加瀬 義高 (カセ ヨシタカ)

Kase, Yoshitaka

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 生理学教室 (信濃町)

職名

助教

特記事項

加瀬 義高

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 東京大学大学院, 医学系研究科, 加齢医学講座, 助教

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士, 東京大学, 課程

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許

  • 薬剤師免許

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学・神経科学一般

  • 生理学一般

  • 内科学一般(含心身医学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 神経幹細胞、神経新生、再生医療、老化

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Involvement of p38 in Age-Related Decline in Adult Neurogenesis via Modulation of Wnt Signaling.

    Kase Y, Otsu K, Shimazaki T, Okano H

    Stem cell reports (Stem Cell Reports)  12 ( 6 ) 1313 - 1328 2019年05月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  22136711

     概要を見る

    © 2019 The Author(s) Neurogenesis in specific brain regions in adult mammals decreases with age. Progressive reduction in the proliferation of neural stem and progenitor cells (NS/PCs) is a primary cause of this age-associated decline. However, the mechanism responsible for this reduction is poorly understood. We identify p38 MAPK as a key factor in the proliferation of neural progenitor cells (NPCs) in adult neurogenic niches. p38 expression in adult NS/PCs is downregulated during aging. Deletion of p38α in NS/PCs specifically reduces the proliferation of NPCs but not stem cells. Conversely, forced expression of p38α in NS/PCs in the aged mouse subventricular zone (SVZ) restores NPC proliferation and neurogenesis, and prevents age-dependent SVZ atrophy. We also found that p38 is necessary for suppressing the expression of Wnt antagonists DKK1 and SFRP3, which inhibit the proliferation of NPCs. Age-related reduction in p38 thus leads to decreased adult neurogenesis via downregulation of Wnt signaling. Kase et al. show that p38 expression in neural stem and progenitor cells (NS/PCs) in the adult brain decreases with aging. This reduction specifically causes proliferation defect in neural progenitor cells (NPCs), leading to the age-dependent decline of adult neurogenesis. Conversely, overexpression of p38α in NS/PCs in the aged brain restores NPC proliferation without exhaustion of neural stem cells.

  • Improvement in polypharmacy and medication regimen complexity among older inpatients with dementia in a geriatric ward.

    Kase Y, Hattori Y, Umeda-Kameyama Y, Kojima T, Ogawa S, Akishita M

    Geriatrics & gerontology international 19 ( 5 ) 461 - 462 2019年05月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  1444-1586

  • Treatment with a Gamma-Secretase Inhibitor Promotes Functional Recovery in Human iPSC- Derived Transplants for Chronic Spinal Cord Injury

    Okubo T., Nagoshi N., Kohyama J., Tsuji O., Shinozaki M., Shibata S., Kase Y., Matsumoto M., Nakamura M., Okano H.

    Stem Cell Reports (Stem Cell Reports)  11 ( 6 ) 1416 - 1432 2018年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  22136711

     概要を見る

    © 2018 The Authors In this article, Okano and colleagues show that the GSI-treated hiPSC-NS/PCs caused significantly enhanced axonal regrowth, remyelination, inhibitory synapse formation with the host neural circuitry, and reticulo spinal tract fiber formation. These favorable outcomes contributed to motor function improvement. Therefore, treating cells with GSI provides a beneficial effect after transplantation, even in the chronic phase following SCI.

総説・解説等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Preventive Role of p38 Against Age-related Decline in Adult Neurogenesis via Modulation of Wnt Signaling

    加瀬義高

    第40回日本炎症・再生医学会, 2019年07月, ポスター(一般)

  • Preventive Role of p38 Against Age-related Decline in Adult Neurogenesis via Modulation of Wnt Signaling

    加瀬義高, 島崎琢也, 岡野栄之

    第61回日本老年医学会学術集会 (仙台) , 2019年06月, 口頭(一般)

  • ES細胞由来神経幹細胞分化運命メカニズムの解析

    加瀬義高, 岡野雄士, 佐藤月花, 岡野栄之

    第18回日本再生医療学会総会 (神戸) , 2019年03月, 口頭(一般)

  • 加齢に伴う神経新生能低下の制御機構の解析

    加瀬 義高

    Tokyoニューロサイエンス研究会, 2018年10月, ポスター(一般)

  • 神経幹細胞/前駆細胞の時間経過に伴う分化能の変化の解析

    加瀬 義高 岡野雄士 岡野栄之

    第1回慶應ライフサイエンスシンポジウム (慶應義塾大学日吉キャンパス 協生館 藤原洋記念ホール) , 2017年08月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 障害海馬での神経幹細胞の枯渇を招かない長期的な神経再生の基礎的研究

    2019年04月
    -
    2022年03月

    慶應義塾大学, 加瀬義高, 若手研究, その他,  代表

     研究概要を見る

    近年報告されている脳内栄養因子等を用いた脳梗塞又はアルツハイマー病モデルマウス治療に関する研究においては、一時的な神経新生は認められるが、それらを用いることにより存神経幹細胞の枯渇を招く恐れがあり、治療後長期にわたってどのような弊害が出てくるのかわかっていない。本研究では、脳梗塞モデルマウス、認知症モデルマウスにおける障害海馬において残存神経幹細胞の枯渇を招かずに中長期的に神経回復を試みている。

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀演題賞

    2019年07月, 第42回日本神経科学大会/第62回日本神経化学会大会/ NEURO2019

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 優秀演題賞

    2019年07月, 日本炎症・再生医学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Poster Teasers

    2019年03月, ES細胞由来神経幹細胞分化運命メカニズムの解析

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • ポスター賞

    2017年08月, 神経幹細胞/前駆細胞の時間経過に伴う分化能の変化の解析

 

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 老年医学 高齢者の臨床(認知症とその対応)

    首都大学東京, 2018年度

  • PBLチュートリアル教育

    東京大学, 2018年度

  • 老年医学 

    国立障害者リハビリテーションセンター学院, 2018年度

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • グローバルサイエンスキャンパス - 科学技術振興機構

    2016年04月
    -
    継続中

    , その他特記事項

     内容を見る

    グローバルサイエンスキャンパス(科学技術振興機構)受講生研究指導