安井 正人 (ヤスイ マサト)

Yasui, Masato

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 薬理学教室 (信濃町)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 平成元年3月 慶應義塾大学医学部卒業 平成元年5月 医師国家試験 合格 平成元年4月 聖路加国際病院 小児科 レジデント 平成4年4月 東京女子医科大学 母子総合医療センター 新生児室 助手 平成5年  スウェーデン王国カロリンスカ医科大学大学院 博士課程         (平成9年4月 Doctor of Philosophy 取得) 平成9年9月 米国ジョンズホプキンス大学 医学部 講師 平成10年    博士号(医学)取得 慶應義塾大学 平成13年12月 米国ジョンズホプキンス大学 医学部 助教授 平成18年3月 ~ 現在 慶應義塾大学 教授(医学部 薬理学教室)

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 医学部, 教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1992年03月

    聖路加国際病院 , 小児科, 研修医

  • 1992年04月
    -
    1993年01月

    東京女子医科大学 母子総合医療センター, 新生児室, 助手

  • 1992年04月
    -
    1993年01月

    東京大学, 医科学研究所 御子柴研究室, 客員研究員

  • 2000年
    -
    2001年

    米国ジョンズホプキンス大学医学部, 講師

  • 2001年
    -
    2006年

    米国ジョンズホプキンス大学医学部, Depts of Pediatrics and Biological Chemistry, 助教授

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1989年03月

    慶應義塾大学, 医学部

    日本, 大学, 卒業

  • 1997年04月

    スウェーデン王国カロリンスカ医科大学, 博士課程

    スウェーデン王国, 大学院, 卒業, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • Doctor of Philosophy, スウェーデン王国カロリンスカ医科大学, 1997年04月

  • 博士(医学), 慶応義塾大学, 1998年

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 薬理学一般

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 水・電解質・アクアポリン

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ①アクアポリンの構造機能相関 ②脳のアクアポリンの機能解析 ③アクアフォトミクスの臨床応用, 

    1997年01月
    -
    継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Characterization of Intra/Extracellular Water States Probed by Ultrabroadband Multiplex Coherent Anti-Stokes Raman Scattering (CARS) Spectroscopic Imaging.

    Nuriya M, Yoneyama H, Takahashi K, Leproux P, Coudrc V, Yasui M, Kano H.

    J. Phys. Chem. A. 123 ( 17 ) 3928 - 3934 2019年

  • Adrenergic Receptor Antagonism Induces Neuroprotection and Facilitates Recovery from Acute Ischemic Stroke.

    Monai H, Wang X, Yahagi K, Lou N, Mestre H, Xu Q, Abe Y, Yasui M, Iwai Y, Nedergaard M and Hirase H.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA. (in press)  2019年

  • Quantification of anomeric structural changes of glucose solution using near-infrared spectra.

    Tanaka S, Kojic D, Tsenkova R and Yasui M.

    Carbohydr. Res. 463   40 - 46 2018年

  • Comparison of diffusion-weighted MRI and anti-Stokes Raman scattering (CARS) measurements of the inter-compartmental exchange-time of water in expression-controlled aquaporin-4 cells.

    Obata T, Kershaw J, Tachibana Y, Miyauchi T, Abe Y, Shibata S, Kawaguchi H, Ikoma Y, Takuwa H, Aoki I, Yasui M.

    Sci Rep. 8 ( 1 ) 17954 2018年

  • Aquaporin-4-dependent glymphatic solute transport in the rodent brain.

    Mestre H, Hablitz LM, Xavier AL, Feng W, Zou W, Pu T, Monai H, Murlidharan G, Castellanos Rivera RM, Simon MJ, Pike MM, Plá V, Du T, Kress BT, Wang X, Plog BA, Thrane AS, Lundgaard I, Abe Y, Yasui M, Thomas JH, Xiao M, Hirase H, Asokan A, Iliff JJ, Nedergaard M.

    Elife. 7 2018年

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Roles of aquaporin‐ 4(AQP4)in neurodegenerative diseases

    Third Annual Stanford/Kanagawa Symposium, 2018年11月

  • 睡眠研究の最先端―ストレス社会で健康を守るために

    在ベルリン日本大使館慶應義塾大学医学講演会, 2018年10月

  • アクアポリン4(AQP4)と神経変性疾患の病態生理

    第30回日本神経免疫学会学術集会, 2018年09月

  • New Insight into Aquaporin Function as Drug Targets

    18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology, 2018年07月

  • 脳のアクアポリンと神経変性疾患

    第30回臨床MR脳機能研究会学術集会, 2018年04月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 脳リンパ流の生理とその破綻による高次脳機能低下メカニズムの解明

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 安井 正人, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 脳浮腫の新規治療法開発:アクアポリン4の調節機構と創薬基盤研究

    2015年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 安井 正人, 基盤研究(B), 補助金,  代表

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 構造生物学演習

    2021年度

  • 構造生物学実習

    2021年度

  • 薬理学演習

    2021年度

  • 薬理学実習

    2021年度

  • 薬理学

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 薬理学総論・薬理学各論・薬理学実習

    慶應義塾, 2017年度

  • 薬理学総論・薬理学各論・薬理学実習

    慶應義塾, 2015年度, 春学期

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • NEW薬理学

    1989年02月

    , 教科書・教材の開発

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会・日本小児科学会・日本臨床薬理学会・日本生物物理学会