仲嶋 一範 (ナカジマ カズノリ)

NAKAJIMA, Kazunori

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 解剖学教室 (信濃町)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

研究室住所

東京都新宿区信濃町35

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年05月
    -
    1990年03月

    慶應義塾大学病院, 内科, 研修医

  • 1994年04月
    -
    1995年03月

    東京大学, 日本学術振興会特別研究員(博士)

  • 1994年04月
    -
    1995年03月

    理化学研究所, 分子神経生物学研究室, 研究嘱託

  • 1995年04月
    -
    1998年08月

    理化学研究所ライフサイエンス筑波研究センター, 分子神経生物学研究室, 研究員

  • 1996年02月
    -
    1998年02月

    米国聖ジュード小児研究病院, 発生神経生物学部, 客員研究員 (兼務)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1982年04月
    -
    1988年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 1990年04月
    -
    1994年03月

    大阪大学, 医学研究科, 生理系

    大学院, 卒業, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 大阪大学, 課程, 1994年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 1988年06月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 発生生物学 (神経発生生物学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 中枢神経系の組織構築機構

  • 神経細胞移動

  • 脳皮質形成機構

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 大脳皮質の発生・分化機構の解明, 

    2002年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Cell polarity and initiation of migration. (Chapter 13) Comprehensive Developmental Neuroscience: Cellular Migration and Formation of Axons and Dendrites, 2nd Edition (Senior Editors-in-Chief: John Rubenstein, Pasko Rakic)

    Kanehiro Hayashi, Katsutoshi Sekine, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author), Elsevier, 2020年05月,  ページ数: 618

    担当ページ: 289-304

  • ヒトの脳は、何が特別なのか?、『特別展 人体 神秘への挑戦』

    吉永怜史、仲嶋 一範, NHK・NHKプロモーション・朝日新聞社, 2018年03月,  ページ数: 183

    担当ページ: 172-176

  • 大脳皮質の層形成機構 、『再生医療シリーズ:脳神経系の再生医学 —発生と再生の融合的新展開—(井村裕夫・高橋淳 監修、河崎洋志 編集) 』

    仲嶋 一範, 診断と治療社 , 2015年01月,  ページ数: 169

    担当ページ: 60-65

  • ニューロンの移動と層および神経核の形成、『脳の発生学 ニューロンの誕生・分化・回路形成(宮田卓樹・山本亘彦 編)』

    仲嶋 一範, 化学同人, 2013年06月

    担当範囲: 53-71

  • Cell polarity and initiation of migration (Chapter 12). Comprehensive Developmental Neuroscience: Cellular Migration and Formation of Neuronal Connections (J.L.R. Rubenstein, P. Rakic, ed.)

    Katsutoshi Sekine, Hidenori Tabata, and Kazunori Nakajima* (* is the corresponding author), Amsterdam, Academic Press, 2013年05月,  ページ数: 1080

    担当ページ: 231-244

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Comprehensive characterization of migration profiles of murine cerebral cortical neurons during development using FlashTag labeling.

    Satoshi Yoshinaga, Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Kazuhiro Ishii, Masato Tanuma, Atsushi Kasai, Hitoshi Hashimoto, Ken-ichiro Kubo, and Kazunori Nakajima

    iScience 2021年

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • Cerebellar foliation via non-uniform cell accumulation caused by fiber-guided migration of granular cells.

    Hironori Takeda, Yoshitaka Kameo, Takahiro Yamaguchi, Kazunori Nakajima, and Taiji Adachi

    J. Biomech. Sci. Eng. 16 ( 1 ) Paper No.20-00516 2021年

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • Reelin-Nrp1 interaction regulates neocortical dendrite development in a context-specific manner.

    Takao Kohno, Keisuke Ishii, Yuki Hirota, Takao Honda, Makoto Makino, Takahiko Kawasaki, Kazunori Nakajima, and Mitsuharu Hattori.

    J. Neurosci. 40 ( 43 ) 8248 - 8261 2020年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Two-photon voltage imaging of spontaneous activity from multiple neurons reveals network activity in brain tissue.

    Binglun Li, Mariya Chavarha, Yuho Kobayashi, Satoshi Yoshinaga, Kazunori Nakajima, Michael Z. Lin, and Takafumi Inoue

    iScience 23 ( 8 ) 101363 2020年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Recording the electrical activity of multiple neurons simultaneously would greatly facilitate studies on the function of neuronal circuits. The combination of the fast scanning by random-access multiphoton microscopy (RAMP) and the latest two-photon-compatible high-performance fluorescent genetically encoded voltage indicators (GEVIs) has enabled action potential detection in deep layers in in vivo brain. However, neuron connectivity analysis on optically recorded action potentials from multiple neurons in brain tissue has yet to be achieved. With high expression of a two-photon-compatible GEVI, ASAP3, via in utero electroporation and RAMP, we achieved voltage recording of spontaneous activities from multiple neurons in brain slice. We provide evidence for the developmental changes in intralaminar horizontal connections in somatosensory cortex layer 2/3 with a greater sensitivity than calcium imaging. This method thus enables investigation of neuronal network connectivity at the cellular resolution in brain tissue.

  • VLDLR is not essential for Reelin-induced neuronal aggregation but suppresses neuronal invasion into the marginal zone.(Selected to appear as a Research Highlight)

    Hirota, Y. ,Nakajima,K.

    Development 147 ( 12 ) 189936 2020年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 脳神経と脳幹の発生と構造

    廣田ゆき、野田隆一郎、仲嶋一範

    Clinical Neuroscience 39 ( 5 ) 530 - 532 2021年

  • 精神神経疾患の関連分子が神経細胞を正しく配置させるしくみを発見

    廣田ゆき、仲嶋一範

    KOMPAS「慶應発サイエンス」  2020年09月

    総説・解説(その他)

  • 精神神経疾患に関わるタンパク質「リーリン」 – 受容体を使い分けて神経細胞の”集合”と”整列”を制御する分子(研究コラム)

    廣田ゆき、仲嶋一範

    academist Journal  2020年08月

    総説・解説(その他)

  • Timing and shaping mechanisms of neural development

    Kageyama R., Nakajima K.

    Neuroscience Research (Neuroscience Research)  138   1 - 2 2019年01月

    総説・解説(学術雑誌), 共著,  ISSN  01680102

  • 精神科医でもある大学院生が行っている神経発生研究

    吉永怜史、久保健一郎、仲嶋一範

    日本生物学的精神医学会誌 30 ( 3 ) 120 - 125 2019年

    総説・解説(学術雑誌)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • マウスの大脳新皮質神経細胞移動に関与するカドヘリンの検索

    齋藤里香穂、野﨑恵太、佐野ひとみ、廣田ゆき、仲嶋一範

    第64回日本神経化学会大会、2021年9月30日-10月1日 <オンライン開催>(oral), 2021年09月

  • 大脳皮質グリア細胞分化における新規分子メカニズムの解析

    大石康二、元山純、仲嶋一範

    第44回日本神経科学大会・CJK第1回国際会議、神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市)(oral), 2021年07月

  • 脳の発生過程における前障神経細胞の移動様式の解明

    大島鴻太、吉永怜史、北澤彩子、仲嶋一範、久保健一郎

    第44回日本神経科学大会・CJK第1回国際会議、神戸コンベンションセンター(兵庫県神戸市), 2021年07月

  • 動く細胞たちが脳を作るしくみ

    仲嶋一範

    慶應義塾大学薬学部「先端医科学研究」(oral, invited), 2021年06月

  • マウス大脳皮質層形成における辺縁帯への移動ニューロンの細胞体進入阻止機構

    廣田ゆき、齋藤里香穂、佐野ひとみ、仲嶋一範

    第126回日本解剖学会総会・全国学術集会・第98回日本生理学会大会合同大会、2021年3月28-30日 <オンライン開催>(poster), 2021年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 場との連携による脳細胞の動態制御機構

    2016年
    -
    継続中

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 仲嶋 一範, 新学術領域研究(研究領域提案型), 補助金, 

  • 成熟した大脳皮質神経細胞のサブタイプを生体内で人為的に転換させる試み

    2018年
    -
    継続中

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 仲嶋 一範, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  代表

  • 脳皮質の構築機構の解明

    2020年08月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 仲嶋 一範, 基盤研究(S), 補助金,  代表

  • 発生期の脳に免疫関連分子が存在するのはなぜか?

    2020年07月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 仲嶋 一範, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  代表

  • 大脳皮質構造の形成機構

    2019年
    -
    継続中

    慶應義塾福澤基金委員会, 福澤基金研究補助, 仲嶋 一範, その他,  代表

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第29回(2012年度)井上学術賞

    仲嶋一範, 2013年02月, 井上科学振興財団, 大脳皮質の発生・分化機構

    受賞区分: 出版社・新聞社・財団等の賞,  受賞国: 日本

  • 第5回上田英雄賞

    2001年04月, 東京慈恵会医科大学やよい会, 脳神経細胞の配置決定のメカニズム

    受賞区分: その他の賞,  受賞国: 日本

  • 日本神経化学会第一回最優秀奨励賞

    仲嶋 一範, 2000年10月, 日本神経化学会, 脳皮質形成のメカニズム

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 神経解剖学

    2019年度

  • 発生学

    2019年度

  • 肉眼解剖学

    2019年度

  • 骨学

    2019年度

  • 自主学習

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 生物科学特別講義Ⅱ

    東京大学理学部生物学科, 2020年度

  • 分子細胞生物学(MCB)

    慶応義塾大学医学部, 2020年度

  • 生物学特論

    慶応義塾大学医学部, 2020年度

  • 自主学習

    慶応義塾大学医学部, 2020年度

  • 骨学

    慶応義塾大学医学部, 2020年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年 慶應義塾大学医学教育貢献賞(Outstanding Teacher Award)

    2020年
    -
    継続中

     内容を見る

    ベスト・ティーチャー賞の多数回受賞のため、2020年に新設された医学教育貢献賞を受賞し、以後ベスト・ティーチャー賞の表彰対象外となった。


  • 第15回慶應義塾大学医学部ベスト・ティーチャー賞

    2019年

  • 第14回慶應義塾大学医学部ベスト・ティーチャー賞

    2018年

    , 教育内容・方法の工夫

  • 第13回慶應義塾大学医学部ベスト・ティーチャー賞

    2017年

    , 教育内容・方法の工夫

  • 第12回慶應義塾大学医学部ベスト・ティーチャー賞

    2016年

    , 教育内容・方法の工夫

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学医学部世界脳週間2020オンラインイベント「脳学問のすゝめ」(オンラインライブイベント)「研究者と話そう」

    NPO法人脳の世紀推進会議/慶應義塾大学医学部神経科学関連研究室、後援:慶應義塾大学医学部, 慶應義塾大学医学部世界脳週間2020オンラインイベント「脳学問のすゝめ」 (オンラインライブイベント)

    2021年02月
  • 慶應義塾大学医学部世界脳週間2020オンラインイベント「脳学問のすゝめ」 研究講演:仲嶋一範“細胞たちが脳を作るしくみ”  バーチャルラボツアー:解剖学教室仲嶋研究室 

    NPO法人脳の世紀推進会議/慶應義塾大学医学部神経科学関連研究室、後援:慶應義塾大学医学部, 慶應義塾大学医学部世界脳週間2020オンラインイベント「脳学問のすゝめ」 (オンデマンド配信・解剖学教室仲嶋研究室)

    2021年01月
    -
    2021年03月
  • 栄光学園 講演「脳が作られるしくみ」

    2020年09月
  • 第42回四谷祭(慶應義塾大学信濃町キャンパス学園祭)にて一般向け研究室ツアー

    2019年11月
  • 第41回四谷祭(慶應義塾大学信濃町キャンパス学園祭)にて一般向け研究室ツアー

    2018年11月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • The American Society for Cell Biology (米国細胞生物学会)

     
  • 日本神経化学会

     
  • 日本発生生物学会

     
  • 日本解剖学会

     
  • 日本分子生物学会

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年06月
    -
    継続中

    Editorial Advisory Board Member, The Keio Journal of Medicine

  • 2002年12月
    -
    2005年12月

    Editorial Board Member, Developmental Brain Research (Elsevier)

  • 2004年01月
    -
    2011年07月

    Editorial Board Member, Molecular and Cellular Biochemistry

  • 2009年01月
    -
    継続中

    Review Editor, Frontiers in Neuroanatomy

  • 2009年07月
    -
    2014年04月

    Review Editor for Specialty Section Neurogenesis, Frontiers in Neuroscience

全件表示 >>