飯田 美穂 (イイダ ミホ)

Iida, Miho

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 衛生学公衆衛生学教室 Department of Preventive Medicine and Public Health, Keio University School of Medicine (信濃町)

職名

助教(有期)

HP

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 医学部, 産婦人科学(婦人科)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    亀田総合病院, 初期研修医

  • 2010年04月
    -
    2014年03月

    慶應義塾大学医学部, 産婦人科学教室, 専修医

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    済生会宇都宮病院, 産婦人科, 専攻医

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    川崎市立川崎病院, 産婦人科, 専攻医

  • 2017年10月
    -
    2018年03月

    慶應義塾大学医学部, 産婦人科学教室, 助教

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2008年03月

    慶應義塾大学, 医学部, 医学科

    日本, 大学, 卒業

  • 2014年04月
    -
    2017年09月

    慶應義塾大学, 医学研究科, 博士課程

    日本, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学医学部, 課程, 2017年09月

    Profiling of plasma metabolites in postmenopausal women with metabolic syndrome

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 2008年04月

  • 日本産科婦人科学会専門医, 2013年10月

  • 日本抗加齢医学会専門医, 2017年01月

  • 社会医学系専門医, 2017年04月

  • 女性ヘルスケア専門医, 2017年10月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 産婦人科学

  • 衛生学・公衆衛生学

  • 疫学・予防医学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • メタボロミクス

  • 予防医学

  • 公衆衛生

  • 女性ヘルスケア

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Endometrial Cancer: Current Epidemiology, Detection and Management

    Banno K, IIDA Miho, Farghaly SA, Umene K, Kisu I, Aoki D, Nova Science Publishers, Inc., 2014年,  ページ数: 17

    担当範囲: Novel Therapeutic Agents for Treatment of Endometrial Cancer,  担当ページ: 321-337

     概要を見る

    Endometrial cancer is a female genital cancer that occurs frequently in Europe and the United States. Conventional therapy for endometrial cancer does not permit fertility preservation or have effects on advanced and recurrent cancers, and new pharmacotherapies are needed. The fourth-generation progestin, dienogest, blocks excessive estrogenic activity and inhibits endometrial overgrowth. Metformin is an antidiabetic drug that may have an effect on endometrial cancer through targeting of the mammalian target of rapamycin (mTOR) pathway. mTOR inhibitors block cancer growth by arresting the cell cycle in G1 phase and clinical trials of new generation drugs with multiple sites of action in the mTOR pathway are underway. To inhibit down regulation of tumor suppressor genes by DNA hypermethylation and histone deacetylation, drugs targeting DNA methyltransferase (DNMT), microRNA (miRNA) and histone deacetylase (HDAC) are under development. AEZS-108 targeted to LHRH receptors on tumors is an effective compound for chemotherapy of endometrial cancer. In addition, targeting STAT3 or Wnt/β-catenin pathway by specific inhibitor in tumor cells and immunosuppressive cells, or along with other immunotherapy, might restore the immunocompetence of endometrial cancer patients. The oncogenic mechanisms underlying endometrial cancer, and regulatory factors based on the characteristics of endometrial cancer cells are gradually emerging. These data are likely to lead to development of new effective therapy for this disease.

論文 【 表示 / 非表示

  • Profiling of plasma metabolites in postmenopausal women with metabolic syndrome.

    IIDA Miho, Harada S, Kurihara A, Fukai K, Kuwabara K, Sugiyama D, Takeuchi A, Okamura T, Akiyama M, Nishiwaki Y, Suzuki A, Hirayama A, Sugimoto M, Soga T, Tomita M, Banno K, Aoki D, Takebayashi T.

    Menopause. 23 ( 7 ) 749 - 758 2016年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    OBJECTIVE:The aim of the study was to investigate the associations of amino acids and other polar metabolites with metabolic syndrome (MetS) in postmenopausal women in a lean Asian population.

    METHODS:The participants were 1,422 female residents enrolled in a cohort study from April to August 2012. MetS was defined according to the National Cholesterol Education Program Adult Treatment Panel III modified for Japanese women. Associations were examined between MetS and 78 metabolites assayed in fasting plasma samples using capillary electrophoresis-mass spectrometry. Replication analysis was performed to confirm the robustness of the results in a separate population created by random allocation.

    RESULTS:Analysis was performed for 877 naturally postmenopausal women, including 594 in the original population and 283 in the replication population. The average age, body mass index, and levels of high- and low-density lipoprotein cholesterol of the entire population were 64.6 years, 23.0 kg/m, 72.1 mg/dL, and 126.1 mg/dL, respectively. There was no significant difference in low-density lipoprotein cholesterol levels between women with and without MetS. Thirteen metabolites were significantly related to MetS: multiple plasma amino acids were elevated in women with MetS, including branched-chain amino acids, alanine, glutamate, and proline; and alpha-aminoadipate, which is generated by lysine degradation, was also significantly increased.

    CONCLUSIONS:Our large-scale metabolomic profiling indicates that Japanese postmenopausal women with MetS have abnormal polar metabolites, suggesting altered catabolic pathways. These results may help to understand metabolic disturbance, including in persons with normal body mass index and relatively high levels of high-density lipoprotein cholesterol, and may have clinical utility based on further studies.

    公開用PDF1

  • Metabolic Profiling of Total Physical Activity and Sedentary Behavior in Community-Dwelling Men.

    Fukai K, Harada S, IIDA Miho, Kurihara A, Takeuchi A, Kuwabara K, Sugiyama D, Okamura T, Akiyama M, Nishiwaki Y, Oguma Y, Suzuki A, Suzuki C, Hirayama A, Sugimoto M, Soga T, Tomita M, Takebayashi T.

    PLoS One. 14 ( 11 (10) ) e0164877 2016年10月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • Reliability of plasma polar metabolite concentrations in a large-scale cohort study using capillary electrophoresis-mass spectrometry

    Harada S., Hirayama A., Chan Q., Kurihara A., Fukai K., Iida M., Kato S., Sugiyama D., Kuwabara K., Takeuchi A., Akiyama M., Okamura T., Ebbels T., Elliott P., Tomita M., Sato A., Suzuki C., Sugimoto M., Soga T., Takebayashi T.

    PLoS ONE (PLoS ONE)  13 ( 1 ) e0191230 2018年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    © 2018 Harada et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Background Cohort studies with metabolomics data are becoming more widespread, however, large-scale studies involving 10,000s of participants are still limited, especially in Asian populations. Therefore, we started the Tsuruoka Metabolomics Cohort Study enrolling 11,002 community-dwelling adults in Japan, and using capillary electrophoresis-mass spectrometry (CE-MS) and liquid chromatography–mass spectrometry. The CE-MS method is highly amenable to absolute quantification of polar metabolites, however, its reliability for large-scale measurement is unclear. The aim of this study is to examine reproducibility and validity of large-scale CE-MS measurements. In addition, the study presents absolute concentrations of polar metabolites in human plasma, which can be used in future as reference ranges in a Japanese population. Methods Metabolomic profiling of 8,413 fasting plasma samples were completed using CE-MS, and 94 polar metabolites were structurally identified and quantified. Quality control (QC) samples were injected every ten samples and assessed throughout the analysis. Inter- and intra-batch coefficients of variation of QC and participant samples, and technical intraclass correlation coefficients were estimated. Passing-Bablok regression of plasma concentrations by CE-MS on serum concentrations by standard clinical chemistry assays was conducted for creatinine and uric acid. Results and conclusions In QC samples, coefficient of variation was less than 20% for 64 metabolites, and less than 30% for 80 metabolites out of the 94 metabolites. Inter-batch coefficient of variation was less than 20% for 81 metabolites. Estimated technical intraclass correlation coefficient was above 0.75 for 67 metabolites. The slope of Passing-Bablok regression was estimated as 0.97 (95% confidence interval: 0.95, 0.98) for creatinine and 0.95 (0.92, 0.96) for uric acid. Compared to published data from other large cohort measurement platforms, reproducibility of metabolites common to the platforms was similar to or better than in the other studies. These results show that our CE-MS platform is suitable for conducting large-scale epidemiological studies.

  • Aberrant chromatin remodeling in gynecological cancer

    Okawa, R., Banno, K., Iida, M., Yanokura, M., Takeda, T., Iijima, M., Kunitomi-Irie, H., Nakamura, K., Adachi, M., Umene, K., Nogami, Y., Masuda, K., Kobayashi, Y., Tominaga, E. and Aoki, D.

    Oncol Lett 14 ( 5 ) 5107 - 5113 2017年11月

    ISSN  1792-1074

     概要を見る

    Epigenetic regulatory mechanisms are a current focus in studies investigating cancer. Chromatin remodeling alters chromatin structure and regulates gene expression, and aberrant chromatin remodeling is involved in carcinogenesis. AT-rich interactive domain-containing protein 1A (ARID1A) and SWItch/sucrose non-fermentable-related, matrix-associated, actin-dependent regulator of chromatin, subfamily a, member 4 are remodeling factors that are mutated in numerous types of cancer. In gynecological cancer, ARID1A mutations have been identified in 46-57% of clear cell carcinoma and 30% of endometrioid carcinoma. Mutations of chromodomain helicase, DNA-binding protein 4 have been detected in 17-21% of endometrial serous cancer, and mutations of ARID1A and mixed-lineage leukemia 3 occur in 36 and 27% of uterine carcinosarcoma, respectively. These data suggest that aberrant chromatin remodeling is a potential cause of cancer, and have led to the development of novel proteins targeting these processes. Additional accumulation of information on the mechanisms of chromatin remodeling and markers for these events may promote personalized anticancer therapies.

  • Drug repositioning of mevalonate pathway inhibitors as antitumor agents for ovarian cancer

    Kobayashi, Y., Kashima, H., Rahmanto, Y. S., Banno, K., Yu, Y., Matoba, Y., Watanabe, K., Iijima, M., Takeda, T., Kunitomi, H., Iida, M., Adachi, M., Nakamura, K., Tsuji, K., Masuda, K., Nomura, H., Tominaga, E. and Aoki, D.

    Oncotarget 8 ( 42 ) 72147 - 72156 2017年09月

    ISSN  1949-2553

     概要を見る

    Drug repositioning is an alternative strategy redirecting existing drugs for new disease. We have previously reported an antitumor effect of statins, antidyslipidemic drugs, on ovarian cancer in vitro and in vivo. In this study, we investigated the antitumor effects of other mevalonate pathway inhibitors and the mechanism of the antitumor effect from a metabolic perspective. The effects of inhibitors of the mevalonate pathway on tumor cell growth were evaluated in vitro. Bisphosphonates that inhibit this pathway are commonly used as antiosteoporotic drugs, and antitumor effects of the bisphosphonate were examined in vitro and in vivo. Metabolites in SKOV3 ovarian cancer cells were analyzed before and after lovastatin treatment, using capillary electrophoresis-mass spectrometry. All mevalonate pathway inhibitors showed concentration-dependent inhibitory effects on tumor cell growth. Particularly marked effects were obtained with inhibitors of farnesyltransferase and geranylgeranyltransferase. The bisphosphonate was also shown to have an antitumor effect in vivo. The expression of autophagy marker LC3A/3B was increased in cells after treatment. In metabolomics analysis, lovastatin treatment increased the metabolites involved in the tricarboxylic acid cycle while reducing the metabolites associated with glycolysis. Also it decreased glutathione and resulted to work with chemotherapeutic agents synergistically. Inhibition at any point in the mevalonate pathway, and especially of farnesyl pyrophosphate and geranylgeranyl pyrophosphate, suppresses growth of ovarian cancer cells. Inhibition of this pathway may induce autophagy, cause a shift to activation of the tricarboxylic acid cycle and enhance susceptibility to chemotherapy. Drug repositioning targeting mevalonate pathway for ovarian cancer deserves consideration for clinical application.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • メタボロームを用いた高血圧のコホート研究

    飯田 美穂、武林 亨

    血圧 (先端医学社)  26 ( 1 ) 40 - 44 2019年

    総説・解説(学術雑誌), 共著

     概要を見る

    質の高いコホート研究にメタボローム解析を適用することで、遺伝と環境の両要因を鋭敏に反映する生体内の代謝物質全体をプロファイリングすることが可能となり、バイオマーカー探索や疾患発症予測、創薬開発など様々な活用が期待されている。2008年のINTERMAP研究を皮切りに数多くのメタボロームコホート研究が行われ、血圧に関連する代謝物質やそれらを産生する腸内細菌による血圧制御機序などが報告されている。国内のコホート研究は限定的ながらも、本邦からのエビデンス創出に取り組んでいる。今後は、国内外のコホート間ネットワークの強化による異なる集団での検証、ならびに多層オミクスアプローチによる個別化予防医療の実現に向けた取り組みが期待される。

  • 子宮頚がん/ HPVワクチン

    飯田 美穂

    治療 2018年 4月号 特集 「お母さんを守ろう -家庭医は産前家族の応援団- 」 (南山堂)  100 ( 4 ) 376 - 379 2018年03月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

     概要を見る

    妊娠中やこれから妊娠を予定している女性とその家族に,外来診療の限られた時間のなかで最適なアドバイスをするための情報が掲載されている。コモンディジーズに罹っている妊婦への対応や処方はもちろん,外来でふと聞かれたときにも対応できる不妊治療の知識や,ワクチン,生活指導のほか,産業医からの視点や健康の社会的決定要因などが分かりやすく記述されている。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 閉経後日本人女性の骨粗鬆症におけるメタボローム解析を用いた血漿バイオマーカーの検討

    渡辺慶子, 飯田 美穂, 小林佑介, 冨永英一郎, 阪埜浩司, 武林亨, 青木大輔

    第33回日本女性医学学会学術集会 (岐阜県岐阜市) , 2018年11月, 口頭(一般), 日本女性医学学会

  • 地域住民におけるFatty liver indexとCAVIとの関連:鶴岡メタボロームコホート研究

    平田あや、岡村智教、原田成、杉山大典、桑原和代、佐田みずき、栗原綾子、加藤寿寿華、飯田 美穂、武林亨

    第77回日本公衆衛生学会総会 (福島県) , 2018年10月, 口頭(一般), 日本公衆衛生学会

  • 大規模疫学研究におけるCE-MS血液メタボロミクス測定値の信頼性: 鶴岡メタボロームコホート研究

    原田成, 平山明由, 栗原綾子, 深井航太, 飯田 美穂, 加藤寿寿華, 杉山大典,桑原和代, 竹内文乃, 岡村智教, 冨田勝, 杉本昌弘, 曽我朋義, 武林亨

    第28回日本疫学会学術総会 (福島県) , 2018年02月, ポスター(一般), 日本疫学会

  • 職域集団における自覚ストレス・対処方法(コーピング)と収縮期血圧の関連

    深井航太,原田成,栗原綾子,飯田 美穂,加藤寿寿華,桑原和代,竹内文乃,杉山大典,岡村智教,武林亨

    第90回日本産業衛生学会 (東京) , 2017年05月, ポスター(一般), 日本産業衛生学会

  • 総身体活動量・座位時間と血漿メタボロームの関連:鶴岡メタボロームコホート

    深井航太, 原田 成, 飯田 美穂, 栗原綾子, 竹内文乃, 桑原和代, 杉山大典, 岡村智教, 平山明由, 杉本昌弘, 曽我朋義, 冨田 勝, 武林亨

    第27回日本疫学会学術総会 (山梨県山梨市) , 2017年01月, ポスター(一般), 日本疫学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ステロイドホルモン・プロファイリングを用いた女性健康実現のための地域コホート研究

    2019年04月
    -
    継続中

    文部科学省, 科学研究費助成事業(科研費), 飯田美穂, 若手研究, 代表

     研究概要を見る

    近年、エイジングに伴う健康寿命延伸・QOL向上において、ステロイドホルモンが果たす役割の重要性が明らかになってきた。とくに高齢女性においては、更年期状態の把握以外に女性ホルモン濃度を測定する意義は乏しいとされてきたのに対し、閉経後の卵巣や副腎における性ホルモンやその前駆体の分泌が明らかとなり、これらの網羅的なプロファイルと認知機能低下、フレイルや動脈硬化性疾患、骨粗鬆症等との関連について検証する意義は大きい。
    本研究では、高齢女性の健康状態やQOLに関連する代謝プロファイル・ステロイドホルモンプロファイルを明らかにし、女性の健康寿命・QOL向上に繋げることを目的とする。

  • メタボロミクス疫学による個別か女性予防医療研究:更年期障害の客観的評価指標の探索と疾患発症予測の検討

    2018年10月
    -
    2019年09月

    大和証券ヘルス財団, 平成30年度(第45回)調査研究助成, 飯田美穂, 中高年・高齢者のための予防医学・臨床医学、並びに医療に関する調査研究, 代表

     研究概要を見る

    女性活躍社会の実現は,多様性を尊重する世界の潮流となっている。人口減少社会を迎えるわが国においても,2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%程度とする目標が掲げられている.一方で,社会において指導的地位を担う可能性が高い40-50代女性において,更年期障害を有する女性の労働能力の低下は,更年期障害なしの場合の8.4倍にも及ぶことが示されている.更年期障害は,軽症のものも含めると全女性の半数以上が経験するが,エストロゲン分泌低下の直接的影響を受ける血管運動神経系症状(例:ほてり,発汗)と,心理・社会的背景の変化に基づくエストロゲン低下を介さない精神神経系/運動神経系症状(例:抑うつ,めまい)の両者が複合的に絡み合い多彩な表現型を示すことから,さまざまな状態に応じて診断・治療の最適化を図る個別化予防医療の対象疾患として重要である.
    体内の代謝プロファイルを網羅的に評価することのできる手法であるメタボロミクスは,遺伝子-環境相互作用の結果を鋭敏に反映する手法として,疾患バイオマーカー探索から薬剤開発まで広く用いられつつある.そこで本研究では,地域在住の更年期女性を対象に,既存の各種ホルモン値に加え血中メタボロームを網羅的に測定し,更年期障害のメタボロームプロファイリングを通じて,更年期障害の客観的評価法を見出すことを目的とする.また,更年期障害を有する女性は将来心血管疾患を発症するリスクが高いことが報告されており,大規模疫学研究データを用いて,将来的な疾患発症予測に関する検証を第二の目的とする.
    更年期障害は社会的に広く認知されかつ治療法もおおむね確立しているにも関わらず,本邦における更年期女性の医療機関受診率やホルモン補充療法の普及率は低い.その背景には,ホルモン値測定による卵巣機能の評価は診断の参考になるが,症状の感じ方・現れ方に個人差が大きく主観的であり,実地臨床において客観的判断が難しいとの課題がある.本研究により更年期女性の健康課題に対して従来とは異なる新しい発想のアプローチを行うことで,更年期症状の客観的評価や将来の疾患発症に対する早期介入が可能となり,一人でも多くの女性のより良い生涯と日本の男女共同参画社会実現の一助となることが期待される.

Works 【 表示 / 非表示

  • みんなでなろう!こころのサポーター

    飯田美穂

    山形県鶴岡市 第四学区生き生き健康講座 テーマ『地域のつながり・縁』, 

    2018年11月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • みらい健康調査からみる健康長寿のヒケツ

    山形県鶴岡市 第三学区生き生き健康講座 テーマ『65歳からの健康づくり事業』, 

    2016年11月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 年を重ねるごとに輝く女性になるためのワンポイント

    飯田美穂

    山形県鶴岡市 第一学区の女性のためのヘルスセミナー ハッピーキラッとタイム, 

    2015年12月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • 『鶴岡みらい健康調査』を知ろう~女性の健康づくりワンポイントアドバイス~

    飯田美穂

    山形県鶴岡市 保健衛生推進員連合会研修会, 

    2015年06月
    -
    継続中

    その他, 単独

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度日本産科婦人科学会優秀論文賞(女性のヘルスケア部門)

    2017年04月, 日本産科婦人科学会, Profiling of plasma metabolites in postmenopausal women with metabolic syndrome.

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 平成28年度日本産科婦人科学会優秀論文賞(女性のヘルスケア部門)

    2017年04月, 日本産科婦人科学会, Profiling of plasma metabolites in postmenopausal women with metabolic syndrome.

  • 第30回日本女性医学学会学術集会優秀演題賞

    2015年11月, 日本女性医学学会, 閉経後女性におけるメタボリック症候群の血漿メタボローム解析:鶴岡メタボロームコホート研究

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第30回日本女性医学学会学術集会優秀演題賞

    2015年11月, 日本女性医学学会, 閉経後女性におけるメタボリック症候群の血漿メタボローム解析:鶴岡メタボロームコホート研究

  • 鉄蕉会亀田総合病院 22期 The Best Resident賞

    2010年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 公衆衛生学

    2019年度

  • 医学統計・医療情報

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 自主学習

    慶應義塾, 2018年度, 専門科目, 演習, 兼担, 3時間, 5人

  • 医学統計・医療情報

    慶應義塾, 2018年度, 専門科目, 演習, 兼担, 3時間, 110人

  • 医学統計・医療情報

    慶應義塾大学医学部, 2018年度

  • 公衆衛生学

    慶應義塾大学医学部, 2018年度

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 自主学習

    2019年04月
    -
    2019年11月

    , 教育方法・実践に関する発表、講演

  • 公衆衛生学調査研究

    2018年10月
    -
    2018年11月

    , その他特記事項

  • 医学統計・医療情報

    2018年09月
    -
    2018年11月

    , その他特記事項

  • 自主学習

    2018年04月
    -
    2018年11月

    , 教育方法・実践に関する発表、講演

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • POLAウェルネスカフェ

    2018年
    -
    継続中
  • 鶴岡みらい健康づくり活動

    2014年04月
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本衛生学会, 

    2018年
    -
    継続中
  • 日本公衆衛生学会, 

    2018年
    -
    継続中
  • 日本産業衛生学会, 

    2018年
    -
    継続中
  • 日本疫学会, 

    2017年
    -
    継続中
  • 日本女性医学学会, 

    2014年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年09月
    -
    継続中

    食養委員, 慶應義塾大学病院食養委員会