佐藤 泰憲 (サトウ ヤスノリ)

Sato, Yasunori

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 衛生学公衆衛生学教室 (信濃町)

職名

准教授

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 統計科学

  • 生命・健康・医療情報学

  • 応用薬理学

  • 疫学・予防医学

  • 衛生学・公衆衛生学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 数理統計学

  • 生物統計学

  • 臨床試験学

  • 遺伝疫学

  • 遺伝統計学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 臨床試験のための アダプティブデザイン (統計ライブラリー)

    安藤英一, 五所正彦, 佐藤 泰憲, 高橋翔, 竹内久朗, 長島健悟, 中水流嘉臣, 野間久史, 平川晃弘, 藤井陽介, 松岡伸篤, 松永信人, 丸尾和司, 山田雅之, 朝倉書店, 2018年08月

  • 新版 薬効評価

    佐久間昭, 五所正彦, 酒井弘憲, 佐藤泰憲, 竹内久朗 , 東京大学出版会, 2017年02月

  • ゼロから学ぶ 医薬統計教室

    佐藤泰憲, 五所正彦, メジカルビュー社, 2014年09月

  • 生存時間解析入門 原書第2版

    五所正彦, 佐藤泰憲, 竹内久朗, 長島健悟, 中水流嘉臣, 平川晃弘, 松永信人, 山田雅之, 東京大学出版会, 2014年04月

  • 医薬統計Q&A

    佐久間 昭 酒井 弘憲 佐藤 泰憲, 金原出版, 2007年10月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A multicenter non-randomized phase III study of sentinel node navigation surgery for early gastric cancer.

    Kamiya S, Takeuchi H, Fukuda K, Kawakubo H, Takahashi N, Mitsumori N, Terashima M, Tsujimoto H, Kinami S, Natsugoe S, Ohi M, Kadoya S, Fushida S, Hayashi H, Nabeshima K, Sakamoto J, Matsuda S, Mayanagi S, Irino T, Sato Y, Kitagawa Y

    Japanese journal of clinical oncology 2020年10月

    ISSN  0368-2811

  • Utility of the EULAR Sjögren syndrome disease activity index in Japanese children: a retrospective multicenter cohort study.

    Iwata N, Tomiita M, Kobayashi I, Inoue Y, Nonaka Y, Okamoto N, Umebayashi H, Hara R, Ito Y, Sato Y, Mori M

    Pediatric rheumatology online journal 18 ( 1 ) 73 2020年09月

  • Development of a High-Efficacy Reprogramming Method for Generating Human Induced Pluripotent Stem (iPS) Cells from Pathologic and Senescent Somatic Cells.

    Tanaka N, Kato H, Tsuda H, Sato Y, Muramatsu T, Iguchi A, Nakajima H, Yoshitake A, Senbonmatsu T

    International journal of molecular sciences (International Journal of Molecular Sciences)  21 ( 18 ) 1 - 16 2020年09月

    ISSN  16616596

     概要を見る

    © 2020 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Induced pluripotent stem (iPS) cells are a type of artificial pluripotent stem cell induced by the epigenetic silencing of somatic cells by the Yamanaka factors. Advances in iPS cell reprogramming technology will allow aging or damaged cells to be replaced by a patient’s own rejuvenated cells. However, tissue that is senescent or pathologic has a relatively low reprogramming efficiency as compared with juvenile or robust tissue, resulting in incomplete reprogramming; iPS cells generated from such tissue types do not have sufficient differentiation ability and are therefore difficult to apply clinically. Here, we develop a new reprogramming method and examine it using myofibroblasts, which are pathologic somatic cells, from patient skin tissue and from each of the four heart chambers of a recipient heart in heart transplant surgery. By adjusting the type and amount of vectors containing transcriptional factors for iPS cell reprogramming, as well as adjusting the transfection load and culture medium, the efficiency of iPS cell induction from aged patient skin-derived fibroblasts was increased, and we successfully induced iPS cells from myocardial fibroblasts isolated from the pathologic heart of a heart transplant recipient.

  • The Association of In-Hospital Transcatheter Aortic Valve Replacement Availability on Outcomes of Surgical Aortic Valve Replacement in Elderly Patients.

    Tabata M, Kumamaru H, Ono A, Miyata H, Sato Y, Motomura N

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society (一般社団法人 日本循環器学会)  84 ( 9 ) 1599 - 1604 2020年08月

    ISSN  1346-9843

     概要を見る

    <p><b><i>Background:</i></b>Transcatheter aortic valve replacement (TAVR) has been performed more and more frequently in elderly patients with aortic stenosis. We investigated the association of in-hospital availability of TAVR on outcomes of surgical aortic valve replacement (SAVR) in the era of TAVR.</p><p><b><i>Methods and Results:</i></b>We utilized data from the Japan Adult Cardiovascular Surgery Database. Between October 2013 and December 2016, 9,330 patients aged ≥80 years underwent isolated SAVR or SAVR with coronary artery bypass grafting in 557 centers in Japan. We assessed the associations of in-hospital TAVR availability with operative mortality and composite complications adjusting for each patient's characteristics, JapanSCORE predicted the risk scores, and hospital volumes of SAVR using generalized estimation equation methods. Observed operative mortality rates were 3.4% in all centers, 2.0% in TAVR centers and 4.0% in non-TAVR centers. The multivariable analyses showed that TAVR centers had statistically significantly lower operative mortality compared with non-TAVR centers among all patients (odds ratio 0.60, 95% confidence interval 0.41–0.89, P=0.01) and among intermediate/high-risk patients (odds ratio 0.52, 95% confidence interval 0.32–0.85, P<0.01) but not among low-risk patients (odds ratio 0.82, 95% confidence interval 0.44–1.51, P=0.52).</p><p><b><i>Conclusions:</i></b>In-hospital TAVR availability was associated with better outcomes of SAVR among elderly patients. This association was statistically significant among intermediate/high-risk patients but not significant among low-risk patients.</p>

  • Scores of Health-Related Quality of Life Questionnaire Worsen Consistently in Patients of COPD: Estimating Disease Progression over 30 Years by SReFT with Individual Data Collected in SUMMIT Trial.

    Kawamatsu S, Jin R, Araki S, Yoshioka H, Sato H, Sato Y, Hisaka A

    Journal of clinical medicine 9 ( 8 )  2020年08月

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 肺腺癌脳転移患者におけるTKI使用の有無によるガンマナイフ後の転帰 JLGK0901サブセット解析

    芹澤 徹, 山本 昌昭, 樋口 佳則, 佐藤 泰憲, 赤羽 敦也, 永野 修

    肺癌 ((NPO)日本肺癌学会)  60 ( 2 ) 132 - 132 2020年04月

    ISSN  0386-9628

  • 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療における遅発性合併症の画像所見と治療選択

    相山 仁, 山本 昌昭, 石川 栄一, 渡邊 真哉, 松村 明, 川邊 拓也, 小磯 隆雄, 佐藤 泰憲

    茨城県臨床医学雑誌 ((一社)茨城県医師会)   ( 55 ) 105 - 105 2020年03月

    ISSN  0910-6782

  • がん臨床試験におけるマスタープロトコルの活用と展望

    竹村 亮, 石井 亮太, 小笠原 定久, 石井 麻貴, 佐藤 泰憲

    医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス ((一財)医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団)  51 ( 3 ) 138 - 144 2020年03月

    ISSN  1884-6076

  • 機械学習による無作為化臨床試験の解析 OASIS-5および6試験の患者個別レベルの複合分析

    吉岡 英樹, 佐藤 泰憲, 樋坂 章博

    日本薬学会年会要旨集 ((公社)日本薬学会)  140年会   28P - am047S 2020年03月

    ISSN  0918-9823

  • サルベージ治療・オリゴ再発に対する局所治療戦略 ガンマナイフ治療を施行した肺腺癌脳転移患者にTKIが与える影響 JLGK0901サブセット解析

    芹澤 徹, 山本 昌昭, 樋口 佳則, 佐藤 泰憲, 周藤 高, 赤羽 敦也, 城倉 英史, 四方 聖二, 永野 修, 川岸 潤, 山中 一浩, JLGK0901研究グループ

    肺癌 ((NPO)日本肺癌学会)  59 ( 6 ) 587 - 587 2019年11月

    ISSN  0386-9628

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 医学・薬学・健康科学における生物統計教育ツール・カリキュラム開発

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 佐藤 泰憲, 基盤研究(C), 補助金,  代表

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 公衆衛生学Ⅱ

    2020年度

  • 公衆衛生学Ⅰ

    2020年度

  • 特別研究

    2020年度

  • 臨床試験方法論

    2020年度

  • 医学統計・医療情報

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 医学方法論

    慶應義塾, 2018年度, 専門科目, 講義, 兼任, 2時間, 10人

    医学統計

  • 医薬統計概論

    千葉大学, 2018年度

  • 推測統計学

    千葉大学, 2018年度

  • 臨床試験特論

    群馬大学医学部, 2018年度

  • 臨床薬理学

    群馬大学医学部, 2018年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 厚生労働省 薬事・食品衛生審議会 医薬品等安全対策部会

    2017年01月
    -
    継続中
  • 日本医師会 倫理審査委員会 事前評価委員

    2016年04月
    -
    継続中
  • 国立病院機構 臨床研究中央倫理審査委員会 委員

    2016年01月
    -
    継続中
  • 環境省 原子力災害影響調査技術検討会

    2015年04月
    -
    2017年03月
  • 厚生労働省 国民健康・栄養調査企画解析検討会 委員

    2013年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本産業衛生学会, 

    2018年06月
    -
    継続中
  • 日本疫学会, 

    2018年06月
    -
    継続中
  • 日本衛生学会, 

    2018年06月
    -
    継続中
  • 日本公衆衛生学会, 

    2018年06月
    -
    継続中
  • 日本臨床薬理学会, 

    2005年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    継続中

    Associate Editor (Statistical Consulting), Circulation Reports

  • 2017年01月
    -
    継続中

    薬事・食品衛生審議会 医薬品等安全対策部会 委員, 厚生労働省 

  • 2016年04月
    -
    継続中

    中央認定再生医療等委員会 委員, 国立病院機構

  • 2016年04月
    -
    継続中

    倫理審査委員会事前評価委員, 日本医師会 

  • 2016年01月
    -
    継続中

    臨床研究中央倫理審査委員会 委員, 国立病院機構 

全件表示 >>