原田 成 (ハラダ セイ)

Harada, Sei

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 衛生学公衆衛生学教室 (信濃町)

職名

専任講師(有期)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    九段坂病院, 医師

  • 2014年04月
    -
    2019年03月

    慶應義塾大学医学部 , 衛生学公衆衛生学, 助教

  • 2014年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部 先端生命科学研究所, 助教

  • 2016年09月
    -
    2017年08月

    インペリアル・カレッジ・ロンドン 医学部疫学生物統計学部門, 訪問研究員

  • 2019年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部, 衛生学公衆衛生学, 専任講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学医学部

    大学, 卒業

  • 2010年04月
    -
    2016年02月

    慶應義塾大学 医学研究科 博士課程

    大学院, 修了

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学医学部, 課程

    Metabolomic profiling reveals novel biomarkers of alcohol intake and alcohol-induced liver injury in community-dwelling men

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 2009年

  • 日本医師会産業医, 2011年

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 疫学・予防医学

  • 衛生学・公衆衛生学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • コホート研究

  • メタボロミクス

  • 分子疫学

  • 循環器疫学

  • 疫学

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 個別医療の実現に向けた、メタボロミクスを活用したマルチ・オミクス大規模疫学研究, 

    2012年04月
    -
    継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Reliability of plasma polar metabolite concentrations in a large-scale cohort study using capillary electrophoresis-mass spectrometry

    原田 成

    PLoS ONE (PLoS ONE)  13 ( 1 )  2018年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著,  ISSN  1932-6203

     概要を見る

    © 2018 Harada et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Background Cohort studies with metabolomics data are becoming more widespread, however, large-scale studies involving 10,000s of participants are still limited, especially in Asian populations. Therefore, we started the Tsuruoka Metabolomics Cohort Study enrolling 11,002 community-dwelling adults in Japan, and using capillary electrophoresis-mass spectrometry (CE-MS) and liquid chromatography–mass spectrometry. The CE-MS method is highly amenable to absolute quantification of polar metabolites, however, its reliability for large-scale measurement is unclear. The aim of this study is to examine reproducibility and validity of large-scale CE-MS measurements. In addition, the study presents absolute concentrations of polar metabolites in human plasma, which can be used in future as reference ranges in a Japanese population. Methods Metabolomic profiling of 8,413 fasting plasma samples were completed using CE-MS, and 94 polar metabolites were structurally identified and quantified. Quality control (QC) samples were injected every ten samples and assessed throughout the analysis. Inter- and intra-batch coefficients of variation of QC and participant samples, and technical intraclass correlation coefficients were estimated. Passing-Bablok regression of plasma concentrations by CE-MS on serum concentrations by standard clinical chemistry assays was conducted for creatinine and uric acid. Results and conclusions In QC samples, coefficient of variation was less than 20% for 64 metabolites, and less than 30% for 80 metabolites out of the 94 metabolites. Inter-batch coefficient of variation was less than 20% for 81 metabolites. Estimated technical intraclass correlation coefficient was above 0.75 for 67 metabolites. The slope of Passing-Bablok regression was estimated as 0.97 (95% confidence interval: 0.95, 0.98) for creatinine and 0.95 (0.92, 0.96) for uric acid. Compared to published data from other large cohort measurement platforms, reproducibility of metabolites common to the platforms was similar to or better than in the other studies. These results show that our CE-MS platform is suitable for conducting large-scale epidemiological studies.

  • Gender-specific association of early age-related macular degeneration with systemic and genetic factors in a Japanese population

    原田 成

    Scientific Reports (Scientific Reports)  8 ( 1 )  2018年01月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  2045-2322

     概要を見る

    © 2018 The Author(s). The Tsuruoka Metabolomics Cohort Study included subjects aged 35-74 years from participants in annual health check-up programs in Tsuruoka, Japan. The gender-specific associations of early age-related macular degeneration (AMD) with systemic and genetic factors was assessed cross-sectionally. Of these, 3,988 subjects had fundus photographs of sufficient quality, and early AMD was present in 12.3% and 10.3% of men and women, respectively. In men, higher levels of high-density lipoprotein cholesterol and lower levels of triglycerides were associated with increased odds of having early AMD after adjusting for potential risk factors (for each 1 mmol/L increase, odds ratio [OR]: 1.61 and 0.78, 95% confidence interval [CI]: 1.17-2.23 and 0.64-0.96, respectively). In women, higher levels of total cholesterol and low-density lipoprotein cholesterol were associated with increased risk of having early AMD (OR: 1.21 and 1.26, 95% CI: 1.01-1.44 and 1.03-1.53, respectively). Sub-analysis demonstrated that women with ARMS2 A69S polymorphisms had a stronger risk for early AMD (OR: 3.25, 95% CI: 2.10-5.04) than men (OR: 1.65, 95% CI: 1.02-2.69). Differential associations of early AMD with both systemic and genetic factors by sex were demonstrated in a Japanese cohort, which suggests that disease process of early AMD could be different by sex.

  • Metabolic Profiling of Total Physical Activity and Sedentary Behavior in Community-Dwelling Men

    原田 成

    PLOS ONE 11 ( 10 )  2016年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1932-6203

  • Metabolomic profiling reveals novel biomarkers of alcohol intake and alcohol-induced liver injury in community-dwelling men (vol 21, pg 18, 2016)

    原田 成

    ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE 21 ( 4 ) 283 - 284 2016年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著,  ISSN  1342-078X

  • Profiling of plasma metabolites in postmenopausal women with metabolic syndrome

    原田 成

    MENOPAUSE-THE JOURNAL OF THE NORTH AMERICAN MENOPAUSE SOCIETY 23 ( 7 ) 749 - 758 2016年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著,  ISSN  1072-3714

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 鶴岡メタボロームコホート研究

    原田 成

    実験医学 (羊土社)  35 ( 17 ) 74 - 78 2017年10月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • 新しいコホート研究の立ち上げと今後の展望—神戸研 究と鶴岡メタボロームコホート研究

    原田 成

    呼吸と循環 (医学書院)  64 ( 1 ) 71 - 77 2016年

    総説・解説(学術雑誌), 共著

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ゲノム・メタボローム・コホートによる肝障害発症経路の解明と個別的予防医療への応用

    2018年07月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 原田 成, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 腎機能低下を早期に予測するメタボロミクス・バイオマーカーの解明と予防医療への展開

    2018年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 原田 成, 若手研究, 補助金,  代表

  • 遺伝子多型と代謝プロファイルの関連解析に基づく高尿酸血症の予防医学研究

    2015年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 原田 成, 若手研究(B), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    鶴岡市民を対象としたコホート研究における大規模血漿メタボロミクス・プロファイルを用いて、尿酸関連遺伝子多型-血漿メタボローム-血清尿酸値の関連を検討した。血漿メタボロームと血清尿酸値は広範に関連していることが日本人において初めて示唆された。またABCG2は本集団においても血清尿酸値と関連しており、ABCG2の多型によって、一部の代謝物と血清尿酸値の関連が、異なる傾向を示すことが示された。特にジメチルグリシンは男女共通で、ABCG2遺伝子型により尿酸値との関連が逆方向になることが示唆された。今後のさらなる追跡調査により、遺伝子多型によるオーダーメイド予防医療につながる可能性がある。

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第85回日本衛生学会優秀演題賞

    2016年03月

  • 第29回日本心臓財団・バイエル薬品 海外留学助成

    2016年02月

  • 第29回日本心臓財団・バイエル薬品 海外留学助成

    2016年

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

  • 第85回日本衛生学会優秀演題賞

    2016年

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 公衆衛生学

    2019年度

  • 衛生学

    2019年度

  • 医学統計・医療情報

    2019年度

  • 基礎疫学

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 衛生学

    慶應義塾大学医学部, 2018年度

  • 公衆衛生学

    慶應義塾大学医学部, 2018年度

  • 医療統計・医療情報学

    慶應義塾大学医学部, 2018年度

  • Preventive Medicine and Environmental Health

    School of Medicine, Keio University, 2018年度

  • Medical Statistics and Information

    School of Medicine, Keio University, 2018年度

全件表示 >>