風神 佐知子 (カゼカミ サチコ)

Kazekami, Sachiko

写真a

所属(所属キャンパス)

商学部 (三田)

職名

准教授

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経済政策

  • 財政・公共経済

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 労働経済

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Mechanisms to improve labor productivity by performing telework

    風神佐知子

    Telecommunications Policy (Telecommunications Policy)  掲載決定済 2019年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  0308-5961

     概要を見る

    © 2019 Elsevier Ltd This study investigates mechanisms underlying the influence of telework on labor productivity in Japan. First, this study finds that appropriate telework hours increase labor productivity, but when telework hours are too long, telework decreases labor productivity. Second, telework increases life satisfaction, and life satisfaction improves labor productivity. However, telework increases the stress of balancing work and domestic chores, contrary to Japanese governmental expectations, and the stress decreases life satisfaction. The stress, fortunately, does not directly reduce labor productivity. Although telework increases happiness and work satisfaction, these factors do not influence labor productivity. Third, this study clarifies that telework is more efficient for improving labor productivity if workers commute more than 1 h or commute by trains or buses that are usually very crowded during rush hours in Japan. Finally, the effect of telework for workers who have a greater number of potential trivial duties is insignificantly larger. Supervisors and colleagues often ask others to perform trivial, extra tasks without regard for schedules. Telework may help workers avoid such trivial duties and increase labor productivity. However, the importance of trivial duties is also demonstrated in this study.

  • Local Multipliers, Mobility and Agglomeration Economies

    風神 佐知子

    Industrial Relations 56 ( 3 ) 489 - 513 2017年07月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

     概要を見る

    起業や新規事業所の開業などで、地域に一つの雇用が生まれたときに、レストランや病院、小売業など地域内需要を主とする部門で、波及的にどの程度雇用が創出されるかを推計した。特に、移動率が低くなり、地域への労働供給の弾力性が弱まると、この雇用創出の乗数効果は消滅することが明らかになった。さらに、雇用が生まれる部門の初期時点の集積は、地域内で主に需要される部門での雇用創出効果を大きくすること、しかしながら自部門では有意な正の効果が見られないことが分かった。
    雇用創出の乗数効果は、アメリカや欧州の国々でも算出されてきた。雇用が増加する都市は益々増加し、衰退する都市は益々衰退するのはなぜか、地域間の差異を明らかにするためである。本論文では、日本経済が人口減少に直面している状況を踏まえ、雇用の乗数効果が移動率や集積経済にどのように依存しているかへ分析を拡張している。筆者はさらに、後の論文で雇用の創出力だけでなく、地域内需要を主とする部門の生産性への影響も分析している。

  • Do service sectors need core sectors to improve their productivity?

    風神 佐知子

    Eurasian Economic Review 7 ( 3 ) 389 - 410 2017年05月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

     概要を見る

    Examining Japanese micro-data, this study demonstrates that large core
    sectors (specialized or manufacturing sectors) in a local economy improve the
    productivity in the local non-tradable service sectors, and thereby increase
    employment. The size of service sector demand is determined by the size of the
    local economy, which, in turn, is determined by these large core sectors. The core
    sectors are generally sectors with tradable goods and services and their demand is
    not limited by the local market size as their goods and services supply multiple
    regions. A large demand for the service sectors induces heightened competition and
    improves their productivity through Darwinian selection or efficiency improvements
    within firms. Moreover, the spillover effect from core sectors might affect local
    service sectors. As a result, a 1% increase in added value in the specialized sectors
    in the previous estimation period, as well as a 1% increase in the change in added
    value in the specialized sectors, and a 1% increase in added value in the manufacturing
    sectors in the previous estimation period affect an increase in the productivity
    of the service sectors by approximately 4–5, 4 and 2.5%, respectively.
    Moreover, an increase of 100 thousand dollars of added value in the specialized
    sectors increases employment by 26 employees in the local service sectors. Furthermore,
    this study confirms efficiency improvements within firms as a productivity
    mechanism.

  • Evaluating place-based job creation programs in Japan

    風神 佐知子

    IZA Journal of Labor Policy    1 - 27 2017年01月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

     概要を見る

    本論文で扱った雇用創造事業は、地域が独自に雇用創出の計画を立て補助金を得ている。分析の結果、特に農業、小売業、サービス業で雇用創出量が大きかった。これらの産業は、多くの地域が計画した、地域の特産品を使った製品の開発や観光プログラムに関わる。また、政策効果は、高齢者の多い地域と若者の少ない地域で減少していた。さらに、当該事業による売り上げや雇用の増加は、周辺地域の需要や雇用を減少させているか、すなわち、ゼロサムゲームが起きているかを分析した。その結果、周辺地域の売り上げや労働者数、事業者数の大きな減少は観察されなかった。

  • The Effect of Intermediate and Final Goods Trade on Labor Demand in Japanese Firms

    風神 佐知子

    Globalism and Regional Economy (Routledge)     19 - 37 2013年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 多様化する働き方と賃金の在り方

    風神 佐知子

    時局 (時局社)   ( 4月 ) 38 - 39 2018年03月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 人手不足と賃金(オープンカレッジ)

    風神 佐知子

    中部経済新聞  2017年10月

    その他記事, 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Productivity and teleworking for depopulated rural areas, the elderly and others

    風神佐知子

    Asian and Australasian Society of Labour Economics 2019 Conference, 2019年12月, 口頭(一般), Asian and Australasian Society of Labour Economics

  • Mechanisms of Improving Labor Productivity by Teleworking

    風神佐知子

    89th Annual Meeting of the Southern Economic Association (Marriott Harbor Beach Resort & Spa, Fort Lauderdale, FL) , 2019年11月, 口頭(一般), the Southern Economic Association

  • Productivity and teleworking for depopulated rural areas, the elderly and others

    風神佐知子

    2019年度日本経済学会秋季大会 (神戸大学, 兵庫) , 2019年10月, 口頭(一般), 日本経済学会

  • Does teleworking improve labor productivity?

    風神 佐知子

    the 27th Eurasia Business and Economic Society Conference (the Grand Inna Kuta(インドネシア・バリ)) , 2019年01月, 口頭(一般), Eurasia Business and Economic Society

  • Does teleworking improve labor productivity

    風神 佐知子

    応用経済学ワークショップ (慶應義塾大学(日本・東京)) , 2018年09月, 口頭(招待・特別)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 雇用の質を考慮した地域・企業規模間等の定量的な雇用の波及過程と効果の研究

    2019年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 風神 佐知子, 基盤研究(C), 補助金,  代表

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究会

    2019年度

  • 労働経済学Ⅱ

    2019年度

  • 労働経済学Ⅰ

    2019年度

  • 労働経済学

    2019年度

  • 経済学基礎Ⅰ

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究会

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 専門科目, 演習

  • 労働経済学Ⅱ

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義

  • 労働経済学Ⅰ

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 講義

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • American Economic Association, 

    2011年04月
    -
    継続中
  • 法と経済学会, 

    2006年04月
    -
    継続中
  • 日本経済学会, 

    2006年04月
    -
    継続中
  • 日本労務学会, 

    2005年04月
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年07月
    -
    2021年07月

    常任理事, 事務局長, 日本労務学会

  • 2018年07月
    -
    2020年03月

    地域活性化雇用創造プロジェクト評価選定委員会, 厚生労働省

  • 2018年07月
    -
    2019年03月

    戦略産業雇用創造プロジェクト評価選定委員会, 厚生労働省

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

    労働経済分析研究会, 厚生労働省

  • 2017年08月
    -
    2019年07月

    広報委員, 日本労務学会

全件表示 >>