金井 弥栄 (カナイ ヤエ)

KANAI Yae

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 病理学教室 金井研究室 (信濃町)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    1998年06月

    国立がんセンター研究所, 病理部, 研究員

  • 1998年07月
    -
    2002年06月

    国立がんセンター研究所, 病理部, 室長

  • 2002年07月
    -
    2010年03月

    国立がんセンター研究所, 病理部, 部長

  • 2010年04月
    -
    2017年03月

    国立がん研究センター研究所, 分子病理分野 (改組による), 分野長

  • 2010年11月
    -
    2014年03月

    国立がん研究センター研究所, 副所長

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1989年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 1989年04月
    -
    1993年03月

    慶應義塾, 医学研究科, 病理系病理学専攻

    大学院, 修了

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士 (医学), 慶應義塾, 課程, 1993年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 1989年05月

  • 死体解剖資格, 1992年02月

  • 日本病理学会病理専門医, 1994年08月

  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医, 1998年12月

  • 日本病理学会病理専門医研修指導医, 2006年04月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学 (発がんエピゲノム研究)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 分子病理学

  • 腫瘍病理学

  • DNAメチル化

  • 多層オミックス統合解析

  • 泌尿生殖器病理

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • DNA and Histone Methylation as Cancer Targets

    金井 弥栄, Elsevier, 2017年

    担当範囲: Liver Cancer

  • DNA methylation alterations in human cancers. In: Epigenetics in Human Disease. ed. Tollefsbol T.

    Kanai Y, Arai E., Elsevier, Amsterdam, 2012年,  ページ数: 29-52

  • DNA methylation status in chronic liver disease and hepatocellular carcinoma. In: Molecular Genetics of Liver Neoplasia. ed. Wang XW, Grisham JW, Thorgeirsson S

    Kanai Y, Arai E., Springer, New York, 2010年,  ページ数: 147-159

  • Role of immunohistochemical expression of DNA methyltransferase 1 protein in gastric carcinoma. In: Handbook of Immunohistochemistry and in situ Hybridization of Human Carcinomas. Vol.4: Molecular Genetics, Gastrointestinal Carcinoma, and Ovarian Carcinoma, ed. Hayat, M.A.

    Kanai Y, Arai E, Etoh T., Elsevier, CA, 2006年,  ページ数: 257-261

  • Multiple mechanisms for inactivation of E-cadherin cell adhesion system in cancer. In: Epithelial Morphogenesis in Development and Disease, eds. Birchmeier, W., Birchmeier, C.

    Ochiai, A., Kanai, Y., Hirohashi, S., Harwood Academic Publishers gmbh, Amsterdam, 1999年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Prophylactic therapy with human amniotic fluid stem cells improved survival in a rat model of lipopolysaccharide-induced neonatal sepsis through immunomodulation via aggregates with peritoneal macrophages.

    Sato Y, Ochiai D, Abe Y, Masuda H, Fukutake M, Ikenoue S, Kasuga Y, Shimoda M, Kanai Y, Tanaka M

    Stem cell research & therapy 11 ( 1 ) 300 2020年07月

  • Aberrant DNA methylation results in altered gene expression in non-alcoholic steatohepatitis-related hepatocellular carcinomas.

    Tian Y, Arai E, Makiuchi S, Tsuda N, Kuramoto J, Ohara K, Takahashi Y, Ito N, Ojima H, Hiraoka N, Gotoh M, Yoshida T, Kanai Y

    Journal of cancer research and clinical oncology 2020年07月

    ISSN  0171-5216

  • Establishment of diagnostic criteria for upper urinary tract urothelial carcinoma based on genome-wide DNA methylation analysis.

    Fujimoto M, Arai E, Tsumura K, Yotani T, Yamada Y, Takahashi Y, Maeshima AM, Fujimoto H, Yoshida T, Kanai Y

    Epigenetics (Epigenetics)     1 - 13 2020年06月

    共著, 査読無し,  ISSN  1559-2294

     概要を見る

    © 2020, © 2020 The Author(s). Published by Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group. The aim of this study was to develop a less invasive and accurate diagnostic system for upper urinary tract urothelial carcinoma (UTUC) based on genome-wide DNA methylation profiling. Genome-wide DNA methylation screening was performed using the Infinium HumanMethylation450 BeadChip, and DNA methylation quantification was verified using pyrosequencing. We analysed 26 samples of normal control urothelial tissue (C), an initial cohort of 62 samples (31 samples of non-cancerous urothelium [N] from UTUC patients and 31 samples of the corresponding UTUCs), a validation cohort of 82 samples (41 N and 41 UTUC samples), and 14 samples of urinary bladder urothelial carcinoma (BUC). In the initial cohort, we identified 2,448 CpG sites showing significant differences in DNA methylation levels between both C and UTUC and N and UTUC, but not showing differences between C and N. Among these CpG sites, 10 were located within CpG islands or their shores and shelves included in genomic domains where DNA methylation levels are stably controlled, allowing discrimination of UTUC even from BUC. Receiver operating characteristic curve analysis for discrimination of UTUC from N in these 10 CpG and neighbouring sites (37 diagnostic panels in total) yielded area under the curve values of 0.959–1.000, with a sensitivity and specificity of 86.6–100% and 93.5–100%, respectively. The diagnostic impact was successfully confirmed in the validation cohort. Our criteria were useful for diagnosis of UTUC, regardless of its clinicopathological features. Application of our criteria to voided urine samples will ultimately allow non-invasive DNA methylation diagnosis of UTUC.

  • Infiltration of tumor-associated macrophages is involved in tumor programmed death-ligand 1 expression in early lung adenocarcinoma

    Shima T., Shimoda M., Shigenobu T., Ohtsuka T., Nishimura T., Emoto K., Hayashi Y., Iwasaki T., Abe T., Asamura H., Kanai Y.

    Cancer Science (Cancer Science)  111 ( 2 ) 727 - 738 2020年02月

    共著, 査読無し,  ISSN  13479032

     概要を見る

    © 2019 The Authors. Cancer Science published by John Wiley & Sons Australia, Ltd on behalf of Japanese Cancer Association. Programmed death-ligand 1 (PD-L1) is an immune modulator that promotes immunosuppression by binding to programmed death-1 of T-lymphocytes. Although tumor cell PD-L1 expression has been shown to be associated with the clinical response to anti–PD-L1 antibodies, its concise regulatory mechanisms remain elusive. In this study, we evaluated the associations of tumor PD-L1 expression and immune cell infiltrating patterns in 146 cases of early lung adenocarcinoma (AC) to investigate the possible extrinsic regulation of tumor PD-L1 by immune cells. Using immunohistochemistry, cell surface PD-L1 expression in tumor cells was observed in 18.5% of stage 0-IA lung AC patients. Tumor PD-L1 positivity was significantly associated with stromal invasion, which was accompanied by increased tumor-associated macrophages (TAM), CD8+ cytotoxic T cells and FoxP3+ regulatory T cells. Among these immune cells, TAM and CD8+ T cells significantly accumulated in PD-L1-positive carcinoma cell areas, which showed a tumor cell nest-infiltrating pattern. Although CD8+ T cells are known to induce tumor PD-L1 expression via interferon-ɣ production, the increased TAM within tumors were also associated with tumor cell PD-L1 positivity, independently of CD8+ T cell infiltration. Our in vitro experiments revealed that PD-L1 expression in lung cancer cell lines was significantly upregulated by co–culture with M2-differentiated macrophages; expression of PD-L1 was reduced to baseline levels following treatment with a transforming growth factor-β inhibitor. These results demonstrated that tumor-infiltrating TAM are extrinsic regulators of tumor PD-L1 expression, indicating that combination therapy targeting both tumor PD-L1 and stromal TAM might be a possible strategy for effective treatment of lung cancer.

  • Simple prediction model for homologous recombination deficiency in breast cancers in adolescents and young adults

    Watanabe T., Honda T., Totsuka H., Yoshida M., Tanioka M., Shiraishi K., Shimada Y., Arai E., Ushiama M., Tamura K., Yoshida T., Kanai Y., Kohno T.

    Breast Cancer Research and Treatment (Breast Cancer Research and Treatment)  182 ( 2 ) 491 - 502 2020年

    共著, 査読無し,  ISSN  01676806

     概要を見る

    © 2020, Springer Science+Business Media, LLC, part of Springer Nature. Purpose: Homologous recombination deficiency (HRD), which influences the efficacy of PARP inhibitor- and platinum agent-based therapies, is a prevalent phenotype of breast cancer in adolescents and young adults (AYAs; 15–39 years old). However, HRD score, indicating HRD status, is not routinely assessed in the breast oncology clinic, particularly in patients without germline BRCA1/2 mutations. Hence, we sought to develop a model for determining HRD status based on genetic and clinicopathological factors. Methods: Subjects were our own cohort of 46 Japanese AYA breast cancer patients and two existing breast cancer cohorts of US and European patients. Models for prediction of the HRD-high phenotype, defined as HRD score ≥ 42, were constructed by logistic regression analysis, using as explanatory variables genetic and clinicopathological factors assessable in the clinical setting. Results: In all three cohorts, the HRD-high phenotype was associated with germline BRCA1/2 mutation, somatic TP53 mutation, triple-negative subtype, and higher tumor grade. A model based on these four factors, developed using the US cohort, was validated in the Japanese and European AYA cases: area under the receiver operating characteristic curve [AUC] was 0.90 and 0.96, respectively. A model based on three factors excluding germline BRCA1/2 mutation also yielded high-predictive power in cases from these two cohorts without germline BRCA1/2 mutations: AUC was 0.92 and 0.90, respectively. Conclusions: The HRD-high phenotype of AYA breast cancer patients can be deduced from genomic and pathological factors that are routinely examined in the oncology clinic, irrespective of germline BRCA1/2 mutations.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【泌尿器科診療の最新スタンダード-平成の常識は令和の非常識】腫瘍 部位別 腎細胞癌 病理診断

    三上 修治, 新井 恵吏, 金井 弥栄

    臨床泌尿器科 ((株)医学書院)  74 ( 4 ) 010 - 015 2020年04月

    ISSN  0385-2393

     概要を見る

    <文献概要>以前の常識 ・腎細胞癌の組織学的異型度はFuhrman分類に基づいて分類していた.・低異型度の長径5mm以下の乳頭状〜管状構造を呈する腎腫瘍は乳頭腺腫,長径5mmを超える乳頭状〜管状構造を呈する腎腫瘍は乳頭状腎細胞癌と診断していた.・嚢胞性腎腫瘍では,多房嚢胞性腎細胞癌,嚢胞性腎腫,混合上皮間質性腫瘍(MEST)などの鑑別が必須であった.現在の常識 ・淡明細胞型腎細胞癌,乳頭状腎細胞癌の組織学的異型度はWHO/ISUP分類に基づいて分類する.・低異型度の長径15mm以下の乳頭状〜管状構造を呈する腎腫瘍は乳頭状腺腫であり,長径15mmを超える乳頭状〜管状構造を呈する腎腫瘍では,乳頭状腎細胞癌,粘液管状紡錘細胞癌,MiTファミリー転座型腎細胞癌,hereditary leiomyomatosis renal cell carcinoma(HLRCC)随伴腎細胞癌,集合管癌などの鑑別が重要である.・嚢胞性腎腫瘍では,低悪性度多房嚢胞性腎腫瘍,MESTファミリー(成人型嚢胞性腎腫,MEST)などの鑑別が必須である.

  • ゲノム・エピゲノム情報と生活習慣に基づく個別化医療の実現 諸臓器がんにおけるエピゲノム解析 バイオマーカー開発と創薬標的同定

    金井 弥栄

    日本衛生学雑誌 ((一社)日本衛生学会)  75 ( Suppl. ) S88 - S88 2020年03月

    ISSN  0021-5082

  • 【肝胆膵領域のゲノム医療新時代-遺伝子パネルがやってきた!-】ゲノム医療のための病理組織検体の適切な取扱い

    金井 弥栄, 牧内 里美

    肝・胆・膵 ((株)アークメディア)  79 ( 6 ) 1015 - 1022 2019年12月

    その他記事, 共著,  ISSN  0389-4991

  • 分子病理学研究成果の医療実装の展望

    金井 弥栄

    病理と臨床 ((株)文光堂)  37 ( 11 ) 1148 - 1150 2019年11月

    その他記事, 単著,  ISSN  0287-3745

  • ゲノム医療のための検体取扱い講座 ゲノム研究の展開ならびにバイオバンク運営を目指した病理組織検体の適切な取扱い方法

    金井 弥栄, 楊 夢かん

    乳癌の臨床 ((株)篠原出版新社)  34 ( 5 ) 433 - 439 2019年10月

    その他記事, 共著,  ISSN  0911-2251

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Intratumor DNA methylation heterogeneity reflects differentiation plasticity and malignant progression of human glioblastoma: a methylome analysis using microdissected specimens.

    Kentaro Ohara, Eri Arai, Hikaru Sasaki, Masashi Nakatsukasa, Kazunari Yoshida, Yae Kanai.

    11th AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer. (Hawaii) , 2019年02月, ポスター(一般)

  • Genome-wide DNA methylation analysis in non-alcoholic steatohepatitis-related hepatocellular carcinomas.

    Ying Tian, Eri Arai, Junko Kuramoto, Satomi Makiuchi, Noboru Tsuda, Hidenori Ojima, Yukihiro Fukamachi, Yoriko Takahashi, Nobuyoshi Hiraoka, Teruhiko Yoshida, Yae Kanai.

    11th AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer. (Hawaii) , 2019年02月, ポスター(一般)

  • Epigenome-wide association study of whole blood from kidney cancer patients indicates hypomethylation of a PCBD2 intronic region.

    Hideki Ohmomo, Shohei Komaki, Yuh Shiwa, Ryo Otomo, Yoichi Sutoh, Tsuyoshi Hachiya, Kanako Ono, Mamoru Satoh, Makoto Sasaki, Eri Arai, Hiroyuki Fujimoto, Teruhiko Yoshida, Yae Kanai, Atsushi Shimizu.

    70th American Society of Human Genetics (Houstonm) , 2019年, ポスター(一般)

  • Integrated analysis of genetic and epigenetic alterations in gastric carcinomas.

    Menghan Yang, Eri Arai, Hiromi Sakamoto, Hirohiko Totsuka, Hirokazu Taniguchi, Hitoshi Katai, Teruhiko Yoshida, Yae Kanai.

    AACR Annual Meeting 2019 (Atlanta) , 2019年, ポスター(一般)

  • Genome-wide DNA methylation analysis during non-alcoholic steatohepatitis-related multistage hepatocarcinogenesis: Comparison with hepatitis virus-related carcinogenesis.

    Junko Kuramoto, Eri Arai, Ying Tian, Nobuaki Funahashi, Masaki Hiramoto, Takao Nammo, Yuichi Nozaki, Yoriko Takahashi, Nanako Ito, Ayako Shibuya, Hidenori Ojima, Aoi Sukeda, Yosuke Seki, Kazunori Kasama, Kazuki Yasuda, Yae Kanai.

    AACR Annual Meeting 2018 (Chicago) , 2018年, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • NAD+およびエピゲノムの制御による老化メカニズムの解明と新たな抗加齢介入の開発

    2019年06月
    -
    2021年03月

    慶應義塾大学, 齋藤 義正, 金井 弥栄, 挑戦的研究(萌芽)

     研究概要を見る

    超高齢社会に突入した我が国において、抗加齢により健康寿命を延長させることは喫緊の課題となっている。カロリー制限によってニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)依存性のヒストン脱アセチル化酵素であるサーチュインが活性化されることにより、様々なエピゲノム変化が生じ、長寿遺伝子群が発現していることが予想されている。本研究では、組織幹細胞の3次元培養技術であるオルガノイド培養法により腸管上皮からオルガノイドを樹立し、エピゲノム変化および遺伝子発現を網羅的に解析することで老化の分子機構を解明する。さらに、NAD+前駆体の投与および領域特異的なエピゲノム制御に基づく新たな抗加齢介入の開発を目指す。

  • 化学療法抵抗性を有する転移性膀胱癌に対するエピジェネティックス治療確立

    2019年04月
    -
    2022年03月

    富山大学, 西山 直隆, 金井 弥栄, 北村 寛, 鈴木 拓, 基盤研究(C)

     研究概要を見る

    セカンドライン以降の十分な治療戦略が必要とされる尿路上皮癌に対し、転移性尿路上皮癌の化学療法抵抗性へのエピジェネティクスの関与を解明し、エピジェネティクス治療を用いた2次治療を開発する。DNAメチル化の減弱を起こすDNAメチル基転移酵素(DNMT)阻害剤である5-aza-2-deoxycytidine(5-Aza-CdR)による化学療法再感受性獲得の詳細な分子機構について解析を行い、patient derived xenograftモデルを用いて5-Aza-CdR・ CDDP併用治療の安全性と有効性のPOCを確立し、5-Aza-CdR を用いた2次治療としての臨床試験を行う。

  • 免疫応答モニタリングによるがん免疫の全容理解に基づく新規層別化マーカーの開発

    2019年
    -
    2022年

    日本医療研究開発機構, 次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業, 上田龍三, 分担

  • NASH 肝がんの リピド・ゲノミクス 研究に基づく個別化医療の開発

    2018年
    -
    2022年

    日本医療研究開発機構, 肝炎等克服実用化研究事業, 考藤達哉, 分担

  • エピゲノムワイド関連解析に基づき膵がん高危険群を捕捉する研究

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 金井 弥栄, 山地 太樹, 新井 恵吏, 伊藤 秀美, 基盤研究(A), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究は、エピゲノムワイド関連解析 (epigenome-wide association study [EWAS])を基盤とし、検診等の血液検査で難治がんである膵がん発症の高危険群を捕捉するためのリスク診断法を開発することを目的とする。質の高い問診情報・診療情報等の付随した充分数の末梢血検体におけるゲノム網羅的DNAメチル化解析結果を基に、質の高い臨床病理情報の付随した前がん段階にある組織検体におけるエピゲノム解析結果を参照し、血液細胞組成の影響を排除し、DNAメチル化率の精密定量結果に基づいて適切な診断閾値を設定することにより、リスク診断基準を策定する。適切なリスク診断基準が策定できれば、高危険群に集中して高精度画像診断法等を適用し、治癒切除可能な超早期段階での診断を可能にできると期待される (二次予防)。本研究で確立するリスク診断法は、将来の生活習慣改善や化学予防等の介入予防の実現にも資すると期待される (一次予防)。
    平成29年度には、平成28年度に組織検体の網羅的解析で同定した前がん段階から末梢膵管上皮で異常を示すCpG部位のDNAメチル化率を、学習コホート血液検体においてパイロシークエンス法等で精密定量している。並行して血液検体においてInfinium解析によってスクリーニングを行うため、PLoS One 11: e0147519, 2016に記載された方法に基づく血球成分組成に関する補正パイプラインを、R言語を基盤として作成し実装した。さらに、模擬データを用い、同パイプラインの性能が十分であることを検証した。血液検体で既に取得したInfinium解析データに、同パイプラインを適用中である。愛知県がんセンターにおいて研究分担者伊藤等が収集した検証コホートの血液検体については、慶應義塾大学における受け入れのための倫理審査を完了し、研究代表者金井の研究室に移送した。
    平成28年度末時点で、平成29年度の実施予定項目として挙げていた、先行事業で取得した膵がん142検体-対照277検体のデータの継承と、血球成分組成に関する補正パイプラインの作成と実装、を完了したため。別の多目的コホート (JPHC study)による膵がんを伴わない対照症例の血液検体のInfiniumデータは、予定通り随時参照しつつ解析を進めている。さらに、 検証コホート552検体を確保し、信頼に足る結論を得られる見通しが立った。
    候補CpG部位の絞り込みとリスク診断閾値設定を進める。他方で、研究代表者等は、検診機関等にも普及可能な操作性・定量性に優れた高速液体クロマトグラフィーを基盤とするDNAメチル化定量システムを企業と共同研究開発し、国内・国際特許もすでに成立させている。このシステムは、キットを変えることで、諸臓器がんの発がんリスク診断・存在診断・病態診断に適用できる汎用性を備えている。同定したリスク診断閾値をこのシステムに適合させることで、検証コホートの解析を加速させるとともに、予防・先制医療がルーチン化される近い将来、検診に組み込んで発がんリスク診断を社会実装するための基盤を準備する。

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 尿路上皮癌のリスク判定方法

    特願: PCT/JP2019/011442  2019年03月 

    特許, 共同, PCT国際出願

  • 子宮体癌の予後の判定方法

    特願: 特願2018-228276  2018年11月 

    特許, 共同, 国内出願

  • Method for assessing risk of hepatocellular carcinoma

    特願: PCT/JP2018/031092  2018年08月 

    特許, 共同, PCT国際出願

  • 尿路上皮癌のリスク判定方法

    特願: 特願2018-051464  2018年03月 

    特許, 単独, 国内出願

  • 肝細胞癌のリスク評価方法

    特願: 特願2017-160284  2017年08月 

    特許, 共同, 国内出願

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会女性科学者賞

    金井弥栄, 2018年09月, 日本癌学会, ヒト多段階発がんのエピゲノム機構に関する分子病理学的研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

  • 田宮記念賞

    2006年02月, がん研究振興財団, 病理形態学を基盤とするDNAメチル化研究によるがんの発生・浸潤・転移の分子機構の解明

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 日本癌学会奨励賞

    2003年09月, 日本癌学会, ヒト多段階発がん過程におけるDNA メチル化の変化

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 日本病理学会学術奨励賞

    金井弥栄, 2002年03月, 日本病理学会, ヒト多段階発がんにおけるDNA メチル化の変化

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • ベルツ賞

    広橋説雄、落合淳志、金井弥栄, 2000年11月, ベルツ財団, ヒトがんの浸潤・転移におけるE-カドヘリン細胞接着系の不活化

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 病理学演習

    2020年度

  • 病理学実習

    2020年度

  • 病理学

    2020年度

  • 病理学総論

    2020年度

  • 病理学各論

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 病理学総論

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 専門科目, 講義

  • 病理学各論

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 専門科目, 講義

  • 症例検討 (基礎臨床統合医学)

    慶應義塾, 2018年度

  • 医学概論 (大学院医学研究科修士課程)

    慶應義塾, 2018年度

  • 医学特別講義 (大学院医学研究科博士課程)

    慶應義塾, 2018年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本学術会議連携会員 (ゲノム科学分科会、臨床ゲノム医学分科会), 

    2006年
    -
    継続中
  • 日本病理学会: 学術評議員 (病理専門医、病理専門医研修指導医、分子病理専門医、ゲノム病理組織取扱い規約委員会委員長、ゲノム病理診断検討委員会委員、ゲノム病理標準化講習会委員会委員、学術委員会委員、機関誌常任刊行委員会委員), 

    1989年
    -
    継続中
  • 日本癌学会: 評議員 (利益相反委員会委員、機関誌associate editor)

     
  • 日本臨床細胞学会

     
  • 日本エピジェネティクス研究会 (幹事)

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年
    -
    継続中

    日本医療研究開発機構プログラムオフィサー・課題評価委員会委員・アドバイザー

  • 2015年
    -
    2016年

    文部科学省科学研究費補助金における評価に関する委員会生物系委員会委員

  • 2014年
    -
    継続中

    東北メディカルメガバンク計画試料情報分譲審査委員会小委員会委員

  • 2014年
    -
    2015年

    科学技術振興機構国際科学技術協力推進委員

  • 2014年
    -
    2015年

    科学技術振興機構研究成果展開事業研究成果最適展開支援プログラム推進アドバイザー

全件表示 >>