井 一裕, 中山 淳

    第83回日本泌尿器科学会東部総会, 2018年10月, ポスター(一般)

  • ALPHA-GLCNAC AND Α4GNT CAN BE FAVORABLE PROGNOSTIC MARKERS FOR CERVICAL MUCINOUS CARCINOMA, GASTRIC TYPE

    K. Ida, K. Yamanoi, H. Takeuchi, Y. Yamada, H. Kobara, H. Kashima, T. Miyamoto, J. Nakayama, T. Shiozawa

    17th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (Kyoto) , 2018年09月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 幽門腺粘液の糖鎖αGlcNAcの発現低下とがんの悪性度の分子機構の解明

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省, 日本学術振興会科学研究費, 山ノ井 一裕, 若手研究, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究では、胃、膵臓、子宮頸部のがん病変、前がん病変におけるαGlcNAcの発現低下について、予後を含めた悪性度の関係まで調べ、対象臓器も肺、胆道などに広げて検討することを1つの目的とする。がん由来の培養細胞株を用いて、αGlcNAcの発現に呼応する細胞機能の変化と、関連する遺伝子発現やリン酸化の変化を調べ、αGlcNAcががんの悪性化を抑制する分子生物学的な機序を明らかにし、αGlcNAcの発現変化を基盤とした、新たな治療標的の知見を得ることが2つ目の目的である。
    本研究で、がんの悪性化に関わる糖鎖修飾の変化が臓器横断的に理解されれば、糖鎖修飾を鍵にした新たながんの治療標的の研究の基盤になる。

  • alphaGlcNAcの諸臓器における腫瘍の悪性度マーカーとしての有効性の検討

    2017年04月
    -
    2019年03月

    日本学術振興会, 科学研究費, 山ノ井 一裕, 中山 淳, 藤井 千文, 大彌 歩, 井田 耕一, 石井 恵子, 浅香 志穂, 下條 久志, 宮本 強, 塩沢 丹里, 若手研究(B), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    正常ヒト幽門腺は、コア蛋白のMUC6の側鎖にα1,4-linked
    N-acetylglucosamine(αGlcNAc)による糖鎖修飾を伴う腺粘液を産生する。本研究では、胃、膵、子宮頸部の腫瘍性病変におけるαGlcNAc発現を免疫組織化学的に検討した。その結果、がん病変だけでなく、前がん病変である、幽門腺型腺腫、膵管内上皮新生物(PanIN), 膵管内乳頭状粘液性腫瘍(IPMN), 分葉状頸管腺過形成(LEGH)でも、異型度の増加と共にαGlcNAcの発現が減弱していた。これは、腫瘍発生の早期からαGlcNAcによる糖鎖修飾が減弱することを示しており、早期がん診断の一助になると考えられる。
    本研究により、幽門腺型粘液に特異的な糖鎖修飾であるα1,4-linked N-acetylglucosamine(αGlcNAc)の消失が、胃や膵臓、子宮頸部の腫瘍において、浸潤がんだけでなく、その前がん状態から起きていることが明らかになった。
    近年のがん診断、治療デバイスの進歩によって、腫瘍の早期病変の病理診断が非常に重要になっている。本研究成果にて、胃、膵臓、子宮頸部の病理標本でαGlcNAcの発現を確認すれば、腫瘍の早期診断に役立つことが示された。また、糖鎖修飾の変化と腫瘍の悪性度の関連を示した本成果により、糖鎖の変化を基盤とした、新たながん悪性化の機序が明らかにされる可能性が考えられる。

  • 特殊型胃癌における幹細胞マーカーの発現とその意義

    2018年04月
    -
    2019年03月

    信州医学振興会, 平成30年度研究助成, 補助金,  代表

  • 粘液産生性肺腺癌において、幽門腺型粘液のコア蛋白であるMUC6が、がんの悪性化を抑制するメカニズムの解析

    2017年04月
    -
    2018年03月

    ノバルティスファーマ株式会社, 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会学術奨励賞

    2020年07月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

その他 【 表示 / 非表示

  • 2017年

     内容を見る

    信州大学医学部附属病院 がんのクリニカルシークエンス コアメンバー

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 病理学総論

    2020年度, 春学期, 専門科目, 実習・実験

  • 病理学総論

    2019年度, 春学期, 専門科目, 実習・実験, 兼任, 120人

  • 病理学各論

    2019年度, 秋学期, 専門科目, 実習・実験

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 病理学各論

    信州大学医学部, 2020年度, 秋学期, 専門科目, 講義

  • 病理学総論

    信州大学医学部, 2019年度, 春学期

  • 病理学各論

    信州大学医学部, 2019年度, 秋学期

  • 病理学総論

    信州大学医学部, 2018年度

  • 病理学各論

    信州大学医学部, 2018年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 学生指導者を対象とした医学教育FD 修了(信州大学医学部)

    2016年
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

  • CBT試験 学内ブラッシュアップ委員 (信州大学医学部)

    2018年
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • CBT試験・追試験 試験監督(信州大学医学部)

    2018年
    -
    継続中

    , その他特記事項

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床細胞学会

     
  • 日本臨床検査医学会

     
  • 日本癌学会

     
  • 日本病理学会

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年05月
    -
    継続中

    学術評議員, 日本病理学会

  • 2021年06月
    -
    継続中

    評議員, 日本臨床細胞学会