金井 弥栄 (カナイ ヤエ)

KANAI Yae

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 病理学教室 病因病理学分野・金井研究室 (信濃町)

職名 (名誉教授授与大学名)

教授 (慶應義塾大学)

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    1998年06月

    国立がんセンター研究所, 病理部, 研究員

  • 1998年07月
    -
    2002年06月

    国立がんセンター研究所, 病理部, 室長

  • 2002年07月
    -
    2010年03月

    国立がんセンター研究所, 病理部, 部長

  • 2010年04月
    -
    2017年03月

    国立がん研究センター研究所, 分子病理分野 (改組による), 分野長

  • 2010年11月
    -
    2014年03月

    国立がん研究センター研究所, 副所長

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1989年03月

    慶應義塾大学, 医学部

    大学, 卒業

  • 1989年04月
    -
    1993年03月

    慶應義塾大学, 医学研究科, 病理系病理学専攻

    大学院, 修了

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士 (医学), 慶應義塾大学, 課程, 1993年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 1989年05月

  • 死体解剖資格, 1992年02月

  • 日本病理学会病理専門医, 1994年08月

  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医, 1998年12月

  • 日本病理学会病理専門医研修指導医, 2006年04月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 人体病理学 (発がんエピゲノム研究)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 分子病理学

  • 腫瘍病理学

  • DNAメチル化

  • 多層オミックス統合解析

  • 泌尿生殖器病理

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 解明病理学 : 病気のメカニズムを解く

    加藤 光保, 金井 弥栄, 菅野 祐幸, 青笹 克之, 医歯薬出版, 2021年

  • DNA and Histone Methylation as Cancer Targets

    金井 弥栄, Elsevier, 2017年

    担当範囲: Liver Cancer

  • DNA and Histone Methylation in Liver Cancer

    Arai E., Yotani T., Kanai Y., Cancer Drug Discovery and Development, 2017年

     概要を見る

    Epigenetic alterations, such as alterations of histone modification and DNA methylation, occur in a genome-wide manner under precancerous conditions resulting from hepatitis B virus (HBV) or hepatitis C virus (HCV) infection followed by chronic hepatitis and cirrhosis, or aberrant lipogenesis and abnormal metabolism of reactive oxygen species that characterize the pathophysiology of non-alcoholic steatohepatitis (NASH). Once DNA methylation alterations occur at the precancerous stage, they are stably preserved on DNA double strands through methylation maintenance by DNA methyltransferase 1 (DNMT1). DNA methylation alterations associated with abnormalities of DNA methyltransferase, such as overexpression of DNMT1 and splicing alterations of DNMT3B, participate in multistage hepatocarcinogenesis from the precancerous stage to the malignant progression stage and are correlated with aggressiveness of hepatocellular carcinomas (HCCs) and poorer outcome of affected patients. A number of tumor-related genes, such as ATK3, APC, BMP4, CCL20, CDH1, CDKN2A, CDKN2B, CSPG2, DAB2IP, DCC, DLC1, DPT, DPYSL3, EMILIN2, FZD7, GRASP, GSTP1, HIST1H4F, IGFALS, MGMT, MZB1, NAT2, NEFH, NFATC1, PAX4, PDSS2, PER3, PROZ, PYCARD, RASSF1A, SPDY1, RUNX3, SCGB1D1, SFN, SMPD3, SOCS1, TIMP3, TLX3, TM6SF1, TRIM33, TRIM58, WFDC6, WNK2 and ZFP41, are known to be silenced by DNA hypermethylation in human HCCs. It is believed that DNA methylation alterations could be excellent biomarkers for carcinogenetic risk estimation and prognostication. To facilitate clinical application of DNA methylation diagnosis, a scaled-down device that allows quick and accurate analysis, even in small hospitals and clinics, is now being developed. One therapeutic strategy against HCC proliferation could involve a combination of epigenetic modifiers, such as a DNA methylation inhibitor, a histone deacetylase inhibitor and an S-adenosylhomocysteine hydrolase inhibitor, to sensitize cancer cells to conventional chemotherapies, in addition to eradication of hepatitis viruses for personalized and/or pre-emptive medical care.

  • DNA Methylation Alterations in Human Cancers

    Kanai Y., Arai E., Epigenetics in Human Disease, 2012年12月

  • DNA methylation alterations in human cancers. In: Epigenetics in Human Disease. ed. Tollefsbol T.

    Kanai Y, Arai E., Elsevier, Amsterdam, 2012年,  ページ数: 29-52

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • The Anterior Eye Chamber as a Visible Medium for In Vivo Tumorigenicity Tests.

    Inagaki E, Arai E, Hatou S, Sayano T, Taniguchi H, Negishi K, Kanai Y, Sato Y, Okano H, Tsubota K, Shimmura S

    Stem cells translational medicine (Stem cells translational medicine)  11 ( 8 ) 841 - 849 2022年06月

    査読有り,  ISSN  2157-6564

     概要を見る

    Pluripotent stem cell (PSC)-based cell therapies have increased steadily over the past few years, and assessing the risk of tumor formation is a high priority for clinical studies. Current in vivo tumorigenesis studies require several months and depend strongly on the site of grafting. In this study, we report that the anterior eye chamber is preferable to the subcutaneous space for in vivo tumorigenesis studies for several reasons. First, cells can easily be transplanted into the anterior chamber and monitored in real-time without sacrificing the animals due to the transparency of the cornea. Second, tumor formation is faster than with the conventional subcutaneous method. The median tumor formation time in the subcutaneous area was 18.50 weeks (95% CI 10.20-26.29), vs. 4.0 weeks (95% CI 3.34-.67) in the anterior chamber (P = .0089). When hiPSCs were spiked with fibroblasts, the log10TPD50 was 3.26, compared with 4.99 when hiPSCs were transplanted without fibroblasts. There was more than a 40-fold difference in the log10TPD50 values with fibroblasts. Furthermore, the log10TPD50 for HeLa cells was 1.45 and 100% of animals formed tumors at a concentration greater than 0.1%, indicating that the anterior chamber tumorigenesis assays can be applied for cancer cell lines as well. Thus, our method has the potential to become a powerful tool in all areas of tumorigenesis studies and cancer research.

  • Lymphomatoid gastropathy/NK-cell enteropathy involving the stomach and intestine.

    Nakajima M, Shimoda M, Takeuchi K, Dobashi A, Kanai T, Kanai Y, Iwao Y

    Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH (日本リンパ網内系学会)  advpub ( 0 ) 114 - 118 2022年04月

    査読有り,  ISSN  1346-4280

     概要を見る

    <p>Lymphomatoid gastropathy (LyGa)/natural killer (NK)-cell enteropathy (NKCE) is recognized as a benign NK-cell lymphoproliferative disease. Due to its histological similarity to NK/T cell lymphoma, it is easy to misdiagnose, leading to unnecessary chemotherapy and poor quality of life. This disease is typically observed in the small and large intestines in North America, whereas almost all cases in Japan occur locally in the stomach. Only 11 LyGa/NKCE cases involving both gastric and intestinal lesions have been reported, and there are few reports providing endoscopic images throughout the gastrointestinal tract. We report a case of LyGa/NKCE involving both the stomach and small and large intestines with detailed upper gastrointestinal endoscopy, colonoscopy, capsule endoscopy and pathology images. Its pathogenesis currently remains elusive, but most patients with LyGa/NKCE in Japan have Helicobacter pylori (H. pylori) infection. Our patient was also positive for H. pylori infection at disease onset, but after receiving eradication therapy, ulcerative lesions in both stomach and intestine regressed and no recurrence was observed. This case suggests a link between the pathogenesis of LyGa/NKCE and H. pylori infection.</p>

  • Alteration of protein glycosylation in renal carcinogenesis

    Kitazume Yoshiko, Arai Eri, Matsuda Atsushi, Kakuda Shuichi, Ohara Kentaro, Maeshima Akiko, Kuno Atsushi, Yoshida Teruhiko, Kanai Yae

    CANCER SCIENCE 113   1284 - 1284 2022年02月

    ISSN  1347-9032

  • Lectin staining analysis of protein glycosylation in urothelial carcinomas

    Fujimoto Mao, Arai Eri, Nishiyama Naotaka, Maeshima Akiko, Fujimoto Hiroyuki, Kitamura Hiroshi, Kuno Atsushi, Yoshida Teruhiko, Kanai Yae

    CANCER SCIENCE 113   378 - 378 2022年02月

    ISSN  1347-9032

  • Integrated multi-omics analysis in pathological tissue specimens

    Kanai Yae

    CANCER SCIENCE 113   872 - 872 2022年02月

    筆頭著者, 最終著者, 責任著者,  ISSN  1347-9032

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 非アルコール性脂肪性肝炎由来肝細胞がんの臨床病理学的特性を規定するDNAメチル化異常

    津田 昇, 新井 恵吏, 藏本 純子, 田 迎, 牧内 里美, 尾島 英知, 平岡 伸介, 吉田 輝彦, 金井 弥栄

    日本病理学会会誌 ((一社)日本病理学会)  111 ( 1 ) 227 - 227 2022年03月

    ISSN  0300-9181

  • 諸臓器の多段階発がん過程早期に普遍的なDNAメチル化プロファイル

    中山 雄二, 新井 恵吏, 藤本 真央, 津田 昇, 牧内 里美, 田 迎, 藏本 純子, 金井 弥栄

    日本病理学会会誌 ((一社)日本病理学会)  111 ( 1 ) 319 - 319 2022年03月

    ISSN  0300-9181

  • DNAメチル化状態を指標とする非アルコール性脂肪性肝炎からの肝発がんリスク予測(Carcinogenic risk estimation by DNA methylation quantification in nonalcoholic steatohepatitis)

    藏本 純子, 新井 恵吏, 藤本 真央, 山田 有理子, 與谷 卓也, 深井 原, 安田 和基, 武富 紹信, 考藤 達哉, 金井 弥栄

    日本病理学会会誌 ((一社)日本病理学会)  111 ( 1 ) 227 - 227 2022年03月

    ISSN  0300-9181

  • 【エピジェネティクスと病理】前がん状態のエピゲノム異常 発がんにおける意義と臨床応用

    金井 弥栄

    病理と臨床 ((株)文光堂)  40 ( 2 ) 0109 - 0115 2022年02月

    ISSN  0287-3745

  • 消化管GIST診療の進歩と問題点 イマチニブ耐性GISTの病理形態学的変化と遺伝学的変化の検討

    千田 彰彦, 川崎 健太, 岸本 翔太朗, 清水 智子, 田口 佳光, 堀江 沙良, 斎藤 優樹, 下嵜 啓太郎, 津軽 開, 戸ヶ崎 和博, 平田 賢郎, 林 秀幸, 浜本 康夫, 河原 徹, 牧内 里美, 金井 弥栄, 金井 隆典

    日本消化管学会雑誌 ((一社)日本消化管学会)  6 ( Suppl. ) 138 - 138 2022年01月

    ISSN  2433-3840

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Quantification of DNA methylation for carcinogenic risk estimation in patients with non-alcoholic steatohepatitis.

    Junko Kuramoto, Eri Arai, Mao Fujimoto, Ying Tian, Yuriko Yamada, Takuya Yotani, Satomi Makiuchi, Noboru Tsuda, Hidenori Ojima, Moto Fukai, Yosuke Seki, Kazunori Kasama, Nobuaki Funahashi, Haruhide Udagawa, Takao Nammo, Kazuki Yasuda, Akinobu Taketomi, Tatsuya Kanto, Yae Kanai.

    America Association for Cancer Research Annual Meeting 2022, 

    2022年04月

  • Correlations between genome-wide DNA methylation profiles and genomic driver aberrations during multistage lung adenocarcinogenesis.

    Kenichi Hamada, Ying Tian, Mao Fujimoto, Yoriko Takahashi, Takashi Kohno, Koji Tsuta, Shun-ichi Watanabe, Teruhiko Yoshida, Hisao Asamura, Yae Kanai, Eri Arai.

    America Association for Cancer Research Annual Meeting 2021, 

    2021年04月

  • Simple vs. comprehensive prediction models of homologous recombination deficiency based on mutational and clinical features in three independent breast cancer datasets.

    Maki Tanioka, Tomoko Watanabe, Takayuki Honda, Hirohiko Totsuka, Eri Arai, Yae Kanai, Kouya Shiraishi, Kenji Tamura, Takashi Kohno.

    America Association for Cancer Research Annual Meeting 2020, 

    2020年04月

  • Establishment of diagnostic criteria for upper urinary tract urothelial carcinoma based on genome-wide DNA methylation analysis.

    Mao Fujimoto, Eri Arai, Koji Tsumura, Takuya Yotani, Yuriko Yamada, Yoriko Takahashi, Akiko Miyagi Maeshima, Hiroyuki Fujimoto, Teruhiko Yoshida, Yae Kanai.

    America Association for Cancer Research Annual Meeting 2020 , 

    2020年04月

  • Intratumor DNA methylation heterogeneity reflects differentiation plasticity and malignant progression of human glioblastoma: a methylome analysis using microdissected specimens.

    Kentaro Ohara, Eri Arai, Hikaru Sasaki, Masashi Nakatsukasa, Kazunari Yoshida, Yae Kanai.

    11th AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer. (Hawaii) , 

    2019年02月

    ポスター発表

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 人工知能により病理画像と多層オミックスデータを統合した新しい病理診断の創出

    2021年04月
    -
    2024年03月

    慶應義塾大学, 科学研究費助成事業, 金井 弥栄、榊原 康文, 新井 恵吏, 基盤研究(B), 未設定

     研究概要を見る

    本研究は、人工知能 (AI)の支援を受けて病理形態像とゲノム等オミックス情報を融合させ、がんの治療奏効性・有害事象・予後を予測する深層学習モデルを構築することを目的とする。予測時のAIの着眼点を可視化し、形態学的診断基準に翻訳して、病理医が顕微鏡で見るだけでモデルと同等の治療奏効性・有害事象・予後予測を可能にすることを目指す。悪性度が高い腎淡明細胞がんのCpGアイランドメチル化形質 (CIMP)の予測モデルを構築する過程で、病理画像とオミックスデータを統合する至適研究手法を確立し、「病理医とAIの創造的協働による、オミックス情報を統合した新しい病理診断の創出 (病理診断学の革新)」を図る。

  • NAD+およびエピゲノムの制御による老化メカニズムの解明と新たな抗加齢介入の開発

    2019年06月
    -
    2021年03月

    慶應義塾大学, 科学研究費助成事業, 齋藤 義正、金井 弥栄, 挑戦的研究(萌芽), 未設定

     研究概要を見る

    超高齢社会に突入した我が国において、抗加齢により健康寿命を延長させることは喫緊の課題となっている。カロリー制限によってニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)依存性のヒストン脱アセチル化酵素であるサーチュインが活性化されることにより、様々なエピゲノム変化が生じ、長寿遺伝子群が発現していることが予想されている。本研究では、組織幹細胞の3次元培養技術であるオルガノイド培養法により腸管上皮からオルガノイドを樹立し、エピゲノム変化および遺伝子発現を網羅的に解析することで老化の分子機構を解明する。さらに、NAD+前駆体の投与および領域特異的なエピゲノム制御に基づく新たな抗加齢介入の開発を目指す。

  • 化学療法抵抗性を有する転移性膀胱癌に対するエピジェネティックス治療確立

    2019年04月
    -
    2022年03月

    富山大学, 西山 直隆、金井 弥栄, 北村 寛, 鈴木 拓, 基盤研究(C), 未設定

     研究概要を見る

    セカンドライン以降の十分な治療戦略が必要とされる尿路上皮癌に対し、転移性尿路上皮癌の化学療法抵抗性へのエピジェネティクスの関与を解明し、エピジェネティクス治療を用いた2次治療を開発する。DNAメチル化の減弱を起こすDNAメチル基転移酵素(DNMT)阻害剤である5-aza-2-deoxycytidine(5-Aza-CdR)による化学療法再感受性獲得の詳細な分子機構について解析を行い、patient derived xenograftモデルを用いて5-Aza-CdR・ CDDP併用治療の安全性と有効性のPOCを確立し、5-Aza-CdR を用いた2次治療としての臨床試験を行う。

  • 免疫応答モニタリングによるがん免疫の全容理解に基づく新規層別化マーカーの開発

    2019年
    -
    2022年

    日本医療研究開発機構, 次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業, 上田龍三, 研究分担者

  • NASH 肝がんの リピド・ゲノミクス 研究に基づく個別化医療の開発

    2018年
    -
    2022年

    日本医療研究開発機構, 肝炎等克服実用化研究事業, 考藤達哉, 研究分担者

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 尿路上皮癌のリスク判定方法

    出願日: PCT/JP2019/011442  2019年03月 

    特許権, 共同

  • 子宮体癌の予後の判定方法

    出願日: 特願2018-228276  2018年11月 

    特許権, 共同

  • Method for assessing risk of hepatocellular carcinoma

    出願日: PCT/JP2018/031092  2018年08月 

    特許権, 共同

  • 尿路上皮癌のリスク判定方法

    出願日: 特願2018-051464  2018年03月 

    特許権, 単独

  • 肝細胞癌のリスク評価方法

    出願日: 特願2017-160284  2017年08月 

    特許権, 共同

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会女性科学者賞

    金井弥栄, 2018年09月, 日本癌学会, ヒト多段階発がんのエピゲノム機構に関する分子病理学的研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 田宮記念賞

    2006年02月, がん研究振興財団, 病理形態学を基盤とするDNAメチル化研究によるがんの発生・浸潤・転移の分子機構の解明

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 日本癌学会奨励賞

    2003年09月, 日本癌学会, ヒト多段階発がん過程におけるDNA メチル化の変化

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 日本病理学会学術奨励賞

    金井弥栄, 2002年03月, 日本病理学会, ヒト多段階発がんにおけるDNA メチル化の変化

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • ベルツ賞

    広橋説雄、落合淳志、金井弥栄, 2000年11月, ベルツ財団, ヒトがんの浸潤・転移におけるE-カドヘリン細胞接着系の不活化

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 病理学特論

    2022年度

  • 病理学演習

    2022年度

  • 病理学実習

    2022年度

  • 病理学

    2022年度

  • 病理学総論

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 病理学総論

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    通年, 講義

  • 病理学各論

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    通年, 講義

  • 症例検討 (基礎臨床統合医学)

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 医学概論 (大学院医学研究科修士課程)

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 医学特別講義 (大学院医学研究科博士課程)

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本学術会議連携会員 (ゲノム科学分科会、臨床ゲノム医学分科会), 

    2006年
    -
    継続中
  • 日本病理学会: 拡大常任理事・学術評議員 (病理専門医、病理専門医研修指導医、分子病理専門医、ゲノム病理診断検討委員会委員長・ゲノム研究用病理組織検体取扱い規程策定委員会委員長・ゲノム病理標準化講習会委員会委員長・教育委員会委員長・病理診療ガイドライン作成委員会委員長・固形癌HER2病理診断ガイドライン策定ワーキンググループ委員長・企画委員会委員・学術委員会委員・編集委員会委員・ゲノム診療用病理組織検体取扱い規程策定ワーキンググループ委員・病理専門医制度運営委員会委員等), 

    1989年
    -
    継続中
  • 日本癌学会: 評議員 (女性科学者委員会委員), 

    1994年08月
    -
    継続中
  • 日本臨床細胞学会

     
  • 日本エピジェネティクス研究会 (幹事)

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年
    -
    継続中

    厚生労働省がんゲノム医療中核拠点病院等の指定要件に関するワーキンググループ構成員

  • 2020年04月
    -
    継続中

    日本学術振興会学術システム研究センタープログラムオフィサー (専門研究員)

  • 2020年
    -
    継続中

    科学技術振興機構NBDCヒトデータベース倫理審査委員会委員

  • 2017年
    -
    継続中

    日本医療研究開発機構プログラムオフィサー・課題評価委員会委員・アドバイザー

  • 2015年
    -
    2016年

    文部科学省科学研究費補助金における評価に関する委員会生物系委員会委員

全件表示 >>