橋口 明典 (ハシグチ アキノリ)

Hashiguchi, Akinori

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 電子顕微鏡研究室 (信濃町)

職名

専任講師

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1997年03月

    慶應義塾大学医学部, 病理学教室, 慶應義塾大学医学部助手(病理学)

  • 1997年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学医学部, 病理学教室, 慶應義塾大学助手(医学部病理学)

  • 2007年04月
    -
    2013年11月

    慶應義塾大学医学部, 病理学教室, 慶應義塾大学助教(医学部病理学)

  • 2013年12月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部, 病理学教室, 慶應義塾大学専任講師(医学部病理学)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1995年03月

    慶應義塾大学, 医学部

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 論文, 2010年11月

    Using immunofluorescent digital slide technology to quantify protein expression in archival paraffin-embedded tissue sections

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 人体病理学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • デジタル病理学

  • 腎病理

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Diagnosis of monoclonal immunotactoid glomerulopathy with positive λ chain by immunoelectron microscopy.

    Sugita E, Sonoda H, Ryuzaki M, Hashiguchi A, Tokuyama H, Wakino S, Kanda T, Itoh H

    CEN case reports 2022年06月

    共著

  • Clinical and pathological characteristics of patients with acute kidney injury in Japan in whom kidney biopsy was performed: a cross-sectional analysis of the Japan Renal Biopsy Registry (J‑RBR).

    Moniwa N, Tanaka M, Sato H, Shimizu A, Sugiyama H, Yokoyama H, Tsuruya K, Hashiguchi A, Committee for Renal Biopsy and Disease Registry of the Japanese Society of Nephrology.

    Clinical and experimental nephrology 2022年05月

    共著,  ISSN  1342-1751

  • DNA repair factor KAT5 prevents ischemic acute kidney injury through glomerular filtration regulation

    Hishikawa A., Hayashi K., Kubo A., Miyashita K., Hashiguchi A., Kinouchi K., Yoshimoto N., Nakamichi R., Akashio R., Sugita E., Azegami T., Monkawa T., Suematsu M., Itoh H.

    iScience (iScience)  24 ( 12 ) 103436 2021年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    The “preconditioning effect” in AKI is a phenomenon in which an episode of ischemia-reperfusion results in tolerance to subsequent ischemia-reperfusion injury. However, its relationship between DNA damage repair has not been elucidated. Here, we show the role of KAT5 in the preconditioning effect. Preconditioning attenuated DNA damage in proximal tubular cells with elevated KAT5 expression. Ischemia-reperfusion (IR) injuries were exacerbated, and preconditioning effect vanished in proximal tubular-cell-specific KAT5 knockout mice. Investigation of tubuloglomerular feedback (TGF) by MALDI-IMS and urinary adenosine revealed that preconditioning caused attenuated TGF at least in part via KAT5. In addition, K-Cl cotransporter 3 (KCC3) expression decreased in damaged proximal tubular cells, which may be involved in accelerated TGF following IR. Furthermore, KAT5 induced KCC3 expression by maintaining chromatin accessibility and binding to the KCC3 promoter. These results suggest a novel mechanism of the preconditioning effect mediated by the promotion of DNA repair and attenuation of TGF through KAT5.

  • A Case of Fibronectin Glomerulopathy Confused with Glomerular Endothelial Injury in a Patient with Takotsubo Cardiomyopathy.

    Azegami T, Hashiguchi A, Nakayama T, Hayashi K, Kanda T, Itoh H

    Internal medicine (Tokyo, Japan) 2021年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  0918-2918

  • Diabetic condition induces hypertrophy and vacuolization in glomerular parietal epithelial cells

    Kawaguchi T., Hasegawa K., Yasuda I., Muraoka H., Umino H., Tokuyama H., Hashiguchi A., Wakino S., Itoh H.

    Scientific Reports (Scientific Reports)  11 ( 1 ) 1515 - 1515 2021年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Diabetic nephropathy (DN) is accompanied by characteristic changes in the glomerulus, but little is known about the effect of diabetes on parietal epithelial cells (PECs). In this study, a descriptive analysis of PECs was undertaken in diabetic db/db mice and in diabetic patients. PEC hypertrophy was significantly more prominent in diabetic mice than in nondiabetic mice, and this was evident even at the early stage. Additionally, the number of vacuoles in PECs was markedly increased in diabetic mice, suggesting the presence of cellular injury in PECs in DN. Although rare, binuclear cells were observed in mice with early diabetes. In cultured PECs, a high glucose condition, compared with normal glucose condition, induced cellular hypertrophy and apoptosis. Flow cytometry showed that some PECs in the G0 phase reentered the cell cycle but got arrested in the S phase. Finally, in human diabetic subjects, hypertrophy and vacuolization were observed in the PECs. Our data showed that PECs undergo substantial changes in DN and may participate in rearrangement for differentiation into podocytes.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Minimal Change Disease Associated With Durvalumab

    Toda M.G., Fujii K., Kato A., Yoshifuji A., Komatsu M., Amino Y., Kitazono S., Hashiguchi A., Ryuzaki M.

    Kidney International Reports (Kidney International Reports)  6 ( 10 ) 2733 - 2734 2021年10月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌), 共著,  ISSN  24680249

  • IgA腎症のOxford分類と日本分類(組織学的重症度分類)の腎機能予後予測に関する比較

    城 謙輔, 中里 毅, 橋口 明典, 清水 章, 久野 敏, 片渕 律子, 川村 哲也

    日本腎臓学会誌 ((一社)日本腎臓学会)  61 ( 3 ) 394 - 394 2019年05月

    その他, 共著,  ISSN  0385-2385

  • IgA腎症の生検時の臨床データと病理所見の関連性

    鎌野 千佐子, 清水 章, 城 謙輔, 橋口 明典, 久野 敏, 片渕 律子, 川村 哲也

    日本腎臓学会誌 ((一社)日本腎臓学会)  61 ( 3 ) 395 - 395 2019年05月

    その他, 共著,  ISSN  0385-2385

  • 前立腺癌の腫瘍局在が診断・治療・予後に及ぼす影響

    松本 一宏, 高松 公晴, 武田 利和, 小坂 威雄, 田中 伸之, 森田 伸也, 水野 隆一, 篠島 利明, 菊地 栄次, 浅沼 宏, 橋口 明典, 陣崎 雅弘, 大家 基嗣

    日本泌尿器科学会総会 ((一社)日本泌尿器科学会総会事務局)  107回   PP1 - 075 2019年04月

    その他, 共著

  • ステロイドパルス療法が有効であった腎移植後IgA腎症の1例

    森田 伸也, 高橋 遼平, 環 聡, 篠田 和伸, 香野 日高, 浅沼 宏, 橋口 明典, 脇野 修, 中川 健, 大家 基嗣

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集 ((一社)日本臨床腎移植学会)  52回   264 - 264 2019年02月

    その他, 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • IgA沈着型膜性腎症の一例

    橋元 奈津子, 川口 隆久, 橋口 明典, 片山 順平, 増井 健太朗, 唐澤 隆明

    日本腎臓学会誌, 

    2021年09月

    口頭発表(一般), (一社)日本腎臓学会

  • MPGNかTMAか 滲み込み病変か免疫沈着か

    橋口 明典

    日本腎臓学会誌, 

    2021年09月

    口頭発表(一般), (一社)日本腎臓学会

  • MPGN様の病理像を呈したλ鎖単独陽性イムノタクトイド腎症の一例

    杉田 絵里那, 神田 武志, 竜崎 正毅, 橋口 明典, 林 香, 徳山 博文, 脇野 修, 伊藤 裕

    日本腎臓学会誌, 

    2021年09月

    口頭発表(一般), (一社)日本腎臓学会

  • MPO-ANCA、抗GBM抗体共陽性の急速進行性糸球体腎炎に対して選択的血漿交換(SePE)を行った一例

    星 健太, 浦井 秀徳, 渡部 統, 中村 彰良, 橋口 明典, 村上 円人

    日本急性血液浄化学会雑誌, 

    2021年09月

    口頭発表(一般), (NPO)日本急性血液浄化学会

  • たこつぼ心筋症の発症後に、内皮細胞障害との鑑別を要したフィブロネクチン腎症の1例

    畔上 達彦, 中山 尭振, 林 香, 橋口 明典, 神田 武志, 伊藤 裕

    日本腎臓学会誌, 

    2021年09月

    口頭発表(一般), (一社)日本腎臓学会

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 病理学総論

    2022年度

  • 病理学各論

    2022年度

  • 病理学総論

    2021年度

  • 病理学各論

    2021年度

  • 病理学総論

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 臨床実習(病理診断部)

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    実習・実験

  • 病理学各論(実習)

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    実習・実験

  • 病理学総論(実習)

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    実習・実験

  • 病理学各論(講義)

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    講義

  • 臨床実習(病理診断部)

    慶應義塾

    2016年04月
    -
    2017年03月

    実習・実験

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学会

     
  • 日本腎臓学会

     
  • 日本デジタルパソロジー研究会