佐藤 泰憲 (サトウ ヤスノリ)

Sato, Yasunori

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 衛生学公衆衛生学教室 (信濃町)

職名

准教授

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 薬理学

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

  • 情報通信 / 統計科学

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 数理統計学

  • 生物統計学

  • 臨床試験学

  • 遺伝疫学

  • 遺伝統計学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 食品免疫学事典

    日本食品免疫学会, 2021年11月

    担当ページ: 8-20 適切な統計解析法 

  • 臨床試験のための アダプティブデザイン (統計ライブラリー)

    安藤英一, 五所正彦, 佐藤 泰憲, 高橋翔, 竹内久朗, 長島健悟, 中水流嘉臣, 野間久史, 平川晃弘, 藤井陽介, 松岡伸篤, 松永信人, 丸尾和司, 山田雅之, 朝倉書店, 2018年08月

  • 新版 薬効評価

    佐久間昭, 五所正彦, 酒井弘憲, 佐藤泰憲, 竹内久朗 , 東京大学出版会, 2017年02月

  • ゼロから学ぶ 医薬統計教室

    佐藤泰憲, 五所正彦, メジカルビュー社, 2014年09月

  • 生存時間解析入門 原書第2版

    五所正彦, 佐藤泰憲, 竹内久朗, 長島健悟, 中水流嘉臣, 平川晃弘, 松永信人, 山田雅之, 東京大学出版会, 2014年04月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Standards for assessing and reporting adverse events.

    Kawakami T, Kohsaka S, Sato Y, Fukuda K, Matsubara H

    The Lancet. Respiratory medicine 2022年11月

    ISSN  2213-2600

  • Adverse effects of long-term drain placement and the importance of direct aspiration: A retrospective cohort study.

    Okui J, Obara H, Uno S, Sato Y, Shimane G, Takeuchi M, Kawakubo H, Kitago M, Okabayashi K, Kitagawa Y

    The Journal of hospital infection 2022年11月

    ISSN  0195-6701

     概要を見る

    BACKGROUND: Long-term placement of prophylactic drains can result in retrograde infections. AIM: We aimed to investigate the association between the timing of drain removal and clinical outcomes. METHODS: This retrospective, single-center cohort study evaluated 110 patients who underwent elective gastrointestinal or hepatopancreatobiliary surgery and developed subsequent organ/space surgical site infection (SSI) between 2016 and 2020. We evaluated the difference between the culture-positive species of prophylactic drains and direct aspiration, whether the prophylactic drains functioned effectively at the time of SSI diagnosis, and whether the empirical antibiotics administered before drainage were able to treat all the detected bacteria. Finally, clinical outcomes were compared between early (i.e. cases wherein the prophylactic drain had already been removed or replaced at the time of SSI diagnosis) and late (removal after diagnosis) drain removal. FINDINGS: The prophylactic drains functioned effectively in only 27 (25%) patients at the time of SSI diagnosis. Due to the results of direct aspiration cultures, 43% of patients required antibiotic escalation. The median time to drain removal or first replacement was seven postoperative days. The early removal group included 43 patients (39%). Compared with early removal, late removal resulted in a higher frequency of vancomycin use (7.0% versus 22.4%; P = 0.037). CONCLUSIONS: Prolonged prophylactic drain placement is associated with complicated infections requiring vancomycin, therefore, the drains should be removed as soon as possible. Additionally, obtaining the cultures of direct aspiration should be actively considered, as escalation of antimicrobial therapy is often performed based on culture results.

  • School-based cognitive behavioural intervention programme for addressing anxiety in 10- to 11-year-olds using short classroom activities in Japan: a quasi-experimental study.

    Urao Y, Yoshida M, Sato Y, Shimizu E

    BMC psychiatry 22 ( 1 ) 658 2022年10月

  • Assessing anti-SARS-CoV-2 cellular immunity in 571 vaccinees by using an interferon-γ release assay.

    Wakui M, Uwamino Y, Yatabe Y, Nakagawa T, Sakai A, Kurafuji T, Shibata A, Tomita Y, Noguchi M, Tanabe A, Arai T, Ohno A, Yokota H, Uno S, Yamasawa W, Sato Y, Ikeda M, Yoshimura A, Hasegawa N, Saya H, Murata M

    European journal of immunology 2022年10月

    ISSN  0014-2980

  • Multicenter prospective validation study for international chronic ocular graft-versus-host disease consensus diagnostic criteria.

    Ogawa Y, Dana R, Kim S, Jain S, Rosenblatt MI, Perez VL, Clayton JA, Alves M, Rocha EM, Amparo F, Seo KY, Wang Y, Shen J, Oh JY, Vanathi M, Nair S, Na KS, Riemens A, Sippel K, Soifer M, Wang S, Ferrer MT, Kim MK, Yoon CH, Yagi R, Hiratsuka R, Ogawa M, Shimizu E, Sato Y, Pflugfelder S, Tsubota K

    The ocular surface 2022年09月

    ISSN  1542-0124

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Vulnerable臨床病期IB-III食道癌に対するパクリタキセル併用放射線療法の第I相試験

    平田 賢郎, 吉田 佳代, 堅田 親利, 對馬 隆浩, 紀 貴之, 山本 幸子, 石川 秀樹, 佐藤 泰憲, 伊藤 芳紀, 加藤 健, 浜本 康夫

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集 ((NPO)日本食道学会)  75回   124 - 124 2021年09月

  • アレルギー疾患児の養育者が抱える負担感の可視化に関する研究

    佐野 英子, 佐藤 泰憲, 長尾 みづほ, 松永 真由美, 浜田 佳奈, 高瀬 貴文, 安田 泰明, 野上 和剛, 藤澤 隆夫

    日本小児アレルギー学会誌 ((一社)日本小児アレルギー学会)  35 ( 4 ) 406 - 406 2021年09月

    ISSN  0914-2649

  • 悪性症候群に対する修正型電気けいれん療法の有用性を検討する多施設における後方視的カルテ調査研究

    橘 真澄, 新津 富央, 佐藤 泰憲, 赤田 弘一, 野々村 司, 青木 勉, 小石川 比良来, 伊豫 雅臣

    精神神経学雑誌 ((公社)日本精神神経学会)   ( 2021特別号 ) S606 - S606 2021年09月

    ISSN  0033-2658

  • 乳幼児期アレルギー疾患に関わる養育者負担評価質問票の開発:アンメットニーズに応えるために

    水野 友美, 長尾 みづほ, 高瀬 貴文, 松永 真由美, 安田 泰明, 野上 和剛, 星 みゆき, 浜田 佳奈, 貝沼 圭吾, 中川 敦夫, 佐藤 泰憲, 藤澤 隆夫

    日本小児アレルギー学会誌 ((一社)日本小児アレルギー学会)  35 ( 4 ) 406 - 406 2021年09月

    ISSN  0914-2649

  • 非接触型ベッドセンサーを用いた終末期緩和ケア患者の呼吸状態評価 オピオイド投与量と呼吸パターンの異常

    磯野 史朗, 長谷川 誠, 田口 奈津子, 鍾野 弘洋, 水野 裕子, 高井 啓有, 佐藤 泰憲

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 ((一社)日本睡眠学会)  46回   225 - 225 2021年09月

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 医学・薬学・健康科学における生物統計教育ツール・カリキュラム開発

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 佐藤 泰憲, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2021年度Best Teacher Award

    2022年06月, 慶應義塾大学

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 2020年度Best Teacher Award

    2021年06月, 慶應義塾大学

    受賞区分: その他

  • 日本臨床精神神経薬理学会 学会奨励賞

    吉村健佑、橋本佐、佐藤泰憲、佐藤愛子、竹内崇、渡邉博幸、寺尾岳 、中里道子、伊豫雅臣, 2019年, 日本臨床精神神経薬理学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 日本臨床薬理学会海外研修助成

    2006年10月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 健康マネジメント特論Ⅰ

    2022年度

  • 健康マネジメント合同演習

    2022年度

  • 公衆衛生学Ⅱ

    2022年度

  • 公衆衛生学Ⅰ

    2022年度

  • 特別研究

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 医学方法論

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    講義, 兼任, 2時間, 10人

    医学統計

  • 医薬統計概論

    千葉大学

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 推測統計学

    千葉大学

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 臨床試験特論

    群馬大学医学部

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 臨床薬理学

    群馬大学医学部

    2018年04月
    -
    2019年03月

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日中医学交流センター 理事

    2022年06月
    -
    継続中
  • PLOS ONE Editorial Board Academic Editor

    PLOS ONE

    2022年05月
    -
    継続中
  • 日本食品免疫学会ワーキンググループプロジェクトチーム

    2017年10月
    -
    継続中
  • 厚生労働省 薬事・食品衛生審議会 医薬品等安全対策部会

    2017年01月
    -
    継続中
  • 日本医師会 倫理審査委員会 事前評価委員

    2016年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床試験学会, 

    2021年06月
    -
    継続中
  • 日本産業衛生学会, 

    2018年06月
    -
    継続中
  • 日本疫学会, 

    2018年06月
    -
    継続中
  • 日本衛生学会, 

    2018年06月
    -
    継続中
  • 日本公衆衛生学会, 

    2018年06月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年05月
    -
    継続中

    PLOS ONE Editorial Board Academic Editor, PLOS ONE

  • 2018年10月
    -
    継続中

    Associate Editor (Statistical Consulting), Circulation Reports

  • 2017年10月
    -
    継続中

    日本食品免疫学会ワーキンググループプロジェクトチーム, 日本食品免疫学会

  • 2017年01月
    -
    継続中

    薬事・食品衛生審議会 医薬品等安全対策部会 委員, 厚生労働省 

  • 2016年04月
    -
    継続中

    中央認定再生医療等委員会 委員, 国立病院機構

全件表示 >>