上野 彰久 (ウエノ アキヒサ)

Ueno, Akihisa

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 病理学教室 (信濃町)

職名

助教(有期)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年05月
    -
    2002年04月

    慶應義塾大学医学部, 放射線科学教室, 研修医

  • 2002年05月
    -
    2003年06月

    慶應義塾大学医学部, 放射線科学教室, 専修医

  • 2003年07月
    -
    2005年06月

    日本鋼管病院, 放射線科, 医員

  • 2005年07月
    -
    2006年04月

    慶應義塾大学医学部, 放射線科学教室, 専修医

  • 2006年05月
    -
    2010年03月

    慶應義塾大学医学部, 放射線科学教室, 助教

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    2000年03月

    千葉大学, 医学部

    大学, 卒業

  • 2010年04月
    -
    2014年03月

    慶應義塾, 医学研究科, 医学研究系

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 課程, 2015年01月

    OATP1B3 expression is strongly associated with Wnt/β-catenin signalling and represents the transporter of gadoxetic acid in hepatocellular carcinoma.

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 2000年06月

  • 放射線診断専門医, 2005年10月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学

  • 実験病理学

  • 放射線科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 肝細胞癌

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 肝細胞癌の画像病理対比, 

    2009年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 腹部のCT 第3版

    上野彰久 佐藤浩三 松坂陽至 上野彰久, メディカルサイエンス・インターナショナル, 2017年04月

    担当範囲: III. 肝臓 IV.胆嚢・胆管

  • EOB-MRI/Sonazoid超音波による肝癌の診断と治療

    上野彰久 坂元亨宇, 医学書院, 2013年06月

    担当範囲: 第7章 EOB-MRIの早期歓談と異型結節(DN)の鑑別診断能  1. 早期肝癌の病理診断 1分子病理

  • 腹部のCT 第2版

    上野彰久 倉田忠宜, メディカルサイエンス・インターナショナル, 2010年04月

    担当範囲: V. 胆嚢・胆管

論文 【 表示 / 非表示

  • Characterization of spatial distribution of tumor-infiltrating CD8<sup>+</sup> T cells refines their prognostic utility for pancreatic cancer survival

    Masugi Y., Abe T., Ueno A., Fujii-Nishimura Y., Ojima H., Endo Y., Fujita Y., Kitago M., Shinoda M., Kitagawa Y., Sakamoto M.

    Modern Pathology (Modern Pathology)  32 ( 10 ) 1495 - 1507 2019年

    ISSN  08933952

     概要を見る

    © 2019, United States & Canadian Academy of Pathology. The abundance of cytotoxic T-cell infiltrates has important implications for patient outcome and therapeutic design for pancreatic ductal adenocarcinoma. However, intratumoral heterogeneity remains a challenge to understanding the complex immune microenvironment. We hypothesized that characterizing CD8+ cell distribution within pancreatic adenocarcinoma tissues might refine the prognostic value of tumor-infiltrating CD8+ lymphocytes. Using multiplex immunohistochemistry-based image analysis on whole-tissue sections of 214 pancreatic ductal adenocarcinomas, we measured CD8+ cell densities in the tumor center, the tumor margin, and the whole tumor, along with the proximity of CD8+ cells to carcinoma cells. Multivariable Cox regression analysis was performed to assess the associations of CD8+ cell densities with pancreatic cancer-specific survival, adjusting for clinicopathologic and immune-related features, including tumor expressions of TP53, SMAD4, and the programmed cell death 1 ligand 1 (CD274, PD-L1) and the extent of tertiary lymphoid structures. There was substantial heterogeneity in CD8+ cell density, with the mean density in the tumor center less than half that in the tumor margin. Tumor CD274 expression and extensive tertiary lymphoid structures were appeared to be associated with higher CD8+ cell density in the tumor margin (P = 0.037 and P = 0.005, respectively), but not with that in the tumor center (P > 0.50). The association of higher CD8+ cell density with prolonged survival was significant for the whole tumor (Ptrend = 0.009); however, the association was stronger for the tumor center (Ptrend = 0.002) and insignificant for the tumor margin (Ptrend = 0.07). Tumor cell–CD8+ cell distance correlated strongly with CD8+ cell density, whereas the density of CD8+ cells proximate to cancer cells exhibited no prognostic association. In conclusion, spatial computational analysis on pancreatic ductal adenocarcinoma reveals the prognostic validity of CD8+ cell density in the tumor center, where CD8+ cell infiltration is ununiformly restricted, likely suggesting pro-tumorigenic roles of the immunosuppressive tumor microenvironment of pancreatic cancer.

  • Long-term complete response of advanced hepatocellular carcinoma treated with multidisciplinary therapy including reduced dose of sorafenib: case report and review of the literature

    Shinoda, Masahiro, Kishida, Norihiro, Itano, Osamu, Ei, Shigenori, Ueno, Akihisa, Kitago, Minoru, Abe, Yuta, Hibi, Taizo, Yagi, Hiroshi, Masugi, Yohei, Tanabe, Minoru, Aiura, Koichi, Sakamaoto, Michiie, Tanimoto, Akihiro, Kitagawa, Yuko

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY 13 2015年04月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  1477-7819

  • OATP1B3 expression is strongly associated with Wnt/beta-catenin signalling and represents the transporter of gadoxetic acid in hepatocellular carcinoma

    Ueno, Akihisa, Masugi, Yohei, Yamazaki, Ken, Komuta, Mina, Effendi, Kathryn, Tanami, Yutaka, Tsujikawa, Hanako, Tanimoto, Akihiro, Okuda, Shigeo, Itano, Osamu, Kitagawa, Yuko, Kuribayashi, Sachio, Sakamoto, Michiie

    JOURNAL OF HEPATOLOGY 61 ( 5 ) 1080 - 1087 2014年11月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  0168-8278

  • Cystic tumor of the liver without ovarian-like stroma or bile duct communication: two case reports and a review of the literature

    Kishida, Norihiro, Shinoda, Masahiro, Masugi, Yohei, Itano, Osamu, Fujii-Nishimura, Yoko, Ueno, Akihisa, Kitago, Minoru, Hibi, Taizo, Abe, Yuta, Yagi, Hiroshi, Tanimoto, Akihiro, Tanabe, Minoru, Sakamaoto, Michiie, Kitagawa, Yuko

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY 12   1080 - 1087 2014年07月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  1477-7819

  • Preoperative and intraoperative assessment of myometrial invasion in endometrial cancer: comparison of magnetic resonance imaging and frozen sections

    Kisu, Iori, Banno, Kouji, Lin, Li-Yu, Ueno, Akihisa, Abe, Takayuki, Kouyama, Keisuke, Okuda, Shigeo, Masugi, Yohei, Umene, Kiyoko, Nogami, Yuya, Tsuji, Kosuke, Masuda, Kenta, Ueki, Arisa, Kobayashi, Yusuke, Yamagami, Wataru, Susumu, Nobuyuki, Aoki, Daisuke

    ACTA OBSTETRICIA ET GYNECOLOGICA SCANDINAVICA 92 ( 5 ) 525 - 535 2013年05月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  0001-6349

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 大腸癌肝転移-最新の治療ストラテジー】 大腸癌肝転移の画像診断

    上野彰久 陣崎雅弘

    臨床外科 71 ( 4 ) 393 - 403 2016年04月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • 【エコーとの対比で学ぶCT・MRI画像の読み方-各モダリティの利点と弱点を理解するために】 各領域におけるエコー・CT・MRI画像の有用性 消化器領域 肝臓

    上野彰久 大熊潔

    Medical Technology 43 ( 12 ) 1243 - 1257 2015年12月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著,  ISSN  0389-1887

  • 【胆嚢・胆管と膵臓の画像診断update:病理・画像・治療のtriangle】 胆道疾患の画像

    上野彰久

    臨床画像 31 ( 11 ) 1300 - 1314 2015年11月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著,  ISSN  0911-1069

  • 【肝胆膵イメージング:画像が映す分子病理】 肝疾患 肝細胞癌のGd-EOB-DTPA造影を規定するメカニズム

    上野彰久 坂本亨宇

    肝・胆・膵 70 ( 4 ) 507 - 513 2015年04月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著,  ISSN  0389-4991

  • 消化器MRIの読み方 臨床に役立つ最新知識と読影のポイント EOBの適応と臨床的有用性

    上野彰久 谷本伸弘

    臨床消化器内科 29 ( 6 ) 739 - 746 2014年

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア),  ISSN  0911-061X

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 胆嚢原発の脱分化型脂肪肉腫の一例

    上野彰久 尾島英知 眞杉洋平 大島剛 紅林泰 久保田直人 阿部雄太 北川雄光 大喜多肇 坂元亨宇

    第107回日本病理学会総会, 2018年06月, ポスター(一般)

  • EOB-MRIによるWnt/β-catenin activated subtype HCCの検出能に関する検討

    上野彰久 真杉洋平 山崎剣 Effendi Kathryn 辻川華子 谷本伸弘 奥田茂男 板野理 北川雄光 陣崎雅弘 坂元亨宇

    第11回 日本肝がん分子標的治療研究会, 2015年01月, ポスター(一般)

  • 胆管疾患up-to-date 画像

    上野 彰久

    第33回 画像医学会, 2014年02月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 肝細胞癌におけるGd-EOB-DTPAのトランスポーターの網羅的解析

    上野彰久 谷本伸弘 坂元亨宇

    第39回 肝臓学会東部会, 2012年12月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • Reduction of Blooming Artifact of Calcification with Prototype Fine-Cell Detector Computed Tomography (0.3mm collimation): Comparison with 64-Slice MDCT

    Tanami, Yutaka, Jinzaki, Masahiro, Sato, Kozo, Ueno, Akihisa, Yamada, Minoru, Kuribayashi, Sachio

    CIRCULATION, 2008年10月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • MOST VIEWS JRS ELECTRONIC EXHIBIT DURING ARRS 2015 ANUAL MEETING

    2015年06月, American Roentgen Ray Society, OATP1B3 expression is strongly associated with Wnt/β-catenin signaling and represents the transporter of Gd-EOB-DTPA in hepatocellular carcinoma

    受賞国: USA

  • Cypos Gold Medal

    2014年04月, 日本医学放射線学会

  • Cypos Gold Medal

    2014年04月, 日本医学放射線学会, OATP1B3 expression is strongly associated with Wnt/β-catenin signaling and represents the transporter of Gd-EOB-DTPA in hepatocellular carcinoma

  • 板井悠二賞

    2010年01月, 肝血流動態イメージ研究会, EOBプリモビスト造影MRIの肝細胞相で低信号を呈する乏血性結節の転帰に関する検討

  • 板井悠二賞

    2010年01月, 肝血流動態イメージ研究会, EOBプリモビスト造影MRIの肝細胞相で低信号を呈する乏血性結節の転帰に関する検討

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 病理学総論

    2020年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 病理学総論

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 専門科目, 実習・実験

  • 病理学各論

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 専門科目, 実習・実験

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床細胞学会, 

    2017年04月
    -
    継続中
  • 日本病理学会, 

    2015年10月
    -
    継続中
  • 日本肝臓学会, 

    2012年12月
    -
    継続中
  • 日本癌学会, 

    2010年04月
    -
    継続中
  • 日本医学放射線学会, 

    2000年04月
    -
    継続中