仲嶋 一範 (ナカジマ カズノリ)

NAKAJIMA, Kazunori

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 解剖学教室 (信濃町)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

研究室住所

東京都新宿区信濃町35

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年05月
    -
    1990年03月

    慶應義塾大学病院, 内科, 研修医

  • 1994年04月
    -
    1995年03月

    東京大学, 日本学術振興会特別研究員(博士)

  • 1994年04月
    -
    1995年03月

    理化学研究所, 分子神経生物学研究室, 研究嘱託

  • 1995年04月
    -
    1998年08月

    理化学研究所ライフサイエンス筑波研究センター, 分子神経生物学研究室, 研究員

  • 1996年02月
    -
    1998年02月

    米国聖ジュード小児研究病院, 発生神経生物学部, 客員研究員 (兼務)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1982年04月
    -
    1988年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 1990年04月
    -
    1994年03月

    大阪大学, 医学研究科, 生理系

    大学院, 卒業, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 大阪大学, 課程, 1994年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 1988年06月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 発生生物学 (神経発生生物学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 中枢神経系の組織構築機構

  • 神経細胞移動

  • 脳皮質形成機構

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 大脳皮質の発生・分化機構の解明, 

    2002年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Cell polarity and initiation of migration.Comprehensive Developmental Neuroscience: Cellular Migration and Formation of Neuronal Connections, 2nd Edition

    Kanehiro Hayashi, Katsutoshi Sekine, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima., Amsterdam, Academic Press, 2019年,  ページ数: in press.

  • ヒトの脳は、何が特別なのか?、『特別展 人体 神秘への挑戦』

    吉永怜史、仲嶋 一範, NHK・NHKプロモーション・朝日新聞社, 2018年03月,  ページ数: 183

    担当ページ: 172-176

  • 大脳皮質の層形成機構 、『再生医療シリーズ:脳神経系の再生医学 —発生と再生の融合的新展開—(井村裕夫・高橋淳 監修、河崎洋志 編集) 』

    仲嶋 一範, 診断と治療社 , 2015年01月,  ページ数: 60-65

  • 大脳皮質の層形成機構、『再生医療シリーズ:脳神経系の再生医学 —発生と再生の融合的新展開—(井村裕夫・高橋淳 監修、河崎洋志 編集)』

    仲嶋 一範, 診断と治療社, 2014年12月

    担当範囲: 60-65

  • ニューロンの移動と層および神経核の形成、『脳の発生学 ニューロンの誕生・分化・回路形成(宮田卓樹・山本亘彦 編)』

    仲嶋 一範, 化学同人, 2013年06月

    担当範囲: 53-71

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Drebrin-like (Dbnl) controls neuronal migration via regulating N-cadherin expression in the developing cerebral cortex

    Seika Inoue, Kanehiro Hayashi, Kyota Fujita, Kazuhiko Tagawa, Hitoshi Okazawa, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima* (*corresponding author)

    Journal of Neuroscience (Journal of Neuroscience)  39 ( 4 ) 678 - 691 2019年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  02706474

     概要を見る

    © 2019 the authors. The actin cytoskeleton is crucial for neuronal migration in the mammalian developing cerebral cortex. The adaptor protein Drebrin-like (Dbnl) plays important roles in reorganization of the actin cytoskeleton, dendrite formation, and endocytosis by interacting with F-actin, cobl, and dynamin. Although Dbnl is known to be expressed in the brain, the functions of this molecule during brain development are largely unknown. In this study, to examine the roles of Dbnl in the developing cerebral cortex, we conducted experiments using mice of both sexes with knockdown of Dbnl, effected by in utero electroporation, in the migrating neurons of the embryonic cortex. Time-lapse imaging of the Dbnl-knockdown neurons revealed that the presence of Dbnl is a prerequisite for appropriate formation of processes in the multipolar neurons in the multipolar cell accumulation zone or the deep part of the subventricular zone, and for neuronal polarization and entry into the cortical plate. We found that Dbnl knockdown decreased the amount of N-cadherin protein expressed on the plasma membrane of the cortical neurons. The defect in neuronal migration caused by Dbnl knockdown was rescued by moderate overexpression of N-cadherin and αN-catenin or by transfection of the phospho-mimic form(Y337E, Y347E), but not the phospho-resistant form(Y337F, Y347F), of Dbnl. These results suggest that Dbnl controls neuronal migration, neuronal multipolar morphology, and cell polarity in the developing cerebral cortex via regulating N-cadherin expression.

  • Both excitatory and inhibitory neurons transiently form clusters at the outermost region of the developing mammalian cerebral neocortex

    Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Satoshi Yoshinaga, Kanehiro Hayashi, Yukio Hirata, Colette Dehay, Ken-ichiro Kubo*, and Kazunori Nakajima* (*corresponding authors)(M. Shin and A. Kitazawa are co-first authors)

    Journal of Comparative Neurology (Journal of Comparative Neurology)  527 ( 10 ) 1577 - 1597 2019年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  00219967

     概要を見る

    © 2019 Wiley Periodicals, Inc. During development of the mammalian cerebral neocortex, postmitotic excitatory neurons migrate toward the outermost region of the neocortex. We previously reported that this outermost region is composed of densely packed relatively immature neurons; we named this region, which is observed during the late stage of mouse neocortical development, the “primitive cortical zone (PCZ).” Here, we report that postmigratory immature neurons spend about 1–1.5 days in the PCZ. An electron microscopic analysis showed that the neurons in the PCZ tend to be in direct contact with each other, mostly in a radial direction, forming “primitive neuronal clusters” with a height of 3–7 cells and a width of 1–2 cells. A time-course analysis of fluorescently labeled neurons revealed that the neurons took their positions within the primitive clusters in an inside-out manner. The neurons initially participated in the superficial part of the clusters, gradually shifted their relative positions downward, and then left the clusters at the bottom of this structure. GABAergic inhibitory interneurons were also found within the primitive clusters in the developing mouse neocortex, suggesting that some clusters are composed of both excitatory neurons and inhibitory interneurons. Similar clusters were also observed in the outermost region of embryonic day (E) 78 cynomolgus monkey occipital cortex and 23 gestational week (GW) human neocortices. In the primate neocortices, including human, the presumptive primitive clusters seemed to expand in the radial direction more than that observed in mice, which might contribute to the functional integrity of the primate neocortex.

  • Role of the immune system in the development of the central nervous system.

    Keiko Morimoto and Kazunori Nakajima* (*corresponding author)

    Front. Neurosci. 2019年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Reelin.

    Kanehiro Hayashi, Seika Inoue, and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author)Kanehiro Hayashi, Seika Inoue, and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author)

    Encyclopedia of Signaling Molecules (Sangdun Choi, ed.) 2018年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Subtype specification of cerebral cortical neurons in their immature stages.

    Koji Oishi* and Kazunori Nakajima* (* are the corresponding authors)

    Neurochemical Research (Neurochemical Research)  43 ( 1 ) 238 - 244 2018年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  03643190

     概要を見る

    © 2017, Springer Science+Business Media, LLC, part of Springer Nature. The diversification of neuronal subtypes during corticogenesis is fundamental to the establishment of the complex cortical structure. Although subtype specification has been assumed to occur in neural progenitor cells, increasing evidence has begun to reveal the plasticity of subtype determination in immature neurons. Here, we summarize recent findings regarding the regulation of subtype specification during later periods of neuronal differentiation, such as the post-mitotic and post-migratory stages. We also discuss thalamocortical axons as an extra-cortical cue that provides information on the subtype determination of immature cortical neurons.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Novel migration mode in the developing cerebral cortex (発生期大脳皮質における新しい細胞移動様式の発見)

    Kazunori Nakajima

    第97回日本生理学会大会 (別府国際コンベンションセンター ビーコンプラザ(大分県別府市)) , 2020年03月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 大脳皮質の形成機構

    仲嶋一範

    山口大学医学部解剖学特別講義 (山口県宇部市) , 2019年12月, 口頭(招待・特別), 山口大学

  • CRISPR/Cas9によるゲノム編集によりHAタグラベルしたDab1発現マウスの解析(Analysis of HA-tagged-Dab1-expressing mice created by CRISPR/Cas9-mediated genome editing)

    本田岳夫、仲嶋一範

    第42回日本分子生物学会年会 (福岡国際会議場・マリンメッセ福岡(福岡県福岡市)) , 2019年12月, ポスター(一般)

  • CRISPR/Cas9を用いたゲノム編集によりHAタグラベルしたDab1発現マウスの開発

    本田岳夫、仲嶋一範

    第54回TOKYOニューロサイエンス研究会 (慶應義塾大学信濃町キャンパス(東京都新宿区)) , 2019年11月, ポスター(一般)

  • 発生期の海馬と大脳新皮質における神経細胞の放射状グリア線維依存的な移動様式の違いについての解析

    北澤 彩子、 シン ミンギョン、 林 周宏、 大石 康二、久保 健一郎、 仲嶋 一範

    第54回TOKYOニューロサイエンス研究会 (慶應義塾大学信濃町キャンパス(東京都新宿区)) , 2019年11月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 場との連携による脳細胞の動態制御機構

    2016年
    -
    継続中

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 仲嶋 一範, 新学術領域研究(研究領域提案型), 補助金, 

  • 成熟した大脳皮質神経細胞のサブタイプを生体内で人為的に転換させる試み

    2018年
    -
    継続中

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 仲嶋 一範, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  代表

  • 大脳皮質構造の形成機構

    2019年
    -
    継続中

    慶應義塾福澤基金委員会, 福澤基金研究補助, 仲嶋 一範, その他,  代表

  • 神経細胞の生存を守る内在性機構の解明

    2016年
    -
    継続中

    武田科学振興財団, 武田科学振興財団 ビジョナリーリサーチ研究助成, 仲嶋 一範, 受託研究,  代表

  • 脳の構造が整然と作られるメカニズムの解明

    2015年
    -
    継続中

    武田科学振興財団, 武田科学振興財団 生命科学研究助成, 仲嶋 一範, 受託研究,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第29回(2012年度)井上学術賞

    仲嶋一範, 2013年02月, 井上科学振興財団, 大脳皮質の発生・分化機構

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞,  受賞国: 日本

  • 第5回上田英雄賞

    2001年04月, 東京慈恵会医科大学やよい会, 脳神経細胞の配置決定のメカニズム

    受賞区分: その他の賞,  受賞国: 日本

  • 日本神経化学会第一回最優秀奨励賞

    仲嶋 一範, 2000年10月, 日本神経化学会, 脳皮質形成のメカニズム

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 神経解剖学

    2019年度

  • 発生学

    2019年度

  • 肉眼解剖学

    2019年度

  • 骨学

    2019年度

  • 自主学習

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 神経解剖学

    慶應義塾大学医学部, 2018年度, 専門科目

  • 肉眼解剖学

    慶應義塾大学医学部, 2018年度, 専門科目

  • 骨学

    慶應義塾大学医学部, 2018年度, 専門科目

  • 発生学

    慶應義塾大学医学部, 2018年度, 専門科目

  • 大学院特別講義

    慶應義塾大学大学院医学研究科, 2018年度, 専門科目

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 第15回慶應義塾大学医学部ベスト・ティーチャー賞

    2019年
    -
    継続中

  • 第14回慶應義塾大学医学部ベスト・ティーチャー賞

    2018年

    , 教育内容・方法の工夫

  • 第13回慶應義塾大学医学部ベスト・ティーチャー賞

    2017年

    , 教育内容・方法の工夫

  • 第12回慶應義塾大学医学部ベスト・ティーチャー賞

    2016年

    , 教育内容・方法の工夫

  • 第11回慶應義塾大学医学部ベスト・ティーチャー賞

    2015年

    , 教育内容・方法の工夫

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 第42回四谷祭(慶應義塾大学信濃町キャンパス学園祭)にて一般向け研究室ツアー

    2019年11月
  • 第41回四谷祭(慶應義塾大学信濃町キャンパス学園祭)にて一般向け研究室ツアー

    2018年11月
  • 特別展「人体 ―神秘への挑戦―」(国立科学博物館)にて脳に関する展示に協力

    国立科学博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社

    2018年03月
    -
    2018年06月
  • 第40回四谷祭(慶應義塾大学信濃町キャンパス学園祭)にて一般向け研究室ツアー

    2017年11月
  • 慶應義塾大学医学部解剖学教室仲嶋研究室オープンラボ2017

    2017年08月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • The American Society for Cell Biology (米国細胞生物学会)

     
  • 日本神経化学会

     
  • 日本発生生物学会

     
  • 日本解剖学会

     
  • 日本分子生物学会

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年06月
    -
    継続中

    Editorial Advisory Board Member, The Keio Journal of Medicine

  • 2002年12月
    -
    2005年12月

    Editorial Board Member, Developmental Brain Research (Elsevier)

  • 2004年01月
    -
    2011年07月

    Editorial Board Member, Molecular and Cellular Biochemistry

  • 2009年01月
    -
    継続中

    Review Editor, Frontiers in Neuroanatomy

  • 2009年07月
    -
    2014年04月

    Review Editor for Specialty Section Neurogenesis, Frontiers in Neuroscience

全件表示 >>