松元 美奈子 (マツモト ミナコ)

Matsumoto, Minako

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 衛生学公衆衛生学教室 (信濃町)

職名

助教(有期)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    薬学部, 付属薬局, 薬剤師

  • 2018年04月
    -
    2019年04月

    医学部, 衛生学公衆衛生学教室, 特任助教

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2014年03月

    慶應義塾, 薬学部, 薬学科

    日本, 大学, 卒業

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    慶應義塾, 健康マネジメント研究科, スポーツマネジメント専修

    日本, 大学院, 卒業, 修士

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士, 慶應義塾, 課程, 2018年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許, 2014年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 衛生学・公衆衛生学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • メタボロミクス 予防医学 公衆衛生

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Association between dyslipidemia and plasma levels of branched-chain amino acids in the Japanese population without diabetes mellitus

    Fukushima K., Harada S., Takeuchi A., Kurihara A., Iida M., Fukai K., Kuwabara K., Kato S., Matsumoto M., Hirata A., Akiyama M., Tomita M., Hirayama A., Sato A., Suzuki C., Sugimoto M., Soga T., Sugiyama D., Okamura T., Takebayashi T.

    Journal of Clinical Lipidology (Journal of Clinical Lipidology)  2019年

    ISSN  19332874

     概要を見る

    © 2019 National Lipid Association Background: Branched-chain amino acids (BCAAs) play a key role in energy homeostasis. Objective: We aimed to investigate the association between plasma BCAA levels and dyslipidemia in the Japanese population without diabetes mellitus. Methods: This cross-sectional study included 4952 participants without diabetes mellitus, enrolled in the Tsuruoka Metabolomic Cohort Study. Plasma BCAA levels were measured by capillary electrophoresis–mass spectrometry. Correlations between lipid and BCAA profiles were evaluated by sex-stratified multiple linear regression analyses, after adjusting for confounders. Logistic regression was used to identify associations between BCAAs and metabolic dyslipidemia (MD) defined as triglyceride levels ≥150 mg/dL, high-density lipoprotein cholesterol levels ≤40 mg/dL for men and ≤50 mg/dL for women, or low-density lipoprotein cholesterol (LDL-C) levels ≥140 mg/dL. Results: In both sexes, the levels of individual BCAAs and the total BCAA levels correlated positively with triglyceride levels and negatively with high-density lipoprotein cholesterol levels. Valine, leucine, and total BCAA levels were weakly and positively correlated with LDL-C levels. Increased BCAA levels showed positive associations with MD. However, associations between BCAAs and elevated LDL-C levels were unclear. Furthermore, the associations between BCAA levels and MD regardless of fasting blood sugar (FBS) levels (high or low). Although valine, leucine, and total BCAA levels were weakly associated with elevated LDL-C levels in the high-FBS group, no such association was observed in the low-FBS group. Conclusions: BCAAs might be associated with MD independently of the FBS level and might play an important role in lipid metabolism and dyslipidemia.

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 脂質異常症治療薬使用の糖尿病発症リスクに関するメタボローム疫学研究 

    2019年01月, ポスター(一般)

  • 男性勤労者におけるストレス対処パターンと血圧値との関連の時間断面研究

    2017年10月, ポスター(一般)

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • スタチン使用による糖尿病発症リスクに関するメタボローム疫学研究

    2019年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 松元 美奈子, 研究活動スタート支援, 補助金,  代表

  • スタチン使用による糖尿病発症リスクに関するメタボローム疫学研究

    2018年10月
    -
    継続中

    補助金,  代表

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 鶴岡みらい健康づくり活動

    2017年
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本産業衛生学会, 

    2018年04月
    -
    継続中
  • 日本薬剤疫学会, 

    2018年
    -
    継続中
  • 日本循環器予防学会, 

    2018年
    -
    継続中
  • 日本動脈硬化学会, 

    2018年
    -
    継続中
  • 日本疫学会, 

    2018年
    -
    継続中

全件表示 >>