岡村 智教 (オカムラ トモノリ)

Okamura, Tomonori

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 衛生学公衆衛生学教室 (信濃町)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月

    厚生省健康政策局計画課

  • 1988年04月
    -
    1993年03月

    高知県土佐山田保健所

  • 1993年04月
    -
    2000年02月

    大阪府立成人病センター病院 循環器検診第Ⅰ科

  • 2000年03月
    -
    2007年07月

    滋賀医科大学社会学講座 助教授(准教授、2007年4月から職名変更)

  • 2002年10月
    -
    2003年08月

    (留学)Department of Epidemiology and Public Health, Imperial College

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年03月

    筑波大学, 医学専門学群

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 筑波大学, 論文, 1996年02月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 1988年05月

  • 日本医師会認定産業医, 1998年09月

  • 介護支援専門員, 2001年03月

  • 日本公衆衛生学会認定専門家, 2011年03月

  • 社会医学系指導医, 2017年03月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 疫学・予防医学

  • 公衆衛生学・健康科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 予防医学

  • 疫学・公衆衛生学

  • 脂質異常症・動脈硬化

  • 健康増進

  • 循環器疾患

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • In: Vasan R., Sawyer, D.(eds.) The Encyclopedia of Cardiovascular Research and Medicine, vol.[3]

    Okamura T, Sugiyama D, Hirata T, Kuwabara K and Hirata A., Elsevier, 2018年,  ページ数: .

    担当範囲: Lipids and Cardiovascular Diseases: Epidemiologic Perspectives.,  担当ページ: 221-229

  • 第三期特定健診・特定保健指導ガイド(門脇 孝、津下一代 編)

    岡村 智教、宮本恵宏, 南山堂、東京, 2018年09月

    担当範囲: 冠動脈疾患(虚血性心疾患)発症予防からみた脂質管理.pp119-127

  • 動脈硬化性疾患予防のための脂質異常症治療ガイド2018年版

    岡村 智教, (社)日本動脈硬化学会、東京, 2018年

  • 岸玲子監修、小泉昭夫、馬場園明、今中雄一、武林亨編.NEW予防医学・公衆衛生学.

    岡村 智教, 南江堂、東京, 2018年

    担当範囲: 第2章.疫学と方法, pp64-80

  • 寺本民生、木庭新治、本田佳子、朝倉比都美編:脂質異常症の最新食事療法のなぜに答える. 栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズ Vol 5(臨床栄養別冊)

    岡村智教. , 医歯薬出版株式会社, 2017年

    担当範囲: これはどのような意味をもちますか?.脂質異常症の有病者数の推移について教えてください.,  担当ページ: 7-11

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Echocardiographic Parameters and the Risk of Incident Atrial Fibrillation: The Suita Study

    Higashiyama Aya, Kokubo Yoshihiro, Watanabe Makoto, Nakao Yoko Masukata, Okamura Tomonori, Okayama Akira, Miyamoto Yoshihiro

    JOURNAL OF EPIDEMIOLOGY 30 ( 4 ) 183 - 187 2020年04月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  0917-5040

  • Relationship between thin physique at 6 years and metabolic disease risks in middle-aged Japanese women: The Suita study

    Katsuragi S., Okamura T., Kokubo Y., Watanabe M., Higashiyama A., Ikeda T., Miyamoto Y.

    Journal of Obstetrics and Gynaecology Research (Journal of Obstetrics and Gynaecology Research)  46 ( 3 ) 517 - 526 2020年03月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  13418076

     概要を見る

    © 2020 Japan Society of Obstetrics and Gynecology Aim: We previously reported that female babies born small developed cardiovascular risks in middle age. The present study was conducted using the same cohort to examine the relationship between physique at 6 years and the metabolic disease risk in middle age. Methods: Data collected from 721 women aged 41–69 years who underwent a medical examination at a single institution between 2007 and 2008 were retrospectively examined. We collected data from medical examinations and a questionnaire on physique (thin, normal, and fat) at 6 years. The relationship between birthweight and physique at 6 years was investigated. Results: Among females who were born small (< 2500 g), 80%, 16%, and 4% became thin, normal, or fat, respectively, by 6 years. Physique at 6 years had a negative relationship with future triglyceride, fasting glucose, HbA1C, insulin, and homeostasis model assessment of insulin resistance (HOMA-IR) levels and a positive relationship with high-density lipoprotein cholesterol levels. Conclusion: Although our findings may be specific to the study population, physique at 6 years had a negative relationship with the metabolic disease risk in middle-aged Japanese women. Insulin and MOMA-IR levels negatively correlated with physique at 6 years, and development from low birthweight infants to childhood obesity was rare in this cohort.

  • Relationship of household salt intake level with long-term all-cause and cardiovascular disease mortality in Japan: NIPPON DATA80

    Shima A., Miyamatsu N., Miura K., Miyagawa N., Okuda N., Yoshita K., Kadota A., Suzuki H., Kondo K., Okamura T., Okayama A., Ueshima H., Saitoh S., Sakata K., Hozawa A., Hayakawa T., Nakamura Y., Nishi N., Ohkubo T., Kasagi F., Murakami Y., Izumi T., Matsumura Y., Ojima T., Tamakoshi K., Nakagawa H., Kita Y., Fujiyoshi A., Nakamura Y., Miyamoto Y., Kodama K., Kiyohara Y.

    Hypertension Research (Hypertension Research)  43 ( 2 ) 132 - 139 2020年02月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  09169636

     概要を見る

    © 2019, The Japanese Society of Hypertension. In Asian countries, a major source of salt intake is from seasoning or table salt added at home. However, little is known about the adverse effects of salt intake evaluated according to household unit. We investigated the relationship between household salt intake level and mortality from all-cause and cardiovascular diseases (CVDs). Participants included 8702 individuals (56% women) who were living with someone else and who were aged 30–79 years and enrolled in the National Nutritional Survey of Japan in 1980 with a 24-year follow-up. Household nutrient intake was evaluated using a 3-day weighing record method in which all foods and beverages consumed by any of the household members were recorded. The household salt intake level was defined as the amount of salt consumed (g) per 1000 kcal of total energy intake in each household, and its average was 6.25 (2.02) g/1000 kcal. During the follow-up, there were 2360 deaths (787 CVD, 168 coronary heart disease [CHD], and 361 stroke). Cox proportional hazard ratios (HRs) for an increment of 2 g/1000 kcal in household salt intake were calculated and adjusting for sex, age, body mass index, smoking status, alcohol consumption status, self-reported work exertion level, household potassium intake, household saturated fatty acid intake, and household long-chain n-3 polyunsaturated fatty acid intake. The HRs (95% confidence intervals) were 1.07 (1.02, 1.12) for all-cause mortality, 1.11 (1.03, 1.19) for CVD, 1.25 (1.08, 1.44) for CHD, and 1.12 (1.00, 1.25) for stroke. The household salt intake level was significantly associated with long-term risk of all-cause, CVD, CHD, and stroke mortality in a representative Japanese population.

  • Relationship between carbohydrate and dietary fibre intake and the risk of cardiovascular disease mortality in Japanese: 24-year follow-up of NIPPON DATA80

    Miyazawa I., Miura K., Miyagawa N., Kondo K., Kadota A., Okuda N., Fujiyoshi A., Chihara I., Nakamura Y., Hozawa A., Nakamura Y., Kita Y., Yoshita K., Okamura T., Okayama A., Ueshima H.

    European Journal of Clinical Nutrition (European Journal of Clinical Nutrition)  74 ( 1 ) 67 - 76 2020年01月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  09543007

     概要を見る

    © 2019, Springer Nature Limited. Background/Objectives: The association between carbohydrate intake and cardiovascular disease (CVD) risk has been investigated, but whether the quality of carbohydrate is more important than its amount is not known. We examined the associations between intake of dietary fibre (DF), carbohydrate, available carbohydrate, and starch with long-term CVD mortality in a Japanese population. Subjects/Methods: We prospectively followed 8925 participants (3916 men and 5009 women) aged 30–79 years without CVD at baseline who participated in the National Nutrition Survey in Japan. Cox proportional hazards models were used to estimate multivariable-adjusted hazard ratios (HRs) and their 95% confidence intervals (CIs) for CVD mortality by quartiles of exposure variables. Results: During 24 years of follow-up, 823 CVD deaths were observed. In men, the multivariable-adjusted HR for CVD mortality was lower in the highest quartile of DF intake (HR: 0.64; 95% CI: 0.47–0.87; Ptrend = 0.007) compared with the lowest quartile. This association was not significant in women. Multivariable-adjusted HR for total stroke mortality was lower in the highest quartile of DF intake (HR: 0.61; 95% CI: 0.38–0.98; Ptrend = 0.046) compared with the lowest quartile in women. Carbohydrate, available carbohydrate, and starch intake were not associated with CVD mortality. Conclusions: Higher intake of DF was associated significantly with a lower risk of CVD mortality in men and lower risk of stroke mortality in women. Intake of carbohydrate, available carbohydrate, and starch were not associated with the risk of CVD mortality in men or women.

  • Dietary inflammatory index positively associated with high-sensitivity C-reactive protein level in Japanese from NIPPON data2010

    Yang Y., Hozawa A., Kogure M., Narita A., Hirata T., Nakamura T., Tsuchiya N., Nakaya N., Ninomiya T., Okuda N., Kadota A., Ohkubo T., Okamura T., Ueshima H., Okayama A., Miura K.

    Journal of Epidemiology (Journal of Epidemiology)  30 ( 2 ) 98 - 107 2020年

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  09175040

     概要を見る

    © 2019 Yunqing Yang et al. Background: It has been reported that chronic inflammation may play an important role in the pathogenesis of several serious diseases and could be modulated by diet. Recently, the Dietary Inflammatory Index (DII®) was developed to assess the inflammatory potential of the overall diet. The DII has been reported as relevant to various diseases but has not been validated in Japanese. Thus, in the present study, we analyzed the relationship between DII scores and high-sensitivity C-reactive protein (hs-CRP) levels in a Japanese population. Methods: Data of the National Integrated Project for Prospective Observation of Non-communicable Disease and its Trends in the Aged 2010 (NIPPON DATA2010), which contained 2,898 participants aged 20 years or older from the National Health and Nutrition Survey of Japan (NHNS2010), were analyzed. Nutrient intakes derived from 1-day semi-weighing dietary records were used to calculate DII scores. Energy was adjusted using the residual method. Levels of hs-CRP were evaluated using nephelometric immunoassay. Multiple linear regression analyses were performed. Results: After adjusting for age, sex, smoking status, BMI, and physical activity, a significant association was observed between DII scores and log(CRP+1) (standard regression coefficient = 0.05, P < 0.01). Although it was not statistically significant, the positive association was consistently observed in almost all age-sex subgroups and the non-smoker subgroup. Conclusions: The current study confirmed that DII score was positively associated with hs-CRP in Japanese.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 日本における脂質と動脈硬化性疾患の関連-疫学研究のエビデンス-.

    平田匠、岡村智教.

    Medical Practice  36 ( 1 ) 40 - 44 2019年

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • 脂質異常症のスクリーニングとリスク評価.

    桑原和代、岡村智教.

    臨床と研究 96 ( 1 ) 6 - 11 2019年

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • 高HDL血症と心血管イベントに関する疫学研究からの知見-日常診療で高HDL血症をみつけたらどうするか.

    岡村智教.

    医学のあゆみ  268 ( 5 ) 415 - 419 2019年

    総説・解説(学術雑誌), 単著

  • 塩味味覚感度の低さは仮面高血圧に関連する:神戸研究

    久保田芳美、若林一郎、岡村智教.

    血圧 26 ( 5 ) 248 - 249 2019年

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • 糖尿病と腎臓病の重症化予防事業-循環器疾患との関連を中心に-

    岡村智教.

    日本栄養士会雑誌 62 ( 3 ) 14 - 17 2019年

    総説・解説(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 循環器疾患の絶対リスクの予測とその臨床応用

    岡村智教

    第55回循環器病予防学会/第8回臨床高血圧フォーラム, 2019年05月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 脳卒中と循環器疾患克服5カ年計画は達成可能か:0次予防から3次予防まで. Prevention Strategies for Cardiovascular Diseases in Japanese Population

    岡村智教

    第83回日本循環器学会学術集会, 2019年03月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 動脈硬化性疾患予防のための包括的な危険因子の管理

    岡村智教

    第19回動脈硬化教育フォーラム, 2019年02月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 診療ガイドラインへの疫学研究の活用-JASガイドライン2012と2017から

    岡村智教

    第29回日本疫学会学術総会 , 2019年02月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • EPOCH-JAPAN研究:健康日本21や診療ガイドラインへのエビデンス提供を目指した共同プロジェクト

    岡村智教

    学会連携ワークショップ「出生コホート研究連携ワークショップ」 (東京) , 2019年01月, 口頭(招待・特別),  日本DOHaD学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策政策研究事業生涯にわたる循環器疾患の個人リスクおよび集団のリスク評価ツールの開発を目的とした大規模コホート統合研究(H29-循環器等-一般-003):

    2017年04月
    -
    継続中

    厚生労働省, 岡村 智教, 補助金, 

  • 脂質異常症の質的な評価と動脈硬化性疾患の関連についての地域疫学研究(研究代表者 岡村智教:基盤研究B 16H05249)

    2016年04月
    -
    継続中

    補助金,  代表

  • 循環器疾患における集団間の健康格差の実態把握とその対策を目的とした大規模コホート共同研究(研究代表者 岡村智教:厚生労働科学研究 H26-循環器等(生習)-一般​-001)

    2014年04月
    -
    2017年03月

    岡村 智教, 補助金, 

  • 酸化LDLコレステロールと潜在性動脈硬化症、生活機能の関連についての地域疫学研究(研究代表者 岡村智教:基盤研究B 23390178)

    2011年04月
    -
    2015年03月

    岡村 智教, 補助金, 

  • 大規模コホート共同研究の発展による危険因子管理の優先順位の把握と個人リスク評価に関するエピデンスの構築(研究代表者 岡村智教:厚生労働科学研究 H23-循環器等(生習)-一般-005)

    2011年04月
    -
    2014年03月

    岡村 智教, 補助金, 

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 生活習慣病予防のエビデンス(全24回)

    岡村 智教

    2010年04月
    -
    2012年03月

    その他, 単独

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本動脈硬化学会五島雄一郎賞

    岡村 智教, 2013年07月, 日本動脈硬化学会, 一般市民集団における脂質異常症と動脈硬化性疾患の疫学研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 日本疫学会奨励賞

    岡村 智教, 2009年01月, 日本疫学会, 日本人を対象とした脂質異常症の疫学研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 日本公衆衛生学会奨励賞

    岡村 智教, 2002年10月, 日本公衆衛生学会, 老人保健事業を中心とした地域保健対策の評価と推進に関する研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 厚生統計研究奨励賞

    岡村 智教, 1998年12月, 厚生統計協会, 循環器検診所見と高齢者(65~74歳)の生命予後、活動能力の関連についての追跡研究

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞

その他 【 表示 / 非表示

  •  内容を見る

    先端医療センターコホート研究チーム チームリーダー

  •  内容を見る

    国立循環器病研究センター 客員部長

  •  内容を見る

    滋賀医科大学 客員教授

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 公衆衛生学Ⅰ

    2020年度

  • 公衆衛生学

    2020年度

  • 衛生学公衆衛生学演習

    2020年度

  • 衛生学公衆衛生学実習

    2020年度

  • 衛生学公衆衛生学

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 公衆衛生学(医学部)

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 110人

  • 公衆衛生学

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任

  • 公衆衛生学

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任

  • 公衆衛生学

    慶應義塾, 2013年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任

  • 公衆衛生学

    慶應義塾, 2012年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 全国健康保険協会 理事(保健担当)

    2017年10月
    -
    継続中
  • 健康保険組合連合会 データヘルス計画推進会議委員

    2014年05月
    -
    2017年03月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本動脈硬化学会 理事

     
  • 日本疫学会 理事

     
  • 日本アルコール・アディクション学会 理事

     
  • 日本循環器病予防学会 理事

     
  • 日本公衆衛生学会 評議員

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年05月
    -
    2017年04月

    医師試験委員, 厚生労働省

  • 2011年11月
    -
    2012年04月

    厚生科学審議会専門委員(次期国民健康づくり運動プラン策定専門委員会), 厚生労働省

  • 2013年04月
    -
    継続中

    国民健康・栄養調査企画解析検討会 構成員, 厚生労働省

  • 2013年06月
    -
    2014年10月

    日本人の長寿を支える「健康な食事」のあり方に関する検討会 構成員, 厚生労働省

  • 2014年07月
    -
    継続中

    厚生科学審議会専門委員(健康日本21(第二次)推進専門委員会), 厚生労働省

全件表示 >>