門川 俊明 (モンカワ トシアキ)

Monkawa, Toshiaki

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 医学教育統轄センター (信濃町)

職名

教授(有期)

外部リンク

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 医学部, 副学部長

  • メディアセンター, 信濃町メディアセンター所長

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1992年03月

    慶應義塾大学病院内科研修医

  • 1996年01月
    -
    1998年12月

    学術振興会特別研究員(PD)

  • 1999年01月
    -
    1999年06月

    慶應義塾大学医学部助手(医学部)

  • 1999年07月
    -
    2002年03月

    ワシントン大学腎臓内科リサーチフェロー

  • 2002年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科助手

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年

    慶應義塾大学, 医学部

    大学, 卒業

  • 1996年03月

    慶應義塾大学, 医学研究科, 内科学

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 課程, 1996年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 1991年05月

  • 日本内科学会認定内科医, 1996年09月

  • 労働衛生コンサルタント(保健衛生), 1998年06月

  • 日本腎臓学会腎臓専門医, 2003年04月

  • 日本透析医学会専門医, 2005年04月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 腎臓内科学 (Nephrology)

  • 医学教育学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 医学教育学

  • 電解質、酸塩基平衡異常

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 多職種連携教育, 

    2011年04月
    -
    継続中

  • 医学教育学, 

    2011年04月
    -
    継続中

  • 電解質、酸塩基平衡異常, 

    2002年04月
    -
    継続中

  • 腎尿細管の分化誘導, 

    2002年04月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ハルペリン 病態から考える電解質異常

    Kamel S. Kamel、Mitchell L. Halperin著、門川俊明 翻訳, メディカルサイエンスインターナショナル, 2018年06月

  • なぜパターン認識だけで腎病理は読めないのか?

    門川 俊明, 医学書院, 2017年05月

  • 電解質輸液塾

    門川 俊明, 中外医学社, 2013年04月

  • レジデントのための血液透析患者マネジメント

    門川 俊明, 医学書院, 2011年06月

  • 研究留学術

    門川 俊明, 医歯薬出版, 2002年07月

論文 【 表示 / 非表示

  • DNA repair factor KAT5 prevents ischemic acute kidney injury through glomerular filtration regulation

    Hishikawa A., Hayashi K., Kubo A., Miyashita K., Hashiguchi A., Kinouchi K., Yoshimoto N., Nakamichi R., Akashio R., Sugita E., Azegami T., Monkawa T., Suematsu M., Itoh H.

    iScience (iScience)  24 ( 12 )  2021年12月

     概要を見る

    The “preconditioning effect” in AKI is a phenomenon in which an episode of ischemia-reperfusion results in tolerance to subsequent ischemia-reperfusion injury. However, its relationship between DNA damage repair has not been elucidated. Here, we show the role of KAT5 in the preconditioning effect. Preconditioning attenuated DNA damage in proximal tubular cells with elevated KAT5 expression. Ischemia-reperfusion (IR) injuries were exacerbated, and preconditioning effect vanished in proximal tubular-cell-specific KAT5 knockout mice. Investigation of tubuloglomerular feedback (TGF) by MALDI-IMS and urinary adenosine revealed that preconditioning caused attenuated TGF at least in part via KAT5. In addition, K-Cl cotransporter 3 (KCC3) expression decreased in damaged proximal tubular cells, which may be involved in accelerated TGF following IR. Furthermore, KAT5 induced KCC3 expression by maintaining chromatin accessibility and binding to the KCC3 promoter. These results suggest a novel mechanism of the preconditioning effect mediated by the promotion of DNA repair and attenuation of TGF through KAT5.

  • Induction of human pluripotent stem cells into kidney tissues by synthetic mRNAs encoding transcription factors

    Hiratsuka K., Monkawa T., Akiyama T., Nakatake Y., Oda M., Goparaju S., Kimura H., Chikazawa-Nohtomi N., Sato S., Ishiguro K., Yamaguchi S., Suzuki S., Morizane R., Ko S., Itoh H., Ko M.

    Scientific Reports (Scientific Reports)  9 ( 1 )  2019年12月

     概要を見る

    © 2019, The Author(s). The derivation of kidney tissues from human pluripotent stem cells (hPSCs) and its application for replacement therapy in end-stage renal disease have been widely discussed. Here we report that consecutive transfections of two sets of synthetic mRNAs encoding transcription factors can induce rapid and efficient differentiation of hPSCs into kidney tissues, termed induced nephron-like organoids (iNephLOs). The first set - FIGLA, PITX2, ASCL1 and TFAP2C, differentiated hPSCs into SIX2+SALL1+ nephron progenitor cells with 92% efficiency within 2 days. Subsequently, the second set - HNF1A, GATA3, GATA1 and EMX2, differentiated these cells into PAX8+LHX1+ pretubular aggregates in another 2 days. Further culture in both 2-dimensional and 3-dimensional conditions produced iNephLOs containing cells characterized as podocytes, proximal tubules, and distal tubules in an additional 10 days. Global gene expression profiles showed similarities between iNephLOs and the human adult kidney, suggesting possible uses of iNephLOs as in vitro models for kidneys.

  • Generation of kidney tubular organoids from human pluripotent stem cells

    Yamaguchi Shintaro, Morizane Ryuji, Homma Koichiro, Monkawa Toshiaki, Suzuki Sayuri, Fujii Shizuka, Koda Muneaki, Hiratsuka Ken, Yamashita Maho, Yoshida Tadashi, Wakino Shu, Hayashi Koichi, Sasaki Junichi, Hori Shingo, Itoh Hiroshi

    Scientific Reports 6 2016年12月

    ISSN  2045-2322

     概要を見る

    <p>Recent advances in stem cell research have resulted in methods to generate kidney organoids from human pluripotent stem cells (hPSCs), which contain cells of multiple lineages including nephron epithelial cells. Methods to purify specific types of cells from differentiated hPSCs, however, have not been established well. For bioengineering, cell transplantation, and disease modeling, it would be useful to establish those methods to obtain pure populations of specific types of kidney cells. Here, we report a simple two-step differentiation protocol to generate kidney tubular organoids from hPSCs with direct purification of KSP (kidney specific protein)-positive cells using anti-KSP antibody. We first differentiated hPSCs into mesoderm cells using a glycogen synthase kinase-3β inhibitor for 3 days, then cultured cells in renal epithelial growth medium to induce KSP+ cells. We purified KSP+ cells using flow cytometry with anti-KSP antibody, which exhibited characteristics of all segments of kidney tubular cells and cultured KSP+ cells in 3D Matrigel, which formed tubular organoids in vitro. The formation of tubular organoids by KSP+ cells induced the acquisition of functional kidney tubules. KSP+ cells also allowed for the generation of chimeric kidney cultures in which human cells self-assembled into 3D tubular structures in combination with mouse embryonic kidney cells.</p>

  • Immunoadsorption therapy for dilated cardiomyopathy using tryptophan column-A prospective, multicenter, randomized, within-patient and parallel-group comparative study to evaluate efficacy and safety

    Yoshikawa Tsutomu, Baba Akiyasu, Akaishi Makoto, Wakabayashi Yasuhisa, Monkawa Toshiaki, Kitakaze Masafumi, Izumi Tohru, Tomoike Hitonobu

    Journal of Clinical Apheresis 2016年

    ISSN  0733-2459

     概要を見る

    <p>Over the past few decades, several cardiac autoantibodies have been reported in sera from patients with dilated cardiomyopathy (DCM). Immunoadsorption (IA) therapy is one of the therapeutic tools to remove such autoantibodies. The objective of this study was to investigate functional effects of IA therapy using a tryptophan column in severe DCM patients. Of 49 patients enrolled, 44 were randomized from 10 sites in Japan. IA therapy was conducted in 40 patients with DCM (refractory to standard therapy for heart failure, New York Heart Association [NYHA] class III/IV, left ventricular ejection fraction [LVEF] </p>

  • Fluid and electrolytes

    Monkawa Toshiaki

    Japanese Journal of Nephrology 58 ( 1 ) 12 - 16 2016年

    ISSN  0385-2385

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学における海外施設での臨床実習プログラム

    門川 俊明

    第49回日本教育学会大会, 

    2017年08月

    口頭発表(一般)

  • もう一度やり直す腎生理

    門川 俊明

    第46回日本腎臓学会東部学術大会, 

    2016年10月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • タブレット端末iPad配付と教学システムのデジタル化

    門川 俊明

    第48回日本教育学会大会, 

    2016年07月

    口頭発表(一般)

  • 腎臓専門医制度 腎臓専門医(内科)のカリキュラム

    門川 俊明

    第59回日本腎臓学会学術大会, 

    2016年06月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • K代謝異常

    門川 俊明

    第25回臨床内分泌代謝アップデート, 

    2015年11月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 尿細管細胞の再生またはEMTを決定するマスター制御因子の解明

    2015年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 門川 俊明, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • ベストティーチャー賞

    2015年03月, 慶應義塾大学医学部

  • 日本内科学会奨励賞

    門川 俊明, 2004年04月, 日本内科学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 選択型クリニカルクラークシップ

    2022年度

  • 症候学

    2022年度

  • 看護のための薬理学

    2022年度

  • 臨床病態学

    2022年度

  • 慢性期病態学各論

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 地域基盤型臨床実習

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    通年, 実習・実験, 専任, 110人

  • 選択臨床実習

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    通年, 実習・実験

  • 診断学実習

    慶應義塾

    2017年04月
    -
    2018年03月

    通年, 実習・実験, 専任

  • 総合臨床医学

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    通年, 実習・実験, 専任, 118人

  • 診断学実習

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    通年, 実習・実験, 専任, 118人

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • なぜパターン認識だけで腎病理は読めないのか?

    2017年05月

    , 教科書・教材の開発

  • 電解質輸液塾

    2013年04月

    , 教科書・教材の開発

  • レジデントのための血液透析患者マネジメント

    2011年06月

    , 教科書・教材の開発

  • 医療系三学部合同教育の企画実行

    2011年04月
    -
    継続中

    , その他特記事項

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 医学中央雑誌

    2010年
    -
    継続中
  • 医学のあゆみ

    2007年
    -
    継続中

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本腎臓学会, 

    1995年11月
    -
    継続中
  • 日本透析医学会

     
  • 日本内科学会

     
  • 日本医学教育学会, 

    2008年
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年11月
    -
    継続中

    評議員, 日本腎臓学会

  •  

    会員, 日本透析医学会

  •  

    会員, 日本内科学会

  • 2008年
    -
    継続中

    代議員, 日本医学教育学会

  • 2010年
    -
    継続中

    編集委員, 医学中央雑誌

全件表示 >>